• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

豆柴もものブログ一覧

2017年01月28日 イイね!

納車一周年 総括&前振り?

納車一周年 総括&前振り?納車は、2016年1月27日 大安吉日でした。

 (車検登録日は19日でしたが・・・)

昨日、無事一周年を迎えました。




そして、本日12か月点検を受けてきました。


走行距離6,000kmを想定していましたが、達成できませんでしたね。
低めに想定した目標値でしたがさらに下回りました。
まぁ、通勤には使っていませんし、歳を考えれば妥当ですかね?

パックdeメンテに加入していますので、法定点検に追加してオイル&エレメントの交換がありましたが本日の支払いは無し。(明細上の費用は12,000円弱)
2,500kmごとのオイル交換、5,000kmでのエレメント交換は過剰整備かもしれませんが車にとって悪いことではないので良しとしましょう。



併せて、マツコネのバージョンアップとボディーコーティングメンテナンスで1時間30分ほど・・・・



元々不具合等は無かったので、引き取り後も違和感無し。
バージョンアップの手っ取り早い確認方法であるラジオ放送局表示確認、ブルートゥース設定確認、そしてマツコネのお呪いをしながら帰路につきました。


この一年、無事故無違反で車を傷つけることも無く過ごせました。
ありがたいことです。
このまま続くことを期待したいですね!




さて、ここで1年の成長ぶりというか、現状の再確認です。

年甲斐もなくエアロパーツを装備し、日の丸カラーの“ちょっとだけ派手目の車”を発注。
その“ちょっとだけ派手目の車”が1年掛かってもう少し派手になった姿が現在です。

派手と言っても使用しているカラーが増えたのではなく、基本的には差し色である赤の場所が納車時に比べて増えたぐらいですが・・・・



購入時のカタログモデルからの変更やオプション追加が、

・リアルーフスポイラー  ソウルレッドプレミアムM 選択


・フロント ブレーキキャリパーペイント  レッド塗装




購入後のパーツ追加や加工が、


・リフレクター レンズ カバー追加


・フォグライト ライン ガーニッシュ追加  パールレッド
・フロントナンバー 移設
・フロント Mazda2 デカール 貼付
・デイライト追加


・サイドデカール オリジナル仕様追加


・ミラーサイドデカール オリジナル仕様


・リア ドラムブレーキカバー追加.  レッド


・フューエルリッドカバー追加
・リア マツダマーク(カモメ?)内カラー  レッド





纏めのようで纏めで無い!

さて、何の前振りなんでしょかね?

Posted at 2017/01/28 23:23:27 | コメント(1) | トラックバック(0) | デミオ | クルマ
2017年01月21日 イイね!

冬眠 じゃなく 昼寝だった!?

冬眠 じゃなく 昼寝だった!?暫く製作冬眠すると宣言したのに、


昼寝 で 終わっちゃいました!







「未組立」とはあったが、ギアボックスぐらいは完成品が入っているだろうと高をくくっていた。

しかし、全て一から組み立てるものだった。

プラモデルに比べると、部品数はそんなに多くないし接着剤も使わない。

代わりに、ネジや金属部品、クリスで組み立てていく。


プラモ製作より、工作感が強い!

語弊があるかも知れないが、車弄りのDIYに似ている!



昨晩の寝掛け1時間ほどと遅く起きた午前中で終わってしまった。

楽しみの時間は過ぎるのが早い!



昨晩注文を入れたスプレーは既に着いたのに、取り寄せ品の曲線バサミはまだ届かない。

残念ながら、今週の塗装は諦めなければならないことが確定したようだ。


来週土曜は12か月点検が有るのだが・・・・・



さて、現在走行用の機器類は購入していない。

元々ラジコンカーの操縦については興味が薄く、たとえ今回初心者用の走行用品を買っても15分程度しか走らせられないのですぐ飽きるだろうと思っている。

それに、加減がわからない自分が操縦すると、横転・激突の連続で丈夫であるとはいえポリカーボネイトのボディは傷つくだろう。
メイン目的のディスプレーと共有するのは無理がある。

第一、爺が一人でラジコンカーに興じる姿は寂しいものがある!
他人の目を気にしないでいられるほど強くないし・・・・・


ということで、受信機・ステアリングサーボ・スピードコントローラ、そしてバッテリーが組み込まれた完成図がこちらであるが、





それらが無いと中央部分はスカスカである。





しかし、前後のタイヤ部分はサスペンションやダンパーなど組み込み、









モーターや先ほど触れたギアボックスも作りこんでいるので、走行用機材を追加すればすぐに走行できるよう作りこんでいる。(追加作業は取り付けと接続のみ)

はたして、走る姿を見る時は来るのでしょうか?





カット前のボディをかぶせてみました。





現在のところはディスプレー中心と言ことで、ラジコンカーの象徴である飛び出したボディマウントは採用せず、インナー式にすることにしたので短くカットしちゃいました。















Posted at 2017/01/21 21:34:06 | コメント(1) | トラックバック(0) | ミニカー | クルマ
2017年01月20日 イイね!

タミヤ 1/10 電動RCカー マツダ デミオ 組み立てキット到着

タミヤ 1/10 電動RCカー マツダ デミオ 組み立てキット到着予約販売が始まっても1か月以上放置、
当初は多くあった受付先もほとんどが「受付終了!」表示に変わった。
(多くは商品ページすら消滅)

実際は放置では無く、プロポなど走行用器材をどうしようか悩んでいたのだが・・・





重い腰を上げたのは、発売予定日(1/21)一週間前の先週土曜日。

新製品のカメラやレンズの場合、メーカー側の発売日厳守姿勢が強く、店舗に事前入庫しても販売はさせず、エリア配達業者まで事前に着いていても配達日指定を厳守させて発売日を守らせることが多い。

今回もその例に従い、早くて販売日当日着、普通で販売日発送で翌日着、生産数が少なく予約受付分がオーバーすれば数日待ちかと覚悟していた。
多くの販売先が予約受付を終了したのも、メーカー製造予定数を超えたためかと深読み・・・・

加えて、その日程見込みで塗料などの資材や専用工具を発注した。


しかし 

木曜日に発送連絡が入り、


発売日前の本日金曜日に到着した!



予定外の速さであった!

「これなら今週末、塗装に取り組める!」

と、ぬか喜びしたが、

発注した専用工具が取り寄せ品になりまだ届いていない。


塗装の前段階で行うポリカーボネート製 ボディ裁断用の曲線バサミ・・・

塗装後に裁断する方も多いようだが引っ掛けて折角塗った塗料を剥すことも多いらしく、初心者の自分はリスクを考慮して先に裁断することに決めている。

届かなければ、残念だが今週末は本体の組み立てなど出来ることに充てるしかない。

しかし、作業は出来なくとも、
製品現物を目の前にして物欲を満たした充実感・・・

気持ちは単純に  嬉しい!




しかし、これだったら慌てずに正式発売後ゆっくり現物見てから買っても良かったかもとか、
「人気は無いのか?」 と 色々新たな思いが出てきてちょっと複雑でブルーな気持ちである。
まぁ、初体験であるポリカーボネート塗装に挑むという不安からかもしれないが・・・・



タミヤ
58640 1/10 電動RCカーシリーズ No.640
マツダ デミオ(M-05シャーシ) MAZDA2(M-05 CHASSIS)
税込価格:12,744円 (本体:11,800円)





未組立・未塗装の組み立てキットである。

自分は組立・塗装そのものを楽しみと感じているし、
希望色ボディの完成品が売っていないのだから一択となった。



しかし、20日ほど我慢すれば、組立・塗装済みでRC走行キットまで付いた完成品が発売される。
拘りが無ければ、こちらを購入した方が間違い無くお得である。



セット価格が25,704円(本体:23,800円)である。
ほぼ同じと思われる単体のRC走行キットは14,904円(本体:13,800円)なので、
組立・塗装済にも関わらずボディ部分は税込10,800円と2,000円近く安くなる計算である。

しかも、製品であるからには組立・塗装は共にプロが行っているので完成度が低い訳が無い。
もちろん海外の工員さんがマニュアル通り作業しているだけだから、作り慣れているマニアの方々が作られたモノとでは逆転する可能性はあるが、少なくとも自分の様な初心者作品とはひっくり返りようが無い。

自分の場合、塗装用のポリカーボネート用スプレー4本など追加費用が4,000円程掛かったので差は6,000円以上に広がった。

実際、完成済みキットの予約最安値は15,000円程である。

やはり、こちらの方が売れる気がする!
発売案内後、どの位の人がこちらに流れたのだろうか?




さて、本日は 開封の儀 として纏めます。


そして、しばらくは製作冬眠に入るつもりです!

そのために、今週は平日アップを2本も頑張った!

まぁ、製作とは関係ないトピックスの簡易版は気晴らしで上げると思いますが・・・・・




先ずは、単純に実店舗での購入にしなくて良かったと思った。
デカイ!


① 外箱
大きい。



よく利用するアマゾンだと、この位の箱の中に小さな商品がぽつんということもあるが・・・・


② 製品箱
流石に1/10サイズのRCカーが収まっているだけにデカイ!
1/10サイズのボディは全長377mm 全幅167mm 全高136mm ホイールベース239mmとなっている。
実車サイズは4,060mmだったはずだから、実際は9/100サイズ?
  



③   M-05シャーシ
実車と同じ前輪駆動仕様をこれらの部品で作る必要が・・・・





思っていたよりも部品も多く、組立も細かそう・・・・・


④ ポリカーボネート製 ボディ
もちろん未塗装なのでこんな感じです。



ボディカットは塗装前実施に決定

比較デミオは、これでも1/43サイズです。
箱だけでなく、1/10サイズはボディーそのものがデカいですね!


⑤ 前後ライトや窓枠、ボディサイドのグラフィックなどのステッカー
ちゃんと、MAZDA2 のリアエンブレムもあり変身可能!
しかし、ナンバー部分は欧州仕様の横長タイプ・・・・




⑥  窓用のマスキングシートです。



ここで発覚! 窓用のスモーク塗料を買い忘れたことを・・・・・
またヨドバシに追加注文しなければ!


⑦ スタイルを引き締める別パーツのドアミラー
こちらも塗装しないと・・・・・





製品内容としては以上ですかね?


⑧ 別途購入 塗装関連用品





ポリカーボネートスプレー パールホワイト
ポリカーボネートスプレー ブラック
ポリカーボネートスプレー シルバー
ポリカーボネートスプレー フロストレッド
ポリカ用曲線ハサミ
プレペイントクリーナー(ポリカーボネート用)
フィニッシングペーパー P180番

を発注したが、ポリカ用曲線ハサミだけが届いていない・・・・
念のため発送メールが無いか確認したがやっぱり無い!

ということで、ボディ塗装は先送り決定ですね!


では、 明日から  いや、 今晩から シャーシーの組み立てに挑みますか!?





Posted at 2017/01/20 22:16:59 | コメント(1) | トラックバック(0) | ミニカー | クルマ
2017年01月18日 イイね!

F1 公認 が 仇となったか?

F1 公認 が 仇となったか?隔週刊『F1マシンコレクション』創刊号

マクラーレン ホンダ MP4/4 
アイルトン・セナ
1988

が、届いた。


1/24モデル購入時同様出遅れたが、同じ轍を踏まないようにネット発注・コンビニ受け取りとした。
若干時間は掛かったが、コンビニ無料ドリンク券が付いてきたのはラッキーだった。



    

このモデル、就活前に次男とミニカーショップに買いに行ったことを覚えている。
今回見比べようと探してみたが見つからなかった。
宇都宮に持っていっているようだ。


さて、「音速の貴公子」(古舘伊知郎が実況中継で使用(命名))ことアイルトン・セナのF1での勇姿、サンマリノGPイモラ・サーキットでの激突死亡事故は強烈な記憶として残っている。

中嶋悟がF1デビューし本格的なF1中継が開始された1980年代後半、F1は空前のブームが到来した。
中島のチームメイト(当時)であったセナはそのルックスと速さから日本で爆発的な人気を得た。
F1ファン ≒ セナファン が多く、アラン・プロスト、ナイジェル・マンセル、ミハエル・シューマッハは敵役という構図であった。


さてさて、届いた1/43モデルがこちらです。
面倒というか、撮り忘れたのでネット画像となります。










何か 違う!


自分の記憶の中にあるものと違うんですよね!?


有るべきものが、無いんです!


良かれと思って取得したライセンス契約が邪魔をしているのでしょか?
だったら、藪蛇でしたね!



F1運営組織はもう少し度量の広さを見せられないものなんでしょうかね?
現在の車両じゃないんですから!?


大体、この赤と白に塗られたカラーリング、何て呼ばれていたか覚えています?



マールボロカラー
ですよ!

ロゴだけ消せば良いなんて単純なモノじゃないと思いますけど・・・・・



マールボロ (Marlboro) は、フィリップモリスが製造するたばこのブランド。
確かに、現在はたばこ広告が禁止されていますが・・・・・・



しかし、グチグチ言っていても仕方が無いんで、DIY しますかね?

とはいっても、1/24の時の様に本格的な電飾加工などとはしていません。
やっつけ仕事です。

10分: モデル画像検索 (息子ミニカーが無かったので・・・)
10分: 使用画像検索 
10分: 画像加工・サイズ調整
15分: 印刷 並びに 切り出し
10分: 貼付作業

と、大まかな時間に丸めましたが、それでも1時間掛かっていません。
しかも、使用したのは綺麗な印刷ができる光沢・薄手のシール用紙では無く普通紙のラベル用紙なので、しっかり見ると粗が目立つ出来栄えです。
まぁ、パッと見で「無いより有った方が良いかな?」

では、参考画像がこちらになります。  (画像拝借御礼申し上げます。)








特に、リアウイングはマークの有無で幾つかのパターンが見つかりましたが、自分の記憶はマーク有でしたのでこちらを採用。
使用画像もサイズ調整のみで縦横比率は変更していないため、バランス・位置が変な所はあります。







では、DIY結果をご覧下さい。

一応、寄りの画像も載せますが、1/43サイズのミニカーということで引きの画像でお楽しみ下さい。
老眼の自分はメガネを外せば全くアラが見えません。(笑)
まぁ、無ければ普通の生活もいとめない眼なんですが・・・・・
















解約自由ですが定期購読を申し込むと同じくセナのロータス 99Tモデルが貰えるそうです。




ただし、小さな文字で書かれています。
「発送は3か月後、送付時契約を継続していること。」 が条件だそうです・・・・

ちなみに、自分は同じモデルのナンチャッテバージョンを持っているので購入は無しです。
 (次男のお上がりですが・・・・・)





余計なお世話ですが、こちらのシリーズ

創刊号 999円
通常価格2,490円
90号で完結の予定
特製バインダー(15号を1冊)キャンペーン価格699円で6冊

ということで、226,803円ですか・・・・・

加えて、無料でもらえるディスプレイケースは1個、4個は追加購入しないと収まり切れない・・・・
追加1個はいくらするのだろうか?

あぁ、また創刊号だけしか縁が無かったようです!




Posted at 2017/01/18 22:01:18 | コメント(1) | トラックバック(0) | ミニカー | クルマ
2017年01月15日 イイね!

「Torque Pro」 HUD表示

「Torque Pro」 HUD表示最近マツダ車には、アクティブ・ドライビング・ディスプレイと呼ばれるHUD (ヘッドアップディスプレイ)が装備されている。


自車デミオにも付いていて速度などが表示されている。






今回の2017年度改良で表示がカラー化され、新型CX-5ではフロントガラス照射型に進化している。





ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコルで登場したハイブリッドスポーツカーBMW i8のフロントガラスいっぱいにナビ表示されていた未来感満載のシーンに心躍ったが、割と近い先に現実となるかもしれない。





実際BMWの7シリーズや一部のカーナビでは近づいているものが有るようだから・・・・・・



さて、現時点でのナビ表示が難しいのなら、カラー化はされていないが現在の仕様で問題は無い。


しかし、こんなモノを見つけてしまった。

変わったモノ・新しモノ好きには毒の・・・・



スマホの表示をヘッドアップディスプレイ(HUD)化させるものである。

秋葉系情報というか、一部ネットではこんなものが上がっている。
1800円で買える! 格安の車載ヘッドアップディスプレイ
※ 記事タイトル・文面の間違い(“ー” → “イ”)。ポップアップは正しいのに・・・・・




記事のモノは税別なので実際は現地で1,962円、通販だと送料の追加が必要のはずだが、
なぜかこちらは送料込みで1,500円ほどの更なる格安製品である。(一部ポイント換算)



販売先が同じなので多分同じ製品と思われるが・・・・・

実際に車内への設置を考えるとゴミと化しそうだが、
新しモノ好きの好奇心を満たすにはお手軽な製品である。



スマホの画面を表示させるわけだから、当然スマホのアプリが必要です。

そして、一番重要なのは、そのアプリが「HUDモード」に対応していることです。
ディスプレーへの投射は反転されるので、スマホの表示が反転している必要があります。

さて、スピードメーターは既に純正ディスプレイで表示されていますのでデミオには必要ありません。

不満意見が多く聞こえるマツコネナビも自分はあまり不満を感じていませんから、わざわざスマホアプリに頼る必要性も今はありません。

現在、唯一使用しているスマホアプリは「Torque Pro」だけです。

エアコンの送風口につけていますが、問題なく使用しています。

が、新しモノ好きの物欲を満たすために後付けの不満を見つけると、
設置場所からくる視線移動が少し大きいですかね?



ということで、唯一表示させたいアプリは「Torque Pro」になるのですが、使用条件を満たしていないと無駄になりますよね?


こちらが、一般表示になります。
もう少しでDPF再生が始まりますね!



この状態で設定ボタンを押してみると、



「HUDモードへの切り替え」ボタンが出てきます。
押してみると、




しっかり反転してくれました。

条件は満たしているようですね!


さて、買おうかな? 止めとこうかな?



Posted at 2017/01/15 10:32:30 | コメント(1) | トラックバック(0) | デミオ | クルマ

プロフィール

「もう一つの ムーンウォッチ http://cvw.jp/b/329879/39946918/
何シテル?   06/17 10:08
DEMIO XD Touring L Package 乗りのシャイなおやじに代わって、犬嫌いな豆柴モモがお話します。  (2004.3.24生まれ 柴犬 ♀)...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/1 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

ファン

10 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
10年間のフランス車乗りを経て国産車に復帰。 選んだのは初マツダ・初ディーゼル車! どの ...
トヨタ ソアラ トヨタ ソアラ
初代 ソアラ 2000VR コンプリートカー「EX-8」のスタイルに一目ぼれ。ソアラ発 ...
トヨタ セリカ トヨタ セリカ
初代 セリカLB 1600GT  (LB:リフトバック) ヤマハ製の名機2T-G型エン ...
トヨタ コロナ トヨタ コロナ
四代目 トヨペット コロナ 2ドアハードトップ 1700SL ツインキャブ型SOHC1 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.