• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

みの~のブログ一覧

2017年09月13日 イイね!

やっぱりシンプルがイチバン。

やっぱりシンプルがイチバン。私のKP61スターレットは4A-Gエンジンをスワップした、いわゆる「AP61」です。
AE86が好きで長い間乗り継いで来たのですがあまりにも名車になってしまったため、「本当に好きな人が見たらちょっと楽しんでもらえそうな」「誰ともかぶらない」「この手の車本来のシンプルな仕様の」マシンでジムカーナにチャレンジしたくなり、この車を選びました。
当初はトラブル続きでどうなることかと思いましたが、ひとつずつ地道に解決するうちに狙い通りの仕上がりに近づいて来ました。

軽さのおかげで現代ではパフォーマンスの劣る4A-Gでも過度にチューニングする必要がなく、タイヤサイズ競争とも無縁なAP61は、私にとってはまさにうってつけの相棒です。
Posted at 2017/09/13 23:33:40 | コメント(1) | 悪魔のはしご段 | クルマレビュー
2017年09月11日 イイね!

熊王お気軽ジムカーナ

季節は秋です。今回は年に一度のお楽しみ、清里ハイランドのお気軽ジムカーナに参加して来ました。

今日は良い天気で、爽やかな八ヶ岳の空気を満喫できそうな予感です。行きは中央道を快調に走り、AM7:00過ぎには予定通り双葉のSAへ到着。

クレープ屋さんの古いベンツのワゴンはまだ健在でした。リアに装着されたTRDタイプのルーフスポイラーが素敵です。
しかしこの車、もう長いこと動いている様子がないのに相変わらずナンバーは付いたままだし、タイヤも空気が抜けずにしっかり形を保っています。信州七不思議のひとつです。



朝食におむすびと野菜スティックを買ったら、さすがにこんなところにも信州が(笑)



さて本日のお題はこちら。
今回は久しぶりに(?)進入や出口の規制が少なく素直に走れそうなレイアウトです。午前中の本番にできるかはさておき、午後の練習も含めて一日を通して課題の「ドアターン」に取り組むには最適な感じです。

ところで、ここには「清里の主」といわれる超絶速いカプチーノのA川さんという方がいらっしゃるのですが、毎回のように普通車のライバル選手が表彰台にひれ伏すという事態を見かねた(?)熊王さんが事前に「〇川ヤァツケルクラス」を新設すると宣言(笑) 誰が名乗りを上げるのだろうと楽しみにしていたのですが、当のA川さんが残念ながらご欠席とのことで次回の最終戦に持ち越しになってしまいました。


【練習走行】
タイムは判らず、他の選手と比べてどうなのか?というのは不明。
ただシフトタイミングもサイドの使い方も特に迷うことはなく、全開率も悪くない感じでほぼ思った通りに走行できました… というか、自分としては最初から結構普通に行きすぎてしまった感が(汗)
こういう時は得てして本番はタイムダウンしてしまったりするものです。
強いていえば図の一番下のパイロン、右の270°の後の長いストレートに入る手前の左ターンでちょっとサイドを使っていたのですが、これを慣熟歩行の時に考えていた通りにやめてみるか… というもの。


【1本目】
練習走行よりやはり緊張感が出てきましたが、ほぼ先ほどの練習と同じように行けました。ストレートの前のターンの仕方を変えた結果が良かったのかどうかは謎のまま。(だいたいアクセルオンの待ち時間が長くなるので体感的には遅いように感じる)
2本目までの間にコースオープンがありましたが計時を見に行くのを忘れ、他の選手との差も判らないまま(大汗) こうなったらお得意の俺グランプリかな… 


【2本目】
1本目は丁寧に行ったつもりでしたがいわゆる「ヌルイ走り」に陥っている可能性もあるので、もっと攻めて行こうと思いました。ただ攻めるといっても突っ込みを鋭くするのではなく、落ち着いてもっと各パイロンに寄せる感じで。あとは例のストレートに入る前の左ターンの進入をちょっと振りっ返し気味にしてフロントを積極的に入れてやるのと、奥から真ん中のセクションに戻って来るところのシケインがノーブレーキで行けそうなので、ハンドルだけでエイヤーと行ってしまおう。


撮影 gamma様 ありがとうございました!


結果は1本目より1秒弱上げることができましたが、NT3 リア駆動クラスで4位。
くまステッカーをゲットするにはあと0.6秒届きませんでした~残念(>-<)




午後はリアを練習用にとってあった2分山のV700に履き替え、10本ほど走行。
途中にわか雨が降って来てあっという間に路面がウェットになってしまいましたが、最後は再びほぼドライに戻り、楽しく練習できました。

BSわひこさんにお願いして助手席に乗せていただきました。
動きのゆったりとしたノーマルの足回りでも、素早いシケインの切り返しの挙動をしっかり抑え込まれていました。
右270°からストレートの入りまでの区間の姿勢の作り方もさすがでした。

本番で2秒もぶっちぎられてしまった空色のロードスターの方にも、無理をお願いして助手席に乗せていただきました。
各ターン出口でのアクセルとステアリングの連携が、先日の筑波でmaasa兄イから教わったのと同じやり方でした。どうりで歯が立たなかった訳だ!

まだまだ課題が山積みであります…



帰りはお約束の大渋滞… 毎度の小仏トンネル、何とかならないのでしょうか。退屈なので隣に並んだ観光バスの画面で、クレヨンしんちゃんや綾小路きみまろの映像を見て過ごしました(笑)
所要時間は往路の3倍近い6時間… 見越して今日は休暇を取っておいたので、この日記を昼間からのんびり書いています(^^;

談合坂でほうとうを食べようと思っていましたがあまりの待ち行列を見てクジケてしまい、ほうとうみたいな味噌ラーメンを食べて帰りました。とても美味しかったです。
Posted at 2017/09/11 16:35:19 | コメント(5) | トラックバック(0) | 走りの記録 2017 | クルマ
2017年08月28日 イイね!

ビ筑 第4戦

筑波のビギナーズジムカーナも折り返し地点を過ぎ第4戦がやってきました。
雨続きだったお盆休みが明けた後も曇りがちの日が多く、前回桶川に参戦した時に比べるとだいぶ過ごしやすいかも。いつものように4時半頃に家を出ると、まだ薄暗い空に虫たちの大合唱。早くも秋の気配を感じます。
キーを捻ると、新しくオイルクーラーの付いたエンジンは電光石火のように目覚めました。よしきた、今日も楽しく走ろうze…


今回はいつもと違ってここ、TC1000です。
なんとめずらしく一番乗りでした。これは幸先が良いぞ(笑)



本日のお題はこちら。
もう10数年ぶりぐらいですっかり忘れてしまっていましたが、歩いてみると同じミニサーキットでも桶川とはまたずいぶん違った印象で、とても広々しています。
通常とは逆周りですが、速度もかなり乗りそうです。
HPに出ていたので一応確認しておいた前日練習会のコースと良く似たレイアウトでしたが、路面のチョークの跡を見ると7,8,9のパイロンの配置などは若干厳しめに調整されているようです。この辺りはやはり本番ならでは、といったところでしょうか…?

今回は累積ハンデ2秒を背負っており厳しい戦いになりそうですが、優勝候補筆頭と思われたアルトワークスのはま坊選手が、なんと前日のマシントラブルによりやむなく代車で別のクラスにエントリー変更。残念なことになってしまいましたが、いつものように自分のやれることを全力でやるだけです。さて、どんなドラマが待っているのでしょうか。


【練習走行】
スタートして3速までシフトアップし、調子よくノーブレーキで最初の左コーナーに突っ込んで行ったら結構きついカーブでいきなりリアが流れ出しました。こんなところでスピンなんてカッコわるい(>-<;)とアクセルハーフ戻しとカウンターで耐え、最初の右ターンへ。うん、さすがにサーキット舗装でグリップはいいけど普通に回せるかな?ちょっと安心しました。
インフィールドで左側のゼブラを見てコーナーの位置を勘違いし、変なところでシフトダウン。
ゴール前のテクニカルセクションの21付近ではサイドの使い方に迷い、一瞬アクセルを抜いて空走してしまいました。いろいろ修正するところがありつつ練習終了。


【1本目】
とりあえず練習より1秒上げて1分20秒を切ることを目標に渾身のスタート… のはずが、クラッチミートに失敗してうぐっとなり何とも締まらない発進に(汗)
目標はぎりぎりクリアし、3番手につけました。トップはmaasa選手、2番手はコース1000の得意なパルサーGTI-RのTOMMY選手で私とは0.3秒差。何とか逆転したいところですが、どうやって詰めようか…


【2本目】
ともぞうさんが撮ってくれた映像をもとにmaasaさんにアドバイスをいただいちゃいました!ありがとうございます(TT)
昼食と短い昼寝をはさんで頭をすっきりさせ、いざ2本目へ。

1本目はテクニカルで思っていた以上に例のノーズターンになってしまっており修正したいところですが、さすがに次の一発でアドバイス通りに実行できる自信がなく、自分のできる技術をベースに折衷案でいくことに。
細かいギア選択なども詰め前半はまずまずだったんですが、無意識のうちにフリーターンで少し無理をしてしまい出口で若干詰まりロス。最終の左の高速コーナーも、後が無いのだからもっと思い切って4輪流れ出すぐらい突っ込んで行ってもよかったかも。
テクニカルは1本目よりは若干マシになり挽回するも結局0.1秒しか詰めることができず、見事0.5秒タイムアップしたTOMMYさんに追いつくことができませんました。うーん残念!



ともぞうさん、今日もありがとうございます!



うっかり助手席のシートバックが昼寝ポジションのままだった(^^;



でもめったに味わえないハイスピード設定が楽しかったです。
合間に食べる、おばあちゃんのテントのかき氷も美味しかった。




コース1000は賃料が高く借りるのが大変と主催のZummyさんが仰っていましたが、来年も是非開催を期待したいと思います。


【本日のイチオシ】
ヒストリックカークラスに往年の名車S600がエントリーされていました。
初めてサーキットで高回転まで伸びるエンジン音を聴き、これがホンダミュージックの原点なのかと感動しました。(ナンバーが見えてしまうため映像は少し加工してあります)

Posted at 2017/08/28 23:07:06 | コメント(3) | トラックバック(0) | 走りの記録 2017 | 日記
2017年08月07日 イイね!

桶川 第3戦

8/6、とうとう灼熱の桶川四輪じむか~なの第3戦がやって来ました。
「桶川は自然との戦いだ!」と校長先生がおっしゃっていましたが、暑いのは割と我慢できる小生も日差しをさえぎるものがほとんどない真夏の桶川スポーツランドの暑さは未体験ゾーン。
前日に買いに行った保冷バッグに保冷剤2個と凍らせた1.5Lの飲み物を2本、日傘代わりの折りたたみ傘、麦わら帽子にサンダル、タオルに着替えに短パンと普段のジムカーナとはだいぶ違う持ち物を用意したのですが・・・
支度を済ませ4時半に家を出ると、既にものすごい湿気と生暖かい空気が辺りを包んでいます。
こりゃ相当な覚悟が必要だなと思いました(*o*)



AM6時過ぎのホンダエアポート入り口。夏草が生い茂っています。トンボも何匹か飛んでいました。



今日も皆さん、気合が入っています。先頭の方は京都からお越しでした!


車の方は、今回はオイルクーラーの装着を間に合わせようと頑張っていたのですが、2週間前に付けて試走してみたところなんと、最も信頼していたトラ○トの(その他の構成部品はすべて安価なメーカ不明品ばかりだったので;)サンドイッチブロック本体のサーモバルブ付近からのオイル漏れが発生。
実は部品自体が10年以上前に買って以来使わずにずっとしまってあったものだったため今さら返品交換というわけにも行かず、投入を断念。午前中の周回走行での効果を期待していたんだけどな・・・ ちょっと残念でした。


さて、本日のお題はこちら。


既に他のエントラントの方の日記でも話題になっているフリーターンですが、最初は読み方すら判りませんでした(^^;
私の場合、最初の見立ては「右・右・左」でしたが・・・ 1本目、いざ実際に飛び込んでみると、Vの字の根元のパイロンをかなりぎりぎりに時計回りに巻いたつもりだったのに、2発目の左を回そうとしたら思ったより全然スペースが無い!
とっさに少し奥の方まで入ってから左に回したのですがうまくいかず、流れた右のリア辺りでパイロンを飛ばしてしまいました。
奥のストレートでオフィシャルテントの方をちらっと見ると黄旗が上がるのが見えて「あ~やっちゃった」と思いましたが、ひとまず忘れてその後も全開アタック。
暑さでぼーっとしてコースロストするのを恐れていましたが、今回はこのダブルフリーターンがハイライトで後は比較的覚えやすいコースだったのは幸いでした。

序盤はパイロンタッチ続出のダブルフリーターンでしたが、競技が進行し上位のクラスになるにつれてさすがに一発で決めてくるドライバーが増えてきます。
中でもゆきぶん選手のくじらオデッセイが難なく(と敢えて表現してしまいます・・・ 水面下にはものすごい技術と読みが隠されているのでしょうが)クリアするのを目の当たりにして衝撃を受けました。
こちらは数段コンパクトな車体に、旋回半径のコントロールも自由度の高いFRのはずなのに一体何をやってるんだ、と。

土手の上から見ても、確かにスペースは十分にある。だけどいざ入ってみると感覚の違いに戸惑ってしまう。中心になるパイロンが無いため目標が掴みづらいというのもありますが、車両感覚の甘さを痛感しました。
そこで二度目の慣熟歩行では誰も来ないうちにフリーターンセクションに直行し、「右・右・右」で行くことを念頭に置いて念入りにイメージを練りましたが・・・ 不安で何度歩いても、これなら行けるという確信が持てませんでした。


そして2本目。
スタートの列に並んでいる間に次々にベストタイムが更新されて行きます。1本目と同じように「右・右・左」でもう少しうまくやればとりあえず置きに行くことはできるのかも。でもそれじゃ勝てない。「右・右・右」は机上では十分できるはずなんだけど、一発勝負でターンを終えた時にもしパイロンが目の前にあったら、その時点で終わる・・・
一旦は腹を決めたつもりだったのに、まだ逡巡していました。
息苦しいほどの暑さもあって、この時が一番ツラかったな・・・ でもスタートラインに着いて、生暖かい風を吹き付けていたブロアのスイッチを切る頃には、もうやるしかないと思っていました。




ともぞうさん、今回も暑い中ありがとうございました。いつも感謝しています(^^)/




ゴールして読み上げタイムが一瞬よく聞こえず、あぁ今回は届かなかったか~と思った刹那「ベストタイム更新!」の声を耳にして、うれしさがこみ上げて来ました。
シーズン初めには想像もしていなかった3連勝ですよ~。イェイ(^-^)v
ビ筑と桶川で続くAE86のmaasaさんとのシーソーゲーム、今回は僅かな運の差でいただいちゃいました。


それにしても本当に厳しいコンディションでした・・・
1本目の慣熟歩行の後半には、暑さと緊張のあまり少し気持ちが悪くなってしまいました。
もう後がない2本目は、まだ冷たさを保っていた保冷剤をひざの裏や脇の下に挟みながらスタート待ちの列へ。
スタート直前まで冷やして助手席とドアの間のこの場所に入れておけば、コース走行中に飛び出さないだろうと読んだのですが、うまく行きました。



さて次は、8/27 ビ筑のコース1000で再びサーキットジムカーナに挑みたいと思います。
ウェットは嫌だけど、できれば曇りぐらいでお願いしたいな(笑)
オイルクーラーも間に合うといいのですが。(人間のクーラーは相変わらず付かないのが残念…;)
Posted at 2017/08/07 22:59:26 | コメント(9) | トラックバック(0) | 走りの記録 2017 | クルマ
2017年07月31日 イイね!

夏らしい行事をば…

小生の地元には昔から洗足池という小さな池があるのですが(日蓮上人が旅の最中に足を洗ったとされるのが名前の由来)、都会のオアシスといった風情でなかなか素敵なところです。
年中行事も盛んで、5月には「春宵の響」(お隣の奥様が毎年篠笛の演奏を披露しているらしい)、7月には「ほたるのゆうべ」、9月には「秋祭り」など大きなイベントがあるようですが、長年住んでいながら一度も行ったことがない…

ということで今年こそはと家内に促され、7/22の晩に子供たちも一緒に「ほたるのゆうべ」を見に行って来ました。


洗足池の夜景。
夜の洗足池なんて15年ぐらい前に近所に住む知人と初詣に行った時以来でしたが、なかなかきれいでちょっとびっくりしました。


現地に着いてみるとものすごい人出でこれまたビックリ(゚Д゚)
池を半周できるほどの列で1時間半ぐらい並びましたが、いくつものゲージに放された沢山の蛍を見ることができました。
やさしい光がとてもきれいでしたが、スマホのカメラじゃうまく撮れなかったなー(^^;


続いて7/29はワカメの小学校で肝試し大会。

夜の学校でやる肝試しっていうのはやっぱり鉄板ですな。
怖がりのワカメは5年生なのに高学年向けの「超怖いクラス」には参戦せず、3・4年生対象の「中ぐらいに怖いクラス」(しかもオトウ同伴)でしたが(笑)


あれ?強がってないかい!?
途中で凄い金切り声を聞いたような気もするが…


さて、7月も終わって夏休みも中盤。
宿題進んでるかー?
Posted at 2017/07/31 21:27:44 | コメント(2) | トラックバック(0) | つれづれ日記 | 日記

プロフィール

「ぎょうざの満洲好き。でも「3割うまい!」っていう微妙なキャッチフレーズはドウナンダ…?」
何シテル?   09/19 21:50
僕にとってのクルマとは、接するだけでひととき日常を離れ、他では代え難い癒しと快楽をもたらしてくれるもの。 特に運転が上手くもないし 専門家のように難しい...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

ミニ、はやっ! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/01 09:47:39
ガラスラン流用交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/31 08:33:26
桶すぽは精神を鍛えてくれます。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/07 12:44:51

お友達

更新は不定期で、コメントの返信なども遅れる場合がありますが何卒ご了承ください。

お誘いはこれまで基本的にお断りしない方針でしたが、現在はご自身の日記を書かれている方、何かしら共感できるとお見受けした方のみ登録させていただいていますので、よろしくお願いいたします(^-^)/
55 人のお友達がいます
テツ@119テツ@119 * いぃいぃ *
gammagamma * BSわひこBSわひこ *
MDi遠藤MDi遠藤 * JI1VJI1V *

ファン

59 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ スターレット トヨタ スターレット
昭和59年式 トヨタスターレット 3ドアDX-A 【かっ飛ぶ前のスターレット】 暇を見つ ...
スズキ アルトワークス スズキ アルトワークス
【ガレヱジ戸田公園ワークスアルト】 かつて所有していたEP71スターレットを彷彿とさせる ...
ホンダ CB250F ジェイド ホンダ CB250F ジェイド
もう一度バイクに乗りたい!という思いが募り、17年ぶりに買ってしまった250。 名前はジ ...
トヨタ カローラ トヨタ カローラ
【盆栽カローラ】 構想10年を経て、06年4月~07年11月にかけてプライベート製作した ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.