• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

豆柴もものブログ一覧

2012年05月31日 イイね!

赤いカシオペア!  (1/2)

赤いカシオペア!  (1/2)金環日食人気に便乗したした天体ネタではありません。

次の天体イベントは「金星の太陽面通過」
6/6 午前6時頃からですよ!

って、ダミアンか?



老後の趣味として手をつけずに残しているのが、鉄道模型のレイアウト・ジオラマ作成である。
まだまだ先の楽しみだが、時々虫が疼く時がある。

今回はレイアウト場での走行やジオラマの作成ではなく、単なる展示欲であるのだが・・・

対象は、一昨年乗車した寝台特急カシオペアの客車12両+牽引車1両の13車両連結のフル構成。
しかしこれが簡単そうで難しい!

鉄道模型には数多くの規格(縮尺や軌間)が存在するが、日本で最も普及しているNゲージの基本縮尺は1/150(軌間は9mm)なので、20.8mあるカシオペアの客車1両でも14cm弱、全てを連結すると190cm程の長さとなる。展示するだけにしても結構なサイズとなり、おいそれとは購入に踏み切れない。


そんな中、見つけたのがこちら!



バンダイの「Bトレインショーティー」シリーズの 『カシオペア』 である。

Bトレインショーティーは2002年から発売されており既に10年以上経過、Nゲージ規格に準じたディテールで作り込まれているディスプレイモデルであるが、製品企画時より、鉄道模型メーカーである関水金属(KATO)の協力のもとで、Nゲージ車両用のパーツを取り付けて簡単にNゲージの線路で使用できるようなっています。

シリーズ名にある“ショーティー (shorty)”は一般的には“ちび”や“たけの短い衣服”という意味ですが、鉄道模型においては車両の長さだけを縮尺より縮めたデフォルメモデルのことを指す専門用語になっているようである。

Bトレインショーティーも車両の長さ方向にのみ60mm程度に短縮されたデザインになっており、「車両のリアリティーはそのままに、長さの方向をショートカットしたマスコットモデル」と説明されている。


たとえば、カシオペアのツイン用客車は、ショーティー車両になるとこんな風になります。



 
本来上下2部屋で4列あるはずの客室が1列のみに割愛されています。
本物通りに作るとするとこんな長さが必要です。(上記を加工してみました)



実際はこんなに違うのにカシオペア特有のポイントがよく押さえているためどの車両も違和感がありません。連結すると更に雰囲気は高まりますので、豪華寝台特急の風格はちゃんと再現されているのではないでしょうか。
そして、何より全長でも90cmほどに収まるのが良いです。

さて、『カシオペア』ですが2月に発売が開始され、前車両のAセットと後ろ車両のBセットがあります。
2セットでカシオペア1編成!  
と思わせていますが、実際には6両目・7両目が抜けた10両編成にしかなりません。 
フル構成を求めるなら、A+B+B の3セット購入が必要です。

バンダイさん、商売上手ですね! 
ちなみに、トワイライトエクスプレスだと同様のA・Bセットがありますが、A+B+B+B にしないとフル構成にならないとか・・・

話はカシオペアに戻りますが、通常牽引車も含め11両も繋がっていれば雰囲気は十分に出てますので、フルの13両でなくても問題はなくプラス購入はしないと思います。

しかし、自分の場合は『こだわり』があります。





ご覧の様に、乗車したのが7号車なんです。(残念なことに!)
フル構成というよりも、乗った車両が無いということが問題で・・・
5号車とか8号車に乗っていたのであれば間違いなく10両編成で終了です。
でも、7号車なんです!
どうしても無しでは自分を納得させることができません!
7号車さえ入手出来れば6号車はどうでも・・・・・ 
駄目だ!  1両だけ無いなんて!


ということで、追加購入しか選択肢は無かったのですが、幸いにもヤフオクにA,Bセットの全車両をバラ出展された方が現れました。
多分同じようにフル構成を目指す方との競い合いに勝ち、フル構成入手です。


上記客車に追加して牽引機関車としてそれぞれのセットについています。
現行EF510形の「カシオペア色」と「北斗星色」の色違い が、
更に初回限定セットには先代牽引機関車である「星釜(北斗星色)」と「カシ釜(カシオペア色)」と言われているEF81形 が付いています。
結局、A+Bセットで牽引車4両と客車10両、そして追加客車が2両、合計16車両となりました。

と言うことで入手しましたが、ここからが始まりです。
通常Nゲージ製品の車両は完成品ですが、こちらはバンダイ製ということで組み立てモデルです。

しばらく間が空いているとはいえ「昔取った杵柄」・・・・   を出すまでも無く、ガンプラメーカー製品、昔のように接着剤は不要で塗装も要らないカラーパーツをはめるだけになっていますから組み立ては難なく終了しました。

しかし、シール張りが・・・・・
多少サイズが大きくなる車両番号などは何とかなりましたが、カットもされていない2mmほどの禁煙マークなどを切った上で貼り付けることは技術よりも根気が続かず・・・  
(昔のように水につけて浮き上がったものを貼り付けるのではないだけましですが)

と言うことで組み立て並べた写真がこちらです。



さすがに短いとはいえ客車12両を繋げると米粒写真にしかならないので牽引機関車をのみを並べてみました。



左から、EF510カシオペア色、EF510北斗星色、EF81カシオペア色、EF81北斗星色 です。




なぜか、モノが増えることが好きではない妻がスペースを提供(開けて)くれました。
共有した記憶があるからでしょうか?
現在の状況です。 (歴代愛車たち以上に優遇されています。)
(これ以上こりだしてジオラマ風にしてしまうと・・・ 、当面このままで我慢します!)





さてさて、本題までたどり着けませんでしたが長くなりましたので今回はここまでとします。



Posted at 2012/05/31 22:24:35 | コメント(2) | トラックバック(0) | ミニカー | クルマ
2012年05月26日 イイね!

「赤いシリーズ」 赤いチェア

「赤いシリーズ」 赤いチェア
大映テレビか?


って、特定年齢者しか分からないだろう突っ込みを入れてみましたが・・・



C4が車検から戻ってきました。

シトロエン・メンテナンス キャンペーン中ということで、「ブランドカラーをフィーチャーした折りたたみチェア、コンパクトにまとまる3脚タイプ。」を頂いてきました。
同じ店舗でもプジョー客にはブルーとしっかりブランドカラーをフィーチャーしているようです。
(妻は使えば無くなるメルヴィータのトゥースペースト(歯磨き)の方が良かったと言っていますが・・・)

友人より、外車としての車検代としてか、3回目の車検代としてか、理由は定かではありませんが 内緒で教えて連絡がありましたので、こっそり伝えます。

諸費用: 51,350円  (重量税24,600 自賠責24,950 印紙1,800)
整備代: 63,315円  (車検整備40,793 検査料9,922 車検代行12,600)
--------------------------------------------------------------------------------
基本費用 114,665円

部品代: 12,852円  (ブレーキオイル1,680 エアコンフィルター3,945 プラグ5,040 その他2,187) 
技術料: 11,025円  (上記交換費用)       ※部品代は早割20%引適用価格
--------------------------------------------------------------------------------
追加費用  23,877円

*********************************************************************************
総合計   138,542円      ※ 全て消費税込み

今回エンジンオイルは交換後間もないのでパスしました。

ちなみに、前輪ブレーキのローター&パット交換の前回が、174,070円
ほぼ今回と同じ内容だった初回は、139,910円                でした。 


ということで、こっそり伝えて今回は終了です。
次回以降、赤いシリーズ第2段の長編が始まる予定です。

Posted at 2012/05/26 19:33:45 | コメント(2) | トラックバック(0) | C4 | クルマ
2012年05月21日 イイね!

撮ったど〜 !

撮ったど〜 !暑い雲におおわれていて心配しましたが、

    なんとか撮れました。








簡易フィルターなので画像はそれなりですが・・・







薄曇から出始めはフィルター越しでは認識できずに、禁断のフィルターはずし画像




Posted at 2012/05/21 08:26:49 | コメント(1) | トラックバック(0) | カメラ | 日記
2012年05月20日 イイね!

8年目に向けて

8年目に向けて整備のため有明に預けて来ました。
(平たく言えば3回目の車検です。)


細かなトラブルが無かったわけではないが基本的にはすこぶる快調で、購入前に心配した「壊れやすいイタフラ車」「維持費(修理費)の高い外車」は完全に払拭され、先代に続き愛車としても長期化しそうです。


さて、昨日は数ヶ月前から予定してあった所用が前日になって急遽中止に・・・
天候は久し振りの好天が見込まれましたが、急すぎて代案も無く、また個人的には細々としたこと(後日報告予定)をしたかったのでのんびり過ごすか と考えておりました。

しかし、今年になって天候やらタイミングの悪さで中々出掛けること(気分転換)が出来なかった妻は見逃しません。

6月にはツーリングやら同窓会で勝手に出掛ける身、後ろめたさもありお付き合いすることにしました。しかし、「妻が出掛けたい!」と言えばただのドライブや観光だけでは終わりません。

昨日は、走行距離400km程を運転した上で約26,000歩がカウントされました。オーナー散歩が無ければ平日の歩数が5~6,000歩ですから約1週間分です。 (一歩70cmに設定している歩数計は18.2kmを標示)

「運転は大変だから遠くは難しいね」と妻は言い選ぶ場所は関東周辺が多いですが、「遠くへのドライブでも歩く距離が少ない方が楽!」とは考えていないようで、いつまでお付き合い出来るか・・・・・



出掛けた先は長野県軽井沢との県境である群馬県安中市にある碓氷峠、前々から行きたがっていた場所です。
近くにあるさくらの里の桜も有名で、春先の友人とのツーリング先に検討しましたが天候不順で時期がズレたので諦めた場所でもあります。


まずは目的地まで5kmほど離れた第2の出発地である横川駅に車を止めます。
横川駅と言えば「峠の釜めし」ですよね! 駅前にこちらがあります。



いよいよ本日の目的、「アプトの道」を進みます。
平成9年に廃線となっている信越本線ですが、その前、昭和38年に信越本線が新線として開通したために廃線となった旧信越本線の跡地になります。
跡地としての証拠がこちらの写真。



片側はトロッコ列車「シェルパくん」の走行用に残され、片側はレール部分だけ残るように舗装された「アプトの道」として残っています。

鉄道文化むらを横目に見ながら進み、碓氷関所跡、旧丸山変電所と進みます。
峠の湯駅を越えるとレール跡はなくなりますが、北原白秋歌碑を経て1号トンネル・第2橋梁・2号トンネルへと進みます。




トンネルの中はこんな感じです。 (実際はもっと薄暗いです)




そして、抜けると眼下に碓氷湖が出現します。




まだ時間が早いのでそのまま進み、帰りに昼食をこの場所でとることにします。

トンネルの先にトンネルが  状態で3号・4号・5号トンネルを抜けていきます。




そして着いた場所がこちら! 本日の目的地です。

ただの道のようですが、皆さん何か下を見てますね?
何か見える絶景ポイントなのでしょうか?




いえいえ、この場所自体がポイントなんです!
ちょっと横から見た風景がこちらです。





「めがね橋」の愛称で知られる赤レンガの4連アーチ橋碓氷第3橋梁です。
JRのコマーシャルで使われ一段と知れ渡ることになりました。
一般的にはこちらの角度の写真で紹介されることが多いですね。




こちらはおまけの下からと正面写真です。





さてガイドブックやネットの紹介ではここが「アプトの道」の終点ポイントとして紹介されていますが、本年4月から先が伸びています。(地元で配布されている案内チラシでさえ同様です)
6号トンネルから始まり10号トンネルまでと、第3橋梁同じようなレンガ作りの大小橋梁を1.2Km程歩くと旧熊ノ平駅に到着します。現在の最終ポイントとなりますがここまで来る人はまだ少ないようです。






基本的にトンネルの連続ですが、ここまで無かった横穴など開いており変化は多少味わえます。
何より当日は汗をかくほどの好天でしたが中は涼しく避暑代わりになりますので特に夏場はお勧めです。




さて引き返して遅めの昼食です。
到着時に購入したこちらです。





暫しの休息後横川駅まで戻り、帰路前の本格的な体力改善休息のために今度は車で「峠の湯」に戻りました。
こちら3時間500円と格安でお勧めです。
写真は峠の湯から写した日本三大奇勝の一つにあげられる妙義山?



見る方向により「表妙義」「裏妙義」と分けて呼ばれているようですが疎くてどちらかもわかりません。
(妙義山かどうかも・・・)


さて、車検前、7年目最後の走行も快調そのもの!
車検上がり後も継続してくれれば、その後のイベントも楽しめそうです。
7年間ありがとう! 8年目もよろしく! 相棒!
Posted at 2012/05/20 21:37:16 | コメント(2) | トラックバック(0) | Dog | クルマ
2012年05月08日 イイね!

Nouvelles

Nouvelles   En cet automne, je deviens grand-père.







                                        ※ 機械翻訳ですが・・・
Posted at 2012/05/08 21:00:11 | コメント(2) | トラックバック(0) | 雑感 | クルマ

プロフィール

「小型ヘリ操縦 チャレンジに年齢上限は無い! http://cvw.jp/b/329879/40415592/
何シテル?   09/16 16:39
DEMIO XD Touring L Package 乗りのシャイなおやじに代わって、犬嫌いな豆柴モモがお話します。  (2004.3.24生まれ 柴犬 ♀)...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お友達

ファン

10 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
10年間のフランス車乗りを経て国産車に復帰。 選んだのは初マツダ・初ディーゼル車! どの ...
トヨタ ソアラ トヨタ ソアラ
初代 ソアラ 2000VR コンプリートカー「EX-8」のスタイルに一目ぼれ。ソアラ発 ...
トヨタ セリカ トヨタ セリカ
初代 セリカLB 1600GT  (LB:リフトバック) ヤマハ製の名機2T-G型エン ...
トヨタ コロナ トヨタ コロナ
四代目 トヨペット コロナ 2ドアハードトップ 1700SL ツインキャブ型SOHC1 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.