• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

STAGのブログ一覧

2011年04月24日 イイね!

《D5000撮影記 第127回(最終回)》つまり、好きに撮ればいい前に、さらば!D5000

《D5000撮影記 第127回(最終回)》つまり、好きに撮ればいい前に、さらば!D5000どもっ!D5000(中古)を購入して2ヶ月経ちますが・・とうとう里子に出してしまった緋色のヴォルペルティンガーなんですが・・いかがお過ごしでしょうか?まぁそうは言っても・・こないだ某弟にあって話をしている時に・・

「べっ・・別にやる気があるんだったらそこそこ安く売り払ってもいいんだからねっ!」

・・・とツンデレっぽく言ってしまいましたが・・事の発端はそれで・・とりあえず某弟に売ってみることにしました。但し・・

「レンズは無しって話です~♪」

・・・と言うぱなしの歌を口ずさみながら、さすがにレンズはF2.8通しレンズ2本なのでまぁ初心者には余り売るのもなーって感じだったので、レンズを購入する協力をすると言う事で売る事に。

思えば・・Nikonユーザーは私の周りは某K氏といとこの旦那しかいないのですが・・ここまでD5000ユーザーが増えてしまったら・・D7000の私は直地辛い所ではありますけどね・・

さて・・まぁ売却するのは、某弟に新しい境地を開いてもらおう(その前に、コミケとかフリマとかで猛威を振るわれるのは元所有者としてもちょっと困惑な部分もありますが・・まぁそうは言ってもそう言う事も一つの趣味なんだろうしとりあえず何も言わないw)と言うのがまず一つの企みではありますが・・まずは某弟の意向を聞かないことにはと言う事になって・・とりあえず渡して適当に撮ってもらった。

某弟は眼鏡掛けているので、D5000のファインダーのサイズだとやや小さいと思うので・・そこら辺は薦めるのに躊躇したのだが・・まぁ結局は・・

弟:「これ位なら大丈夫だと思う」

・・・って事で本人結構乗り気ではある。まぁD5000の優れている部分はエントリーでありながらD90に肉薄している4コマ/秒と言う連写性能があるのだけどね・・(ちなみに、某Kissでも3.7コマ。体感的にも速く感じる。)

その後、とりあえずセコハンからKムラ2件をはしご・・当然「レンズ購入の指南」の為ではあるが・・とりあえず20万円クラスの大三元レンズを薦めたがさすがに・・

「金無いっすよニヤニヤ」

・・・って事で・・ここは中古レンズを探す事にした。とりあえずあては結構あるので・・通販で闇雲に探して・・帰ってから某弟にメールを送ったが・・やたらと安いレンズが見つかったので・・きっとなんか憑いているんだと思ったりするw

まぁそうは言っても中古で(某弟にちなんでさすがに)お眼鏡に掛かるものもそうそう近所にはある事もなく・・やっぱ帰ってからメールをしようと言う事になった。

その後、F山のフラカッソにて・・一連の操作を教えておいた。さらに・・D90ではあるがムック本(ボタンの操作は違うが・・基本的なものは一緒なので・・)を貸し与えてべっ・・勉強しておくように!と念をおして置いた。

思えば・・初心者で結構ミドルエンドのデジタル一眼を購入される事もあるだろうが・・「大は小を兼ねる」って言い分も間違っちゃあいない・・と思う。ただ・・私もそうだったのだけど・・D40ですら機能の60%程度しか使わないのに・・恐らくハイアマ機を買ったところでマニュアルを見ていきなり頓挫するだろう。それだけ・・覚える事もデジタル一眼では多いのだ。

だから・・某弟にD5000と言うエントリーモデル(より厳密に言うと若干上なんだがw)を分け与えた方が、とりあえず彼の為にはなるだろうと思い・・泣く泣く売却を決意した。ストラップだけはNikon純正の「For Professional」と書かれたワイドストラップなんだけどね・・今のままでは・・明らかに名前負けはしているな・・但し・・違う分野では既にプロフェッショナル顔負けの知識を持ってるけど・・ねぇwww

さて・・「レンズに貞子が憑依するか?」見ものである。願わくば・・笑わせてくれw(今日のブログは意味不明すぎるww)

GWは某弟を連れ出せ!使い倒せ!で・・とりあえず修行三昧の日々を遅らせて「立派な魔族に」育て上げようと思うw
Posted at 2011/04/24 21:25:07 | コメント(2) | トラックバック(0) | DSC Photos | 日記
2011年04月11日 イイね!

NO!と言えるかどうかはこれからなんだけど・・その前にやっておきたい事が・・

NO!と言えるかどうかはこれからなんだけど・・その前にやっておきたい事が・・どもっ!昨日の庄原桜巡りをして・・今日はいにしえにやった股関節部分の肉離れの影響か?その部分がまさに「疼き強し」って感じの緋色のヴォルペルティンガーなんですが・・いかがお過ごしでしょうか?何気に子供バンド(正しくはうじきつよし・・ねw)入ってますが・・古いノスタルジックは年齢がばれるのでやめときましょう・・orz

さて・・今日はとりあえずカメラのメンテナンスをしながら・・次の活動計画なんかを考えていましたが・・とりあえずこないだの「ソフマップレンズ紛失事件?」の代わりのレンズをずっと考えながら就業してたりしまして・・まぁこの話はお金がちゃんと戻ってきてから・・と言う事で一応解決済みを押させてもらいますが・・

今日は会社に帰ってから・・とあるファームウェアの書き換えを行っていました・・それは・・

「D5000の歪み補正データ」

です。まぁD90も一緒なんですが・・これは・・

「ゆがみ補正データは、撮影時または画像編集時に、たる型のゆがみや糸巻き型のゆがみを補正するためのデータです。ゆがみ補正に対応するカメラに組み込んでご利用いただけます。」

・・・って事でとりあえずは「入れておいたほうがいいんじゃね?」程度のものではありますが・・ファームウェアを見ると1.001だったので・・最新版を入れておきました。ちなみにこれ・・ニコンではD5000とD90しかデータ出てないのですが・・大丈夫なのかな?

で・・入れて見ましたが・・とりあえず違いは殆ど分からないと思います。歪み補正データが必要な広角であれば・・歪み補正をONにしていれば自動的に補正されて・・広角のたる型やら望遠の糸巻き型を緩和できるみたいですね。つーことでとりあえず入れて見ました。

あとはこのデータって「純正のニッコールレンズ」でないと保証されないらしい。まぁもともとレンズのデータを上書きするのだから・・そりゃあそうだと思う。(タムロンやシグマを使っても、このデータは保証できませんと言う意味。使えないことではないが、そこに純正使用のメリットってのはあるんだろうな・・)

次・・

先週いとこの旦那で・・D5000を私が買ってもらった親戚がある(レンズの使い回しが出来るw)のですが・・やはり後継の・・D5100の存在ってのは気になっている模様・・個人的には・・まだD5000も数百ショットしか撮影していないのだから・・時期尚早だと思うが・・まぁ新しいものってのはやっぱりそれなの商品価値と言うか魅力があるもんね・・

つか・・D5000も先週からサブとして1200ショット程度撮影したが「申し分ない」性能っすね。D90を使っていた私にとっては「機能の引き出しが一手間多い」と感じるだけで・・まぁ選べる項目も少なくなってはいるが、写りに関してはD90の後発だけあってAWBの安定さとかはよくなったかな~って思う。2.7インチの背面液晶はちと辛いが・・まぁよく考えたら私はD40時代に2.5インチの同等のもの使ってたからなぁ・・ピンを詰めるのがそれで怪しいと言うなら連写して余裕を持たせるしかないし、フラッシュを使ったら大概ピントはでる。ノーフラッシュの時はレリーズは連写しかないと思うけど・・それは昔からそうなので・・

D7000をメインで使う私は・・例えばオフ会とか・・山登りとかそう言うのはD5000を積極的に使うし、D7000はレースとか水族館とか・・まぁ「撮影時によりカメラのアドバンテージが必要な時」に使用すべきなんじゃないかと思う。

で・・私もいとこの旦那から言われたのですが・・

「D5000からD5100の乗り換えってあり得るの?」

・・って言われましたが・・答えは「NO」です。まぁ数百ショットしかしてないのであればなお更なんですが・・ぶっちゃけ「D5100に換えるなら中級機を狙うべき」とは言いました。機能を見ると・・使い勝手はほぼD5000なので・・中級機の使用環境と比べるとやはり隔世の差がありますね。例えば「ボタン押してダイヤル」なんてのが・・サブ液晶見ながら鼻歌で出来る中級機なんですが、エントリーはやはり背面モニターでメニュー出してから設定する必要ありますからね・・(勿論、ニコンはエントリーでも露出なんかはボタン+ダイヤルで出来ますが・・)

D5100はD5000の買い替えではなく、初デジ一な方とか、ビデオ機能を多用したい人とか、将来的には中級機のサブとして・・って感じでしょうね。私も買うかもしれませんが・・まぁD5000を2万ショット越える辺りかな?(今の所、大体調教出来ているのでファイルサイズ含め無問題。)

・・・・そう言えばD5100のニコンダイレクトがお得です。

ボディだと79800円と定価に近いのですが・・これに・・

○4GBのSDHC

○ネオプレーンカメラジャケットS(これ・・後で調べると4200円だったorz)

○3年安心サポートスペシャル

が・・付いてきます。3年安心サポートスペシャルは・・従来の3年保証+うっかりミスとかで水被った時とかでも保証されます。通常なら価格+5%なので・・4000円分の付加がありますからね・・3年間は安心・・と。

まぁなんやかんやで・・・そろそろD5000が中古で大量に出回るかもしれないので・・そろそろサブ機を・・と思っておられるニコンユーザーには嬉しい悲鳴かもしれませんね。
Posted at 2011/04/11 22:17:09 | コメント(1) | トラックバック(0) | DSC Photos | 日記
2011年04月10日 イイね!

《D5000撮影記 第126回w》つまり、好きに撮ればいい前に、桜の名所に今度こそ行ってきてゲキチーン!w

《D5000撮影記 第126回w》つまり、好きに撮ればいい前に、桜の名所に今度こそ行ってきてゲキチーン!wどもっ!昨日かくかくしかじかでどうしてもいけなかった庄原行きを今日敢行した緋色のヴォルペルティンガーなんですが・・いかがお過ごしでしょうか?・・・とは言え・・場所も未知数なので・・とりあえず機動力に優れるヴェクスターで行きましたが・・とりあえず今日の画像をば・・

「H23.4.10_桜(上野公園・うちの近所w)」

・・・今日行った所は・・

○庄原上野公園

○小奴可の要害桜

○うちの近所w

の3本立てです。実は庄原には桜の名所がたくさん有り・・ちょっと興味があって行こうとは思っていました・・ただ・・県北なので桜の開花が県南よりも遅いだろうと思いつつも行ったんですが・・結局その予想は当たってましたね・・

まずは要害桜なんですが・・これは東城って所を更に北上したところにあります。丁度スキーリゾート猫山やら・・道後山付近に小奴可駅って多分3セクの鉄道があるのですが、その駅の付近です。

・・・行って見ましたが・・

「つぼみ」

でした。よく考えると・・この付近は未だに温度が20度前後なので・・ぶっちゃけ咲き始めるのは来週以降ではないでしょうか?・・・ここの桜はぶっちゃけ「4月末」に咲くエドヒガンと言う桜の種類なんですが・・4月末にもう一度リベンジしますかね?

次は「上野公園」なんですが・・こちらは「桜の名所100選」に選ばれる場所で・・特に夜桜はかなり有名との事・・で・・そんなわけで小奴可を後にした私は・・1時間前後かけてそっちに行って見ましたが・・

「まだ4分咲き」

・・・程度だと思います。結構咲いて無かったですorz やはり県北はまだもうちょっと先が見ごろなのではないかと思ってしまいますね。・・・でもまぁ・・上野公園を満喫したあとに・・

「そう言えば・・近所にも名所があったな」

・・・と思い、上野公園を14時過ぎに後にして・・帰路につきました。

まぁ・・その「桜の名所」なんですが・・うちのすぐ上です。場所は言いませんが・・まぁ有名ではありますね。で・・そこは・・

「満開に近い」

位・・桜が咲いていたのですが・・昔はここでお花見をやるのがステータスだったんですけどね・・今日は桜を見に人が数人来ただけで・・結局何も無かったです。多分来週辺りはなにかやるんでしょうけどね・・

注:画像に「桜ヶ丘」って書いてありますが、そんな名前ではありません。適当に付けただけですので・・

結局・・そこで桜を撮影したのが1時間・・今日は庄原がメインだったのですが・・移動だけって感じになってしまいました。それにしても上野公園・・駐車場が少ないので・・夜桜を撮影するのはちょっと骨が折れるのぉ・・要害桜なら大丈夫だろうけど・・昼は上野公園で・・夜は要害にしようか?なんてのを思案中。

でもまぁ・・ヴェクスターのエンジン内のカーボンも取れただろうし・・結構レスポンスも良くなったので良かったとしよう。(最近までずっと近場で通勤のみに使用してたので・・)

で・・上の画像なんですが・・これはうちの近所で撮影したものなんですが・・ちょっと面白い趣向にして見ました・・それは・・

「フラッシュ撮影」

をしてみました。近場にある桜にフラッシュを当てながら・・目的の桜を撮影するのはさしづめ・・

「桜バウンス」

と勝手に命名してみましたが・・いい感じにハイキーになってくれました。・・・あとでフラッシュの光量は調整しましたが・・今日も有意義な一日を過ごせました。

・・
・・・

ただ・・今もっているレンズの両方の前玉にゴミが見えてしまったのは悲しいorz(写りには支障ないけど・・多分。)
Posted at 2011/04/10 20:44:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | DSC Photos | 日記
2011年04月09日 イイね!

《D5000撮影記 第125回w》つまり、好きに撮ればいい前に、桜撮影DE俺色ピンクに染め上げてやるゼーーーット!!

《D5000撮影記 第125回w》つまり、好きに撮ればいい前に、桜撮影DE俺色ピンクに染め上げてやるゼーーーット!!どもっ!タイトルとは裏腹にローテンションな緋色のヴォルペルティンガーなんですが・・いかがお過ごしでしょうか?さてと・・ご多忙にもれず・・今年も桜撮影に行ってきました。つか・・まぁ明日も行く予定ではあるのですが・・今日の桜撮影はとりあえず失敗と言う事で・・何故かと言うと・・

「目的地非到着orz」

・・・つまり、目的地に到着できなかったと言うジレンマもあるのですが・・とりあえず身近にあった「桜撮影の穴場」スポットみたいな箇所で撮影してきますた。かなり誤算はあったものの、桜撮影は無事終了と言う事なんですが・・とりあえず明日も挑戦してみたい今日この頃・・・まぁとりあえずは今日撮影した桜を見ちゃってください野菜ましましチャーシュウ多め。

「H23.4.9_桃より桃し - 桜」

あ・・そうそう、タイトルなんですが、D5000の為に作ったわけではなく単なるフェイクなので・・この企画が次に続くって訳ではないですが・・まぁ私は気まぐれなので・・またD5000持ち出し時にはするかもしれません。

・・・桜=萌え・・と考え、タイトルがこう言う風になってしまいましたが・・とりあえずそっち系の方々のPV数を増やそうかと言う事で・・まぁ・・嘘ですがw

今日はD5000にて撮影を行ったのですが・・まぁこれはひとえに・・

「ダブルゼータ時代、キリマンジャロでジュドーが大気圏で使いやすいゼータガンダムを使った。」

・・・と言う感じです。つまり大火力よりも機動性を重視した・・と。まぁ普通に鈍重なZZよりも・・ウェイブライダーに変形してキリマンジャロを目指す方が・・より効率的と考えたのですね・・意味不明ですがww

従ってD7000は使用せず・・D5000を使って撮影したのですが・・むしろこれが好印象に繋がった感もありますね。

桜撮影に関しては「難しいもの」と認識しています。とにかくホワイトバランスってのが重要で・・桜って白くなりがちなんですよね・・だから・・最終的にはまたPicasaを使う必要ってのもあるのですが・・とりあえず今日思ったこと・・攻略すべき事を書くと・・

~ 桜撮影の極意(?) ~

①テレ(望遠)端を積極的に使う事。広角側での桜撮影はリスクが大きスグル。

②望遠レンズを使う事。

③モードは露出を選べるものを選ぶこと。(絞り優先オートが理想的。(つか・・私はそれしか使わないので・・))

④背景を考慮する事。

⑤③の露出は+1.3前後のハイキー気味にする事。

・・ですね。これを説明するのですが・・とりあえず広角側は・・余りいい印象ってのはないかな?つか・・それでピンク色を出そうとすると恐ろしい位高い広角レンズ買わないとダメかもしれません。桜の撮影はひたすら望遠マクロ気味なのに徹するべし

絞り優先モードなんですが・・これは「露出を考慮して」の事です。まぁプログラムオートでもいいのですが、とにかくハイキー気味に露出させないといけないような気がします。

何故かと言うと、桜ってのは陰影が出ると・・普通の画になってしまう感じもするからです。花びらのピンクを出すには陰影ってのは邪魔だし、ハイキーであとシャドウを持ち上げるとちょうどいい「くっきりピンク」ってのが出ますね・・まぁこれはPicasaなんですが・・

拝啓・・いや背景なんですが・・これは重要です。上のフォトギャラリーでも・・背景を

「桜色」

「空色」

「ローキー(編集しないと出ないw)」

って感じでやってみました。木の枝は極力入れないほうがいいか・・ぼかす必要ありますね。ただ・・個人的にしっくり来たのは・・

「やっぱり背景がピンク色なのがいいなぁ・・」

って事。桜のバックグラウンドを軸に、枝の先端を撮影するのが効果がありそうです。まぁ・・望遠マクロレンズで撮影するのがやっぱりいいのですが・・

つーわけで・・私なりに纏めて見ましたが、やっぱり最後はPicasaで編集しないといい色が出ません。でも、D5000は良く頑張ってくれていると思うし、写りがD90と比べて若干ビビッドな性格で・・しかも70-300のVRレンズと併用すると、程よい画を吐いてくれるようになり・・個人的にもかなりいい撮影をさせてもらったなぁ・・って思います。D5100もそりゃあ気になりますが・・私はサブ機D5000って十分すぎるほどありえるなぁ・・とは思います。D7000では出せない画がD5000で出ますしね。勿論その逆は当然然りですがw

・・
・・・

あぁ・・こうしているうちに「悪い方向へと流れた件2件」書きそびれたorz
Posted at 2011/04/09 21:29:19 | コメント(2) | トラックバック(0) | DSC Photos | 日記
2011年01月15日 イイね!

《Nikon純正 70-300mm VRレンズ検証》寒い中、ASA ZOO撮ってきた!

《Nikon純正 70-300mm VRレンズ検証》寒い中、ASA ZOO撮ってきた!どもっ!年末無理やり購入したのはいいものの、やっぱりどうしても撮影したくなって、ASA ZOOに行って来た緋色のヴォルペルティンガーなんですが・・いかがお過ごしでしょうか?いやね・・夕方には雪は止むだろうって天気予報書いてあったので、行ってはみましたが、途中からフォトギャラの通り・・

「めっさ吹雪ww」

・・・になりました。まぁ大体新しいレンズを購入した時には、最悪の状況で撮影する事が多いのですが、どちらにしても私の日頃の行い、いや言動が悪いんでしょうねww

さて冗談はさておいて・・ニコン純正の70-300mmのVRレンズを買ってから押入れの奥に入れたままなので・・「さすがに筆おろししといたほうがいいんじゃね?」って感じで・・べっ・・別に霜のほうじゃないんだからねっ!って感じで・・とりあえず感想をば。

まずこのレンズの特徴を言うと、Nikon純正で、DXレンズにもフルサイズのFXレンズにも使用可能なレンズです。実はこのレンズ、2006年12月から発売されて、未だに一線級であり続けるレンズなんですが、それもそのはず、最近は一気に価格が下がって5万円台と言う代物。スペックに関してはF4.5-5.6と最近では若干暗めのレンズ、重量が745gもあり、D90とあわせると1.4キロ近くあります。古いレンズながら、VRⅡと言う手ぶれを4段分補正する能力があり、なかなか凄いようです。

ちなみに、キャノンにも同じレンズ(昨年発売されたLレンズで無い方)がありますが、それに変わってタムロンのUSDが売れていると言うことを考えると、ぶっちゃけNikonの純正は未だにパフォーマンスは良い方・・と考えてます。(フルタイムマニュアルが出来ない事やらマイクロUSMでAFがちょっと遅いとか言う話を聴いた事はあるけど・・)そんなわけで・・「Nikonユーザーとしては、一度は通る道」っぽいので、昨年末、ソフマップの中古で31300円で出ていたので購入しました。価格.comの評価に対しても4.69/279人ですからまぁ95%以上の方々が購入して満足する・・そんなレンズだと思います。

撮影に関しては、極寒の中、耳あて付きの帽子が車の中にあったので、それ被って行いました。雲が高速で移動するので目まぐるしく露出が変わるのを想定してますが、まぁ行って見れば・・

「ほぼ最悪に近い状況(戦場カメラマンほどではないがw)」

・・・ですね。手は震える、露出はうまくいくかどうか分からないって感じで・・で・・実際に撮影してみた結論としては・・

「手放しで喜べるわけではないが、汎用性が凄くあって使えるレンズ」

・・・だと思います。今から感想を述べますが・・まず懸念されていたD90との相性と言うか露出なんですが、このレンズはまさに「D90とのマッチングのために生まれてきた」ようなレンズですね。他のメーカーのレンズだと・・露出がかなりオーバー気味になるのですが、殆ど無かったです。

次にAFの精度なんですが、これまた凄い。動物園では網越しに撮影する事が多いですが、その僅かな間隙を縫って普通にAFが合うって感じです。高いレンズでは当たり前ではありますが、3マソのレンズとはとても思えないほどです。AFの速度は、シグマのHSMよりは遅いけど、競合するものがないので、まぁ現存する70-300mmの超音波モーターではそこそこ・・と言うべきなのか?AFの迷いは殆どありません。ピンもばっちりです。

ホールド性とかなんですが、タムロンの18-270mmのVCレンズと比べると「雲泥の差」と言えるほど良いです。重量が100g以上開きがありますが、このレンズ、筒が長い為に物凄いホールド性が良いです。私は55-200mmのVRレンズも持ってましたが、あれも良かったのですが、若干手のひらよりも短い。タムロンの18-270mm(過去に28-300mmVCも所有してましたw270mmよりもあっちの方が良かったかも!?)はもっと短いので、AFとかズームをしていると、半日で手が棒のようになっていました。このレンズは決して軽いレンズではないのですが、ホールドが極めて簡単に出来るので、300枚撮影しても手が苦るって事は無かったです。

手振れ補正の効き、なんですが、これも結構良いです。300mmでもまぁ4割程度救済出来ていますから、上出来かと思います。55-200mmはVRが効いている時には「がこがこっ・・がこっ」って音がしましたが、このレンズは「カコカコッ・・スーッ」って感じです。しかも効きはたいしたもんだし・・売れる理由ってのが良く分かります。

以上、良い所を書いて来ましたが、ここから悪いところ・・もしくは割り切って使う所ですね。まず撮影した画像を観ましたが、画像に関しては、若干露出暗めな部分もありますが、全域シャープです。が・・それだけ、ボケも普通・・と言いたい所なんですが、ボケに若干癖があるような感じがします。写りは最近の18-105mmのようにシャープで切れのある写りですが、ボケに関しては大三元・小三元と比べるとやっぱりキットレンズの延長線上・・と感じます。

価格.comでも「かなりシャープに撮影できるので・・ポートレート専用と割り切って」とか「ボケに関しては、あまりボケない」ってありましたが、個人的にもその通りだと思います。つまり、絞りによってどうこうというレベルの問題にはあまりならないかもしれません。

しかしながら、逆に言うと「誰でも簡単に、シャープである程度ボケた画作りが可能」

・・・とも言えますね。実はこれは・・大切な事なのではないかと・・撮影のテクニックでステップアップを考えるなら「絞りを知る」事は重要なのですが、例えばアマチュアが小三元レンズ(70-200mmのF4あたり・・今では安いと思うけど、10マソは超える。)を購入した所で、例えば開放しっぱなしの状態で撮影すると、周辺は甘い描写になるでしょう。

このレンズは、それが無い代わりに、全て水準以上の性能を満たしてます。そうする事で、エントリーからハイアマまでが安心して使用できるレンズだと思います。実際に私も、結構適当にピン合わせてずらした画もあるのだけど、その写りに関してはシャープなんだけど、ボケも適度な・・って感じの画が多かったです。これが3年経っても未だに人気が衰えないNikon純正の望遠ズームレンズの特徴なんだと・・

だからボケに関しては、70-200mmのF2.8を100点だとすると、このレンズは70点程度。シャープさは85点~90点くらいだと思います。それに携帯性やら重量を加味すると、いわば「理想のレンズ」に近くなるって感じで・・だから人気があるんでしょうね。

で・・ヘタクソな小生がはぢめて使ったレンズで普通に撮影した作例ですが・・これを見て今後このレンズを購入したい人にとって一つのベンチマークになれば幸いではありますね。まぁ安く購入したからって事ではないですが、私個人の感想で言っても、このレンズは「ポートレート撮影」には文句なしのレンズであり、他メーカーのレンズもたくさん追随して発売されてはいますが、とりあえずこのレンズ買っときゃ間違いなし・・って言うレンズだと思います。これで気に入らなかったら大三元ドラドラ(麻雀知らないので・・この使い方はあってないと思うw)って感じですがなorz

ただ・・問題は「流し撮り」なんですが、これは諸兄方が既に散々されていることなので、今度こそ「このレンズと私の真価」が問われる事になるでしょうね。・・・自分で言って自分でプレッシャー与えるところがかなりバカw

雪の安佐動物公園
Posted at 2011/01/15 20:32:15 | コメント(2) | トラックバック(0) | DSC Photos | 日記

プロフィール

「ヴィッツGRMNって約400マソかぁ・・

・・
・・・

俺ならタイプRの中古かランエボファイナルエディション買うなw」
何シテル?   09/20 22:48
閲覧いただきましてありがとうございます! STAGと申します。早いもので、こちらに引っ越してきて4.5年が過ぎました。 当方、ほぼ仲間内ROM(Re...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

FLY TEAM @fanky617 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/05/12 22:02:06
 
フォト蔵2《STRATOSPHERE名義で航空機関連画像》 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/05/12 22:00:20
 
焔のSuper Photo Gallary 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2009/06/03 15:40:07
 

お友達

好評に付きあと5人募集します。35人になった時点で終了とさせていただきます。

*あしあとは非公開にしております。(諸般の事情の為。)
32 人のお友達がいます
kansuke冠介風 @versionRkansuke冠介風 @versionR けいん@けいん@
カシーカシー まちゃ629まちゃ629
hankeixhankeix シンKPシンKP

ファン

28 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ヴェゼルハイブリッド ホンダ ヴェゼルハイブリッド
3月27日納車完了!リコールの憂いにあり2週間伸びてしまいましたが、増税前に辛うじて納車 ...
三菱 コルトラリーアートバージョンR 三菱 コルトラリーアートバージョンR
進化係槍騎兵壱式以来の三菱海苔になりました。槍騎兵壱式と比べると、絶対的な加速性能・トル ...
キムコ レーシングキング 180Fi レーシングキング (キムコ レーシングキング 180Fi)
現在1000キロ走行して2回目のオイル交換を行いました。その段階でのレビューをば。 加速 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.