• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ヒロ@NCのブログ一覧

2016年11月26日 イイね!

マンホールカード

マンホールカード今、世間は紅葉の時期ですよね。
しかし、今週末は名古屋なので、市内の紅葉でも見に行こうかと思い、市の情報サイトをチェックしていると、土日でもマンホールカードを配布している施設を発見。

マンホールカードってご存知ですか?

何気なく踏みつけている丸いアレ。実は地域ごとにイロイロデザインされていて、マニアも居る程です。
実は私も以前からマンホールデザインには興味が有って、名古屋に来た時にそのデザインを見て「おっ、可愛いなぁ〜」なんて思ったものです。

そして、調べてみると市内にある『水の歴史資料館』と『下水道科学館』でマンホールカードが配られている事を知ったので、行ってみました。

【水の歴史資料館】

地下鉄・砂田橋駅から市バス・茶屋12系統に乗って数分の「月ヶ丘」で下りてすぐの所にありました。
URLはこちら

館内に入ると大きなエントランスホールに川が流れてます。


・・・嘘です。(^^;
でも、小さいお子さんを連れて行って、ちょっとしたポーズを取ったりすると面白い絵になりそうですね。(^^;

館内は4つの展示室に分かれていて、昔の上下水道の様子を初め、イロイロな情報をパネル展示や実物展示があり、なかなか興味深かったです。
パイプの継ぎ手等もこんな風になっているというカットモデル等も置いてました。


ただ、よく見ようと近づくと、自分の影で若干見にくかったのが残念でしたね。

平成24年で名古屋市の下水道が共用開始100周年を迎えたのを記念して作られたマンホールも展示されてました。
凄く凝っていて美しいですね。


このマンホール、彩色されたものが市内に12か所。彩色されていないものが100か所もあるそうです。
今度、暇な時に彩色されているマンホールだけでも探してみたいですね。(^^;

この施設、駅から離れているので、お客さんは殆ど居ないだろうなぁと思っていたのですが、私が入った時には8人程の団体客が、そして出る頃には20人程の団体客が入ってきて結構賑やかで驚きました。

駐車場もあり、無料という事でもあるので、お近くの方は足を運んでみてはいかがでしょうか?

バス停も近くなので、バスも楽なんですが、だいたい30分に1本しか走っていないのと、砂田橋からだとバス停が近いのですが覚王山方面から向かう場合は「月ヶ丘」で下りてしまうと、そこから資料館に向かう陸橋が通行止めの為、かなり大回りしないといけないので、次の「天満通り二丁目」で下りた方が便利ですね。

水の歴史資料館を出て少し歩くと変わった塔が!


実はこれも水道関係で、東山給水塔だそうですが、現在は工事中により近くまで行く事が出来ませんでした。

その後、再びバス・地下鉄を乗り継いで次に行ったのが、ここ。

【下水道科学館】

地下鉄名城公園を下りて少し歩いた所にあります。
URLはこちら

ここには日本各地のマンホールが展示されてます。


北は北海道から南は熊本まで24点。


皆さんの地元のマンホールは有りますか?

他にも、幾つか展示されてました。

【1940年代頃使われていたマンホール】


【現在名古屋市内の歩道でつかわれているマンホール】




このアメンボのマンホールが、名古屋に来て最初に気づいたマンホールでした。
なかなか可愛いデザインですね。

【デザインマンホール】


「都市を楽しく・美しく」という観点で作られたマンホールだそうです。が、ここで1箇所気になる点が。
それは、右上の赤丸で示した部分。
東山タワーと動植物園をデザインしたものの様ですが、その中の五重塔らしきものが消されてます。

拡大するとこんな感じ。


どうみても意図的に消されてますね〜。

一体どういう意図で消しているのか気になったので、受付の方に聞いてみましたが知らないとの事。
う〜ん、なんなんでしょうねぇ・・・(^^;

館内は3つのラボとガイダンスシアターがありますが、どこも子供向けって感じでしたね。

一通り見終わってから近くのコンビニでお昼ご飯を書い、名城公園の木々の中で鳥のさえずりを聞きながらノンビリ昼食・・・
寒くもなく暑くもなく、とっても心地よかったです。

ネコもノンビリ・・・(^^;


ところで、この名城公園の一角には秋に咲く桜が有ります。
秋桜=コスモスじゃありません。
本当の桜です。



調べてみたら『10月桜』という種類の様です。

紅葉はイマイチでした。


そして、お気に入りの場所で名古屋城を眺めて日が暮れるのを待ちました。

ここ、夕焼けが綺麗だととっても美しいんですよね〜。
しかし、この日は雲が少しづつ増え、夕焼けにならずに暗くなっちゃいました。残念。


最後にマンホールカードについて、関連情報URLで全国の配布場所をチェック出来ます。
皆さんの街のマンホールはどんなデザインですか?(^^;
Posted at 2016/11/27 15:04:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | 名古屋 | 旅行/地域
2016年11月19日 イイね!

情報操作と根拠の無い自信...

情報操作と根拠の無い自信...最近、テレビを見ていると、毎日の様に高齢者の事故が報道されていますね。

多分、これまでも同じ様に事故が発生し、他の年齢の運転者も同じ様に事故を起こしている筈なのですが、こんな風に連日同じ様な報道がされると、まるで最近急に多発したかの様に感じてしまいますね。

これって情報操作なんじゃないか?と勘ぐってしまう事もありますが、こういった事故を連日報道する事によって、高齢者の方が一人でも運転に注意し、可能なら運転をしない等の行動をとって頂ければ有難いですね。

そんな中、先日、高齢者にインタビューをしていたコーナーが有ったのですが、その答えに正直驚きました。

それは、80歳を超えるみるからにおじいちゃんが発した言葉がこれ。
『運転?今が最高やね。若いもんにはまだ負けられんよ』

オイオイ、いったいどこからそんな自信が出て来るんだ?

確かに今まで事故を起こしてこなかったかも知れませんが、それは回りが避けてくれたからじゃないんですか?

高齢者の場合、
・反射神経の鈍り
・瞬発力の遅さ
・視野が狭くなる
など、とても若い人と同じ様には運転出来ない筈なんですけどね〜

だから、交差点で一時停止せずに突っ込んできたり、アクセルの踏み間違いをしたりするんだと思いますけどね〜

もちろん、脚が弱ってきているとか、公共交通機関が少ないので、クルマでないと外出出来ないという理由もあるとは思いますが、他人の命を奪わない為にも決断して欲しいですね。

と同時に、早く自動運転車が一般化される事を期待しますね。
私が高齢者になり、もう運転出来なくなる頃にはなって欲しいですね。

それまでは、せめて高齢者には自動ブレーキシステム・車線逸脱防止機能付きでないと運転出来ない様な法律改正を希望しますね。

ちなみに、今まで高齢者高齢者って書いてますけど、じゃぁ高齢者っていくつからなんだ?ってお思いかも知れませんが、これは多分難しい問題だと思います。

肉体的な事ですから、どうしても人それぞれですよね。

なので、例えば60歳以上の免許更新の際に視野角や判断能力を検査し、問題無しという人は免許期間を3年に、少し怪しい人は1年にし、危険と判断されれば更新はしない!という厳しい判断が必要だと思いますね。

と、こんな事書いてますが、私も片足突っ込んでますから、人の事は言えないですね。(大汗)
Posted at 2016/11/19 21:15:46 | コメント(3) | トラックバック(0) | クルマ全般 | クルマ

プロフィール

「@ますたに 80歳まで走れ!とのお告げでは?(^^;」
何シテル?   12/15 19:44
はじめまして、通称、ヒロと申します。 二人の娘(ともに二十歳を超えてます)の父親で、一応組込み系のコンピュータ技術者だったりします。 16歳の頃から裏山...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/11 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

リンク・クリップ

初めてのプラモデル… 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/04 14:31:07
COMTEC ZEROシリーズ ZERO 700V 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/03 18:25:19
スカッフプレート カーボンシート貼り付け PART1 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/03/15 05:31:25

ファン

58 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ロードスター NC 1.8 (マツダ ロードスター)
家族持ちがこんな車に乗って、いいんだろうか?という疑問はおいといて、とっても楽しい車です ...
ホンダ オデッセイ ホンダ オデッセイ
子供も大きくなったという事で、オデッセイに乗り換える。しかし、走りの楽しみは捨てきれず、 ...
日産 スカイライン 日産 スカイライン
コンパクトでハイパワー、スーパーハイキャスのコーナリングフィールが気に入って購入。 この ...
マツダ ファミリア マツダ ファミリア
国産初のフルタイム4WD+エアサスで車高調整も出来る優れもの。 エンジンは非常にパワフル ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる