車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月08日 イイね!
オーリーハールーコーン!私が子供の頃(昭和40年代)はテレビアニメ、特撮物の黎明期で、まるしはテレビと共に育ちました


久々のオタクネタ、今回取り上げるのは「海のトリトン」です。

原作 手塚治虫 監督 富野喜幸 プロデューサー 西崎義展
TV放映 昭和47(1972)年4/1〜9/30 全27話、朝日放送


これはけっこうマイナーな作品だと思うので、知らない人が多いかも?昭和47年というと、まるしが小学6年生の時です。
本来は手塚作品なので虫プロでのアニメ制作となるはずでしたが、当時虫プロは経営危機にあり、東映動画の下請け、朝日動画で制作されたそうです(Wikiより)。
もちろん、当時の小学生まるしはそんなこと知るよしもなく見ていました。


例のごとく、細かいストーリーは記憶にありません。よーく覚えているのはオープニングアニメのみ(^_^;)
簡単に言うと海棲生物のトリトン族とポセイドン族との戦いの物語です。

あらすじ 〜Wikiより抜粋
=====
年老いた漁師に岬で拾われた緑の髪の赤児は「トリトン」と名づけられ育てられる。
ある日トリトンは、一頭の白イルカ「ルカー」と出会い、トリトンが海棲人類トリトン族の最後の生き残りであること、トリトン族は海で暴虐の限りを尽くすポセイドン族と戦う運命にあることを告げられる。最初は信じようとしなかったが、トリトンと一緒に拾われたトリトン族の衣装と「オリハルコンの短剣」を発見し、ルカーのいうことが真実だと知る。
その時、トリトンを発見したポセイドン族の先兵が漁村を襲い、トリトンは海への旅立ちを決意する。トリトン族の他の生き残りを探すため、父母の仇、村の仇であるポセイドン族を倒すために。
=====


主人公のトリトン、トリトンを支えるイルカのルカー、ガールフレンド?のピピなどがメインキャラです。


なぜか一番よく覚えているのが、スパイ役のクラゲ(カツオノエボシ)。トリトン一行を発見すると、触手を伸ばして岩を叩き、「トリトン・ミツケタ」と知らせるのです。




最終回だけは印象に残っています。いわゆる、大・どんでん返し!

とうとうトリトンがポセイドンの本拠地へ攻め込みましたが、そこで驚愕の事実が判明(^_^;)
実はトリトン族はアトランティス人の末裔であり、ポセイドン族は、アトランティス人によってポセイドン像の生け贄として海に捧げられた人々の生き残り。つまり、ポセイドン族のほうにトリトン族と戦う大義があったのです。
最終回、結果的にポセイドン族を滅ぼしたトリトンは、ルカー達と海の彼方へ去って行きます・・・
(´;ω;`)ウッ


手塚治虫の原作とは全く異なる、なんともやるせない結末。
しかし、この作品をプロデュースしたのがあの西崎義展氏、監督を務めたのがあの富野喜幸氏というのをみると、なんだか納得です。

・・・もちろん当時の小学生まるしはそんなこと知るよしもなく、悶々とした気持ちが残りました(^_^;)



つまらない蘊蓄を付け加えると、登場キャラはギリシャ神話にちなんだ名前のオンパレードです。
ポセイドンは三つ叉矛(トライデント)を持つ海の神。トリトンはポセイドンと妃アムピトリテとの間に生まれた子供です。つまり、親子の戦いですね(´Д`;)

トライデントはマセラティのエンブレムになってます。

オリハルコンとは古代ギリシアの真鍮のような合金のことだそうで、アトランティスの幻の金属とされています。



当時大のお気に入りだったオープニング、YouTubeにありました!


【追記】
(@_@)さんのコメントを見て、エンディングを思い出しました。

なんと、かぐや姫が作ってたのですね!知りませんでした。
たしかにかぐや姫サウンドです。


参考)昭和47年放映の作品
マジンガーZ、科学忍者隊ガッチャマン、ど根性ガエル、デビルマン、赤胴鈴之助、魔法使いチャッピー、樫の木モック など

ネットで拾った画像を掲載しています。問題があれば削除します<(_ _)>
Posted at 2016/12/08 19:56:31 | コメント(9) | トラックバック(0) | オタク | 日記
2016年12月05日 イイね!
今年も・・・11月中旬から広島ドリミネーションが始まりました。

1988年頃より広島市中心部で小規模のイルミネーションが行われていましたが、2002年より広島ドリミネーションとして、平和大通りをメイン会場として行われるようになりました。今年は第15回ということになります。

おとぎの国というのがテーマなので、バラエティに富んだ、見方を変えると統一性の無い(^_^;) 光のオブジェが並びます。

神戸ルミナリエのように毎年デザインが変わるわけでは無く、地元民としてはそろそろマンネリ化してきました (´・ω・`)



その中でも、新作を紹介すると!

今年は原爆ドーム・厳島神社世界遺産に登録されて20周年ということで、宮島の鳥居がお目見えしました。


また、原爆ドームも登場。


これは去年までお城だった物↓を一部改造したようですが・・・(´Д`;)




で、やはり今年の目玉は

広島カープ優勝記念、鯉の滝登りです。

25年ぶり優勝!のわりにはちょっとショボいぞ!ヾ(*`Д´*)ノ"彡☆ バンバン!!
それでもここで記念撮影する人は多かったですね。


なんだかんだ言っても、期間中40万人くらいの人出があるそうなので、広島市の活性化には一役買っています。
1月3日まで続きます。




↓例によって、過去記事の掘り起こし (;´∀`)
広島ドリミネーション2015
広島ドリミネーション2014
広島ドリミネーション2011
広島ドリミネーション2010 ←動画付き(^_^;)
広島ドリミネーション2008
Posted at 2016/12/05 20:25:11 | コメント(3) | トラックバック(0) | 広島愛 | 日記
2016年12月03日 イイね!
SPRトラックディ12/3(土)、快晴の下、TSタカタサーキットでSPRトラックディが開催されました。


SPRとは、SuperPochi Racingのこと。スーパーぽちさんのプライベートチームです。


ぽちさんは、豊富な財力と、類い稀なるドライビングテクニックという二物を授かったお方。スーパーエキシージがご縁でみんカラ友達にさせて頂きました。
【あさらかん】武闘派若頭の素 うどんさんと供に、かつてのM-AUTOチャレンジのように、タカタでの走行会を企画して頂きました。


もちろん、車種による縛りはありません。みんカラ繋がりのお友達が日本全国から集結されました。



詳細は素うどんさん、他参加者からブログアップがあるでしょうからそちらにお任せするとして・・・


ヘタレの私はお昼過ぎから見学参加です。ほとんどの参加者は午前中のアタックですでにおなかいっぱいのようでした(^_^;)
曜日師匠さんは午前の部のみで、ちょうどお帰りになるところでした。ちょっと残念。



今回見学に出かけた大きな理由の一つは、ぽちさんのニューマシンを見たいがため。
ランボルギーニ・ウラカン・スーパートロフェオです。



素のウラカンでも充分スーパーですが、これは完全にレーシングマシン。車重は1270kgまで軽量化され、パワーは620ps。
聞けば、スーパーGT300のマシンとほぼ同等の状態だそうです。


ぽちさんのご厚意で、コックピットに座らせてもらいました。
ロールケージに囲まれたバケットシート、思いのほか座り心地がいいです。前方視界、上下が狭い。

死ぬほど重いクラッチ(パドルシフトですがスタート時には必要だそうです)、ブースターなしの剛性感あるブレーキペダルなども市販車とは別次元のものを感じさせてくれました。

ミッドシップ後輪駆動、620馬力。プロドライバーですらトラクションコントロールを完全オフにしての走行は困難というモンスターです。

今回の走行会にはプロD1ドライバー・岩井照宣選手も参加されて、逆回りでの同乗走行などお楽しみも盛りだくさんのようでした。



さて、夜は打ち上げ会も兼ねて、ダメ人間の会・忘年会が市内某所で挙行されました(^o^)
有志13名、岩井選手や、大阪からHKRさん、栃木からはるばる自走してこられたちり-ちりさんも参加されての賑やかな会になりました。





皆さん気さくな方で、クルマ関連、その他諸々の話題が弾み、楽しい時間を過ごしました(^o^)
私は一次会で失礼しましたが、10名ほどはさらに二次会で盛り上がったようです。


毎度の事ながら、クルマ好きの集まりは、初対面でもすぐにうち解けられて良いですね。
いろいろな人との繋がりを取り持ってくれるみんカラにも感謝です。アリ*.゜。(*-ω人).゜。*ガト
Posted at 2016/12/04 17:45:57 | コメント(9) | トラックバック(0) | オフ会・あさらかん | クルマ
2016年12月01日 イイね!
12月の予定「神ってる」が流行語大賞となりました!
(^o^)
もうインフルエンザが流行し始めました。皆さん、くれぐれもご自愛下さい。


11月は筒賀の大銀杏に、【あさらかん】に、カートにと、ボチボチと走ることは出来ましたが、週末に仕事や雨が (^_^;)
忙しめでしたが、ブログも週2〜3回は更新出来ました。

11月のPVは 17020ヒットとほぼ横ばいでした。通算ヒット数は 1,854,123ヒット です。
通算走行距離は11月末時点で 143,406kmです。月間走行距離は534kmでした。


さて12月、師走です。もう一年も終わり。お山も朝は凍結の恐れあり。雪が降るまではなんとか【あさらかん】よろしくお願いします。
レーシングカートは例のごとく仕事とお天気との絡みがどうか?未定ですがなんとか走りたい(-人-;)

今月のイベントとしては、例のフライホイール&クラッチ整備でしょうか。中旬に入庫の予定となりました。しかし仕上がる頃にはもうお山は走れないかも・・・
時期的に忘年会ネタが増えそうです。日本酒も新酒が出てくる時期ですね。隠れ家探訪も続けたいです。クラシックグルメネタも頑張ります。


もう初冬、実はこれからがオープンシーズンの到来です。
風は冷たくとも暖かい日差しを求めて、さあ オープンでGo!(^o^)b


今月も「いつかはロータス!」をよろしくお願いします<(_ _)>
Posted at 2016/12/01 23:18:53 | コメント(1) | トラックバック(0) | ひとりごと | クルマ
2016年11月30日 イイね!
三大○○こうみえて私、クラシック音楽も好きなんです。
と言っても、年季の入ったクラシックファンではなく、メロディが気に入ったり、番組で取り上げられたりした有名な曲をスポットでCD購入しているミーハーファンです(^_^;)


ですので、私が紹介するのは超有名・定番曲ばかりです。
<(_ _)>


今回紹介するのはルードヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827)作曲ピアノ協奏曲第5番「皇帝」です。piano M.ポリーニ、C.アバド指揮/ベルリンフィルハーモニー管弦楽団。


ベートーヴェンのピアノ協奏曲と言えば第5番「皇帝」。ラフマニノフの第2番チャイコフスキーの第1番とともに三大ピアノ協奏曲のひとつとしてあまりにも鉄板・定番です。クラシックブログを始めてけっこう経つのに、まだ「皇帝」を取り上げていなかったのは迂闊でした。

ナポレオンがウィーンを占領し混乱に陥った1809年頃に作曲が開始されたとされ、約1年後の1810年半ば頃に完成しました。
ベートーヴェンはナポレオンを敬愛しており、第一楽章の颯爽とした華麗なテーマはもしかするとナポレオンをイメージしたのかもしれません。第二楽章は一転して穏やかで流麗なメロディーが流れ、第三楽章は再び快活な主題が繰り返され、静まっていきます。

ベートーヴェンの曲は美しくなじみやすいテーマが繰り返され、聴衆の脳に刷り込まれていくように思いますが、「皇帝」も第一楽章冒頭は誰もが聴いたことのあるカッコいいメロディーです。


M.ポリーニ(1942-)はイタリア・ミラノ出身のピアニストです。18歳でショパン国際ピアノコンクールに優勝、審査委員長のA.ルービンシュタインが「今ここにいる審査員の中で、彼より巧く弾けるものが果たしているであろうか」と賛辞を述べたそう。当時の大家ルービンシュタインの絶賛を得たもののしばらく充電期間に入り、1970年頃から世界的な活動を開始、現在では最も優れたピアニストの一人とされています。

C.アバド(1933-2014)は、イタリア出身の指揮者。音楽院校長の父からヴァイオリンの英才教育を受け、26歳の時指揮者デビュー。1990年(57歳)にカラヤンの後継者としてベルリンフィルの音楽監督に就任しました。
ポリーニとは同郷のミラノ出身で親交があったようで、多くの録音を残しています。


例のごとく、YouTubeの動画を貼り付けてみました。ピアノはE.グリモー、パーヴォ・ヤルヴィ指揮/フランクフルト放送交響楽団



時代を超えて愛されるクラシック、やはり本物はすばらしい\(^o^)/
Posted at 2016/11/30 23:38:20 | コメント(3) | トラックバック(0) | ミュージック | 日記
プロフィール
「オリハルコン http://cvw.jp/b/346614/38975332/
何シテル?   12/08 19:56
私はいわゆるスーパーカー世代です。「サーキットの狼」「赤いペガサス」でロータスへのあこがれを刷り込まれ、いつかはロータス...と夢見て、ようやく07年6月、エリ...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
FRPボンネット製作 その5 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/10/06 19:28:29
僕エリーゼ 
カテゴリ:友達のブログ
2008/12/06 21:24:57
 
間違いだらけのエリーゼ暮らし 
カテゴリ:友達のブログ
2008/04/08 21:11:28
 
お友達
ロータス好きな方、クルマいじりやオープンドライブが好きな方、コメント下さいね。
Myファンの方、いっそのことお友達登録を(笑)
広島近郊の方は、グループ【あさらかん】もよろしく!
http://minkara.carview.co.jp/society/asarakan/
187 人のお友達がいます
xLEONxxLEONx * あんだ~あんだ~ *
sh21sh21 * alfee7alfee7 *
ワイズファクトリー&エターナルワイズファクトリー&エターナル *みんカラ公認 ロッソFロッソF *
ファン
79 人のファンがいます
愛車一覧
ロータス エリーゼ ロータス エリーゼ
2007年、ようやくロータスエリーゼのオーナーとなりました。通勤に、ドライブに、日常の足 ...
輸入車その他 イントレピッド 輸入車その他 イントレピッド
ビレルTIAと3年お付き合いの後、乗り換えました。今度はフルサイズのレーシングカートです ...
マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
平成2年、ネオグリーンのVスペシャルを購入。しばらくはFCとの2台態勢で、家族からはバカ ...
マツダ サバンナRX-7 マツダ サバンナRX-7
昭和62年、初めて購入したクルマです。当時としては国産で純粋なスポーツカーはこれくらいし ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.