• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2012年02月10日

軽量ナックルアームとアライメント

軽量ナックルアームとアライメント 写真は旧ナックルアームです。

この度のモディファイのもう一つの目玉、エリパ軽量ナックルアームによるフロントアライメントの変更です。(@_@)さんご推薦により導入となりました。
オリジナルとは高さが3mmほど違うため、よりネガティブキャンバが付けられます。
私のエリーゼの場合、シム抜きも含め、ネガティブキャンバは -1.3°となりました。トーインも1mm程度に調整されました。
(ちなみにノーマルエリーゼの場合、キャンバ・トーインとも0と思います)

で、そのフィーリングですが、激変です(^o^;)マタカヨ
当初はフロントがつま先立ちしたようなふらふらした感じがありましたが、タイヤが馴染んでくるにつれ、落ち着きました。それと共に、ステアリングを切り込んだ時のフロントの追従性がハンパ無く向上しました。ノーズがスイスイ、いやグイグイ入っていきます。フロントタイヤを175から195に替えた時もフロントの限界が上がったのを感じましたが、今回の変化はそれとは異質、限界以前の変化です。

もともとエリーゼはフロントが軽く、それ故ステアリングが軽すぎるような、接地感が薄いように感じ、コーナーの進入で荷重をかけないとちょっと不安でした。それが、クイックラックの適度な手応えと共に、フロントタイヤの踏ん張り感が伝わってきて、こぶし一つ切り込むだけでホントにグイグイ曲がっていきます。
まさにオンザレール・カート感覚です。
それでいて直進安定性もさほど犠牲にはなっていません。若干のトーイン効果もあるのでしょうか。

時速60km程度の街中のコーナーで、思わず笑いがこみ上げるほどの、この変化。もう少しアベレージの高い【あさらかん】や、ミニサーキット、高速道路ではどうなんでしょう。調子に乗ると逆にテールハッピーにならないかと、ちょっと懸念もあります。このへんは慎重に検証し、長期レポートを書こうと思っています。

それにしてもちょっとしたアライメント調整でこれほどの違い、その重要性を再認識すると共に、素直なエリーゼの面白さをあらためて感じました。コレは目からウロコのパーツです。(@_@)さん、ありがとう。
(^o^)
ブログ一覧 | レポート | クルマ
Posted at 2012/02/10 23:49:36

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

今日から新車生活♪
happy37さん

集合!→今年1年頑張った方
ウッドミッツさん

忘年会~CSC編🏔️🚗💨🍺 ...
a_z(エ_ジ)さん

徳島撮影オフ
xリミテッドさん

登別温泉はイイね!ヽ(´▽`)/
atrai 1さん

ミドリのポインター
どどまいやさん

この記事へのコメント

2012/02/11 00:01:57
私もいつも足回りを弄るたびに激変激変言ってますが・・・ほんとに激変しますよね(笑)
ちょっとした仕様変更でも感じ取れる車なので弄るのも走るのも楽しいですよね。
コメントへの返答
2012/02/11 12:35:40
ホントに激変です(笑)
ホイール、タイヤ、ショック、アライメント…それぞれ違いが体感できます。
少しずつ変更して味わうのが良いですね(^o^)
2012/02/11 07:24:49
今回はロッドエンドも新品ぴかぴか(新しい)にされたので、そこも良かったかとほっとした顔キニイッテモラエテナニヨリデス
本当に「激変冷や汗2」するのがエリーゼの良いところですねわーい(嬉しい顔)
ネガキャンは何も言わなければ、おそらくトーアウグッド(上向き矢印)くつに調整されますレンチ(サイドスリップで)
すると「ピピッ」とは来ないんですよね冷や汗
思い込みですが…
「スッときてグググッ」(トーアウト1mmぐらい)
「ピッときてググッ」(トー0あたり)
「ピピッときてグッ」(トーイン1mmぐらい)
実はリヤのトーもググッの領域に影響しますので、色々お試し下さいませウッシッシナガクテスミマセン


コメントへの返答
2012/02/11 12:41:20
私はクイックラックにしか目が向いてなかったのに、(@_@)さんのアドバイスでこれを導入する事になり、本当に良かったと思います。
トーイン・トーアウトに関してはあまり経験がないので分かりませんが、少なくとも現在のセッティングは非常に良好に感じます。
リアは基本的にトーインでしょうか。あまりテールハッピーでも困るので(^_^;)
2012/02/11 07:52:36
へー~~

ロータスはバイクの感覚です〜ね

でも乗って見たい車です(笑)
コメントへの返答
2012/02/11 12:43:29
構造が簡単なので、ちょっと経験がある人ならDIYでいろいろ変更できると思います。

ぜひ、M-AUTOへ試乗にGo!快適ではないですが,快感なクルマです(^o^)
2012/02/11 09:22:09
先日、ちょうどマニュアルでテクニカルデータを見直してたのですが、おっしゃる通りFrはトー・キャン共に0なんですよねぇ。触りがいがありますねw

ん~、まるしさんのブログを読んでると色々といじりたくなってきますw
お金と知識を蓄えねば!これからもご教授お願いします♪
コメントへの返答
2012/02/11 12:45:58
どこかで聞いた情報に間違いなかったようでよかったです(^_^)

ドレスアップも楽しいし、足回りはもっと面白いですね。少しずついじりましょ(^o^)
2012/02/11 09:46:26
実は、こういうの僕はさっぱり。
マイマシンもネガキャンになかなかできないってそのナックルアームを加工してたまでは聞いてた(笑)。
走りの特性が変わるのは確かです(←かなりシロートw)。
サーキットでのタイムが良くなるんです(←超シロートww)。

だからこういうモディファイは大事だと思います(ほんとか?)
ちなみに僕のマシンのキャンバー角は今は知りません(爆)。
コメントへの返答
2012/02/11 12:51:51
ぽちさんはドライビンクテクに特化ですね?
(^o^)
シロートなんてご謙遜ですが、これだけハンドリングが変化すると、セッティング次第でタイムは大きく違ってくるでしょうね。
腕さえあれば、もともとフロント荷重の少ないエリエクは前寄りのセッティングの方が良いのでしょうか。
とにかく私は精進あるのみ。
2012/02/11 13:07:28
良かったですね(^_^)ノ
変化の違いがストレートに感じられる
のも、軽いエリの魅力ですね!
コメントへの返答
2012/02/11 18:59:56
アライメント、なめてました。
それが感じられるダイレクトなハンドリングは、エリーゼならではですね(^o^)
2012/02/11 13:35:10
装着すると見えなくなりますけど、仕上り具合がキレイなんですよね。
純正のなんと○っぽい事か…Orz
コメントへの返答
2012/02/11 19:01:19
こんな部品で純正はけっこう重い。
いくらかでもバネ下の軽量化にも貢献しますね。
(^o^)
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「満足満足 http://cvw.jp/b/346614/40865464/
何シテル?   12/18 21:12
私はいわゆるスーパーカー世代です。「サーキットの狼」「赤いペガサス」でロータスへのあこがれを刷り込まれ、いつかはロータス...と夢見て、ようやく07年6月、エリ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

【TALEXトゥルービュー+オーバーグラスモデル EM6-D03 グロスダークグレー モニターレポート】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/12 00:14:37
僕エリーゼ 
カテゴリ:友達のブログ
2008/12/06 21:24:57
 
間違いだらけのエリーゼ暮らし 
カテゴリ:友達のブログ
2008/04/08 21:11:28
 

お友達

ロータス好きな方、クルマいじりやオープンドライブが好きな方、コメント下さいね。
Myファンの方、いっそのことお友達登録を(笑)
広島近郊の方は、グループ【あさらかん】もよろしく!
http://minkara.carview.co.jp/society/asarakan/
196 人のお友達がいます
Foglio-kaiFoglio-kai * ひでき@エリーゼひでき@エリーゼ *
ワイズファクトリー&エターナルワイズファクトリー&エターナル *みんカラ公認 TYPE74TYPE74 *
澤 圭太澤 圭太 * YoshikiYoshiki *

ファン

85 人のファンがいます

愛車一覧

ロータス エリーゼ ロータス エリーゼ
2007年、ようやくロータスエリーゼのオーナーとなりました。通勤に、ドライブに、日常の足 ...
輸入車その他 イントレピッド 輸入車その他 イントレピッド
ビレルTIAと3年お付き合いの後、乗り換えました。今度はフルサイズのレーシングカートです ...
マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
平成2年、ネオグリーンのVスペシャルを購入。しばらくはFCとの2台態勢で、家族からはバカ ...
マツダ RX-7 マツダ RX-7
昭和62年、初めて購入したクルマです。当時としては国産で純粋なスポーツカーはこれくらいし ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる