• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2014年07月18日

マツダ「デミオ プロトタイプ」

マツダ「デミオ プロトタイプ」
マツダ「デミオ プロトタイプ」


インプレッション


2014/7/18


以下引用

**********************************************************************************



■新型「デミオ」は、これまでのBセグメントにはない雰囲気


これが「デミオ」!?──実車と対面した瞬間に、これまでの日本のBセグメントにはない雰囲気を感
じた。初代~2代目から路線変更した従来型の3代目デミオも、なかなかスタイリッシュだと感じて
いたが、今度の4代目デミオはそんなものではすまない。まるでコンパクトカー界に現れたスペシ
ャルティカーのようだ。

 
印象深いエクステリアは、強い前進感を表現した、4輪がふんばって地面を捉えるフォルムに、ディ
テールにまで凝った、豊かな表情を見せるボディーパネルが、同セグメントにおいて抜きん出た上
質さを感じさせる。マツダとしても新しいチャレンジである鋭い眼光を見せるヘッドライトを備えたフ
ロントマスクは、既出の上級モデルをもしのぐ存在感をアピールする。それと呼応させたリアデザ
インには、どことなく従来型の面影も見受けられる。先発のアテンザとアクセラでは共通する要素
が多分にあり、デミオもあくまでのその延長上にありながらも、またひと味違ったテイストが見て取
れるところも興味深い。これまでに対して、さらに1つジェネレーションが進んだ印象だ。


「世界のベンチマークを目指した」というインテリアの仕立ても、デザイン性、クオリティ感とも素晴
らしいく、特別感のあるカラーコーディネーションの設定もある。日本のBセグメントはもとより、最
近とかく評判のよいフランス勢やフォルクスワーゲン「ポロ」などの欧州車にもまったく負けていな
いどころか、むしろ上回ったように思えるほどだ。

 
新たに開発されたシートの仕上がりは上々で、点ではなく面全体で身体が包み込まれる感じがし
て収まりがよい。長距離を走行したときの疲労感も小さくて済みそうだ。ドライビングポジションに
ついても、フロントタイヤを前方に移動させ、室内への張り出しを小さくするとともに、ペダルが外
側に移動したことで、Bセグメントの右ハンドル車としては、かつてないほど自然なポジションが得
られている。


このように、走る前からすでに、新しいデミオからは既存の日本のコンパクトカーとは次元の違う
ものがいくつも感じられた。そして実際に走らせてみて、その思いはさらに強いものとなった。


■2.2リッターディーゼルとは性格の異なる1.5リッターディーゼル

まずは注目の新開発の1.5リッターディーゼル SKYACTIV-D 1.5をドライブし、ディーゼルとはい
え排気量がわずか1.5リッターしかないとは思えないほど力強い加速を示すことに感心しきり。

 
最高出力77kW(105PS)/4000rpm、最大トルク250Nm(25.5kgm)/1500-2500rpm(AT仕様、MT
仕様は220Nm[22.4kgm]/1400-3200rpm)を発揮する1.5リッターディーゼルは、既存の2.2リッ
ターと同様に振動やノイズが抑えられていて、ディーゼルのネガを感じさせない。2.2リッターデ
ィーゼルは、大小2つのターボチャージャーを搭載する2ステージターボを採用しており、トップ
エンドまでディーゼルであることを忘れさせるかのようにスムーズに吹け上がることが印象的
だった。それと比べると、新たにシングルの可変ジオメトリーターボを採用した1.5リッターディ
ーゼルは性格が異なり、排気量と過給機の仕様の違いが、そのままエンジンの特性に直結し
ている。


トップエンドにかけては2.2リッターほどの勢いこそないものの、低回転域でのピックアップに優れ
、中回転域のトルク感はかなり力強い。ディーゼルを選んだユーザーにとって、十分に期待に応
えるドライバビリティを実現していると思う。

 
静粛性も高い。最近では世界的にBセグメントも静粛性に力を入れてきているが、デミオも一気
に追いつき、追い越したといえそうだ。

 
一方の1.3リッターのガソリンは、最高出力68kW(92PS)/6000rpm、最大トルク121Nm
(12.3kgm)/4000rpmと、絶対的な性能ではディーゼルとの差はそれなりにあるものの、こちらは
リニアなレスポンスと軽快な吹け上がりが心地よい。新たにスポーツモードが設定されたのも特
徴で、選択すると分かりやすく加速感が向上する。どちらを選んでも加速感のリニアリティが損な
われないところもよい。こちらは実用域での静粛性は高く保ちつつも、回したときにはスポーティ
なサウンドを楽しめるよう、あえて聞かせる演出を施しているようだ。


どちらのエンジンに対しても、6速ATだけでなく5速MTが用意されることも、MT派には朗報。スカ
イアクティブの場合、ATでもスリップ感は小さいが、MTではよりダイレクトな走りを楽しむことが
できる。


■エンジンの違いでフットワークの印象も異なる

 
スカイアクティブを採用してからのマツダ車は、フットワークの仕上がりも高く評価されているが、
デミオも期待を裏切ることはない。操作に対して応答遅れなく、また過敏すぎることもなく、適度な
タメを持って、イメージしたとおりに素直に反応してくれる。また、荷重移動によってリアが適度に
流れるので、曲がり具合を積極的にコントロールしていける。


ディーゼルとガソリンのエンジンの違いによって、車両重量にして100kgほどという、けっして小さ
くない違いがあるため、ハンドリングの印象もけっこう違って、ガソリンはいたって軽快な走り味が
心地よい。対するディーゼルは、フロントに重さを感じる半面、ドッシリとした走りの落ち着きも増
すため、高速巡航するような走り方には適している。エンジンの性格と併せて、それぞれのキャ
ラクターに相応しいドライブフィールを身に着けているといえる。

 
スカイアクティブを標榜し始めてからのマツダのクルマづくりは本当に変わった。デミオのプロト
タイプに触れて、さらにそれを確信した次第。末弟のデミオにいたるまで、これほどの仕上がり
を見せてくれるとは予想を超えていた。

**********************************************************************************



いよいよコンパクトカーにも走りを楽しめてしかも経済的なモデルが到来しそうですねー

やっぱり売れるでしょうかねー?








ブログ一覧 | クルマ | クルマ
Posted at 2014/07/18 22:12:54

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

ヨチヨチ歩きと 一輪車
ぢ~ぢさん

2017秋景色 曽木公園のライトア ...
Rinaパパさん

アニキまたもや夜逃げ!おら東京さキ ...
新斬まおうさん

「 榛名山(秋名山) 」 ~
利根川の天然水さん

雨にも負けない宝石達
ofcさん

過去に乗ったクルマ達の写真発見
えすろっくんさん

この記事へのコメント

2014/07/18 22:53:50
内装のクオリティが凄いことになっていますよね!
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/impression/20140718_658479.html
コメントへの返答
2014/07/18 22:57:52
凄いみたいですねー

ホットハッチというより、プレミアムコンパクト
なのではないでしょうか!

1.5のデイーゼルはフロントヘビーっぽい
ですが、でも厚いトルクも捨てがたい(^_^;)
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「今日の昼食は 中倉食堂の丼ものでつ」
何シテル?   11/24 12:06
================================ Q7からBM535iGTにそして・・・ 今度はSUV→SAV→SUVに戻りました。 ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

HBESさんのマツダ アテンザ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/07 09:15:48
フルサイズ機って本当に必要か? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/06/14 09:51:39
まったりゆっくりの~んびり(*'▽') 旅ゆけば大洗 大笑いオフ♪(^O^)/ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/04/13 22:55:13

お友達

=================================

いきなりのお誘いはご遠慮ください。

ショップの方もご遠慮ください。

先ずわお互いコメントを数回かわして
からお誘いください。

================================
271 人のお友達がいます
triarch (トライアーク)triarch (トライアーク) * シロだもんシロだもん *
さなお7さなお7 * のぶりんこのぶりんこ *
ひろ@V60ひろ@V60 * Ackey-Ackey- *

ファン

131 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー ルーテシア ルノー・スポール 走らせると思わず微笑む車 (ルノー ルーテシア ルノー・スポール)
MINI COOPER S →981ケイマンS→ ルノースポーツを味わってみたいという ...
マツダ CX-5 マツダ CX-5
4月14日納車になりました。 XD-4WDにディスチャージパッケージとセーフティークルー ...
マツダ CX-8 マツダ CX-8
2017年11月29日に発売予定から→12月14日に発売日を予定している、 マツダの3列 ...
ホンダ フリード ホンダ フリード
ラウムからの箱替えです。カミサンカーで、両側スライド、7人と拘りの末決まりました。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.