車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月18日 イイね!


  オヤジ、オレと鈴鹿を走らんか? オヤジとの鈴鹿はちょっとした夢なんだよ


晩秋のある日のこと
長男yutaの一言から、若き日に抱いていた4耐の夢、鈴鹿の夢・・・が蘇りました。
そして私の好きな映画 「風よ、鈴鹿へ」 が脳裏に浮かびます。

二輪と四輪、レースとタイムアタック・・・
形も内容も異なるけれど、遠い昔に抱いた夢舞台、西の聖地を息子と走ることができる・・・

    父:うむ、オヤジの背中を見せてやる・・・なんてな(笑)
       
     y:チギっちゃうかもしれんぞ(笑)

    父:ぶはは!

  “壁よ、鈴鹿へ”  親子の夢の始まりです・・・・・・・(壁とはフォレスターの事です)






鈴鹿について予習はyoutubeを2、3回・・・コースと風景を見た程度(笑)
初めてのコースは変な予備知識など無い方が楽しめるというものです
コース長は5800mほど・・・速度は200kmオーバー・・・
25万kmオーバーのマシンと50歳オーバーの運ちゃんとのコンビですから
人も車もロングでハイスピードに耐えられるように整備が必要です





当日・・・私達がムチャしないよう実弟がお目付け役に来てくれました(笑)
元ワークスメカニックの目で走りのチェックと指示、マシンチェック、撮影などをしてもらい
ホンダ勢はS耐レーサー瀬戸氏と瀬戸自動車軍が・・・yuta達を含めS2000が凄い台数です
この布陣がありがたく、安心感も伴った贅沢な走行です





上、中、初級の各クラス約50台編成、総数約150台、走行は午前1本、午後1本(各50分)
鈴鹿は初走行なのですが、どういうわけか上級クラスになりました(笑)
yuta率いる「作手零震愚」も同じく上級
その面々はyuta、K君、M君のALT常連と、初心者のT君のS2000四兄弟
・・・T君は初心者といってもALTでyuta達に鍛えられていますから大丈夫でしょう
私も含めて全員ラジアルタイヤで鈴鹿に臨みます





レーシングコースということもあり、ハイパワーなマシンやSタイヤ装着車が目に付きます(冷汗)
パワーマシンやSタイヤに伍してどの程度の走りができるのでしょう?・・・それも楽しみです





大御所もみえるので挨拶回り・・・
レースや、タイムアタック競技など、ガチな時は近付くことも恐れ多いものですが
走行会は和やかにお話ができるので、これも楽しみの一つです
大御所OZ様、今日はナンバー付きエボにラジアルで、にこやかにトップ争い






大御所ロッシー様はレースカーを我が子のように愛でながら楽しまれています・・・
40年以上前のTA22でターボカーをブッチギっていきます






GTマシンが出現、テストのようです
私とK君は即座に食い付きましたが・・・工具フェチの2人の視線はマシンではなかったりします
 「アルミ削り出しのベースで水準とってますよ、アライメントですかね?おやっさん?」
 「コーナーウェイトじゃないかな?おっちゃんも削り出しで造ろうか?(笑)」
 「イケてますね~」
かなり不気味なGTウォッチングでした(笑)






マシンを鈴鹿仕様に準備・・・
車高バランス、アライメント、エアロ、ブレーキバランスなどでややダルでアンダーセッティング
高速コーナーを踏めて、走行抵抗を減らして速度を稼げるよう若干の調整
安全装備強化、油脂類交換強化、レーシングパッド、冷却強化、外装及びエアロ補強・・・
などなど、高速コースを安全快適に走れるよう少しリセットしています
リセット後のテストはできなかったのですが、まあ大丈夫でしょう
・・・「壁」と言うだけあって、ここ鈴鹿でも出走全車中で最も屋根が高いです(笑)






運ちゃんも鈴鹿仕様にチューニング
レーシングデザインのメカニックスーツを着て、気分は上々
田舎者のショボくれオヤジが 「にわかレーサー」 になりました(笑)
夢の舞台で、親子で写真を撮る・・・こういうのは嬉しいものです






当日の天候は曇り~雪~晴れ、風は冷たく気温は一ケタ、路面はドライ
前日にかなりオイルが出たそうで、少し危ないようですが・・・安全第一で楽しめればヨシ






フォレスターの妖怪振りは、鈴鹿でも際立ちます
ピットレーンに並ぶと、恐怖の眼で注目を集めて大人気でした(笑)





さて、憧れの鈴鹿を走ってみます・・・タイヤを揉みながらコース観察
踏込むとブースト計が跳ね上がり、1.6kg・・・久し振りに200kmオーバーに入ります
車高バランス、アライメントなど鈴鹿セットは目論見通り良い感じ・・・
うむ、素晴らしい・・・西の聖地、夢の鈴鹿は想像以上にテクニカルで難しく
2速~5速までのコーナリングが楽しめる面白いレイアウト・・・全開率、高いです
燃圧が少し狂っているのか?気温が低いからなのか?
A/Fがリーンな領域を少し感じるため、モニターを見ながら踏み方を勘案・・・





抜きにきた他車がスピンしかかり、私は右に逃げて脱輪・・・右リヤ足がズレてしまいました
両者ともに無事・・・ぶつかってしまうと只事では済まない速度なだけに、何よりでした
左コーナーで挙動が不安定になってしまいましたが
測定具は無いし、壊れていないので、このまま安全運転でいきます





7000rpm縛りで様子見・・タイムは 2′36″
その後オイルが出たため、これが1本目のリザルトになりました
皆さんも同じくコンディション的によろしくないようで、こんな程度でも全体の上位のようですが
ミスやロス、踏めない所など盛り沢山、走りの自己採点は20点・・・落第です(笑)
午後はコース習熟を進めて、落とし物(ミスやロス)を拾ってみます





私とK君のランデブー中に抜いて行った車が目の前で炎上・・・(滝汗)
私達は煙とオイルを被り、滑らないよう避難走行・・・あ~あ、またオイル出ちゃったよ(笑)
2人とも盛大なオイル旗の祝福を受けながらスゴスゴとピットイン
この他にもたいへん多くの出来事に遭遇しましたが
鈴鹿はハプニングが割と多く、ハイスピードで危険回避する判断とウデも必要なようで
「過酷なスズカ」と言われるのも何となくわかります






皆で楽しくお昼を過ごし、各車午後のヒートへ向けて準備・・・
FSWと同様にピットが広く、造りも良いので整備がはかどります
路面、コースレイアウト、設備・・・さすがは国際レーシングコース
フロアジャッキがコロコロ転がるだけで私は感動しました(笑)





2本目は少しでもコース習熟しようと踏んでいくと、yutaを発見
寿命間近のエンジンを労りながら、走り方がイマイチ掴めなくてお悩み中の様子・・・
ならばアタックはひとまず置いといて
ここはひとつ息子のために親子の語らいをせねば・・・





ビタ付けしてノーズインタイミングや入れ方を見せながら
前に出てハイスピードからのアプローチや加速を見せながら
迷う息子を見守り、励まし、道を示し、その楽しみ方を走りで話しかけていきます
何か一つでも得てくれるものがあればいい、何ラップでも可能な限りそれを繰り返します・・・
これがやりたかった、こんな会話がしたかった
大きなコースはこういうことが出来るのも醍醐味です





終了間際に午後唯一のアタック・・・そしてチェッカー・・・
・・・・・・ 2′34″ がはは! 息子よ、やっぱオヤジもヘタクソだわ(笑)
総合約150台中の18番手・・・もう少し上にいきたかったのですが
親子で楽しめ、無事走り切れたのでヨシとしましょう(涙目)
残念なことに途中でカメラが止まってしまったため、ベストラップはありませんが
かいつまんで走りの様子をご報告・・・赤面の至りです(笑)






作手零震愚も車を壊すこともなく全員無事に走り切りました
寿命間近なエンジンのyutaはコーナーでタイムを稼いでエス四兄弟の一番時計
そして全員タイムアップ・・・みんなよく頑張った、楽しんだ、無事に帰った
何よりも大切な事 「無事これ名馬」 です





この鈴鹿に向けてチマチマとマシン整備、調整、強化を進めてきましたが
過酷な鈴鹿を何事も無く、快調に走ってくれました
とうふ号よ、ありがとう・・・帰ったら、また整備してあげるよ








初めてのコース、久し振りの高速ステージ、久し振りに実弟やyutaとともに・・・
こういうのもいいものです。

時速200kmを超える非日常のスピードで、楽しみ方を示しながら、親子で走る・・・

一歩間違えれば命を落としかねないその世界で
必死の息子は私の行為の意味を充分に汲み取る余裕はなかったことでしょう
しかし言葉では伝えられない会話を、その瞬間に交わすことはできたように思います。

そして、追い付けない、遠ざかってゆくオヤジの背中を目に焼き付けて
 「いつか抜き去ってやる」 という力にして成長してくれるならば
ヘタクソながらも走りを見せた甲斐があるというものです。

もしかすると、このような事は一生に一度・・・となってしまうのかもしれません。
しかし私は、この時を生涯忘れることはないでしょう。

  yutaよ 「素晴らしいおもひで」 を、ありがとう! 

Posted at 2017/02/18 19:37:19 | コメント(10) | トラックバック(0) | サーキット | 日記
2017年02月01日 イイね!

久し振りの親バカブログです。

長男yutaのALTランキングを見ると・・・

 「29.・・・」

様々なトラブルやブランクを乗り越えながらALTをアタックすること4年あまり・・・
実弟、ショップ、エキスパート、お仲間・・・周囲の皆様のご指導、ご協力を頂きながら
ひとつの目標である30秒の壁を突破しました。





運転技術の無さなのか?ハンデがあるが故なのか?ナーバスな初期型エスだからなのか?
何度も何度もコースアウトしたり
デフ、ミッション、足周り、ブレーキ、フレーム・・・ありとあらゆるところを壊し・・・

そのたびに不屈の信念で蘇らせながら
走りを学び、ハンデ故の走り方を探求し、模索し続けて辿り着きました。

4年前に綺麗だったノーマルのエスは、今やデコボコのキズだらけ、ヒビだらけ
元気だったエンジンは、1600ccのシビックに追い回されるほどスカスカになり
タイヤは安く譲り受けた中古・・・yuta曰く「極上のグリップ」だそうですが(笑)・・・





   オヤジ、明日29秒台に入れるぞ・・・明日はやるよ

    
夜遅くに、珍しく走る前に顔を出してそう言った時の、穏やかで、しかし自信に満ちた顔に
今までとは違うものを感じて、これはいけるな、という確信を私も持ちました。


挫折を繰り返してきた息子にとって
自ら課した目標を成し遂げた達成感や喜びはひとしおでしょうし
またひとつ自信もついたことでしょう。
私も非常に嬉しいものです。

そしてこれは「ハンデを持つ者でも速く走ることができる」という証明でもあり
yuta本人だけでなく、ハンデをお持ちの方に勇気や希望を持って頂けることであると思うのです。

その意味でも、不出来な息子ながらよくやってくれた、という思いがあります。

この先は私を墜とすことを目標にしていますし、そうでなければなりません。

走り始めた頃に約束した、息子との戦いが楽しみになってきました。
Posted at 2017/02/02 22:13:45 | コメント(4) | トラックバック(0) | サーキット | 日記
2017年01月28日 イイね!

お出かけ日和です
走行25万km・・・お気に入りのマシンもゴキゲンです





今年3回目?4回目?またまたFG(ファクトリーギア)豊橋店です
澤山店長に「今年4度目ですね~」と教えてもらいました(笑)






今日はSnap-on、STAHLWILLEと並ぶ、私の愛するKo-kenさんのフェアです
大好きなZ-EALを主にKo-kenが展示され、絶版工具、非売品まで・・・
嗚呼・・・素晴らしい






大袋にいっぱい・・・(笑)
欲しかった工具がゲットでき、感無量・・・






オマケもいろいろ・・・子供の時からオマケが大好きです(笑)






FGと言えば、その先はお約束のあの場所・・・
KM1を急襲すると・・・緒方社長の迎撃を受けました(笑)
見事なスクランブルに感服・・・大満足です






ゲットした工具を早速お試し・・・ガシガシ使って・・・
買ったその日にキズだらけになりました(笑)
いいんです、工具は使うためにある・・・至福のひと時です






愛するKo-kenを存分に楽しんだ1日
そして明日もゲットしたKo-ken を使ってガシガシとマシン整備・・・
走り、KM1、工具、チューニング・・・素晴らしい人生です


Posted at 2017/01/29 00:20:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | 工具 | 日記
2017年01月22日 イイね!


SM趣味はありませんが、マシンに関してはドSな私です
叩く、掘る、炙る、切る、縛る・・・大好きです・・・ちょっとエロ入っていますね(笑)





そんなドSな私ですが、下回り整備の時に気になっていたものを対策してみました
オイルパンドレンに穴を掘り、フレームに穴を掘って・・・・





縛る!






MTドレンも同じく・・・掘る!亀甲縛り!(笑)






オイルエレメントも・・・締め上げて縛る!





おやっ??タービンサポートのバンテージが消失しているぞ
バンテージでグルグル巻き上げて、グイグイと縛る!締め上げる!
バンテージにワイヤーが食い込んでエロいです(笑)
ハアハアしているそこのアナタ・・・やりたくなってきませんか?





単車時代から色々縛っていた、緩み脱落対策のひとつであるワイヤーロック
車、単車、設備、航空機にまで・・・何にでも使える、古くからある方法です





これは決して難しいものではなく、ワイヤーツイスターでワイヤーを捩じり、締め上げ、縛るだけ
ツイスターさえあれば、誰でも比較的簡単に行えます





大好きな「縛り」は、MILBARのワイヤーツイスターを使っています
Snap-onなど一流各社のOEMとして有名・・・素晴らしい逸品です
今は安くて良さそうなノーブランド品をネットで買うこともできますね





車ではあまり馴染みのないワイヤーロックですが
緩みやすいところ、緩むと大変なことになるところで
良い対策が施せない場合、非常に有効な方法であると思います
心当たりのある方は、このエロな世界にトライされてはいかがでしょう?


Posted at 2017/01/23 21:08:19 | コメント(4) | トラックバック(0) | 整備 | 日記
2017年01月21日 イイね!


1月2日にALTを走行し、僅かながらベスト更新しましたが、代償もそれなりにありました





当日はフロント20mmスペーサーのテスト走行






代償はコレ、タイヤがガチ当たりして危険が危ない状態・・・フルアタックを断念しました






タイヤハウス内ボディの繋ぎ合わせ部分にヒット・・・コレでバーストを目撃したことがあります
危険が危ないんです、フェンダーならば、その場で叩いて逃がすのですが・・・






ここにヒットするとインナーフェンダーは一撃で潰されてしまい
その下のエッジ状に立っている繋ぎ部でタイヤを縦に切り裂きます
私は予防の意味でココにドア用のゴツいモールを被せていたので切れずに助かりました





モールはコの字状の金属が入っており
背板の面積で受け止めてくれたのでタイヤが切れなかったようです





繋ぎ部を切り取るわけにはいかないので、叩き曲げ・・・硬くて曲げるのは大変です
カゼで弱った体力と、か細い腕で片側2時間・・・左右合計で4時間・・・





ついでにフェンダー爪部を切り込んでしっかり折り曲げ





フェンダーのエラも切り込んでしっかり折り曲げ






フェンダーのプラプラをガツンと固定・・・
前々日に40度の高熱、前日は38度の熱・・・勿論工事当日は平熱でしたが
高熱を出した後なのでヘロヘロでした・・・歳ですね(笑)






折り曲げ部全てを丁寧にバリ取り、シーリング、塗装
ラリー板金完了・・・全て合わせると、15時間ほどの作業です





もう一点不具合を直さなければ危なくて走れません
きっちりと直して再びALTに挑戦し、最終テスト・・・そして鈴鹿へ・・・・
危険を感じたり、見つけた場合・・・速さは置いといて
安全最優先で対策、チューニングすることが走るうえで最も大切な事と考えて取り組みます
走ることは面白い反面、大変なことも多いものですが
焦らず、苦痛とせず、修理調整をも楽しんでいけることが大切だと思います
Posted at 2017/01/21 21:48:37 | コメント(4) | トラックバック(0) | 整備 | 日記
プロフィール
「USA SIMPSONコンプリート」
何シテル?   02/25 00:26
SF5B型でミニサーキットでのタイムアタックを楽しんでいます。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
リンク・クリップ
ガレージKM1 Facebook 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/09/25 22:52:44
 
フォト蔵 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/09/07 21:45:45
 
Garage KM1 
カテゴリ:ショップ
2013/02/17 10:35:39
 
お友達
実際にお会いした方
「本気の走り」の志をお持ちの方
宜しく御願いします。
72 人のお友達がいます
peteru10peteru10 * まめぞ~まめぞ~ *
みすた~みすた~ * エアポートマンエアポートマン *
コバやん@GVBCコバやん@GVBC * しろててしろてて
ファン
199 人のファンがいます
愛車一覧
スバル フォレスター とうふ号 (スバル フォレスター)
24万km走行の特攻&通勤マシンです。 〔Eg〕 EJ207(GDB)メカフル 175 ...
スバル レガシィ スバル レガシィ
実弟 はんぺん@BC5の戦闘機 足:RG車高調(KM1) スプリング:(F)RG10k ...
スバル インプレッサスポーツワゴン スバル インプレッサスポーツワゴン
FFの1.5R AT 完全ノーマルのカミさん用です。 燃費が良く静かで快適な車です。 シ ...
ホンダ S2000 ホンダ S2000
不動の改造車を超格安購入 中古部品を駆使して長男がノーマルに戻して蘇らせました ベース ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.