• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

まるわらのブログ一覧

2017年08月12日 イイね!

真名川水系攻略

真名川水系攻略ちょうど去年のお盆休みに、雁が原合宿を計画したものの、メインの強化メンバーが来れなくなったために観光旅行に変更になったのでした。

そこで行ったダムめぐりが面白かったので、チーム内にさらにクラブ(?)が発足して、TLBダム部が。

さて、TOP写真は何?
って言うと、雁が原のコース図です。
今回はちゃんと雁が原「も」走りましたw

このところ、近畿地区戦も中国地区戦も走り的に攻めきった感がなかったので、
このまま鈍らせておいたままなのも癪でしたので、むちゃくちゃしても転がったり、クラッシュしたりする危険の少ない雁が原で走っておくのが極上かなと。
(危険がないわけではありません。崖から落ちたクルマも何回か見てますしw)

ただ、180度以上のパイロン1本巻きのターンがあると、うちのアルトでは死亡確定です。
ABS殺したり、リヤシューを最強のものを入れたりしたりしましたが、リヤロックして振り出すことはならず。
AGSなのでクラッチも切れませんし、サイド引いても止まるだけなんですよね。

サイドターンのないジムカーナなら勝負としては絡めそうですが、
ジムカーナの何が好きで始めたか?って言うとサイドターンしてみたい、が大きな理由だったんですよね。
なので、いつかはサイドターンできるように改造できないかなぁ?とは画策中ですが。
(LSDも4WD AGSは設定ないし、なかなかツライ(^^;)

雁が原では総長さんとお話したり、U村さんのAW11に載せてもらったり、運転させてもらったりで
午前中で、走るほうはお腹一杯になりました♪


雁が原でお昼を食べていたら、
「ダム行くと聞いて」
とかいう人が現れたので、じゃ一緒に行きますか。
と、片付けて移動開始。

雁が原でお会いした皆さん、お疲れ様でした!


【ここからダム部活動。】


まずは、真名川ダムへ向かいます。
ここは、冒頭に書いた去年初めて見て感動して、ダム部活動のキッカケにもなった由緒正しきダムw
(あくまでワタクシ個人の)
ナビでは雁が原から約40分弱。


このころはダムカードの存在もあまりよく知らなくて、
(あるのは知っていても、どうやってもらう?とか特に貰う気もなかったですし)
真名川ダムのダムカードはゲットしていませんでした。

道中にある、真名川ダム関連の発電施設を見物。

【真名川発電所】

「福井県」の看板文字がなくなっていますが、盗まれたわけでも、悪天候に飛ばされたわけでもなく、外されたようです。
このあと訪れた、笹生川ダム職員の方が教えてくれましたが、県から(お金がなくて)北陸電力に施設が売られたそうです(^^;

【五条方発電所】


上記の真名川発電所と100mも離れていません。
クルマで、ここへ向かってくる途中、車内から見えた山肌に
なぜ2本も導水管が?(正確には3本 + 1本)と不思議に思い、ぐぐってみると、
それぞれ元は別の場所から取水された水で発電しているようですが、
放水先は同じ場所の真名川へ戻しているようです。
その戻した水は恐らく農業用水として、さらに分水されていました。

真名川発電所は真名川ダムの水をダム水路式で発電。
五条方発電所は、最上流の笹生川ダムと雲川ダムから中島発電所へ同じくダム水路式で送られ、
そこからさらに五条方発電所へダム水路式で水が送られて来ています。

写真に写っていますが、水力発電の特徴的な圧力鉄管は水路式、または前述のダム水路式で見られます。
ワタクシも最近、ダムとか見に行くようになって少し調べただけですので、偉そうに言えませんが、
ダムで発電というと、ダムで貯めた水をダム脇の発電所に流して発電しているだけだと思っていましたが(もちらんそれもダム式という方式でよくありますが)、ダムで取水した水をより落差の低い下流、もしくは別の川へながしてより大きな位置エネルギーを得る方式を「ダム水路式」と言って、
こちらの方式も多いです。

この方式ですと、発電所とダムが離れているので、
ダム&発電所マニアな方は見物がなかなか大変ですw

【真名川ダム ふたたび】


今日はダム湖(麻那姫湖)の水がかなり減っていて、普段沈んでいる部分が割と見えていました。
先日、北陸のほうに大雨が降っていたので、もっと満水かと思っていましたが、
職員さんのはなしだと、福井平野のほうは降っていたけど・・・、こちらはそれほど。
放水しちゃいましたし(テヘ)、みたいな感じでしたw

そして、もう少し上流へ。
あわよくば、九頭竜湖のほうへ抜けられれば、前回カードをもらいそこねている、「鷲ダム」までいけないかな?と。

【中島発電所】


写真では見えないですが、手前に真名川の支流の川が流れています。
鉄管で山の上から導水されていますね。
前述の笹生川ダムから来ている水ですね。これがさらに下流の五条方発電所へ行くわけです。


このあたりは、景色もよくて川原にキャンプ場が作られていました。
川の水の流れもめちゃくちゃ綺麗です。

しかし、曇っていたこともあってか、少し肌寒い。(外気温度計が23度を指していたり)

【笹生川(さそうがわ)ダム】




脇には、空中階段のようなダム湖へ下りていく階段もあったり、ちょっとこんな階段を歩くのを想像すると、ゾクッとします(^^;
天端はゲートが閉まっていて、入れないようだったので、
ダム湖脇を進むと、別のゲートが現れて来ました。


なんじゃこれ?
と、覗き込むと、山側のトンネルのほうへ放流した水が流れるようになっていました。


そのゲート脇に管理事務所もあり、
「たしかダムカードあったはず」とメタル氏が。
(よく調べてきてますね・・・)

ダムカードを戴きたいとの旨をインターホン越しにお伝えすると、
職員さんも、こころよく対応していただけました。
お仕事中にすみません。

が、折角なのでいろいろとお話を。
メインのクレストゲートとは別に設置されている珍しい形式のサブクレストゲート?
はなんですか?
と聞くと、このダムは今年建設60周年なんですが、昭和40年に記録不能なくらいの大雨が降って、
(スカウター(雨量計)が爆発するくらいの大雨で正確な雨量が不明だそうで)
ダムのゲートを全開にしているにもかかわらず、天端を越流してしまったために、
昭和47年にゲートが増設されて、山を抜いたトンネルから水を反対の川へ放流するように建設されたのだとか。
それ以来、使用したことはないそうですが、
まぁ公共事業は50年に一度の災害を見越して建設されますしね・・・。
使わないにこしたことはないわけです、と。



てことで、今回は真名川ダムと笹生川ダムのダムカードげっとです♪
笹生川ダムは 60周年記念バッチ付き。

鷲ダムへは、時間切れ(ダムカードがもらえるのは17時まですので)だったので
次回へ持越しです。
Posted at 2017/08/13 14:57:13 | コメント(1) | トラックバック(0) | ダム部 | 日記
2017年08月06日 イイね!

2017 JAF近畿地方選手権 Rd.6[ドライ]

2017 JAF近畿地方選手権 Rd.6[ドライ]台風の襲撃は一日待ってくれたようですが、
先週につづいて暑かったですねぇ。


コースはちょっと長めで、慣熟歩行もなかなかキツイものがありました。

人間だけでなく、機械も不調になるのか、スタート待機中にブーコンがリセットかかったて、慌ててて設定したものの、正しくできていなかったようで1try中はずうっと「どないしょ、どないしょ(汗」って感じでしたしw

全然集中できてなかったんですが、
じゃー、2try目は集中できてたのかっていうと、そんなこともないしー。

てことで、1try目はノータイム!!Σ( ̄o ̄;

走行途中で黒旗が出されたのは見えたのですが、
「俺っすか!??」状態。

はて、何処間違ったんでしょう??

動画の上段 : 1try MC
動画の下段 : 2try 完走



軽自動車ならではのミスコース?かも??
ちゃんと慣熟歩行で景色が頭に入ってなかったんでしょうね~。

あとで車載動画を確認したら、ホンマや!間違っとるわ!
と納得。

【車載】 ’17.8.9 一部のファンの方(?)からの要望で車載追加しましたw



コースの間違いは修正したものの、走り的にはパリっとしませんでしたねぇ。
カプチで走ってませんでしたし、ぬるくなったかな~?
結果は、3番手・・・。

抽選でスイカがもらえて少し寂しさがまぎらわせましたw



てことで、シリーズはまだ決定しませんでした。
しかも、シリーズ2位の人に上に行かれてしまったので、さらにポイント的にややこしく。
トップはGAMMAさんが2勝目で、調子が上がってきているようなので、このあとの展開ではまたシリーズがややこしくなりそうです。


早く、競技会が終わったので、名阪からほど近いダム見学してきました。



木津川 5ダムのうちの一つ、室生ダム。

高山と布目は今年の初めに訪れているので、あとは青蓮寺と比奈知を回れれば
1周目完遂ですね(謎)。

やっぱりジムカーナとダム見物はセットですよね!(か?
Posted at 2017/08/08 21:36:43 | コメント(3) | トラックバック(0) | ジムカーナ 近畿地区戦 | クルマ
2017年07月30日 イイね!

2017 JAF 中国地方選手権 Rd.6[ドライ]

2017 JAF 中国地方選手権 Rd.6[ドライ]広島県のスポーツランド Tamada へ行ってきました。

いやいや、高温多湿でまいりましたね・・・。

コースオフィシャルさんは本当にお疲れ様でした。


土曜日から移動し始めて、前に微北へ行った時間よりかなり早めに出たつもりでしたが、あいかわらず宝塚付近の渋滞に捕まりました。
夏休みが重なっていることもあったのでしょうか。
これがなければ、中国地区への遠征も大分楽なんですけどね。

外歩きがキツイので土曜日の観光も軽めでした。

Tamadaの近くのダムカードがありそうなダムを3ヶ所巡っただけでした。



温井ダムは2回目・・・。
発電所も見たかったのですが、道に迷ってタイムロスしたため、また次回(?)への持ち越し。



押切ダム。
すぐ脇を、ほぼこの地域の幹線道路が通っているようで、市街地から急に現れます。



梶毛ダム。
ここは本当に市街地ですね。
ダムの上に住宅が立ち並ぶという・・・。


さーて、ジムカーナのほうは。

初Tamadaでしたが、コースの雰囲気は微北Bコースの縮尺を90%くらいにしたような感じですね。

【1try】



フリーアイランド(やっせんぼ氏命名)は、アルトの苦手な左旋回を避けて右回りしました。


サイド必須な深いターンはなかったのですが、
トップタイムを出した、いけしさんからは8秒落ち(;´Д`A ```

どうしようもないな~・・・。

2本目にコース慣れでどれくらい上げられるか。

【2try】



1秒半ほど上がりましたが、リザルト的には最下位と、先回からの落差が激しかったですよw

先日交換したリヤバネは悪くない感じでしたが、使いきれていなかったですかね。
やっぱり左コーナーがビビリ入りますね。

Tamadaのコースはなかなか面白いですね。
来月にある全日本が開催されるそうですが、見所のあるコースになると思います。

さて、来週は地元に戻って近畿の第6戦です。
まだまだ暑くなりそうですねぇ。

次勝てれば、近畿戦は消化試合になってしまうかも~?
ライバルの皆さん、頑張りましょう~(ばく
Posted at 2017/07/31 20:30:12 | コメント(5) | トラックバック(0) | ジムカーナ 中国地区戦 | クルマ
2017年07月02日 イイね!

2017 JAF近畿地方選手権 Rd.5[ドライ]

2017 JAF近畿地方選手権 Rd.5[ドライ]梅雨の合間の灼熱といった天候で、ジムカーナに行ってきました。

名阪スポーツランドのEコース。

苦手意識がハンパないコースなんです。
それというのも、主にターンセクションで使われるコンクリ路面のグリップ感がとってもキライ。

滑り出させにくいくせに滑ったら止まらない、
扱いにくさがもともとターンがそれほど得意でないところに、
マシン側もサイドの効きが絶不調。

いろいろ対策したり部品交換したりしてもそれほどこの路面には効果がなく・・・orz


先回のEコースでの開催は、ウエット→ドライでしたが、
ウエットではこてんぱんだし、ドライではやっぱりサイド効かせられずで惨敗。


ただ、KSCCさん主催の時はコース設定が一風変わっていて、
去年は例の場所でのターンはせずに済みまして、優勝できていました。

今年もそういう設定に期待!


でしたが、車検後のテストランではコンクリ路面での360度が設定されていました。

去年はテストランのコースと本番コースを180度変えてくるなど意表を突かれたのですが、
さすがに2回目はそう驚かないぞっ、とw

なんにせよ、テストランの時にターンしにくい場所でテストできるのはありがたいのです。


で、走ってみると、なんとかサイドロックできて回せました。
右ターンだったからでしょうかね・・・。
やはり、右リヤに難をかかえているマイカーには左ターンは鬼門なのですが、
トップ画像のとおり、本番コースも深いターンは右のみ!

左ターンはハナからグリップで行く組立で考えます!

【1try】



バックストレートのツッコミを頑張ったつもりでしたが、正面に来たパイロンをかわすのに
精一杯になってしまって、反ってぬるくなってしまったようです。

あとでGAMMAさんの走行ログと比較してこのポイントでそこまでのアドバンテージをひっくりかえされた感じでした。

車載で見るとよくわかります(^-^;

【1try車載】




先日にEコースでの練習会では深いターンがあったにもかかわらず、GAMMAさんにまくられていたので、きっと今回もなんだろうな~と半ば諦めの境地でしたが、
自分の後のゼッケンだったGAMMAさんが戻ってくると、ベストタイム更新のファンファーレが!

やっぱりな~(;´Д`A ```

が、しかしミスコースだったらしいと?!
とはいえ、記録の残った中間タイムでは圧倒されていたので、やっぱりやっぱりな~、でしたがw

なんだか、みなさんペナルティとかMCとかで、よくわからないままトップ折り返しw
しかしいちばん良くわからなかったのが、M木田さんが後半タイムベストを出している事!(ぉぃ

【2try】


1本目のタイムは前半、後半ともにベストではなく、あわせたらなんとかトップだっただけでしたので、
底上げを目指しましたが、ところどころ勇み足で滑らせてしまっています。
それでも1秒弱くらいは上がったのですが、パイロンペナルティを貰ってしまっていましたorz

パドックへ戻ろうとすると、再車検場に呼ばれました。
前走者には抜かれていなかったようで、トップタイム維持。

最終走者を待っていると、パイロンペナルティのアナウンス。
どうやら、2勝目をゲットできたようですヽ(´-`)ノ

今回は(も?)周りのミスで生き残った感じですね。
もし、ミドルみたいにスーパーラップ(3本目とか4本目)とかがあれば、自分の勝率も下がるでしょうね~。
2本しか走れない、というジムカーナルールがまだまだ味方してくれているようでした。

公開練習がある大会とか、前日に練習したりすると勝率悪いんですよ(^^;;


さーて、次回はまたちゅうごくちほーにでもお邪魔しようかな~。
Posted at 2017/07/05 22:14:30 | コメント(9) | トラックバック(0) | ジムカーナ 近畿地区戦 | クルマ
2017年06月04日 イイね!

2017 JAF近畿地方選手権 Rd.4[ドライ]

2017 JAF近畿地方選手権 Rd.4[ドライ]第1戦ぶりに名阪Cコースでした。

スタート位置がピットロード出口側(ギャラリースタンド前)と、全日本戦主権で採用されるスタートです。

コース図のとおり、スタート直後に360度と、前半に450度。
いきなり挫ける可能性大な設定です・・・。

右ターンの360度はともかく、手前に縁石が邪魔をして、ヨーが出しにくい位置にある左450度が難易度高めでしたね。

1本目は案の定、サイドロックさせられず、左ターンは失敗。

その前半までの中間タイムは1/100秒を争って 4番手。
後半少し巻き返して、トータル2番手でした。

ていうか、さらに深いターンの苦手なはずのKNZ氏 ストーリア4WDが中間トップ、
トータルではGAMMAさんのアルト 4WDがトップってどういうことやねんw

下手なターンは休むに似たりってことですね・・・。

【2本目】


左450度はフットブレーキを蹴っ飛ばしてリヤロックさせましたが、
衛星ターンで、これまた休むに似たり・・・orz

タイムアップしましたが、
GAMMAさんには0.022秒届かず 2番手のまま(;´Д`A ```

第1戦のCコースと同様、シルバーメダル ゲットとなりました。

とはいえ、まだポイント的にはシリーズリーダーを維持できているようです。


次戦は(部分的に)苦手な名阪Eコース。
ですが、主催のKSCCさんは去年もなかなか変わったコース設定で、個人的には楽しかったので、
今年はどんなコースにしてくれるのか、楽しみでもあります。
Posted at 2017/06/11 23:14:21 | コメント(1) | トラックバック(0) | ジムカーナ 近畿地区戦 | クルマ

プロフィール

「懲りずに(?)テクニカ製アルト4WDリヤバネ買ってしまった」
何シテル?   06/17 20:30
自動車タイムトライアル競技(ジムカーナ)始めて十数年…。 パイロンドランカーになりつつあるので、たまにはサーキットも走ろうかと。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

チームランチボックス(TLB)公式ホームページ 
カテゴリ:クルマ全般
2017/02/04 21:16:35
 
TLB ジムカーナカレンダー 
カテゴリ:カレンダー
2010/11/18 21:00:00
 
PG6SA-100127  
カテゴリ:みんカラ以外のお友達ブログ
2009/12/09 19:41:54
 

ファン

55 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ カプチーノ 宙娘 (スズキ カプチーノ)
廃車予定のクルマを拾い上げました。 ので、まぁいろいろと楽しみながら補修していきます。
スズキ アルトワークス スズキ アルトワークス
四半世紀ぶりの新車購入。 いつかは乗ってみたかった4WD(笑) 通勤車ですので、街乗 ...
スズキ カプチーノ スズキ カプチーノ
H9年式 マーキュリーシルバー 通勤70% ジムカーナ25% サーキット5%仕様 JAF ...
トヨタ MR2 トヨタ MR2
2009年12月 友人のところからやってきました。 前所持車のカプチーノと入替。 何度 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.