• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

豆柴もものブログ一覧

2013年03月29日 イイね!

今が満開?

今が満開?今週末までもたないと予測のコメントを入れた東京の桜!

頑張っていましたね。 

平年より開花期間は長かったようで、今週もなんとか楽しめそうです。







地元は東京と川一本しか離れていませんが開花は遅れていました。
市内には桜並木も何ヵ所かあり連なった桜も良い雰囲気をかもしだしているが、
一本で十分な存在感を出している桜が自宅近くにある。しかも二本も!


宴会等は出来ないが毎年訪問者を楽しませていたが、震災による地盤の亀裂が見つかったということで修繕工事のため近くまで立ち入ることが出来なくなっている。
桜の季節は2度目になった。

引っ張り出した写真は5年前のオーナー記念写真である。
4歳のオーナーも若いが、当時でも十分な樹齢があったとは思われるが桜の咲き具合も何か若い様に感じる。


こちらが昨晩の雄姿!




近寄れないので遠目からでも楽しめるようにと頑張って咲いているようだ!
今晩は風が強くこの先雨も降るようなのでちょっと心配だ。


頑張れ!


Posted at 2013/03/29 22:42:40 | コメント(1) | トラックバック(0) | 雑感 | クルマ
2013年03月24日 イイね!

昨年は遅かったのに・・・

昨年は遅かったのに・・・特に関東地方は桜の開花が早すぎて準備が間に合わないイベントが多いようです。

2月に入手したランチと隅田川クルーズのクーポン利権を、
「隅田川お花見クルーズ」運航開始初日である昨日行使してきた。

多分お花見クルーズが楽しめる週末は今週だけだと思う。
お花見クルーズの運行予定は3/23~4/14で、この時期だけ花見に合わせて墨田公園の桜を見せるために余分に旋回航行してくれるのが売りなのだが・・・
クーポンは50%OFFということで20分ほどで300枚が完売したが、購入者の何人が名目通りのお花見クルーズを堪能できるのだろうか?


昨年は早咲きの河津桜でさえ3/3にはまだ満開になっていなかったのに・・・
自然を相手にする桜の開花と秋の紅葉の見極めは難しい!

さて、クルーズは日の出桟橋‐浅草間のどちらからでも良いということで先ずは浅草駅に向かい乗船券に引き換えた。乗船券は便(時間)の指定券では無いので乗りたい便に合わせて乗船口に来ることになるがランチを13:30に予約を入れてあったので11:30の便に乗ることにした。(乗船時間は1時間ほどである)
小一時間ある。
隅田川の桜は昨年鑑賞したし3日前に上野公園の桜を堪能したばかりなのでちょっとだけ川縁を歩いて予定していた場所に向かった。



向かった先はお馴染みの浅草寺である。(今回はこちらの二天門側から)



本堂に参拝して速やかに目的地に向かいます。
場所は写真左手に写っている五重塔の裏側にある浅草寺本坊の「伝法院」です。
こちらの伝法院は普段入れませんが、期間限定で庭園が拝観できるようになります。
今年の期間は3/21(木)~5/7(火)です。
庭園のしだれ桜が有名ですが、しだれ桜はソメイヨシノより開花が早いのが普通です。
開園前の3/20には既に満開だったとの情報も有りましたのでちょっと心配ですが・・・
こちらがその庭園です。



左側に振ると五重塔が見えます。



右手側に振るとスカイツリーが・・・




そうなんです! 両方が一緒に視界に入るんです。
残念ながら20mmしか無かったのでこんな感じですがもう少し広角であれば・・・




フジテレビも撮影に来ており夕方のニュースでは流れておりました。
さて桜ですがこんな感じになりました。






二枚目とほぼ同じ構図だと思うんですが、なぜかこんな写真も???





さて、ちょっと予定時間を過ぎてしまい慌てて乗船場所に戻りました。

ここでちょっと残念なことが発覚。
予定時間の便は展望デッキの無い船種でした。
船内はこちらの様な一階・二階の客席に追加して後尾にデッキはありましたが目いっぱい天井が付いています。そして乗客定員は500名強と満員です。 (船内写真は浜離宮で多くの乗客が降りた後撮影)






一応最後尾に場所は確保しましたが後方以外は視界は塞がっています。諦めて通過する橋をすべて写してきましたが期待していたクルーズとは・・・・






さて、日の出桟橋からは「ゆりかもめ」でお台場に向かいます。
混雑覚悟で無人運転の最前部に乗りましたがそれほど混んではいなく・・・




さて、予約時間までは15分ほど余裕がありました。
過去にも写していますが、DMC-G5に替ってのバリアングル液晶を使っての足元からのガンダム撮影です。







こちらが食事場所からの展望です。



ホテル日航東京3F 日本料理「さくら」で



こちらのお花見さくら箱(7品)に、先付け・お椀・食事・デザートが付いた懐石風特製お花見御膳を頂きました。



更にクーポン特権としてノンアルコールカクテルと、食後に抹茶とお菓子セットを頂きました。






きっちり躾や身のこなしを身に付けた和服姿の若い女性に給仕をして頂きお上品に美味しく頂いた昼食で大満足ですが、帰宅後の夕食で夫婦で気軽に食べたカレーの方が何か落ち着いて美味しかったような・・・





Posted at 2013/03/24 18:38:22 | コメント(1) | トラックバック(0) | | クルマ
2013年03月20日 イイね!

桜に誘われて 猫と雀に会って来ました。

桜に誘われて 猫と雀に会って来ました。
一本目のブログを書いた後、

      気まぐれ・突発的に上野に行って来た。







花見のメインは今週末に予約している「ランチとお花見クルーズ」があるので本日は大人しくしていようと思っていたのだが・・・・


さて、上野の“人出”は既に満開でした。



勿論“桜”目当ての人も多かったのですが、本日は上野動物園が開園記念日ということで無料開放されていた影響もあったようです。
我々も久し振りに動物園に! 新しいカメラの試し撮りも兼ねて子供連れで満杯状態の園内をまわって来ました。

肝心の“桜”ですが、上野公園で6~7分咲き、不忍池辺りの水辺で涼し目なところが4分咲き程度でしょうか?
満開は予報通り週末辺りになると思われますが日曜日は雨との予測もあるので、金曜日の夜と土曜日がピークでしょうか?
日程的にはドンピシャですが逆に人出が心配に・・・




さて、今回は動物園以外の動物の写真をアップしてみます。
どちらも人為的な面があり賛否両論あるようですが・・・

先ずはこちらです。
皆さん群がって写真を撮ってますね?



お目当てはこちらです。
「上野公園 木の上で眠る猫」と注目を浴びている2匹です。




こちらは不忍池です。
餌付けする人と群がる雀があっちこっちで・・・



最後は旧岩崎邸庭園を散策して帰路につき5時間弱の旅が終了しました。
その間写した写真が300枚弱、SL撮影の練習とばかりに動きの速い動物を連射で・・・
無駄な写真の山が・・・


Posted at 2013/03/20 20:08:49 | コメント(1) | トラックバック(0) | | クルマ
2013年03月20日 イイね!

朗報 届く!

朗報 届く!
忘れていましたが、本日は20日でした!


こちら の努力が報われました。




若干渋めに1,005ポイントと予測していましたが、1,008ポイントとまずまずの結果でした。



実はちょっと心配で安全圏まで獲得しておくべきか悩んだのですが・・・

妻曰く、
70点合格の試験なら、

「妻と次男は100点を目指すタイプ」

「自分と長男は80点を目指すタイプ」


ということで80点分の努力しかしないので通れば効率的だが一歩間違えると・・・

というか、真面目な勤勉タイプでは無い! ということらしい!



貴方はどちらのタイプですか?
Posted at 2013/03/20 10:18:56 | コメント(1) | トラックバック(0) | C4 | クルマ
2013年03月10日 イイね!

漫画好き & 収集癖 Ⅵ  初めてのおつかい 編

漫画好き & 収集癖 Ⅵ  初めてのおつかい 編
トップ写真で分かった貴方、

   かなりのマニアですね!

              



ぐずぐずしてると、「宇宙戦艦ヤマト2199」のアニメ放送が始まってしまいます。
便乗したにわか(俄)マニアと思われるのも癪なので早めに投稿します。お付き合いください。
さすがに今回のアニメはそんなに見ないと思いますが・・・・


西暦2199年、突如開始されたガミラス帝国からの攻撃により、地上は放射能に汚染され人類は滅亡の危機に瀕していた。
その時、遥か14万8千光年の彼方・イスカンダル星から届いたメッセージに含まれていた未知の駆動機関"波動エンジン"の設計図を手に入れた防衛司令部は、地球脱出のため極秘裏に建造されていた新型艦を急遽改造、波動エンジンを搭載した史上初の超光速宇宙船を完成させた。
こうして、かつて九州坊ヶ岬沖で沈没した超弩級戦艦"大和"は"宇宙戦艦ヤマト"へと生まれ変わり、人類最後の切り札として、放射能除去装置"コスモクリーナーD"を求めてイスカンダル星へと旅立った・・・・

はい、トップ写真は放射能除去装置"コスモクリーナーD"でした。名前は覚えがあっても形までは・・・が普通ですが!


甦りますよね ささきいさお の歌声!

  さらば地球よ 旅立つ船は ♪
  宇宙戦艦ヤマト ♪
  宇宙の彼方 イスカンダルへ ♪
  ♪
  ♪
       ※ フル歌詞を入れたいのですが、著作権上問題があるようなので止めときます。


1974年放映が開始されたテレビアニメですね。
当初は同時間帯放送の『アルプスの少女ハイジ』『フランダースの犬』などの影響で視聴率が低迷、予定の回数を待たず打ち切られたそうです。
しかし、再放送などで改めて注目され、再編集した劇場映画が公開される頃までには社会現象とも言える大ブームとなりました。
ブームとなればプラモなどのキャラクターグッズも豊富に出現しました。
そして1978年の『さらば宇宙戦艦ヤマト』公開時以降、ポスター等で多く描かれる斜め前方からのイメージを重視したデフォルメモデルは3,000円の高価格(当時)にもかかわらず、初回出荷10万個が1ヶ月で完売するという大人気商品になり結局25万個が売れたそうです。
後継モデルの1/700サイズ物も31万個が売れ、当時経営不振だったバンダイ模型の売上げを回復させた救世主商品となったそうです。



それから四半世紀、当時熱狂したマニアもびっくりするアイテムが発売となりました。

2001年4月バンダイから発売された

ポピニカ魂
BPX-01「宇宙戦艦ヤマト(松本零士監修)」




何と、価格(税込み)が20,790円 と2万円越え!!!

「玩具(おもちゃ)に2万円も出せるか!」
と思われた方も多かったと思いますが、何と人気商品となり完売!

1991年のバブル崩壊から10年が経ったとはいえ決して経済が回復したとは言えない時代に・・・・
マニアの購買意欲はすごいですね!

その後数回の再販売がありましたが、都度、完売したようです。
買い逃したマニアが殺到したのでしょうね! (詳細は下記参照)

通常、初版品と再版品とでは多少違いがでるようです。
たとえば初版品に不具合が有ったとすると、再販品では改良されて良くなる場合も有るようですが、通常は再販売品のほうがコストダウンを図られ塗装が落ちたり細かい部分が雑になったりするようですが・・・

ヤマトの場合は製品そのものには大きな違いは無かったようですが、はっきり見分けられる(区別できる)唯一の項目がありました。
それが、表紙に印刷されている「松本零士監修」の文字です。



1999年 松本零士が宇宙戦艦ヤマトの著作権者はプロデューサーの西崎ではなく自分であると裁判に訴えました。
結果は、松本側の敗訴となり、著作者は西崎と認められました。
という事で、再販品には「松本零士監修」の文字が消えました。

ヤマトマニア達は松本零士が打ち合せや制作の場にも参加しないお飾り的な立場であった状況をよく知っていましたのでこの訴えには良い感情を持っていなく、「製品は良いが『松本零士監修』の文字が入った商品は買えない!」と購入を控えたマニアも多かったらしい。
だから文字が消えた再販品が出ると、「やっと購入が出来る!」と喜びいそんで購入に走ったようである。

一方、コレクターはそんな感情は関係ないとばかりに初版品購入に進んだ、コレクターにとっては初版品と再販品では計り知れない価値の差が有るとばかりに・・・・、そして常のように、「開封もせず残すことが王道」である。

が、どちらの立場とも異なる自分にとっては、「飾ってナンボ!」
という事で、初版品の重要性は認識しつつも開封はもちろん部品の組み立てもしっかりして飾っております。





サイズ比較のためにサブマリン707を乗っけてみました。




すでに、2010年11月 更なる最新技術を埋め込んだバージョンアップ版というべき 「超合金魂 GX-57「宇宙戦艦ヤマト」(23,100円)」が発売されています。
超合金といいながらプラスティックの多用、塗装が悪いなどの意見もありますが、フルカラーLEDで波動砲をリアルに表現したり、テーマ曲を流したりが赤外線リモコンで操作が出来る優れものです。


しかし、初代も負けていません!
これでもか! というぐらいギミックを詰め込んでいます。
そちらを少し紹介します。

















いかがでしたか?


Posted at 2013/03/10 12:44:39 | コメント(2) | トラックバック(0) | ミニカー | クルマ

プロフィール

「もう一つの ムーンウォッチ http://cvw.jp/b/329879/39946918/
何シテル?   06/17 10:08
DEMIO XD Touring L Package 乗りのシャイなおやじに代わって、犬嫌いな豆柴モモがお話します。  (2004.3.24生まれ 柴犬 ♀)...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/3 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

ファン

10 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
10年間のフランス車乗りを経て国産車に復帰。 選んだのは初マツダ・初ディーゼル車! どの ...
トヨタ ソアラ トヨタ ソアラ
初代 ソアラ 2000VR コンプリートカー「EX-8」のスタイルに一目ぼれ。ソアラ発 ...
トヨタ セリカ トヨタ セリカ
初代 セリカLB 1600GT  (LB:リフトバック) ヤマハ製の名機2T-G型エン ...
トヨタ コロナ トヨタ コロナ
四代目 トヨペット コロナ 2ドアハードトップ 1700SL ツインキャブ型SOHC1 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.