• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

豆柴もものブログ一覧

2008年11月25日 イイね!

見られたらいいな!

今週後半から来週一杯中国への出張となりました。
研修旅行出張の事務方としての参加ですが、個人としては行きそうも無い場所にいけるので仕事の煩わしさは我慢して楽しんでこようと思います。

中国という事で先ずは見たかったものはこちら!




は、冗談ですが、ブログネタに格好の題材として見たいのはこちら。




さて、知識としてはわかっていましたが、実際に行くとなると改めてその広さが・・・
北京、香港、上海と周りますが、25℃~マイナスまでの気温の違いに対応する衣服を詰め込むのに一苦労です。

世界遺産への訪問、中国本場の食事と楽しみも多くスケジュールも詰まっていて空く時間もなさそうですが、ネットの無い世界に10日弱は過去無かったこと。
禁断症状は出るのでしょうか?
Posted at 2008/11/25 22:23:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記
2008年11月15日 イイね!

Citroen C4 Dash Kits

Citroen C4 Dash Kits 最近の円高ユーロ安の恩恵を得てせっせと愛車の
パーツ取り寄せを行っている友人に刺激されて
C4のパーツ探しをしましたが中々見つかりません。

日本の車用が一杯あるのに、なぜC4の物が見つからないのでしょうか?

まあ、後からいじる事が必要ない程洗練されたデザインとセンスの良い車だからと思う事にしていますが・・・

そんな中で見つけたのがこちらです。

マルチファンクションディスプレイ周り、センター・サイドのベントやオーディオ周りのキットで一般的なウッドタイプからカーボンなどのタイプがあるようです。
多分取替えではなく、テープ等で上から貼り付けるポン付けタイプで簡単に付けられるのではないかと思います。

一部のウッドタイプは20%引きの120ドル、一般の物は156ドルですが、送料が60ドル位のようです。

いまだと2万円ちょっとでダッシュボードの雰囲気が変わると思いますが、皆さん如何ですか?

自分は違反金を払ったばかりだし、イメージしてみましたが踏ん切りがつかずに現在は躊躇しています。車体の色に合わせてブルーとブラックのカーボンタイプが良いかなとか考えてみましたが・・・






一方でそんな躊躇している中、さっさと購入したものがこちら。

色々裏話のある製品のようですが、世間の話題に乗ってみようかと・・・。
家族は皆1~2粒くらいは食べていて、北海道物産展等で売っている他製品とは違っていると
好評です。
5個セットで送料を含めると1箱(12粒)千円強のキャラメルになりますが、我が家では「花より団子」です。

月曜日にはもう一つの目標、「じゃがポックル」に挑戦です。
Posted at 2008/11/15 22:34:54 | コメント(3) | トラックバック(0) | C4 | クルマ
2008年11月09日 イイね!

数字格下げ? 4 → 3 → 1

数字格下げ? 4 → 3 → 1具体的な買い替え構想はありませんが、出掛けたついでに現在の有力候補車を覘いて来ました。
候補車の条件は、幅1.8m以下のみ。
  (現在のマンション住まいが変わらなければ)

学生時代に憧れのあった4駆のquattroはA3とは言え+140万と結構なお値段(更に60万足せばTTにも届くらしいですが)なので、ゴルフと同じ1.4TFSIタイプ。
(値上げ前のC4 Exclusive と同じ本体価格299万円)

フェイスを変えたマイナーチェンジを期に追加となった1.4Lのターボ付きモデル。
愛車と比べると125馬力と落ちるが最大トルクは同じ、大きな違いは15.8㎞/Lの10・15モード燃費。
一段落ついたとは言え今後のガソリン環境を見越したコンパクトエコカー?(とは言え、幅は1,765mmありますが)

シトロエンに不満は無いが条件を満たす車はC4のみ、マイナーチェンジ版もこれからなので新型は後4年位先でしょうか? 結構先ですね!

という事で、獲らぬ狸の候補車選びですが、実の本命はこちらです。



営業さんとの雑談では、「国内に入るのは間違いないと思います。ただし、ハイブリッド版となるかは分かりません。」とのこと。

2010年発売との事、世界同時発売で日本導入時期が2度目の車検となる6月以前なら・・・・・




少々解説を!

アウディは、今回のパリモータショーでのメインアトラクションとして、「A1スポーツバックコンセプト」を出展。
昨年の東京モーターショーで発表したA1は3ドアでしたが、今回のA1スポーツバックは、全長4m、全幅1.75mという小さなボディで5ドア化し、アウディの新たなハイブリッドテクノロジーを搭載。

■エンジン
ボンネットフードの下には、150hpを発生する強力な1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載し、S-トロニック(デュアルクラッチ式2ペダルMT)を介してフロントホイールを駆動。
このエンジンパワーだけであっても、A1のボディサイズには十分すぎるものであるといえるでしょう。
しかし、A1コンセプトでは、さらに20kw(27hp)/150Nmを発生する電気モーターを搭載することにより、0-100km/hに7.9秒で、最高速は200km/hにも達する。
もちろん燃料消費量は3.9L/100km、Co2排出量は92g/kmという低燃費・低エミッションをあわせて実現。

■ハンドリング
ハンドリング面では、速度に応じてアシストを変化させる電動アシスト式パワーステアリングと、アウディR8のエッセンスを取り入れたサスペンションシステムを採用。

■エクステリア
今回のA1コンセプトでは前回我慢した2枚のドアを追加し、小さなボディであっても大胆なデザインを採用した。
なだらかなカーブを描くルーフラインが特徴的なボディシェイプは、まるでクーペのような美しさ。
フロントマスクでは、アウディの基本コンセプトであるシングルフレームグリルを採用し、縦じまを強調したデザイン。
ボディーカラーはデイトナグレーとし、18インチホイールを採用。

■インテリア
インテリアでは、独立4座となったシートが特徴的で、大人4人が快適に乗車できる空間を提供。
コンソールには、センターメーターを中心に、タービンをイメージしたエアベント、エアコンディショニングコントロール、エンジンスタート/ストップスイッチ、アウディドライブセレクトコントロールなどを配し、上質な雰囲気に仕上がっている。


Posted at 2008/11/09 16:17:54 | コメント(2) | トラックバック(0) | | クルマ
2008年11月07日 イイね!

駐車違反!  その後、

駐車違反!  その後、この様な書類が届きました。

(普段であれば、違反金額、減点ポイントの可否、処理手続きなどをネットを駆使して調べて速やかに処理するのですが、なぜか今回は動く気がせずぎりぎりまで放置するつもりでした。
 それが・・・・)


さて、内容ですが、友人のアドバイス通り、車の持ち主宛に書類が届き違反金を納めれば減点は無いとのことです。

ただ、運転者として事前に出頭してしまうと減点対象になるとか!
慌てて手続きをしなくて大正解だったようです

「正直者が損をする。」 という典型ですが、現在は処理の7割以上が「運転手」としてではなく
「車の持ち主」としての処理とのこと、行政としては減点を付加するよりも違反金の回収に重きを置いた制度ということでしょうか?

いずれにしても良いアドバイスで助かりました。
ところで、このアドバイスは、知識としての情報だったのでしょうか? それとも経験からの・・・、


しかし、違反金
高い!


金額については高をくくっていましたが、実際に提示されると同じ金額でも物などを購入した時よりも高いと感じるのはなぜでしょうか?

既に今月分の小遣いは半分以上使ってしまった上に妻には内緒だから補填は無い。
しかも振込期限は18日と迫ってきている。
こうなったらサラ金に・・・ は無いですが、痛いですね!
皆さんも、気をつけてください。



最後に、自分への戒めの記録として届いた書類をアップします。
係わった事の無い多くの優秀ドライバーの方々も、情報として見て頂ければ本人も浮かばれます。
( 合掌! チ~ン! ?? )

弁明通知書(表)・・・文句があるなら言って来い! という書類


弁明通知書(裏)・・・仮納付制度の説明?


運用処理説明用紙?・・・持ち主として支払えば減点無しの説明はこちら!


最後は、振込用紙



       ※ 幾らブログネタが無いとは言え、又自虐ネタに走ってしまった!

Posted at 2008/11/07 21:26:51 | コメント(2) | トラックバック(0) | C4 | クルマ

プロフィール

「スーパームーン 前夜 http://cvw.jp/b/329879/40798591/
何シテル?   12/02 23:00
DEMIO XD Touring L Package 乗りのシャイなおやじに代わって、犬嫌いな豆柴モモがお話します。  (2004.3.24生まれ 柴犬 ♀)...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2008/11 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

お友達

ファン

11 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
10年間のフランス車乗りを経て国産車に復帰。 選んだのは初マツダ・初ディーゼル車! どの ...
トヨタ ソアラ トヨタ ソアラ
初代 ソアラ 2000VR コンプリートカー「EX-8」のスタイルに一目ぼれ。ソアラ発 ...
トヨタ セリカ トヨタ セリカ
初代 セリカLB 1600GT  (LB:リフトバック) ヤマハ製の名機2T-G型エン ...
トヨタ コロナ トヨタ コロナ
四代目 トヨペット コロナ 2ドアハードトップ 1700SL ツインキャブ型SOHC1 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる