• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

万年筆の書き味が大好き!!のブログ一覧

2017年07月19日 イイね!

マイカー写真。久しぶりに三脚も使用して頑張りました―

マイカー写真。久しぶりに三脚も使用して頑張りました―













久しぶりに、意気込んで

『おきゃんなWhiteEgg:::VW《up!》』の

写真を撮ってみました。





バイク雑誌だったでしょうか

その最新号で紹介されていた、

長野県と群馬県の県境にある、

どう表現したらいいでしょうね?

「辺境の地」?

先々月でしたか、下北半島の”仏ヶ浦”もワタシにとっては

未開分野でしたけれど、

今回訊ねた場所も、ワタシにとってはとても新鮮に映りました。













ブログとフォトアルバムの両方に、何枚かアップしてみようと思います。

全部が全部、三脚使用ではないのですが、

このうちの数枚は、三脚なしではとても撮れないようなシチュエーションでした。



重たい三脚をいちばん低くセットして、しかも私自身の全体重でもって、

負荷を掛けた状態でないと、カメラがブレてしまうような・・・

そんな場面もありました。









それが↓↑コレです―









しかも、下界では多分35℃以上の猛暑日だったかと思うのですが、

ロケ地では、Tシャツ1枚ではとても耐えられる状況では無く、

薄手のウインドブレーカーを羽織って、せいぜい2時間ほどの撮影を

何とか踏ん張ったのですけれどね・・・・・・






ブルブル震えが来たのには、コチラさん↓との遭遇も関係あったのかも・・・・・・?









行きかえりの、何枚かの写真も、アルバムのほうにも掲載しています。




















今回、お天気には恵まれたのですが、それって

↓の場所で、千葉からアルトでひとりでドライブに来ていたという、

若い女性。

彼女に「千葉から見えたのですか?お天気が良くなっていいですね。予報では降水確率が

30%だなんて言っていましたからね。きっと普段の行いがいいからでしょうね!?」なんて

話させてもらったのですが、彼女は少し長いドライブをする予定なんだとか。

富山の方へ行くつもりでいる―みたいなことを、教えてくれましたけれど、

明るく笑う、可愛らしいお嬢さんでしたよ。

うん、今回の良い天候に恵まれたのは、彼女のお蔭だったのかも―。

別れしなに『どうぞ、安全に愉しいドライブを続けてくださいね…!!』

そう言うと、また可愛らしい笑顔が弾けました。















098
























Posted at 2017/07/19 16:54:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | マイカーDiary《 up! 》編 | クルマ
2017年07月13日 イイね!

”RAIN♪”1988年に発表の大江千里の楽曲を秦基博がカバー・・・







”雷神の 少し響みて さし曇り

   雨も降らぬか 君を留めむ”

”雷神の 少し響みて 降らずとも

   われは留らむ 妹し留めば”


和歌?短歌でしょうか。

ワタシには、いちばん縁遠いところにある世界なので、正直よくわからないのです。

高校生時分「古文」の、授業が苦手で、ジンマシンが出そうなくらいでしたから―。

でも、この和歌の現代語訳というのでしょうか、それを読んだら

”なんて、美しい言の葉なのだろう・・・・”って、

ミーハーですよね、ワタシ。








でも、少しだけ興味もわいてきたというのかな、

図書館で「万葉集」の関連図書を借りたりしています。

いや、やはり単純な思い付きではダメみたいで、やはり難解すぎて

数ページ、捲ってみただけでアウトな感じです。






これだけじゃ何のことかわかりませんよね。
















新海誠監督。

「君の名は。」という、作品で昨年大ヒットになったアニメーションを作った監督さんですよね。

彼の”言の葉の庭”というアニメーション作品を、

この半月余りで、何度も繰り返し鑑賞したんです。

不思議なことに、毎回同じシーンで、涙で画面が滲んでしまうんです。

こころが揺さぶられているのでしょうか?






その作品のエンドロールで、

この曲”RAIN”が流れてきます。

作詞作曲は大江千里。

楽曲は1988年の発表だそうです。

大江千里自身のアルバムに収録されているとのことですが、

この”言の葉の庭”では、秦基博の歌唱でした。

作品を観て、この曲を耳にして強く印象に残りました。












図書館の所蔵されているCDを検索してみたら、オリジナル、

大江千里のものがありましたので、貸し出しを受けて、何度か聴き返しています。

1988年の楽曲ということは約30年前の作品ですよね。

もしかしたら、新海監督(1973年生まれ)が、多感な少年時代に耳にしていたのかな、

この曲から、インスピレーションを受けて

あおの”言の葉の庭”という、作品が誕生したのではないかな、なっていうふうに

思ったりしたのですが・・・・

それくらい、”言の葉の庭”という作品と、この”RAIN”という楽曲の親和性が

半端じゃないって、そんな感じを抱いたのですが―












本BLOGの冒頭。

”雷神の・・・・・”という和歌?

万葉集に書かれている歌なのだそうですが、

物語のなかで、主人公の男女の会話で、とても重要なシーンで交わされています。

少なくともワタシは、そう受け取ったのですが、



もういちど記してみますね―

『雷神(なるかみ)の 少し響(とよ)みてさし曇り

     雨も降らぬか 君を留めむ』

『雷神(なるかみ)の 少し響(とよ)みて 降らずとも

     われは留らむ 妹し留めば』


          柿本人麻呂 歌集

【訳】:::

『雷が鳴って 雲が広がり 雨が降ってくれたら

      帰ろうとしているあなた きっとひきとめられるのに』

『雷が鳴らなくても 雨が降らなくても

      君が引き止めてくれたら 僕はここにいるよ』





この”言の葉の庭”という作品。

キラキラした台詞やナレーションが、いっぱい散りばめられていました。

こんなワタシですら、胸がキュンとしたりして―



そうですね、

『あたしね、うまく歩けなくなっちゃったの・・・・・』

『このひとは、いかにも優しそうに話す。 まるでコワレモノに触れるように

でも、息をするのもつらかったあの頃、

あなたは周りの声ばかりを聞いていて、

私を信じてはくれなかった・・・・』

『僕は、多分あなたのことが好きなんだと想う・・・・』













097







2017年07月07日 イイね!

ボクはキミにとってのイチバンになりたいなんて思わなかった。でもキミのイチバンの理解者でありたいとずっと想っていたよ・・・

ボクはキミにとってのイチバンになりたいなんて思わなかった。でもキミのイチバンの理解者でありたいとずっと想っていたよ・・・






キミに、『愛されたい!』だなんて、

そんなことを想ったことは一度もなかったよ・・・・

こう言葉にしたら、ウソに聞こえるよね!?

いや、ただの強がりだろ!!と、とられるのかな?

確かに、ボクはキミを心から愛しているのだから―












だけれど、

ボクが、『キミにとってのイチバンの存在でいたい!』と想ったことなどは、

一度もなかった気がするんだ。

自分自身、身の程をわきまえていたからともいえるし、

ボク自身が劣等感の塊だったからじゃないのかと思う。

ああ、その言い方だと過去形になってしまうのかな?

劣等感?コンプレックスを抱いているというのは、いまでも変っていない気がする。






そうだよ!

だから、繰り返しになるけれど、

《キミのいちばんの存在でいたい―》そう思ったことはないんだ。










でもね、

ボクは《キミの、いちばんの理解者でいたい!》と、強く想っていたというのは、

キミと出逢ったあの日から、変わらぬ想いだった。

その想いは、いまもまるで変っていない。













今夜は、七夕・・・

アルタイルとべガの逢瀬は適ったのかしら―
















096








Posted at 2017/07/07 00:00:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | LIVE & LOVE | 暮らし/家族
2017年06月29日 イイね!

新東京国立美術館と明治記念館―

新東京国立美術館と明治記念館―


六本木の、”新東京国立美術館”に、”明治記念館”での株主総会のあと立ち寄ってみました。






明治記念館は、136年以上の歴史があるようですね。

私が抱いているイメージは、超一級の結婚式場として君臨している?

そんな感じでしょうかね。













むかしの職場の後輩は確か、こちらで挙式したんじゃないのかなと思うのですが、

少々記憶は曖昧です。

最近は、ホテルでの結婚式を挙げるカップルも多いようですし、

結婚式そのものを、シンプル&質素に済ませるケースも多いようですね。

ちょっと職員さんなのかな?

駐車場で話しを少ししたのですが、少子化も関係しているのでは・・・みたいな発言もありました。

その駐車場には、ロンドンTAXIの記念館所有のクルマが3台駐められていました。

3台の登録番号が、すべて「1122」。

希望ナンバーなんでしょうね。

「1122」=”いい夫婦”の、語呂合わせなんですね。





















車内のフロントの助手席は、補助的な作りで、

後席は、ふたり掛け。独立したシートでタンカラーの革張りでした。

文金高島田?和装の花嫁が無理な姿勢を強いられることのないように

車内高が確保されているんですって・・・・













今回の明治記念館は、「N不動産HD」の株主総会でした。

コチラの会社の、株主総会へは今回が三回目。

これまでは、おみやげ目当てと記念館のお庭の写真などを撮るだけで

失礼していたんですが、今日は10分くらいでしたが会場に入ることしました。

おおきな会場でしたが、席の埋まり方は8割くらいの印象でした。

おみやげは、記念館オリジナルのケーキ。

写真は、別にいいですね。

召し上がっていただくこと、出来ないんですものね・・・・・・


























新東京国立美術館へは、実は昨日の”雅叙園”のあとで回ろうかと考えていたのですが、

地下鉄の乗り換えが、むつかしくて―。

めったに鉄道の利用はしないもので、東京人なはずなんですけれどね。












ここと、東京国際フォーラム。

ワタシの好みのロケ場所です。

モデルさんの、了解が得られるなら毎日でも出掛けてみたいくらいなんですけれどね。

売れっ子なもので、スケジュール帳が真っ黒に埋まっているようですから、

多分、ワタシの生きているうちには実現が不可能のようです・・・・・・?!


















1階で少し様子見をしていたとき、隣りに車椅子の男性がいらしたのですね。

↓この壁面をバックに、写真を撮らせていただきたいと思い、相当悩んだんです。













声を掛ける勇気はありませんでした。

わかりません―

誠意をもってお願いして、OKしてくださったかも知れません。

「どうしてオレなの?車椅子というハンデがあるから、画になると思った?」そう受け取られたかも

万が一、傷付けることになったとしたのなら、取り返しがつかない・・・そんな思いも

アタマをかすめました。

う~ん、声を掛ける勇気を持てませんでした。

多少、自分の中に計算があった?

そんな不純な考え方が無かったと言ったら、ウソになる気もまた・・・・・・










そう、ズルい奴ですからね、ワタシ・・・・・。





095





Posted at 2017/06/29 22:21:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | CAMERA & Photo | 趣味
2017年06月28日 イイね!

目黒雅叙園

目黒雅叙園














パイオニアの株主総会に、初めて出席してみたんです。

この会社の株式を少数ですが所有しており、

今日が、総会だったのです。

配当もありませんし、総会に出席しておみやげのあるなしは未確認のままでしたが、

”目黒雅叙園”という会場となっているホテルそのものに興味がありました。






























正直に白状しますと、

目白の”椿山荘”という、やはり格式の高いアチラのホテルとカン違いしていたのですね。

アチラ”椿山荘”って由緒ある、すごい庭園があるのですよね。

椿山荘へは、大昔しシンガーソングライターの【永井龍雲】という、

素敵な声の持ち主、彼のFM番組の公開録音かなにかがあって、

一度だけ行ったことがあるんです。

もういちどその素晴らしい庭園を見てみたい。

株主総会の会場になっているのなら、いい機会だから出掛けてみよう・・・・

そんなふうに考えていました。






























ネットで会場になっている、”雅叙園”を検索してみたら、

見事に、間違いに気付いたという訳ですが、

でも、”雅叙園”の方にも屋外庭園ではありませんが、いろいろあるようですし、

建物内部が、大変な歴史遺産?みたいらしく、写真撮影が適うかどうかは

わからないものの、撮影が許されているところもあるのではないかと、

そんなふうなことで出掛けてみたわけなのです。
























期待に違わぬ、立派なホテルでした。

《百段階段》とかいうのが目玉?、その国宝級の作りらしいのですが、

公開日が限られているようです。

イベントとセットであったり、食事と絡めてでないとダメみたいですね。

まあ、ワタシはそこまでして観覧しても、きっとチンプンカンプンだったでしょうから、

別に、ガッカリもしませんでしたけれどね―。

























館内のプロムナードとでもいうのでしょうか、その壁面には

彫刻があったり、すごいんですよね。

海外から見えた方にしてみたら

正に”EXOTIC エキゾチック ジャパ~ン♪”ではないのかと思います。

日本人のハシクレの私でも、ビックリしたくらいですから・・・・・











「パイオニア株式会社」。

今回は配当金無しでしたが、総会出席者へのおみやげ?は、ありましたよ。

それが↓です。 コレを選んだ《せんす》は、褒めてあげないといけないのかも・・・・









094





Posted at 2017/06/28 16:43:00 | コメント(1) | トラックバック(0) | LIFE | 趣味

プロフィール

「久しぶりに「VW” up! ”」。マイカーの写真をアップしました。変わり映えしないのですが、今回は背景が豊かな大自然?の中での撮影でした。めずらしく気合を入れての撮影だったのですが、こんなくらいが実力なんでしょうね。上手く撮れませんでしたけれど、自分自身としては、愉しめましたよ―」
何シテル?   07/19 17:02
情緒不安/泣き虫/よわ虫/支離滅裂。 もうひとつおまけに、モノゴトひきずるタイプ? よく自分の年齢を混乱します。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

お友達

コミュニケーション下手なうえ、情緒不安ということもあり、お気を遣わせることになるのではないか心配です―
2 人のお友達がいます
アムール☆アムール☆ MappinMappin

ファン

74 人のファンがいます

愛車一覧

フォルクスワーゲン アップ! おきゃんなWHITE Egg (フォルクスワーゲン アップ!)
生涯最期のマイカー
マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
車検を取得したのは2台だけ。つまり3年以上所有したケースが非常に稀なことであったわけです ...
ポルシェ ボクスター (オープン) 最高の伴侶・・・ (ポルシェ ボクスター (オープン))
最期の恋はじめました・・・
スズキ スイフト スズキ スイフト
年に一度は雪道ドライブには行っていました。新車購入時にほとんど同じタイミングでスタッドレ ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.