• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

STAGのブログ一覧

2017年09月15日 イイね!

《速報!》ついに受領!! New Machine

《速報!》ついに受領!! New Machineどもっ!セミの寿命は案外長い、STAGです。うまくいけば1ヶ月程度生きているみたいですが・・まぁそれでも人間の寿命と比べると短いですね。そんな人間も宇宙の流れと比べるとほんの刹那という感じではありますが・・

さて・・こないだのブログの答え合わせ(次期車輌)をそろそろしなければならないと思いますが・・まぁ私も「スーパーレア」と書いた手前言うのもなんですが、レアなのはレアですが、まぁそこまででもないと言うのが実情ではないかと思います。まぁ何でスーパーレアだったかと言うのを次期車輌を公開してからちょっと話そうと思いますが・・

・・
・・・
・・・・


って事で覚悟はよろしいですか?

・・
・・・

では発表します!







































フィット3 RS(6MT)


・・・でした~。

・・
・・・

な・・なんか「お呼びでない」感凄いですがそのまさかだったりします。本日からこの車が私の愛車となります。

・・・思えば、遥か昔に私が、2番目に(自分で)購入した車輌として、初代フィット1.5Tがありましたが、初期型だったために、ミッションがCVTしかなく、初期型でも後にMTが追加されたようですが、中期型以降はMTと言う選択肢が普通になってきて、「次はMTに乗ろう」と言う指標になったりしました。んでもって、当時社員販売で買えるこるとバージョンRのMC後のMTを購入したのですが、それはそれで、間違った選択肢じゃなかったと思います。

とは言え、その初代フィット1.5Tで弄り熱が爆発し、ここまで手を染めた時代がありましたが・・











・・・この頃は楽しかった・・と思う事があったりしましたが、コルトVRもフィットの時代と比べて半額の予算での車弄り(家を購入してしまった為、小遣いが半額になったと言うのが原因)を楽しんだので、個人的には良かったと思います。

そして3年半前にヴェゼルHVを納車したわけです(ちなみに、フィット1.5Tの前の愛車はランサーエボリューションⅠ)が、ヴェゼルの購入は思えば割りと本意ではなかったと思います。当時会社を退職し、退職金をはたいてフィットRS(MT)を購入しようと思いホンダDラーに行きましたが、増税前の納車は不可能と言う現実を突きつけられ、まぁ直噴+DCD+HVと言う夢の組み合わせに魅力を感じて購入したと言う経緯があったりします。増税前に購入できなかった場合は追い金が6万円になってしまうんですね。ちなみに、ヴェゼルは各店舗で枠があったので、増税前に駆け込み購入は可能だった。

そこでヴェゼルHVを購入し、色々満足しつつ弄ってはいましたが、それでもフィットRS購入の夢は消えず、ずっと心の中でくすぶり続けていたように思います。まぁ更に小遣いが少なくなったヴェゼルHVの時代でもそれなりに弄り続けてはいましたが・・

で・・1回目の車検を終えた後、いつも行ってる車屋で話していたら・・そこで某社員が一言。

「いやぁ・・今オークション観てるんですが、ヴェゼルってめちゃくちゃ買い取り額が高いんすよ。うらやましいですわ。」

・・・と言うので、ちょっとだけ査定額を見てみると・・なるほど、3年落ちでも正直殆ど購入価格より落ちてないなぁ・・と思い、その時はそれで終わったのだけど、「待てよ?」と思い、電卓を借りて叩いてみた。

・・
・・・

ふと頭をよぎったのは「ヴェゼルHVを売ってフィットRSと交換と言う形にならないか?(もしくは小額の追い金で・・)」

・・・って感じで、とりあえず方々探りを入れることにした。それが5月頃。

行ったのは、コルトやフィット1.5Tを購入した車屋で、その話を社長にぶつけてみた。最初は半信半疑だったようだけど、オークション価格を観て見ると、「うーん、多分いけるんじゃないかな?」って話しになり、そこから車輌を探してもらうことに。

そこから・・実に4ヶ月が経過。社長も何もやっていないわけではなく、実はこのフィット3のRS、特に6MTのタマが恐ろしいほど少ない。実際にはオークションサイト以外のホンダオートテラスなんかでも売られていたりするのだが、そういう場合陸送はしてもらえず近場のみ対応ってのも多かったり、関東の車輌だと陸送代もかかるし評価点も4.5以上のもの(つまり美品)を探すとなると、かなり困難を極めたそう。

ちなみに、白色のフィットRSを6回競り合ったけど、相手がどうしても降りないので諦めざるを得なかったって話も聞いた。それは恐らく諸経費含め200マソオーバーとなるらしい。

もう月に数回ずつ社長とあぁだこうだと話し合い、評価点を下げたり、オークション以外の拾い物を探そうとか、色々話したけど丁度2週間前に社長から電話が・・

「黒だけど、やっと落ちた。こりゃ良いと思うぞ。」

と言う知らせがようやくあり、数日後に届いた車輌を観に行った。それが上の車輌なんだけど、確かに美品。数箇所小さい凹みがあるのだが、まぁもうちょっと自分が使ってみて直せるところは直そうと思うが、そこまで目立つ傷でもなし、見た目はとても綺麗。

内装はタバコの匂いもしないし、これまた綺麗。距離は約29000キロ。まだ車検は年末まであった(多分小マイナー後の車輌)けど、切って2年つけてもらった。それが丸々追い金となったわけだが、個人的には満足。

ギャザズのナビとETCが付いているが、インターナビのUSBのやつが年末で切れるので、多分ナビは買い換える。たいした値段でもなし、またケンウッドのやつでも買おうかと・・

・・・とりあえず今決定していることは、お金が無いので、ヴェゼルで流用できるものは流用する。ミニコン、デンソープラグ、HKSエアクリ、レスポンスリングは既にインスト済み。レーダーとスロコンとLEDフォグは近日、recaroシートはシートレールが違うので来月入れる予定。(シートはヴェゼルにつけていたレカロを流用)

明日は台風が来るみたいなのでどうなるか分からないけど、とりあえず知り合いの車屋で入れるだけ入れる予定。数十キロ走ったけど、今のところいい感触は得ている。試乗インプレはまた別の日に行おうと思う。







・・・
・・・・

それにしてもヴェゼルHVからフィットRSに乗り換える人って余りいないような気がするw 逆はよくある話だが・・ ちなみに、エンジンはほぼ一緒です。車体が210キロ軽く、6MTを搭載しているので、同じエンジンでも感覚は全く別だったりします。まぁその話も追々と・・

しっかし、10年経ってようやくフィットのMTに乗ることになったと言う事に、なんか因縁を感じてしまう。GD・GEのMTは何度も乗ったけど、GKは全く乗った事が無いので、結構戸惑いを感じる今日この頃。
Posted at 2017/09/15 22:52:48 | コメント(4) | トラックバック(0) | VEZEL HYBRID | 日記
2017年09月10日 イイね!

《最終回+1》VEZEL HYBRID検証SPORT MODE+パドルシフトで200キロ走行して燃費はどうか検証してみた。

《最終回+1》VEZEL HYBRID検証SPORT MODE+パドルシフトで200キロ走行して燃費はどうか検証してみた。どもっ!いつかやろうと思いつつも、結局やらずに車を手放してしまう事が良くあったSTAGですが、いかがお過ごしでしょうか?まぁ・・仕事の流れとか色々あったりするのですが、今回は割りと時間と余裕が出来ていたのでとりあえずいつかみんカラ上でやると公言していた事をやってみようという事になりました。それがタイトルですが・・

VEZEL HYBRID検証SPORT MODE+パドルシフトで200キロ走行して燃費はどうか検証してみた。

最近流行のようつべの「ホニャララしてみたンゴ」系のノリで行こうと思いましたが、動画を撮るのもめんどくさいので文章で書こうと思います。これを以ってVEZEL HYBRIDの検証シリーズは終了とします。(とは言ってもろくなことしてないですがw)

ヴェゼルHVってのはスポーツモード+パドルシフト、そしてツインクラッチと言う夢の構成ではありますが、その実態は良く知られていないような気がします。パドルシフト自体が「贅沢品」なのかもしれませんが、ぶっちゃけ世界のスーパーカー、まぁフェラーリ(フェラーリってAGSかな?)やランボルギーニも似たような構成で、パドルを使って走るのがふつーであり、それにオートマチック操作が付随しているような感じで、逆に日本ではほぼオートマチックの操作が普通で、パドルシフトなんてエンブレを使う時にしか使わない、謂わば「なくてもいいんじゃね?」的な感じに収まっていると思います。

がっ!敢えて言いたい。「それじゃあスポーツモード+パドルで走って、自分の好きに走ってみてどれだけ燃費が使わない時と比べて差があるのか?」って言うのを検証してみようじゃないか?って言うのが今回の趣旨です。

でもって、今回の条件及び構成を箇条書きで・・

①往路・復路で約200キロ走って評価すること。その際停車して用事をしても良いが、すぐにスポーツモード+パドルにする事。

②今回の仕様は軽く弄った車両。マフラー(TANABEメダリオン)+エアクリ(ブリッツアドバンスパワー)+スロットル変更(さすがに、これはノーマルに戻せなかったw SPOONのヴェンチュリビッグスロットル)と言う構成。

③タイヤサイズが225/50R18(ハンコックVENTUS EVO)でヴェゼルRSと同じサイズ。条件としては若干燃費が悪い方になると思う。

④信号少な目だが、県南→県北なのでアップダウンがかなり激しい。復路はその逆となる。

⑤往路と復路は必ずしも同じ路線で帰ってはいない。

⑥軽い渋滞あり

⑦バイパス走行あり(2割)

⑧車両のECUはほぼ最新アップデート済み。(HEV+モーター、DCDの制御等。RS発売より前の最終仕様と一緒だと思う。)

⑨余り引っ張らず、ギアが切り替わる回転数で任意にパドル操作をする事。引っ張れば燃費は悪くなるのは当たり前なので、日常で使えるかどうかの検証を最優先とした。

と言う感じでほぼ満遍なく走行パターンを盛り込むことにした。

結果は最後に発表しますが、終始パドルシフトにした感想を述べることにする。

ヴェゼルHVと言う車のキャラクターとして、「EV⇔エンジン始動」と言う所のラグやら違和感があるのだが、さすがにスポーツモード+パドルではそのような違和感は皆無。しかもスロットルの開度が大きいので平地でアクセルオフにするとバッテリーの充電も早く、登坂でもバッテリーが切れることが無かった。メリットとしては良いと思う。

ちなみに、もし同じ走行パターンでDレンジで走ったとしたら、恐らく登坂距離が多いので燃費はリッター20.5~21あたりに落ち着きそうな気がする。タイヤサイズがでかいので、それ以上の燃費向上はこの車両では無理だと思う。

パドルのタイムラグもあるが、走っていると余りそれを感じなかった。ギアが切り替わるのはさすがにDCDだけあってシームレスなので、ギクシャクしないのは良いと思った。

ただ・・普通に走行していて、7速に入れる事がまず無理。SPORTモード+パドルでは以前書いたと思うが、85キロ以上にならないと7速に入らない(DレンジやE-CONだとそういう縛りが無い)ので、いっその事2モードにしてしまえばいいのにと思ったりする。

SPORT1が街乗りをキビキビ走るモード(1800rpm以下での変速可能。スロットル開度はDレンジと同様)にして、SPORT2が今と同じモードでより引っ張れるモード(開度→大)って2種類の制御にすれば使えるパドルシフトになると思う。そうすれば70キロ前後で7速に入るので日常でも使えそうな気がします。

弱点としては、下りのクネクネ道。ギアがどうしても3速とかになるので、エンブレとかの負担が酷い。こりゃまー昔から言われていた事なので、DCDの特性上どうなのかな?ちなみに、Dレンジでもバッテリーが満タンの場合にギアが低くなり似たような症状になる。まぁ今の構成だとしょうがないのかもしれない。延々と下ることもあまりないし・・

まーそんなこんなで走ってみて、最終的には往復で203.1キロ走行となりました。ガソリンを満タンにする必要が無いので、とりあえず2000円分入れておきましたので、下記画像は満タンからの数値では無いので注意してください。


・・
・・・

で、気になる燃費なのですが・・



リッター18.3となりました。これはかなりいい数値じゃないでしょうか?200キロ走っているので、まぁ燃費計の誤差は±3%って所だと思います。まーさば読んでもリッター17.5以上は走るって事が分かりました。

今回登坂がかなり多く、しかも悪い条件もたくさんあったにもかかわらず、ここまでの燃費を稼ぐことが出来るのなら、よく考えてみても辛抱強くE-CONやDレンジを使うってのもどうなのかなー?って思う感じの燃費ですね。ちなみに、平地やバイパスなんかを終始使うとこれよりもリッター1以上は稼げると思います。

使ってみて分かったことですが、使っていると意外と常用できるなーって言うのが私の感想です。ただし、どうしてもスポーツモード故のアイドルアップもある事から、市街地のしょっちゅう渋滞しているシチュでは使うのを控えたほうがいいと思います。そういう場合は素直にDレンジの方が燃費が稼げます。

ではどういう状況で使えばいいかというと、ずばり信号が少なく、長距離を走る状態になった時です。まぁ小旅行で田舎にいくかー、って感じで行くレジャーとかにはフラストレーションフリーで、かなりお勧め出来そうです。まぁSUVでリッター18を超える車も少なく、逆にハイブリッドでもパドルシフトで任意に操作できるという2面性を持つヴェゼルHVならではの「楽しみ」と言うかむしろ特権と言えるのかもしれません。

ちなみに。高速道路・・はお勧めしません。なぜかと言うと直線はほぼ惰性で走れるからです(中国道などのアップダウンが多い場所だと有効だけど、さすがに気筒休止になる延々と続く直線でのパドルシフトはDレンジと比べると効率が悪いと思う。もちろん使っても良いですが・・)。あくまで一般道で、Dレンジと織り交ぜて使用するのが一番ベターな方法ではないでしょうか?

んな訳で、「最後」のヴェゼルHVの検証は終わりです。これでやっと売れる。

最後に、最後の車両をば。







高画質で撮影したので暫く喪に伏すため、壁紙にしておこうw
Posted at 2017/09/10 20:04:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | VEZEL HYBRID | 日記
2017年09月09日 イイね!

《最終回》止まない雨も、明けない夜も無い。そう思う事が私にもありました。

《最終回》止まない雨も、明けない夜も無い。そう思う事が私にもありました。どもっ!こないだ導入した31.5型モニタ・・久々に買ってよかったと思うSTAGです。最近年取って来たら、老眼が進んで・・と言うわけではなく、購入したのは「衝動買い」だったわけですが・・久々に衝動買いして成功した例だったかもしれません。その1週間後にこれまだ衝動買いした・・10800円のDYNABOOK B453ですが、当然今必要なわけでもなく、とりあえずアップデートして、親戚の家に嫁ぐことになりました。このB453、4日程度で売切れてしまいましたが、世が世なら10台程買って転売していたかもしれません。USB3.0×2がついてこの値段ってのはなかなか無い物で・・私もついついつぶやいたのですが・・買った人は得したと思います。

・・
・・・

さて・・今日は2件の衝動買いの話を・・って感じで書いてますが、実は上の2件はまだ序の口で、本日は皆さんにお話しなければならない事があります。

実は・・・1回目の車検を通して半年になる我がVEZEL HYBRIDですが、来週末に降りることになりました。今エイプリルフールでも何でも無いですし、まぁ・・本当です。

次の車に関しては、後述しますが、こうやってブログを書けるようになってますが、実はあしかけこの乗り換えプロジェクトは4ヶ月に渡っていたりします。幾ら口が堅い私でもたまに口を滑らせそうになったりと結構大変でした。ちなみに、職場ではとりあえず3人程度買い替えを匂わす発言はしましたが、ここでは多分はじめてではないかと思います。それ位極秘裏に話を進めて行っていたわけです。

まぁ何で極秘裏だったかと言うと、「次に欲しい車が超スーパーレア車」だったりします。・・・まぁ言いすぎですが、めったにオークション会場に出てこないのです。だから散々オークションも眺めてもらってこちらからの意見も結構交わしてた訳ですが、先週末に急展開して、ようやく引っ張ってもらってきました。来週末には乗れるはずなので、慣熟走行に入ろうかと思いますが・・・

で・・本日VEZEL HYBRIDの電子パーツなんかを全てバラし、売れるものはオークションに出そうと思ってますが、今どノーマルのVEZELとなった我が愛車を見ると若干寂しいものですね~って感じです。

この車を降りる理由ってのもまぁ色々あるのですが、はっきり言えば「売り手市場」だからです。車検を通した後に色々ヴェゼル自体の相場を見てきましたが、まぁかなりの高値安定で、ぶっちゃけて言うと予想よりも遥かに高い買取額だったりします。さすがにSUV人気もあるでしょうし、いくらCH-Rが売れてるといってもまだまだ中古市場はヴェゼルの独壇場だったりします。しかも今新興国にこのハイブリッド車がどんどん輸出されていっているようなので、まぁ売った所とも話しましたが、割と「おいしい車」なんだそうです。

ただ、それが今の時期だからそうかもしれないし、来年には急落しているかもしれない、SUVが売れてるといっても、ちょっと前に高騰したヴェゼルガソリン車(東南アジアで倍額以上で取引されていたらしい。酷いときは「(転売目的で)ガソリン車5台くれ!」とか駆け込みが増えたとか))の話もあり、今が旬と言うだけであって、来年だと分からないかもしれないと感じたのが全てですね。

ヴェゼル自体、癖はあるけど、私としては全く問題なく通勤の足として使っていたので、正直今年最初まではあと7年乗ろうって考えていた位、乗り換えは全く考えてませんでした。ただ・・自分としてはチャンスがある時は貪欲にいきたいし、どんな車にも乗ってみたい。まぁそんな感じだったりします。昔大学時代レンタカー屋でバイトをしていた時に色んな車に乗って納車とかしたりしてたのですが、どんな車にもそれぞれの癖があったり、やたらと速かった(キャラバンのディーゼルロング)り、よく曲がった(プリメーラー1.8L)り、乗り心地が良かった(シビックHB)り、ステレオがやたらと豪華だった(当時のカローラ)りと・・まぁその頃に自分の性格が作られたような気もしますが・・

話が逸れましたが、まぁ乗換えを提案した所、割と車屋さんが乗り気になってくれ、相談に乗ってくれたのがきっかけだったと思います。もしヴェゼルHVにそこまでの価値が無かったら「そりゃ無理」って終わったでしょうけど、割とオークションの平均落札価格を見たら売ってみたい気になったみたいで・・次の車がなかなか決まらなかったのは別としても、まぁ売り買いして恩恵を感じる位の価値は感じてくれたのかなとは思います。

そんなこんなで、色んな縁があり、来週乗り換えとなりました。次の車は車検を切り替えて、現在ピットの奥で車検受けるのを待っている所です。来週には車名を公開したいと思います。とりあえず運動したがる水夫も新しくなるみたいですし、楽しみにしておくとしますか・・・

まぁ車名公開したら周りは「えっ!?」って感じかもしれませんがw
Posted at 2017/09/09 23:48:40 | コメント(4) | トラックバック(0) | VEZEL HYBRID | 日記
2017年06月11日 イイね!

結構変わるもんだねぇ・・

結構変わるもんだねぇ・・どもっ!あなたの街の闇の清掃係、STAGです。と言うかまず家の掃除しないと色んな基盤みたいなパーツが多いので、酸素欠乏症にかかったテムレイさんがアムロに渡したパーツが出てきそうです。宇宙世紀ではたいしたこと無いパーツでも、平成の世だとオーバーテクノロジーっぽく感じますが、アニメを見る限りでは平成初期のP2Bとかに使っていたドーターボードっぽい感じもします。マニアックですいませんw

さて・・いきなりですが、純正キャンバーボルト取り付けてみました。

ビフォア


アフター


・・
・・・

んっ!変わっているように見えないのだがって言う人。多分結構多いと思いますが、キャンバーボルトを入れた後に5mmのスペーサー入れているので、実際には結構見分けが付きにくいかもしれません。

キャンバーボルトはホンダ純正の・・みんカラでもよく紹介されているやつなので割愛しますが、TEIN FLEX Zに取り付けの場合、ボルト外径が1mm程度違うので実際には結構ついてるような気がします。ちなみに、ずっと昔にランエボに乗っていたときも1.5度位つけていたので、今回もほぼ一緒のキャンバー角となります。

単純に計算すると、まぁボルトを入れた位置は丁度ホイール中心にあるわけではないので勿論誤差はありますが、外径が680mmとすると、1°30′(10進で1.5度)つけると、ホイール中心から上部が-8~-9mm入る程度だと思います。(下は逆に8~9mm外に出る)上下で16~18mmなので、さらに5mmのスペーサーを入れると下部でノーマル比22~24mmあたり出るかと思います。まぁざっと計算したので適当ではありますが、まぁその位は出てもおかしくないだろうと・・

で・・片側20mmだとしても両側で40mm以上出てしまうので、これはかなりトレッドがワイドになりますね。

取り付けは簡単ですが、トーがめっちゃ狂うのですぐにスリップ調整に出しました。

で・・インプレなのですが・・コーナーで結構踏ん張ってくれるようになったので楽しいです。じわじわと5mmスペーサーが効いているような気もしますが、ノーマルの場合、多分ネガティブには振っているとは思いますが、恐らく-30′以下ではないかと思います。その状態だと、お山でちょっと遊んでみるとストロークが伸びきった時に、ポジキャン気味に足が動いてしまい、外にはらむ感じが結構してました。今回1.5度+スペーサーかませたら、雨天であるのにコーナーで足が結構踏ん張ってる感じが分かります。と言うか、2度つけると過剰になるかもしれませんね(ドレスアップユーザーはホイールを入れないといけないので、上下のキャンバーボルトを変えてもうちょっと寝かせるとよいかもしれませんが・・)走ってみて気持ちいい足というか妥協点は1°30′あたりかもしれません。

たかが一度、されど一度って感じですが、ヴェゼルで走りたい人には結構お勧めできるかなーと思います。ただしスリップは取ってくださいね。あと、この車にはあまり履かないでしょうけど、サイドウォールが固めのタイヤを履く人は結構片べりするかもしれません。私がつけてるVENTUSはきちっと幅方向密着するほど軟らかいので、まぁ多少はあるかもしれませんが、持たないレベルでも無いと思います。4WDは多分持たないと思います。エボの内べりは酷かったので・・まぁAWDはしょうがないですね。

キャンバー角でちょっと思い出したのは「R33で土屋さんブチ切れ事件」を思い出しました。だいぶ昔のベストモーターリングの話(今ベスモは一応終了してますが・・)なのですが、広報車のR33Vスペと普通のR33、そしてその日の筑波バトルはエボⅢが不調だったため、なんと土屋さん所有のR33を走らせることに・・ってやつです。

結果としては、広報車が筑波1分4秒台で走り、VスペでないR33(これも広報車)も1分6秒台だったのですが、土屋さん所有のR33が話しにならないほど遅くて・・ドライバーのレベルの問題じゃないだろう位の違いがあって大問題になった一件です。(そもそも、ノーマルのR33Vスペで筑波1分4秒台ってめっちゃ速いw エボⅨ並み)

結果としては、広報車はオイルクーラーとかブレーキ、アライメントをちょっと見直しているような感じでしたが、土屋さんの車と並べてみると・・車高すら全然違っていて、キャンバー角が1°ちょい違っていたそうです。当時は私はまだ若かったので「たかが1°でねぇ・・」って思っていましたが、キャンバーの1°ってのは上下の傾きを考えると結構なものなんだなぁ・・と今はそう思ったりします。



10分位からその問題が・・

ちなみに、wikiにも書いてます。

広報チューン


まぁノーマルとイコールコンディションでないと他メーカーとのベンチマークとはならないわけですし、ちょっと日産がえぐい事をしているなーってリアルタイムで観てそう思ってしまいました。(まぁこの頃の私の稼ぎだとR33なんてとても買えるものではないですが・・)まぁキャンバーボルトつけてたらそう言うのを思い出してしまったのでとりあえず晒しておきますw

まぁ基本ノーマルのスーパー耐久でも、ノーマルそのまま耐久レースをしてしまうと熱でヘタってしまうのでそこらへんの改造はありって事だったと思うので、実際のベンチマークを調べるには限りなくノーマルコンディションに近づける必要がありますが、難しいところだと思います。
Posted at 2017/06/11 17:38:35 | コメント(2) | トラックバック(0) | VEZEL HYBRID | 日記
2017年05月21日 イイね!

夏の改造計画及びスズキの試乗会に参加その他諸々

夏の改造計画及びスズキの試乗会に参加その他諸々どもっ!ブログサボってばっかりいるSTAGですが、健康診断の結果が思ったより悪いので、ちょっと体質改善の作戦ばかり練っていました。まぁ今すぐどうこうって程でもないのですが、やはり一人暮らしでは高脂血症あたりの数値がやはり高くなりがちなのでしょうね。

まぁそういうわけで・・色々改善する事はあるのですが、とりあえず食事制限って感じです。これからは「ひとつ下げれば他が上がる」的なものが増えていくことでしょうけどね。

さて・・夏の改造計画・・と書きましたが、まぁこれってPCの事です、既に就航から6年経ってるって事もあり、オーバーホール3回以上。OSの入れ替えも3回位って感じで満身創痍なので、今年の夏の某茄子ですごいのを作っちゃおうかと・・まぁ凄いって言っても掛けれる額がたいしたこと無いので、いつも通りの手八丁で何とかしようと思っていますが・・

とりあえず今一番困っていることは「ブルーレイドライブの故障」って感じです。もう半年前からメディア入れても認識しなくなったのでそろそろ換え時かなーって感じでしたが、他の部分もあまりよくないのでとりあえず刷新はする事にしますが、ブルーレイドライブだけ買っておきました。それが・・



ロジテックLBD-PUB6U3V

ってやつです。2015年くらいに発売されているものですが、Y田電機で投売りしていたので、ポイントも結構残っていたので購入。5980円+税ですが、昔はもうちょっと安かったような気がします。

実は私はあまりポータブルを使うことは無いのですが、次のPCは多分5インチのドライブを入れる所が無いケースを買うので、とりあえず今回外付けで出来るところまでやってみようかと・・

外部電源はOPのアダプターが要りますが、私のデスクトップだと問題なく焼けるようです。採用されているドライブがパイオニアのBDR-UD03なので、割といいような気がします。9.5mmの薄型ドライブだとこれとパナソニックのUJ-272が2大看板で、後は高いので、安い外付けになるとこれらが採用されてますね。安くてもBDXLまで対応なので、割と良いのではないかと思います。バンドルされているソフトが既に賞味期限切れなので、BDの視聴は多分弊害があると思います。

で・・次・・

昨日車屋にとある改造依頼をしてきたのですが、丁度スズキの大感謝祭やっていたので試乗してきました。とりあえず3台試乗してきましたので、簡単に感想を言います。(超辛口ですw)

・新型スイフトRS・・・走っていて足の質感とかはヨーロッパのそれ・・かもしれないけど、いかんせんパワーが無い。登板だとべた踏みしないとあまり加速しないのはこういう味付けなのか?パドルシフトを使ってもエンジンが唸るばかりで、改造してないヴェゼルHVとどっこい(勿論パワーはヴェゼルの方がある)かな?個人的にはRStか年内発売予定のスイスポを待つべきだろう。

・新型ワゴンR・・・FXってグレードに乗ってみた。正直、今回乗った中ではこれが一番いい。登板の遅さ以外に文句のつけようが無いほど普通に走る。車屋の専務が・・「今回スライドに傘立てが付いたんですよー。正直それが一番進化してるかなー?」って・・そういえば昔日産車にそういう傘立てが付いた車があったような??

センターメーターがだめとか、テールランプがダサいとか色々言われてるようだけど、そもそもライフとかが縦長のテールランプになった時にもダサいって話を良く聞いた。結局慣れじゃね?って思うのだが・・

・アルトワークス(5MT)・・・楽しみにしていたワークスにとうとう試乗することが出来たが・・個人的にはパス。80キロで5速3000回転近いと、多分私は不満を持つなーってのが一つ。あんな高いポジションのレカロは不要(どうせ換える)。ターボの効き始めが2000回転ちょいなので、ちょっと踏むだけでターボがかかる(多分スロットル特性を速くしてるんじゃないかな?)。そういう味付けだから高回転だと伸びないかなー。足もストロークが無いのでKYBよりも純正でアライメントを煮詰めてもらいたい所。「ただバタバタしてる」って印象。Keiワークスみたいにヘリカルは必須でしょう。

面白い車だけど、ターボRSに(あまりクロスしてない)5MTを搭載してもらったほうが間違いなく良いと思う。RS、5MTでAGSと同じ値段だったら間違いなく売れますぜ!

ま・・辛口に書きましたが、今回もはんこを押すことは無く、自分の車をあともうちょっとだけ弄ろうと思います。(あえて食指が動くとしたら、つっぺでフィットRS 5MTを交換してもらうか、N-ONEに5MTが出たら考えますw)

最後にですが・・いつも書こう書こうと思いつつも忘れてしまうのでちょっとだけ書きますと、「ヴェゼルHVはスポーツモードのマニュアルで、いい燃費を出せるコツがある」ってやつです。いつもOBD2で燃料流量を見ているのですが、i-VTEC(VTC)とDCDの組み合わせとして・・ギア比に対して燃料流量が必ずしも比例するとは限らないって事です。難しく書きましたが・・簡単に書くと・・

ギアが低いまま(例えば3000rpm)で走っていてもアクセル開度が低ければバルブが積極的に休止状態に入るので、エンジン音の割りに燃料流量は上がらないんです。まぁこれは最近の可変バルタイ全般に言えることかもしれませんが、少なくてもCVTよりも効率はよいと思います。

今日もバイパスをスポーツ+パドルで走っていましたが、ある程度一気に加速してあとはアクセル開度を10~15%でとどめておくと、燃料流量はせいぜい20~40って所です。逆にDレンジであったりE-CONだと、加速するのに必要なアクセル開度が要るので、高速域だとむしろスポーツ+パドルよりも悪い時が多いのです。(逆にEV領域があるのでそこで稼ぐしかないorz)

通常は回転数が高ければ燃費が悪いと考えるのが普通ですが、当方が燃料流量を見ている限りではスパッと加速して、後はほんのちょっと足をペダルに掛けておくだけで、実は燃費としては殆ど変化がありません。逆に100キロ前後となると、むしろスポーツ+パドルの方が平地で言えば加速効率が良いので、思ったほど燃費に影響がないようです。高速域でE-CON入れてると必要以上に踏まないと速度がでませんもんね。

OBD2(レーダー探知機についている機能)を持っていない人で分かりやすいのが「瞬間燃費計」。バイパスでDレンジとスポーツ+パドルで燃費形の棒グラフの振れ方を見ると良く分かります。勾配の無いセクションだとスポーツの方が25~30km/lあたりで推移していくのに対し、E-CONやDレンジだと棒グラフが忙しく動くだろうと思います。

まぁそれら含めて・・「ギア比に対し、燃料流量は必ずしも依存しない」って事と「バイパスではSPORT+パドルでまったり走ったほうが燃費が良くなる(可能性がある。もしくはほぼ変わらない)」って感じです。ぜひ試してみてください。
Posted at 2017/05/21 22:30:41 | コメント(1) | トラックバック(0) | VEZEL HYBRID | 日記

プロフィール

「どうぶつタワーバトルにはまり注。」
何シテル?   12/03 18:29
閲覧いただきましてありがとうございます! STAGと申します。早いもので、こちらに引っ越してきて4.5年が過ぎました。 当方、ほぼ仲間内ROM(Re...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

FLY TEAM @fanky617 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/05/12 22:02:06
 
フォト蔵2《STRATOSPHERE名義で航空機関連画像》 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/05/12 22:00:20
 
焔のSuper Photo Gallary 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2009/06/03 15:40:07
 

お友達

好評に付きあと5人募集します。35人になった時点で終了とさせていただきます。

*あしあとは非公開にしております。(諸般の事情の為。)
32 人のお友達がいます
hide-010hide-010 まちゃ629まちゃ629
TE27TE27 けいん@けいん@
カシーカシー kansuke冠介風 @versionRkansuke冠介風 @versionR

ファン

28 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ フィット(RS) ホンダ フィット(RS)
VEZEL HYBRIDに乗っていましたが、1回目の車検後、意外と高値で取引されている情 ...
三菱 コルトラリーアートバージョンR 三菱 コルトラリーアートバージョンR
進化係槍騎兵壱式以来の三菱海苔になりました。槍騎兵壱式と比べると、絶対的な加速性能・トル ...
キムコ レーシングキング 180Fi レーシングキング (キムコ レーシングキング 180Fi)
現在1000キロ走行して2回目のオイル交換を行いました。その段階でのレビューをば。 加速 ...
ホンダ ヴェゼルハイブリッド ホンダ ヴェゼルハイブリッド
3月27日納車完了!リコールの憂いにあり2週間伸びてしまいましたが、増税前に辛うじて納車 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる