• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

フォレ22のブログ一覧

2012年11月15日 イイね!

新型フォレスター新車発表会に行ってきました。

皆様、ご無沙汰しております。

昨日のことになりましたが、東京スバルさんより、ご招待をいただき、お友達のmoyuさんと、お台場の日本科学未来館に、新型フォレスターの新車発表会に参加して来ました。

展示会やモーターショー以外で、このような新車発表会に来たのは初めてなので、受付にたどり着くまでに、社員さんに数十人に迎えられた花道では、辺りをキョロキョロ。

そして17:30丁度に、発表会スタート。ステージの上では、CGやレーザーを使ったかなり凝ったオープニングの後、東京スバルの下川社長、開発PGMの台氏等の説明を聞いて、後方に用意された体感スペースに移動して、じっくり新型を観察。
全色用意され、それぞれのグレードを確認することができました。

XTは、280ps/280万。コスパ抜群ですね。でもミッションはリニアトロニックだけで、6MTの設定はないんですね。残念。






会場の雰囲気はこんな感じ


オプション装着車 DIATONEのオーディオ・ナビシステムも、いい音してました!


このリアバンパースカート(\66,150) なかなかGoodです。


新エンジン 直噴ターボ”DIT” FA20


エンジン、ミッションのディスプレイ用スケルトン ここから280ps絞りだすのかー。

なんとなく、荷室が広く感じました。ドアミラースイッチの位置とか、運転席の肘置きとか、いままでの不満点も解消されており、早く慣らしの終わっているXTに試乗してみたいなー、と思う今日この頃です。
Posted at 2012/11/15 00:19:43 | コメント(3) | トラックバック(0) | フォレスター | クルマ
2011年11月20日 イイね!

タイヤ新調

今日、純正タイヤのYOKOHAMA/GEOLANDARから、DUNLOP SP SPORT MAXX TTに履き替えました。


新車当時から約3年半。122,000km走り続けてくれた、GEOLANDAR。ご苦労様でした!


先月のこと、今日、同居の両親含め、家族6人で、千葉・野田のお墓参りと、親戚宅訪問をする予定をしていましたが、フォレでは、定員オーバーということで、当初ミニバンレンタカーを考えていました。

が、先月のMOTOR SPORT JAPANの帰り、いつものスバル○田店に寄って、セール中のタイヤ購入の話をしたとき、条件として、7人乗りの車を代車でお願い!ということで、D型エクシーガ2.5iの700kmしか走行していない、ド新車を代車に出してくれました。

代車はこれまで、インプWRX/STI2台、エクシーガ2.0GT/2台、アウトバック、レガシー、Pleo、DEX、DiasWgonと、これで、10台目。自宅までは、高速(首都高・中央道)含め、片道50km強。毎回、結構、楽しめます。
そろそろ代車ライブラリーアップしようと思ってます。


昨日、ベーゴマ世界大会4位の会社の先輩が審判員をするということで誘われ、亀有駅の南口で開催された、「両さんベーゴマ大会」に、子供たちと出場した帰りに、フォレをお店において、代わりにエクシーガ2.5iに乗って帰ってきました。

そして、今日、両親含め家族乗せて無事、お墓参り完了。そして、車を取りに行き、新品タイヤとご対面。

ダンロップのフラッグシップということで、もっと固いかと思いきや、結構乗り心地もGood。
窒素ガスを入れてもらったので、心なしか、タイヤ自体も軽く感じます。
まだ、皮むきが終わったかどうかくらいしか走っていませんが、これで、ちょっと朝箱でも行ってみようかな。
Posted at 2011/11/20 23:38:10 | コメント(11) | トラックバック(0) | フォレスター | クルマ
2011年11月07日 イイね!

「大人」のレースとライブ

今日は、昼間、カート仲間が参戦しているの大人のカートレース「パンサーツアー」の最終戦の応援に、千葉県・市原市の新東京サーキットに行ってきました。


レース決勝を前に、ポツポツと雨が降り出し、競技長より「レインレース」が宣言され、皆さん急遽レインタイヤに履き替え。 レインもYOKOHAMA ADVANのカート用レインタイヤです。

応援していたチームメイトは、ウェット路面のスタート直後の1コーナーで、他車のスピンに巻き込まれ、フロントのパイロットシャフトをひん曲げ、タイヤが極度のトーアウト状態になってしまい、左コーナーをステアリング操作では曲がれず、お尻で体重移動して向きを変えないと走れないという状況。
そのまま、1周目でピットインし応急処置するも、かなり時間がかかり、決勝20周のうち、残り5周というところで再スタートを切りましたが、時すでに遅し、今回は残念でした。

しかし、このレース。Webでもほとんど生の情報が取れず、参加当事者しか内容の分からないベールに包まれたレースなのです。
面白いのは、F1のように関東近県のレース場を転戦しながら、ドライバーズタイトルと、コンストラクター(チーム)タイトルを狙うという粋なレース。予選もノックアウト方式で、レース中1回のピットインが必須。「大人のレース」とあって、35才以上クラスと、50才以上クラスに分かれて、120cc/22psのハイパワーエンジンを使用しながら、遠心クラッチ/セルスターター/押しがけなし、を実現している、おじさん達にはたまらない企画なのです。参加台数も30台以上。

まだ、若かりし頃は、レーシングカートのスプリントレースで、優勝を狙ってガツガツと戦っていた若者が、大人になり、そして人生経験も積んで、まずは「安全第一・無事故で楽しく」をモットーとして、「みんな分かってるね!無理しちゃだめよ」と、いう感じがとても「大人」です。ですが、皆さん、昔取った杵柄で、さすがに速い、速い!

ホントは、今年これに参戦する予定でしたが、車検やら、何やらで、活動資金が調達できず断念。来年はなんとか参戦したいなー。

そして、その応援が終わって駆けつけたのが、今日ここで、スタートが切られた、このコンサート。


そう、山下達郎先生のコンサートツアー「PERFORMANCE2011-2012」初日の市川市文化会館です。
ここ数年、毎年、ツアー初日は、厚木文化会館が恒例だったそうですが、館長が変わり、あまりこちら関連イベントには、積極的ではなくなり、初・市川となったそうです。
因みに、80年代に作られた、「○○文化会館」という名のつく建物は、アカペラでも2階席に声がちゃんと響き渡るよう設計されていたり、かなり音はいいのだそうです。(達郎さん談)



学生時代のお友達が、運よく抽選に当たり、声をかけてくれ、一度は行きたいとずーと思っていた、「達郎」の「生声」「生演奏」を、体感することが出来ました。トレードマークになっている、ブラウンのテレキャスでのカッティング、いい音してました。そして、もの凄く上手い!


会場に入り、周りを見渡すと観客の皆さんも、結構年齢層高め(私も含め)。コンサートが始まっても、皆さん、お行儀良く座って、手拍子で演奏を聴いています。
あー、このペースなら、まったりと過ごせるなー、さすが大人のライブってこんな感じ?(演歌歌手のリサイタルみたい?)と、初めは思っていましたが・・・。
新アルバムから半分ほど、そして往年の名曲達を取り混ぜての楽曲が、どんどん進行していくにしたがって、おじさん、おばさん、結局総立ち!(やっぱり、こうじゃなきゃ!)

来年5月まで続く、全国64公演の初日で、本人も「何が起こっても勘弁を!」といいながらも、18時ちょっと過ぎの開演から、21時半近くまで、3時間以上もがんばってくれましたが、心から楽しませてもらいました。

「生・クリスマスイブ」や、CDラジカセを使ってのストリートをイメージした「生声アカペラ」は、本当に、鳥肌モノでした。

内容盛りだくさん、1800人の観客との一体感もバッチリ。
「これからも、CD宣伝のためのライブではなく、ライブのためのライブを、好き勝手にやって行く」
と言ったとおり、もちろん、超一流のミュージシャンですが、それ以上に、お客さんを、楽しませるエンターテイナーだなー、と感銘を受けました。素晴らしいライブでした。

達郎さんから、これから後63公演あるから、初日の今日のトークネタは、ブログにあげちゃだめよ、といわれているので、楽しい話、楽曲満載でしたが、これ以上の内容は控えます。

それにしても、レースにせよ、コンサートにせよ、やはり「生」はいいナー。サイコー。

でも、一つ悲しいのが、どちらもそれらの当事者ではない、ということ。
元バンドマン、そしてレーサーの端くれとしては、ちと寂しいなー。

いい一日でした。明日から、また、がんばろう。
Posted at 2011/11/07 01:00:38 | コメント(4) | トラックバック(0) | ライブ | 日記
2011年10月31日 イイね!

モータースポーツジャパン 2011 フェスティバル イン お台場

モータースポーツジャパン 2011 フェスティバル イン お台場昨日の話になりますが、先週末の29日、30日でお台場で開催されていた「モータースポーツジャパン 2011 フェスティバル イン お台場」に、みん友のmoyuちゃんと、子供たちを連れて行ってきました。

2006年から開催されているこのイベント、無料なんです。 いつもは、F1日本GP開催前週に開催されていて、これまで2回ほど遊びにに来たことがありましたが、走行イベント観戦は、有料で高い塀の中で行われていて、音はすれど中身は見れずの状態でした。
ただ、今年は、moyuちゃんが、「プレミアムパドック」グループチケットを調達してくれ、特別エリアで、のんびりと、イベントを楽しむことが出来ました。

このイベント、スーパーGTを初めとする日本のトップドライバーが、各イベントごとに移動するのに、そこらじゅうを歩いているので、写真とサイン攻めのし放題なんです。

そして、9:30のmoyuちゃんとの待合わせ前に、こんなことも。


入口前に展示してある、歴代ラリーカーを撮るのに夢中になっていたら、なにやら、凄いオーラを感じ、振り返ってみると、なんとソコには、「ま、マッチ・・!」「うぉー!どうしたらいいんだー」と、頭を混乱させていると、「おいでおいで」と、我が子達を、抱き寄せ、こっちを見ているマッチ。「ん?あ、写真撮んなきゃ」と我に返り、「いいんですか?「」どうぞー」と、いうことで、「パチリ!」
やったぞ!昨日、両親を招いての七五三のお宮参り、お食事会でバタンキュで家でくつろいでいるマッチファンの嫁に、すぐに電話!あーやっぱり、がんばってくれば良かったのにー。残念!
マッチは、スーパーGT監督として、このイベント創設以来のスーパーバイザーなのです。
(マッチとは、2008年のFSWのF1日本GPでも、写真を撮らせてもらいました。)

入口のゲートはこんな感じ


入口すぐのARTAブースで、携帯メーリングリスト登録で、先着300台特製ミニカーをゲットー!


それから、イベントめじろ押し。
「ラリー スペシャルラン」
「F3 スペシャルラン」
「Fポン スペシャルラン」
「スーパーGT スペシャルラン」
「マツダ787B スペシャルラン」ルマン日本人初優勝の寺田陽次郎さんが、4ローターサウンドを聞かせて
くれました。
などなど。

なかでも「SUBARU スペシャルラン」では、
STIの辰巳さん、ニュル・クラス優勝の吉田さん(私と同じSTI限定ウォッチをされてました)、GT300レガシーB4の佐々木孝太さん、そしてラリーの新井さんの、それぞれの今年参戦マシンでの生走りは圧巻でした!
特に、新井さんの4輪ドリフトは、ホントに見事、美しい、芸術そのものでした。


そしてイベントのクライマックス
「オールスタースペシャルカートバトル」
スーパーGT現役ドライバーを初め、日本のトップドライバがメーカーごとにチームを組み、ちゃんとしたレーシングカートで、ガチンコでバトルしてました。
TOYOTAチーム(脇坂、立川、中嶋一貴)、日産チーム(本山、松田、クインタレッリ)、ホンダチーム(なんと琢磨登場、道上、武藤)、SUBARUチーム(新井、佐々木、吉田)。新井さんと吉田さんのカートを走らす姿は、貴重でしょ! ワイワイと、楽しみながらドライバー交代してました。2日目の30日の優勝はホンダチーム。琢磨も、マジで走ってました。
(琢磨選手とは、僕のカートホームコースで、昨年一緒に走ったことがあります。その昔は、亜久利さんと本山選手とも・・)


「プレミアムパドック」チケットのおかげで、初日4万5千人と発表された人ごみの中、結構優雅に、過ごすことが出来ました。


子供たちは、ミニカーやら、各メーカー、ベンダーのグッズやらを、イロイロといただき、松田選手や、ロニー、その他、諸々のスーパーGTドライバー達と写真撮影をしていると、ポツポツと雨が降ってきたので、ノスタルジックカーコーナーをみて、会場を後にしました。
そして、moyuちゃんと、125,000km走ったタイヤを新調しようと、いつものすばる○田店に寄って、セール中というDUNLOP MAXX TTを、発注してきちゃいました。

それにしても、楽しいイベントでした。こんな身近にモータースポーツを体感できるこのイベントはとても素晴らしく思います。電気自動車の展示や、レース車も走行したり、形は変わるでしょうが、大好きなモータースポーツをこれからも楽しんでいきたいと思います。
Posted at 2011/10/31 22:53:14 | コメント(5) | トラックバック(0) | フォレスター | クルマ
2011年10月20日 イイね!

立デニ 長男迎え撃ち

立デニ 長男迎え撃ち過走行組の新長男となったMt.鳥海さんが、フォレ22近隣の立川近辺に出没しているという情報を、会社帰りの夜10時にキャッチし連絡すると、ビールを飲みながらラーメンをすすっている最中とのこと。
今日しかないと、一旦、帰宅してから、そのままフォレ22号出動!
今年の2月にも迎撃した、立デニで、パフェ・プチオフをしてきました。

今年の2月にお会いしてから、かれこれ8ヶ月も経ってしまいましたが、その間、1000円高速が終了してしまったりと我々過走行組には、嬉しいサービスも終了してしまいましたが、Mt.鳥海さんはなんのその、下道キングとなっていました。

燃費を伸ばす、丸秘運転テクニックや、ある月だけ、1回しか給油しなかった訳、とか、イロイロと話をしているうちに、時はすでに日が変わろうとしているので、お開きとしました。

別れ間際、「クラッチを、踏ませてください」という、熱い要望に応え、一応10万㌔でクラッチ交換した軽快さを、実感していただき、次こそ、2台並べて撮りましょうと約束して、お別れしました。

Mt.鳥海さん、明日のお仕事がんばって下さい。

SHS / S.S.K 迎撃完了いたしました!(S.S.Kは、迎撃とは言わないかな?)
Posted at 2011/10/20 00:56:16 | コメント(5) | トラックバック(0) | フォレスター | クルマ

プロフィール

2008年4月末に、初のSUBARU車 FORESTER XT/5MT納車しました。 単身赴任していた2010年12月までの2年半の間、ほぼ毎週のように、東京...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

ブログカテゴリー

ファン

2 人のファンがいます

愛車一覧

スバル フォレスター スバル フォレスター
'08年式 FORESTER 2000XT (5MT) セージグリーンメタリック 本物の ...
トヨタ クラウン トヨタ クラウン
'93年式 CROWN 2.5 RoyalTouring BMWが動かなくなって、一時的 ...
BMW 3シリーズ ツーリング BMW 3シリーズ ツーリング
'96年式 BMW E36 323iTouring。(2001年5月~2008年1月) ...
日産 スカイライン 日産 スカイライン
'93年式 8代目 R32 SKYLINE 2000GTS-t TypeM 5MT(最終 ...

過去のブログ

2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.