• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

しょっかーのブログ一覧

2008年06月30日 イイね!

シャラシャラ音がなる頃に解  吹けまくり偏

シャラシャラ音がなる頃に解  吹けまくり偏異変にはすぐに気が付きました。

マフラーを直してからは
全開にした時の空燃比があきらかに薄いんです。

それどころか何やってもA/F計が濃い側に振り切ってた
例の5500回転付近で濃くなってもA/F10.8位までで
モタつきません!?

ただ12.5位の空燃比のわりに吹けが軽くないので、
もしやと思って飯食いに入ったラーメン屋の駐車場で
バルタイ変更(110°-111°→105°-107°)して
ついでにジェット交換(165→175)していざテスト。

やっぱり谷に落ちる事もなく吹け上がります!

もしかして偶然かも?とか思って何度も全開にしたり、
谷のあたりで繋がるようにシフトアップして
わざとラフ目にアクセル開けても何の問題も無く吹けてくれます!!

キタ━━━━ (*゚∀) (∀゚*)━━━━━━!!!!!!!!!!!!

どうやらタイコ内に落ちたパンチングが抵抗になってて
ハーフスロットル程度の排気なら問題なかったけど
全開にすると排気が間に合わず結果として吸気できる空気量が減って
ノーマル並みのジェットじゃないとガソリンを霧化出来なかった。
ってのが、この4月にエンジンが完成してから
悩み続けた症状の原因だったようです。

まさかこんな簡単なことだったとは・・・
てか異音には納車された日から気付いてたんだから、もっと早く対策してれば
こんなに時間が掛からずにすんだのに・・・orz.

でもこれで最大の悩みが解決しちゃいましたのでライバルの皆様

お覚悟のほどを。( ̄ ̄ー ̄ ̄)ニヤリ

Posted at 2008/06/30 15:04:20 | コメント(7) | トラックバック(0) | 日記
2008年06月30日 イイね!

シャラシャラ音がなる頃に 摘出偏

シャラシャラ音がなる頃に 摘出偏最近ようやく
エンジンの方が何とかなりそうになってきたので、
昨日は以前から気になってたマフラーから聞こえる
謎のシャラララ音の原因を探るべく、
いつもの様にノビーまで行ってきました。

実は今のエンジンが完成して、はじめて乗った時から
アイドリング中とかで、ある回転数になると
シャラララ言う音が聞こえてくるのに気付いてて、
どっかが割れて排気漏れでもしてるのかな?なんて思ってたんですが、
マフラーに手をかざせば結構な排圧を感じたし
乗っててトルクが無いような感じでもなかったので気にしてませんでした。
と言うかフケない事の方が問題で気にする余裕がありませんでした。

で、さっそく店に行って事情を説明しつつ
実際にアシでマフラーを蹴っ飛ばして異音を聞いてもらうと、
リフトに上げてみて見ようか?ってなりまして
店長がハンマーでマフラーをコツコツ叩いて調べてみると、
あきらかに中間タイコの中から音が聞こえてくるのが分かります。

診断ではタイコ内のパンチングが片方割れて中でビビってるんじゃない?
って事で、中間パイプだけの新品はすぐに用意できないから、
タイコの所で切って中のパンチングを溶接して直すしかないね~との事なので
サクっと外して中を覗いて見てみます。

「おや?」たいして曲がってないパイプなのに向うの光が見えんのはなぜ?
でライトで照らしてみると「Oh.God!」パンチングがタコ足側も
テール側も完全に割れてタイコ内でカラカラ転がってるじゃない!
おかげで排気の通路を塞いじゃってるから、向うがよう見えんわけだわ。

「こーなったら溶接し直すより引っこ抜いて
タイコの中を空っぽにした方が早いかもな~」なんて言いながら
店長がゴソゴソやってるのを横目に修理の間のスペアとして
貸してもらう事になったデフ上マフラーを付けてたら
「とれた」って声とともにカラコーンってないい音が・・・
振り返ってみるとリューターとマフラーを持った店長の足元に
何やら黒くて細っそい網々なパイプがコロリ。

なんでもタイコ内を削って広げれば取れそうだと思って削ったら出てきたそうな。
その後中間タイコの位置的にフランジに近くて工具が届くテール側だけ内径を
メインと同じ60パイに拡大しつつタイコ内に残った
パンチングのかたわらを削り落としてもらって完成。
中を見るとタコ足側にはパンチングが残っているものの
テール側はキレイに削られててイイ感じに・・・

ホントはタイコ外して60パイのパイプを繋いだ方がいいのかも?
って思いも、いつもどおり二人で
「多分このふくらみがチャンバー効果でパワーが上がるぞん」
てな根拠のないポジティブ思考で揉消して、
せっかく付けたデフ上と交換して本日の作業終了。

帰りに全開にしてみても特に変なところもなくて、めでたしめでたし・・・




・・・では終わりませんでした。


Posted at 2008/06/30 14:56:08 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2008年06月16日 イイね!

トンネルの出口がみえた?

トンネルの出口がみえた?あれは先週、AMMAに行った次の日の日曜日
点火系の強化をしたし
点火時期のズレもなおしたんで、
そろそろサーキットでこれまでやってきた事の
成果をためそうと思って
一路スパ西浦に走りに行ってきた時の事。

走り始めた時はいつもどおり
谷に落ちた時だけ一瞬グズるだけだったのが、
そのうち谷の領域でアクセルが全開になってるとミスファイアしてまったくフケ上がらなくなり、
最終的に回転域に関係なく全開にすると条件反射的にミスファイアして
まったくフケ上がらなくなりました。
A/F計は全開にしたとたん濃いほうに振り切っちゃってて
感覚的には全開にした瞬間にレブリミッターが効いちゃう感じ…orz.

結局たった6周走っただけ(セレブだなぁ)でサーキットを後にして
即効でノビーにて店長に相談したところ「ピックアップがうまく拾えてないかも?」ってことで
14日の土曜に点火系の総点検をしてみる事に

1:MDIをはずし、専用コイルをノーマルにしてみる→変化なしMDIはOK。
2:デスビを店の診断用スペアデスビに変える→変化なしデスビOK。
3:センサーを外しノーマルCPUで点火30度固定に→変化なしフリーダムはOK。
4:別配線でピックアップを直接デスビからCPUに→変化なし配線OK。

ここまでやってみて恐らく点火系じゃないんじゃねぇ?
ってのは分かったけど結局、打開策は見つからないままこの日は終了。

そういえば、この日86オンリーさんがMTオイルの交換で店に来てて
ミーティングで会えなかった分のお話ができて楽しかったです。


で、翌日の日曜日。
まえの日に点火じゃなさそうだってのが分かったんで
じゃあキャブか?って事で、友達でFCR使ってる3号ショッカーことM田さんに
忙しい中わざわざノビーまで来てもらってキャブを交換してみることに…
しかし症状に変化はなくキャブ自体に問題がないことが確認できたものの
不調の原因は謎のまま。ダメもとでレギュレーターを交換してみるも変化なし。
いちおう最悪の事態を考えてコンプレッショんを計ってみたけど
4気筒とも圧縮はしっかりあったのでコレは一安心。

ここまでやって来て、どうもメカ的なトラブルはなさそうだって事が分かりました。
じゃあなんでカブるのか?って考えると
「全開時の吸気の流速が思ったより遅く大き目のジェットでは
ガソリンをマトモに霧化できないのから」
こんな仮説が思い浮かび、それを確かめようって事で
ジェットを180番からド・ノーマル4AGの推奨ジェットな
155番に落としてみます。すると谷がすこしあるものの
A/Fが11.1くらいでレブまで回るようになった。
これで何故か吸気の流速がノーマル並にショボいって事が判明しました。

じゃあどうすればスペックに見合った流速をかせげるのかな~?
と悩んでいると、M田さんから
「バルタイを大きめにズラして(ただし壊れるのが怖いから
オーバーラップを狭めるほうに)様子をみれば?」との助言が…
ではやってみましょうって事でジェットはそのまま
103°-107°だったバルタイを110°-111°にしてみた
そうしたら谷の領域でよほど荒く踏まない限りカブる事もなく
11.1位だったA/Fも12.3位になり今までにないような
鋭いフケ上がりを見せるようになりました…なんか正解っポイ?

その後175番にジェットを上げてEX側のバルタイをかえて
37°→42°位にズレた点火時期を戻してもA/Fが10.8くらいで
少し濃くなり谷でまたA/F計が振り切るようになったけど、
体感するようなモタつきもなくフケるようになりました。

どうやらビックバルブやデカカムを使っているわりに圧縮比が低いせいで
オーバーラップが広いとマトモに吸気が吸えず
一般的なバルタイでは流速が上がらずガスを霧化出来なかったのが
原因だったみたいです。
まだ完璧には遠いですが、ようやく暗闇に少し光が射して来たみたいです。
これからA/F計をみながら良いバルタイと点火を探ってみようと思います。

これで、軽量化のためハンドルを撤去した?アノ人や、フレームに切れ目を入れて可変させてグリップを稼いでた?アノ人とも勝負できるかも…(笑)


そういえば今までにないほど調子がよくなって
ノリノリでトバシながら帰ってきたら
至る所でバンパーが地面と仲良しになってガリガリいってました。
さすがAMMAで一番ロードクリアランスが少ないだけあるぜw
Posted at 2008/06/16 05:04:33 | コメント(7) | トラックバック(0) | 日記
2008年06月01日 イイね!

点火系強化祭り。

点火系強化祭り。先週末の事なので、
もう一週間前になります。

点火時期を変更したことで、
ようやく濃いめのジェット使っても
フケるようになったものの
相変わらず例の谷間領域から
高回転にかけてカブり気味の
エンジン君を元気にするために
点火系を強化しようと思い、あるブツを投入しました。

世の中には点火系強化をうたうパーツが色々とあるもので、
どれにしようか迷ってたんですがある方からオススメを頂いたので
永井電子のMDIにしてみました。




ついでにイグニッションコイルもMDI用のモノに交換したので
苦手な配線作業もカプラーオンで終了なので
取付はちょこっと本体の設置に手間取ったものの以外とすんなり終~了~。

で、いざ試乗って事でエンジンをかけると…
何か音にパンチが出た気がするし、心なしかA/Fも少し薄めになったような…。
一応タイミングライトで点火時期が問題無い事だけ確認して走り出すと
やっぱりフケ上がりが軽いしレスポンスも良くなってます。

「こりゃ~イイんじゃね?」

なんて思いながらチョイと郊外まで行ってみて、さぁ全開!
残念ながら谷領域では依然A/Fが濃い方に振り切るものの、
何度か全開加速をしてみたかぎり直線では以前のみたいに
ミスファイアする様な事も無く一応キレイにフケるようになりました。
まぁサーキットでどうなるかは走ってみないとわかりませんがね…。


ところで現在6千~8千位までのA/Fが11前後なのを、
せめて11後半位にしたいんだけど、
この辺の点火ってどの位進めても良いモンなんでしょう?
今は暫定的に5千過ぎから37度で固定にしてるんだけど
もう少し進めても大丈夫なんでしょうか?
ジェットを下げる方が無難かもだけどスペック的に番手が濃すぎとも
思えないので出来れば燃料は絞りたくないんすよねぇ…
なんせパワーの源ですから。
Posted at 2008/06/01 03:54:34 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「先週普通に挨拶だけして入ったけどダメだったかな?()」
何シテル?   09/19 23:16
友達数は定員になりました。 ※僕のお小遣いの為に再生ボタンを押して下さい(乞食 https://www.youtube.com/user/86shock...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2008/6 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

虚偽 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/07/20 07:07:19
サイリューム 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/03/06 01:54:55
 
ナスカー&インディ御用達、パイロテクト四輪用カーボンヘルメットが急速普及中の理由 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/03/04 18:15:23

お友達

誰でも気軽にお誘いください。
ただし申請しても3日以上反応が無かったら僕はアナタの事が興味が無い、もしくは嫌いですのでお帰り下さい。
98 人のお友達がいます
Toshi867Toshi867 * RokuRoku
卍どりはち卍卍どりはち卍 もちゃぴんもちゃぴん
krfkrf ドリグリN2ドリグリN2

ファン

60 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ カローラレビン トヨタ カローラレビン
N痛()笑 【コンセプト】 ・乗りたい時にいつでも乗れる ・自走でサーキット、レースし ...
レクサス IS レクサス IS
二代目通勤スペシャル 通称100万円のエンブレムを付けたマークX()笑 でも実際乗っ ...
スズキ アルト スズキ アルト
初代通勤スペシャル! AMオンリースピーカー一体型ラジオが泣ける。
トヨタ カローラレビン トヨタ カローラレビン
最初に買った86 愛が薄れたのでレースを始めるタイミングで気分転換の為に手放しました。、 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.