• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

STAGのブログ一覧

2011年09月30日 イイね!

まぢ腹いっぱい!うP主!ありがとう!!!

まぢ腹いっぱい!うP主!ありがとう!!!どもっ!明日は湧永庭園って所まで車で走って来ようと思う夢幻のジャッカロープなんですが・・いかがお過ごしでしょうか?なんか花がたくさん咲いているので撮影するならよいかも!?と言われたので・・とりあえず全機材を持って撮影に挑もうかなぁ・・と思います。入場は無料らしいですが、門でなんかサインしなければならないみたいですね。まぁ場所もさほど遠くないので行って、明日フォトギャラでも上げられれば良いですね。

さて・・今日は動画大量UPなんですが・・今まで探していてどうしても見つからなかった動画が結構あがっていたので紹介します。当方、WGPと言う500CCの2ストロークで争っていた2輪最高峰のレースが、若かりし頃好きだった(ちなみに、2スト250も乗ってましたが・・あれは扱うの難しいわorz 何しろ燃費も恐ろしく悪かった・・・)のですが、崇拝するライダーにケビン・シュワンツと言うライダーがいるのですが、まぁこの方は日本でも特に有名な方なのであえて説明はしませんが・・そのシュワンツの・・「どうしても見たい動画」ってのがアップロードされてました。解説も踏まえてご紹介します。



88年の「富士スーパースプリント」と言うエキシビションの動画です。WGPではないですが、各メーカーと・・当時最も有名なライダーが出場する事と、89’のマシンのお披露目やらセットアップって名目もあるみたいですが・・

ここでお勧めのシーンは・・

・シュワンツのバンク角が深すぎてチャンバー(2ストのマフラーの事)を逆バンク気味の路面にこすって火花を散らしてしまう。

・富士のストレートで最強と言われていたW・ガードナー+NSRを、シュワンツのRGV-γがぶち抜くシーン。(このシーンはスズキフリーク的に狂喜乱舞のシーン。以後殆どお目にかかれないシチュww)

・・・って奴ですね。シュワンツが優勝しましたが、とにかくこの時のRGV-γは恐ろしく速いという印象がダイジェスト版のビデオにはあったのですが、それがかなり長めに観れたのはとても嬉しいです。しかもものすごいバンク角ですよねぇ・・

次ですが・・





・・・これ、88’マカウGPでエキシビションなんですが・・この時の動画も探していたんです。マカウは市街地コースなんですが、ご覧の通りのバンピー且つダスティーで・・まぁこれもシュワンツが圧倒的な速さを見せてLeg1・2ともにぶっちぎり勝利ですが・・見所は・・

・他のライダーとのライディングフォームの違い

・恐ろしく高速なウィリーをしながらそれで姿勢を変えてコーナー突入

・・・途中でアナウンサーが「ウィリーキング」と呼ぶほどウィリーを多用するのですが・・これには理由があって・・

「落ち葉が多くて滑るので・・・」

・・・と言う理由だったらしい。だからと言って、普通その速さでウィリーしながらコーナー曲がるのって・・orz って思います。まぁちなみに、このマカウGPと言う名前は付いていますが、ワークスライダーで走っているのはシュワンツだけだったみたいで・・まぁそれでもライディング一つとっても次元が違いすぎるかな?

そして最後・・



・・・シュワンツのトリビュート動画は世界各国で出てますが、これがなかなか良かったなぁ・・と言う感じです。ホッケンの高速コーナーでリアをスライドさせながら走った(多分300キロ前後)後のフルボトムブレーキングでリアがポンポンという動画はあまりにも反響が多くてDVDになった(あと89年の鈴鹿・・宿命のライバル・レイニーとのラストラップまでの戦いも・・)位ですから・・

しかし個人的に良いなぁと思うのは94年の鈴鹿・・シュワンツが最後に鈴鹿を優勝した時なんですが、当時スポット参戦したのがあの阿部典史(数年前事故で逝去。95か96年だったっけ?WGP鈴鹿で日本人4人目の優勝を果たし、名実ともに日本の最強ライダーだった。)であり、シュワンツ・ドゥーハンと互角以上の戦いをしてラスト3ラップ目で1コーナーでハイサイドしたけど・・その時のシュワンツのウィリーは美しかったなぁ・・。飛行機がノーズを徐々に上げていくみたいで・・

・・・
・・・・

今日は久々にノスタルジックにふけってみました。さて・・マカウもう一度観るかな??w
Posted at 2011/09/30 20:56:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011年9月~ | 日記
2011年09月30日 イイね!

- オリンパス マイクロフォーサーズで最軽量の小型版「PEN mini E-PM1」 - ・・・300g以下!

最近のデジタル一眼モデルは比較的軽量になりましたが、エントリーモデルだと400g台が普通で・・まぁボディで軽いと感じるのは600g以下じゃないでしょうか?もちろんレンズによっちゃうし、レンズも径が大きかったらボディより重いレンズと言うのが関の山。だから、マイクロフォーサーズみたいにカメラに合うレンズを持っているメーカーってのは固定客はつきそうですね。

さて・・今日はマイクロフォーサーズの本家でもあるオリンパスの、これまた最軽量なE-PM1をご紹介。

「オリンパスは30日、マイクロフォーサーズ規格のレンズ交換式デジタルカメラ「OLYMPUS PEN mini E-PM1」を開発発表した。2011年10月7日に発売する。

価格はオープン。店頭予想価格は、レンズキットが7万円前後、ツインレンズキットが9万円前後の見込み。ボディ単体(受注生産)は6万円前後と見られる。

同日正式発表した「OLYMPUS PEN E-P3」と同等の撮像素子を採用し、シリーズ最小のボディサイズに収めたエントリーモデル。タッチパネル式のモニターや可動式の液晶モニターは持たない。ボディ単体の重量は217gで、同社最軽量だった「E-PL1s」および「E-PL1」の296gから約27%の軽量化、体積比約31%の小型化を実現した。

 カラーバリエーションは標準ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II R」をセットにしたレンズキットがホワイト、シルバー、ブラックの3色。ボディ単体およびレンズキットに「M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8」を加えたツインレンズキットでは、ピンク、パープル、ブラウンも加えた6色をラインナップする。

撮像素子はE-P3およびE-PL3も採用する有効1,230万画素のハイスピードLive MOSセンサー。1080iのフルHD動画記録にも対応する。映像処理エンジンもE-P3と同じ「TruePic VI」を採用した。

 E-P3と同様、シンプルな操作部でも少ない手順で操作できるという「ストライプスクリーン」を採用。MENUボタンで呼び出せる。写真の明るさや色合い、背景のボケ具合を直感的に操作できるという「ライブガイド」機能はE-PLシリーズから継承した。

 アートフィルターは「ポップアート」、「ファンタジックフォーカス」、「ラフモノクローム」、「トイフォト」、「ジオラマ」、「ドラマチックトーン」の6種類を搭載する。

AFシステムもE-P3同様、従来から一新したという「“FAST(Frequency Acceleration Sensor Technology) AF”システム」を搭載。AF時のセンサーを従来の倍速(120fps)で駆動することでAFに必要な映像信号をより速く得られるようにしたという。AFの演算処理スピードや起動レスポンスも向上した。

 フォーカス選択エリアは11点から35点に増加。個々のターゲットサイズを小さくしたことで、きめ細かいピンポイントAFが広範囲で行なえるようにしたという。動く被写体などに対しては、縦3エリア×横3エリアのグループエリア選択によるAFも可能とした。

 内蔵ステレオマイク、センサーシフト式の手ブレ補正機構、ダストリダクションシステムも利用可能。ストロボはE-PL3と同様の着脱式を採用した。」

・・・試作機の情報なんですが、試作機から発売までにインターバルが結構あったので、あえて今日ご紹介しておきますが・・小さくなった割にはAFの選択エリアが劇的に変わったりとかなり頑張った仕様ですね。AF速度や起動レスポンスも向上してます。

アートフィルターも従来どおりですが、背面液晶がタッチパネルではなくなり、非可動タイプになりました。色が6色選べるので、自分の好きな色が見つかるかもしれませんね。重量は驚愕の296g。はっきり言えばちょっと重いコンデジ並ですね。

その他、映像エンジンもC-MOSも最新のE-PL3と一緒なので、かなりいい画質を吐き出してくれると思います。

価格はレンズキット(「M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II R」)が7マソ、ツインレンズキットが、「レンズキット+M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8」で9マソ、ボディ単体が6マソと最初は結構しますが、やはり売れそうですね。あのCM・・Nikonも見習って欲しいところですなぁw
Posted at 2011/09/30 18:18:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | 新製品ブログ 2011年9月~ | 日記
2011年09月29日 イイね!

き・・き・・キターーーーーーッ!!!!!

き・・き・・キターーーーーーッ!!!!!どもっ!やっと我が車、コルトバージョンRが帰ってきたので、ちょっと散歩に行ってきた夢幻のジャッカロープなんですが・・いかがお過ごしでしょうか?いやね・・自分の車っていいですね。自分仕様なので運転がとても楽です。で・・週末は蓮の花を撮影にいこうと思い調査していたのですが・・wikiに・・

「花期は7~8月で白またはピンク色の花を咲かせる。 早朝に咲き昼には閉じる。」

・・・って事でそっこーで「無理」と判断しました。蓮の花は望遠レンズさえあれば間違いなくいいショットが撮影できる・・比較的初心者向けの被写体のような感じもしますが・・まぁ突き詰めると難しくなるのが写真の奥深い所ではありますね。

さて・・公約どおりと言うのもなんですが・・

「Nikon D5100がとうとう4マソ台!」

・・・って事で購入を検討します。今ある予算は4マソなので・・まぁ追い金して今購入しても良い訳なんですが、年末あたりにもう一段位値段が下がる頃があるだろうから、年末に勝負します。・・・とは言っても年末は既にブログを試験勉強の為辞めているとは思いますが・・

まぁそうは言っても、そろそろ来年の事を色々と考えなければならないのですが・・来年3月にとりあえずは「ヴェクスター150の退役」と言うことを考えていました。

・・
・・・

がっ!・・次期車両はKymco Racing150(納車時にHIDだけはつけたいなぁ・・)って決めてはいるのですが・・一つだけ問題が・・それは・・

「3月の慣らし運転は恐らくほぼ間違いないくらい・・寒いだろうw」

・・・って事で、来年の6月末の某茄子あたりを検討してもいいかな~・・って思っていました。その頃まで待つと結構マイナーチェンジとかしてたりする・・可能性は無いかもしれませんが、まぁスズキがNewヴェクスター150まさかの発売!?って可能性は・・無いですがw(それやるくらいなら多分PCXが150CC出すかもしれん・・と言う淡い考えもあるが、出たらすぐハンコ持って行ってやるぜww(ちなみに、エンジンは替わる模様。125CCだけどorz))

まぁ次期車両の納車を6月にする事で兼ねてから考えていた車高調をやろうかと・・

車高調は、昨日言っていたCUSCO Compact SアッパーレスKitで十分なんだけど、どうせアライメントも取るからちょっとひと手間かけるかもしれません。まぁ予算が予算なので色々と相談してやりたいですが・・

あと・・年末会社の連れ(同じ車で私並に色々弄ってる。)がパワーチェック連れて行けって言う話があるので・・倉敷の某ショップにておながいしようかと思っています。私も久々にやってみたいのですが、さすがにDynapackでないとタイヤサイズでかすぎるので敗北必至って感じですw

とは言っても、特性は私好みにはなってきたのが救いではありますが・・もうちょっと先にちょっとした仮眠具アウトでもやろうかと・・

・・
・・・

ニヤニヤ


・・・ 今日のホニャララ ・・・



・・・2010年のクラッシュコンピレーションです。オープンホイール(俗に言うフォーミュラーカー)でタイヤが接触すると車がかなりぶっ飛びますねぇ・・シンガポールでもシュミーがぶっ飛んでましたがorz
Posted at 2011/09/29 22:05:13 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2011年9月~ | 日記
2011年09月29日 イイね!

- パイオニア メモリーが倍になり新たに渋滞予測データを搭載した「 楽ナビLite AVIC-MRZ09」他」 - ・・・安くなったなぁ・・

パイオニアのナビって言うと、今まで20マソ前後ってずっと考えていましたが、楽ナビLiteが出てから、低価格のラインナップが広がったと思います。私は今までKenwood→クラリオンと乗り継いできたので、値段的にはかなり割高な印象ありましたが・・考えを変えないとですね。

さて・・今日ご紹介するのは楽ナビLiteの新型3機種です。初期モデルは結構チープに感じましたが、最近のモデルはむしろ他所のメモリーナビより全然良くなった感ありますね。

「パイオニアは、2DINメモリーカーナビ「カロッツェリア 楽ナビLite」シリーズ3製品「AVIC-MRZ09」「AVIC-MRZ07」「AVIC-MRZ05」を10月中旬から10月下旬にかけて発売する。価格は、いずれもオープンプライスで、店頭予想価格は9万円~13万円前後。

■AVIC-MRZ09
 楽ナビLite AVIC-MRZ09は、2010年度AV一体型メモリーカーナビでベストセラーとなった「AVIC-MRZ99」の後継モデル。メモリー容量をAVIC-MRZ99の8GBから16GBに倍増。同社独自の圧縮データフォーマット「L-format」は従来同様採用されている。メモリー容量の増量により、同社のHDDカーナビに採用されている「渋滞予測データ」を新たに収録し、質の高いルート探索を実現すると言う。

 また、従来からあったバックカメラ入力端子をRCA端子に変更。汎用的な端子に変更することで、多くのバックカメラ製品と接続できるようになり、新たに駐車アシスト線のオーバーレイ表示も可能になった。

 地図は2011年の最新地図を収録。高速道路、主要国道などは毎月アップデートデータが提供され、アプリケーションを含めた全データのアップデートは半年に1度行うマップチャージ機能を提供。ユーザーはパソコンなどでアップデートデータをSDカードにダウンロードし、SDカードをカ-ナビ本体に挿入することでアップデートデータが適用される。この最新データバージョンアップは、最大3年、2014年10月まで無料で実行可能。

■AVIC-MRZ07
 ミドルクラスの楽ナビLite AVIC-MRZ07は、「AVIC-MRZ77」の後継モデル。メモリー容量は、前機種同様の8GBで、同社独自の圧縮データフォーマット「L-format」を採用。AVIC-MRZ09で新たに収録された渋滞予測データは提供されないものの、2011年版の最新地図を使用し、毎月更新を行うマップチャージ機能は、最大3年間無料利用可能。本体に内蔵するBluetooth接続や、別売のウィルコム製通信モジュールを利用することで、スマートループ渋滞情報を利用した渋滞予測が可能となる。

■AVIC-MRZ05
 エントリークラスの楽ナビLite AVIC-MRZ05は、「AVIC-MRZ66」の後継モデル。画面サイズを6.1型タッチパネルワイドVGA(800×480ピクセル)から7V型タッチパネルワイドVGAモニター(800×480ピクセル)へと大型化。地図は2011年の最新地図を、8GB内蔵メモリーに収録。最大3年間無料のマップチャージも提供される。

 渋滞予測に関しては、FM VICSに対応。スマートループ渋滞情報は、AVIC-MRZ66からBluetooth機能、通信モジュール対応が廃されたため、リアルタイムプローブには対応せず、SDメモリーカードでの蓄積型プローブ情報を利用することになる。」

・・・なんか今回紹介するモデル全てがDivXが廃されたというのは、使う人にとっては注目すべきところではありますが、とりあえず渋滞予測データはZ09にしか付かないようですね。あとZ07とZ09の違いはメモリーが倍違う事です。MRZ05はZ66の後継なんですが、とうとう7型タッチパネルになった(以前は6.1型)ってのが大きなところ。

どれも、パイオニアの独自の圧縮データフォーマット「L-format」を採用しており、それによりHDDナビ並みのデータ容量を持つらしいです。とは言え、これはケンウッドのナビも似たようなものを採用していますね。(しかもあちらは爆速系)

楽ナビの最大のメリットは3年間のマップチャージが無料になる事。SDカードで半年毎に行えますが、まぁ価格が10マソ前後で3年と言うのは意外と買い替え前提でのサービスなのかもしれません。もちろん替えないという選択肢も当然ありますが・・・

価格はMRZ09が13マソ、07が10マソ、05が9マソと初回からずいぶんと安いです。Z09のバックカメラがとうとう専用品じゃなくRCAになったのも嬉しいですね。10月中に発売予定。
Posted at 2011/09/29 20:30:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | 新製品ブログ 2011年9月~ | 日記
2011年09月28日 イイね!

この時を待っていた!!

どもっ!仮に来年試験勉強から復活してまた新しい場所でブログを立ち上げようとするとなると、どういうハンドルネームで復活しようかと考えていた夢幻のジャッカロープなんですが・・いかがお過ごしでしょうか?・・・で、ふと会社で便所の中でふけっていた時に浮かんだハンドルネームが・・

「甥☆にゅんぐ」

・・・です。まぁ使わないと思いますし、もともとの名前の由来知ってる人って少ないでしょうけど・・とりあえず今晩の宿題にしておきます。(ヒントにもなんにもなんないけど・・拷○の挙句ギ○チンで処刑された人ですな・・)

さて・・私のコルトバージョンRもサスペンションにRS☆RのTi2000入れてるわけですが・・まぁ車高の調整が出来ないのでそろそろ車高調に替えたいとは思っている次第なんですが・・安いのでいいしと思っていても踏ん切りがつかない・・って事でしばらく放置プレイしてましたが・・やっと欲しい車高調が出てきたような気がします・・それは・・

CUSCO Compact S アッパーレスKit

・・・最近CUSCOさんVRパーツたくさん出してくれますね。嬉しい事です。さて・・まぁクスコさんと言えば車高調とかスタビライザーなんですが・・車高調で一番安い奴なら以前からCompact Sってのがありました。これはリアはショックとバネの交換なんですが、フロントがピロボールアッパーマウント(キャンバー調整式)なんですよ・・ピロボールアッパーマウントってのは、ノーマルの車だとアッパーマウント部にゴム製のブッシュを入れてショックを吸収しているのですが、その反面操作のダイレクト感ってのでやや劣るんです。その点、そのラバーマウント部にピロボールと言う金属のボールジョイントを使うことによってタイヤが設置しているのをダイレクトに感じつつ、レスポンスがあがると言う代物。しかも数度のキャンバー調整も可能。

しかしながら、このピロボールアッパーマウント・・弱点があるんです。それは・・

○乗り心地にもろ影響が出る。

○車の経年劣化が、ノーマルよりもかなり進む

・・・この2点です。だから・・快楽を得る代わりに長期的に考えるとその代償もかなりあります。(アッパーマウントや隔壁に亀裂が入るとか、各種ねじが緩むとか・・)

まぁコルトバージョンRのアッパーマウント部は恐らくスポット溶接をたいそうやっていると思うので、さほど気にする必要はないかもしれませんが、クイックレスポンスは・・確かにサーキット場などの整備された平地で使用するには最適だと思います。

しかしながら、バンピーな路面だと、結構ステアリングに来るくらいの衝撃が来るのも事実。

で・・アッパーマウントがピロボールな車高調が殆どなのに対し、今回はあえてアッパーマウントレスキットってのが発売されたって事で、これを狙おうと思います。しかも値段が・・今までのCompact Sって8マソちょっとしたんですが、なんと7マソちょっとで購入できると言うお財布にやさしい車高調です。

私も実際アッパーマウントレスな車高調に乗ったことないので分かりませんが、少なくてもピロボールにした時は、ノーマルで「ドスンドスン」って言っていたのが「ガンッ、ガンッ」って感じになるんです。だから、アッパーマウントレスはノーマルブシュ流用って事でノーマルの乗り味に車高が低くなって、適度にロールせずに曲がりやすくなる・・って感じになるだろうと思います。もちろん、サーキットではピロボールアッパーマウントのコーナリング性能に勝てませんが、ノーマル+αで考えている人には、ショック+バネの選択肢の幅(と言ってもVRにショックとバネキットってあまり無いけど・・)が広がるって事で意外と良い選択になりそうです。あと・・ピロボールアッパーマウントは大体キャンバー調整タイプが多く、これがあるとアライメントを取る必要ありますが、このアッパーマウントレスはその機構が無く、著しく狂わない(とは思う)ので、そのまま乗っても大丈夫な感じすらします。

まぁ何はともあれ、今まで「硬い」と思っていたのも、実はバネレートではなくピロアッパーによる部分があったのかもしれないし、そういう面で逆に硬いバネレートを選んでも面白いかもしれませんね。まぁこれは自己責任でw

・・・ 今日のホニャララ ・・・



・・・Youtubeで動画を漁っていたら、X Gamesフリースタイルの失敗コンピってのがありました。華々しいフリースタイルでもこういった失敗と経験があって、あの世界があるんだなぁ・・と思う瞬間ですた。
Posted at 2011/09/28 21:08:24 | コメント(1) | トラックバック(0) | 新製品ブログ 2011年9月~ | 日記

プロフィール

「ヴィッツGRMNって約400マソかぁ・・

・・
・・・

俺ならタイプRの中古かランエボファイナルエディション買うなw」
何シテル?   09/20 22:48
閲覧いただきましてありがとうございます! STAGと申します。早いもので、こちらに引っ越してきて4.5年が過ぎました。 当方、ほぼ仲間内ROM(Re...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2011/9 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

FLY TEAM @fanky617 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/05/12 22:02:06
 
フォト蔵2《STRATOSPHERE名義で航空機関連画像》 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/05/12 22:00:20
 
焔のSuper Photo Gallary 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2009/06/03 15:40:07
 

お友達

好評に付きあと5人募集します。35人になった時点で終了とさせていただきます。

*あしあとは非公開にしております。(諸般の事情の為。)
32 人のお友達がいます
kansuke冠介風 @versionRkansuke冠介風 @versionR けいん@けいん@
カシーカシー まちゃ629まちゃ629
hankeixhankeix シンKPシンKP

ファン

28 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ヴェゼルハイブリッド ホンダ ヴェゼルハイブリッド
3月27日納車完了!リコールの憂いにあり2週間伸びてしまいましたが、増税前に辛うじて納車 ...
三菱 コルトラリーアートバージョンR 三菱 コルトラリーアートバージョンR
進化係槍騎兵壱式以来の三菱海苔になりました。槍騎兵壱式と比べると、絶対的な加速性能・トル ...
キムコ レーシングキング 180Fi レーシングキング (キムコ レーシングキング 180Fi)
現在1000キロ走行して2回目のオイル交換を行いました。その段階でのレビューをば。 加速 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.