• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

銀ストまっつぁんのブログ一覧

2017年11月05日 イイね!

2本目のルアーロッドの選び方

2本目のルアーロッドの選び方>



【1】2本目のススメ

みなさん、こんにちは。
突然ですが、私はルアーロッドを4本所持しています。そして、その4本があれば、陸からの釣りで不満を感じることは全くありません。
某アイドルが数多の候補生から神なる7名を選んだのであれば、私はこの4本を"四神"とでも言いましょう。

ここでは、ルアーロッドの選択に迷える方々に、少しでも力になれれば…と思い立ち、一筆書かせて頂いています。

誰もが、最初の1本目のルアーロッドは悩みながらも案外簡単に決めることができるのです。問題は2本目。2本目のルアーロッドを決めるのは本当に悩みます。
たぶん、「釣り」にはまる人ほど、より深く、「コスパ」を求める人ほど、より真剣に考えていることでしょう。
私の経験の元、助言できれば幸いです。

この記事はあくまでも初級・中級者が迷える「 ルアーロッド 2本目 おすすめ 」について検索し、ヒットした方向けとなっております。
釣りたい魚種、釣法が明確に見出されておられる方、あなたは既に「上級者」です。

今回はレビューではありませんので、テキスト中心にやっていきたいと思います。


【2】海釣りでは長尺を選べ

竿を選ぶのは案外難しく、人間は多くの選択肢を与えらえると迷い決断が下せなくなってしまいます。
調べれば調べるほど、様々な人の意見が飛び出してくることでしょう。
おそらく「あなたのしたい釣り(釣法)はなんですか?」「どこのフィールドでやるのですか?」「狙う魚・対象魚は何ですか?」と無理難題を聞かれていると思います。

-そんな問いの答えなんて、決まっています。

「どんな釣り方でもできて、海岸線ぜんぶが私のフィールド、狙う魚は釣れる魚だ!」と叫んでやりたいですし、私はそう叫びました。


★フィールドが海なのであれば、竿は9フィート以上を選べ

海岸線の多くは「堤防」「磯」「砂浜」「岸壁」がほとんどを占めます。

まず考えなければいけないのは、「どれだけ海面に近づけるのか」という点。
その点、ロングロッドは有利です。海には潮の満ち引きがあります。満潮・干潮での海面の上がり下がりは時として約1mに達することもあります。
また、あなたのフィールドが例えば「磯」「テトラ」「砂浜」であったとしましょう。ロングロッドであれば、足元の障害を避けることもできるし、ルアーの飛距離を稼ぐことも可能です。
つまり、あらゆる環境に適応しやすくなるのです。海釣りにおいて、長さは正義となりうるのです。

8フィート以下のショートロッドを勧める方もおられます。
確かに「操作性」「コントロール」は良くなるでしょう。しかし海釣りにおいてそこまでシビアなコントロールが求められる状況は数少ないと思います。もし、漁港で船の隙間を狙う、テトラで障害物の間を通す、岸壁で潮の淀みを狙う。
このような釣りに魅力を感じる方は、ショートロッドがおすすめです。そして、そのような釣りはもはや初級・中級の域を超えていますので、自ずと自分に合ったロッド選択ができているはずです。


◎まとめ
海釣りではロングロッドを選びましょう。
あなたはまだ、自分がどのフィールドで釣りをするのか決まりきってはいないのだ。



【3】適合重量(ルアーの)は幅広く購入せよ


あなたは既に1本ルアーロッドを持っているはず。おそらく、8.6フィート程度の長さで、固さはMLでないでしょうか。当たった!?どうどう??

長さが9フィート以上と決まったことで、今後の選択肢がぐっと絞ることができます。選択の幅が狭まるわけではありません。「より選択し易くなった」とお考え下さい。

次にあなたが決めなければならないのは、「ルアーの重量」です。これが、また困難な話。なんてったって、あなたの1本目はおそらく5g~21gの重量が扱えるのですから。
釣りの幅を広めるためには、2本目はなるべく扱える重量が被らないことが大切です。

ワーム、プラスチックルアー、メタルジグ。ほぼすべてのルアーがこの5g~21gの重量に収まっています。
1本目に8.6フィート程度の長さで、固さはMLを選ばれた方。正解です。
また、その竿を勧められた方。あなたは初心者のことをよく考えてくださっていますね。
そうです、ほとんどの釣りがこの、最初の1本で行うことができるのです。

それでも、2本目の購入を考えるということは、「1本目ではできない釣り」をしたいからには他なりませんよね。ということは、腹の内はもうすでに決まっているのではないでしょうか。引導を渡しましょう。


◎まとめ
(A)メバル・アジなど小物をワームで引っ掛けるライトゲームが好き。
   → 1g以下の重量が扱えるメバリングロッドを購入せよ!
(B)ルアーの要領もわかってきた。これからはサゴシ・ツバスなど一回りビッグなサイズを狙いたい。
   → 30g以上60g程度まで扱えるショアジギングロッドを購入せよ!
(C)私はやっぱり、浮き釣りでのんびりしたい。または餌で巧みに魚を釣り上げたい。
   → 磯竿1.5号から3号までを購入せよ!



【4】デザインは意外と重要な要素

あなたは竿の手入れをしていますか。帰ってきて放置?ノンノン!
リールで巻かれた糸を伝って、竿は意外と塩水にまみれています。
竿の本体を試しに撫でてみてください。意外とぬめり気があるように思いませんか?

自分のお気に入りは大切にしたくなるものです。お気に入りのきっかけは人それぞれだと思いますが、やはり、デザインはほとんどの方にとって大きなウエイトを占めるのではないでしょうか。

先の「ロッドの長さ」「扱うルアーの重量」からかなり竿の選択肢は狭まったと思います。しかし、釣りの世界は広い。市場が広い。メーカーも多数。考えることも多数。購入できるのは、たった1本。

ここまでくれば、あと一息。あなたのフィーリングで決めてください。大丈夫、自分の好きなデザインは、きっとあなたにとって大切な1本になるはずです。
そして一言。デザインはなにも「外見」だけとは限りません。「価格」もその一つです。

●価格の話

同じに見える竿の価格がなぜ開くのか。それは「素材」が違うからにほかなりません。「SICガイド」「カーボン含有量」「ロッドデザイン」「リールホルダー」高級素材の使用量が増えるほど、価格は上がります。勘違いしてはなりません。あくまでも「高級素材」です。高級=使用感とはまた別の話。そして、価格差=使用感の差もまた別の話。そして、その”感”がわかる「釣りレベル」に達しているのかどうかと言ったところにつながります。あまりも高級な竿は、私自身が購入することができないので何とも言えません。しかし、数千円~1万円前後では各価格での使用感があまりにも違います。あなたは2本目を購入しようとしています。すでにあなたは趣味=釣りと言っても過言ではありません。さらに、1本目の竿で、竿の「良し悪し」の基準ができていると踏んで、私は1万円程度の竿の購入をおすすめします。


◎まとめ
デザインが気に入った竿は、必ずあなたにとって愛着のある「良い竿」になる。
価格は1万円前後が望ましい。(それ以下は不満。それ以上は現状では違いが分かりづらい)



どうしても、決めることができないあなたには、わたしの”四神”を紹介しましょう。


【5】2本目 ルアーロッド おすすめ


「軽量ルアーロッド」


これは私が3本目に購入したロッドです。
そう、3本目を購入するとき、私は「問い2」の答えに(A)を選びました。
そして、優秀なデザインの1本を選んだのです。そして、ショートロッドの使用感を経験したかったのです。
カーボン柄の竿であり、軽量かつ安価(1万円未満)。SHIMANO2500番台と相性抜群。
その軽さ、しなやかさがとても取り回しが良く。まさにライトゲームの神。
メバルは物陰につきますので、ピンポイントを狙うときにはこの短さが優位に立ちます。
ただ、「海面の近い漁港や堤防」ではとても扱いやすいのですが、「テトラ」「柵のある堤防」「磯」ではまったく長さが足りず、扱いにくいったらあらしません。

おすすめ組み合わせ



「初代ルアーロッド」

これは私が1本目に購入したロッドです。
なにもわからないまま、インターネットに溢れた情報を元に、苦渋しての選択。
今思えば、このロッドがなくては釣りにはまっていなかったかもしれません。
1本目でありながら「メーカー製」「1万円程度」「デザイン」を選びました。
今回の記事作成に強く影響を与えたロッドでもあります。
しかし、一つ。・・・8フィートは短かった。


「重量ルアーロッド」

これはまさに、大物をも狙うことができるロッド。
最近はやりのショアジギング専用ロッド。90gまでの高重量を扱うことが可能。
当然、竿は固く、自身の重量も増すが、そのロッドパワーはかなりのもの。
50cm程度の青物(ツバス等)であれば、海面から堤防上にぶっこ抜きが可能。
釣り物に対し、なんの不安も感じさせないロッドである。
但し、その硬さ、パワーを扱えるだけの身体的筋力が要求される。




「万能ルアーロッド」

15gから42gまでのルアーを扱うことができる。これはもう万能と言ってもよい。
私が所持しているロッドで最長の竿である。
釣り物が決まらないとき、臨機応変な対応をしたいとき(プラルアーからメタルジグ、テキサスリグでワームなど)はこの竿に頼る。

シチュエーションとしては、「友人と釣りに行こうって話になったが、対象魚が明確でない、ノリで集まってしまった。」ときには、餌釣り、サビキからメタルジグ、ワインド、エギングまで何でも対応できてしまう。万能がたる由縁はここにあり。





それぞれの竿のレビューはまた後日したいと思います。
Posted at 2017/11/05 21:10:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | 釣り具 | 趣味
2017年09月30日 イイね!

ジグパラ(ショート.セミロング) レビュー&インプレ

ジグパラ(ショート.セミロング) レビュー&インプレ





ジグパラメタルジグ レビュー



ジグパラシリーズ(ショート・セミロング)のインプレ

最近流行の青物釣り。男ならショアジギングでしょ。
いろいろな釣り方があれど、やっぱりメタルジグが一番「釣ってやった」感があるよね。
もっぱら、メタルジグはジグパラシリーズと決めつけている訳で
敢えてルアーを選択して、ハードルを上げての釣りだけど「釣れる」(疑似)餌を使いたい。
もし、青物の「引き」だけを求めるなら生き餌の方がノンストレスだと思う。

そんなこんなで、ジグパラを購入しちゃいました。





特徴

Point1  強い塗装


売りにしているだけのことはあります。かなり塗装が強い。
岩場にぶつけたときはその部分だけ削れるが、そこから側面全体に…なんてことはなかった。
逆に言えば、ただ投げて、シャクって、巻いてだと全く綺麗ままのボディ。
少々の削れや汚れが釣果に影響するとは思えないが、気になる方には持ってこい設計だと思う。

Point2 綺麗なスイム


今までに何個も根がかり→ロスト。でも、リピート購入している理由の一つ。
ショアジギングは体力勝負。投げてはシャクって投げてはシャクって。1時間に軽く50投。
ただ巻でも、きちんと尻尾を振ってくれる。リール1秒2~4巻きで一番きれいに泳ぐ。
青物釣りでいちばんほしい巻きスピードできれいに泳ぐのはさすがだと感心。

Point3  安い


複数あるメーカー物メタルジグの中では比較的安価。
といっても、数十円から数百円程度だけど。
割とロストしやすいルアーなので、地味にこの差がうれしい




おすすめカラー

おすすめカラーランキング 体感で釣れるカラー3色をピックアップ
その日に合うカラーを探したり、1色に決めつけたり…
その試行錯誤も釣りの楽しみ方のひとつだよね。

No.1 ブルーピンク


王道中の王道。ブルーピンク。何故王道なのか、それは釣れるから。
王道たる由縁が分かる、良好な釣果につながるカラー。


No.2 リアルイワシ


定番のイワシカラー。どんな状況にもマルチに対応。
定番すぎて、なにも言うことなし。


No.3 PINK


当たりはずれの多いカラー。この色で釣れるときは、IWASHIカラーでも釣れますが、予備として。しかも、なぜかナチュラムでは他色より安いです。



おすすめ重量

メタルジグの重量の選び方


マイクロジグと言われる軽量3gから、重量級なら60~80gまで。
一体どの重さを選べばいいの?と思われているかたに、ポイントを少し

潮の流れと底

まず言えるのは底が取れる重さかどうか。青物単独狙いなら関係ありませんが。
底を取るために必要なこと「重いルアー」「水深」「潮の流れの速さ」この3つの兼ね合いです。
軽く、深く、速いほど、底がとれず、重く、浅く、遅いほど、底が分かりやすいです。
人が調整できるのは「ルアーの重さ」慣れないうちは重いルアーを購入してください。

それでも決められない方に超ゆるーい目安をどうぞ。
長潮30g 中潮40g 大潮60g


外観 写真



ケース



ルアー全体



ムラの無い、キレイな塗装。ラメもきれいに光ってます。
不規則なラメパターン。全方向から反射が分かります。



トレブルフック標準装備。セミロングタイプには付いていません。
トレブルフック不要論が囁かれていますが、少ないチャンスをモノにしたいので、私はトレブルフック推奨派です。


地味に便利なグラム表記。忘れなくて、竿にも優しい。


ハリはおそらくムツ針。青物釣りの定番フック。







Posted at 2017/09/30 00:28:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | 釣り具 | 日記
2017年09月25日 イイね!

アールグレイドーナッツに一期一会

アールグレイドーナッツに一期一会

久しぶりにスターバックス

目当ては前に食べた、アールグレイドーナッツ

しかし……もう販売してないのか、見当たらない……

無いと分かれば、余計に食べたくなるのが人の性

何であれ、一期一会を大切に……

Posted at 2017/09/25 23:34:35 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年09月11日 イイね!

今年の秋は長そうですね

去年の9月って、こんなに涼しかったっけ?

今年の晩夏は至って涼しい。
気温もさることながら、何と言っても「湿度」が低い!

部屋の気温は、7月も8月も9月も28℃で調整していたんだけど
8月まではエアコンを使っていても、なんだかジメジメ。その時の湿度が73%
でも、9月はエアコンなしでも、さわやかさっぱり!湿度を見てみると、なんと50%

「湿度」=不快指数 とはよく言ったもんですね。

こうなれば、真夏も部屋中に乾燥材を巻き散らかして湿度を下げれば、快適になるのでは!?
いやいや、除湿器を買ったら終いでしょう。

去年の秋は超短期。
今年の秋は超長期。

春と秋は長いことに越したことはありませんね。
Posted at 2017/09/11 10:41:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月07日 イイね!

T101HAのレビュー

T101HAのレビューT101HA レビュー・評価









ASUS T101HAの購入したので、レビュー・評価を写真も織り込みながらしたいと思います。

おそらく、これを購入しようとしている人は、デジノスDG-D11IWVLLenovo MIIX 3
で迷われているでしょう。
それらの実機も触ってきたので、主観レビューでよければ併せてどうぞご覧ください。最終的に購入したのは
ASUS T101HAでした。

▽特徴で感じたこと
▽機能・操作性の体感レビュー
▽外観 写真
▽スペック表
▽デジノスDG-D11IWVLとLenovo MIIX 3の比較




▽特徴で感じたこと
ASUS T101HAをひとことで言うなら、『長距離マラソン型 2in1 windowsPC』かな。
ASUS T101HA【公式サイト】


で、送料込み27,800円 で販売されている。ロープライスジャンルの機種。




このASUS T101HAを選んで幸せになれる人はきっと
  「コストパフォーマンス上々のPCがほしい」
  「とりあえず、手元にコンパクトなノートPCがほしい」
  「価格が安く、3万円以下で納得のいくwinタブレットがほしい」
  「PC上級者で、必要以上のハイスペックPCの無駄に気が付いた」
って思っている人だと思います。

事実、ASUS T101HAは決して数値上のスペックはよくありません。
搭載されているCPUのパワー(GHz=クロック数)は最近のスマホ(例えばXperiaZ3)に負けています。
メインメモリーは2Gで、標準的デスクトップPCに搭載される目安である4Gの半分しかありません。
記憶容量は64Gで、最近のノートPCでは極端に低いと思います。


27,800円 送料無料(H29.9.1現在)


一般にCPUのクロック数が上がれば、電池の持ちは悪くなりますので、省エネのCPUは高評価。
重たい処理(RAW画像の処理をしながら、他作業)をしないので、メモリー2Gでも十分です。
記憶容量で言えば、ASUS T101HAはmicroSDカードを使用できますので、拡張は自由です。


▽機能・操作性の体感レビュー

【機能性】
ASUS T101HA搭載のCPUは”Atom x5-Z8350”1.44Ghz
EXCEL・WORD・OneNOTEでの文書生成は入力遅延なし、メモリ不足なし
ビジネス文書以外での、容量数MBの画像を複数枚使用=遅延あり
WindowsEdge・chromeでのインターネットの閲覧は遅延なく問題なし。
有線LAN接続ができず、無線LAN接続(wi-fi)のみなので、回線速度の影響はある。
YOUTUBE再生での閲覧は問題なし。
音楽再生ソフトでの音楽再生は問題なし。
画像の変換はCANON製ソフト使用で、一般PCに比較して遅い。
ただし、1分を争う程時間に追われていないのであれば、問題なし。

画像変換+音楽再生+文字入力は遅延発生せず問題なし。通常に使用可能。




※セキュリティソフトx音楽再生ソフトGooveミュージックx写真編集ソフトxGOMplayerxOneNOTExchromeタブ8ページ



セキュリティソフトxOnenotexchromeタブ1枚

注目すべきは「スタンバイ」の容量
空き容量が減ってはいるが、スタンバイはほぼ維持
これは、パフォーマンスにほとんど影響していないことを示しています。
そもそも、こんなに同時にソフトを開くのかということ。


【文字の入力】
これと言って特徴のないキーボード。
鍵打感は一般のノートPCとさほど変わらない。
安物の外付けキーボードよりも打ち心地は上。
それなりの値段の外付けキーボードよりも打ち心地は下。
静穏タイプではないので、静寂な空間では、音が気になる。
喫茶店、駅、事務所では、かき消される程度の鍵打音。
構造的にキーボードとディスプレイが電気端子接触なので、ブルートゥースでたまに起こる打ち抜け(打っているのに、反応せず入力できない状態)の心配はありません。
癖がないので、タイプミスは起こりにくいと思います。



【ディスプレイ】
画面サイズ:10.1型 解像度:1280×800 液晶:TFT(TFT液晶とは)
ノートPCタイプで使用していると、ディスプレイ角度は固定。
視線角度の影響で両端が変色すると思われている方は、心配無用。

発色は良好で、写真の閲覧も違和感はまったくなし。良質な写真が良質に見える。
特に、白背景に黒字・細字が見やすく、かなり高評価。

画面角度があまり鈍角に開かないですが、卓上では全く問題ないありません。
膝の上での操作は、やはり液晶を上方から見下ろす角度になり、やや不自然です。しかし、液晶の視野角は広く、変色などはありません。


【携帯性】
重量感として。ディスプレイ重量は580g 少々重たくは感じます。「重たいと言われるけど、こんなもんなのか。」とも感じます。キーボード込みで1.08kg。 これは上々。
サイズとして。タブレット: 幅261 mm×奥行き175 mm×高さ9 mm。タブレット+キーボードドック: 幅261 mm×奥行き175 mm×高さ20 mm

非常に扱いやすいサイズです。B5サイズのケースにちょうど入ることからも、そのサイズ感の使い勝手の良さがわかるのではないでしょうか。

タブレット側にCPU・バッテリー・メモリーが積まれているので、布団の上で使用してもまったく発熱がなく、安心して使用できました。マイ ベストポジションになりそうです。





【バッテリー・電池のもち】
これは想像以上でした。
公式の最大13.6時間が、意外と信用できるのではと感じさせます。
実際、この文章を打っている1時間の間に減ったバッテリーは8%。
(常時インターネット接続wi-fi、windowsEdgeでの検索閲覧・OneNOTEでの入力と常時同期)
CPUクロック数を落としてでも、”Atom x5-Z8350”1.44Ghzを搭載した真価がここで発揮されているのではないでしょうか。

このASUS T101HAの最大のセールスポイントはこの長時間駆動の電池持ちにあると思います。
それで価格:3万円を切っているのはコストパフォーマンス上々。


【総評】

実際に使用してみて、AMAZONや価格.comにあるレビューですが、概ね同調できるものが8割なので信用しても良いのではないでしょうか。
ただし、2割の酷評はおそらく、ASUS T101HAの”売り”を理解できずに購入しています。

=POINT=
省電力CPUを使用することで、長時間稼働ができる。バッテリーの持ちが良い。
メモリー・ストレージを最小限にすることで、3万円以下の価格での販売を実現させた。
2in1 windowsの中では、良好な外観デザイン。その人の感性の影響が大きいですが。
ハイスペックでないものの、画面の発色・コントラストの良さから、テキストに重きを置いている方には是非ともおすすめしたいと思います。


野暮な言い方をすれば、電池の持ちとコストパフォーマンスにステータスを全振りですね


次に外観の評価と参考写真です。



▽外観 写真


【外観】
その外観から。天板はシンプルで中央にASUSのロゴのみ。縁は丸みを帯びて、人によっては「かわいらしい」印象を受けるかもしれません。ゴツゴツ無骨なPCが好みの方には受けが悪いかもしれませんが、穏やかなデザインで一般受けしたい方にとっては好みのデザインではないでしょうか。








比較として、みなさんも訪れたことがあるのではないでしょうか。スターバックスの円卓を使用させて頂いています。そう、あのひとりないしふたり用のカバンかけが軸についているあの円卓です。飲み物はドリップコーヒー。ショートサイズです。


扱いやすいサイズということが、わかる一枚。


パームレストにはきれいなドットデザイン。
写真で見たとき、一見すると、不要な蛇足にも思えますが長時間使っているとその効果が分かります。
なんていっても、目が疲れません。意外な効果です。分かっててデザインしたのでしょうか。




長辺上側に電源ボタン。
スリープ時、短押しで復帰。
シャットダウン時、短押しで電池残量の表示。長押しでスタートアップ(起動)。
これが便利。カバンの中で誤操作の起動を防ぐことができます。
どっかのレビューであった。「あまりにも長い時間押さなければー」なんてことはありません。一般的な長押しで起動します。




左側に音量ボタン。

右側に拡張端子。
USB2.0端子×1、microUSB(充電用)、microHDMI×1、microSDリーダー、イヤホンジャック
micrHDMI端子が地味に便利。TV/プロジェクタに接続で大画面での操作が可能です。
microHDMIから通常のHDMIへの変換コネクターはダイソーで108円で手に入りますから。
microUSBでの充電は、私の中ではかなり重要なポイント。もっとも普及している充電用端子で充電できるのは最大のメリット。ノートPCみたく、アダプターなんて持ち歩いてられません。Type-Cが普及しきる頃には、この2in1 windowsPCを使い込んで買い替え時期に入っている頃でしょう。


他人からみれば、こんな感じにみえます。
結構洗練されていると感じますね。




▽スペック表

【スペック表】
OS     Windows 10 Home 64bit
CPU    Atom x5-Z8350 1.44GHz クアッドコア
( CPUスコア 1328 )
メモリ 2GB
記憶容量 64GB
       microSDカード
       microSDHCカード
       microSDXCカード
       microUSB(充電用)
インターフェース Micro HDMI USB2.0 イヤホンジャック
バッテリー  リチウムポリマー
駆動時間  13.6時間
センサー   加速度センサー ジャイロセンサー デジタルコンパス  
画面サイズ 10.1 インチ(TFT)
解像度 1280x800
ネットワーク Wi-Fi(無線LAN)IEEE802.11a/IEEE802.11b/IEEE802.11g/IEEE802.11n/IEEE802.11ac
Bluetooth Bluetooth4.1
Webカメラ 画像数 192 万画素
幅x高さx奥行 261x9x175 mm
重量 580 g(タブレット) 1080g(タブレット+キーボード)



【送料無料】ASUS エイスース TransBook 2in1 ノートパソコン T101HA-GRAY





送料無料の楽天市場店をピックアップしました。


ASUS エイスース TransBook 2in1 ノートパソコン T101HA-GRAY


ASUS エイスース TransBook 2in1 ノートパソコン T101HA-GRAY/Bサプライズ 楽天市場店
【送料無料】ASUS T101HA-GREEN ミントグリーン /A-PRICE楽天市場店



▽デジノスDG-D11IWVLとLenovo MIIX 3の比較

こう見てみると、唯一無二に見えますが、調べてみれば、いくつか競合しそうなPCを見つけました。
せっかくなので、PCショップを回って、実機をすこしですが、触ってきたので比較してみます。

デジノスDG-D11IWVL
画面サイズが11インチとかなり大きく、重く、タブレットとして使用するには筋力が必要かな。
ただ、このクラス・この値段でフルHD液晶は魅力的。液晶も見やすく、不要な眩しさ、ギラツキは感じませんでした。
キーボードは3機種(T101HA・デジノスDG-D11IWVL・Lenovo MIIX 3)の中で、最も打ちやすい。
電池の持ちは数値上どうも満足いかない。屋外で使用するなら、せめて8時間程度は欲しかった。
どうしても批判的になりますが、デザインのシンプルさはピカイチでした。
PC背面のロゴやブランド名が気になる方にはおすすめです。
なんていったって、ほとんど黒一色。おそらくアルミ素材。2in1PCであることを知らなければ、「ただただ薄い箱状の何か」にしか見えません。ストレージ容量32Gモデルと64Gモデルがあります。
充電がUSB3.0なのがオシイ機種でした。

Lenovo MIIX 3
外観・性能は、他の3機種に勝るものがあります。
画面サイズ10.1インチながら、フルHD搭載のIPS液晶。
やはり、”写真”をみるにはフルHDIPS液晶は優秀です。きれいです。
しかし、文字となると話は別・・・あくまで体感ですが、T101HAのほうが見やすく感じました。
T101HAでは文字は「文字」として、MIIX 3では文字も「写真のように」して見えました。
キーボードは可もなく不可もなく。
数値上の駆動時間も8時間近くと、かなり優秀。
ただ。。。
充電が専用ACアダプターでした。
持ち運び先での充電を考慮すれば、今もっとも普及しているmicroUSBは外せません。
残念です。不具合レビューが頻発しているのも不安です。


そんなわけで、


ASUS TransBook T101HAを購入したのでした。



Posted at 2017/09/07 18:32:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | ASUS T101HA | パソコン/インターネット

プロフィール

よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

SHINOBI TOOL 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2007/12/14 09:37:17
 
まんてん屋 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2007/12/10 20:27:17
 
カー用品ニューフロンテア 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2007/11/17 18:27:33
 

お友達

3 人のお友達がいます
メグショウメグショウ ぽからぽから
すぎぞうすぎぞう

ファン

2 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ストリーム ホンダ ストリーム
銀ストが初の我が相棒♪ 末永く付き合って行きます♪

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる