• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Lucas3.0のブログ一覧

2017年08月07日 イイね!

フリードスパイク返却

ホンダ・フリード・スパイクをリース会社に返却した。
2014年導入なので3年間の実用期間、あっという間だった。

営業用にミニバンの導入に驚きは隠せなかったがフリードスパイクは今までのワゴン車に劣らない実用性を兼ね備え、むしろそれら以上だ。



外観は大きく見えるが全長4215,全幅1695,全高2745とコンパクトであり
ギリギリまで伸ばされたホリールベースはタイヤを四隅に配置、四角い箱を操るような感覚を覚え、駐車場の車庫入れは車格を掴めばストレスない。



デザインはスパイク独特の無骨感があるが無理な表現をせず長く乗れるクラシッック調。
側面のボディのプレスが躍動感を表現していて小さなタイヤを履いていてもバランスのとれたスタイルを表現している。両側スライドどは狭い駐車場での乗降、荷物の取り出しに重宝。





ドライビングフィールはホンダのお家芸。FFミニバンでありながらクイックなハンドリングにより市街地走行は無駄なロールを発生させず転回、熟成されたCVTはスポーツモードにすれば意のままのアクセルレーションを楽しめ、俊敏性を発揮する。

しかし優秀な上記の代償として車内への振動が大きく、段差や荒れた路面での車内へ伝わる衝撃は強め。
また全高もあるためミニバンと忘れて首都高を走ると重心の高さに対する強い荷重がかかる。



インテリアの質感はそこそこ。
プラスティックなのは構わないが、キー等でスクラッチ傷がつく素材は残念。
積載量はサイズから想像できない実力を備えている。この感覚はセダンとは別次元。


そしてこのフリード返却を機に私の仕事環境もライフスタイルも一変する。変化を受け入れることを決断した。カーライフを手放すことになるがそれもまた道である。クルマを愛する者にとって10年間仕事で運転を続けられた事を感謝したい。



Posted at 2017/08/07 14:46:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2015年09月24日 イイね!

連休のドつぼ

連休のドつぼご無沙汰しております。

大型連休は皆様も行楽をお過ごし出来たでしょうか?
Lucasはインドアだった過去を捨て、今年からは連休は必ず遠出をするようにしている。いまという時間と与えられた友人、車と共に大切な記憶を残していきたい。





大型連休なのでピールを外し中日を狙って移動したものの裏の裏は表であり都内を抜けるのに3時間の渋滞。繰り返す、高井戸から八王子まで3時間。



事故でなく自然渋滞でこの有様。
皆様本当にお疲れ様です。




河口湖周辺でも渋滞は発生していたものの、幸い巻き込まれず





素晴らしいな朝焼けと貴重な闇の洞窟散策を経験






3日間の移動距離は600kmほどだが、総運転時間は17時間。山梨往路4時間復路6時間はさすがに疲弊する。



同乗者の事を考えると次はアルファードだな。



※写真は友人のクリス君に撮影して頂きました
Posted at 2015/09/24 14:06:53 | コメント(3) | トラックバック(0) | x-type | 日記
2015年06月20日 イイね!

洗浄日和

洗浄日和猛暑を前に室内洗浄を行う。
汚れを完璧に落とす事は出来ない。それは人生も同じだ。どう悔い改め、前に進むか。



最近ではジャガーの新型XEのローンチによりXタイプの名前も久々に急騰しているが、残念ながら「失敗」や「撤退」などマイナスの表現が付随している。願わくは、これで新型XEがビジネス的に成功すればXタイプもその糧になったということで報われることだろう。


さて改めて室内を眺めるとXタイプはこの価格帯では努力した質感を表現していると感じる。まだまだイケルやないか。
確かに時代や機器の進化には勝てない。最近の軽自動車の方がとてもユーザーに優しい装備が満載だ。しかし、このXタイプは常にドライバーに状況を語りかけてくる。エンジンの吹き上がり、ロードノイズの音質、ボディ曲線は長く付き合える魅力は満載。極めつけは、いつ壊れるか分からない生命の尊さ。

いいもんだよ。
Posted at 2015/06/20 09:43:59 | コメント(3) | トラックバック(0) | x-type | 日記
2015年06月14日 イイね!

走行中に白煙発生とその後

走行中に白煙発生とその後まずは本件に関してご心配おかけしたみん友の方々にお詫び、メッセージに感謝します。

その時は突然起きた。
平日の夜、環状八号線の信号にて停車中に車外から焦げ臭い香りがした。「平日に焼き肉とは景気がいいじゃないか」と周りを見渡すと白煙がXタイプを包む。「近所で火事か?」と窓を開けた瞬間に気づく、自車後部から白煙が発生している。

動揺を抑え、路肩に停車。状況確認。発火はなし、エンジン異常なし。しかし後部から白煙、ガソリンに異常は起きて欲しくない、色々と思い巡らる。白煙はすぐに収まり、煙の発生源がホイールの異常発熱と香りからブレーキ周辺と憶測、その日のXタイプでの移動は諦めた。



次の日に整備工場に入庫し点検。結論は「異常見られず、経過観測」。この手の事例は過去にあまり見られないために直ぐに判断できないのだろう。考えられる可能性はビニールを巻き込んで炎上(今回はこの場合ではない)、パッドかキャリパーが完全消耗、ブレーキが異常動作を起こしロックしたまま走行し発熱した、の3点。

そしてあれから約1ヶ月、何事も無かったように快適な走りを取り戻している。この手のトラブルはこの車種では想定内。そして数ヶ月後にまた再発することも想定内である。



炎上記念にホイールキャップを一新。さすがに15年経ったキャップは痛みが激しく、コレを機に換装。
欧州車の皆様もブレーキのロックにはご注意くださいね。



Posted at 2015/06/14 01:12:24 | コメント(4) | トラックバック(0) | x-type | 日記
2015年04月18日 イイね!

車検雑記

車検雑記Xタイプの車検を通した。製造からもう15年目になる。



車検を目前のとある深夜の首都高、このXタイプは走行不能に陥った。幸いリンプモードで自走は出来たものの、動揺は隠せなかった。ディーラーに点検を出したらエラー項目はスロットルボディ。さらにエアコンプレッサーも液漏れを発生していた。どちらも一見異常は無いが、突然誤作動を起こし走行不能を引き起こすという。
10万キロを目前に不安を抱えたまま走りたくはない。



というわけで、部品を取り寄せ修理、無事に車検を通せた。


スロットルボディ。燃焼に必要なために吸入した空気が通る通路、、スロットルバルブ(空気絞り弁)と一体になっているアルミ製の部品。大切な部品なためとても高価。


ACコンプレッサー。エアコンの心臓部、輸入車の鬼門。麗猫さん曰く消耗品と割り切る事。これも高価、そして重い。

久々の修理入院の記念としてグリル交換を行った。


交換した直後、走りが激変。新品スロットルボディとデータ初期化により走りが鋭くなった。あっという間に吹け上がるエンジンは10万キロを感じさせない。そしてキンキンに冷えるエアコン。これで夏は乗り越えられる。
まだまだ君には走ってもらう。
Posted at 2015/04/18 22:50:25 | コメント(4) | トラックバック(0) | x-type | 日記

プロフィール

「Xタイプ/激安オイル交換5w-40¥6,000/105,000km水洗い洗車」
何シテル?   08/09 21:50
とある企業のサラリーマンである。いたって庶民。 ランチは500円まで。宴会は終電まで。 ジャガーxタイプメンテナンス活動中 配備車種は下記の項目を...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

GW前半 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/05/02 00:01:28
きっと人生最後の車かな。。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/03/02 09:37:29
サウンドサイエンス株式会社 PA504-Z2 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/01/16 13:06:18

ファン

6 人のファンがいます

愛車一覧

ジャガー Xタイプ (セダン) ジャガー Xタイプ (セダン)
Xタイプはジャガー初のコンパクトスポーツサルーン。フォード・モンデオのプラットホームを使 ...
日産 ウイングロード 日産 ウイングロード
2009年/通勤用として導入 旧型に比べ静粛性、居住性が大幅に向上。 しかし重量増のト ...
ホンダ その他 ホンダ その他
FTR223 トリコロールカラー 私は翼を手に入れた
ローバー 400シリーズ セダン ローバー 400シリーズ セダン
我が家では3代目のローバー。(98年式416SLi) このローバー400はシリーズ2代 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.