車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月22日 イイね!
寒いが熱い日曜日は私の祖父の50回忌でした。
久しぶりに呉の実家へ行ってきました。今は兄夫婦が継いでいます。


祖父は私が6歳の時に亡くなったので、あまり記憶も残っていませんが・・・
一般的には33回忌や50回忌が弔い上げとなっているので、祖父の法事もこれが最後です。

私の父は3人兄弟でしたが健在なのは一番下の叔母ひとり。その叔母も80歳になったと聞いて、時の流れを実感しました。
ちなみに、母は兄弟6人でしたが、存命なのはやはり一番下の叔母のみ。世代がかわりつつあります (-人-)ショギョウムジョウ
わたしも歳を取りました・・・(^_^;)


ご門主さんに仏説阿弥陀経をあげていただき、法事は質素に終了。

さすがに読経中に撮影は出来ず、写真はイメージです(^_^;)

・・・



話はコロッと変わって、思いのほか早く法事が終わったので、広島市内某所にある素うどんさんの秘密基地へ急行(^_^;)
最初の1時間が¥2000、以後10分ごとに¥100という低料金でリフトのある一角が使え、一般的な工具も無料貸し出しOKという、レンタルピットです。

ここでロータス・プチ弄り会が開催されていました。

マツダディーラーの裏路地にロータスが居並ぶ異様な光景(^_^;)

主役はH.UMDさんです。マシンはtype72エディションという黒/黄のスペシャルバージョン。

今回はマフラー交換、カーボンディフューザー取り付けがメインメニューです。


詳細はH.UMDさんのブログをご参照ください。お友達でないと見られません(^_^;)
特別仕様車に躊躇なくドリルで穴をあけるH.UMDさんにしびれました。

(・`д´・;)スゴイ


寒風吹きすさび雪もちらつく寒さでしたが、ロータス乗り変態集団は熱く盛り上がっていました ( ̄ー ̄)ニヤリッ
Posted at 2017/01/23 22:38:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | オフ会・あさらかん | クルマ
2017年01月22日 イイね!
軽量フラホレポート戸田レーシング製超軽量クロモリフライホイール&クラッチKITを取り付けてひと月ほど経ちました。
まだ【あさらかん】で走らせる事は出来ていませんが、街乗りレベルでのインプレッションです。



まず、アイドリングから。
若干回転が滑らかになったようです。これまではブルブルドロドロな印象でしたが、ルルルルルーとスムーズな感じ。バランスの良さを感じます。
プラシーボ効果?(^_^;)
少なくとも、イナーシャが減ってアイドリングが不安定になる、と言うことはありません。



次に、発進時
クラッチもスポーツディスクに変わったせいなのか、やや半クラ領域が狭くなったよう。そして、これまでの感覚でクラッチを繋げようとすると、エンストしそうになります。
ここは明らかに軽量フライホイールによる影響が出ています。これまでは発進時にあまり神経を使うことは無かったですが、交換してからはクラッチの繋ぎ目をちょっと意識するようになりました。
とは言え、慣れの問題で、クラッチの繋がり始めで気持ちアクセルに力を込める程度で問題なく発進出来ます。事実、1ヶ月も経つともう慣れました(^o^)
逆に、以前よりも適当に半クラを使うことが無くなり、結果、出足が良くなりました。




さらに、加速感
これはもう、明らかにエンジンが軽い。1ZZエンジンの、これまでの重だるい印象がかなり軽快になりました。
シュイーン

・・・すみません。誇大な表現がありました <(_ _;)>
所詮は1ZZなので、シルキースムーズというわけにはいきませんが、スルスルスルーと回転の上昇がスムーズで、ここでもバランスの良さを感じます。
ヒールアンドトゥのときのブリッピング時、明らかに回転が上がり過ぎます(^_^;)



そして回転落ちが早い
4〜5000位から減速操作に入ると、クラッチを切った瞬間ストンと回転が落ちます。これまでヒールアンドトゥでは、ブリッピングした時に回転の上がりも落ちもやや鈍いので、クラッチを繋ぐまで気持ち待つようなところがありましたが、アクセルに対するレスポンスが良くなったので、4→3→2と落とすときなど、リズミカルにフォンフォンと出来て気持ちよいです。

・・・すみません。誇大な表現がありました <(_ _;)>
上手く操作できれば気持ちよいシフトダウンが可能です (;´∀`)
まあこれも慣れの問題です。もう少し練習したいと思います。



一応、軽量フラホ交換前後のレスポンスを動画に撮ったので、ご覧下さい。
ビフォー


アフター



・・・

この動画ではよく分からない?(;^_^A アセアセ…
もうちょっと上まで煽れば良かったです。
しかし操作している者の感覚では、アクセルを踏む、エンジンの回転が上がる、そのタイムラグが短くなってかなり快感です。



結論
戸田レーシング製の軽量フライホイールは、導入すれば確実に効果を期待できます。エンジンのレスポンスが軽快になり、スポーツカーにはピッタリです。バランスの良さに工作精度の高さを感じます。発進時がやや気になるだけで、ほとんどネガはありません。

エンジンは軽くなりますが、パーツ代、工賃とも軽くは無いので(^_^;)、気軽にオススメは出来ません。
しかし、ミッション/クラッチオーバーホールの際には是非とも導入を検討すべきです。
Posted at 2017/01/22 20:17:41 | コメント(3) | トラックバック(0) | レポート | クルマ
2017年01月18日 イイね!
ダブルタイトル’2’最近ふと思い立って、整備手帳を再チェックしています。


もうすぐ私のエリーゼも丸10年水漏れ事件追突事故以外には大きなトラブルは無かったですが、振り返ると整備・修理・モディファイをけっこう積み重ねてきました。

初期の頃には、ブログに書いただけで整備手帳には記載してないことが多々ありました。整備手帳に書いてはいても複数の内容をまとめて書いたり、車検の時の整備は車検の項目にしか書いてなかったり。

マイエリーゼを顧みるとき、これでは役に立ちません。それで、ボチボチと穴埋めや項目ごとの書き分け作業をしています。また、過去書いたものも内容をチェックして必要なところは書き直しています。整備手帳の整備です (^_^;)


そのため整備手帳に *New! マークが付き、アクセスやイイね!が増えています。
新規の記事では無いので申し訳ないのですが、みんカラ歴の浅い方には掘り起こしの記事でも興味深い内容があるのでは無いかと思っています。



・・・と、盛大に言い訳を述べた上で、本題です (;^_^A アセアセ…



今週、またもダブルタイトルを獲得しました\(^o^)/


前回はプリ★さんが休憩中にかすめ取ったようなものですが、今回はぶっちぎりです ( ̄ー ̄)ニヤリッ
またしてもカート(イントレピッド/プラガ)はおまけですが(^_^;)



沢山ご覧頂いて有り難うございます<(_ _)>
多少なりともエリエク乗りの方々のご参考になれば幸いです。
Posted at 2017/01/18 22:41:29 | コメント(4) | トラックバック(0) | ひとりごと | クルマ
2017年01月16日 イイね!
皇帝賛歌こうみえて私、クラシック音楽も好きなんです。
と言っても、年季の入ったクラシックファンではなく、メロディが気に入ったり、番組で取り上げられたりした有名な曲をスポットでCD購入しているミーハーファンです(^_^;)


ですので、私が紹介するのは超有名・定番曲ばかりです。
<(_ _)>


今回紹介するのはフランツ・ヨーゼフ・ハイドン(1732-1809)作曲 弦楽四重奏 第77番「皇帝」です。イタリア弦楽四重奏団演奏。


ハイドンは誰もが知る、オーストリアが生んだ古典派初期の大作曲家。6歳の時から音楽学校で勉強を始め、才能を認められ8歳からはウィーンで聖歌隊として働き、17歳頃からフリーの音楽家として活動、徐々に名声を得ていました。
29歳からエステルハージ侯爵家のお抱え音楽家となり30年近くも勤めて数多くの作品を作曲しました。58歳の時庇護してくれた侯爵が死去してからはイギリスに渡って演奏活動を行い、富と名声を得ました。晩年はウィーンに戻り最後まで創作意欲が衰えることはなかったそうです。

あらゆるジャンルの作品を700以上も作曲しており、特に交響曲は108曲弦楽四重奏は68曲もあり、「交響曲の父」「弦楽四重奏の父」と呼ばれています。
また、当時の名声があまりにも高かったため、多くの偽作があることでも有名で、誰もが知る「おもちゃの交響曲」も現在では他人の作とされています。



ハイドンというと、小学校の音楽の授業で「ビックリ交響曲」(交響曲第94番”驚愕”)を聴かされて、先生が「コンサートで居眠りしている人を起こすためにわざと急に大音量にして演奏した」というエピソードを教えてくれたのを思い出します。「おもちゃの交響曲」もハイドン作と聞いたような?

弦楽四重奏という演奏形式を世に広めたのもハイドン。このCDには表題の付いた有名曲4曲「ひばり」「セレナード」「五度」「皇帝」が納められています。ただし現在では17番「セレナード」は偽作とされ、残念ながら演奏される機会が減っているようです。古いCDなので収録されてます。ある意味貴重。

77番「皇帝」は、その第二楽章が超有名曲。なぜなら現在のドイツ国歌ですからね。

Deutschland, Deutschland über alles,Über alles in der Welt・・・

ダイナミックなシンフォニーもいいですが、やはり弦楽器、室内楽には癒やされます (*´д`*)


イタリア四重奏団 Quartetto Italiano (1945-1980)
明るく歌うような音色で人気を博し、ベートーヴェン、モーツァルト、シューマンやブラームスなどの弦楽四重奏曲全集を完成させるなど、業績も残した一流カルテットでしたが、メンバーの確執?により解散となったようです(^_^;)



時代を超えて愛されるクラシック、やはり本物はすばらしい\(^o^)/
Posted at 2017/01/16 22:25:28 | コメント(1) | トラックバック(0) | ミュージック | 日記
2017年01月15日 イイね!
ピンポイント寒波、恐るべし。
昨日の夕方の時点で、広島市内でもけっこうな雪が降り、うっすらと積もり始めました。






わずかな期待をもって、早起きしてみましたが・・・
今朝こうなりました↓

モノクロームな景色です。


道路も積雪してます。夏タイヤのエリーゼでは動けません。昼までには溶けるでしょうが・・・



高速も山陽側まで冬タイヤ規制



今日は引きこもり決定です (´・ω・`)ショボーン
Posted at 2017/01/15 07:55:33 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日常・その他 | 日記
プロフィール
「50回 http://cvw.jp/b/346614/39215087/
何シテル?   01/23 22:38
私はいわゆるスーパーカー世代です。「サーキットの狼」「赤いペガサス」でロータスへのあこがれを刷り込まれ、いつかはロータス...と夢見て、ようやく07年6月、エリ...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
リンク・クリップ
FRPボンネット製作 その5 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/10/06 19:28:29
僕エリーゼ 
カテゴリ:友達のブログ
2008/12/06 21:24:57
 
間違いだらけのエリーゼ暮らし 
カテゴリ:友達のブログ
2008/04/08 21:11:28
 
お友達
ロータス好きな方、クルマいじりやオープンドライブが好きな方、コメント下さいね。
Myファンの方、いっそのことお友達登録を(笑)
広島近郊の方は、グループ【あさらかん】もよろしく!
http://minkara.carview.co.jp/society/asarakan/
187 人のお友達がいます
みやもっちゃんみやもっちゃん * 素 うどん素 うどん *
TYPE74TYPE74 * あんだ~あんだ~ *
だぬくまだぬくま * 僕エリ僕エリ *
ファン
79 人のファンがいます
愛車一覧
ロータス エリーゼ ロータス エリーゼ
2007年、ようやくロータスエリーゼのオーナーとなりました。通勤に、ドライブに、日常の足 ...
輸入車その他 イントレピッド 輸入車その他 イントレピッド
ビレルTIAと3年お付き合いの後、乗り換えました。今度はフルサイズのレーシングカートです ...
マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
平成2年、ネオグリーンのVスペシャルを購入。しばらくはFCとの2台態勢で、家族からはバカ ...
マツダ サバンナRX-7 マツダ サバンナRX-7
昭和62年、初めて購入したクルマです。当時としては国産で純粋なスポーツカーはこれくらいし ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.