• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

豆柴もものブログ一覧

2013年02月25日 イイね!

2月23日は、

2月23日は、

 富士山の日って知ってましたか?








まぁ、語呂合わせですが、数字マニアとしては見逃せませんね!

所用で実家に帰った週末、地元のイベントで初めて知りました。
静岡県と山梨県の地元認知度は分かりませんが、他の地方ではあまり高くないでしょうね?!
平成25年度の世界文化遺産登録を目指しているそうですがどうでしょうかね・・・・・



さて、富士山の日は知らなくても、フジテレビ『ほこ×たて』を知っている人は多いのではないでしょうか?
以前、静岡県と山梨県が富士山をかけて戦った回が有ったのですが見られた方は居ますか?
富士山のビューポイントを争ったのですが、結果は山梨県が勝ちました。
静岡県出身者としては残念な結果となったのですが、その最対戦が7月に決まったようで写真の募集案内がありました。







腕に覚えのある方、とっておきのビューポイントをご存じの方、応募されてみてはいかがですか?





自分は腕に覚えが無いので応募はしませんが、厄介なものを押しつけられそうです。
小さい頃から生活に馴染んでいただけに特別な思い入れも無かったのですが、何故か今年最初の撮影&ブログ記事が富士山スカイツリーからも富士山を見たりとやけに縁があるなぁって思っていたのですが・・・



今年の同窓会、「場所は富士」「幹事は地元の人に!」 だって・・・
(今は千葉県民なんだけどなぁ!)

Posted at 2013/02/25 21:39:53 | コメント(4) | トラックバック(0) | 雑感 | クルマ
2013年02月18日 イイね!

ETCマイレージポイント補填の旅

ETCマイレージポイント補填の旅友人には所用ありとお断りした週末、恒例の館山に行ってきました。

予定していた所用は週頭にキャンセルされてしまい、おとなしく過ごそうか思いましたが下記事情により実施しました。



決して、
 
友人 < 妻 

でお断りした訳ではございませんのでご了承下さい。    ( と、先ずは言い訳から・・・)



さて、ETCカードですが、自分名義と妻名義の2枚を所有し使い分けております。
通常であればどちらのカードも2年以内には1,000ポイントに達成し8,000円の無料通行分に還元されるのですが、うっかり差し替えを忘れ今年3月末に消えるポイントが約380ポイントある事に気が付きました。
時期は昨年の夏ごろでしょうか。
その後は帰省予定やらスケジュールを確認し期限までには達成しそうなので安心していたのですが、当初2月に予定していたイベントが3月1日~3月2日に変更になったり、出かける回数が減ったりして微妙になってしまいました。
3月末に消えるポイントを生かして還元分に達成するのは2月走行までの加算分ポイントなので、3月1日~3月2日ではたった1~2日しか違いませんが加わりません。
それでも週末の所用分が予定通り加算されればギリギリクリアーかと楽観していたのですが、

キャンセル!

未達成確定です!


不足分はたったの60ポイント位、金額で3,000円位でしょうか。

3,000円分ぐらい走行しないと1,000ポイントにならない。
1,000ポイントになれば8,000円分の無料通行が出来る。
消えた380ポイントを補うには19,000円位高速を走行しないと獲得できない。
休日割引があり、結構距離を走らないと3,000円にはならない。
必要ないのに3,000円分ぐらい走って8,000円分を得ると差は5,000円にしかならない。
 ・
 ・
 ・

如何するのが得なのか考えると頭が変になってくる。
ちょうど、地下鉄の車両を何処から入れるかを考えると寝られなくなっちゃうのと同じぐらい・・・・ 
  (古いネタ?)



と言うことで、今年は止めようと言っていた恒例のイチゴ狩りを急遽実施することにした。
 (ちょっと体は疲れるが、代わりに考えることを放棄でき、妻のご機嫌も得られるという損得勘定の結果ですが・・・)


さて、行くことは決定しましたが段取りが大変です。
通常は、メインの場所だけは決めその他は成り行きです。
メインはイチゴ狩りと温泉、成り行きは食事とその他訪問先(大抵は神社仏閣)です。

が、今回は2箇所の事前予約をしました。

妻曰く、
「急に決めて出かけてもろくなことが無い」
「(夫は)自分の想定通り物事が進まないと機嫌が悪くなる」
「その場で嫌な思いをするのはやだから、この様な時は段取りを最初から決めといて」

と言うことで時間がありません。夜ネットで調査、翌日予約という日が続きました。
表向きの奥さん孝行も大変です。(ETCポイントのことは面倒なので言っていません。)


先ず、イチゴ狩りです。
館山でいうと、JAの「館山いちご狩りセンター」か「館山観光いちご狩りセンター」、ちょっと先まで行って「白浜いちご狩りセンター」になります。
いつもは「館山いちご狩りセンター」にお世話になっています。JAですから所属している農家さんのハウスに無作為に連れて行かれますので過去1度も同じところになったことはありません。いちごは美味しいと思いますがたいていは1種類のみです。
ちょっと短いように思える30分の食べ放題でも結構長く満腹にはなりますが飽きてきます。それに最初に行った時からは歳を重ね食べられる量も減ってきているし・・・・

と言うことで、今回は趣向を変え、いちご5種類の味比べが出来る「道の駅とみうら枇杷倶楽部 直営農場 苺庭園(ガーデン)」の予約が取れました。
ラッキでしたね!
去年は予約も取らずに出かけ門前払いでしたから・・・

5種類は、章姫、とちおとめ、紅ほっぺ、モモコ、トムベリー。
こちらが記念写真です。




一番期待して言ったのは苺なのに桃の香りがするというモモコでしたが、本当に微かな香りと柔らかめの果実は自分たちには不評でした。

来年は10種類の食べ比べができるいちご狩り園が九十九里の方に有るそうなのでそちらが新たな候補になりました。




次は食事です。
2012年 房総半島の最南端・千葉県館山市では、いわゆる観光客誘致の一環で「OMOTENASHIご当地グルメ」として『館山炙り海鮮丼』を開発し市内の賛同店舗が提供を始めました。
特製の三段どんぶりを使用し、上から順番に、「炙り海鮮」「刺身」「花ちらし寿司」が盛りつけられた「まったく新しい海鮮丼」と言うことで24,000食を提供したそうです。(協議会報告)

今年2013年は『館山炙り海鮮丼』をバージョンアップし継続提供すると共に、第二弾『館山旬な八色丼』を開発し1月30日から提供を開始したそうです。
「滝沢馬琴作『南総里見八犬伝』に登場する八犬士が持つ霊玉にちなんだ、旬の地場産食材を八つの小どんぶりで味わう贅沢どんぶり御膳」ということです。


現在は「おしゃれ鮨 海の花」「波奈総本店」「休暇村館山」「漁師茶屋伊戸 だ いぼ工房」 「いこいの村たてやま」の5店舗で提供され、どちらも数量限定となっておりますが予約は可能となっています。
しかし週末ですし連絡したのが前日の金曜日となれば諦めムードいっぱいでしたが、何とこちらもOKでした。
材料や味は各店舗で異なるようですから店選びも大変ですが結局違いも調べきれず、一番近くて楽と最初に連絡した館山駅近くの「おしゃれ鮨 海の花」さんになりました。

食事は予約できても席の予約は出来ません。昼時で30分ほど待ちましたが、入った時には既に『炙り海鮮丼』は売り切れの表示が出ていました。待っている間も客の訪問や電話予約がひっきりなしです。お目当ては『館山炙り海鮮丼』の様です。
今回は奥さん様々! 余裕を持って待つことが出来ました。




予約は『館山炙り海鮮丼』『館山旬な八色丼』を1個づつしてありましたが、『館山旬な八色丼』はまだ予定数までいってなかった様でその場でも大丈夫でした。まだ認知度が少ないようです!








結構豪華でしょう!?



さて残りは温泉ですが当日は北風が強く寒くて何となく風呂に浸かる雰囲気ではないということで、坂東三十三番札所 那古寺(那古観音)に立ち寄り御朱印を頂いた後は木更津のアウトレット経由で帰ることにしました。
御朱印と春の訪れ写真を少々












さて、肝心のETCマイレージポイントですが獲得できたか微妙です。
今週末に往復を予定している静岡への東名なら高速道路ということで50円で1ポイントと簡単に料金から逆算出来ます。
しかし今回の道程、東関東自動車道・館山自動車道は高速道路ですが、京葉道路・富津館山道路・東京湾アクアライン連絡道は有料道路ということで100円で1ポイントになる道に該当します。継続しているので支払額は3,850円と分かっていますが、その料金の内どれだけが高速道路分かわかりません。全て高速なら77ポイント獲得ですが・・・・

仮に63ポイントとして計算すると合計で1,005ポイントになる予定です。
余裕は5ポイントしかありません。58ポイント以下ですと今回の努力は露と消えます。
さて、無料走行は還元されるでしょうか?

結果判明は3月20日です!




追伸
ポイント計算が出来る方がいらっしゃったらお教え下さい。
念のため道程を記載しておきます。

1,750円 湾岸市川 - 宮野木ジャンクション - 蘇我 - 富浦     
 900円 富津 - 木更津ジャンクション - 袖ヶ浦     
1,200円 袖ヶ浦 - 木更津ジャンクション -宮野木ジャンクション - 湾岸市川 

※いずれも休日割引料金です。

Posted at 2013/02/18 21:49:19 | コメント(2) | トラックバック(0) | | クルマ
2013年02月11日 イイね!

「6秒」「100m」の壁

 「6秒」「100m」の壁

  捕獲しました!







が、数字マニアとしては失敗です。













何か月ぶりの車ネタだろ?!

滅多にないことなので即時報告のために当日2度投稿です。(確か2回目?)


それにしても、5,555km走るのに11か月!
やっぱり出かけることが減ったのか?





Posted at 2013/02/11 18:02:27 | コメント(1) | トラックバック(0) | C4 | クルマ
2013年02月11日 イイね!

トランスフォーム

トランスフォームご安心ください!
トランスフォーマーのコレクション話ではありません。


かと言って、車ネタでもありませんが・・・・




さて、先のスカイツリーからの夜景撮影、ぶれぶれでショックでした。
まぁ、実力としては妥当なのですが・・・

満足できるものは少なくてもお台場や東京駅での夜景撮影は三脚のおかげでそこそこ撮れましたが、今回は夜間まで居るかも分からず、更に観光客の多い人込みでの三脚使用は避けた方が無難ということで持参しませんでした。
しかし、無いとまともな写真が撮れないということで、また無駄使いの可能性は高いですがグッズを購入してしまいました。

以前ブログでもご紹介した「技術を補う道具」ですね!
但し、昔から「王様のアイデア」商品や「アイデアグッズ」など変わったモノ好き、一般的なまともな商品を買った方が良いのは分かっているのですが・・・  今回も変化球です!


先ずは、一脚です。
ディズニーランドでは三脚だけでなく一脚も使用は禁止されていますが、通路を大きく独占し通行を妨げる三脚よりは制限も少ないと思います。また三脚よりコンパクトで持ち運びは楽になります。
既に簡易版の一脚は持っていますが、脚も細くたわみが出てしまい安定感は???
無いよりマシの気休め程度のモノでした。

高価で本格的なものも有りますが、今回選択したモノはこちら!



SLIK 「SポールⅡ」
全高1,610mm、重量580g、32mmパイプ径の4段一脚です。
縮小時でも550mmというのが携帯性で問題はありますが、それを上回る利点があるため採用です。(利点は後ほど)


続いては、ミニ三脚です。
既にミラーレス対応のモノを3個も持っているのに更に追加購入です。
候補はSLIKミニ三脚シリーズの対応重量1kg以上のものです。
 ミ ニ Ⅱ  : 10年以上も商品ラインナップに存在している人気商品
 プロミニⅢN: 自由雲台「SBH-100BKN」を装備をした上位商品
 ミニプロ6  : 自由雲台「SBH-90」を装備をしたデジイチ対応商品

ミニⅡは安価で購入しやすいのですが、2ウエイ式雲台ということで使い勝手が劣ります。
それ以外は水準器有無や、脚のロック方法の違い等ありますが基本は同じようです。
高さは220mm程、カタログ上の重量はミニプロ6が370g、他が320gになっています。重量の違いは雲台の差で、デジイチ対応のSBH-90は141g、SBH-100BKNは100gあります。
そして、当初のミニⅡ雲台は取り外しができませんでしたのでその認識が多いのですが、マイナーチェンジ後は付け替えが可能となっています。(ネットやカタログにはその表示がありませんが、商品に入っている取説には表示されています。)

ということで、選択したのが、
「ミニⅡ」 + 自由雲台「SBH-60N」



「SBH-60N」は同じ重量対応ながら、最小最軽量の48gしかありません。
ミニプロ6より100gも軽く、プロミニⅢNに無い水準器が付き重量が50g軽いミニ三脚が完成です。

先ほど重量をカタログ上と表示しましたが、実際のミニⅡの重量は40g多い362gでした。
三脚部分が239g、2ウエイ式雲台が123gでしたので、48gの「SBH-60N」に付け替えて287gになりました。





75gも軽いと見かけも大きく違いますね。固定するにはちょっと頼りなさそうに見えますが、実際の耐重量は同じ1kgなので最重量レンズを付けても500g強の自分の環境では十分です。
それに価格も「プロミニⅢN」より安価でしたし・・・


さて、このミニ三脚は選択した最大の理由は、一般的な卓上用として利用するためではありません。
こちらの売りは、ブレを防ぐ胸当て「チェストポッド」としての利用が可能ということです。


(こちらはネット画像を合成借用です。)

これであれば、三脚・一脚使用禁止の場所でも使えます。
ぶれ防止の効果は高いようです。
ファインダーを覗ぞく場合も、モニターを見ながらの場合でも使えるので、カメラをバージョンアップした場合も対応できます。(意味深・・・)
ということで可能な限り軽量にすることは、持ち運びだけでなく、使い勝手の向上に直結します。



さて、さて、トランスフォームしてませんね!
そろそろさせますか?

「SポールⅡ」、一脚ですが、ただの一脚ではありません。
接続機能を持ち延長棒として使用可能な多機能タイプの一脚です。
こちらは商品細部と商品に付いていた取り扱い説明書ですが色々な使用方法が表示されています。



仕組みは太いパイプ側に両面オスネジが付いているプレートがはめられています。
通常時はプレートを付けたままそのネジ山に雲台を取り付け一脚として使用しますが、延長棒として使用する場合はプレートを外しますとメスネジが出現しますので三脚側に付けます。
そして、一脚として使用した場合に石突なる部分が取り外せるようになっており、取り除くとオスネジが出現、そこに雲台を取り付けます。
まあ、一脚で使用する場合と上下を逆にするわけです。(延長棒として使う場合は太いほうが下になった方が安定しますからね・・・)

一般的な三脚で雲台との間に使用すれば3m近くの高さの三脚になります。
自分の場合は、高い三脚が必要なわけではありません。
 (シャッターリモコンが使えないタイプのカメラなので撮影できないし・・・)

一脚より安定する「三脚付きの一脚」としての利用が目的です。



スタンドマイクの様な形になりますね!
このまま手放しで利用する勇気はありませんが、一脚よりはるかに安定した脚付き一脚になります。
使う機会がどの位あるかはわかりませんが・・・・


高価な専用品もあるようですが、この程度の出費で「もどき」が経験できれば・・・

なお、本内容は自分の発案とかではなく、随分前から先達者の報告が上がっていますし、メーカー側もこの様な使い方を想定して発売・紹介をしています。
独自性は自由雲台「SBH-60N」に付け替え軽量化を突き詰めたことぐらいでしょうか・・・



あっ、声が聞こえる!


「そんな使うか分からないモノを
 揃えて満足しているより、

  外に出かけて技術を磨け!」






               はい!  ごもっともです!

Posted at 2013/02/11 11:17:19 | コメント(1) | トラックバック(0) | カメラ | クルマ
2013年02月10日 イイね!

追いかけるヒップが替わった!

追いかけるヒップが替わった!

 ストーカーではありませんよ。
   
  ・・・・・念のため・・・・・







遊んでもらっている友人が車を乗り替えた。


オープンカーからコンパクトカーへ乗り替えだ。
何事にも前向きな友人、天塩もお金もかけた旧車には何の未練も無いそうで、既に新しい車に数々の手を並行して加え出している。

一方、こちらは過去や現在に縛られ・・・・・

愛車も特に不調も無いので乗り潰す覚悟でもうしばらく乗り続け、次男が生産に関わっている車が市販されるのを待つか・・・・・
(現状国内販売は4ドアのみと言うのが問題だが・・・・)


しかし、この切り替えの速さや拘りとかは車に限らず生き方と共通しているのかもしれない!
人生を自ら切り開いていくタイプと、寄らば大樹と一社にしがみ付いて終わろうとしている自分と・・・


と、湿っぽくなったので話を戻しましょう。


昨日、そのお披露目と試乗会が有った。
参加は自分だけでなく、友人のお友達も一緒である。
以前にもお会いしている方なので試乗後は3時間も親爺話に盛り上がってしまった。
この方も現在乗り替え検討中ということでした。

さて、新しい車ですが、何処かで見たような・・・





そうなんです!
ルーフの色違いを除けば長男が手放した車(自分の2ndカー?)の次モデルです。
詳細を比べれば違いは多くあるのですが一見同じ車に見えてしまいますので何処か懐かしいような愛着のある車です。

次回は真岡鐵道のSL撮影とお誘いのあったオヤジTRG、車は替わっても車列の並びは同じで後ろから追っていこうと思います。
華奢から、小ぶりだが丸みと弾力のありそうなヒップに変わりましたが・・・











Posted at 2013/02/10 18:45:39 | コメント(1) | トラックバック(0) | C4 | クルマ

プロフィール

「スーパームーン 前夜 http://cvw.jp/b/329879/40798591/
何シテル?   12/02 23:00
DEMIO XD Touring L Package 乗りのシャイなおやじに代わって、犬嫌いな豆柴モモがお話します。  (2004.3.24生まれ 柴犬 ♀)...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/2 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

お友達

ファン

11 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
10年間のフランス車乗りを経て国産車に復帰。 選んだのは初マツダ・初ディーゼル車! どの ...
トヨタ ソアラ トヨタ ソアラ
初代 ソアラ 2000VR コンプリートカー「EX-8」のスタイルに一目ぼれ。ソアラ発 ...
トヨタ セリカ トヨタ セリカ
初代 セリカLB 1600GT  (LB:リフトバック) ヤマハ製の名機2T-G型エン ...
トヨタ コロナ トヨタ コロナ
四代目 トヨペット コロナ 2ドアハードトップ 1700SL ツインキャブ型SOHC1 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる