車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年04月16日 イイね!
今日は家内も子供達も用事で出払っていて、珍しく暇な日曜日でした。
10時頃に桜新町まで運転手を務めた後、さて何するか~… R246近いし、とりあえず久しぶりに湘南の方でも行ってみるべえか… ということで何となくそちらの方面へスタート。
開け放った窓から爽やかな風が舞い込んで、実に快適なドライブ日和です。

お気に入りの音楽なんぞ聞きながらこういう何でもないプチドライブ、ホントはすごく好きなんですよネ。最近は時間もお小遣いも乏しく(TT)ほとんどできなくなりましたが…

気が付いたらこんなところに来てました。




着いた時はちょうど皆様宝探しか何かの最中だったみたいで、何やら紙を見ながら工事現場で良く見かけるようなコーンの立っている駐車場の中であっちに行ったりこっちに行ったり、時折立ち止まって腕組みしながら考え込んじゃってる方もいます。割と滑稽な風景です。
面白そうなのでしばらく柵の外から眺めていたらうっかり中の方と目が合ってしまい、身分証明書替わりにヘルメットとグローブの提示を求められまして。怪しい者ではない、手ぶらだと告げると中に入るように指示され、おずおずと連行されてしまいました(^^;


…というのは勿論半分以上フィクションでして、何か走りの、セッティングのヒントを探しにとふるさとを訪ねてみたのでした。
実は午前中のみで帰られた方がいらっしゃって1枠空いていたらしいのですが、何ぶんクルマはいまだにスタッドレス履きっぱなしのアルトな上に所持金がマジな話600円ぐらいしかなく(笑) 今回はとにかくじっくり見学させていただくことにしました。

普段は自分のことで精いっぱいでなかなか他の方の走りをゆっくり拝見する余裕が無いのですが、改めて客観的な目線で見ているとクルマ毎の特性とか、人それぞれのスタイルがあってとても興味深かったです。
しかも、攻め方はそれぞれでも最終的にはかなり近いタイムで拮抗するという不思議。

私が拝見していた午後のコースは最速タイムが24秒台後半でしたが、コンマ何秒か及ばなかった方がめちゃくちゃ悔しそうにしている… なんて贅沢で理想が高いんだっ(笑)
本当にほんのチョットの差なんですが、その結果次第で晩酌の味も変わって来るとは、改めてシビアな世界だと感じたのであります。

ちなみにコースはすごく難しいと感じました。仮に私がKPで参加していたとしても27~28秒ぐらいが精いっぱいだったんじゃないかな。万一26秒台にでも入れられたらもう昇天って感じだったと思います(^^;

来週は湘南ジムカーナシリーズの初戦らしい… 残念ながら出られませんが、今年もかなりの接戦になりそうな感じで楽しみです。
手ぶらの私に安全装備を貸していただいたり、助手席に同乗させていただき本当に感謝です。ありがとうございました。(せめてヘルメットとグローブはやっぱり持って行くべきだったな…) 
Posted at 2017/04/16 21:31:21 | コメント(3) | トラックバック(0) | つれづれ日記 | クルマ
2017年04月11日 イイね!
桶川 第2戦桜の季節を迎え、桶川のじむか~なは早くも第2戦。
初戦からはもう2ヶ月も経っているのですが、仕事の方ではブレーキの引きずり問題に悩まされたりスロポジの断線を修理したり筑波での失敗を受けてサイドの辺りをゴニョゴニョやってみたり、プライベートの方でも久しぶりに人事異動があったりと、割とあっという間だったなという感じです。

前回と同じように6時過ぎぐらいに現地の河川敷に着いてみると、春の雨と朝靄のなかで一面に咲いたきれいな菜の花にちょっと感動しました。



さて、今回のお題です。



パッと見、今回は割とあっさりしていて覚えやすいなと思いましたが、やりづらい左回りの540°がしっかり規制付きで2ヶ所。
1本目の慣熟歩行の時に路面の傾斜をちゃんと確認せずに歩いてしまい、これが後で大きな問題を起こすことになるとは…(汗)


【1本目】
すごい雨です。今日は軽量FRには絶対的に不利だと半分以上あきらめていました。
スタート後の奥の右コーナーで早くもリアが大きく流れ… アルトワークスでここでスピンしてビリケツだった大雨の日の記憶が一瞬頭をよぎります。
注意して入ったつもりの蛸つぼターンでも予想の3倍ぐらい流れて一瞬止まりかけ、続くスラロームはおつりの連続でおっとっと… 恐るおそる入った540°では軸がずれてひどい衛星軌道ターン。
もうめちゃくちゃでしたが、何とか帰って来て2番手。
校長先生のアナウンスがひときわ盛り上がっていて、どうやら各車僅差みたいです。

2本目の慣熟歩行で、中間の540°の失敗は路面が傾斜している影響かもと思い当たりましたが、さてどうするか。
ようやく雨が上がって空が明るくなり、2本目勝負になることは必至です。1本目の中間掲示は見ないつもりでしたが、やっぱり気になって見に行ってしまいました(^^;


【2本目】
出走を待っている間に次々と「ベストこうしーん!!!」」のアナウンスが響きわたり順位が入れ替わって行きます。平塚の86師匠は惜しくもPTとのことでしたが、目の覚めるようなぶっちぎりの生タイム。僕の前に出ていったDC2の方も、いい走りをしています。
背中から両腕、ハンドルに置いた指先に掛けてじんじんするような緊張感を感じましたが、これが不思議と気持ち良いと思ったのでした… たぶん頭の中で変なアドレナリンがはじけていたのかもしれません。
せっかく来てくれたのに、ハブボルトのトラブルで残念ながら走れなくなってしまったテツ@119さんの分までがんばって走るよ…!

しかしスタートすると、蛸つぼこそ1本目よりは少しはマシだったものの鬼門540°でまたしても、いやさっきよりさらにヒドいターンで… 速度を殺して少し深めに差し込んでドアターン決めてやろうと思っていたんですがこれが全然ダメで、回っている間タバコに火をつけて吸えるぐらい長く感じました(汗)
それでも短いストレートを間に気持ちを立て直し、いざゴール前のテクニカルセクションへ…
あとはもう覚えていません。何とかどこにも触らずに帰ってきたみたいでした。




撮影 燻されともぞうさま


生タイムでは離されてしまい3番手だったのですが、タッチの差で優勝することができました(^-^)v

それにしても後になって車載動画を見ると、本当にバタバタでめちゃくちゃだったのが良くわかります。



もし走行中に話しかけられたとしたら、大事な荷を届けるために一世一代の爆走中パトカーに追われながら蛇行する桃次郎さんよろしく「うるせぇ!今それどころじゃねぇんだよ!!」ってな感じでしょうか(笑)
もっとエレガントなステアリング操作がしたいのですが、いかんせん不器用で…


【反省点】
動画のアナウンスを聞いていても、中間タイムが絶望的に遅かったようです。
ここまで今年前半戦ってきて、どういうシチュエーションで自分が遅いのかがかなり判ってきました。
少し今までとは違った取り組みも必要かなと思っています。


【今日のイチオシ】



うどんさんのハイゼットに履いている後ろのアルミ、イカしてると思いません?
実は僕のホイールなんです。前回の筑波でお会いした時にNS2Rを買おうか考えている、というお話をお聞きし試しに履いてみていただいたのでした。
(車幅からかなりはみ出しちゃってますが)


次戦は8/6… 灼熱の戦いとなりそうです。板氷抱いて行くしかないかな(汗)
またよろしくお願いいたします。
Posted at 2017/04/12 00:22:47 | コメント(5) | トラックバック(0) | 走りの記録 2017 | クルマ
2017年03月07日 イイね!
ビ筑 第1戦ちょっと遅くなりましたが日曜日は筑波のビギナーズジムカーナに参戦してきました。
久々にシリーズ追ってみるかーと考えていた昨年はスケジュールが合わずに第2戦を断念、更に5月に肋骨3本を折った影響で第3戦以降も復帰することができず、わずかに2戦のみ出場というトホホな結果でしたので、今年は改めて仕切り直しといった感じです。







しかし今回は車の方が1週間前になってスロポジのカプラー断線が発覚!
思い起こせば実は以前から症状は出ていて、やけにアイドルがバラつく(これはこれでハイカムみたいでカッコいいんですがw)、しばらくアイドルを続けているとだんだん回転が不安定になって止まってしまう(桶川の時これが出ていて、スタート待ちの間エンジンを止めておくしかなかった)、燃費が悪い(これは死活問題!)などなど…



踏めば結構調子良いのでこんなもんかなと思いつつ排気もこんな感じで、やっぱりなんかおかしいなーということでスロポジでも調整してみるか… と確認してみたら、ようやく問題の本質にたどりついたという訳でした。
どうなることかと思いましたがgammaさんの過去ブログをヒントに新品カプラーの入手に漕ぎつけ、前日に修理。
そろそろベルトが見えてきたタイヤ2本も交換して、バタバタしつつも何とか準備できました。




さてコースは初戦からタイトル画像の通りコテコテ… 筑ビも知らないうちに進化したもんです。
練習走行から気合を入れて臨みますが、8番の左を通すところでいきなりコースを忘れかけるという失態… 最近多いんですよね、こういうの。
記憶力の衰えを感じざるを得ません。
それに大誤算だったのが、暖かくなった気温のせいかATR-Kがものすごく食っていてサイドターンが全然決まらない… ゴール前のバックギアだけは何とか免れましたが、ほぼすべてのターンを失敗して練習走行が終わってしまいました。

うーむと悩みましたが、とりあえず前後タイヤを入れ替えて少しでもショルダーの削れた方をリアに回し、エアをパンパンに入れてみることに。
まだあちこちブレーキが余っているし、各ターンも練習の失敗を引きずっていてあんまり良くないなと思いつつ、何とか置きに行ったような形で1本目を終了。




昼前頃から雲が出てきて少し気温も下がってきたようですので2本目はリアのエア圧を少し下げ、外周の踏める所をあちこち詰めて勝負に出ましたが… やっぱりうまくターンできなくて万事休す(>へ<)
結局1本目の方が決勝タイムとなりました。

・恐らく、最大に荷重の抜けたところでタイミングよくサイドが効かせられていないのだろう。なのでそこそこのμだと何となく形になっているように見えるものの、高μになるにつれて馬脚が現れてしまう。

・ATR-Kタイヤについても、1月に比較テストしたときに「すごくいいタイヤだけど、最初のキッカケに失敗するとごまかしが効かない、両刃の剣かも?」と感じていたのが、やはり現実にそうなった。


今回は課題がはっきりする、いい機会になりました。
ATR-Kはせっかく安くていいタイヤなのでとことん使い続けるつもりですが、乗り手が課題を克服できるまでには少し時間が掛かりそうな予感です。
そうそう練習もできないので、戦いながら模索していくことになるのかな。

優勝されたmaasa-86さんは予想どおり強かったですね。なかなか敵う相手ではないですが、諦めずにまたチャレンジしたいと思います。


【今日のイチオシ】



桶川では青いハイゼットトラックでお馴染みの「うどんさん」が、今回は何とPF60ジェミニで見物にみえました!
ベースはたぶんZZ/Tで、2000ccにアップされているとのこと。
この車小生も大好きで、以前70カローラを探していたころに「これもいいな」と思っていたんですよね。
もちろん、ICCのエンジョイジムカーナ昭和車クラスに熱烈お誘いさせていただいたのは言うまでもありません(笑)
Posted at 2017/03/08 07:17:34 | コメント(3) | トラックバック(0) | 走りの記録 2017 | クルマ
2017年02月12日 イイね!
昨日はじむか~なに参戦するために、サエコさんの待つ桶川スポーツランドに行って来ました。
結果は何と、予想だにしなかったビギナークラス優勝!本当に奇跡みたいです…

前回の日記で「恥をかくことを恐れていては前に進めない」なんて書いてはみたものの、正直なところ桶川に行くのは楽しみ半分怖さも半分で、前夜は珍しくなかなか寝付けませんでした。
それはサーキットでスピードレンジが高いからといった理由ではなく、過去に経験した何とも言えない独特の難しさから来るものでした。
コースが覚えきれない不安、つなぎのコース区間での自分の車だけがすごく遅いような焦燥感、テクニカルセクションで回し切れず訳もわからないままゴールしたときの挫折感、そういった記憶が考えないようにしようと思っても波のように押し寄せては引いて行きました。

過去の桶川での戦績(いずれも車はアルトワークスで軽自動車クラス)
・2009.5 何か忘れたけど最下位
・2011.11  Wパイロンタッチで最下位
・2012.5 6位
・2013.4 7位


さて当日、せめて早めに着いて心の余裕を持とうと4時半に出発。
KPの屋根は凍っていて、ヒーターを内気循環で全開にしてもまだ膝の辺りが寒い… 桶川は河川敷なのでさぞ冷えるだろうなと覚悟しました。天気は良いようで、首都高で美女木JCTを目指して走る間路面は白い月明かりに照らされていました。
荒川の太郎右衛門橋を渡って、4年ぶりでしたが入口はまだ覚えていました。予定より少し早く6時半前に現着。



その後は続々とエントラントの車の列が伸び、私も外に出てゲートオープンを待つ間に談笑するうちに不安が解けて、俄然やる気スイッチが入って来ました。ありがたいことに天気も桶川にしては珍しく穏やかな日和。結果はどうあれ、きっと楽しい1日になるはずさ…

午前中の周回走行ではmiya(^^)vさんが助手席に乗せてくださり、超速いキャブ車のロードスターでゴキゲンな体験をさせていただきました。
miya(^^)vさんの走りは進入で無理なくスーッと向きが変わって、立ち上がりはシートのお尻の後ろの辺りで後輪のトラクションが強烈に感じられて本当に気持ちよく、改めて「FRってこうやって走らせるんだな」と思いました。


競技コースはこちら


車は先週 平塚で使ったATR-Kの14インチ165を前後入れ替え、フロントにアルトのお下がりの減った方・リアに新品の方を履かせてエアを調整。
競技の1本目は、最初のフリーターンでいきなりフロントロックして危うく回し切れなさそうになり、続くパドック側のオムスビみたいなセクションでも進入で一瞬コースを忘れかけグダグダ。あーパイロンタッチしたかもしれないなと思いつつも(正直旗を見る余裕もなかった)、つなぎの区間で気持ちを立て直すことができその後は開き直って走り切りました。ゴールしてタイムが残ったことを知り、まずは一安心…

しかし競技が進むにつれ、どうやらクラス暫定1位らしいことがわかり「さっきのはもしかしたら計測ミスなんじゃ…」とまたもや不安な気持ちに(汗)
2本目に同じように頑張って全然遅いタイムだったら、正直に本部に確認に行こうと思っていました…

2本目はさっきの失敗を修正して、その他は同じようにやればいい。
1速のシフトダウンでギア抜けみたいなつまらないミスをしないように。パイロンタッチにはさっきより少しだけ注意を払って。後は自分を信じられるか?スタートを待ちながら自問自答していました。
そして走り切ってゴール… コンマ4秒アップ!目標にしていたタイムには届きませんでしたが、これで逆転されてももう悔いないや… と思いました。その時は(^^;




ともぞうさん、いつも撮影ありがとうございます。


しかし少し時間が経って考えてみると、やっぱりまだまだ全然甘かったです。
・実はシフトポイントに迷いが残っていて、もったいないところが2カ所ほどあった
・後半のハンガーターン以降、リザルトを残したい気持ちから守りに入ってしまいパイロンからのマージンを広げた

今回は運もあってたまたまうまく行きましたが、次はそうはいかないでしょう。また気持ちも新たに臨みたいと思います。



それにしてもこうした大会でテッペンなんて、昔の日記を調べてみたらAE86で出た2003年11月9日の筑波BPスーパートライアル以来実に14年ぶり、車人生でたった2度目の出来事なのでありました。
決まった瞬間は、お恥ずかしい話ですがチョット涙が出そうになりました… もうないかもしれないので、今はちょっとだけ喜びに浸らせてください(笑)

終わりに…
平塚の仲間を始め、皆様現地で温かく接してくださりありがとうございました。またチャレンジします…!

【今日のイチオシ】
イイ車が目白押しでしたので迷いましたが、メカドック世代の私としてはやはり今回はこのマシンをナンバーワンに挙げたいと思います(^^

Posted at 2017/02/12 22:36:17 | コメント(9) | トラックバック(0) | 走りの記録 2017 | クルマ
2017年02月05日 イイね!
2017年開幕…!本日はここに行ってまいりました。

今年はお正月明けに1回走りに行っているので既に初走りではありませんが、イベントエントリーとしては実質開幕ということで。
仕事の都合などでなかなか思うように行かなかった昨年に比べると、今年は上々の滑り出しです(^^)v

しかしかなり、いや本当に相当頑張ったつもりなんですが30秒のコースで2~3秒も離され撃沈…
今年も前途多難な予感でございます(汗)

まぁいつも通りの調子ですが、来週は無謀にもKPで桶川に初挑戦。大丈夫なんだろうか?どう見ても大丈夫じゃなさそうだ…
でも恥かくことを恐れていてはいつまでたっても前に進むことはできないですよね。初戦はバックギア3回以内ならよし、ぐらいの気持ちで行くとしましょう。


【本日の気づき】
・たとえ自分よりずっと速い相手でも、ターゲットが存在すると気持ちの入り方がぜんぜん違う。今年は練習会であってもこれを大切にしていこう。
・今年のタイヤは、食わないときは思い切ってエア圧を下げる。
・サイドターンであってもグリップのラインのように、立ち上がりに外側に逃がせるのかタイトに出なければいけないのか明確に意識する。


【今日のイチオシ】



【戦利品】


乗ってる車は小さいけれど実はアメリカンマッスルカーが大好きな小生。
じゃんけん大会の景品に一目惚れしてチャレンジしたら、ホントに勝っちゃった!(長さ30cmぐらいある立派なダイキャストモデルです)
こうして写真を撮っている後ろで、家内が「どこに置くの~?」と怪訝そうな顔で見ていますが(汗)


(2.6 追加投稿)
ともぞうさん、撮影ありがとうございました。
Posted at 2017/02/05 20:42:02 | コメント(4) | トラックバック(0) | 走りの記録 2017 | クルマ
プロフィール
「いつもの守谷SAにて。ソフトクリームはチトお高いので、これでチミチミと楽しんでます^_^」
何シテル?   04/30 17:36
僕にとってのクルマとは、接するだけでひととき日常を離れ、他では代え難い癒しと快楽をもたらしてくれるもの。 特に運転が上手くもないし 専門家のように難しい...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
リンク・クリップ
寄せきれるか、そして踏み切れるか 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/26 21:57:15
定常円映像 ダルマセリカ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/21 22:45:03
運転技術の向上について 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/10 10:34:35
お友達
更新は不定期で、コメントの返信なども遅れる場合がありますが何卒ご了承ください。

お誘いはこれまで基本的にお断りしない方針でしたが、現在はご自身の日記を書かれている方、何かしら共感できるとお見受けした方のみ登録させていただいていますので、よろしくお願いいたします(^-^)/
55 人のお友達がいます
いぃいぃ * 紫エッセ紫エッセ *
うおのめうおのめ * maasa-86maasa-86 *
gammagamma * ハマの533愛ハマの533愛 *
ファン
56 人のファンがいます
愛車一覧
トヨタ スターレット トヨタ スターレット
昭和59年式 トヨタスターレット 3ドアDX-A 【かっ飛ぶ前のスターレット】 暇を見つ ...
スズキ アルトワークス スズキ アルトワークス
【ガレヱジ戸田公園ワークスアルト】 かつて所有していたEP71スターレットを彷彿とさせる ...
ホンダ CB250F ジェイド ホンダ CB250F ジェイド
もう一度バイクに乗りたい!という思いが募り、17年ぶりに買ってしまった250。 名前はジ ...
トヨタ カローラ トヨタ カローラ
【盆栽カローラ】 構想10年を経て、06年4月~07年11月にかけてプライベート製作した ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.