車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月04日 イイね!
さよなら、増毛駅…今日で、留萠本線の留萌〜増毛間が廃止になります。
 ローカル線というのは末端が廃止されていくとそれまで送り届けていた人(や物資)が来なくなりますから、最終的には全体がダメになります。
 留萠本線はもともと日本海岸を幌延までつないでいた羽幌線や、留萌港への貨物線、札沼線などとつながっていて、輸送単位は小さいながらも、日本海側北部の輸送ネットワークの一端として機能していました。これが昭和40年代の札沼線末端区間の廃止に始まり国鉄末期に貨物輸送、羽幌線の廃止などといった経緯をへて留萠本線の果たしていた役割が奪い去られ、そこに高速道路の整備やバスの普及などが重なり収支が悪化。1990年代には観光路線化を目指してSL運行なども行われていたものの持続せず、ついに今日増毛〜留萌の廃止を迎え、更には近い将来の全線廃止も取りざたされるようになってしまいました。
 自分もこの線区は3回しか乗っていませんのであまり饒舌には語れないのですが、連ドラ「すずらん」ヒットの際にもう少し持続出来る観光路線化を
果たしていけばよかったのになぁと思わずにはいられません。
 江差線の時にも同じことを言ったのですが、「地域が」もう少し早くから危機感を持ってローカル線の観光資源としての活用を上手に出来ていたら、こうはならなかったのかもしれないと思わずにはいられません。

 2015年夏、最後に乗った時の写真で思い出を振り返ってみます。
 18きっぷのシーズンでしたが、キハ54単行のディーゼルカーには数名の乗客だけ。公共交通機関としての使命はとうに終えている現実と、観光路線としても活用されていない様子に、愕然としました。
 何もかもがいすみ鉄道の何倍も優れた観光資源、宝の山なのになぁ。


増毛駅の中で売っていたタコザンギを戴きながら、深川を目指します。


自分がカメラを構えている辺り、かつては数本の貨物側線があり、海産物などを深川から札幌方面に運んでいました。貨物ホーム跡は冷蔵倉庫になっている模様。


海辺を走って、箸別駅。小さな待ち合い小屋だけの、仮昇降場といった趣です。


朱文別駅。箸別駅と似た感じの待合室があります。


舎熊駅。かつてはそれなりの木造駅舎が在ったようですが、撤去されて「ヨ太郎」改装の車掌車駅に。宗谷本線の幌延界隈と較べたらコンディションはかなりいいです。


信砂駅。プレハブのような待合室。ホームも簡素な板張りでした。


阿分駅。「あふん」と言われてもなかなか漢字がイメージ出来ない駅なのですが、こんな字です。市街地の片隅にぽつんと忘れ去られたようにありました。


礼受駅。海にもほど近く、海水浴場などもあったのですが、列車の利用客は「各駅下車」系の旅人以外全くいませんでした。ここもかつてはちゃんとした木造駅舎があった模様。


瀬越駅。コンクリート作りの待合室があり、海辺は海水浴場。
うーん、ここも売り出し方ひとつでそこそこ行けそうなのですがねぇ…


そして留萌港へとつながっていた貨物線と合流して川を渡ると、間もなく留萠駅に着きます。



明日から、終着駅となる留萌。
老い先長くないかもしれない鉄路、地域の工夫で何とか活かして欲しいです。鉄道ネットワークに組み込まれている、ただそれだけでも旅人が流れてくるわけですから、其処を通じてどういった魅力を発信していくか、それ次第で鉄路の未来は大きく変化するような気がします。
Posted at 2016/12/04 18:04:43 | コメント(1) | トラックバック(0) | たび | 日記
2016年11月13日 イイね!
中野で召喚した「ばけもん」今日、中野に行ってきました。
 2015年の8月以来の「ばけもん」もとい「ばけぺん」召喚です。
 みん友さんのBlogに触発されての誘爆ではないですからご安心を(^◇^;)
 「北斗星」ラストランを前に「中判フイルムで撮っておきたい被写体が無くなる」を理由にして放出したわけですが、昨今の鉄路を取り巻く事情をみていると、日本のローカル線はそこかしこどこでもフイルムできっちり撮っておかないと後悔をしそうな気がしてきました。
 中野には今コンタックス645を55mm/80mm/120mm/140mm/210mmというフルシステムを50万で入れられるという夢のような状況が展開しているので、正直コンタックス645も考えました。ツァイスの画力と1/4000シャッターは鉄道撮影には持ってこいです。
 ただ、メーカーサポートが終了し、故障したら岡谷の事業継承をした修理屋だけが頼りという状況はこわかったということと、6x7判のポジが持つ圧倒的なクオリティを考え、ばけぺん召喚という事にした次第です。
 かつて使っていた2台よりも、抜群に奇麗なばけぺんが私のもとに来てくれました。
 レンズは今回55−100mmのズームと、3000円で買えたSMCタクマーの200mmから入りました。これしか買えなかったというのがほんとのところですが、年末渡道までに90mm、135mmマクロ、165mm、★300mmを買い戻したいところです。
 まずはテスト撮影、そしてシャッター1/2段設定のカスタマイズがまだ可能かメーカーに問い合わせをしてみたいところです。
Posted at 2016/11/13 19:37:08 | コメント(1) | トラックバック(0) | カメラ | 日記
2016年10月30日 イイね!
今日は午前中はいつも通りの模型弄り。
 太古の昔のKATOキハ58盛岡色に座席シールを貼り、連結器を取り換え、車輪を磨いてあげたりしてました。
 午後はチビの本を探しにららぽーとへ。
 用を済ませた後、広場でVWが車を並べてプロモーション活動をしていたので、オールトラック・ゴルフのカタログをもらう絶好のチャンスとばかり突撃!
 残念ながら展示車もカタログはなかったので、カタログは後日郵送の手続きを取ってきましたが、ヴァリアントの展示車があったので、はじめてヨメも私もゴルフのシートに座ってきました。
 ヨメの第一印象はとにかく「狭い!」「これじゃ旅は出来ない!」でした。
 幅180cmとはいえ、エクステリアデザインに大分サイズを使っている感じで、室内についてはよくも悪くも質実剛健、合理主義の権化という感じでした。寸分の無駄もないインテリアであり、車内空間デザインだなぁと思いました。
 ラゲッジはレヴォーグよりは積めそうですし、ラゲッジに深さがあり、フロアが平らなのも好印象ですが、ヨメはやはり狭さがしみついているようでかなりのアレルギー的反応でした。
 まぁ確かにエクシーガと較べたらトゥーランは短くて余裕はないし、ゴルフ・ヴァリアントとBRレガシィを較べるのは土俵が違います。ただ、パサートは車庫に入らないので、ウチがVWを検討するならゴルフ・オールトラックしかありませんから、サイズ感なども全部ひっくるめての検討になります。
 プリクラッシュセーフティの出来などもスバルとは大きな開きがありますし、ともかく圧倒的に距離を乗りますから、メンテコストなどを考えても、うーん、ひとまずVWは冷やかすだけに終わるのかな、という感じです。

 それにしても、私たちの「次」はいよいよ手詰まりなのだな、とあらためて思わされた感じです。
Posted at 2016/10/30 20:19:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月29日 イイね!
生存報告(^^ゞ85000kmを通過しました。
こりゃ自分のモノになる前に20万行きますな(^_^;)
Posted at 2016/10/29 14:32:25 | コメント(1) | トラックバック(0) | OUTBACK | 日記
2016年10月16日 イイね!
突然のプチ信州(^^ゞ今日は普通の日曜日だったのですが、突然早朝から単身長野に。
 話は昨夜に遡るのですが…
 母いわく「白樺湖にある別宅に出掛けて11日に帰ってきたものの、ブレーカーの電源を落とし忘れて室内の電灯が幾つか点けっぱなしになっているかもしれないから不安だ。見てきてもらうことは出来ないか。」と。
 私は日曜の予定としてはいるかちゃんディーラーに感謝されに行きつつEGオイルを替えてもらうことと模型屋に入荷した品物を取りに行くことぐらいでしたから、まぁそれほど気乗りはしないものの、「いいよ」と承諾。
 今朝3時40分に起きて4時半に出発、現地に3時間掛からず到着。ブレーカーは無事落とされていたので母の心配は杞憂に終わりました。
 若干のご用足しで8時半過ぎまで現地に滞在した後は、買い物に行きたいから夕方前には帰ってきて欲しいとヨメにいわれていただけでしたから、ぶらぶらっと放浪。
 まずはビーナスラインの霧ケ峰までを往復。タイヤが相当へばっているので負担を掛けないようにおそるおそるドライブ。


その後は茅野に下り、高遠を越えて伊那谷へ。
ステンレスの電車ばかりになってしまった飯田線を表敬訪問。
「大田切 山が見えなきゃ タダの橋」といわれた大田切川の鉄橋で211系を捕獲。こいつもクロスシート車ならそこそこいいのですけどねぇ。長野から飯田という長距離運用をこなすにはどうかと思います。もともとこの運用、新幹線0系のシートを流用した169系が務めていた運用ですよ。


駒ケ根での10分停車を利用して七久保に先回り。
ここも私にとっては1980年代以来時折訪れる「古戦場」です。165系やED62の貨物を撮りに何度も通いました。


 そして七久保で交換のダイヤだったので、すぐさまやってきた213系普通列車。
 この車両は意外に好きだったりします。2扉(セミ)クロスシートで長時間乗っていても嫌ではないし、増設されたトイレもバリアフリー対応の広々したもので好感が持てます。もともと関西線で走っていた頃から気に入っていたのですが、飯田線転用の後に豊橋から岡谷まで乗ってみて、これなら許せる、と再評価したものでした。


今回の機材は全てD500+16-80mm。一応D750もF6も連れて行ったのですが、レンズラインナップの問題やちょっとしたアクシデントがあり今日は登板機会なしでした。

10時30分過ぎにこの列車を撮影して、撤収。松川ICから高井戸まで中央道を渋滞無しで駆け抜けたので、ジョーシンに寄って模型を引き取ってなお15時過ぎに帰宅できました。

むむむ、この早朝日帰り飯田線撮り鉄は、ハマるかもしれません。
Posted at 2016/10/16 18:11:40 | コメント(1) | トラックバック(0) | たび | 日記
プロフィール
「カシオペア、2月26日発上りが道内ラストラン!最後の戦いが今、始まるのか!?」
何シテル?   12/06 21:09
クルマ選びの基準は、走る・曲がる・止まる・寝れるです。 撮影の足として、家族三人の旅と暮らしの足として取り廻せる大きさに不安を感じながら、勇気を出してBRアウ...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
いーくんと幻の珍獣・第3章のつづき 
カテゴリ:著作権を留保しておきたい画像に満ちたブログ
2012/03/12 20:40:09
 
お友達
 ぼぼぼぼ〜ん!

 鉄分多い方、車中泊ラバーの方、北海道ラバーの方、スバルで旅してる方…初めましての方も、足あとオンリーのあなたも、どうぞよろしく。
 クルマはあまり弄りません。クルマのある生活を楽しみたいと思っています。そんなんでよければ、どんどん誘って下さいね。
131 人のお友達がいます
弥七弥七 * ぶきさんぶきさん *
Blue-空Blue-空 * はがねいちはがねいち *
メカのりメカのり * 通りすがりの正義の味方通りすがりの正義の味方 *
ファン
80 人のファンがいます
愛車一覧
スバル レガシィ アウトバック 幻の珍獣5号 (スバル レガシィ アウトバック)
写真は随時差し替えます。 買うまいと思っていたBRアウトバック。2年落ち、走行8200 ...
スバル エクシーガ (正式襲名)幻の珍獣4号 (スバル エクシーガ)
GT-Eyesight アルカンターラセレクション ヴェネチアンレッド・パール サイドエ ...
スバル レガシィ アウトバック 幻の珍獣3号 (スバル レガシィ アウトバック)
BP4台目(¥_¥) 初度登録2009年7月27日。 2009年11月21日納車。 ...
スバル レガシィ アウトバック 幻の珍獣2号 (スバル レガシィ アウトバック)
BP3台目。 2008年6月29日納車。箱をつけたらでかいこと、でかいこと… リーガルブ ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.