車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年11月27日 イイね!


久し振りにアライメント測定調整を行いました・・・約1ヵ月振りです。

私はトレッド、トー、キャンバーしかやらないので、それだけを「アライメント」としていますが
トーやキャンバーが少し変わると・・・具体的には10′(10′=1°の1/6)変わると・・・
これは目で見ても全くわからない変化量なのですが、ハンドリングは変わってしまいます。

さらに直進性やタイヤの摩耗、果ては燃費にまで関わってしまうほど・・・
アライメントは非常に大切なものと考えています。

しかし、DIYで、少ない機材と環境の悪さも手伝って
たった3項目のアライメントがなかなか上手く、納得いくようにできないのです。
マシンを停めている、うねりのあるアスファルト路面・・・これが根源です。
そこで、悪さを補うために少し改善を加えて、アライメントの精度アップをトライしてみました。



手持ちのイケヤフォーミュラを用いて、トーとキャンバーを測定調整しています





アライメントを行ううえで、いつも「欲しいな~」と思っていたもの・・・
それはターニングラジアスゲージ、スリッププレート、平行架台・・・
これがあれば、かなりのお悩み解決は間違いないのですが、そうそう買えない夢の機材です





こんな感じで出来るのが憧れなのです・・・
欲しいな~・・・でも、高いよな~・・・どうしようか? と悩むこと暫く・・・





ラジアスゲージまでは必要ナシと考えて、スリッププレートと平行架台を庭で造りました
とうふ技術研究所お得意のお安い仕様でフル設計フルDIY製作・・・けっこう時間がかかりました
内部は設備用鋼球(ボール)とバネを仕込んだコロコロ式でXY方向及び回転が自在の本格仕様
スリッププレートなのでXYガイドレールは仕込んでいません
安く、軽く、それでいて性能を満足するための工夫はたいへん面白いものです





ちょっとテストを・・・
後ろにスライドしたり、回転させたり・・・とてもスムーズです






手を離すと「スルリ」と定位置に戻ります・・・うむ、よろしい
私は庭で茶をすすりながらニコニコ・・・カミさんの眼は冷ややかです(笑)





後輪を測定調整したかったので、早速使ってみます
前輪は輪留め付きの架台、後輪は架台にスリッププレートを載せます
それぞれ高さを揃えたうえで水準器で平行確認
調整はレベルアジャスターで、平面度の悪い路面でも高さ、平行を確保できます
レベルが出たらタイヤを載せます
前輪をやる場合は前後ひっくり返して行います





車を載せて安全性と機能チェック
前輪側の輪留めが効いて車は動かず、しかし、スリッププレートはきちんとスライドします
架台強度は3倍以上の計算・・・キシミ音、ユガミはなく強度が高過ぎるほど・・・
全ては設計通りで当たり前なのですが、上手く出来た時は嬉しいものです





トー、キャンバーを微調整・・・調整ボルトを少し動かすだけでもスリッププレートが忠実にスライド
アライメントゲージの目盛も精密に動いていい感じ・・・
スリッププレートに載せたまま、潜って調整→測定→調整→確認 はい、オッケー!
試走は、ハンドリングも直進性も納得・・・試走後測定もOK・・・完璧です
これも設計通りと言えばそれまでですが、小躍りしたくなるほど嬉しいものです






今までは
測定器取付→測定→ジャッキアップ→調整→ダウン→測定器外す→車を動かす→定位置停止
(これを何度も繰り返して詰めていく・・・一日がかり)
であった作業が
スリッププレートに乗せる→測定器取付→測定調整→測定器外す→ダウン で済むようになり
今までの苦労は一体何だったんだ??と言うほど良いです
手間は1/3~1/4に大幅削減、体力的負担はそれ以上・・・
もっと早くやっておけばよかったなぁ・・・私の人生はいつもコレです(笑)





一発でアライメントが決まってゴキゲンです
しかし、こんなに便利だとまずい・・・yutaに狙われてしまうよな~
と、ほくそ笑んでいると、yutaが突然現れて、いきなりバレてしまいました(笑)
   y:おっ?いいモン造ったな~、オレのためにまた頑張ったんだよな、ご苦労ご苦労・・・
  父:がはは!オマエにゃイケヤもスリッププレートも貸さんぞ(笑)





仕上げのバリ取り、塗装、マーク・・・それっぽくなりました
年間を通じてかなりの回数行うアライメント測定調整ですが
より正確に、楽に、早くできるようになりました
親子ともども・・・ますますアライメントオタクになれそうです
新たなる秘密兵器開発は大成功・・・うむ、よろしい
Posted at 2016/12/03 19:43:55 | コメント(2) | トラックバック(0) | 工具 | 日記
2016年11月20日 イイね!

大したことではありませんが空気について考えてみました。
地味で退屈なお話ですが、興味をお持ちの方や、暇をもてあましている方はご覧下さい・・・・


タイムアタックの時にタイヤの空気圧に悩まされることがあります
「空気圧OK」と思ってアタックすると、グリップ感が低くてタイムが出ず
ピットに戻って空気圧チェックすると、またまた上昇している・・・という具合です




そんな時の窒素ガス・・・GSでもよく勧められますが・・・
そもそも空気には窒素がかなりの割合であります、70%以上ではなかったでしょうか?
それなのにどうして窒素ガスが良いのでしょう???




窒素は空気よりタイヤゴムの透過率が低く抜けにくい
 →確かに空気中の酸素は抜けやすく、窒素は抜けにくいと言います
窒素も熱で膨張するが、精製窒素を入れることで水分をゼロに近付けられる
 →膨張度合を抑えることができる・・・なるほど
水が気化すると体積が1000倍以上に膨張するそうで
少しの水分混入がタイヤエアの膨張を増加させてしまうそうです




しかし、頻繁にエア調整するので窒素ガスは非現実的です・・・う~む




F1はどうなのか?
F1はレギュレーション上窒素ガスが使えないそうで、どうしているのでしょう・・・?
なんと水分のない空気を使用・・・答えは「ドライエア」でした
ドライエアを使うことで空気圧の精度が上がるそうです・・・なるほど~
ちなみに乾燥空気と窒素では、膨張率は殆ど変わらないそうです




私の職場ではスクリューコンプレッサーで圧縮空気を作り、冷凍式ドライヤーを通して水分除去
ドライヤーメーカーは公式に謳っていませんが概ね95%の水分を除去していると聞いています
これをドライエアと呼んで良いのかわかりませんが、確かに設備側には水分が出てきません・・・
工場の圧縮空気を採取して湿度を測ってみると・・・湿度は10%未満でした




RE-71Rに充填されているエアを採取して湿度測定してみます
レシプロコンプレッサーの圧縮空気をドライヤー無しで入れたものです
湿度52%・・・かなり水分が入っていると言えます、採取したビニル袋が曇りました(笑)
もしかするとタイヤ内は結露しており、多くの水分があるのかもしれません





小型レシプロコンプレッサーはアフタークーラーも無く、勿論ドライヤーも装備していませんから
水分除去は全く期待できないコンプレッサーです
しかし、小さな工場やALTなどは小型レシプロが当たり前・・・
つまり私は水分の多いエアをタイヤに入れて、空気圧を一生懸命見ていたことになります
そしてこれが一般的であるとも言えます




私のような素人でもドライエアを入れられないものか・・・?
冷凍式ドライヤーを持ち歩くのは不可能、200Vも要るし(笑)・・・NG
フィルター式がありますが大掛かりで高額過ぎます・・・NG
遠心式も同じく大掛かりで高額過ぎます・・・NG
う~ん・・・・




思い出した!空気乾燥管という方法があるじゃないか!
筒の内部にシリカゲルを入れた簡易型ドライヤーで
どの程度水分除去できるのかわかりませんが
小型のものなら製作も簡単で持ち運びもできます




コンプレッサー側はカプラ挿込、タイヤ側はバルブカプラ式の小さな空気乾燥管を造ってみました
ALTでエアを入れる時にも使えます




どの程度の乾燥空気ができるのか?空気乾燥管を試してみます
湿度44%の空気を乾燥管を通して・・・
適当に造ったものだし、シリカゲルなんてお手軽なものだし
10%も減らせられれば上出来、と思いながら、温湿計を入れてみると・・・





湿度は何と12%!・・・予想以上に水分を取り除いてくれて、びっくりです
砂漠よりも湿度が低い空気を造ることができました(砂漠の湿度:約20%)
素晴らしい!ドライエアとは呼べないものの、かなり低湿度の空気が手に入れられます




RE-71Rの湿った空気を抜いて、空気乾燥管を通したエアを入れます
抜いては入れ、抜いては入れ・・・を気の済むまで繰り返して・・・ハアハアハア
フットポンプを使ったので体力カラータイマー点灯・・・死にそうになりました(笑)




52%の湿った空気が入ったタイヤと、12%のドライエアを入れたタイヤを天日に当てて
空気圧上昇度合いを比較してみます
ドライエアを入れたタイヤには、まだ水分が残っているかもしれませんが・・・
ついでに私も茶をすすりながら日向ぼっこします(笑)




薄曇りのためタイヤ表面温度が約40℃までしか上昇しませんが、0.05kgの差がありました
予測として破線で延長して・・・60℃での予測差は約0.1kgになりました
たかが0.1kgですが・・・走るとその違いがわかる圧力差です




ところで・・・シリカゲルはどのくらい水分を取ってくれたのでしょう?
あらかじめ乾燥状態のシリカゲル重量は測ってありましたので比較します
使用前:52g 使用後(3回入れ直し):55g
通したエアが何Lであったかは測定していませんが、3gの水分を吸収してくれたことになります
仮に 3g=3ccの水が結露して温度上昇とともに気化すると・・・
1000倍以上になりますから 3L以上の体積になります




とうふ流シリカゲル再生方法
やり方は簡単・・・フライパンや適当な器などで炒ってやればよろしい
欲張って炙り過ぎると粒子がペチペチと音を立てて割れてしまいますから
遠火で優しく水分を飛ばす・・・が良いと思います
水分が抜けてくると色が青、水色などに変わるシリカゲルもあります




乾燥させたシリカゲルは密閉容器に保管しておきます
空気乾燥管への充填を考慮してペットボトルに入れてみました
シリカゲルの吸湿量は概ね自重の10%(A型、B型で違うようですが・・・)
今回造った乾燥管に入るシリカゲルの量は50gなので、5gの水分を取れます
テストでタイヤの空気全量を3回入れ直して取れた水が3g・・・・
ALTでエアをちょいと補充するには十分な容量ではないかと思われます



F1に学ぶ
些細なものですが走りの質を高められるものと信じて・・・
次のALTが楽しみです
Posted at 2016/11/20 22:20:44 | コメント(2) | トラックバック(0) | とうふ技術研究所 | 日記
2016年11月12日 イイね!


ひょんなことからIR(Ingersoll Rand)コードレスラチェットレンチ(IQ v12series)を入手しました







Ingersoll Rand(インガソール・ランド)・・・
100年以上前に誕生したアメリカの一大メーカーで
様々な事業展開のひとつにインパクトなどの動力工具も手がける世界的メジャーブランド
車好きにとっての身近なところでは
NASCARで「Ingersoll Rand RACING」を擁して活躍
そして国内ではコードレス工具を主体にKTCのOEM供給を行っています
また、その他メーカーのOEMも行っているとも聞いています
しかし、実際に目にしたことはなく、ネットでしか見ることのない高性能でブルジョアな工具・・・
田舎者の、しがないサラリーマンの私にとって、IRのコードレス工具は「夢、幻」の存在です





エアラチェットの便利さを知って以来、コードレスラチェットが欲しかったのですが
国産品はなく、知り得るものはIRをはじめ、海外メーカー数社程度・・・
しかも日本ではマイナーなのか?需要がないのか?現物を見たことは一度もありません。
国内の情報も乏しく、どれもが高額なこともあり、簡単には手を出せない工具でした。

ところが、よく行く工具屋さんで・・・

いつもは訊くこともないこの工具について尋ねてみると、なんと在庫が一台・・・
IRのコードレスラチェットがある事自体が驚きだったのですが
あろうことか、アメリカ本国並みの破格値で手に入れることができました。


運? それとも 縁でしょうか?? 
無いだろう、高くて手に入れられないだろう、と思い込んでいたものが
ダメもとの一言から、あっけなく手元に転がり込んでくる・・・
その予期せぬ突然の出会いに何とも不思議なものを感じました。


Ingersoll Rand IQ v12series
コードレス ラチェットレンチ
DC12V 差込角3/8"(9.5mm)
バッテリー、充電器、バッグ付き
 型式:R1130JP-K1(日本仕様)
 全長:280mm
 電圧:DC12V
 バッテリー:BL1203(12V 2.0Ah Li-ion)
 無負荷回転数:260rpm
 最大トルク:40N・m
 締付能力:普通ボルトM10
 重量:0.98kg
 参考価格:72,900円(税込)






現物とご対面・・・
造りは日本製と遜色ない出来栄え・・・「The American」という感じがありません
駆動部はスチールとアルミの構成、樹脂部はグレーに赤いロゴ・・・・シブい
サイズ、重量はエアラチェットには及ばないものの、比較的小さく、軽く
コードレスなので配管や配線がなく機敏な取り回しができます
IRの廉価なモデルとはいえ、その範疇でよく造り込まれています




バッテリーは軽量で、平たい造りながらレンチ全体の出っ張りは最小限
そして小さいながらも容量2.0Ah・・・驚きです
残量表示があるとよいのですが・・・




スイッチは、いわゆるパドルタイプ・・・握り具合で回転数調整しますが
操作性は非常に良く、作動音は比較的静粛・・・音量まで配慮されているようです




照明が付いていますから、多少暗い所も視認は楽・・・年寄りにも優しいです




回転の正逆切替はココ・・・ちょっと操作感が固いかな?
どのメーカーも同じと思いますが、規定範囲(トルク)内の手動ラチェット操作もOK
手動も自動も40N・m ・・・M8(強度区分10.9)あたりになりますかね?
それ以上はメガネなど手工具による本締め、緩めになり、IRを早回しに使います
長く性能を維持するためにも駆動部の定期的な分解整備が指定されています




身長173cmの私の手には、握り具合に問題ありませんが
アメリカンなサイズなのか?コードレスだからなのか?握り部はやや太めです
手が小さい人には少し厳しいかもしれません




ボックスをセットしてみます・・・IRにSnap-on うむ、シブい




マシン整備に使ってみます
ヘッドが小さいので、アクセス性は良好で
インパクトが入らないところもスイスイと入ります




手動ラチェット操作でボルトを少し緩めて ブルルルルル・・・・
足回りのM12、M14をメガネレンチで緩めて ブルルルルル・・・思ったよりも力があります
ボルトをセットして ブルルルル・・・M8程度ならけっこう締まります
・・・いい♡♡ 作業能率がガツンと上がります・・・惚れます(笑) 





ラチェットレンチと言うだけあって、かなり使い倒すので、予備バッテリーが必要になり
IR純正BL1203を追加・・・
IRは何かと高額なうえに、入手性が良くないのでバッテリー一つにも苦労します




普段の整備のみならず、サーキットの現場でも大活躍
大事に、ガンガン使うので、これから宜しくお願いします




コードレスラチェットレンチを使ってみて・・・・
IRだからなのか?それとも、私だからなのか? 苦労はありましたが
それを忘れさせてくれるほど使い勝手良く、私を助けてくれる素晴らしいものでした
メーカーはIRに限りませんが、コードレスラチェットをお考えの方には
きっとその期待に応えてくれるものと思います





たかが “工具” たかが “ラチェット” ですが・・・・

工具に限らず、幸運や良縁があったり、その逆もあったりと様々な経験がありますが
 “運” や “縁” は不思議なものでも、湧いてくるものでもなく
その殆どは自らが行動したり、努力したり、または挑戦をすることで得られるものであることを
今さらながら、改めてこの工具に教えてもらいました。


この歳になると何事も億劫で、諦めかけることが多いものですが
人生において、カーライフにおいても、努力や挑戦はまだまだ続けられそうです。


Posted at 2016/11/12 17:37:46 | コメント(5) | トラックバック(0) | 工具 | 日記
2016年11月05日 イイね!

11月5日に新城ラリーに行きました。





KM1ブースにPB5(AT)のアタック車を展示・・・その異様さに、物凄い人気です





スーツに身を包み、イメチェンの緒方社長は絶好調・・・軽快なトークとフットワークです





最新パーツ展示と、爆安イベント商品目白押し・・・勿論買いました







各ブースを訪問・・・これだけで1日かかるほどの出展数で楽しめます
peteru博士に教えてもらいながらトルセンデフ組立のタイムアタック・・・
 楽しい~! 2人の孫を持つ「お爺ちゃん」は大はしゃぎです





懐かしのツインEg・・・年代的に実弟が造った車かもしれませんが
今見ても凄いメカニズムです
あいつ、よくこんなの造って走らせていたなぁ・・・





TTE(トヨタ・チーム・ヨーロッパ)の各マシンを観察
ワークスならではの様々な工夫にpeteruさんとハアハアしました(笑)








最新チューニング情報満載・・・資料も多数集まりました





あるフォレスター乗りの方から素晴らしい写真を頂きました・・・ありがとうございます
いつかALTを一緒に楽しみましょう





SS、デモランなども華やかに・・・今年も素晴らしいイベントでした
自動車産業が盛んで、車好きが多く、ショップも多く、安く走りを楽しめる場所も多く
誰もが楽しめるイベントもたいへん多く・・・
このような地域に住んでいることを幸せに感じたイベントでした
Posted at 2016/11/10 20:31:59 | コメント(4) | トラックバック(0) | サーキット | 日記
2016年10月30日 イイね!

とうふ家のエースドライバーyutaのメカニックとして瀬戸自動車さんの走行会に行きました



yuta S2000は、疲れてきたZⅡ☆255にウィングレスという、ちょっと面白い仕様です



ホンダを主に自然吸気の車が大半を占め、痺れるサウンドが響きます・・・・
サウンド、レスポンス、コーナリング・・・NAもいいな、と思ってしまいます



私では到底歯が立たないハイレベルなドライバーがこぞって参加
ハイレベルな走りも、考え方や取り組みも勉強になります





ホンダクレイジー「作手零震愚」の懲りない面々は、エスのワンメイク化になってきました
作手零震愚から新たに走り出す若者も、yutaプロデュースS2000を準備中・・・
このご時世に若い走り屋が増えるのは嬉しいもので、私達オヤジ軍も応援します







最近のyutaはタイムだけにこだわらず、何らかの課題を持って走る傾向・・・
あの魔王やよ~大尉、果ては瀬戸氏にまでかじりついてアドバイスを頂きながら試行錯誤
作手零震愚の走りのレベルアップは私に対する脅威へと変わりつつあります



私は火を起こして会議会場を設け、重鎮との井戸端会議を担当・・・
トップガン達との会議は、走りから人生に至るまで、そして夜のお話まで全てが深い(笑)



耐久号を拝見・・・
瀬戸氏はGT耐久、鈴鹿クラブマン、S耐も走るドライバーでもあり、メカも走りも一級品
東海地区屈指のドライバーに囲まれ、揉まれて作手零震愚も良い環境です
・・・若者達よ、感謝しろよ



若手走り屋集団の作手零震愚は特にトラブルなく走りきり、無事に終了・・・
古い車ばかりで、走り始めた頃は毎回のように何事か起こりましたが、最近はそれも少なくなり
「無事走り切り、無事帰る」という技術も向上してきました
これもエキスパートのご協力やアドバイスのお陰でしょう
走りにおいて一番重要な事ですから、実行する彼らを最も評価したいところです




走りもマナーもレベルが高く
来年、できれば参加したいと思った走行会でした
皆様、ありがとうございました
Posted at 2016/10/31 21:50:04 | コメント(2) | トラックバック(0) | サーキット | 日記
プロフィール
「アライメント調整改善・・・とうふ技術研究所 http://cvw.jp/b/349140/38948893/
何シテル?   12/03 19:43
SF5B型でミニサーキットでのタイムアタックを楽しんでいます。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
ガレージKM1 Facebook 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/09/25 22:52:44
 
フォト蔵 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/09/07 21:45:45
 
Garage KM1 
カテゴリ:ショップ
2013/02/17 10:35:39
 
お友達
実際にお会いした方
「本気の走り」の志をお持ちの方
宜しく御願いします。
72 人のお友達がいます
福助α福助α * レーシングギアレーシングギア *みんカラ公認
ISD111ISD111 * ドライダー大@ならドライダー大@なら
f 2f 2 みすた~みすた~
ファン
189 人のファンがいます
愛車一覧
スバル フォレスター とうふ号 (スバル フォレスター)
24万km走行の特攻&通勤マシンです。 〔Eg〕 EJ207(GDB)メカフル 175 ...
スバル レガシィ スバル レガシィ
実弟 はんぺん@BC5の戦闘機 足:RG車高調(KM1) スプリング:(F)RG10k ...
スバル インプレッサスポーツワゴン スバル インプレッサスポーツワゴン
FFの1.5R AT 完全ノーマルのカミさん用です。 燃費が良く静かで快適な車です。 シ ...
ホンダ S2000 ホンダ S2000
不動の改造車を超格安購入 中古部品を駆使して長男がノーマルに戻して蘇らせました ベース ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.