• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

豆柴もものブログ一覧

2014年09月19日 イイね!

へそ曲がり

へそ曲がり同類語としては、

 偏屈/気むずかしい/つむじ曲がり

などになるようです。





意味としては、
 ・ひねくれていて素直でないこと。
 ・他の人とは反対の言動をとりたがるような場合や、そのような人。


トップには曲がったおっさんのへそ写真を載せようかと考えましたが、それは流石に自主規制致しました。   (へそ毛も無くそんなに汚いモノでは無いと本人は思っていますが・・・・・)



代わりに綺麗なへそ写真を探しましたが色々規制が有りそうなので宣伝ポスターからピックアップ。
誰のか分かりますか?

全体を載せると、Hな訪問者の目は自然ともっと上に行っちゃうんでしょうね?
まぁ、企業側もそこが目的(販売製品)でしょうからサービスで載せちゃいましょうかね?



一応表示サイズは小さくしましたが、スケベな方、興味のある方は画像をクリックすれば800ピクセルの画像が見れます。
(ワンクリック詐欺の様に「ご登録ありがとうございました。入会手続きを完了しました。」なんて文字は出ませんので安心して下さい。)




綺麗な胸、いや、へそですね!?


訪問者の皆さん、満足して頂きました?






ずっと観ていたいという気持ちは分かりますが、そろそろスクロールしてもらっても良いですかね?



根本にはいつも言っている「変わったモノ」「人とは違ったモノ」を好む意識が有るのでしょうが、
特に意識したつもりが無くても縁が出来ないことがありましたね。

その筆頭が車ですかね!?
自分の若かりし頃は、車と言えば、トヨタと日産が二大メーカーと言って良かったような・・・・
スカイラインやフェアレディZなど良い車も有ったのに、なぜか日産とは縁が出来ずに現在に至っています。
GT-Rのオートマ乗ってみたかったな!?       いやぁ、ジョークです!


家電もそうですかね?
二大メーカーと言えばパナソニック(当時はナショナル?)とソニー、我が家に有ったのはナショナルマークのみでソニーがついた家電は・・・・

ソニー製で記憶が有るのは、VAIO ですかね?
でも、コンピュータでVAIO選択って決して常道では無く、どちらかと言えば異端ですよね!

唯一、衝撃製品として率先して購入したのが、 WALKMAN でしたかね?
もちろん、カセット版でしたが!


そろそろ、本題に入りますかね?

同じ音楽関連で衝撃的だった製品と言えば、iPod ですね!
通勤の友として今も愛用しています。
もっとも、最初に飛びついたのはPanasonic D-snap と言うあたりが「人とは違ったモノ」好きとしての面目躍如でしょうか・・・・・


でも、iPod って今じゃメイン商品じゃ無くなっていますよね?
Apple と言えば、iPhone や iPad ですよね!
スマホ や タブレット の代表格と言っても良いでしょう!
でも、なぜかどちらとも縁が無いんですよね!
というか、自ら避けているんですかね?

未だにガラケーですから、Android vs iPhone というよりも 携帯電話 vs スマートフォン になるんでしょうから iPhone は今回の対象から外します。



問題はタブレットです。

もちろん持っていますし、日々使っています。

購入時は、現在よりも差は大きく、

 iPad >>>>> Android

の状況でしたが、なぜか選んだのが Androidタブレット でした。

時期は2011年12月、当時人気のあった7インチモデルの Acer ICONIA Tab A100 でした。
使い道がそれなりなんで我慢できる範囲内ですが、既に3年弱経っていますので能力的には・・・・


そこで新たなタブレットの購入を考えました。

車の様に“買い替え”になると愛着も有り中々踏ん切りが付きませんが、“買い増し”なら時計やカメラの様に躊躇なくできます。
(車の買い替えが進まないのは金額の多さによる違いの様な気もしますが・・・・)


この3年でAndroid勢も頑張って、

iPadの優勢は変わらないものの、全体のシェアでは

 >>>>>

   が

 = or >

まで拮抗しているそうです。



しかし、仮に“=”としたら、

 50 : 50

では無く、

 40 : 40

位だそうです。



では、残り 20 は何なんでしょうか?

それは、Windowsタブレット


そのWindowsタブレットのシェア拡大の原動力は、10インチ以上の本家製品であるMicrosoftのSurfaceでは無く、8型タブレットだそうです。

更に、Microsoft社は、液晶サイズが9インチ未満のタブレットおよびスマートフォンを対象に WindowsのOEM/ODM向けライセンスを無料で提供し始めました。
更にシェアをアップする切っ掛けになりそうですね。


はい、もうお分かりですよね!?

“へそ曲がり”の新たな入手アイテムは、

    安定した iPad ではなく、
    充実してきた Android でもない、

まだまだ少数派であり異端児でもある

    Windowsタブレット です。

(まぁ、過去にはCASSIOPEIAとかのWindowsCE機を使っていたんで元に戻っただけなんですが・・・・)



さて、既に先の無料OSの恩恵制度を使用した格安中華製品が入ってきています。
自分で日本語パックを導入する必要が有ったり、日本の電波法の承認を得た製品では無いので国内でWi-Fi使用するのは厳密には違法であるなどの問題は有るようですが、20,000円以下ということで人気を得ているようです。

自分も当初はこちらを目安に探し始めたのですが、あまり変わらない価格で国内正規販売品が入手できることが分かりそちらに舵を切りました。


現在、8インチWindowsタブレットの性能は横並びのようです。

OSは、Windows 8.1を搭載
価格はOfficeソフト(エディション違い有り)が付いて4万円前後
プロセッサーは、Atom Z3740
メモリ容量は、2GB
ストレージ容量は、32GB  (上位で64GB)
ディスプレイ解像度は、1280×800ドット
タブレット単体重量は、400g前後 (350~445g)
バッテリ駆動時間は、8~10時間程度
搭載センサーは、ジャイロ、照度、加速度、電子コンパス、GPS(機種による)

等のようです。


Atomプロセッサーと聞くと、 数年前に流行ったネットブックに搭載されていた非力なプロセッサーのイメージ強いのですが、その後劇的な改良が加えられ、現在のBay Trail-TのIntel Atomは省電力でありながらフルハイビジョン動画をコマ切れすること無く映せる高性能プロセッサーに変貌しているようです。  (もちろんタブレットとしてであり、本格的デスクトップとの比較はナンセンスです。)

そんな中で選んだ製品は、

 他製品には無いワコム製デジタイザーペンを搭載
 ストレージ容量 64GB (上位モデル)

という特徴を持った

ASUS VivoTab Note 8 M80TA-DL64S

でした。

  

  

先ず ASUS ですが、 台湾メーカーですが日本でも人気のあるタブレット「Nexus7」の製造メーカーですからタブレット造りに精通しているはずですからまず安心ですね。

続いて容量ですが、いくら64GBまで対応のmicroSDカードスロットを備えているとはいえ、折角のWindowsタブレットですからいろんなソフトを入れたいですよね?

昔のWindowsCEの様にWindowsと名前が付いていても専用のソフトしか使えなかったのとは異なり、PCと同じWindowsソフトが使えるんですから・・・・

(タブレット向けに使い勝手を良くしたWindowsストアアプリも有りますが、昔から積み重ねられた各種ソフトに比べれば現在は微々たる数しか・・・・)


32GB製品だと10GB位しか本体に余裕が残らないのはちょっと不安です。価格差も倍容量でも数千円差ですからここは64Gb版で決定です。


最後が自分にとっては一番重要だったのですが、

モバイルやごろ寝しての8インチタブレット使用ですが、やっぱり画面が小さいんです。タッチ操作でWindowsを扱うのに無理があります。

これは自分のような老眼の年寄りだけでなく若者でも共通です。
ツールバー辺りに置かれたアイコン、指の太さの中に3~4個隠れる位の大きさです。
(全体表示を標準から25%大きくした中表示に変更していても・・・)

そこを間違い無く指先で押すのは不可能とは言いませんが、至難の業です。
慣れて要領を掴んだとしても、できればマウスが欲しいと思うはずです。

しかし、折角のタブレットにマウスやキーボードを付けて使用するのは本末転倒ですし・・・・・
(自分も予備としてBluetoothの携帯用キーボードは用意しようかなと思っていますが・・・・)


そんなときに役立つのが、ASUS VivoTab Note 8 に標準で付属するデジタイザー対応のペンです。

お絵かきや手書きをすることは少ないと思いますのでデジタイザー対応という主な用途としては宝の餅腐れですが、ファイルのコピーやExcelのメニュー操作など指先では難しい細かなポイントをタップできるのが何よりも便利です。

8型のWindowsタブレットを出先で快適に使おうと考えるなら、ペンは確実に必要です。

他のタブレットでも市販のペンを使えば同じ作業は出来ますが、初めから標準装備、しかも本体に内蔵可能ということで他のタブレットには無い大きなメリットとなっています。

(発売当初はタップ位置にズレが生じるなど問題も有ったが、専用のドライバーもアップされていたので購入時に即導入、現在の使い勝手は良好です。)


ということで、購入機種は ASUS VivoTab Note 8 M80TA-DL64S に決定しました。


Acer ICONIA Tab A100 の 1024×600 の 7インチTN液晶に慣れていましたから、
8インチ 1280×800ドットの液晶でも遥かに綺麗です。



第1世代 iPad mini 7.9インチ 1024×768ドットと同じくらいですかね?
(現行第二世代の Retinaディスプレイモデル 2048×1536 とは全く比較になりませんが)

7mm台の iPad mini とは比較になりませんが、13.10mmから10.95mmとちょっとだけ薄くなっていますが重量はほぼ変わりません。

    

それ以上の利点が、駆動時間充電仕様です。

駆動時間は4.5時間から11.8時間に大幅に伸びました。

これだけでも利便性はアップしたのですが、
充電仕様が9V専用ACアダプターのみ から、
USB-ACアダプターになった ことで、
他のモノと共有ができモバイルとしての携帯性は大幅にアップしました。

これで、今まで使えなかった手持ちの5200mAhモバイルバッテリーも併せれば20時間以上駆動できます。


あとは、
タブレットというよりもWindows 8.1 の使い方に慣れることですかね?


職場と自宅共にWindows7を使っている身では、見かけ上の大きな違いからちょっと拒否反応が出ていたのですが・・・・・

まぁ、根本的にはWindows7の延長上にタッチ機能を追加しているだけで大幅な使用変更は無いOSの様なので、少し慣れるだけで拒否感や変なプレッシャーは無くなりましたが・・・・・


Posted at 2014/09/19 21:05:10 | コメント(2) | トラックバック(0) | PC | クルマ
2014年09月15日 イイね!

清里 清泉寮

清里 清泉寮
今年の同窓会はこの連休前半に開催された。



場所は清里。





一部メンバーは前泊したが自分は連休初日の移動、中央道経由を諦め、関越・上信越道経由で向かったが25kmの渋滞に巻き込まれ6時間かかった。
(中央道は35kmだったようなので、そちらよりはましか?)

合流後、先ずは腹ごしらえ、恒例の蕎麦屋へ



 そば処 さと  の くるみ胡麻せいろ



続いて、翌日訪問予定だった「萌木の村」



「清里フォトアートミュージアム」を前倒し訪問。





その後、早めのチェックインです。

宿泊場所は、清泉寮。 
   (面倒なの詳細はリンク先を参照下さい。) 


部屋はコテージです。




時間軸は前後しますが、暖炉が付いていました。友人が2時間近く苦労して火を付けてくれました。





夕食まで時間があります。

前泊組は既に散策を終了しており、散策も甘いモノにも興味の無い友人を残して出かけました。


観光客が集まっている清泉寮旧館前がこちらです。










ショップ入口に列が伸びていますね?



列の原因、名物の“甘いモノ”の正体がこちらです。




折角なので、列に並んでおっさんが“一人ソフトクリーム”を堪能しました。





さて、こちらが併設の広場です。




清里には子供が小さい時に来ましたが、ここは初めてですかね?

良い感じですね!


妻に話したら、

「何言ってるの?」
「清泉寮へ行ったじゃん! ソフトクリームも食べたよ!」
「写真もあるよ!」


と持ち出して来たのがこちら!



残念ながら場所を示す写真や食べている姿はありませんでしたが、
プリントしてあるモノだけでも数十カット・・・・・

日付も入っており、

「27 7 '90]


24年前?


当時憧れた時計のことは覚えていても、完全に忘れていました!

もちろん遊びに行ったこと、場所は違っても宿泊したことは覚えていましたよ! ちゃんと!

まだらぼけ?




はい、うまく誘導が出来ましたね!?


前回の宣言通り付けて行った時計で遊んでみました。

こちらが、先程のソフトクリーム売り場に提示してあった標高です。



宿泊受付の新館フロントでの表示は、1,400mと異なっていましたので正確な数値の様です。


こちらが時計です。10m単位で表示します。



時針が1,000m単位を示す「1」、分針が100m単位を示す「3」、秒針が10m単位を示す「6」を指していますので1.360m表示です。

元々、標高は気圧から割り出して表示ていますので、同じ場所に居ても気圧が下がれば標高表示も変わります。

実際の登山では、標高表示場所で数値を修正しながら進みます。

表示が10m単位なので今回の誤差は30~40mとなります。

実際の気圧が標準値に近かったのでしょうが、修正しない状態でこの程度の差であれば、その時点ごとに適切な修正を加えて使用すれば実際の登山でも役に立つ機能と言ってよいのではないのでしょうか?!

ちなみに、こちらが元となる気圧表示です。



1,000hPa以下を示すインジケーター針に加えて、3本の針が861hPaを示しています。
気圧計がありませんので比較検証は出来ませんね。


なお、この時計の各種表示方法は共通で、桁の多い方から時針・分針・秒針となりますので慣れれば簡単ですね。



しかし、標高は10,000mまで表示可能にしていますので、1,000m台を示す時針はたった「1」時位置までしか動きません。

スカイツリーの展望台に登っても移動しないままの「0」位置、2,500mほどの富士山5合目まで登っても「2」、国内最高地点である富士山頂上まで登っても「3」位置にしかなりません。

「4」~「9」の位置になった状態を見てみたいものですが、夢は一生叶わないでしょうね!

ちなみに、先程言いましたように標高は気圧からの換算表示ですから、10,000mを飛ぶ飛行機に乗っても客室内に居る限りは表示が難しいようです。




さて、夕食後は宿泊先主催の「星月夜の星空観察会」に参加、
明るい都会に居ては見ることが出来ない満天の星空を堪能致しました。

その後、温泉に入り、マッタリしながら12時過ぎに就寝。



さて、前泊組は昨日早朝「美しの森」の展望台まで登り、素晴らしい雲海に遭遇したそうです。
羨ましく思い今朝も一緒に出掛けてもらうことにしました。

関西から参加の友人、富士山に強い憧れをもっていますが、昨日は雲海は見えても雲が多く残念ながら富士山は望めなかったそうです。

しかし、今朝はラッキーなことに富士を見ることが出来ました。

念願が叶ったようです!



こちらが、清泉寮の創設者であり、「清里の父」と呼ばれるポール・ラッシュ博士と共に見た富士山です。




静岡出身、関東在住で富士山は良く見ている自分は富士山より雲海を期待したのですが、天気が良すぎて・・・・








まぁ、同時に両方を見ることは不可能でしょうから次回の機会を待つことにしましょう。



朝食後、予定していた訪問先は前日に廻ってしまっていたので早いですが10時に現地解散となりました。

帰路は早い時間帯ですので中央道経由を選択、途中30分ほど撮影や買い物をしながら1時間後の11時に長坂から中央道に。

既に車両は多いものの渋滞は無く、首都高渋滞があったにもかかわらず1時には自宅に到着。
往路の半分しか掛りませんでした。

ちなみに中央道下りは強烈な渋滞発生中で、昨日チャレンジしたら到着は何に時になったのだろうかと選択が間違っていなかったことを実感しました。



一年に一度の親交の時間が過ぎました。

来年は何処でどんな時間を持てるでしょうか?

Posted at 2014/09/15 14:17:34 | コメント(2) | トラックバック(0) | | クルマ
2014年09月12日 イイね!

マナルス

マナルス
この歳にして登山に目覚めてしまいました!

イモトアヤコに挑戦だ!





てなことにはなりません!

それ以前に、
「マナスルって何?」
という人達も少なくないかもしれませんね?


「マナスル」はネパールの山で、ヒマラヤ山脈に属し標高は8,163mで世界8位です。
(8,000m峰は14あり、もちろん1位は8,848mのエベレスト、2位が8,611mのK2と続きます。)
山名はサンスクリット語のManasaから付けられ、「精霊の山」を意味しているそうです。

さて、今回はそんな「マナスル」に登るとかの話では無く、(当然ですが)
毎回お馴染みの「買っちゃた!」報告です。


「マナスル」
ここからは「 MANASLU」にしますかね!

ハッキリ言って “大人のおもちゃ”です。

アダルトグッズじゃありませんから子供でも買えますが、拘りが無いと中々手は出しにくいですかね?
拘りがあっても自分は2年掛かりましたから・・・・・

ギア
道具
ツール
呼び名は変わっても、
外観上はお馴染みの「あれ!」なんですね・・・・・・




思い起こせば、昨年末の出会いで頂いた“お土産”で運命は決まっていたのかもしれませんね。
もっとも、大元のキッカケは25年も前なので、単なる“こじつけ”と言えるのかもしれませんが・・・・・


えっ?
勿体ぶってないでそのお土産って何だ? 
早く言えって?


分かりました!
お土産は、こちらのカタログでした。(他にも一杯頂きましたが・・・)



しっかり常道を歩み始めましたね!

はい、時計のカタログです!

ただ、自分の中でのCASIOのイメージは、G-SHOCKを筆頭にデジタル時計!
アナログ時計が好きな自分にとっては、対象のメーカーではありませんでした。

ところがこのカタログ表紙の時計は全てアナログです。

CASIOが誇る4大シリーズと言えば、G-SHOCK、OCEANUS、EDIFICE、PROTREKですが、EDIFICE以外の3個がドーンと!
ページをめくってみると、見開きで同じ時計の説明が・・・・・




そして、書かれている文字は「Beyond 進化する機能美はプレミアムステージへ。」
(Beyondとは、 …の向こうに、…を越えて という意味ですが、死後の世界、あの世という意味もあるようです・・・・・)

見開きの左ページをフルに使って紹介されているのはメタル素材の持つ美しさとタフネスデザインを融合したG-SHOCKのアナログ時計であるMTG-S1000です。

公開してしまって良いのか分かりませんが、この製品の製造に関わった方が当日の主催者でした。
お蔭でG-SHOCKの耐衝撃構造の基礎構造である中空構造を進化させた「コアガード構造」まで見ることが出来ました。 (上記リンク先参照)


液晶表示の無いG-SHOCK、良いですよね!

中央の製品は、ヨーロッパにて先行発売し好評を博した
スポーティドレスウォッチ「OCEANUS(オシアナス)」 です。

友人の使用時計がこちらのシリーズで、お勧め要素である「電波ソーラーでチタン」を網羅しています。
使いやすくてお洒落! 良いですよね!

何れも良い時計です。

時計好きとしては良い時計を見ると、欲しくなったり張り合いたくなりますよね!?

じゃあ、自分は残りの1個を・・・・



いや、「じゃあ」ではありませんでしたね!
既に多くの拘りが・・・・・


もっとも、その場で言葉や態度で表すことは事はありませんでしたが!




さて、突然ですが25年程前に話が戻ります。
1990年前半、1/100秒アナログクロノと同様に憧れましたが、縁が無さ過ぎて諦めた時計がありました。

それが
セイコーの「クルージングマスター」



ヨットなどのクルージングに焦点を絞って開発された時計でした。

「ヨット?」
「クルージング?」 
・・・
ねぇ、  本当に縁のない世界でしょう!?

以前自分は変わったモノや付加価値に弱いとお伝えしましたが、こちらも例に漏れずキャリバー7K36が搭載された多機能時計でした。
パッと見でも針の数が多いことは分かると思いますが9本もあります。
時を示すのは6本で、残り3本が多機能部分といますか特徴となります。

実はこの時計、

「気圧センサー付きのアナログ多機能時計」

ということで、気圧を測ることが出来る「世界で最初の気圧計付きアナログクオーツ時計」という振れ込みで販売されました。
(1/100秒クロノの時も同じですが、“世界初”って言う単語に弱いですね?)

気圧針は2つあります。
中心から出ている赤と青で塗られた気圧針1が、文字盤に記載されている気圧目盛で500~1050hPa範囲内を10hPa単位で表。
12時位置にあるインダイヤル内の気圧針2で、1hPa単位の計測結果を表示します。

通常は10分間隔で気圧を測定し、値を記憶していておよそ3時間前と比較して気圧の変化の傾向を3時位置にある気圧傾向計に表示します。
それを示すのが9番目の気圧傾向針になります。

海の上では気圧の変化を知るのは重要でした。

加えて、3時位置の内側にある月齢表示機能(ムーンフェイズ)も外せない機能でしょうか?

月齢によって大潮、小潮などが分かりますので、「クルージングに焦点を絞って開発された時計」に相応しい納得の機能と言えます。

更に、気圧が分かると文字盤外周にはその圧力の時に対応する海抜の高さが書かれていますので、1013hPa位置に0の目盛を合わせておけば、気圧から海抜の数値が換算で推測できることから、その後に登場する、登山用に開発されたランドマスター サミッターにも機能が搭載されました。
(そのサミッターも既に製造中止(?)なのか、現在セイコーの後継機は存在しないようです。)


いずれにしても通常生活には不要な特殊機能ですから、当然の様に見送りし、憧れた気持ちだけが記憶に残っていました。


偶にヤフオクなどに載ることがありますが、いずれも程度は良くないのに高価格か、安くスタートしても同じような趣味の方が多いのか競って最終的には高値で終結します。
更に今となってはアンティークに思えるその容姿もあって突き進むことはありませんでした。

1/100秒アナログクロノの様に復刻版が出てくれれば違ったかもしれませんが・・・・・




デジタル版はカシオやスントが出していましたが、その機能自体が必要なのではなくアナログ時計の付加機能として興味を持ったことからそのてのモノは却下です。
元々CASIOのPROTREK(プロトレック)」シリーズも知っていましたが、フルデジタルかデジアナタイプだけでしたので手を出すことはありませんでした。
(時系列が前後しますが、今年になってセンサーが三代目になって薄くて速く計測できるようになったPRW-6000シリーズが発売された時にはにちょっとだけザワツキました・・・)

ところが、2012年4月、CASIOさんがやっちゃったんですね!

欧米諸国が威信をかけ「マナスル初登頂」の称号を競う中、1956年登頂に成功したのは槇有恒率いる日本隊でした。その偉業は時代を超えて語り継がれる伝説となりました。


CASIOはこの伝説の山の名を「PROTREK」の最上級シリーズ名に冠していたのですが、その3代目モデルは同シリーズでは初めてデジタルではなくアナログ表示の腕時計となって登場したのです。

PROTREK MANASLU

「PRX-7000T」






サイズこそ50mmを超えますが、チタン製もあって思った以上に軽いです。
(ベルトのフルコマで120gですから、調整後は100g程度でしょうか?)

42mmのスピマスプロ、34mmのマックス・ビルとの比較写真です。




同じアナログでも針が9本もあった「クルージングマスター」と比べると時針・分針・秒針の3針
と、モード(機能)を示す「インジケーター針」の4つの針のみとシンプルですが、それぞれの針を独立して駆動させることができる「Smart Access」という機能で各種の表示を可能にしています。







「方位」「圧力」「温度」の3つを計測できるトリプルセンサーで、東西南北の方角、高度と気圧、温度を測っています。



加えて、時計機能はフルオートカレンダー機能付きの電波ソーラーでサマータイム自動対応のワールドタイム(29都市名)、アラーム設定、日付・曜日表示、LEDのライトまで付いています。最新の時計と比べてもGPSが付いていないくらいで全く遜色のない機能満載です。

突き刺さりましたね!

でも、問題もありました。

先ずは、価格。
最上級モデルとはいえ、定価が13万5000円。
    (当時の税込価格は14万1750円、現在は145,800円)
3割引きでも10万越え!
クオーツ時計に10万円? と二の足を踏んでいると、新たなマイナス情報が・・・・
初期ロットモデルの一部かと思いますが、
・本体の継ぎ目に1mm程度の隙間がある
・各機能表示時に針の位置ズレが発生する
との報告が上がりだしました。

こうなると、しばらく様子見するしかなさそうでした。
  (価格の下がるのもちょっと期待して・・・・)

そして1年半ほど過ぎての先ほどのカタログ入手です。
載っていた製品はレギュラー製品では無く、ブラックチタンの限定タイプでしたが・・・




堰き止めていた防波堤の上を波が超え始めました。
欲求も前にも増した感じです。

調べてみると、隙間もズレも発生していない製品の購入報告も増えています。
以前は未報告だったCASIOの対応も、修理・側の交換等が実施されていることが分かりました。

これならたとえ発生した製品だったとしでも保証期間なら対応が可能ということで、障害は徐々に低くなってきました。

唯一残った問題は、発売後2年が経過したのでモデルチェンジがされるのではないかという不安です。

タイミング的には格段に正確で速い計測が可能となった第三世代のトリプルセンサーが載り始めた時期(先のPRW-6000には搭載)ですから・・・・

しかし、ついに障害が解消される時が来ました!

「BASELWORLD 2014」で CASIOが「バーゼルスペシャル」として発表したのは新しいトリプルセンサーを搭載した次期製品では無く、側の使用を変えた特別仕様の「PRX-7000GF」だったのです。



もうしばらくは現行品で行きそうですね!?


でも、年明けからはスピマスプロなど機械式時計に気持ちは占領されていましたから中々入り込めませんでしたね?
そうこうしているうちに消費税アップで更に高嶺の花に・・・・・・
しかし、欲求は消せませんからタイミングを計るというか、背中を一押ししてくれるキッカケを待つだけの状態です。


そして、ついに・・・・・






ギリギリで発表が間に合いました!

これで明日からの同窓会に付けて行けます。

先週の軽井沢も高地ではありましたが、フォーマルな場ということで付けるの控えました。
今週は遠慮が要らない!

購入後計測ボタンは何十回、いや3桁越えで押したかもしれませんが所詮平地、大した違いは表示されません。

初の高地です。しかも1,375mの正確な表示地点もある。

平地では確認できない 大きく異なる標高表示の確認、補正設定&補正後の表示確認とやってみたいことが山積みだ!






最後はダイバーズと同じ締で!

この高価な時計の付加機能、“おもちゃ”としてしか使いません。
ちょっと”宝の持ち腐れですかね?



いや、間違いです!



ちょっと
 じゃ無く、ほぼ全部 でした!



だって、 自分



陸 岳人     ですから!
  ( おか )        が  く  じ  ん



Posted at 2014/09/12 21:01:05 | コメント(2) | トラックバック(0) | 時計 | クルマ
2014年09月09日 イイね!

満月 スーパームーン

満月 スーパームーン十五夜(中秋の名月)の昨晩は全く見えず!

最も大きく見えるのは10時頃らしいが、
  曇って見えなくなる可能性が高いらしいので・・・・・・・


                        - 浦安にて - 



サッカー中継直前に撮影、ハーフタイムに投稿と慌ただしい。

     



試合の方はスコアレスで前半終了!

Posted at 2014/09/09 20:23:19 | コメント(1) | トラックバック(0) | 雑感 | クルマ
2014年09月07日 イイね!

石の教会

石の教会
   次男が巣立ちました!


    

    

                                                 不覚にも・・・・・   

Posted at 2014/09/07 21:13:05 | コメント(3) | トラックバック(0) | 雑感 | クルマ

プロフィール

「もう一つの ムーンウォッチ http://cvw.jp/b/329879/39946918/
何シテル?   06/17 10:08
DEMIO XD Touring L Package 乗りのシャイなおやじに代わって、犬嫌いな豆柴モモがお話します。  (2004.3.24生まれ 柴犬 ♀)...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/9 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

ファン

10 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
10年間のフランス車乗りを経て国産車に復帰。 選んだのは初マツダ・初ディーゼル車! どの ...
トヨタ ソアラ トヨタ ソアラ
初代 ソアラ 2000VR コンプリートカー「EX-8」のスタイルに一目ぼれ。ソアラ発 ...
トヨタ セリカ トヨタ セリカ
初代 セリカLB 1600GT  (LB:リフトバック) ヤマハ製の名機2T-G型エン ...
トヨタ コロナ トヨタ コロナ
四代目 トヨペット コロナ 2ドアハードトップ 1700SL ツインキャブ型SOHC1 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.