車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月22日 イイね!

小さなせせらぎ。
凍りつつも、水は留まる事なく流れ続けます。







水面に近い部分の枝に着氷しています。
平野ではちょっと見られないなぁ・・・・・。
流石、いろは坂を登っただけあります。







庵滝に到着。
見事な氷瀑です。







Ice Blue。
ほんのりと淡く・・・・。
透き通り何もかも見透かされてしまいそうな・・・・。
そんな色です。







見事なまでに凍っていますが・・・・。
近年、寒さが厳しくないようです。

寒い時期に寒く。
暑い時期に暑く。
その流れが狂ってきていますね・・・・・。
最近は。







凍っては溶け、凍っては溶け・・・・・。
少しずつ伸びる氷の髭。







氷の城すら水の流れを留める事は出来ませんでした・・・・。
水の力って凄いものですね。
これだけ寒いのに完全に留まる事無く流れ続ける・・・・・。







透き通る光・・・・。
これで(ウイスキーの)ロックを飲んでみたい・・・・。
もっとも生水ですから気をつける必要があるのですが(安全な水場以外の水は飲みません)。







滝の裏側。
全て凍っています。
この厚みが全て氷という・・・・・。

アイゼンが無いと転びます(笑)。







光があるからこそのIce Blue。







滝の裏側から。
気持ちが洗われるような色です、本当に。







神殿の柱。
1本1本は細いけれど、でもそんな事はどうでもいい。
とても綺麗なのですから。







氷瀑と云うよりは氷城、というべきかもしれません。
この繊細な造形を見ると・・・。







雲竜の時のように落下はなかったものの・・・・。
これが落ちてきたら恐怖です。
とても綺麗なもの
なのですが・・・・。







たとえ小さくとも、冬しか見られない景色。
其れ故に、とても楽しかった。







決して止まる事のない水が、形を作り一所に留まる。
完全に留まる事は出来ないのだが、その水の足止めする寒さ。
その寒さもだんだん弱くなっている気がしてなりません。







急峻な冬山か、はたまたメルヘンの城か。
冬山であればクライマーだけが辿り着ける場所。
そんなクライマーのビバーク体験など聞いたら・・・・。
絶対に真似出来ないし、したくありません。







冬の女王の繊細な造形。







染み込むかと思う程の青空。
谷間のせいか風もなく穏やかです。
朝の地吹雪、ホワイトアウトがウソのようです。







好きな者にとって堪らない雪景色。
来て良かった・・・・・。
そう思うものがありますね、冬景色は。







自画像。







不思議なモノトーンの世界。







雪面に出来た氷の川。







何処を見ても興味が尽きる事が無い冬景色。







雪原となった戦場ヶ原。
青空が眩しい・・・・・・。







彼方で雪が渦を巻き・・・・・。
動画で撮れないのが惜しいと思う程。







葉がない山に積もった雪。

雪山はモノトーンの世界。
水墨画のようでした。
Posted at 2017/02/22 22:21:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | 冬景色 | 日記
2017年02月20日 イイね!
デルソルでおでかけデルソルでお出かけです。
私の所有車ではありませんが・・・・・。

カットは日鉱記念館に訪れたときのもの。
帰り道は冬だというのにオープンカーにして高速走行。
カブキモノと云われてもしかたありませんが・・・・・。
寒かったけど、冬のオープンカーも悪いものじゃない。
そう思います。

一度はオープンカーも所有してみたいもの。
S2000、コペン・・・・・。
車中泊は厳しいですがこういう趣味の車も欲しいものです。
友人の車ながら、デレデレになるほど惚れ惚れするデルソル。

男子たるもの、弾が出るものとか車とかに興味は尽きる事無く・・・・・。
車って良いものですね、本当に。
Posted at 2017/02/20 22:23:36 | コメント(2) | トラックバック(0) | 鉱山や廃墟等 | 日記
2017年02月20日 イイね!

この日は地吹雪が酷い・・・・・・。
前白根に行くかどうか、迷っているときに湯の湖湖畔にて。







龍頭の滝の上から庵滝に行く事に。

音を立てて冷たい水が流れ続ける。
ただそれだけの事ですが、冬景色はそれだけでも綺麗。







伸びる影と冬木立。







やはり冬景色が好きだ。
瞬間瞬間に夢中になって見続け、シャッターを切る。
そんな瞬間が楽しい。







寒い中で感じる命。
植物達は動けないけれど、必死に耐えている。







凍る事無く絶えず流れ続ける水。







只今、地吹雪中。
でも痛い位の寒さではないのが有難い。
雪はサラサラ状態が続いているのでマイナス1~2℃位かと。








林道歩き中(雪の無い時期はハイブリッドバスが走る道です)。
地吹雪が続きます。







1本の白樺。
凛とした姿には冬の寒さにも負けない植物の強さを感じます。







吹雪かなければ多少寒くとも楽しい小田代ヶ原。

以前は吹雪いてしまい、この傍で湯を沸かしてラーメンを食べた事も。
通る人が笑いながら、あんちゃん、寒さに負けたか(耐えられなかった)?と聞かれまくりでしたが・・・・。
温かい汁物は極寒地では最高のご馳走です。







ほんのり射す光。
淡く温かい空間です。







凍える大地にも芽が大きくなる。
植物の生命力の偉大さを感じます。
人の手で造られしものも、そうでないものも・・・・。
差別なく飲み込んでゆく。
その大きな力の前に人間など屁のツッパリにすらなりません。







折れた(折られた?)木。







雪面に揺らめく影。







青空と伸びる影と・・・・・。







ごうごうと風の音は激しいものの・・・・。
影は静かです。
Posted at 2017/02/20 22:12:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 冬景色 | 日記
2017年02月15日 イイね!

伯林の壁の一部。
冷戦の象徴です。

西伯林、東伯林に壁によって別れていました。
同じ国なのに。

ただ東と西、統一できたのは体力があったから。
某半島の国など統一した日にゃ、国がコケるよ。
その頃、T72など売ってたし・・・・・・。
置き場所があれば買いたかった。
RPGが撃ち込まれる事もないのだから、安心して乗れる。
東独逸にはモンキーモデルは配備されなかっただろうし、まともなT72 なら玩具にしたかった・・・。
人喰いという乗員には有り難くないあだ名もありましたし・・・・・。
※人喰い、とは自動給弾装置が調子が悪く、間違って乗員を巻き込むという事で人喰い、というあだ名が。乗員にとって非常に有り難くないですね・・・・・。







ポップコーンの屋台。
今は埃が被り、放置されています。
これだけしっかりしたものが・・・・・。

失敗したテーマパークは悲惨ですね・・・。
本当に。







可愛いぬいぐるみが。
凄く綺麗で現役のよう・・・・。
ここが二度と復帰できない事を思うと、哀しい・・・・・・・。







当然、室内は傷みまくり。
現役当時、それなりには人が来たであろうし・・・・・・。
その姿は想像ではあるけど、でもそれゆえに哀しさを空しさを感じます。
見積もりが甘く失敗した事に対して・・・・。







パン屋さん。
焼きたてを提供して評判良かったんじゃないかな・・・・とも思う。
・・・のだが、やはり人が来なければ採算に乗らない。
良い商品であっても、沢山の人が来なければ売れない。

この頃はハコモノがことごとく上手く行かなくなった時代かと。
昔は娯楽が少ないから人が来たけど・・・・。
平成の世では娯楽が沢山ありますものね・・・・・。







とても綺麗な階段。
でもこの先・・・・・。
床が腐って抜けかけているところがあった。
行きは良かったが、帰りは何処に脚を置いたか忘れ・・・・・。
幅跳びよろしく、思いっきりダッシュして事なきをえました。
失敗したら・・・・・・。
かなりの怪我をしてました・・・・。
間違いなく。







2階は喫茶コーナー。
1階で買ったパンをここでコーヒーでも飲みながら・・・・・・という事のようです。







おいしいコーヒーを提供したであろう店も・・・・。
もう誰もコーヒーを淹れてくれません。







職員の方が貼ったのでしょうね・・・。
凄くほのぼのします。








カウンターの内側。
ここまで入ってくるDQNは少ないらしく、綺麗な状態を保持していました。







王国の紋章。







荒されてはいるものの・・・・
当時の様子は良く分かります。







何もかも、再開するから・・・・。
とそのままにされ、なし崩し的に休止に追い込まれた事が分かります。







王国のレジ袋。
綺麗な姿のまま・・・・・・。
勿体無いです。







レジもそのまんま。
再開の日を夢見て、夢破れた王国です。







建物が崩壊した跡。
これが直撃したら・・・・・。
人間などひとたまりもなく即死です。
Posted at 2017/02/15 22:49:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | 廃テーマパーク | 日記
2017年02月12日 イイね!

気持ちの故郷、飯田。
その街の代表的な山、風越山(かざこしやま、ふうえつざんではない)。

久々の帰省の折、やはりここに立ち寄ります。
高速バスで通っていた頃、上りの終バスの車内から風越山の姿を見ると涙したものです・・・・。
短い、短い、何もかも自由な時間を過ごした土地から毎日拷問のような娑婆、東京に戻るのですから・・・・。

飯田であるものを見てしまい・・・・。
あと1年、頑張ってみよう。
そう思って、はや20年近い時が流れました。

私にとって、人生の分岐点となるキッカケをくれたあるもの。
その出会いがなければ今の私は無いし、多分生きてません。

私の中で色々なものが渦巻く飯田ですが、その街の象徴と思う風越山。
その姿を見ると、どの山よりも親しみが湧きます。
でもまだ登った事がありませんので、今年こそ登りたいと思います。
※虚空蔵山までは行ったのです。当時バスが渋滞で3時間近く遅れて到着し予定がぐちゃぐちゃになり、かつ半端な時間しかなかったので登れるところまで行って戻ろう、となったのが虚空蔵山でした。
なにせ行程が無茶。片道4時間もかかるのに日帰りなんですもの。





坂の街、飯田。
谷に出来た街なのでとにかく坂が多い。

take me home country roads。
原曲もじっくり聴くと、故郷に帰りたいという望郷の思い。
その辺りについてはこの曲に優る曲が私にとっては他に見つかっていません。

輪廻などというモノがあれば飯田で生まれ、飯田で土になりたいものです。
東京は、もういい。
良い事も沢山あったけど、それ以上に・・・・・。




ここは何故か行きたくなる。
そして落ち着く。
ここでのんびりしたいのですが、諸般の事情により実施できていません。
が、ここで湯を沸かしコーヒーでも点てたいもの。
飯田の景色が見られる場所で、お気に入りの場所です。

ただ、夜は怖いでしょうね・・・・・。
人が居ないので。

夕張と同じく、毎週でも居たいですね・・・・・。
何故か、なんて理由はなく・・・。
でも、そう感じる街、ですから。
Posted at 2017/02/13 00:23:26 | コメント(1) | トラックバック(0) | 南信のこと | 日記
プロフィール
「冬の奥日光 庵滝 http://cvw.jp/b/331167/39359953/
何シテル?   02/22 22:21
正式名称:風越 龍(ふうえつ りゅう)です。 写真(もっと技術が欲しい・・・)とドライブが3度の飯より好きです。車はテリオスが初ですが、林道でも多少の凍結...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
ブログカテゴリー
リンク・クリップ
旅のツレ 相原 言さんのブログ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/02/13 23:08:25
 
NINJA TOOLS 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2008/09/30 12:23:04
 
お友達
テリオス→ラッシュ乗りになりました。

車好き大歓迎です。
写真や絵画が好きな方もお話できたらと思います。
廃なモノ(鉱山、廃墟など)の情報交換が出来たらと思います。
濃い温泉が大好きです。
宜しくお願いします。
79 人のお友達がいます
マッキ--マッキ-- * 高山の(秋)山さん高山の(秋)山さん *
key3key3 * CT9Akai(改)CT9Akai(改) *
サダサダ だ いだ い
ファン
95 人のファンがいます
愛車一覧
トヨタ ラッシュ トヨタ ラッシュ
テリオスのエンジンブローの為に急遽乗り換えました。 程よい大きさ、程よい排気量、程よい ...
ダイハツ テリオス ダイハツ テリオス
人生初の自分の車。 オーディオを楽しむ、転がす事を楽しむ、遠出する楽しみを教えてくれ、人 ...
その他 その他 その他 その他
保存データ
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.