• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

いーくん(ふたたび)の"(正式襲名)幻の珍獣4号" [スバル エクシーガ]

2012.北海道ツアー(15)番外編・思い出はセピア色〜客車列車雑想〜

投稿日 : 2012年08月18日
1
今回はあえて画像を「破壊」していません。

その昔、汽車の旅といえば、「客車」の旅でした。
機関車の汽笛の音、行き違いの長時間停車、駅員さんや駅弁の立ち売り…
90年代初頭までは、当たり前に見られた「日本の風景」でした。
2
 四半世紀過ぎてなお残る「JNR」…
 この国の均質な発展を支え、人が交わる場としての町の機能を守ってきた、国鉄…
 社会の中で、採算に関係なく、そうした役割を担ってきた、携わる人々…

 忘れてはいけないと、扇風機が語っているような気がしました。
3
 便利に馴れすぎた僕らは、自分が冷房で涼むとどこかに熱を放っていることに、気づいていても、もうやめられない。
 豊かなエネルギーになれすぎて、危険な仕掛けに頼らなければ生きていけないかのような焦燥感に駆られているのと、根は一緒なのかもしれない。
4
 滝川から311kmを示す、キロポスト。
 ここに日常の後継として普通客車列車が出入りしていた時代は、もう30年近い昔のことになります。

 郷愁と片づけてしまえば分かりはいいのかもしれません。
 けれど、割り切れない思いが、心の隅に疼きます。
5
 くしろ湿原ノロッコ号の5号車。
 1両だけ残された普通座席の車両に腰掛けていると、昭和の時間が甦ってくるような気持ちになるとともに、そうした疼きが今も止んでいないことに、気づきます。
6
 新釧路川を渡る、ノロッコ号。
 シルエットにしてみると、釧網本線の客車列車や、根室行きの荷物併結の50系客車列車の思い出とともに、北海道に暮らしてきた、色々な見知らぬ人たちの苦労の刻まれた笑顔が、浮かんできます。
7
 北海道の汽車に揺られる、高校を卒業したばかりの自分…
 その頃夢見ていた自分と、自分は大きくかけ離れちゃいないのだけれど、時代は、自分の願っていた向きとは全く違った方向に、大きく舵を切ってしまいました。

 その後僕は、時代に小さな石を投げ続けるために仕事を選びました。
 幸いにして、僕の我が儘を許してくれる場と出会い、人と出会うことが出来ました。
 僕は僕の持ち場で、今の時代に、次の世代に石を投げ続けていきたいと思います。
 
 夏の恒例となりつつある渡道…
 次の世代に石を投げる為の、大切な時間になりつつあります。
8
 無心に風景と戯れる、不器用な息子よ…
 君がいつか大きくなって、自分一人で立ってこの国やこの世界を歩き回ろうとするならば、ぜひぜひ、町の風に、人のぬくもりに、少しでもたくさん触れ合える歩みを重ねて欲しい。
 そして、そうした思いを酌み取り分かち合うことの出来る情の篤い大人として、世知辛いだろう時代を、皆に愛され守られながら、生き抜いてもらいたい。

 そういう願いをこめて、僕たちは君に、たった一つの「名前」をつけたのだよ。

イイね!0件




関連リンク

この記事へのコメント

2012/08/18 22:33:51
いーくん、感動的に終らせましたね~(^-^)

いーくんのフォトギャラ見て電車の旅がしたくなってきたんですが・・・
名古屋発着で、一泊二日で行けるいいとこないですか?

P.S.高校出たばかりのいーくん、面影ありますね。
この少年と20年後に新宿ヨドバシカメラで声を掛けられるなんて・・・
コメントへの返答
2012/08/18 22:54:06
 自分でなーにやってんだろ、と、
 まだまだ青臭いなぁ、と
 勢いであげておいて恥ずかしくなってしまっています。

さて…
 名古屋からですと、紀伊勝浦とか、いかがでしょう。
 車ではなかなか入りにくい海岸線や山あいの景色を楽しめますよ。
2012/08/19 20:36:15
紀伊勝浦オッケーです(^-^)

和歌山の友人と現地で落ち合って観光ってのもアリですね(^-^)

ありがとうございました~(^-^)/
コメントへの返答
2012/08/20 17:44:15
紀伊勝浦~串本辺り…
私のみん友の方でもお仕事で滞在されている方がおられます。
色々調べて見てください。愉しいところです。

注目のオークション

 

おすすめアイテム

 

プロフィール

「渡道中の35mmネガ・ポジをスキャン中。自動連続スキャンだと上手くいかないので1コマ1コマちまちまスキャンしています。」
何シテル?   08/18 23:25
クルマ選びの基準は、走る・曲がる・止まる・寝れるです。 撮影の足として、家族三人の旅と暮らしの足として取り廻せる大きさに不安を感じながら、勇気を出してBRアウ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

リンク・クリップ

いーくんと幻の珍獣・第3章のつづき 
カテゴリ:著作権を留保しておきたい画像に満ちたブログ
2012/03/12 20:40:09
 

お友達

 ぼぼぼぼ〜ん!

 鉄分多い方、車中泊ラバーの方、北海道ラバーの方、スバルで旅してる方…初めましての方も、足あとオンリーのあなたも、どうぞよろしく。
 クルマはあまり弄りません。クルマのある生活を楽しみたいと思っています。そんなんでよければ、どんどん誘って下さいね。
133 人のお友達がいます
はがねいちはがねいち * CHELLCHELL *
ちょろびちょろび * ごっち(^・^)ごっち(^・^) *
SJI1SJI1 * けろさんけろさん *

ファン

83 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レガシィ アウトバック 幻の珍獣5号 (スバル レガシィ アウトバック)
写真は随時差し替えます。 買うまいと思っていたBRアウトバック。2年落ち、走行8200 ...
スバル エクシーガ (正式襲名)幻の珍獣4号 (スバル エクシーガ)
GT-Eyesight アルカンターラセレクション ヴェネチアンレッド・パール サイドエ ...
スバル レガシィ アウトバック 幻の珍獣3号 (スバル レガシィ アウトバック)
BP4台目(¥_¥) 初度登録2009年7月27日。 2009年11月21日納車。 ...
スバル レガシィ アウトバック 幻の珍獣2号 (スバル レガシィ アウトバック)
BP3台目。 2008年6月29日納車。箱をつけたらでかいこと、でかいこと… リーガルブ ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.