• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

かににくのブログ一覧

2014年10月26日 イイね!

暑かったですw

DZCエリアカップ以降、久しぶりのアサーンしてきました^^

当初の予定のBKはまた次の機会になりましたが、車の現状チェックとテストを兼ねての登山活動でございます。



そこそこ低い気温を期待していましたが、TシャツでもOKな気温ぶりに萎えつつ走行準備w

白鯱さん、懸命な判断ですッ(謎w


DZCタカタ以降、気になる箇所に色々と手を加えたのでサクッとベスト更新!の予定でしたが

まさかの6秒台連発で「ラップタイマー壊れたな!」と本気で疑う低迷ぶり(汗

午前中に2枠走行するもベストが6秒2ぐらいでしたw


実は若干不安要素があったのですが、不安的中です。

ダンパー抜けて動きが変ですwキコキコ音もするしw

タカタの時から兆候はあったので、この走行が終われば仕様変更がてらO/Hに出す予定ではいたのですが・・・ぐぬぬ

かといって走れない訳でもないので、予定していたテストを行う事に。

パッド交換程度ですが、アサーンで初めてホイール外すような作業しましたw

現地作業なんて初です。DZCに参加した影響が出てますね~w(DZCでは何もしませんでしたけど・・)





次の走行は気温が下がってきた夕方に走ろうと待機モードに。

ノリでバトルカレー大盛りを注文。

後悔しましたw



その間はてらってぃ~さん、エボ8さん、紅坂さん、オザミさんとまったり談笑。

阿讃に流れるゆるい空気はいいですねぇ~w


で、3枠目の走行へ。

↓当日の様子


ここ最近ブレーキに悩みに悩んでいたのですが

原因は車じゃなくって中の人にありましたw

この枠でふと思いついてブレーキペダルの踏み方を変えてみたのですが・・・これがいい感じ!

ただペダルをつま先でコントロールするようにしただけですが、恐ろしくコントローラブルw

先日のサーキットレッスンで山田英二選手との同乗走行で体感したABSを介入させない強烈な減速Gを自分でも引き出せます^^

とは言っても考えながら踏んでるので、体に覚えこませるにはまだまだ練習が必要ですが。

あの時の経験があるからこそ、これが正解!と思えるのでレッスンに参加して本当に良かったです。

今までは指の付け根あたりで踏んでましたが、これが元凶だったようです・・

レーシングシューズのソールが硬い理由、ポルシェのフロアから生えるペダル、レーシングカーのオルガンペダル・・・

こういう事なのか!

10年以上走ってきて、今更?な事に気が付きました。

まっだまだドライビング面でやれる事を発見したのがこの日一番の収穫です^^


これから車の方はダンパーの仕様変更(18インチの外径に合わせて車高を上げた分伸び側ストロークが減ったのでケース長変更)とO/H。

それとブレーキ、アクセルペダルを自分好みに扱いやすいように加工します。

ボルトオンで装着可能なオルガンペダルキットとかあったらいいのになぁ~w


なので次走るのは1月後半~2月のアタックシーズン真っ最中ですかね?


それでは、また!
Posted at 2014/10/27 01:19:05 | コメント(8) | トラックバック(0) | 日記
2014年10月02日 イイね!

遠征2日目(DZCタカタ予選大会編)

というわけで迎えた28日の予選大会当日!

昨日までのお通夜モードも一転、朝からやる気に満ちてテンションMAX!

福寿荘のおばちゃんに「また来年も来ます~!」と挨拶して5時過ぎに出発。

かといってこんなに早く出た所でやる事無いよね~ってことでポプラへw

駐車場でかっちょいい15乗りのWINDBOYさん、色々な意味で変○なペペさん、タカタ初走行というたともさんと談笑。

今大会は四国組が多く参加されてるので心強いです♪


そして会場入り~


自分の該当するクラス2はS2000が14台中9台と多数を占めます。

そして上位5台に決勝進出権が与えられます。

昨日のレッスン後のフリー走行の感じと、参戦メンツ的に自分は厳しいんじゃないかな?って思ってましたが

厳しいどころか、それ以前の問題でした(汗


・・・練習走行・・・

まずは2グループに分かれて10分間の練習走行。

この練習走行でのタイム順にAグループ、Bグループに分け、以後のタイムアタックが円滑に行われるようになります。

昨日の反省をここで生かして走ります!

・・・が、なんだか乗れていない??

変にビビってしまってブレーキングが甘く、かといって意識して踏んだらABS介入(汗

タイムは62秒736で12位という始末

れ、練習だし、次で本気出すし・・・(震え声)



これでは四国に帰れない・・・!



この時、自由人さんに「こんなんじゃ四国に帰れんから福寿荘でもう一泊するわ~w」なんて言ってましたが

あれ、マジですから(爆ww


で、お通夜モードに再突入!

そんな負のオーラ全開の自分を見かねたのか、けいぱちさんからサスやアライメントの確認、タイヤの磨耗具合からのエア圧や減衰力のアドバイスを頂きました。

昨日のレッスンでクルマは良い仕上がり=現状がベスト!=クルマはOK!(いきなりそこそこタイム出ただけに)乗り手がダメなんだと思い込み(実際イマイチでしたしw)ドライビング面で頑張っているだけでした。

それだけにハッとさせられました。

自由人さんからも走行ラインやブレーキングポイントのアドバイスを頂き、次のTA1に備えます。


DZCでは一発の最速タイムで順位が決まるのでは無くタイムアタックを2回行い、その平均値で順位が決まるのです。

なのでTA1、TA2どちらも速くなけりゃダメなのです。(TA タイムアタック)


ここに来て初めてマシン調整w

減衰力を阿讃じゃ絶対使わない、使えない設定に調整。タカタの最終コーナーでのギャップでハネたら危険が危なそうでちょっと不安でしたが、次から本番。もう後は無いのです。気合で踏み抜くべし!と言い聞かせますw

そして迎えたTA1

めっちゃ乗り易いw

最終のギャップも問題無し!

このあたりから冷静にクルマと相談しながら走行。

この前後ブレーキバランスではターンイン時にリアが出ます・・・

阿讃では向きが変えやすくアクセルONを早めれる組み合わせですが、コーナーのRが阿讃に比べ大きいタカタではその動きが邪魔でしかたありません(汗

強い制動を掛けターンインするとリアがすっぽ抜けますw

タカタでは特に1個目複合、2個目複合コーナー(こう呼んでいいのか知りませんが)はドリフト大会状態ですw

かと言って予備パッドは緊急時用の前後同銘柄しか持ち合わせていません・・・

そんなこんなでTA1終了。

タイムは62秒425で9位。


ちょっとタイムアップしたものの上位5台への挑戦権は無いのだと改めて実感。

クラス4以外のTA1が終わり、50分の休憩タイム。

その間コース内を歩行出来るというので、エボ8さん、てらってぃ~さんとコースチェック。当日は残念ながら走れなかった新コースも、もちろんチェック^^

自分の足で歩いて見ると結構な発見が。

思ったよりコース幅が広いです、自分はコース幅全然使えていないよな・・・と

コーナーのRもクルマに乗ってる時は特に気にならなかったけど、思ったよりキツイ箇所も・・・



↑最終コーナーイン側にある山田パイロン(謎

自由人さんはコレ目掛けて飛ぶって言ってたなぁ~ドリフトじゃあるまいしw

最終コーナーはアウト側、イン側で路面が全然違う・・・今までわざわざ踏めないラインを通っていたような・・・

結構勉強になりました^^ コースは歩くべきですね。


TA2に備えてマシン側はさらに減衰力を強く設定。

複合?すり鉢?コーナーのオーバーステアをどうにかしたいので水平位置のウイングを1段寝かせます。

エア圧はけいぱちさんのアドバイス通りに。


泣いても笑ってもコレが最後!

タイムも大事だけどこんな楽しいコース、最後くらい自分の好きなように走ってやろう!!

こう考え出して気持ちも落ち着きクラス1のTA2観戦モードにw

・・・あまりの激戦ぶりに次の自分が走るクラス2、Aグループの出走を忘れていました(汗w


いよいよコースイン!

おそらく当日出来る最善の仕上がり!?

最終コーナーは山田パイロン目掛けて飛ぶように!w

複合でのオーバーも、まだ出るけど全然マシ!

18インチ化の外径UPが2速を想像以上にダルくしている・・・

でも、、、この周回はキッチリまとめる!!


・・・






62秒578で8位

コースコンディションが悪くなりタイムを落とす車両が多い中、ほぼ現状維持w

スロースターターぶりを存分に発揮しました(照

orz

という事でTA1とTA2の平均タイムが62秒5015の9位で終了しました。

ですが現状で持てる力は出し切った感あるので納得の結果です。

それもこれも自分にアドバイスを下さった皆様のお陰であります。

ピンなら確実に諦め入っていたと思います・・・ありがとうございました!


これで自分のDZCは終わったのですが、遠征の難しさや厳しさを存分に体感しましたw

しかし得る物も多々あり、これからの走りに好影響を及ぼすこと間違い無しです^^

それとタカタサーキットにハマっちゃいました♪

早速リベンジに向け動き出しておりますw

タカタで感じたネガを全部潰すためにゴニョゴニョやるので次走るのは来年になりそうです。

阿讃でもタイムアップに効きそうです。たぶん。


ディレチャレのレベルはスーパー高いですが、来年も阿讃でエリアカップが開催されるようなら阿讃アタッカーの方々、是非出てみましょう♪

そりゃあタイムアタックですから、速いがエライんです。が、参加すればその後のクルマ遊びライフにプラスになるだろう経験が出来ると思います^^

財布は確実にマイナスでしょうけど・・・w

ハマっても責任持ちませんけど・・・w


それでは、また!

Posted at 2014/10/03 00:05:33 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日記
2014年10月01日 イイね!

遠征初日(サーキットレッスン編)

この度のサーキットレッスンからDZC予選大会参加までは振り返ってみれば楽しかった!と胸を張って言えますが

豆腐メンタルな自分にゃ当日の流れは色々とアレすぎて堪えましたw

結果報告は終わってるので、詳細でもw


・・・阿讃エリアカップ後・・・

予備予選通過したもののタカタ予選までは・・・なんて思ってましたが、騒音規制のあるタカタを走るために1年前wに作ってもらったケント管をこの機会に使わずしてどおする!?

ってのと

わざわざ天空のサーキットまで来てくださった遠征組へのお礼の意味も込めて彼らのホームコースを走ってみよう!

ってのと

遠征組の方々から「タカタは面白いよ~走るべきだよ~」と脳内に刷り込まれていたので・・・


やれるだけやってみるか!




と、なりましたw


やると決まったらまずはマシンの戦闘力をある程度引き上げる事が先決です。

元々今年のアタックシーズンまでは今の仕様にする予定だったので2ヶ月前倒しでクルマを完成させるように計画、実行してきました。

9月頭に仕上がり、阿讃走らせてみるかな?と思ったもののタイヤの消耗を嫌いレーシングスピードで走行はしないまま遠征初日を迎えました。

これが後々響いてくるとはこの時は知る由もありませんでしたw



・・・タカタ入り・・・



遠征初日の27日はサーキットレッスンに参加してきました^^

内容は

①朝イチのフリー走行でレベルに応じてクラス分け(10分)

②コースの一定区間を使い走行、コーナリングにブレーキングの特訓(各20分)

③フリー走行ののち(12分)プロドライバー同乗走行(12分)

④ご飯の時間(質問タイム)

⑤フリー走行ののち(15分)プロドライバー同乗走行(15分)

こんな感じで進行します^^


①待ちに待ったコースイン!路面綺麗!コース楽しい!265ZⅡ☆グリップ最高!

足のセットは265/35R18のタイヤ外径に合わせて車高変更、キャンバー角見直し、減衰を1段締め込み(17/30)のみの阿讃仕様だけど案外普通に走れます♪

ベストタイムは62秒442、目標は61秒中盤。このあたりが現実的なタイムだと思っていたので幸先良いスタートです(嬉

・・・と、この時は思っていました(謎w


②助手席に無線機を積み込んで走行、プロドライバーから改善点をリアルタイムで指南して頂けます。

まずはブレーキング特訓。最終立ち上がりポイントからゼロスタート、1コーナーから2コーナー間にあるパイロン目掛けてブレーキング。コーナリング中でのブレーキングです。

旋回制動なんて意識してやった事が無いので停止位置まで余りまくりで、ダメ出しの嵐w

でもなかなか楽しいですw

お次はコーナリング特訓。最終立ち上がりポイントからゼロスタート~2コーナー立ち上がりまで。
①のフリー走行のおかげでリズムが変になってムズイですw

何度か走ると

プ「良くなってきたね~次はシフトダウンを入れてみようか」

なんて言われたので「エッ!?」ってなりましたがとりあえず4速まで上げて3速に落としてコーナリング。

プ「なんだか動きがまったりしてるねw」

ですよね~www



③フリー走行2回目。特訓の成果が出たのかコンマ2秒短縮。

同乗走行もあるので助手席は付いたまま。なので61秒台見えた!と確信。



しかし・・・このタイムを超える事はもうないんだよ!!

そう、2日間に渡るタカタ遠征でのピークをここで迎えたのであります(爆)


そんな事も知らずに能天気な自分はプロドライバーの同乗のために助手席に乗り込みます・・・

同乗ドライバーは山田英二選手!!!

これは嬉しかったです^^

山田選手との車載もあるのですが、中の人のテンションが最高にキモいので個人鑑賞用にしますw

そんなこんなでコースイン

プロドライバー、もとい運転で飯食ってる人ってどういう運転をするのだろう?と思っていましたが

ものすっごいブレーキングに感動しましたw

ドラモニで確認するも、キッチリ制動Gは出てるし足元を見る限りではペダルをドンッ!と蹴飛ばすように見えるのですがABSの介入は無し。

からの~スライド走行w

山田選手曰く、どこまでイケるのか詰めて、それから微調整してゆくそうです。

同乗走行でのアドバイス中、クルマの仕上がりを褒めて頂けたのも嬉しかったですw

・・・しかしクルマの出来が良い事とDZCで勝負権のあるクルマかどうかって事は別次元のお話だって事には気が付いておらず、それ以降考えが凝り固まってしまうのであります(汗


⑤昼食後のフリー走行。コースに大分慣れてきたもののタイムダウン。62秒675・・・
このあたりから焦りだすw
タイヤが垂れているのに無駄に周回を重ね、高速左コーナーを抜けた複合進入で減速しきれずに左後輪からコースアウト・・・(汗

その後に同乗走行2回目があったのですが断り、クルマを休ませるのと同時に気持ちを落ち着かせます。

これでは明日を迎えられない・・午前中の上機嫌モードからお通夜モードへ移行w

レッスン終了後、フリー走行枠が設けられたので助手席を外して走行。

期待した助手席撤去でしたが62秒394と目標タイムには遠く及ばない

当初の予定ではせっかくの遠征だし、夕食は美味しいご当地グルメでも~・・・なんて考えが消し飛び、車載を確認して打開策を見出さないと居ても立ってもいられなくなり、ポプラで買ったハンバーグ弁当(ご飯炊き立て)を当日宿泊する福寿荘で食する事にw

車載を確認すると、とにかく荒い(汗

スムーズなドライビングを心がけているつもりなのに、もう真逆でしたw

これでは出るモンも出ない!(結局出ないんですけどw)

午前中に出たタイムは新品ミラクルグリップで荒い運転も許容していただけ、という事です。

コースに合わせたセッティングを施す、乗りやすくする、という当たり前な事ですらしていないのです。

この時の視野の狭さったらもうねw


こうしてお通夜モード全開のまま明日のDZC予選大会を迎える事になります・・・


つづく
Posted at 2014/10/02 08:26:26 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「DZC美浜!その② http://cvw.jp/b/335840/40582619/
何シテル?   10/16 11:27
機械好きで運転好きです。 タイヤの付いた乗り物は大抵興味の対象で、何かしら手を入れて自分好みにしてしまいますw 地元阿讃サーキットをS2000で走ってい...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/10 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

お友達

車好きの中でも極少数派な周回系なので・・・良くも悪くも狭く深くなタイプです。

なので、めんどくさい奴ですが直接会うなりコメントやり取りした方限定でよろしくお願いします^^
85 人のお友達がいます
たともたとも * KAZUYAKAZUYA *
にゃあラブ@野良猫にゃあラブ@野良猫 * ap1umeap1ume *
ポン太@スエシビポン太@スエシビ * てらってぃ~てらってぃ~

ファン

25 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ S2000 ホンダ S2000
H17年式AP1-200(ベースグレード) 自己満足タイムアタック仕様? どこ ...
スバル R2 スバル R2
S2000のコンディションを保つという名目で導入した街乗りマシン。 個性的な外観と現在 ...
ホンダ ジャイロX ホンダ ジャイロX
ダサカッコイイ3輪マシーン。 2スト中期モデルで部品が少ないのでワンオフ&流用加工多数 ...
ホンダ ビート ホンダ ビート
元はフェスティバルレッドのフルノーマル タダ同然で手に入れ、全体的にボロい車両だったので ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.