車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年11月26日 イイね!
今年も先週の日曜日に開催された八王子いちょう祭りですが、早いもので私どもも最初に訪れてからもう11年になります。(途中3回行っていない年も含む)
このお祭りの目玉は、甲州街道の追分交差点から小仏関跡までの約5.4kmの区間に12カ所設けられた「関所」をめぐりながら道端のフリーマーケットで買い物を楽しんだり、途中の10カ所あまりのイベント会場でご当地フードを食べたり音楽などのステージを見物する、というもの。

鮮やかな黄色のいちょう、爽やかな秋の空気、どこからともなく聞こえてくるお囃子の音に賑やかな沿道の人々… 学生時代を八王子で過ごした私たちにとっては、年に一度ふるさとに帰って来たような懐かしさを覚える貴重な時間でもあります。
今回はこれまでのいちょう祭りの記憶を写真と共にちょっと振り返ってみたいと思います。



最初の年、2005年はカツオが生まれてまだ10ヶ月だったな…
当時の八王子駅南口は再開発前で、昔ながらの風景が残っていた。家内のお気に入りの店でたい焼きを買って食べたのを覚えている。

この時はプチ旅行も兼ねていたようで「八王子旅館」という何とも昭和レトロな旅館で前泊した。
2階を歩くだけで建物全体がガタガタ振動するような、耐震なんてどこ吹く風のひなびた旅館だったが、おばあちゃんの家に来たような雰囲気があった。すきま風で寒いのでストーブを炊き過ぎ、頭がボーっとしてきた危ない危ない(笑)
この宿も今はもうなくなってしまったのだろうか。


ベビーカーからクラシックカーパレードを見るカツオ。




2年ブランクがあり、2008年西八王子駅前にて。
前年に生まれたワカメも初参加。
この頃は日曜日の12時から行われるクラシックカーパレードを見物がてら、ちょっと歩いて子供たちを遊ばせて帰る、という感じだった。
西八王子警察署前でもらったガス風船をカツオがうっかり手放して飛んでいってしまい、「ぷ~しぇ~ん、ぷ~しぇ~ん(;へ;)」と大泣きしていたのが昨日のことのようだ(笑)




更に2009年は仕事の都合か何かで行かれず、2010年にカツオと2人で再開。
初めて通行手形を買い関所めぐりのオリエンテーリングをやってみた。この時は時間切れで関所の焼き印は8カ所止まりだったが、これで楽しさにハマり、以来毎年参加することに。




2011年、カツオ小学校1年の年に関所12カ所を周りきり初完歩。
この頃から朝9時すぎに会場入りして歩き始め、クラシックカーパレードの車は主に集合場所の八王子市役所駐車場で眺め、パレードは頭の方を少し見るだけになった。(最後まで見ていると時間内にゴールできなかったため)

ワカメは歩くよりまだお買い物&遊びがメインで、会場では家内とともに別行動だった。


みん友さんのNew Celicaさんの愛機をパレードで見た。この時が最初で最後だった。
ずっと後になって、もうNew Celicaさんの運転するこの車を見ることは叶わなくなったことを知った。合掌。




2012年も引き続き完歩。前年より余裕が出て来た。
この年もまだワカメは別行動だったが関所は7カ所を制覇。




2013年。小学校1年になったワカメも初完歩。


この年一番印象に残っているのは、何といっても途中の自転車屋で見つけたこの新車だな。
どうなったか気になっているのだが、翌年以来このお店がどうしても見付けられず、いちょう祭り七不思議のひとつとなっている。




2014年。もう完歩もすっかり板に付いてきた。




2015年。この年はついにクラシックカーパレード見物が主役の座を降り、1時間半ほど早くゴールしてからゴール手前のイベント会場に戻り音楽ライブなどを楽しむことにした。


パレードはほとんど見られなかったものの、こんな車を見かけた。グレードは1.5 MX-Saloonだった。
ナンバーは載せられないがまぎれもない当時モノ。




そして今年。最初の頃に比べると2人とも本当に大きくたくましくなりました。





来年は中学生になるカツオ。部活動などが忙しくなることも予想され、もうこれまでのように毎年関所めぐりをすることもなくなるかもしれませんが… まぁ肩肘張らず、行ける時には行けたらいいなと思っています。



(オマケ)


時は1979年、第1回のいちょう祭りのクラシックカーパレードの様子です。(撮影は小生の親父)
現在のパレードの主役達がまだ現役だった頃、クラシックカーといえば本当にこういう車だったんですね~。格調高いです(@@)



当時小学校1年… 祭りの当日にこんな所に立ち寄っていたようです。
Google mapで探しましたがこのお店も既に無いようです。当たり前か、もう35年も前だもんな…
Posted at 2016/11/26 21:16:18 | コメント(3) | トラックバック(0) | つれづれ日記 | 日記
2016年11月16日 イイね!
2016年ファイナル。早いもので今年ももう11月になってしまいました。
2月の段階では「今年は久しぶりにシリーズ追うべ」なんて考えていた筑波のビギナーズジムカーナだったんですが、5月に脇腹を骨折したり、仕事でスケジュールが合わなかったりと色々オトナの事情で(?)、気が付けばもう最終戦ですと~。
せめて最後ぐらいはということで、久しぶりの筑波に行ってきました。







この日は快晴で気温も暖かく、何をするにも最高の日和でした!
日の出を迎えた常磐道 守谷SAでパチリ。(写真がイマイチであんまり日の出に見えませんが…)




参加は最終戦にふさわしく、当日受付も合わせ80台の大盛況。
最近はすっかりご無沙汰してしまっていますが、平塚青果市場の常連さん方も多数いらっしゃっていました。
一度拝見したかったうおのめさんのお宝マシンもゆっくり見せていただくことができました。
(うおのめさん、ありがとうございました)




さてみの~さんの走りの方ですが、練習走行はあいかわらずのグダグダ。
スタート後に奥の9番を過ぎた辺りでスピンしたのは一応想定内だったのですが(練習で限界を試しておきたかった)、その後の各ターンも先日のICCの感覚から抜け切れずピリッとしません。
そういえばずっと前にもあったなぁこんなことが… 筑波とICCは路面がまったく違うので、完全にリセットして考えなければいけないのですが。

おまけに日頃の寝不足がたたってかどうにも眠くて頭が冴えない上に、守谷SAで食べた朝食のソバが足りなかったらしく猛烈に腹が減って来て…(笑) しかたなく空腹を抱えたままとりあえず30分程昼寝し、本番走行前に本部テントに用意されたコーヒーとビスケットをいただいて体勢を立て直します。

本番1本目は途中までまぁまぁでしたが、ゴール前のテクニカルの入り口で外に逃がすべきところを回しこみすぎて大カウンター大会になってしまい万事休す。
あーぁまったく情けねェ…


あと1本、後がなくなりましたが午後の2本目に向けて昼食を取り再び昼寝をし、慣熟歩行の後コーヒーを淹れながらじっくり考えます。いや、考えているフリだけかもしれませんが(笑)




2本目は前回のICCと同様、とにかく出し切れればと思いつつスタート。
やはり途中まではまぁまぁ、テクニカルも1本目より頑張り何とか0.5秒はタイムアップできました。
残念ながらあと二・三歩勝負に絡めませんでしたが、状況からすると上出来な方だったのかなと思います。
ブッチぎりの好タイムをたたき出したmaasa86さんがドボンとなり、小生が表彰台の端に乗せていただくという珍事まで起きてしまい申し訳ありませんでしたが… (実はエントリーした時点でこんな感じの結果になるのは若干想像していたんですが(笑) maasaさんすみません)


ちなみにベストはお約束の4本目(オマケ走行)でした。
やっぱり重圧がなくなって外周も流れ出すぐらい思い切って行けたし、テクニカルもこれが一番イメージに近かった。
何とか本番中にこのくらいはできるようになりたいものです。更に余裕があればもっと寄せたいですが…





さていよいよ仕事も立て込んできた年末、今年のイベント参加もこれで締めくくりのつもりでしたが、12月にこんなイベントがあるそうで。

http://www.tsukubi.com/result/2016fes/20161210annai.pdf

いやー、楽しそうですね。
参加したいですが、スケジュールがどうかなァ…
Posted at 2016/11/16 21:38:56 | コメント(4) | トラックバック(0) | 走りの記録 2016 | クルマ
2016年11月03日 イイね!
なななんと、カツオが芸○界デビュー!?



… スミマセン、それはもちろん大ウソですがっ(^^;;

実はカツオが毎週お世話になっている和太鼓教室にお声が掛かり、オンエア中のとあるテレビCMの後ろの方にほんの一瞬、豆粒みたいな大きさで写っているのです。(←親バカ)




9月後半の日曜日に事前練習が1回と横浜の方のスタジオで本番の撮影があり、衣装とお弁当が支給されて2時間ぐらい頑張ったらしいです。本番当日は小生は残念ながら仕事で、現地に送っただけで見られなかったのですが、子役のタレントさん(前列の赤い衣装の3人)がやって来て賑やかだったとのこと。

その後まったく音沙汰がなく、「撮影はしたけど結局お蔵入りになったのかな?」なんて話していたんですが、日曜日の晩に偶然オンエアされているところを家内が見つけ、その後捕獲に成功したという訳です(笑)

ただ、使われていたのは子供達が元気に太鼓をたたいている「絵」だけで、音は別のものにそっくりすり替えられている模様… (太鼓以外の楽器の音も入っているし)

小生らも仕事でたまにプレゼン資料の作成や短い動画の編集など行ったりすることはありますが、やっぱりプロの映像編集技術は凄いなーと感心した次第です。

衣装は記念に、大事にしまっておこうと思います。
Posted at 2016/11/03 20:13:13 | コメント(2) | トラックバック(0) | つれづれ日記 | 日記
2016年10月31日 イイね!
心の壁を乗り越えろ ~秋のエンジョイジムカーナにて~長らくパッとしない走りの続くみの~さんのジムカーナ。
惰性で何となくやっているのか…? いや、決してそんなことは無いはずだ。毎回自分なりに何かしらテーマは持って臨んでいるつもりだし、そのためなら誰も知り合いのいない会場にだって積極的に飛び込んでいる。でも哀しいかな、自分を取り巻くいろいろな状況が、もう昔のように没頭することを許さないというか…
それに不器用なのを言い訳にして、良いと思われることもなかなか素直に取り入れられなくなってきている自分にも、近頃何となく気付いている。

一体何のために走っているんだ、僕は…? もうこの辺が潮時なのか。


けれど、やっぱり簡単に諦めたくない。モヤモヤした気持ちは結局、走りで晴らすしかないんだ。
どこかでイベントがある度に、誰かの輝かしい戦績レポートにイイねを付けるだけのお人好しじゃダメだ。今度こそは見えない殻をぶち破って、自分自身が納得の行く走りをしよう… そう心に決めて臨んだ、秋のエンジョイジムカーナでありました。


さてさて、すみません。つまらん前置きが長くなってしまいました。
コースはこんな感じです。



ギヤの選択に迷う箇所がいくつかありましたが、ここは「迷ったらとりあえず高いギヤ」の持論を優先。
さらに先日の本庄サーキットで体感した「ストレートを生かすためのコーナーの処理」も頭に入れて、いざ練習走行スタート。
気温は低く、下段の低速セクションはまるでウェット路面みたいです。アジアンタイヤのNS2R、やっぱり熱が入らないとグリップしないのか~と思いましたが、アクセルの使い方次第で前に進めることはできるというのはツルツルタイヤで走行した9月の清里ハイランドで経験済み… 大丈夫、何とかなるさ。

レギュラークラスにエントリーしていたアルパインのぐっさんも気に掛けてくださり、FITの同乗付きでアドバイスをいただきました。
その甲斐あって練習2本目⇒3本目で1.3秒のタイムアップ。自分なりにいい形になってきましたが
「だいぶ良くなった気がしますが、本番にめっぽう弱いので同じことができるかどうか…」
「気にすることはない、それは誰だって同じだ。それがジムカーナなんだ」

この一言に背中を押されて、何だか吹っ切れました!そう、そうなんだ。みんな条件は同じさ。
小生のエントリーする昭和車クラスではハンディタイムも背負っており、失うものは何もありません。結果はどうあれ、ただひたすら自分の納得の行く走りを目指すのみ…!

1本目
とはいえ少々欲をかき過ぎたか、踏み過ぎて空転が多く練習3本目より0.6秒タイムダウン。くそぉ、このままじゃ終われない。

2本目
スタートの回転数を500回転下げて前出しに集中。下段は1本目でリアが出過ぎた9番のサイドの処理を修正。上段はパイロンにシビアに寄せることと、14・15の通過速度を高く保つことに集中。
ゴールしてアナウンス聞いて… 約1秒のタイムアップ。練習よりベストが出せて、今回は自分に打ち勝つことができたと思いました。
小さな一歩でしたが、久々につかんだ手応えでありました…




ぐっさんのアドバイス、詳しい内容は心の中に大事にしまっておきたいと思いますが、最も大切なのは実はテクニカルなことよりも「自分の心の壁を乗り越えろ」ということだったのです。
わかっていたようで、少し忘れかけていたのかも。

まだまだ、可能性を捨ててはいけませんね。
今回はまだレギュラークラスの最下位ぐらいのタイムでしたが、いつかは真ん中より上ぐらいのところまで行けるように精進したいと思います。


お約束のトン汁
寒空にいつもありがたい一品。ごちそうさまです!




今回のお土産
はちろくおじさん、ぴたろさん、ありがとうございました。




おまけ
今回のイチオシマシン。れっきとした参加車両です!
オーナーさん、キャブが調子悪いとのことでしたがポコポコといい音たてて懸命に走っていました。

Posted at 2016/11/01 01:13:50 | コメント(9) | トラックバック(1) | 走りの記録 2016 | クルマ
2016年10月11日 イイね!
伝説は甦るか。タイトル画像はみん友さんの親方コイちゃんの愛車、TE71レビンの2008年頃の様子であります。
(ユンボでエンジン載せ替えってのもスゴイですよね。小生は後にも先にもこんな光景を見たのはこの時だけです・・・)
ご本人はCGかもしれないなんて自虐ネタで笑いを誘っていますが、実はサーキット復帰を狙って密かに準備中というのはもっぱらの噂です。

かつてはあのCARBOY誌の記事にもなったといわれる伝説のマシン、とにもかくにも草ヒロになる前にサーキットに押し戻すべく、微力ながらお手伝いできればと本庄サーキットへお邪魔して来ました!




3連休の中日、天気予報はあいにくの雨。
それでも本庄に向かう道中は朝焼けが見えて、ちょっと期待しましたが…




やはり予報どおり、現地に着く頃にはすっかり雨でした。
しかし前夜から到着していたコイさんが屋根の下を確保しておいてくださいました。ありがたや…
ちなみに、71号の奥に見えるポルシェはコイさんの後輩の方のマシンです。




いつもとはちょっと勝手が違うものの、ジムカーナの縁起物ハッピーターンを献上(笑)




車より高級そうな(笑)LEXUSのツナギに身を固め気合の入るコイさん。




天気はというと、2ヒート目辺りから雨がやんで空が明るくなり、だんだん路面が乾いて来ました!
しかしコイさんのTE71はエンジンがご機嫌ななめ… 5,500rpm以上吹けない症状が出てしまい、パドックで調整を試みます。




原因は加速ポンプ?燃料?点火?
キャブは難しそうですね… インジェクションしか知らない小生にはちんぷんかんぷんでしたが、ひとたび吹かせば豪快な吸気音に感動。皆さんがやみつきになる理由がちょっと判る気がしましたね。

残念ながら結局現地では対策が打てず、ちょっと残念な結果になってしまいましたが…
これにめげず、次に向けてバッチリ調子を取り戻したいですね~!




それにしても小生、実はサーキットでナマのドリフト走行を見るのは初めてだったりします。
皆さん本当にお上手で圧倒されましたが、やはり見ものはこういった接近ドリ!迫力ありました。
カツオもドリフトに驚いていましたが、彼が一番気に入ったのはグリップクラスで最速のランエボさんだったようです。




水墨画のように煙る山々… って、霧ではなく全部タイヤスモークでした(笑)


小生の今日イチはこのお方。
びっくりしましたね… ハイエースが普通にドリフトしています(@@)






せっかくの機会ですので、小生もついでに走って来ました。(グリップクラスです)



めったにしない本気ベルトなんて付けてみたり(^^; まぁ、格好だけです。




しかし今回の誤算はコイツでした。元々折れていたバネをタイラップで繋いで何とか持たせていたのですが、いよいよ限界が来たのか対策しても周回中にまた折れてしまい、走行中にアクセルの重さがめまぐるしく変わるというキビしい状況(汗)

それでもどうにか無事に周回を重ねるうちにだんだん慣れて来まして。まぁ遅いなりに楽しく走っていたら5ヒート目は何と模擬レースですと!
3ヒート目までのベストラップでスターティンググリッドが割り付けられ、小生は12台中8番目のスタート。さてどうなることやら…




いやー、とにかく油温が上がってしまい後半はちょっとハラハラしました。直前に入れて来たちょっといいオイル(お店で高温でタレにくいと勧められたAAAの10W40)を信じて踏み続けてしまいましたが、壊れなくて良かった。

というわけで小生も実に8年ぶりぐらい? みんカラ登録以来初のサーキット走行でしたが、おかげさまで楽しませてもらうことができました。
今回試してみたナンカンNS-2Rの感触もまずまずで、走行終了後にはいい具合に溶けていました。
斜め方向のグリップが… といった話も聞いていましたが、滑らせながらちゃんと前に進んでくれて、違いのわからない小生には全然問題無かったです。

しかしブレーキングの精度もライン取りも他の速い方々に比べるとメタメタで、レベルの差を痛感しましたね… 寒い季節にまた是非来たいです。
とりあえず今回は皆さん、お疲れ様でした。
Posted at 2016/10/11 23:13:24 | コメント(2) | トラックバック(0) | 走りの記録 2016 | クルマ
プロフィール
「ビ筑フェスティバルに申し込んだものの忙しくて身動きとれず、11月のまんまの状態で出ることになりそう… ま、でも楽しみです(^^」
何シテル?   12/05 22:32
僕にとってのクルマとは、接するだけでひととき日常を離れ、他では代え難い癒しと快楽をもたらしてくれるもの。 特に運転が上手くもないし 専門家のように難しい...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
運転技術の向上について 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/10 10:34:35
1965年式スバル360スタンダード感想文 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/01 10:56:19
ファイナル!? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/24 11:11:41
お友達
更新は不定期で、コメントの返信なども遅れる場合がありますが何卒ご了承ください。

お誘いはこれまで基本的にお断りしない方針でしたが、現在はご自身の日記を書かれている方、何かしら共感できるとお見受けした方のみ登録させていただいていますので、よろしくお願いいたします(^-^)/
53 人のお友達がいます
いぃいぃ * gammagamma *
はやとはやと * のらねこ はやとのらねこ はやと *
オデゆきぶんオデゆきぶん Zummy.Zummy.
ファン
54 人のファンがいます
愛車一覧
スズキ アルトワークス スズキ アルトワークス
【ガレヱジ戸田公園ワークスアルト】 かつて所有していたEP71スターレットを彷彿とさせる ...
トヨタ スターレット トヨタ スターレット
昭和59年式 トヨタスターレット 3ドアDX-A 【かっ飛ぶ前のスターレット】 暇を見つ ...
ホンダ CB250F ジェイド ホンダ CB250F ジェイド
もう一度バイクに乗りたい!という思いが募り、17年ぶりに買ってしまった250。 名前はジ ...
トヨタ カローラ トヨタ カローラ
【盆栽カローラ】 構想10年を経て、06年4月~07年11月にかけてプライベート製作した ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.