• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

石狩港302のブログ一覧

2017年08月04日 イイね!

九州旅行から15年経過

九州旅行から15年経過今日で3泊4日の九州旅行に出かけてから15年経過しました。
鉄道車両の乗車が主な目的で福岡県と大分県、佐賀県、熊本県などを3日間で回りました。
時間の関係から鹿児島県、宮崎県には行くことはできませんでした。
主な活動拠点である福岡市の博多駅周辺については2002年当時と街並みが変わっただけにまた行きたいと思います。
車内サービスについては車内販売がJR九州の在来線特急電車から廃止された現在では考えられないくらいに充実していて787系交流特急電車で運行される「L特急つばめ」に連結されるサハシ787のビュッフェは2000年以前比べればメニューの縮小されていましたが新幹線と観光列車の充実と上場へ向けて定期在来線特急の車内サービスの縮小を行った現在に比べれば充実していたと感じます。
天気も良く、災害に遭遇しなかったことが現在からすれば幸いだったといえます。
今回の画像は主な活動拠点の福岡県福岡市博多区博多駅西側です。
Posted at 2017/08/04 09:47:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | 鉄道 | 旅行/地域
2017年07月13日 イイね!

女検事の捜査ファイルの北海道地区における最後の再放送開始から10年経過

今日で1993年10月から12月に本放送されたテレビ朝日系木曜ドラマの女検事の捜査ファイルの北海道地区における最後の再放送開始から10年経過しました。
その後は地上波だけではなくBSをはじめにCSでもほとんど放送されていません。
1990年代だけではなく2000年代の作品についても少なくなっていて90年代前半のテレ朝木曜ドラマについては半永久的に放送されなくなったと感じます。
Posted at 2017/07/13 18:43:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | その他 | 音楽/映画/テレビ
2017年07月02日 イイね!

法医学Ⅰの本放送開始から25年経過

今日でテレビ朝日系木曜ドラマの法医学教室の事件ファイルパートⅠの本放送開始から25年経過ました。
昨日で本放送開始から24年経過したパートⅡを含めて2013年度以降からほとんど放送されていません。
先月29日に久々に「新・法医学」の流れをくむスペシャル版が木曜日に放送されましたが仮に連ドラ版が復活しても大きくコンセプトが変わるでしょう。
2012年から2013年までの本放送開始20周年のころに比べたら盛り上がりもなく忘れ去られたように感じます。
Posted at 2017/07/02 06:38:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | その他 | 音楽/映画/テレビ
2017年07月01日 イイね!

法医学Ⅱの本放送開始から24年経過

今日でテレビ朝日系木曜ドラマの法医学教室の事件ファイルパートⅡの本放送開始から24年経過しました。
明日で本放送開始から25年を経過するパートⅠを含めて2013年度以降からは連続版法医学の再放送は行われていないと思います。
先月29日に久々にスペシャル版が木曜日に放送されましたが仮に連ドラ版が復活しても大きくコンセプトが変わるでしょう。
Posted at 2017/07/01 13:28:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | その他 | 音楽/映画/テレビ
2017年06月30日 イイね!

GJ系アテンザXD個タク

GJ系アテンザXD個タク今月に乗車したマツダアテンザ(GJ系)の個人タクシーを特集します。
今回乗車した車両はセダンXD前期型(GJ2FP 1型 2013年モデルと思われる)19インチアルミホイール装着車がベースで「SKYACTIVTECHNOLOGY」を採用したSH‐VPTR型2.2lクリーンディーゼルエンジンが搭載されていたことから2.0l超過する3ナンバー車でも普通料金が適用されていました。
走りもしっかりしていて、足元スペースも広かったがスタイル優先のために後席ヘッドルームの狭さとドアの開閉口の高さが低かったといえます。
GJ系アテンザのタクシーについては前期・後期のセダン・ワゴンを含めて「SKYACTIV‐D」と言われるSH‐VPTR型2.2lクリーンディーゼルエンジン搭載のGJ2F/A系XDシリーズであれば中型車若しくは普通車料金が適用されるために首都圏とマツダの本拠地がある広島県などの国土交通省中国運輸局管内(製造する防府工場のある山口県は不明)、札幌運輸支局管内をメインとした北海道などで多く使用されていますが最上級グレードの「XDLパッケージ(GJ2FP型 GJ2FW型 GJ2AP型 GJ2AW型)」はSKYACTIV‐Gエンジンの一つであるPY‐VPR型2.5ガソリンエンジンを搭載する25S Lパッケージ(GJ5FP型 GJ5FW型)に内装装備が近いことからXDと同一型式でありながらも2000cc以上のガソリン車と同様の大型料金(北海道運輸局管内については平成27年12月以降から2.0l以上2.5以内のガソリンでも中型もしくは普通料金を適用開始された関係からセダン・ワゴン問わずGJ2F/A系XDLパケについてもGJ2AP型・GJ2AW型AWDを含めて中型もしくは普通料金が適用される)を適用する事から少数で後期型についてもAWD車(GJ2AP型 GJ2AW型)とタクシー用途に適したと思われる「PROACTIVシリーズ」が用意された事によりAWDの必要性が高い北海道などでは多く使用されていて、「G-ベクタリング コントロール」が採用された後期型(2型2017年モデル)はまだ少数で全体的にマイナートラブルも多かったことにより大阪府内の個人タクシー事業者に導入されたベクタリングコントロール採用のセダンXDLパッケージAWD(GJ2AP 後期2型 平成29年式と思われる)が最も新しく新車登録されたGJ系アテンザ個タクだと思われます。
GJ系アテンザ以外のフルSKYACTIVTECHNOLOGYを採用したマツダ車のタクシーについても少数でありながら台数が増えていてクリーンディーゼルエンジンが搭載されることから北海道運輸局管内では平成26年度に日産車を超えてマツダが個人タクシー新車登録2位となりましたが比較的手ごろなホンダのハイブリッド4WD車比べれば一時期の勢いがなくなったといえます。
SKYACTIV世代のマツダ車についてはハード面は以前に比べてよくなりましたがソフト面では店舗の店構えが良くなってもタクシー・ハイヤー向け販売実績の高いとトヨタ自動車のトヨタ店とトヨペット店をはじめにかつての日産店・モーター店と言われた旧ブルーステージ系日産自動車販売会社に比べて今回のGJ系アテンザ同様に一般向け車を個タクに販売してもはHB系ルーチェ・コスモサルーンベースのカスタムキャブを販売していた頃に比べて営業・販売ノウハウが失われているといわれることによりマツダ店をはじめに一部地域に残存するマツダアンフィニ店(旧マツダオート店 その後のアンフィニ店)などのマツダディーラーのサービス対応と社運を賭けたSH‐VPTR型2.2lクリーンディーゼルエンジンのリコールをはじめとするSKYACTIVTECHNOLOGYの信頼性と各種の不具合に対する課題が一部であると言われます。

今回の画像はマツダアテンザセダンXD前期型19インチアルミホイール装着車(GJ2FP 1型 2013年モデルと思われる)の個人タクシーです。
Posted at 2017/06/30 10:14:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | レアタクシー | クルマ

プロフィール

「九州旅行から15年経過 http://cvw.jp/b/344557/40189298/
何シテル?   08/04 09:47
最近の車と1980年代から1990年代の車を主力にしたブログです。                    たまには、生活についても触れたいと思っています。 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お友達

書いた記事に興味のある方、1990年代に製造された車にお乗りの方をお待ちしています。
17 人のお友達がいます
○井@○川○井@○川 * 花人☆うなぎパイ花人☆うなぎパイ *
アクア ランサー Ralliartアクア ランサー Ralliart * 九段下の毒舌王九段下の毒舌王
Tourer2014Tourer2014 旭56旭56

ファン

16 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ プレミオ トヨタ プレミオ
今回納車になった車です。 本来はアリオンのA20(AZT240)にしたかった。 18X  ...
トヨタ カムリ トヨタ カムリ
北海道では少ないFF車です。 2.0ZX 平成3年 ...
日産 サニー 日産 サニー
2台目の車です。 平成22年6月退役、廃車。

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.