• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

STAGのブログ一覧

2009年04月30日 イイね!

さて・・どう見るか?

みなさんこんばんは~・・先ほどネット環境に負荷掛けすぎてPCが落ちてしまった焔のヴォルペルティンガーなんですが・・いかがお過ごしでしょうか?昔はこう言うのしょっちゅうあったんですが・・最近は1年くらいお目にかからなかったので正直ビビってます。まぁ・・多分某P2Pが・・何らかの影響で負荷が掛かって・・ネットの転送速度が追いつかなくなって落ちる・・って感じですね・・ルーターが貧弱なので・・結構こういった反発を食らってしまうんですよ・・まぁ再々落ちるようになったらそろそろ新型を・・って感じではありますね。

さて・・今日カメラのキタムラに行ってきました。これまたリサーチです・・。実はD40が売れそうなので・・ちょっぴりいろんな事を画策している最中。まぁ先述どおり・・D40は売ります。・・・持っておこうと思っていたんですけどね・・某クライアントが買う気なら安く譲ってもいいなぁ・・って思います。

本当はカメラを2台持って・・D40は単焦点専用にして水族館とか撮影してみたかったですが・・そう再々水族館に行く事も無いし、なにしろ・・新しいの1台持てば多分使わなくなるだろうと言う懸念があるので・・それならやっぱり人を育てる為に人に安く売るってのもありなのでは!?って思います。まぁまだまだ先の話ですけどね・・。

・・・実は今日、カメラのキタムラに行った理由は・・

「Nikon D5000を観るため!」

・・・結局、予約が入りすぎて店頭用が回ってこなかったらしいorz

・・・実はD5000・・・あれだけ「買わない」と言ってましたが・・気になってます。市場の動向は・・正直EOS X3とNikon D5000で夏の棒茄子付近は進んでいく事でしょう。甲乙付けがたい・・と言うわけではなく、性能はKISS X3の方が上ですね。これは値段的にも当たり前なんです。X3とD90は・・甲乙付けがたいと言うか、性能的にはX3がD90を上回る部分とかはありますが・・やっぱりD90だろうと思います。X3はX2の改良版なんですが・・バッテリーの持ちがダウンした事と連写速度が同等(スペックでは0.1下がったorz)なのがややマイナス。同型機なのにスペックが下がるのはどうかと思ってしまったので・・。ただ・・X3は比べ物にならない程X2よりは良いみたいですよ・・。

さて・・まぁ今回もNikonのデジ一を買おうと思い選定をしているのですが・・まぁそれもこれもとりあえず他人のレビューを見て判断しようと言う浅はかな考え・・。で、IMPRESSに最初のレビューが出ましたね。レビュワーが書いているのを纏めると・・

「ボディサイズは、これまでのD60、D40よりも一回り大きい。特に高さと厚みが顕著で、高さはD60の94mmに対し104mm、厚みは64mmに対し80mmとなる(幅はD5000が127mmで1mm広い)。これは上位機であるD90と比較した場合も同様で、高さで1mm、厚みで3mm上回っている。いかに大きなエントリー機であるかが分かるだろう。

 ボディ質量はD60の495gに対し、560gとこちらも大幅にアップ。要因としてはバリアングルモニターを採用した結果が特に大きいと思われるが、コンパクトで軽量というエントリー機の常識を覆すものといえる。

 ボディサイズに合わせたグリップを持つため、ホールド感はエントリーモデルにありがちな心細さのようなものはなく、たいへん良好である。しかしながら、店頭でライバルとハンドリングを比較された際、果たして大丈夫なのか、と個人的には思えて仕方がないところだ。

イメージセンサーは前述のとおり有効1,230万画素CMOSとなる。フォーマットサイズはいうまでもなく23.6×15.8mmのDX。D90のものと同等の性能を誇るセンサーとメーカーよりアナウンスされている。画像処理システム「EXPEED」は、高速画像生成処理、高感度時のノイズ低減、コントラストAF、倍率色収差補正などの役割も担う。ちなみに撮影コマ速は最高4コマ/秒を達成。ローエンドモデルにしては、かなり迅速な画像処理を行なうカメラといえる。

D5000はD90に性能および機能的にたいへん近いカメラだ。違いといえばバリアングル液晶モニターの有無およびペンタプリズムとペンタミラーの違い、そしてボディ内にAF駆動用のモーターを内蔵しているかいないかくらいといっても過言ではない。D90が登場したとき、上位機であるD300を選ぶ明確な理由が失せてしまったが、そのときと同じように今、D5000によってD90を選択する理由を見失いつつある。絶対的な性能や操作感などは当然上位機のほうが長けているが、それほどまでにD5000は、これまでのニコンのエントリークラスとは次元の異なるカメラに仕上がっている。

 あるニコン関係者にD5000についていろいろ訊く機会が個人的にあり、そこでユーザーの意見を反映したらこのようなカメラになったということを教えてくれたが、他社以上に顧客満足度に拘った同社の思想を具現化したものといってよい。D5000は実にニコンらしいカメラなのである。それゆえ、ボディの大型化という、これまでのエントリークラスの流れから外れてしまっているが、それを補うべく次の一手も同社は抜かり無く考えているはずだ。」

・・・正直このレビュワーのベタ褒め感は・・度を通り越してちょっとキモいところもありますが・・どっちにしてもD90の下位機種と言う位置づけと言うよりは、下位機種の底上げ・・と言った方が正しいようです。まぁそれが・・型番が4桁になった理由でしょうけど・・D90のエンジンを搭載して・・細かな部分は明らかにコストダウン機であるのは否めないですが、性能はほぼ同等のようです。連写速度も多分ほぼ一緒みたいですね・・。上で紹介したリンク先を見ると分かるんですが・・NR(ノイズリダクション)の味付けがめちゃくちゃ秀逸で・・ISO1600でもかなり使えそうな気配です。

D40の後継であるD60と比べてどうかというと・・こちらの方もさすがに次世代機として・・ありえない程変わってます。測距点も全然違いますし・・。あと、フリーアングルモニターの2.7インチ・・25万画素が・・D40世代からの2.5インチの25万画素とどう違うか?ってのもありましたが・・そもそも3インチでプレビューを確認しようと思ってもドットがつぶれるので・・92万画素でも難しいものがありますね・・それにあのD40の25万画素ってなかなか綺麗です。これだけはCANONに勝ってる点かもしれません。

・・・まぁいろいろ考慮した結果・・そしてこれから出るであろうたくさんのレビューを見ながら・・最終的に判断したいと思います。発色なんかはD300と同等以上と言う噂もあり・・それを考えるとフリーアングルとサクサク動くライブビューはなかなかすごい武器になりそうです。ちなみに使い方はほぼD40と一緒なので・・マニュアルを見なくていいかも!?(笑)

あ・・・これで終わろうと思いましたが・・今日で21時頃の「エキストラトラック」は終了です!1年間(厳密に言うと11ヶ月とちょっとかな?)ネタが無いときも書き続けてきましたが・・いざ終わるとなるとさびしい限りですね・・まぁ気が向けばまた1日3件書くようになりますよ・・。これからはエキストラトラックにとらわれず・・せっかく作ったコンテンツの充実を図りたいですからね・・期待していてください♪
2009年04月30日 イイね!

- CENTURY 「裸族の二世帯住宅NAS(CRNS35NAS)」 - ・・・名前はふざけているがあるとすっげー便利!

NASって言うのは・・「Network Attached Storage」の略なんですが・・まぁ最近はブロードバンドルーターってのがあるので・・そいつにこのNASを構築した機器を接続すると・・1世帯で複数台PCがあった場合にそこを外付けHDD扱いに出来ると言う代物・・最近は家庭内でこれやるの結構流行ですね・・消費電力も殆どないので・・おすすめといっちゃあなんですが・・。

さて・・センチュリーの裸族シリーズは低価格のHDDリムーバブル関連で有名なメーカー(他にも色々作っているが・・最近は裸族シリーズが多い)なんですが・・この裸族シリーズにもNASが出来るケースが発売になったと言う事で・・ちょっとだけご紹介しちゃいます♪

「◆ 3.5インチSATA-HDDを2台搭載可能なLAN接続HDDケース
◆ ネットワーク環境にLANケーブルで接続する事により、外付HDDとして使用可能!
ネットワーク上の複数のPC間でファイル共有ができます。
◆ ギガビットイーサネット対応!高速なアクセスが可能。
◆ 安心のRAID機能搭載。
◆ もちろん裸族シリーズだから、HDDの組み込みはカンタン!
 ドアを開けてHDDを入れてドアを閉めるだけ!1台あたりわずか10秒の楽々組立て!


・・・えー・・2TBのシリアルATAのHDDが2台で合計4TBのストレージが簡単に構築できます。4TBもあれば・・4人がPCやってても多分そうそう容量が無くなる事はないでしょうね・・。

さらにNASと言えば・・RAID機能なんですが・・ミラーリングも出来ますしコンバインも出来ます・・そして2台普通に認識させる事も可能・・と、なかなか便利です。

設置はルーターにLANケーブルを繋げて・・電源をONにするだけ・・あとはWEBにて設定するって事で・・結構簡単のようです。まぁ欲しいのなら1TB×2は欲しいですね・・それを考えると・・本体が19800円で・・HDDが安くても8000円×2なので・・・4マソあれば・・相当すごいNAS環境が手に入ることになります。

高いか安いか?と言われると・・昔の事を思うと破格ですし・・上手く動くのであれば・・お勧めの商品ではないでしょうか?速度は平均30MB/秒・・これが本当なら結構普通のHDDっぽく使えるような・・・。
Posted at 2009/04/30 19:23:59 | コメント(1) | トラックバック(0) | 新製品ブログ 2009年3月~ | 日記
2009年04月30日 イイね!

間に合ったニョッ♪

間に合ったニョッ♪ども・・最近豚がらみでやたらと「パンデミック」って言葉を聞きますが・・とりあえず意味を書いとけって思う焔のヴォルペルティンガーなんですが・・いかがお過ごしでしょうか?英検2級のこの私ですら・・実は良く分からなかったりします(単語なんてこんなもんさ・・英文で出てりゃあ覚える・・出てなけらなければDOGですら分からんもんさ・・)が・・このパンデミック・・

「感染爆発」やら「汎発流行」と言う意味ですね・・似たようなのでエピデミックってのがありますが・・それはコミュニティー内で起こった流行感染みたいです。奇しくも明後日に豚を食べる私達(実際には恐らく全く関係ないと思われるが・・風評で人が少なかったら混まないので逆にちょっとだけ嬉しかったりする。店としては問題だがorz)にはちょっと抵抗あるかもしれませんが・・加熱すれば全く問題なし・・だそうです。まぁ狂牛病とかでもそうですもんね・・。ちなみにパンデミックと言うと・・「バイオハザード」を思い出す人もいるはず・・。

さて・・そんな薀蓄話はどうでもいい(関係ある人にはどうでも良くない)のですが・・画像ですよ・・画像!

「2009 Autobacs D1 Grand Prix Rd.1 EBISU」

・・・ようやくGetしますた!・・26日には店舗に出ているはずなのに・・Jスコに行ってもFグランに行っても無い!!・・って事で売ってる本屋に行って購入してきますたorz 2009年のD1 GPは・・正直F1の如く「混戦」が予想されますね・・理由はこれから書きますが・・

まず2008年のWINNERである斉藤太吾がマークⅡからマスタングに乗ります。新しい車で勝つのはかなり至難の業(2007年のWINNERである川畑が・・兄弟車であるS15→180SXに乗り換えただけでも勝てなかった・・)なので・・相当苦戦が予想されますね・・。あと・・熊久保支配人もエボⅨ→Ⅹに乗り換えと言う事で・・いくらポテンシャルがあっても乗りなれたクルマでないと勝てないのが最近のD1・・。

あと・・D1は最近若手の台頭とベテランの格差が・・最近はちょっとベテランばかり勝つようになってきたような気がします。ベテランと言えば・・古口をはじめ・・のむけんさん・今村・川畑・熊久保・末永(弟)・つよぽんさん・上チンなどなど・・ワークスに若手が付いていけないなぁ・・って感じもします。

それを踏まえて、今年はベテランが勝つだろうし・・それは車に乗りなれたベテランが勝つだろうと・・そう考えると・・おのずと優勝候補は数人に絞られますね・・。

◎今村
○のむけんさん
○末永(弟)

・・・まぁここら辺じゃないかと。とりあえず今村に◎なんですが・・理由としては・・「BOSSのS15に乗り慣れてきた」って事ですかね?昨年岡国でベテランの意地で久々に優勝・・それからコンスタントに点数を稼いでいき・・昨年は下馬評を克服しての2位だった事を考えると・・優勝候補筆頭でしょう。○ののむけんさんは・・個人的に良いと思うので・・。それに・・D1が始まって8年以上がたちますが・・未だにチャンピオンを2回獲得したドライバーは何故かいないので・・そういう意味でのむけんさん・・前半のスタートダッシュで・・1位と2位(今村も2位と1位だが・・)なので・・この2強だけは磐石過ぎると思ってしまいます。

その他に関しては・・恐らくよほどの事が無い限りはベテランが台頭するだろうし・・実力は極めて拮抗しているので・・テクニック含めて・・今村・・が最有力って事になるかな?

あと・・今回のV-OPTは・・富士スーパーラップのサイバーEVO VS HKS CT230Rの対決が見られます。ミドルサーキットで最強のCT230Rに対し、その前のレコードホルダーであるサイバーEVO・・これは非常に見ものですね♪(サイバーがラーマン山田でHKSが谷口って所もすごく見ごたえあるわ!!昔は師弟っぽかったし・・(禁句))

何はともあれ・・これで役者は揃いましたねぇ・・「細工は流々、仕上げを御覧じろ」って感じですなぁ・・闇袋が最大の不安要素だけどねぇorz
Posted at 2009/04/30 19:02:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2009年3月~ | 日記
2009年04月29日 イイね!

ヌレイエフ系?

ヌレイエフ系?ども・・毎週厨坊でつよ!観てるんですが・・堺シェフがたまに失敗して・・ゲストが☆0個って付けた時に・・

「頂きました!無星です!!」

・・・って・・星を貰っていないのだからそこは頂きましたじゃねぇよな?って思う焔のヴォルペルティンガーなんですが・・いかがお過ごしでしょうか?

さて・・そんな事は胴でも医院ですが・・最近は土曜日の私主催のオフの為にいろいろと画策している最中・・ちなみに企画は前日まで練ってますが・・まぁ上手くいくことは殆ど無いですね・・。まぁそれでもツコツコ催し物の拡充を図っている次第であります。

・・・っつー訳で・・とりあえず、ジャージーセンターのご当地名産品を買いました・・・画像がそうなんですが・・これ以上隠さないとばれてしまうものなので・・・まぁこれだけ隠しておきましたが・・。あと・・二つあるうちの一つはご当地名産品とかではありません・・ちょっと今日食べて美味しかったので皆さんに味わってもらおうかと・・。

皆さんはこんな商品をご存知でしょうか?

「ぬれおかき」

・・・って言う商品で・・まぁはっきり言って「しけったおかき」を連想するとは思いますが・・しけた場合は、歯にくっつく感じがするじゃないですか?このぬれおかきは、意図的に柔らかく作ってある商品みたいですね・・あと「ぬれせんべい」なんてのもあります。こいつも似たような食感だろうと・・。

で・・今日お袋が昼の時間に弁当を食ってるときに食ってみろって感じでくれたんですが・・

「新・食・感!」

・・・って感じでした。そして思わずほぼ全て食ってしまいました(汗)が・・私が食ったのがたまりしょうゆ味で・・まだ唐辛子味ってのがありまして・・それをお袋がなんとくれた(ちなみに結構高いらしい・・)ので・・まぁみなさんで味わってもらいたいなぁ・・という事になりまして・・。でも正直・・

「辛さによってはそのまま罰ゲームに突入!」

・・・って事もありうるかも!?

・・・もう一つの方は・・相変わらず乾き物ですけどねぇ・・まぁ多分観た事も聞いたことも無いだろうという確信犯って事で・・。まぁそんなこんなで色々やってます。

明日にもそろそろ闇袋に封をしないといけませんね・・今日は最後の仕上げって事でorz 

さて・・今日もアガーイ組んでこよっ♪
2009年04月29日 イイね!

- AMD 「RADEON HD 4770」 - ・・・弱点はあるが・・スマッシュヒットの予感!?

ちょっと前に発売された・・ATI(ここでは敢えてそう呼ぶ)のRADEON HD 4670は・・・補助電源電源いらずでかなりの性能を持っていたことから・・Nvidiaの勢力図に少なからず影響しただろうと思っています。そもそもATIはAMDと吸収合併して以来は・・あまりハイエンドに特化したVGAは作っておらず・・どちらかと言うと省電力を売りにしたトータルパフォーマンスを上げた製品が多く・・個人的にもこれはなかなか良いだろうと思っています。

そして今回発表された・・RADEON HD 4770なんですが・・4670の省電力はそのままに・・描画性能を大幅に向上させた製品だと言えるでしょう。これは次期ミドルエンドVGAの勢力図が大きく変わりそうな気配です。

「AMDは4月28日、ビデオカード新製品となる「Radeon HD 4770」を発表。109ドルのセグメントに投入されるミドルレンジ向け製品となるが、ハイエンドに匹敵する部分も持った興味深いスペックになっている。本製品のパフォーマンスを見てみたい。

まず、本製品のコアはRV740と呼ばれる40nmプロセス製造のものを採用している。40nmプロセスのGPUは、3月に同社がMobility Radeon HD 4860/4830を発表しているが、デスクトップ向け製品では初めてとなる。

 スペック面ではSP 640基、テクスチャユニット32基、ROP 16基、メモリインターフェイス128bitという構成。SP、テクスチャユニット、ROPについてはRadeon HD 4830と同じであるが、メモリインターフェイスは下位のRadeon HD 4670と同じスペックになる。

 RV740はこのスペックで設計された新コアで、ブロックダイヤグラムは図のようになる。ご覧のとおり、5-wayのコア16個を1SIMDアレイとし、これを8アレイ並べる構成となる。Radeon HD 4830と同じであるが、あちらは本来10アレイを持つRV770から2アレイ分を制限した格好となる。Radeon HD 4770で使われるRV740は、8アレイで完結している点で違いがある。

このトランジスタ数は8億2,600万個。RV770が9億5,600万個、RV730が5億1,400万個であったわけで、上位のRV770と比べて、プロセスシュリンクとトランジスタ削減の相乗効果により、ダイサイズはかなり小さくなっていることが想像される。

もう1点押さえておきたいポイントとして、メモリ帯域幅がある。Radeon HD 4770と上位のRadeon HD 4800シリーズにおけるスペック上の決定的な違いはメモリインターフェイス幅であるが、この点はRadeon HD 4770のスペックがGDDR5であることも加味しなければならない。Radeon HD 4850/4830/4670で使用されるGDDR3は実クロックの2倍のデータ転送レートとなるが、GDDR5は実クロックの4倍のデータ転送レートを発揮できる。つまり、Radeon HD 4800シリーズよりもインターフェイス幅が半分になっているが、倍の転送レートを持つGDDR5で帯域幅を補うスペックになっているわけだ。

以上のとおりRadeon HD 4770のパフォーマンスなどをチェックしてきたが、同価格帯でぶつかることになるGeForce 9800 GTに対して、ほとんどのテストで同等以上の性能を見せている。アンチエイリアスや異方性フィルタを適用した際のパフォーマンスの落ち込みが大きいタイトルがあることを指摘したが、これはあくまでGeForce 9800 GTやRadeon HD 4670との相対的な差であって、絶対的なパフォーマンスでは上位にあると断言できる結果だ。また、消費電力もほどよく抑えられており、GeForce 9800 GTの影を一気に薄くしてしまった印象を受ける。

 Radeon HD 4670は8千~1万円程度が相場で少し下のセグメントとなるが、大きいところでは2倍程度の差をつけており、6ピン電源端子や消費電力増に納得できるのであれば、多少投資額を増やしてRadeon HD 4770を選択することで高い性能を得られることになる。」

・・・すごい商品ですね!13000円でGeforce9800GTの性能を凌駕し・・さらに消費電力は補助電源レスのRADEON HD 4670に比べて+20W程度ですから・・素晴らしいハイスペック振りです。

大域幅が128bitと・・従来の256bitに比べると半分なんですが・・メモリがGDDR3→5に変わっていて・・その性能が約2倍程度違うようなので・・性能は落ちないんだとか・・発売最初で1.3マソ程度が予定されているみたいなので・・迷わずこのモデル買ったほうがいいような気がします。

弱点とすれば・・2スロット仕様って事と・・補助電源ケーブルが必要な事。前者は1スロットでも作れるようですが、予想以上に熱が上がる時があるんだとか・・だからもうちょっと様子見た方がいいですね・・2スロットであれば・・外部に熱を出せるのでいいみたいですけど・・後者は・・まぁしょうがないのではないでしょうか?

それにしても最近のATIって良く頑張っています!欲しくなりました!!
Posted at 2009/04/29 17:14:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | 新製品ブログ 2009年3月~ | 日記

プロフィール

「GTスポーツ、アマゾンで酷評されまくりでワロタ。まぁ予想通りだけどな。forzaは安定だわ」
何シテル?   10/20 18:54
閲覧いただきましてありがとうございます! STAGと申します。早いもので、こちらに引っ越してきて4.5年が過ぎました。 当方、ほぼ仲間内ROM(Re...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2009/4 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

FLY TEAM @fanky617 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/05/12 22:02:06
 
フォト蔵2《STRATOSPHERE名義で航空機関連画像》 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/05/12 22:00:20
 
焔のSuper Photo Gallary 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2009/06/03 15:40:07
 

お友達

好評に付きあと5人募集します。35人になった時点で終了とさせていただきます。

*あしあとは非公開にしております。(諸般の事情の為。)
32 人のお友達がいます
カシーカシー * シンKPシンKP *
けいん@けいん@ はったり番長@トンキンハウスはったり番長@トンキンハウス
ケイエイチケイエイチ kansuke冠介風 @versionRkansuke冠介風 @versionR

ファン

29 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ヴェゼルハイブリッド ホンダ ヴェゼルハイブリッド
3月27日納車完了!リコールの憂いにあり2週間伸びてしまいましたが、増税前に辛うじて納車 ...
三菱 コルトラリーアートバージョンR 三菱 コルトラリーアートバージョンR
進化係槍騎兵壱式以来の三菱海苔になりました。槍騎兵壱式と比べると、絶対的な加速性能・トル ...
キムコ レーシングキング 180Fi レーシングキング (キムコ レーシングキング 180Fi)
現在1000キロ走行して2回目のオイル交換を行いました。その段階でのレビューをば。 加速 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.