• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

まるわらのブログ一覧

2017年10月08日 イイね!

2017 G6ジムカーナ TOLAPラウンド in IOXアローザ[ドライ]

2017 G6ジムカーナ TOLAPラウンド in IOXアローザ[ドライ]霧の立ちこむ山の奥深く、パイロンを運ぶ謎の老人。

誰も知らなぬ秘密の広場。

生きたまま木人形の如く震えて眠れ、明日はもうアローザ。


ってことで、G6ジムカーナの前日は雁が原とかいう場所に行ったんですが。

のんびり着いたのに、誰もいない・・・。
雨が降っていたせいかな?

現地は湿り気の多いドライでしたが。

わいさん殿もこのところリニューアルしつつあるマシンをテストしてみたかったようですし、
自分もタイヤの皮むきもしたかったのですが、わずかに濡れた路面が調度いい感じ。

JAF CUP用に購入したRE71Rを持ち出してG6で筆降ろしですw

あと、最近発売された HKSのフラッシュエディターを買ってみたので、試してみたかったのですが、
AGS用は自分の用途的にはハズレでした(´・ω・`)

自分の用途というのが、ジムカーナでの使いかたなんですが、
シフトを「N」→「D」or「Manual」にした時に、アクセルを絞られてストールするのです。
これではせっかくの4WDのロケットスタートが使えません⊃ω;`)

もう一点は、マニュアルモードで走っていても、勝手にシフトアップしてしまうこと。
(エンジン保護のためだとは思いますが、レブ当てたまま走れません)
これは、自分でシフトアップと思ったところで、パドルまたはシフトレバーを操作すると、
1速→3速とかにシフトしてしまうので、うっとおしいことこの上ない。
また、ブレーキングポイントギリでシフトアップされて、立ち上がりが高いギヤになってしまってもたつく(ドライバーはシフトしたつもりはないので)ことになってしまうので、この仕様はどうにかしてほしいところです。

リミッターカットはありがたいのですが、プラマイゼロか状況によってはマイナスでした。

まぁ、前日走れたお陰で、ちょっと慣れることはできたので翌日はこのまま走ることにしました。


お昼は、久しぶりにソースカツ丼を食べに行きました。

雁が原からほど近い、「グリルやまだ」というお店です。

お昼時は、家族連れで賑わってちょっと待ちましたが、慌ててもいなかったので。
13時過ぎれば少し空くかも。ガツガツ走らないひとにはこのへんの時間がオススメですw
ナナメ向かいくらいの、「勝山食堂」も人気ですね。

ここに来る手前に、「8番らーめん」もありますが、こちらもかなり混雑します。

外食店が少ないのかな??
(どのお店も味的にはまぁまぁですので、人気なのかもしれませんが)

お昼を済ませて、雁が原に戻るとやっと練習に来ている人達を見かけるようになりました。
一人の方は、明日のG6に参加するとのことで、いろいろお話したり。

あんまり雁が原にいないな~と思ったら、IOXアローザでも練習会やってたし、F1もあったし(?)
美浜のジムカーナもあったし桶川もあったし(??)、だからですかね。


さて、意外と遠い雁が原からIOXアローザ。
途中に「○○ダム→」の看板を見るたびに曲がりたくなりましたが、時間も押してたので、
我慢して移動・・・。
前泊のお宿はアローザ近くの「ふるさと荘」です。

ここも久しぶりでした。
北陸シリーズや中部地方選手権を追っていたときは幾度となくお世話になっていました。
あれから○十年!!
まだ営業しててくれてよかった~(´▽`)



この暖炉とか現役でしょうか。
灰はまだ新しい感じでしたので。



途中のダムは我慢しましたが、ブラタモリでの黒部ダム特集を見ながらの、
豪華な夕食♪
(食べきれないくらいのおかず・・・。食べきりましたよ、なんとか(^^;)

ジムカーナ&ダムめぐりもギリ達成です!(か?)


さて、いよいよ決戦です。

G6ジムカーナ、フェスティバルを除くレギュラーシリーズ最終戦です。
(特にシリーズ賞はないですが参加した分、抽選権が増えるだけです)

主幹ショップだったカーアイランドさんの社長さんが亡くなられてしまって、
HPもなくなってしまいましたが、フェイスブック上に継続されているようです。
(アカウントとらなくても見れるページですが、毎回ログインしますか?とかの画面が邪魔っぽい)




なんだか、いつものアローザらしく医王山には雲がかかっています。
天気予報は曇りのち晴れでしたが、アローザにおいては降水確率50%増しくらいに考えたほうがいいのではないかと。
去年はまさに豪雨でしたし(汗)

しかし、今日ばかりはこのどんよりのまま一日中持ってくれて、
暑くも寒くもなくて助かりました~。


競技のほうは、参加クラスを今年も「ATクラス」で通していまして、
なんとかここで一勝を!というのが目標です。

このところ、とっても高級なクルマ達とか、速そうなクルマが参戦してますので
よっぽどの低速コースかつ、サイドターンしなくても大丈夫じゃね?的なコースでないと狙っていけません(^^;

その、コースは


なんとか、サイドターンはしなくても致命的なロスにはならないか?
と言ったところ。

あとはバビューンと加速するところで、どれだけ置いていかれずに済むか。

今回のライバルは、ベンツにポルシェにフィットに、フィット。
ランサーさんはいませんでした。
ちょっと残念?(いつかは勝ってみたいw)

ATクラスって、G6の中でも入門クラス~てきな位置かと思ったらとんでもないw
自分が一番若輩者じゃないのかっていうくらい、ポテンシャル開放しまくってる方々ばかりだし!
(だからこそ、AT車でちょっと遊んじゃおう~っていうのも分かります。自分もだしw)

そんなこんなで、これまで一度も金ステッカー貰えてないんですよね。
さて、イオックスの路面とRE71Rの相性はどうなのか、パワーではなくコーナリングコースなのか。
でもあんまりグリップいいとコケるからホドホドにしてね~ww

【練習走行】は、お隣にわいさん殿を乗せて走ってきました。
そういえば去年は凪さん乗せてたっけ。1秒くらい変わったかも?
でも、妖怪GGさんも同じ事してて、逆転負けしたんですよね~~(^^;
苦い思い出w
タイム的にはなんとか勝負できそうな感じでATクラスはなかなか接戦ぽい。
しかしみなさんベテランドライバーですので、どんな作戦を立てているやら・・・。

チーム員のkeibowさんがなんとオーバーオールタイム。
中部地区チャンプのガチなランエボより速いって意味がわからないww

どうも、RE71Rとイオックスの路面はそこそこ相性がよさそうです。
路面温度も適温だったのでしょう。

まぁ、そのkeibowさんからは6秒ほど置いてかれているので、
ATクラスでもこのままだと決勝では厳しいだろうなぁ~と。

【決勝1try】


1秒半ほど練習から上がりましたヽ(´-`)ノ
ATクラス暫定トップのようです。

あ~、これは去年と同じパターンではないかぁ・・・。

LSDなし車の立ち上がりの遅さはいかんともなので、ボトムスピードを上げるしかないかなぁ、とか考えつつ、その走りはリスキーなわりにタイム伸びないし、しかし現状維持では・・・うんうんかんぬん。

あとは、最近のクルマの特徴かウインドウ位置が高くて左下のパイロンがまったく見えません。
コース一番奥のパイロンなんて2本とも全然見えてなく勘で走るしかなかったのですが、
案の定寄れてませんでした。
車載で確認するとカメラ位置のお陰かパイロンが遠いのが良くわかったので、
2本目は乏しい自分の空間認識能力をフル回転するしかなさそうです(^^;

【決勝2try】

'17.1011 動画間違っていたので差し替えました(^^;

なんと、決勝2本目は自分の前走者のポルシェさんがMC、ベンツ氏がパイロンとお見合いという事故発生w
なんかタナボタちっくですが、出走前に「勝てたかも!?」状態。

それでもタイムアップして1秒は上げてやるぜぇ~~!
と発射しましたが、0.1秒ダウンorz

中間までちょっとやらかした割りにタイムアップしてたんですが、
後半になってアクセル閉じる制御に邪魔されて貯金を使い切るタイムロス。
なんだかなぁ、でしたが・・・。

それでも初ステッカー!!

やっほい!!ヽ(´o`)ノ

とうとうアルトHA36Sをビクトリーカーにしてあげれました♪
長かった・・・。
ほぼ丸2年かかるとはw
ATクラスを舐めてました。

車両価格10倍くらいするんじゃないかという凶暴なマシン達を相手によくがんばったよ。


そのお陰か、ちょっと駆動系から異音がしはじめた(汗



さ~て、締めくくりはG6フェスティバルですね。
(ほぼ)地元の名阪スポーツランドです。
さて、ATクラスで勝利を上げられましたので、フェスティバルでは違うクラスも思案中です。

撮影ほか、ご一緒してくださった皆さんありがとうございました。
またフェスティバルでもよろしくお願いします♪
Posted at 2017/10/09 22:51:11 | コメント(5) | トラックバック(0) | ジムカーナ G6 | クルマ
2017年09月24日 イイね!

2017 JAF近畿地方選手権 Rd.8[ドライ]

2017 JAF近畿地方選手権 Rd.8[ドライ]2017年度のシリーズも最終戦となりました。

JAF近畿ジムカーナ選手権は、
名阪Cコースに始まり、名阪Cコースに終わります。

自分が近畿ジムカーナに参戦しはじめたころは名阪Cコースと鈴鹿南コースしかなかったのですが、
名阪Eコースと奥伊吹が増えて、鈴鹿南がなくなりました。
それより以前は名阪ABコースでも開催されていたそうですが、
自分は一回も走ったことがないですね。
現在はジムカーナのコース公認を取っていないそうですから、公式戦で走ることは今後もなさそうです。

この名阪Cコースなくしては近畿ジムカーナはなかったことでしょう。

てことで、かなり多くの回数を走ってきたわけですが、
いつまで経っても得意コースとはなかなか言えません(^^;
(他のメンバーも同じくらい走っているんだから、競争したらかわらないですね)

さーて、実はシリーズ的には前回の大会でチャンプが決まっておりまして、、、
満点チャンプを目指す!とかでもないと消化試合となるこの最終戦。
すでに満点は不可能ですので、何か違うモチベーション材料を探さないと。
ってことで、クラスを変えて参加することにしました。

B車両の後輪駆動車(排気量による区分なし)で参加可能な B3クラスです。

2012年度はB2クラスがB車両の2輪駆動のクラスで、ここにシリーズ参戦しました。
まぁ、成績は3強に殆ど勝てずにシリーズは4位(^^;

去年からB2クラスは駆動輪別にB2(前輪)とB3(後輪)に分かれましたので、
カプチーノはB3クラスになります。


シリーズは、B3クラスも決していたようですし、
自分も関係しませんので、お気楽に参加できるかなぁと。

ただ、久しぶりの無差別級クラスへの参戦で結構わくわくしてました。

そのおかげか、前日はなかなか寝付けず寝不足気味w
遠足前の子供か!
(んっ?最近の子供は遠足くらいじゃワクワクしない!?)


一本目は先月と比べてかなり涼しくなったせいか、タイヤグリップもイマイチ。
6位/7台と以前に参戦していたときよりも全然厳しい状況(;´Д`A ```

2本目も思ったより路面温度はあがらなかったので、1本目のマズかったところを改善する方向で。

【2本目】


0.5秒ほどタイムアップ!
と思いきや、最終のパイロンを触っていたそうで(´・ω・`)

ほぼ全開クリアなパイロン起き位置だったので甘く見てしまいました。

しかし、触らなかったとしても順位的には1個上がるかどうか、
古巣(?)のB1クラスの方々にも置いてかれて、何のために違うクラスを走っとるんだというかorz

ビデオを見返しても煌くところは何もなく、やっぱり寝不足な走りだったのかもしれません。
動画は某師匠の美声だけでもお楽しみ下さい。

走行前はワクワクだっただけに残念でなりません!
シーズンの締めくくりとしてはパッとしませんですし、
このあとのJAF CUPではもう少しシャキっとした走りをしたいですね。
Posted at 2017/09/29 22:06:25 | コメント(2) | トラックバック(0) | ジムカーナ 近畿地区戦 | クルマ
2017年09月03日 イイね!

2017 JAF近畿地方選手権 Rd.7[ドライ]

2017 JAF近畿地方選手権 Rd.7[ドライ]下界よりかは幾分涼しい、名阪スポーツランド

今年 3度目となるEコースでの地区戦でした。

最初のEコースは極寒&ウエットというコンディションで、
2本目は晴れたもののターンを決められず成績もボロボロでしたが、次のEコースでは、苦手意識があったにもかかわらず、
他選手のミスにも助けられて優勝。

そのあとまた成績は下降したものの、
奥伊吹で挽回。

そしてまたまた、下降・・・。

戻ってきて今回、3回目の優勝!



てことで、シリーズチャンプを獲得できたようです!!

シーズン初めごろの成績から、今年こそヤバいと思っていましたが、
ポイント的に僅差で勝てたようです。

思い返せば勝った大会って、全部 右ターンがキモだったコースばかりですw
ウチのクルマ、いろいろ修理してはみたものの右リヤのロック率が全然改善されなくて、
左ターンがやりにくいのなんのって・・・。

修理するたんびに左のブレーキはバッチリ決まるもんだから、右ターンだけならなんとかなるという(^^;



Eコースでのターン広場というか、お決まりのテクニカルセクションにはやっぱり深いターンが
設定されました。

しかし、2回ある深いターンの2回とも右ターンなんですよね。
おかげでなんとか他選手の追従を振り切れた感じです。

ターンが苦手なはずの4WDアルトのGAMMAさんが、異様に速いんですよね・・・。
サブロクがなければ完全にヤラレていたでしょうけど、
これもジムカーナw
でももし自分がアルトだったら、こんなコース走りたくないですww

【2try】



実は、前の大会でアルトで走ったおかげかいろいろと道具をアルトに積んだまま忘れてきていたり、
ロガーとか車載動画とか撮れなかったんですよね。
そういえば、以前、ロガー積み忘れたほうがタイムが出るとかなんとかあったようなw
今回もそのお陰かな~w

さて、今回主催のRC NARAさんはこれをもって公式戦の主催から撤退されるとのこと。
長らくおつかれさまでした。
クラブ員の減少とか高齢化とかもあるのかもしれません・・・。
現状の参加台数だとコスト的にキツイみたいですしね。
来年は地区戦も全7戦となりそうです。(今年まで8戦)



お別れの風船上げ。
RC NARAさん、今までありがとうございました!


地区戦も残りはミドル戦との併催で1戦のみとなりました。
とはいえ、自分的には消化試合(^^;

どうすっかな・・・。
とりあえず参加はする方向ですが、ミドル(エキスパート)にするとか、
他クラスにするとか、アルトで走るとか・・・w
Posted at 2017/09/05 22:19:50 | コメント(5) | トラックバック(0) | ジムカーナ 近畿地区戦 | クルマ
2017年08月27日 イイね!

2017 G6ジムカーナ プレジャーラウンド in 奥伊吹[ドライ]

2017 G6ジムカーナ プレジャーラウンド in 奥伊吹[ドライ]灼熱か豪雨かを覚悟して行ってきましたが、案外過ごし易くて助かりましたー。

写真のように駐車場の合間を流れる川の水が涼しげですねー。

最近ダムを回るようになって、あれだけの湖を満水にする量の水がこういう川がたくさん流れ込んで溜まっていくわけですけど、いったいこれだけの水がどこから湧いているのだろうか、とか。

イメージとして川の源流なんて、水道の蛇口を捻ったレベルのちょろちょろとしたものを想像していたのですが、いったいどれだけの湧き水が集まればこんな水量になるのか、と。

もしかしてポンプで揚水してるんとちゃうか?とか勘ぐってしまうのは、ちょっと水力発電に毒されてきたのかもしれませんw

さて、今回はダムめぐりじゃなくてジムカーナですよw



通勤車両ATクラスに参加です♪

G6の奥伊吹ラウンドはこのところこういうパターンのコースですね。
サイドはほぼ使わなくてもクリアできますよ、という。

リヤロックをまったくしないウチの4WDアルトにはありがたい設定です(^-^)
サイドターンさせろー!と言う人には物足りないかも?
そんなアナタには近畿のミドル戦か地区戦、今年からは中部地区戦も奥伊吹モーターパークで開催されてますので、そちらもオススメですw


今回のATクラスは11台のエントリーがありまして、FR1クラスと並んで最多だそうで。
TOTAL 100台でクラスも特設があったりと多いですから、1クラスで10台越えはなかなかなくなってきました。

とはいえ、11台もいると入賞してお目当ての伊吹蕎麦をゲットできる確率も減るわけでして。
エントリーリストが発表された時点で、今回もビクトリーカーは無理かぁ~(;´Д`A ```
てな感じで・・・。

車両もATならなんでもありってことで、RVからランエボまで・・・w

さすがにミドルウィナーのランエボや全日本ドラのベンツには勝てないだろうなぁ~。
妖怪GGさんのフィットにもコース次第なところがありましたし、凪さんもその妖怪さんフィットとダブルして、ちょくちょくオーナーより速かったりするしな~。
と、ちょいと蕎麦ゲットの心配ばかりw


まずはG6は最初に成績に関係しない練習走行から。

はい。
ミスコースですorz
タイム残らず・・・。他の選手との比較すらできひん(´・ω・`)

いやいや、コースは覚えてたんですよ~(めずらしく)汗
ただ、最低速度を稼がないと!ばかり考えて曲がったら次のパイロンを避けられなくなって、
やむなくミスコースしたというか(先を見てない運転がアカンのですけど・・・orz)


気を取り直して、



お約束♪

陽が出て暑くなってきた奥伊吹にありがたい冷却材が。


なんか、九州から来た赤船の人とか、クラブ員のNC ロードスターの人とかトップタイム出してますやん・・・。
GAMMAさんもオーバーオールか!?みたいなタイムで走ってるし。

練習走行で曲がれなかったこともあって、ちょっと慎重に行き過ぎたところもあったかもですが、
3番手と台の端っこに引っかかりました。

この時、トップまで0.4秒。
あっ、もしかしたら!!??と思わせておいて・・・
前回の名阪ラウンドでも似たようなこと思ったからなぁ~。あまり気負わんとベストな走りが出来るようにだけ考えますか~。

【本番2try】




どうも1本目2位だったベンツ選手が2本目にマシントラブルだったのか、タイムが伸ばせなかったようで、2番手に上昇しました!


あぁ、しかし定位置・・・(´・ω・`)

途中、AGSにおちょくられてなぜかいつもシフトダウンしない1速に入って、レブったまま少し走り続けてしまいました。
ロガーで確認するとここのタイムロスは0.4秒。
トップとのタイム差は0.6秒・・・。
はい、残念!!!

まぁでも、アルトちゃん頑張ったよね・・・。また次も頑張ろうねー。

蕎麦もゲットできましたし。
抽選でも蕎麦もらえましたしヽ(´-`)ノ

蕎麦蕎麦言ってた甲斐がありました。

うん。別に買えばいいんですけどね。蕎麦くらい。
エントリフィーで何個でも買えますけど。

走って、勝って、賞として貰うから嬉しいんですよ!きっとw

幾分先日までよりは涼しかったですが、皆さんお疲れ様でした!!
Posted at 2017/08/28 22:09:52 | コメント(5) | トラックバック(0) | ジムカーナ G6 | クルマ
2017年08月12日 イイね!

真名川水系攻略

真名川水系攻略ちょうど去年のお盆休みに、雁が原合宿を計画したものの、メインの強化メンバーが来れなくなったために観光旅行に変更になったのでした。

そこで行ったダムめぐりが面白かったので、チーム内にさらにクラブ(?)が発足して、TLBダム部が。

さて、TOP写真は何?
って言うと、雁が原のコース図です。
今回はちゃんと雁が原「も」走りましたw

このところ、近畿地区戦も中国地区戦も走り的に攻めきった感がなかったので、
このまま鈍らせておいたままなのも癪でしたので、むちゃくちゃしても転がったり、クラッシュしたりする危険の少ない雁が原で走っておくのが極上かなと。
(危険がないわけではありません。崖から落ちたクルマも何回か見てますしw)

ただ、180度以上のパイロン1本巻きのターンがあると、うちのアルトでは死亡確定です。
ABS殺したり、リヤシューを最強のものを入れたりしたりしましたが、リヤロックして振り出すことはならず。
AGSなのでクラッチも切れませんし、サイド引いても止まるだけなんですよね。

サイドターンのないジムカーナなら勝負としては絡めそうですが、
ジムカーナの何が好きで始めたか?って言うとサイドターンしてみたい、が大きな理由だったんですよね。
なので、いつかはサイドターンできるように改造できないかなぁ?とは画策中ですが。
(LSDも4WD AGSは設定ないし、なかなかツライ(^^;)

雁が原では総長さんとお話したり、U村さんのAW11に載せてもらったり、運転させてもらったりで
午前中で、走るほうはお腹一杯になりました♪


雁が原でお昼を食べていたら、
「ダム行くと聞いて」
とかいう人が現れたので、じゃ一緒に行きますか。
と、片付けて移動開始。

雁が原でお会いした皆さん、お疲れ様でした!


【ここからダム部活動。】


まずは、真名川ダムへ向かいます。
ここは、冒頭に書いた去年初めて見て感動して、ダム部活動のキッカケにもなった由緒正しきダムw
(あくまでワタクシ個人の)
ナビでは雁が原から約40分弱。


このころはダムカードの存在もあまりよく知らなくて、
(あるのは知っていても、どうやってもらう?とか特に貰う気もなかったですし)
真名川ダムのダムカードはゲットしていませんでした。

道中にある、真名川ダム関連の発電施設を見物。

【真名川発電所】

「福井県」の看板文字がなくなっていますが、盗まれたわけでも、悪天候に飛ばされたわけでもなく、外されたようです。
このあと訪れた、笹生川ダム職員の方が教えてくれましたが、県から(お金がなくて)北陸電力に施設が売られたそうです(^^;

【五条方発電所】


上記の真名川発電所と100mも離れていません。
クルマで、ここへ向かってくる途中、車内から見えた山肌に
なぜ2本も導水管が?(正確には3本 + 1本)と不思議に思い、ぐぐってみると、
それぞれ元は別の場所から取水された水で発電しているようですが、
放水先は同じ場所の真名川へ戻しているようです。
その戻した水は恐らく農業用水として、さらに分水されていました。

真名川発電所は真名川ダムの水をダム水路式で発電。
五条方発電所は、最上流の笹生川ダムと雲川ダムから中島発電所へ同じくダム水路式で送られ、
そこからさらに五条方発電所へダム水路式で水が送られて来ています。

写真に写っていますが、水力発電の特徴的な圧力鉄管は水路式、または前述のダム水路式で見られます。
ワタクシも最近、ダムとか見に行くようになって少し調べただけですので、偉そうに言えませんが、
ダムで発電というと、ダムで貯めた水をダム脇の発電所に流して発電しているだけだと思っていましたが(もちらんそれもダム式という方式でよくありますが)、ダムで取水した水をより落差の低い下流、もしくは別の川へながしてより大きな位置エネルギーを得る方式を「ダム水路式」と言って、
こちらの方式も多いです。

この方式ですと、発電所とダムが離れているので、
ダム&発電所マニアな方は見物がなかなか大変ですw

【真名川ダム ふたたび】


今日はダム湖(麻那姫湖)の水がかなり減っていて、普段沈んでいる部分が割と見えていました。
先日、北陸のほうに大雨が降っていたので、もっと満水かと思っていましたが、
職員さんのはなしだと、福井平野のほうは降っていたけど・・・、こちらはそれほど。
放水しちゃいましたし(テヘ)、みたいな感じでしたw

そして、もう少し上流へ。
あわよくば、九頭竜湖のほうへ抜けられれば、前回カードをもらいそこねている、「鷲ダム」までいけないかな?と。

【中島発電所】


写真では見えないですが、手前に真名川の支流の川が流れています。
鉄管で山の上から導水されていますね。
前述の笹生川ダムから来ている水ですね。これがさらに下流の五条方発電所へ行くわけです。


このあたりは、景色もよくて川原にキャンプ場が作られていました。
川の水の流れもめちゃくちゃ綺麗です。

しかし、曇っていたこともあってか、少し肌寒い。(外気温度計が23度を指していたり)

【笹生川(さそうがわ)ダム】




脇には、空中階段のようなダム湖へ下りていく階段もあったり、ちょっとこんな階段を歩くのを想像すると、ゾクッとします(^^;
天端はゲートが閉まっていて、入れないようだったので、
ダム湖脇を進むと、別のゲートが現れて来ました。


なんじゃこれ?
と、覗き込むと、山側のトンネルのほうへ放流した水が流れるようになっていました。


そのゲート脇に管理事務所もあり、
「たしかダムカードあったはず」とメタル氏が。
(よく調べてきてますね・・・)

ダムカードを戴きたいとの旨をインターホン越しにお伝えすると、
職員さんも、こころよく対応していただけました。
お仕事中にすみません。

が、折角なのでいろいろとお話を。
メインのクレストゲートとは別に設置されている珍しい形式のサブクレストゲート?
はなんですか?
と聞くと、このダムは今年建設60周年なんですが、昭和40年に記録不能なくらいの大雨が降って、
(スカウター(雨量計)が爆発するくらいの大雨で正確な雨量が不明だそうで)
ダムのゲートを全開にしているにもかかわらず、天端を越流してしまったために、
昭和47年にゲートが増設されて、山を抜いたトンネルから水を反対の川へ放流するように建設されたのだとか。
それ以来、使用したことはないそうですが、
まぁ公共事業は50年に一度の災害を見越して建設されますしね・・・。
使わないにこしたことはないわけです、と。



てことで、今回は真名川ダムと笹生川ダムのダムカードげっとです♪
笹生川ダムは 60周年記念バッチ付き。

鷲ダムへは、時間切れ(ダムカードがもらえるのは17時まですので)だったので
次回へ持越しです。
Posted at 2017/08/13 14:57:13 | コメント(1) | トラックバック(0) | ダム部 | 日記

プロフィール

「@雨漏れ あらあら・・・、修理が高くついてしまいますね・・・。とりあえず新品がまた出るようになったそうですし、予算が出るなら数年は使えるかと(^^;」
何シテル?   10/10 00:37
自動車タイムトライアル競技(ジムカーナ)始めて十数年…。 パイロンドランカーになりつつあるので、たまにはサーキットも走ろうかと。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

チームランチボックス(TLB)公式ホームページ 
カテゴリ:クルマ全般
2017/02/04 21:16:35
 
TLB ジムカーナカレンダー 
カテゴリ:カレンダー
2010/11/18 21:00:00
 
PG6SA-100127  
カテゴリ:みんカラ以外のお友達ブログ
2009/12/09 19:41:54
 

ファン

54 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ カプチーノ 宙娘 (スズキ カプチーノ)
廃車予定のクルマを拾い上げました。 ので、まぁいろいろと楽しみながら補修していきます。
スズキ アルトワークス スズキ アルトワークス
四半世紀ぶりの新車購入。 いつかは乗ってみたかった4WD(笑) 通勤車ですので、街乗 ...
スズキ カプチーノ スズキ カプチーノ
H9年式 マーキュリーシルバー 通勤70% ジムカーナ25% サーキット5%仕様 JAF ...
トヨタ MR2 トヨタ MR2
2009年12月 友人のところからやってきました。 前所持車のカプチーノと入替。 何度 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.