車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年04月26日 イイね!
BSプレイズPXの印象は?新しいタイヤ、BSの「プレイズPX」
を履いて一か月経った。

ドキドキワクワクして購入したプレイズ。

その印象を少々。


プレイズPXとはどんなタイヤ?

一番は疲れにくいタイヤということ。
操縦安定性、特に直進安定性を高め、ストレスに感じにくい。
長距離ドライブも疲れにくい。
ウエット性能にも優れるのに、ロングライフでもある。
省燃費性能もエコピアシリーズ並みに優れる。
ということで、総合性能に優れるなと思い、購入したのだ。

タイヤのお値段は、工賃除いて、4本で7万2800円だった。
(205・60・16サイズ)



静粛性

静粛性はなかなかだ。
特にきれいなアスファルト路面では「スーッ」と静か。
パターンノイズもほとんど聞こえない。感心する。

コンクリート路面などの荒れた路面はガーッと少々うるさい。
プレイズは省燃費タイヤなので、少々硬めのタイヤの感触があるかな。
もっともこれはタイヤのせいというよりも
アクセラの防音性の問題の方が大きいかもしれない。



高速での直進安定性

これは良い♪
まっすぐ走ってくれて、ステアリング修正もわずかで済むように思う。
しっとりとした直進安定性というか、まっすぐの座りがいいというか。
これならば長距離の高速道路ドライブもストレスが少なくて済み、
疲れも少なくなるに違いない。
まあ、これはプレイズの一番の売りだからね。

もっともアクセラの直進安定性自体がもともと高いので、
純正タイヤ(トーヨー・ナノエナジー)と比べてどうか、と言われると、
正直、違いはあまり大きく感じないかもしれない。

でもタイヤの剛性感というかしっかり感は、純正タイヤよりも
一段階上にあると思う。



ハンドリング

どちらかというと、硬めのタイヤだからか、
コーナーでは、なかなか軽快。
ヒラヒラとコーナーをクリアしていく感触があると思う。

と同時にしっかりとした手応えも感じる。
スポーツタイヤではないが、スポーティさはある。



燃費性能

燃費性能は、BSの燃費タイヤであるエコピア並みに良いということで
なかなかにいい感触だ。

アクセラの場合、私の住む郊外だと、15~16kmlくらい、
ロングドライブに出かけると18~19kmlくらいだと思う。
でもこの数字は、純正タイヤとほぼ同じ。
純正タイヤも、トーヨーナノエナジーというエコタイヤだったから、
プレイズもそれとほぼ同じ燃費ということは言えるかもしれない。



というわけで、私のプレイズPXの満足度は・・・・90%♪

直進安定性に優れ、適度にスポーティ、燃費タイヤでもある。
アクセラ15Sにぴったりのタイヤだなあ。

Posted at 2017/04/26 17:05:06 | コメント(1) | トラックバック(0) | いろいろパーツ | 日記
2017年04月02日 イイね!
越後湯沢の温泉めぐり♪今週は、土日休み。
ということで、昨日、土曜日、
越後湯沢の温泉めぐりへ。

夜勤明けなので、寝てから、お昼前に出発。

北陸道・関越道経由、約120kmほど走ると六日町インター。
越後湯沢に行くのに、六日町で降りたのは、
おいしい「おにぎり」を食べるため。


「おにぎりや」の極上おにぎり

六日町のお隣、塩沢に私の大好きなおにぎり屋がある。

それが「うおぬま倉友農園おにぎりや」
国道17号沿い、セブンイレブンの隣にある。

魚沼産コシヒカリの中でもおいしいとされる
塩沢産を使用した極上おにぎり。

ここのおにぎりは本当においしい。
このあたりを通るときは必ず寄ることにしている。

今回は、塩むすび・鮭の2つを購入。

近くにある道の駅で食べる。
いやあ、おいしいおいしい。満足のおにぎり。

特に塩むすびは、魚沼産コシヒカリの実力が分かる。
甘い香りの絶妙な炊き加減のお米が素晴らしい。
260円というお値段も納得か?

鮭も最高。鮭のうま味とおいしいごはんはたまらんねっす♪
140円。

お腹も満足したところで温泉へ。

国道17号を20分走ると湯沢に到着。
新潟市から約140km、午後2時に到着。



@@@雪国の宿 高半@@@

ここは、川端康成の小説「雪国」で有名な宿。
「雪国」をこの旅館で執筆したのだという。

新潟県民には、
ゆ~き~ぐ~に~のやど~ たかはん~♪
のCMソングでおなじみ。

駐車場は狭い。ゆえにクルマのカギをフロントに預ける必要がある。

日帰り入浴の受付は、13時から18時まで。
入浴料金は、高めの1000円なり。

親切なことに、3階にある大浴場まで案内してもらう。


大浴場は、露天はなく内湯のみ。
内湯は広いが、浴槽はあまり広くない。
でも10人くらいは入れるサイズ。

お湯使いは、源泉かけ流しだという。
この高半旅館の独自源泉らしい。
源泉の温度は43度とのことで、そのままかけ流ししている。

お湯は無色透明、ほのかに硫黄臭がある。
湯の花もあるそうだが、今日はあまりなかった。

温度は、40度あるかないかくらいのぬる湯。
熱めが好きな人には物足りないかもしれないが、
ぬるめが好きな私は、大好物のお湯の温度加減。

なので長湯した。
全身がポカポカ温まり、心地よい。

大きな窓ガラスからは、高台にあるので湯沢の街を見下ろし、
とても眺望が良い。お風呂に浸かりながら眺めが見えるのが良いね。

脱衣所に、飲泉所を見つけたので温泉を飲んでみる。
特に味はなく、まろやかで飲みやすい。


お風呂上り、川端康成の「雪国」の資料室へいってみる。

ここには、「雪国」を執筆した「かすみの間」が保存されている。
実際に靴をぬいで上がることもできた。
窓からは湯沢の街を見下ろし、三国連山の真っ白い山々も見えて
とても眺望の良い、落ち着いた雰囲気の和室であった。


さて、次の温泉は、数百メートルしか離れていない。
とんでもない急坂を軽くホイールスピンしながら駆け上がると、
「山の湯」に到着。


@@@湯元共同浴場 山の湯@@@

越後湯沢には5つの共同浴場があるが、山の湯はその一つ。
そのなかで一番古い歴史をもつ共同浴場だが、それほど建物は古くない。

入湯料は500円。

こじんまりとした浴室は、人でいっぱい。
10人以上はいる。

お風呂は5人くらいでいっぱいのサイズだが、それ以上浸かっており、
私もなんとかスペースを見つけて、ようやく入浴できた。

お湯使いは源泉かけ流し。
お湯は無色透明で、ほのかに硫黄の香りがする。
温度もちょうどよくて気持ちいい。

しかし、私のいる所は、洗い場が近く、
身体を洗っている人のしぶきが容赦なく飛んでくる。
たまらないので、すぐに上がった。

山の湯は、源泉かけ流しで雰囲気もなかなかいいのだが、
混んでいると、こうなってしまう。


さて、次。
越後湯沢の街から少し苗場寄りにあるのが、神泉の湯。



@@@神泉の湯@@@

玄関から階段を上がる。
階段の踊り場で靴を脱ぎ、下駄箱へ靴をあげた。

2階にフロントがあり、ここで入湯料500円を支払い。

お風呂は内湯のみ。

8人くらいがゆったり入れるサイズの浴槽が一つ。

お湯使いは源泉かけ流し。
消毒もしていないというから新鮮そのものの温泉だ。

お湯は無色透明のきれいなお湯。
アルカリ性だからか、お湯の中で肌をさするとスルンスルンとするのが
気持ち良いね。


さて、今日は3つの温泉に入って、今の時刻は午後4時半。
帰りは時間もあるし、新潟市まで下道で帰った。
帰宅午後8時。


温泉まとめ
雪国の宿 高半・・・・・日帰り温泉めぐり436施設め
湯元共同浴場 山の湯・・・・・日帰り温泉めぐり437施設め
神泉の湯・・・・・日帰り温泉めぐり438施設め

ドライブまとめ
走行距離・・・・・303km
平均燃費・・・・・18.8kml
ガソリン使用量・・・・・16.2リッター
ガソリン代・・・・・2030円
高速代・・・・・1700円 三条燕→六日町
温泉代・・・・・2000円
ドライブ総費用・・・・・約6000円
Posted at 2017/04/02 17:10:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年04月02日 イイね!
最近、足回りから異音がしていた。


荒れた路面を走っているときや、
マンホールのフタを通過するときなど。

「カチャカチャ」「カタカタ」と鳴る。
場所は右後ろの足回り。


逆に、路面の大きなウネリなど大きな入力の時は鳴らない。

ということは、ショックアブソーバなどではなく、
単になんかの部品のナットなどがゆるんでいるとか、
そういう単純なことだと思った。


いつから、鳴りだしたかというと、
2週間前の宮城県ドライブでのこと。
石巻市を走行中、突然鳴りだしたのだ。

それからずーっと鳴っている。


とっても気になるので、ディーラーで見てもらった。


すると、すぐに原因が分かった。

ショックアブソーバとスプリングのあたりに、石が挟まっていたのである。
大きさは3cmくらい。

おそらく、走行中にはねた石が入り込んだとのこと。

やはり予想どおり、単純なことであったネ。


石巻市の石なのでありました♪
Posted at 2017/04/02 16:39:08 | コメント(1) | トラックバック(0) | 愛車BMアクセラ15S 6MT | 日記
2017年03月26日 イイね!
宮城県の温泉めぐり 女川・石巻など先週の日曜日、19日。
宮城県の温泉めぐりドライブへ行った。

久しぶりの2連休なので遠出したくなったのだ。



往路

深夜12時45分に出発。

国道113号線で2時前に山形県へ。
雪が降り、道路はシャーベット状。
そのまま113号線を走り、3時に宮城県入り。

真夜中の山中で交通量もほとんどない113号は
真っ暗でなかなか怖い。
新潟県、山形県では雪が降っていたが、
ここに来て、満天の星空になった。

3時45分、白石市で東北自動車道へ。

蔵王パーキングエリアに入る。
新潟市から約190km。ここまで休憩なしで突っ走ってきた。

ここで仮眠する。

後席を前倒しにして、そこで寝袋に入って寝る。
道の駅で寝てもいいのだが、治安の面から言うと、
高速道路のパーキングが一番安心して寝ることが出来る。

午前7時に起きる。
3時間寝たので、今日夜までは寝なくても大丈夫だろう。
寝覚めもスッキリ。

仙台の手前で、仙台南部道路、仙台東部道路を経由、
三陸縦貫自動車道へ。

三陸縦貫自動車道は、前通った時は、片側1車線の対面通行だったが、
なんと石巻まで片側2車線の4車線になっていた。
渋滞の心配もなく、流れも速くて快適に石巻へ到着。

石巻からは20分程度で、第一目的地の女川駅に到着した。
新潟市からは288kmだった。



@@@女川温泉 ゆぽっぽ yupo`po@@@

「女川温泉ゆぽっぽ」は、震災後の復興のシンボルとして、
女川駅と一緒に建設された日帰り温泉施設。
まだ出来たばかりのピカピカの施設。

駅裏には、広大な駐車スペースがある。

それにしてもすごいクルマの数だ。
なんでも今日は、女川の復興祭を開催しているのだという。
女川町の復興祭は年に一回。
私は偶然、そこに来てしまったわけだ。

ゆぽっぽは、午前9時からの営業。
到着は10分前だった。

女川駅周辺は人であふれている。
復興祭目当ての人々だろう。

ゆぽっぽの入口が開いた。
10人ほどが並んでいた。

入湯料は500円。
しかし、今日は復興祭を記念して半額だという。
250円で入館できた。ラッキー。

お風呂は2階にある。

大浴場は内湯のみで、2~3人入れる半円形の浴槽が一つ、
10人ほどが入れる横長の浴槽が一つ。
洗い場は8か所ほど。

お湯は無色透明。なめてみると少し塩味がある。

お湯使いは、循環あり仕様。

浴室の大きな壁には、霊峰富士山や、森・鹿が描かれている。

ここまで運転してきた疲れも取れて、身体もスッキリ。

お風呂上りにくつろげる大広間はないけれど、
休憩スペースはある。一応マッサージ椅子もある。


復興祭

さて、せっかく復興祭を開催しているので、ちょっと見てみることに。

焼きそばや海の幸の串などなど、食べ物の出店がたくさんあったり、
ステージでイベントが行われていたり。
たくさんの人でにぎわっている。

私も焼きそばでも買おうかと思ったが、
このあと、温泉のレストランで食べる予定があるのでやめといた。

町全体が盛り上がっている雰囲気で、活気を感じた。

女川駅から海の方へ向かってきれいな商店街があった。
そこでおみやげを買って、クルマに戻った。


さて、次は石巻市郊外にある道の駅にある日帰り温泉施設。



@@@道の駅上品の郷 ふたごの湯@@@

けっこう大きな道の駅「上品の郷」に日帰り温泉「ふたごの湯」がある。

入館料は、700円だった。平日なら500円。

建物の館内は、木を基調とした、とてもきれいな雰囲気。

大浴場は、内湯と露天があるが、露天は名ばかりで
完全な室内にある。

お湯は、色が素晴らしく、笹にごりの色。
浴槽の底がかろうじて見えるくらいの濃度。

味見してみると、見事にしょっぱく、そして苦い。
これはなかなか魅力的な泉質の温泉だ。

お湯使いは、循環・加温あり。

「おっ」と思ったのは、サウナのわきにある水風呂。
温度の低い源泉をそのまま使っており、すごい濁り。
水風呂がにごり湯そのままの源泉を使っているのは珍しいね。


お風呂上りには、大広間もあるし、中広間もある。
食堂もあるから、ゆったりできる。

さらに、ここは道の駅の中なので、
道の駅のレストランへも行くことが出来る。

しかし、ギョッとする出来事が。
なんとロビーに素っ裸でウロウロするおじさんが・・・・。
たまたま女性や家族連れがいなかったからいいものの。
受付に行って「変な人がいますよ」と言いたくなった。


バイキング

さて、ここからはお楽しみ、バイキング。
道の駅の中央には、大きなレストランがあり、バイキングもやっているのだ。

しかしかなり大きなレストランなのに、満席の看板。すごくにぎやか。
名前を書いて待っている人がいる。まあちょうど12時だしね。

だが私は一人。
ひょっとして、と思って
「私、一人なんですが」と言ってみると、
「あ、それでしたらカウンター席がありますのでどうぞ」だって♪

カウンター席は、テーブルも狭く椅子も高いが不都合はない。

さっそくバイキング。

和風パスタ、オムレツ、湯豆腐、水餃子、ミニうどん、クリームコロッケ、
おからサラダ、宮城県産ササニシキ、味噌汁などなど。

1080円の内容しては、もう言うことなし。
大満足のバイキングであった。うれしいね。


いやあ、それにしても、この道の駅上品の郷は、
一級の日帰り温泉、バイキングレストラン、などなど
レベルの高い道の駅だなあ、と感心した。


さて、次の温泉へ。

石巻の隣、涌谷町にある日帰り温泉施設が、
「わくや天平の湯」



@@@わくや天平の湯@@@

入館料は600円。

大型の日帰り温泉施設で、1階が産直売り場やロビー、レストラン。
2階に温泉施設がある。

源泉が2つあり、2つの泉質を楽しむことが出来る。

第一源泉は、大浴槽に使われている。
十数人がゆったりは入れる大きな浴槽。
お湯の色は無色透明、わずかにぬるぬる感があった。

第二源泉は、季節風呂と露天風呂。
季節風呂も露天風呂も狭かった。
お湯は、薄く濁り、しょっぱいお湯。

窓は大きく、高台にあるので眺めが良い。
見えるのは、田んぼや集落など田舎のホッとできる風景。

お風呂上りは大広間がある。

私は電動マッサージ椅子で極楽気分。


さて、時間は午後3時。
今日最後の温泉へ向かおう。


次の温泉までは100kmくらいある。

まず三陸縦貫道へ入り仙台へ。
そこから東北道へ入る。
村田ジャンクションから山形自動車道へ。

笹谷インターで降りると、笹谷温泉一乃湯がある。
山深い秘湯の趣。一軒宿である。



@@@笹谷温泉 一乃湯@@@

16時半到着。

玄関で靴を脱いでいると、フロントの方が
「日帰り入浴は17時までなんですが、よろしいでしょうか?」
ええ!!もう30分もないではないか。

でもここまで来たから、入らないわけにはいかない。

入湯料は1000円。
30分もないのに、ちょっと高いなあ。仕方ないか。

大浴場は、内湯と露天風呂があるが、露天は冬季休業中。
これまた残念。

大浴槽は、茶色っぽい色をした温泉。

パンフレットによると、
「全国でも珍しい成分の豊富な泉質「芒硝鉄泉」の温泉」
だという。

効能が豊かにありそうな温泉にじっくりと浸かる。
窓からは雪深い渓谷と深い山の風景。
ゆったりした気分になった。

が、あまりゆっくりはしていられない。
なんたって日帰り入浴は17時までなのだから。

でも気持ちいいので、多少過ぎても大丈夫だろうと、
少し17時を回ってしまった。
急いで服を着て、旅館を後にした。


さあて、あとは新潟へ帰るだけだ。
ゆったりのんびりと下道で運転して帰った。

帰宅は午後9時。


温泉まとめ
女川温泉ゆぽっぽ・・・・・日帰り温泉施設めぐり432施設め
道の駅上品の郷ふたごの湯・・・・・日帰り温泉めぐり433施設め
わくや天平の湯・・・・・日帰り温泉めぐり434施設め
笹谷温泉一乃湯・・・・・日帰り温泉めぐり435施設め

ドライブまとめ
走行距離・・・・・610km
平均燃費・・・・・19.4kml いい数値だねえ♪
ガソリン使用量・・・・・31.4リッター
ガソリン代・・・・・3930円
高速代・・・・・だいたい3500円くらい
温泉代・・・・・2800円
ドライブ総費用・・・・・約1万5000円ほどかな。

2017年03月13日 イイね!
会津と新潟の名所めぐりオフ3月12日、日曜日。
長野県在住の友人である連-aim-さんが
新潟にいらっしゃるというので、
会うことにした。

連-aim-さんの希望としては、
福島県の会津にある柳津町へ行き、
「あわまんじゅう」を買うこと、
新潟市でイタリアンを買うこと、
新潟市の日本海タワーへ行くこと、など。

これらに私もお付き合いさせていただくことにした。

(日本海タワーは2014年に営業終了なので残念ながら行けず)




@@@会津へあわまんじゅうを買いに@@@

AM5:30

新潟県阿賀町の道の駅「阿賀の里」で待ち合わせ。
時間は特に決めていなくて、早朝というだけ。
私は駐車場でクルマを停め、車内で仮眠して待つことに。

夢を見て気持ち良い睡眠中、
窓をコンコンとたたく音で目が覚める。
連-aim-さんの到着。夜が明け始めた早朝5時半だった。

さっそく会津へGO!

連-aim-さんのルーテシアに乗せてもらう。

新潟と福島を結ぶ国道49号線は、早朝なのですーいすい。
約1時間少々で柳津町に到着しそうになる。

せっかくだから、会津盆地まで行ってみよう。
快晴の天気で、雪の積もった会津盆地は、真っ白。まぶしいくらい。
会津の山々、磐梯山や飯豊山がすばらしく良く見える。

AM7:30

喜多方市の絶景ポイント「恋人坂」へ行ってみる。
ここは、会津盆地を見下ろせる。
なんとも気持ちいい景色で、気分爽快。

その後、柳津町へ移動し、あわまんじゅうを。
このまんじゅうは、あわ「粟」を使った饅頭で黄色い。
皮の食感はおはぎのようで独特。中にあんこが入って、とってもうまい。


新潟への帰り、少しルーテシアを運転させてもらう。

ルーテシアの試乗記は、以前にこちら
http://minkara.carview.co.jp/userid/348232/blog/38314224/に詳しく書いたので省略。

ルーテシアはまったりと乗るにはとってもいいクルマで
長距離ドライブはとっても楽そうである。
シートもなかなか心地いい。

AM10:00

道の駅阿賀の里へ戻ってくる。
記念撮影、おしゃべり、そして私のアクセラを連-aim-さんが少し試乗。

その後、アクセラ&ルーテシアの2台で連なって温泉へ。


@@@聖篭町 ざぶーん@@@

午後12:15到着。

ここは、私が会社帰りに良く立ち寄る日帰り温泉施設。
大きめの日帰り温泉で、私の好きなポイントはその泉質。

古代の海水が由来とのことで、まるで温めた海水に
浸かっているかのような感触。

そして、新潟の温泉に多い名物「アブラ臭」
独特のニオイは温泉の気分を盛り上げる。

というこの温泉に連-aim-さんをご案内したわけである。

お風呂から上がったらレストランへ。
私は、醤油ラーメン。あっさり味で大好物のラーメンである。
連-aim-さんは、海鮮丼。


@@@イタリアンを買いに@@@

午後2:30 

2台で移動。

新潟市東区のイオン新潟東へ。
そこのフードコートにあるイタリアンのお店「みかづき」へ。

イタリアンとは、新潟のB級グルメで、新潟人にはおなじみ。
太麺の洋風焼きそばである。

連-aim-さんは、新潟のおみやげとして長野へ持って帰るそうだ。


@@@朱鷺メッセの展望室@@@

午後3:30 

これまた2台で移動。

143mと、本州日本海側随一の高さを誇るビル「朱鷺メッセ」。
無料展望室が125mの高さにある。31階。

天気が快晴なこともあり、まさに大展望。

新潟市街地や新潟平野、そして新潟の山々。
広大な日本海と、佐渡。
なんとも美しい景色。

私は13年ぶりくらいだが、こんなに素晴らしい景色だったとは忘れていた。


@@@さよなら@@@

午後4時

朱鷺メッセの駐車場で、連-aim-さんと、さよなら。
連-aim-さんは長野へ帰らないといけない。


会津、恋人坂、あわまんじゅう、温泉、イタリアン、朱鷺メッセ・・・

楽しくも思い出深いプチオフとなった。
また会いましょう。

Posted at 2017/03/13 23:09:38 | コメント(1) | トラックバック(0) | プチオフ | 日記
プロフィール
「BSプレイズPXの印象は? http://cvw.jp/b/348232/39669772/
何シテル?   04/26 17:05
仕事は製造工場で、たまに夜勤も。 背は178cm。かつてはやせていたが、 30代後半から、だんだんとおなかが出てきた。 小食で好き嫌いも多いので、困っ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/4 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
リンク・クリップ
MMpage 
カテゴリ:私のサイト
2008/01/07 22:12:32
 
お友達
とりあえず今は募集して否
33 人のお友達がいます
Nuk-P@RailStarNuk-P@RailStar * motoharu46motoharu46 *
ブルーユーロブルーユーロ りっちぃりっちぃ
かなやーそ。かなやーそ。 マニマニ
ファン
81 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)
アクセラ15S 6速MT 2014年2月登録 3月29日納車。 カッコよく、走りもよく ...
マツダ デミオ マツダ デミオ
スポルト、5MT。 2003年11月から2007年5月まで所有。 3年半での走行距離は ...
マツダ デミオ マツダ デミオ
2001年秋から2003年秋までの2年間所有。走行距離は4万キロ。 これ買う前AZワゴ ...
マツダ AZ-ワゴン マツダ AZ-ワゴン
1997年3月~2001年11月所有。 走行距離9万キロ。 私が社会人になって初めて購 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.