• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

豆柴もものブログ一覧

2015年08月28日 イイね!

念願のレイアウト作りに挑戦!

念願のレイアウト作りに挑戦!しっかり月1ペースになっちゃいましたね!?


さて、こちらでも何度か表明しておりましたが、老後の楽しみと先送りしてきたのが鉄道模型です。
鉄道切手の収集などもルーツはこちらかと・・・

一言で言うと、「鉄ちゃん」になるのでしょうか?



ご存じの通り、鉄ちゃんにも種類が有って、広く知れ渡っている「乗り鉄」「撮り鉄」「音鉄」以外に
 「車両鉄」 車両の運用調査などを趣味とする
 「模型鉄」 模型の制作・運転などを趣味とする
 「駅弁鉄」 駅弁の試食やラッピング集めなどを趣味とする
 「呑み鉄」 車窓風景を楽しみながらお酒や駅弁などを堪能する
 「時刻表鉄」 時刻表の収集やダイヤグラムの分析などを趣味とする
 「駅鉄」 駅の構造や駅名の研究などを趣味とする
  ・
  ・
  ・


自分は「鉄道模型」ですから「模型鉄」になりますかね!?

今まで多々露呈してきました収集癖から連想すると「車両の収集?」だろうと思いますよね?

でも、 ハズレ です。


もっと性質(タチ)の悪いレイアウト作りだったりします・・・・・

ちなみに「レイアウトって何? ジオラマじゃないの?」って方への補足です。
鉄道模型においては車両の走行が出来るものをレイアウト、車両も情景の一部として固定もしくは静置されたものをジオラマ/シーナリーセクションと呼び区別している  -ウィキペディア-
堅苦しく考えなければ、一般的なジオラマという言葉でも良いとは思いますが・・・



しかし、レイアウト、広い場所と費用が必要です。

若かりし頃は先送りするしかないですよね!?

徐々に歳を重ね忘れた頃にふとした切っ掛けで再熱しますが、結局状況は変わりませんでした!
同じ繰り返しが何度有ったでしょうか?

どちらかと言えば特殊な趣味の世界、普通は自らが飛び込まなければ情報などは入らず寝た子を起こすようなことも無いのですが・・・・・

ところが、


鉄道模型のトミックス(TOMIX)や関水金属(KATO)ならまだしも、

出版社である『講談社』が、

まさかまさかの悪行三昧です!(笑)


全国紙の一面を使った新聞広告や、TVでのCM放映がバンバン流されました・・・・・

60秒CM




しかも、一度ならず三度も・・・・・

第1弾 「週刊 昭和の『鉄道模型』をつくる」

なつかしの昭和下町風景がモチーフ
     2007年7月 - 2008年7月
     全50巻 購入総額 74,280円



第2弾 「週刊 鉄道模型 少年時代」

山奥にある田舎町の夏風景がモチーフ
     2009年7月 - 2011年2月
     全75巻 購入総額 119,610円



第3弾 「週刊 SL鉄道模型」

     小さな町の貨物駅がモチーフ
     2012年1月 - 2013年6月
     全70巻 購入総額 120,110円



このシリーズの画期的な特徴がサイズ!
リビングに置ける「コンパクトサイズ」 が売り文句でした。

通常、Nゲージ車両(1/150)の長さを踏まえると、カーブ走行をするためには最低でも90cm×60cm程のレイアウトサイズにする必要が有りました。
(ただぐるぐる回るだけの楕円のエンドレスレイアウトですが・・・・・)

しかし、上記3シリーズのレイアウトサイズはいずれも60cm×45cmと小型です。

トミーテックの全面協力ということで、ミニレールと「鉄道コレクション」の小型サイズ車両を使用して走行可能としています。
残念ながら、一般的な普通サイズのNゲージ車両は走行できません。

元々「鉄道コレクション」はディスプレーモデルですが、別売りの動力ユニットを組み込んで走行が可能となります。プラスチックモデルですから正式なNゲージ車両と比べれば質感は劣りますが・・・・・


踏み込めなかったサイズという問題が解決しました。
一時期はトランクサイズに収まるZゲージ(1/220)にも解決の糸口にならないかと間口を広げて検討したこともありましたが、逆に後述するもう一つの壁がより大きく立ち塞がり・・・・・


寝た子は起きるどころか、既に起き上がっていました!


気持ちは勝手に膨れ上がって破裂寸前、購入する気満々です!
1巻当たりの価格も購入可能範囲と錯覚させる絶妙な金額です。
今でも同じような仕組みの販売が続いていますので、良い販売戦略になるんですかね?

でも、一瞬冷静に戻ることもあります。
無い袖は振れませんから、気持ちだけではカバーできないシビアな問題が金銭面です。
購入総額を見積もると7万円越え・・・・
(この様な時は総額など余分な事を考えずに突き進まないとダメですね! )


やはり、躊躇しますよね!
人の目も有るし!  いや  妻の目が有るし!



そうこうしている間に一般書店での店頭販売が終了(まだ半分にもいかない20巻頃なのに・・・)、
定期購読予約をしないと入手できない状況となり購入検討は自然消滅となりました。

以後、第2弾、第3弾と続きましたが、重要課題であった価格は更にアップして10万円越え・・・・・
更に更に遠のくこととなりました。

ジオラマ(レイアウト)ですから、レールを繋げて車両を走行させれば終わりではありません。
 (自分も走らせるだけのセットなら随分前から持っていましたし・・・)

街並みや風景を再現することが重要です。
踏み込んでいない初心者にはその部分の敷居が高いんですよね!?

しかし、その部分を解決する方法もありました。
数少ないレイアウト制作会社のオリジナル製品を購入したり、オーダーメード作成依頼をすることです。
もちろん専門の技術者がつくるレイアウトですから出来は良いものですが、その対価は莫大です。
今も同じかもしれませんが、当時は10万以下のモノなんて無く、安くても20万位でしょうか?
オーダーメードなら100万なんて金額のモノも・・・・

ちょっとだけ踏み込んでこちらの金額を知っている人達であれば、書籍版が安いと思って飛びつくのも無理は無いと思います。
自分と同じように憧れて憧れていても手を出せなかったオジサン達の中の何人が、餌食 いや 虜になったでしょうか?

トミーテック全面協力ですから、レールはもちろん、バス、トラック、クルマ、電車、機関車、建物、樹木などは全て「ジオコレ」ブランド名で発売中の市販品を使用しています。
色合い等の違いは多少ありましたが、多分全て購入することが可能です。
品薄で入手しにくかったり、人気で価格高騰などのモノもあると思いますが、手間暇掛ければ、半額までは行かないにしても相当安価に揃えられます。
もちろん手間暇に加えて送料や交通費などもそれなりに掛かりますが・・・・・

販売当初は、
「レール2本で1,500円? 講談社ぼったくり!」
等の見解も多くみられました。
まぁ、これらは普段から専門店に通い慣れていたり作り慣れている人々の意見ですね。
実際の購入者の大多数を占める初心者にとっては、上乗せ分は苦労も無くモノが揃えられ、解説書付で指示通り組み立てれば完成できることの対価であると納得できたと思います。
いや、それ以前に、市販品で揃えられるという情報も持っていなかったと思いますから比較すること自体が無かったのでしょうね!

しかし、自分は店舗に出入りすることは少なく作り慣れてもいませんでしたが、情報だけは持っていましたので、購入を躊躇していました。

ちなみに、先ほど少し触れたZゲージですが、レール1本とってもNゲージ製品の3倍位しますから車両等もそれなり、更にそれらアイテムの選択肢も少ないということで、サイズ以外は全く考慮の対象になりませんでした。



さて、自分とは違い価格と言う壁を容易く乗り越え実際に購入し始めた恵まれた方々ですが、新たにもう一つの壁が行く手を立ち塞ぎます。

1年間継続して製作する根気 です。

多くの方が挫折したようです!?

でも、この挫折した方々の方がましと思われる“方々も多数いらっしゃった”ようです。
 (なぜか敬語ですね?)

購入しただけで満足感を得て、開封もせず置いておいただけの方々!

一般世間では「馬鹿じゃないの!」「もったいない!」などと非難の対象になるのでしょうね?
自分も妻から似たようなことをよく言われているので肩身の狭さはよく分かります。

しかし、あえて言います!


ありがとうございました!
大好きです!



なぜって?

「購入しただけで満足の人」≒「持っていることが幸せ」
なので、不要でもなかなか処分しないんですけど、
何時かは手放すんですよね!? フルセットの状態で・・・・・
 (自分の場合は、それでも最後まで持ったまま残すことが多いですが・・・・)


買いそびれた者にとっては、タイミングさえ合えば市場では消えてしまった「絶版品」を入手することが出来るんです。
場合によっては、お手軽価格で・・・


今回その恩恵を自分が得ることとなり、念願のレイアウト作りに挑戦です。



本日はここまでとしますかね!


Posted at 2015/08/28 22:23:37 | コメント(2) | トラックバック(0) | レイアウト | クルマ
2015年08月01日 イイね!

8年遅れで大荷物が届いた!

8年遅れで大荷物が届いた!当ブログ、しばらく放置状態であったが何とか復帰が叶った。


世の中、いや、人生、楽しいことや良い事ばかりでは無いようで・・・

物理的な問題では無く気持ちの問題であることは分かっていましたが、何となく落ち着かず・・・




とは言え、文章を書く気になれなかっただけで、やることは相も変わらず・・・
ペン いや キーボード入力から、細かい手作業に変わっただけでした。


自分の中ではOFFの自由な時間帯だけで行っていたつもりですが、同じ様に生活が変わってしまい自分よりはるかに負担が多くなった妻はOFFの時間とはいえ疲れ切って何もする気力が出ないらしく、いそいそと(?)作業をしている夫を見ると、

「余裕あるじゃん?」
「自分の親なのに・・・・」
「長生きするわ!」

と呆れられていましたが、それでも依然と比較すれば明らかに頑張っていることを認めているようで、ストレスを溜めるよりは(一人だけだけど)気晴らしになるならばと容認、家庭不和になるまでは今のところ至っておりません。

多分ですが、退職金支給を待っての「退職離婚」の心配も無いと思います。(笑)


と、言わなくても良いことを並べてきましたが、今後も途切れない程度に続けていきたいと思います。

まぁ、復帰作が車ネタで無いのも従来通り、いずれは完全復活も来るでしょう?




さて、久しぶりなんでタイトルが正しく表現されてませんね!
(もちろん意図的ですが)

正しくは、
「8年前購入を断念したが、やっぱり諦めきれずに買っちゃた話」
になるのでしょうかね?
更に、当時はそこまで考えていなかったが、
「追加オプションまで」
と言う副題付きで・・・・・


こちらが、本体!



大きな段ボールで3個口!
本来は1年、50週かけてゆっくり届くものなんですが・・・・・

中身を取り出して積み上げてみると、

ここまで来ると、平面に広げた写真も欲しくなっちゃいますが・・・ 止めときます。

こちらが追加オプション

1個口ですが、今までの中で一番大きい段ボールです!

こちらのオプションにも拘りが・・・
当時だったら選択の余地はありませんでしたが、8年も経っているのでその後発売された同じシリーズの中から意図的に別物を選んでいます。


元々狭い我が家ですが、タイミング悪く新たな同居人に一部屋をあてがわないといけないので、こんな大荷物をそのままにしておくスペースは無いということで3個口の本体を解体します。
ちなみに、オプションの方は段ボールと中身がほぼ同サイズと言うことで占めるスペースは変わりませんが、段ボールのままより取り出した方がすっきりしました。

さて、こちらが真の本体です。

まだ、小箱に入っていますから真の真ではありませんが、段ボール半分に収まる位に減少しました。

こちらは同梱の書籍になります。

薄っぺらな冊子ですが雑多な情報が詰め込まれており50冊揃うとそれなりの読み物になります。当時は専用のバインダーも販売しておりました。

そしてこちらが不要となった外箱と過剰包装(?)気味の保護段ボールの山です。
  

書店で売るとなるとこんな仕様もしょうがないですかね?


本日は序章と言うことでここまでですかね?

はっきり記載していませんので分かっているのは自分だけ、訪問頂いた方々には「なんのこっちゃ?」の自己満足投稿でした。

尚、本シリーズの投稿はフィクションではありませんが、リアルタイムでは無いので時系列は前後ばらばらとなっております。



最後はトピックで


昨日の月は「ブルームーン」と呼ばれるということで、撮ってみました。



綺麗に青く輝く月が・・・・・





もちろん嘘です!  

ご存じとは思いますが、
色には関係なく、ひと月に2度現れる満月のことを「ブルームーン」と呼ぶそうです。
1度目が7月2日で2度目が昨日の31日にあたりました。
通常、月の周期は29.5日なので月一回、とは言え、前回が3年前、次回も3年後、と定期的に来ますので待てば出会えます。
月としては全く変わり映えのない普通の月ですが、雨や曇りではなく晴天だったので拝めたのは良かったですね。
3年後月が出ているかどうかは分かりませんから・・・・



簡単なワンクリック加工なので、レッドムーンも御覧下さい。



生画像はこちらでした。


こちらは本当に昨晩撮影したものです。 念のため・・・




Posted at 2015/08/01 10:15:39 | コメント(2) | トラックバック(0) | レイアウト | クルマ

プロフィール

「東京駅で ギョ? ガーン! 2 http://cvw.jp/b/329879/40854972/
何シテル?   12/16 10:41
DEMIO XD Touring L Package 乗りのシャイなおやじに代わって、犬嫌いな豆柴モモがお話します。  (2004.3.24生まれ 柴犬 ♀)...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/8 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

お友達

ファン

11 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
10年間のフランス車乗りを経て国産車に復帰。 選んだのは初マツダ・初ディーゼル車! どの ...
トヨタ ソアラ トヨタ ソアラ
初代 ソアラ 2000VR コンプリートカー「EX-8」のスタイルに一目ぼれ。ソアラ発 ...
トヨタ セリカ トヨタ セリカ
初代 セリカLB 1600GT  (LB:リフトバック) ヤマハ製の名機2T-G型エン ...
トヨタ コロナ トヨタ コロナ
四代目 トヨペット コロナ 2ドアハードトップ 1700SL ツインキャブ型SOHC1 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる