• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

悠太郎Mのブログ一覧

2018年01月13日 イイね!

STI フレキシブルタワーバーを装着しました

STI フレキシブルタワーバーを装着しました先月のプチオフで決断したSTIフレキシブルタワーバーですが、今月のSTIパーツ15%値引きセールを利用し、装着しました。

本当は、フレキシブルドロースティフナーも装着したかったのですが、ターボエンジンのXTモデル専用部品であることが発注時に判明し、泣く泣く断念しました。

カタログをよく見たらXT用と記載されており、しっかりよく見ておかないとダメですね。

ターボ車とNA車は、排気系統の構造/レイアウトが異なるために同じ部品では対応できないそうです。

こんな地味なマニアックパーツをつけるNA乗りはまず居ないでしょうから、NA用のパーツが用意されないのは仕方ありません。

然らば、ヤマハのパフォーマンスダンパーをつけようかと考えたのですが、こちらは10万円以上もしますので悩んでいるところです。

装着後、帰宅するまで街中をゆっくり走行した限りでは明確な違いは感じられませんでしたが、心なしか前輪のハーシュネスが減り、操舵が若干重くなってしっとりした気もします。

ま、プラセボかもしれませんので、山坂道を走って違いを感じてみたいと思います。
Posted at 2018/01/13 16:58:27 | コメント(1) | トラックバック(0) | フォレスター | クルマ
2017年12月23日 イイね!

中国自動車メーカー、ついに夢の欧米市場進出か

中国自動車メーカー、ついに夢の欧米市場進出かダイヤモンドオンラインをぼぉ~っと見ていたら、目に飛び込んできたのがこの記事。

中国の民族系大手自動車メーカー「吉利汽車」が、新たな自動車ブランド「リンク・アンド・カンパニー(Lynk & Co)を設立し、いよいよ欧米で販売を開始するというロイター電です。


吉利汽車といえば、今やボルボやロータスの親会社であり、ロンドンタクシーのメーカーも傘下に収めることで有名ですね。



中国民族系メーカー製の自動車と言えば、エッジも効かず、力感もないダラ~ッとした不細工なデザインか、一見してパクリとわかるデザインだったんですが、このSUVはちょっとイメージが違います。



何かどこかで見たことがあるような印象があるのですが、子会社のボルボXCシリーズに似ているかと言えば、むしろジャガーのF-PACEに特にリアが似ている感じ。




正面のデザインは何かに似ているなあと思っていて思い出したのが、フェラーリイタリア。




それはともかく、これで品質とアフターサービスが良ければ、米国ではある程度は売れるのではないでしょうか。

では、3年落ちの日本車に乗っているような感触(緩さ)、と数年間に称された中国製の新車ですが、欧米で通用するような品質に達しているのでしょうか。

実は数年前に、浙江省の臨海市にある吉利の研究所を訪れたことがあるのですが、皆若くてエネルギッシュで、品質向上の為の技術を熱心に吸収しようという姿勢を強く感じましたので、日本車のレベルに達しているか、もしかするとある部分では上回っているのかもしれません。



古くは繊維産業、そして鉄鋼や造船、近年では液晶・テレビ・家電・スマホなど、日本は次々と中国に負けていきましたし、すでに自動車の生産台数も日本の3倍以上ありますので、決して侮ることなかれですね。
  
Posted at 2017/12/23 15:26:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車考察 | クルマ
2017年12月18日 イイね!

あなたは2020年問題を知っているか?

あなたは2020年問題を知っているか?建築不動産のブログを更新しました。

ご興味のある方はどうぞ。
Posted at 2017/12/18 15:27:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | 建築不動産 | 暮らし/家族
2017年12月03日 イイね!

スバルディーラーでフォレスタープチオフ

スバルディーラーでフォレスタープチオフ同じフォレスター乗りのサトピーさん。

STIパーツを沢山装着されており、その効果を一度確かめさせて頂くべく、スバルのディーラーでプチオフをさせて頂きました。




大変満足度の高いフォレスターなのですが、唯一改善したいところが、舵の座り・安定性です。
とてつもなく直進性が高い前車と較べてしまうせいかもしれませんが、特に高速を走ると、なんとなく前輪荷重が足らないような感触で、座りが今ひとつなのです。

そこで紹介されたのが、フレキシブルドロースティフナーと、フレキシブルタワーバーです。


フレキシブルドロースティフナーは、車体とクロスメンバーの間に設置するSTI独自のパーツで、適度なテンションを掛けることで走行中のシャシーのしなりを補正し、機敏な初期操舵としなやかな乗り心地の両立を果たすようです。
つまり、路面のギャップなどからくる外圧を適度にいなすことで、快適な乗り心地、運転のしやすさ、長距離走行時の疲労軽減に繋がるわけです。



一方、タワーバーの方もセンターにボールジョイントが入ったフレキシブル構造になっており、路面のギャップをいなす構造です。
一般的なタワーバーの場合は、ボディーのたわみによる縦変位の吸収が出来なくなり、乗り心地が悪化されてしまいますが、ボールジョイントを入れる事により、横方向の応力だけを伝達させることが出来、ボディのしなやかさは失わずに、ステアリングレスポンスを向上させることができるようです。

実際にサトピーさんの車に試乗させて頂きましたが、ボディーが如何にもガッチリと剛性感あふれる感触で、ばね下のドタバタ感が少なくてしなやかな乗り味。確かにこれは効果有りそうでした。
ちょうど来月がアクセサリーなどの15%オフセール期間なので、装着してみることにしました。

久しぶりにお会いできましたので、しばし車談議に花が咲きましたが、輸入車から国産車へ戻るなら、やっぱりスバルが一番です。
輸入車に乗る意義は、その国の文化や創り手のポリシーを味わえることだと私は思うのですが、スバルは国産車でありながら、創り手のポリシーをひしひしと感じることが出来、車好きの心をくすぐるメーカーだと思います。

最後に、書き入れ時の12月にもかかわらず、相手をして頂いた店長さんやセールスの方々、可愛いお嬢さんたちに、この場を借りてお礼を申し上げます。
Posted at 2017/12/03 17:47:44 | コメント(1) | トラックバック(0) | フォレスター | クルマ
2017年12月02日 イイね!

京都紅葉紀行 2017-4 建仁寺・下鴨神社(糺の森)

京都紅葉紀行 2017-4 建仁寺・下鴨神社(糺の森)今年の京都紅葉めぐり第四弾。
今日は穴場というよりも、遅い紅葉の名所です。

何時ものように京阪特急で祇園四条駅まで。
土曜日とは言え、12月に入りましたので、混雑もそれほどではなく、座れたほど。



1番出口を上がり、ものの200mほど歩けば建仁寺に到着。
祇園のど真ん中にこんな大きなお寺があるとは、私は最近まで知りませんでした。
ここは日本最古の禅寺で、教科書に必ず出てくる国宝の「風神雷神図屏風」でも有名です。

京都の中でも街中にあるということで紅葉が遅く、ちょうど見ごろの真っ盛り。
一般的には知られていませんので、そんなに混んでないのではと思っていましたがさにあらず。
10時の開門を待って50人以上が行列です。
修学旅行の女子高生が過半数を占めていましたが、渋好みなのか、あるいは他の場所は紅葉が散り始めているせいか。

私は行列の5番目くらいだったのですが、カメラを担いだ先頭集団が脱兎のごとく駈け出して撮影していたアングルがこちらです。



彼らはもう少し正面から撮っていましたが、紅葉見ごろな潮音庭越しの襖絵が狙いのようです。


※違うアングルの潮音庭

後から後から続々と参拝者がやって来ますので、人が写り込まない写真が撮れるのはほんの数分だけです。
そこでくるっと振り向いて、陳列ケースのガラスに映る庭を撮ってみました。



広いお寺で庭が4つもあり、この向こうの大きな建物が法堂です。



スリッパを履いて渡っていくのですが、この天井画に吃驚です。



珍しく、建物の中も撮影OKで、デジタル複製画は流石に綺麗でした。



大きなカメラをぶら下げていたら案の定、修学旅行の女子高生からシャッターを頼まれ、大喜びで役目を果たしたのち、祇園四条から出町柳へと向かいます。


駅を出て下鴨東通りを北上し、ようやく参道へ辿り着いたら凄い人出です。
もっと空いていると思ったのに、とガッカリしながら河合神社脇へ来てわかりました。
流鏑馬神事で有名な馬場で、森の手作り市というイベントが開催されていたのです。



まあでも、紅葉橋の袂は陽が差すと紅葉がキラキラと輝いてこの通り。



河合神社脇の銀杏や紅葉もまさに見ごろです。



表参道を下鴨神社へと向いますが、糺の森の中の泉川の畔は、街中とは思えない幽玄な趣です。



下鴨神社では何組も結婚式があるようで、式場へ向かう方々とすれ違いました。



これは西参道の鳥居の前ですが、これも綺麗でした。



今年は初めての場所ばかり、何とか4回も行けることが出来ましたが、まだまだ未知の紅葉スポットが残っています。
いやあ、やっぱり京都は凄いですね。
Posted at 2017/12/02 16:56:27 | コメント(2) | トラックバック(0) | 紅葉 | 旅行/地域

プロフィール

「[パーツ] #フォレスター フレキシブルタワーバー http://minkara.carview.co.jp/userid/327243/car/2364251/8946492/parts.aspx
何シテル?   01/13 17:06
社会人となって初めて車を所有し早や38年。その間11台所有しましたので、平均して4年程度の所有期間。3~4年経つと、どうしても別の車が欲しくなる「車欲しい病」が...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

そういや先月は熊本に行ってた(笑) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/05/03 06:54:07

お友達

車が好きな方大歓迎です。
どしどしお友達に誘ってやってください。
81 人のお友達がいます
狂ちゃん狂ちゃん * かるたん(⌒∇⌒)ノかるたん(⌒∇⌒)ノ *
はっち3はっち3 * yamaken89yamaken89 *
でぐちゃんでぐちゃん * カールツァイスカールツァイス *

ファン

37 人のファンがいます

愛車一覧

スバル フォレスター スバル フォレスター
初めてのスバル。初めてのSUVです。 駐車場の関係で背の高いクルマを敬遠していたのですが ...
シトロエン C5 セダン シトロエン C5 セダン
かつて、BXを1回、エグザンティアを2回、合計3回も購入しかけたハイドロのシトロエン。 ...
BMW 3シリーズ セダン BMW 3シリーズ セダン
街中に住んでいるので車は生活に必要なし。大きなオモチャに過ぎない。運転したくなったら時々 ...
マツダ RX-8 マツダ RX-8
RWDのすっきりしたステアリングに戻りたい、という想いを抱いていた頃、仕事で広島のマツダ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.