• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

STAGのブログ一覧

2012年04月30日 イイね!

上海より帰りました② ~ 食は上海にあり! ~

上海より帰りました② ~ 食は上海にあり! ~どもっ!中国語専攻の某番長よりも中国出張が多い元英米語科卒の夢幻のジャッカロープなんですが、いかがお過ごしでしょうか?まぁ・・


「それが人生って言うもんさね。」


・・・って感じです。既に中国には2回行ってますが、一つ目は5年前の北京。北京もよかった・・何故って・・


「メシがうまかったww」


・・・いつもそればっかりですが、やっぱり中国で食べる飯は旨いのです。まぁこれって人それぞれの味覚ってのがありますが・・まぁ中国で食べるもので共通している事ってのがあると思います・・それは・・

「すべて油っぽいorz」

・・・って感じです。全てではないのですが、私がとりあえず食べたもののほぼ8割がた油っぽいって感じです。だから中国はお茶を愛し、しょっちゅう飲んでいるのだと思います。お茶は脂分を分解する働きがありますからね・・。

まぁそんなこんなで、とりあえず私が今回の出張で食ったものをちょっと紹介したいと思います。日本でも中華(中国)料理として出されるものもありますが、なかには「へぇ~」と思わせるものもあったりして、面白かったです。そして胃袋拡張orz



まずは蘇州の観光名所である虎丘を出たところの売り場で売られていた鉄板豆腐。食ってませんが、おいしそうでした。鉄板豆腐には、普通の豆腐と臭豆腐版があって後者はかなりやばいので注意が必要。



そしてその路地を歩くとこんな感じ。看板を見ると前菜だと思いますが、数元で食べられます。普通に面(中国では麺=面である。)類では10数元で食べられるのが普通なのでこの安さも納得できるはず。ここは某番長に訳してもらいたい所。



上海に戻って・・普通のスーパーです。手前はまだ野菜とかくだものとかそんなですが、奥に入ると・・・と言う感じです。動物の四肢のオンパレードが見れます。(ついでに独特なニホヒで嫌いな人は嫌いかも・・)真ん中あたりで大体お菓子が売られているのですが、上海はどこのスーパーもこんな感じでした。上海で最も有名な場所の一つ、南京路にて・・



蘇州(で有名な大通りの)のマクドナルド。ケンタッキーもありますが、それは「肯徳基」って読みます。食いませんでしたが、結構独特な地元ハンバーガーもあるかも!?



上海滞在最後の日、お土産にお菓子を買いました。左下にある薄せんべいみたいなクラッカーの価格はなんと1.8元!日本円で22円!!あとは奥にあるLAYSのポテチは「キューカンバー味」。なんときゅうり味でした。食いましたが、なるほど~という味。百力滋(パイリーツー)はプリッツ。左上のはシーウィード(のり)のかりんとう。ほのかな塩味が良いです。他につまみ(ピーナッツの唐辛子揚げ)もあり、これだけで値段が67元(約800円)でした。



蘇州で・・一日だけ外食以外で過ごそうって事になり、スーパーで購入したもの。烏梅ソーダってのがあってこれはまずかった。あとで調べると「梅の果実(燻製)」の意味だそうで・・あちらのカップ麺は量が多いのですが、もっと驚いたのは、折り曲がり式のスプーン標準装備でした。値段は忘れましたが、確か7元前後だったかな?牛肉トマトスープ風味って感じでした。全部で26元(312円)程度だと思う。



会社での昼食。蘇州の出向先の会社は毎昼に日本食みたいなのを出してくれてとても美味しかった。その日の昼ごはんはなんと「SUKIYA」の牛丼。私がもらったのはまさに「牛あいがけカレー」、そして隣がオリジナルのニンニクの芽とかをラー油で和えたもの、そしてこちらの日本食には大概デザートが付属する。あ・・味はほぼ似たようなものでした。



・・・まぁ食い気に目覚めてあまり写真を撮ってない(つかあまり撮影していると周りの目があるので・・)これはちんげん菜としいたけの煮物(超美味)、後ろは牛肉とにんにく、ジャガイモの煮物・・煮物と言ってもほぼ揚げ物位油GISH!(熱いけど超美味)右奥にあるのはバンバンジーっぽいもの。骨が多いので私は×。この3点でも70元(800円ちょっと)程度だと思う。3人食べてお腹いっぱい!



ししとうと牛肉の炒め。超美味



ししとうの手前にあるのはインゲンとナスのピリカラ炒め。超美味。つか、ご飯が欲しいw



唯一だめだったのはこの「臭豆腐とチンゲンサイの煮物」。食ったとたん吐きそうだった。(中国ではこの臭豆腐はメジャーで臭ければ臭いほど美味と言われているそうです。)



刀削麺のトマトスープ。削っている所は見れませんでしたが、あっさりトマトスープが相まって美味。



そして今回一番美味しかったのはこれ。羊の串焼き(唐辛子たっぷり)とナン。ナンってインドなんだけど、中国でも作ってます。この二つの相性がアルティメット超美味という感じで・・7串食べました。ちなみに1本7.5元(90円)。

まぁそんな感じでたかだか8日の滞在で上海の食の全てを紹介するのは無理なんだけど、例えば麻婆豆腐とか、それをご飯にのせたものだとか、麺に関しても大概日本で知っているものはありますね。坦々麺は四川省なので、食べられませんでしたが、結構ピリカラ麺ってのもありました。

中国といえば点心なんですが、点心は上海でもメジャーです。餃子は北京だと水餃子なんですが、上海は普通に焼き餃子が食べられました。(まぁこれは私が行ったところだけかもしれないけど、通訳さんは「普通に焼き餃子あります」って言ってた。)

あと・・上海といえば上海ガニなんですが、これはシーズンが冬なので、当然食べられませんが・・それは冬の楽しみってことでw まぁ飯食って仕事しないように先方に取られてしまったら2度と行けないかもしれませんけどねwww 皆さんの上海旅行の足しになれば幸いです。
Posted at 2012/04/30 22:56:49 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2012年4月~ブログ | 日記
2012年04月30日 イイね!

- 《D7000撮影記Pt.78》連れ出せ!使い倒せ!・・・るその前に、2012年もチューリップ祭り撮影してきた・・の巻っ!-

- 《D7000撮影記Pt.78》連れ出せ!使い倒せ!・・・るその前に、2012年もチューリップ祭り撮影してきた・・の巻っ!- どもっ!昨年味をしめたチューリップ祭り撮影なんですが、今年も懲りずに行ってきた夢幻のジャッカロープなんですが、いかがお過ごしでしょうか?明日も明後日も用事が入ってしまい、今年のGWは何故か忙しいのです。と言うか、上海出張してたからやる事が溜まってただけかもしれませんが・・

さて・・今回のチューリップ撮影なんですが、とりあえず2011年と全く違う部分があります・・それは・・

TAMRON SP AF 90mm F2.8 MACROの導入」

です。通称「タムキュー」。私のは172EのモーターレスVer.で、これは先代モデルになりますが、272EⅡとの違いはレンズ後面のコーティングでゴーストやフレアの低減、そしてレンズ内モーターを採用した程度の違いです。たしかモーターレスの272E(基本的にタムロンはニコン機の型番で語尾にⅡが付くとモーター付き。最近はモーターレスのレンズが無いので、Ⅱは省略しつつある。)

で・・昨年の夏あたりにこの172Eが12800円で入手できたので、こういう花撮りに使っているわけなんですが・・ズバリ言いましょう!


「タムキューはチューリップ撮影にBest Match!!」


です。今日も大層撮影隊が来られていました(世羅高原農場のチューリップ祭りは結構有名)が、概ね広角レンズか大三元、そしてキットレンズって感じで、今日マクロレンズは私含めて数人とかなり少なかったように感じます。シグマのHSMを持っておられた方もいたので・・あれは150mmマクロHSMだったような気もします。

と・・話が長くなるのでとりあえず2012年の作例をば。

I don't know why?
I don't know why? posted by (C)fanky617

syncronized
syncronized posted by (C)fanky617

渾然一体I
渾然一体I posted by (C)fanky617

桃源郷
桃源郷 posted by (C)fanky617

紫色とわだち
紫色とわだち posted by (C)fanky617

てへぺろっ!
てへぺろっ! posted by (C)fanky617

初夏になる前の短いひと時。
初夏になる前の短いひと時。 posted by (C)fanky617

Honey Hunter Evolution
Honey Hunter Evolution posted by (C)fanky617

・・・そしてフォトギャラリー・・



・・・またこれは個人的な精神論が入っちゃったりしますが・・チューリップの撮影は・・確かにビジュアル的に圧巻なあの壮大な多数のチューリップを撮影する事ってのは結構誰しも思いつくもの。しかしながら、あれだけ観光客が多い中広角で撮影するのは被写体的に非常に難しいものであり、そういう面で広角レンズをチョイスするのはリスクが高すぎる。

だから、今回は前も後もボケが美しいタムキュー1本で撮影してみた。結果的に・・と言うか、タムキューは私が「これだ!」と思った撮影ではあまり裏切らない、言わば一騎当千的なレンズ(写り)なので、今回も期待に応えてくれてます。まぁ広角の撮影をしちゃいけない・・って訳ではなく、広角レンズの撮影は被写体的に難しいって事です。自分だったらこだわって・・(広角レンズで撮影するなら)人のいないチューリップの大海原を撮影したい。

それと、昨年は確か・・同じくタムロンのマクロである28-75mm XR F2.8メインで撮影しましたが、このレンズも確かに良い。が・・タムキューのボケと比べると秀逸すぎてイマイチインパクトに欠けるんですよねぇ・・まぁ写りはキットレンズの比ではないですが・・。あと、純正の50mm F1.8も持って行きましたが、今日は下がれる被写体の為、一切使用せず。このレンズはやはり(私的に)水族館で真価を発揮すべきですね。

幸いにも今日は文句なしの曇天。花撮影でこだわるのはとにかく曇天である事。日中で太陽光が出ているシチュでは、頻繁に露出補正を行わなければならない事と、太陽が照射している部分と影のコントラストがやはり出てしまうので、開放的な画づくり以外には晴天時の花撮影はおすすめ出来ません。まぁこれも個人的な精神論・・いや理想論なので、そう思わないをクリックしても一向に構いませんがw

まぁとにかく、昨年の撮影(昨年の撮影したものはコチラ)とどこをどう改善するか?ってのは念頭に置いてやりましたが・・結局のところ、昨年は1+1=2になるように頑張った。今年はどうするかというと、1+1=3にしようって感じで・・。(計算は苦手なようだが・・)そこまで馬鹿だったのか?って言われるかもしれませんが、これは単純な足し算では無く「撮影したものは、ありのままを掲載するよりも、ありのままをより進化させる」と言う心構えって感じです。

だから撮影に際しては、最良と思われるタムキューを導入し、最終的にはPicasaでの編集。今回はカラープロファイルをほぼ同様にするように仕向けてます。やや黄色がかっているのはそのせいですが、昨年と比べて・・全ての面で進化するよう注意してやってみました・・その意図を汲んで貰えれば幸いです。とは言え、来年はどうするのか?という以前にD7000とはおさらばしている予定ですがorz


タムキューとの夕べ。世羅高原農場チューリップ祭り
Posted at 2012/04/30 00:17:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | D7000撮影記 | 日記
2012年04月28日 イイね!

異国から来た凄い奴! ~ Kymco Racing King 180 Fi ~

異国から来た凄い奴! ~ Kymco Racing King 180 Fi ~どもっ!「そのうち来ると思うから・・」とバイク屋に言われ2ヶ月、ようやく納車となったRacing King180と夢幻のジャッカロープなんですが、いかがお過ごしでしょうか?いや~、長い間待った甲斐がありましたねぇ~。今日は納車後早速108キロ走行しましたが、最初の慣らし運転~オイル交換まで300キロ、以後1000キロ~3000キロであとは+2000キロ毎のオイル交換だそうです。従ってバイク屋が休みになる明後日までには300キロ走破したいと思いますが・・(まぁ楽勝でしょう。)ちなみに、私がお世話になっているSBSではモチュールの300v辺りを入れてくれるので、とっととオイル入れ替えたい所なんです。1.2Lなので1500円もしないし、いいオイルなので最初の慣らし運転は一気に終えます。

レーシングキングで私が選んだ色はブラウン。はっきり言って多分超がつくほど希少種です。黒・白・青は普通に出ますが、ブラウンってのは聞いた事がないです(シグナスにはあったと思う。ゴールドメタリックっぽいのが・・)し・・とりあえず岡山でもレーシングキングが少量売られていると思いますが、このブラウンは多分岡山でも1号納車っぽいです。で・・こちらの店長が奥さんと・・「こ・・この色でいいのだろうか?」と言っておられましたが、ぶっちゃけますが、個人的にはどの色でも良かったですけど、この色は奇をてらう以前になかなか良いです。インパクトあります。白や黒よりも目立ちます。

まぁそんなわけで、せっかくですから、話題となっている180CCのエンジンを搭載しながら、車格は125CCと言うこのレーシングキングのある事ない事を画像付きでお話したいと思います。(車両のレビューは後日・・)



SBSにヴェクスター(125だけど、150CCと勿論同格)があったので並べて比較。ヴェクスターの全長は1920mm、レーシングキングは1931mmと実は11mmしか全長が変わらなかったりする。(レーシング150も1920mm)リアのトップケースをつけなければ間違いなく短い。



前から・・ライトはHS1×2。調整機構がイマイチわからなかったのでマニュアルが出てからライト交換します。メンテナンスは難しそうだが、とりあえず添付のメンテナンスノートには書かれていない事が多過ぎる。(まぁそのうちに・・)



ライト周り。光量は十分。デフォルトで光軸は低いと感じたが、まぁ慣らし運転中は60キロ程度しか出さないので・・。ポジションは間近で見ると結構大雑把な処理してるかもしれない。(つきゃあいいので無問題。)見た目の破壊力は抜群だけど・・

いつも気になっていた、リアから見える「kymco」の文字はリアスポイラー下から見えるシートのロゴだったんだねw



リアテールランプ、LEDパイプが独特ですが・・これ、BMWから意匠をもらってます。詳しい事は分かりませんが、どうやらキムコがBMWのエンジンをOEM生産している模様。



メーター周り。視認性はまぁまぁ。デジタル速度計は俊敏に反応する。アナログタコもブレない(当たり前か?w)。但しアナログ燃料計はレスポンス悪し。デジタル水温計は適正値からほぼ動かん。水温はほんの数分で上がってビタっと安定。(これも当たり前か?ww)

ボタンは二つ。左側がMODE、右側がADJ。ボタン一つでサクサク動くのかと思ったらほぼ長押し状態で機能選択orz TRIPとかをリセットするには両方のボタン同時押しとか、時刻の調整とかもそうなので、正直このボタンの意味があまりわからん。

あ・・KPHとMPHの変更は可能。



このXLのメット・・何をどうやっても入りませんでした(風きり音も酷いので形は良いし安いが大失敗orz)orz Mサイズのオーソドックスな昇平でも買うかな?



リアはWショック。5段階調整式だったっけ?工具袋のなかに調整するやつがあります。現状では交換する必要性を感じない。



フロントは高剛性の倒立サス・大型ダブルディスク・アルミメッシュブレーキホースとこれ以上のチューニングはまぁ大抵不要。Fフォークはフロントにそれぞれ3本のネジで強固に固定されています。確かに剛性は鬼のように高いです。(思想的にはバージョンRに通ずるものがあるw)



タンデムステップはプッシュ式。足で押すと出ます。「シグナスが唯一真似をした」所だとか書いてありましたねぇ・・。詳しい事はよく分かりませんがとにかくすごい自信だw



収納型コンビニフック。他にフロントにも固定型のコンビニフックがあります。主婦の友。



このパネル、取れてメンテナンスが出来ます。塗装技術はエッジ部分に塗りムラがあったものの、悪くはない印象。これを取って一番簡単に交換できる部分は「ホーン」でしょうね。多分5分で交換できますw



リアシングルディスク、勿論ステンメッシュホース。慣らし運転中はマフラーから焼き栗のニホヒがします(実話)ww



タイヤは悪名高きチェンシン製。国内でもシグナスとかについてるみたいだけど・・・普通に走るには硬くて良いのだけど、多分雨で無理するとハイサイド起こすかもしれません。ここは近日交換するつもりです。パワーがあるバイクだけに万全を期す構えです。



大型ラジエター、キャブはケイヒン製。冷却は夏に真価を問います。



キーシリンダー周り。右下の黄色いのはシャッターボタン。いろんなギミックがありますが、右に回すとエンジンが切れて給油が出来る。左に回すとエアシリンダー式シートが上に上がります。閉めるのはちょっと力が要ります。(確かエンジンかけっぱなしでもシート下は開けたような・・)



両端のグリップエンドにはメッキしてます。グリップは太くて握りやすい。



ロゴです。ロゴはロゴ。



鍵です。シャッター開閉する所がついてます。これって昔スズキがやり始めたんだっけ?



シート下です。浅長いって感じです。XLのヘルメットは上が当たります。調べて買わなかった俺が悪いのですが・・Mサイズのフルフェイスのヘルメットがギリギリって感じもします。

その他、画像がないですが・・

・フロントにはアクセサリーソケットと500mmペットボトルが3本入るポケット、給油口があります。給油口は吹き出しやすいので注意が必要。

・バッテリーのアクセスはシート下の怪しげなシャッターっぽいところから・・

・ギヤオイルも5000キロに一度交換しなければならんとか・・粘土は90

・ミラーにはkymcoの文字がさりげなく入ってます。側はボディ同色でかっこいい。

・メーター周りのシボ加工(?)はヴェクスターと一緒。高級感は皆無だが、まぁ雨晒しになるし色も変わるので致し方ないかな?

・大体この価格のものはシート下にはLED照明があるのだが、レーシングキングは無い。

・全長はヴェクスターと大差ないが、ステップがかなり高く、168cmの私もつま先立ちになるので、女性は注意したほうが良いかもしれません。

今のところそんな感じ。走行レビューは近日書きます。(さらなる詳細はURLのキムコジャパン本家のレビューを参照汁。)
Posted at 2012/04/28 22:32:01 | コメント(3) | トラックバック(0) | Kymco Racing King 180 Fi | 日記
2012年04月27日 イイね!

上海より帰りました① ~ とりあえず一問一答 ~

上海より帰りました① ~ とりあえず一問一答 ~どもっ!とりあえずAir Chinaが東海に落ちることなく無事出張が終了した夢幻のジャッカロープなんですが・・いかがお過ごしでしょうか?長いようで短い・・いや短いようで長い出張生活でしたが・・とりあえず無事って事だけは報告しておきます。

上海つっても、仕事は隣りの蘇州(そしゅう。中国読みはシューツォみたい。)の工業地帯で延々と現地の方々と労働してきましたが、無事工程も終わり本日帰国した次第です。ちなみに、工程が終わらなくてもGWまでには帰国は確定だったので、まぁ今日の19時前に帰ってきたって事を考えるとかなりギリギリまで居たって感じです。

で・・これから暫く上海・蘇州とか中国文化に触れて「これだけは押さえておきたいっ」ってものを一問一答してみたいと思います。画像もたくさん撮ってきましたが、さすがにコンデジなのでピンボケもかなり多くて選定に苦労しますが・・それでは行ってみましょう!

Q1. 上海・蘇州の人口はどれ位?

A1. 上海は2000万人・蘇州(市)は200万人って聞きました。人口2000万人というと、東京の総人口(1300万人)を軽々と超え、蘇州の200万人でも岡山や岐阜、福島に匹敵する人口。まぁ人口密度で言えば東京は凄いですが・・

Q2. 気候は?

A2. 比較的日本と似ている・・と思います。大体上海でその日雨だったら西から東へと前線が動くので、翌日以降に日本でも雨が降ることが多いよう。高温多湿ではあるけど、今の時期は過ごしやすいと思う。(それでも最高気温28℃程度はあったけど。)

Q3. 地形は?

A3. 上海も蘇州も一つだけ言えるのは「山が全然ない」って事。小高い丘程度しか見当たらないほど平野が続く。

Q4. 日本人がホテルに滞在しても色々と大丈夫?

A4. 高いホテルだとまず問題なし。フロントも日本語がかなり喋れる。特に上海は日本企業が多数進出しているので、滞在の数割が日本人ってのはざらにある。安いホテルはセキュリティーもあるため止まらない方が良いと思う。水は飲料水が別に用意してある(買わなくても良い)のでそれを飲むこと。間違っても風呂や水道の水は飲まないこと。ホテル宿泊料金は勿論立地条件とかでマチマチなんだけど、朝食のバイキングがついて大体400~800(元)位だと思う。1元12円なので日本円だとそれを12倍してみて。大抵5000円~9000円ってとこだろうと・・。換金は・・空港よりもホテルの方が手数料が少なくてよいかもしれない。空港で私は換金したが、大体50元の手数料がかかる。600円程度ね。

*注意すべきなのは「デポジット」と言う制度。これは「支払い保証金」ってやつなので、チェックアウトする時には本来の値段で返してもらえる(例えば800RMBのデポジットが出る時に600RMBにしてくれる。要するに領収書が宿泊前と後で金額が違うのが出る。)のだけど、チェックアウトする時には「デポジット」って言葉を言ってみようw デポジットは世界中ある事なので・・

Q5. どんなものが食べれるの?価格は?

A5. なんでも食べれる。上海市も蘇州もそうだけど日本人がめちゃくちゃ多いので、日本人料理屋ってのが平気である。中華料理も比較的日本人には合うが、臭豆腐などといった独特なものもある。(私は吐いたorz)

相場としては、麺(現地では面なんだよな・・。)が10~20元。チャーハンなんかもそんなもの。地元のこじんまりとした麺屋に行くとこの半額で食える。但し、当然英語も通じないので勇気は必要。まぁ3人前100元もあればたらふく食える事請け合い。麻婆豆腐飯とかもあるよ。(昨日私が食った所は9元(108円(二人分位あるがw))だったw その前日に食った面は4元(48円)だったww)

更に補足すると、こじんまりした現地の料理屋だと「注文用紙が置いてあるので、それに数量を書いて前払いする」事が多いと思う。ホテルとかちゃんとした中型の料理屋だと後払いなんだけど・・。まぁ南京路とかを歩くと、必然的に日本語に出会うと思う。

Q6. 交通手段は?

A6. 上海にはPudong(ほとう)国際空港があって、今日そこから帰った訳だが、国際空港から上海市まではタクシーで1時間。料金は200元するかしないか?位。上海市から蘇州までは車で2時間(平均120キロ位で走ると・・)。タクシーではちょっと値段が張って400元しないくらい。まぁめっちゃ遠いので日本だと5倍以上はするだろうなぁ・・。Pudong国際空港にはリニアモーターカーが走っている。上海市から蘇州、そして北京まであの中国新幹線が走っているのは有名な話。

主要交通機関の話はそれまでにして・・最近と言うか上海では「電動スクーター」が普及している。その普及率っていうのが半端ない位の数で、それもそのはず。実は免許が不要だったりする。(ただし速度も30~50キロ程度しか出ない。充電施設はあちこちにあり、1元で充電できるみたい。航続距離も30~50キロの模様。楽しそう。)電動スクーターの値段は2000~3000元程度と聞く。明日その10倍以上の価格のガソリンスクーターを取りに行く私の身にもなってくれw

・・・ちなみに、少数ではあるがLPGのスクーターもある模様。ガソリン式のスクーターはかなり少ない。上海では見かける程度。台湾ではそちらが主流なんだけどねぇ・・。

Q7. ガソリン価格は?

A7. これ・・未確認だが、ガソリンはオクタン価93と97の商品がある模様。93が日本で言うレギュラーで、97がハイオクと考えられる。で、お世話になった副総経理さんの乗っているプジョーがガソリンを注いだ時に見た値段が、93が7.8元で97が8.4元位だと思う。レギュラーが93円で、ハイオクが100円くらいととても安く感じる。(もっとも、最近高騰しているみたいだが・・)その理由は中国はガソリンの自給率が6割超えなので、自国である程度出来るからだと思う。日本とヨーロッパはその倍近い価格なので羨ましさもありますね。

とりあえずここまで・・
Posted at 2012/04/27 23:25:02 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2012年4月~ブログ | 日記
2012年04月20日 イイね!

せめて遺言として...。

せめて遺言として...。どもっ!明日から海外出張の夢幻のジャッカロープなんですが・・いかがお過ごしでしょうか?既に準備は終わっているのであとは寝るだけですが・・D3200の発表があったので情報を収集していたらこんな時間になりましたが・・あ・・明日は給料日なんですが、こないだの相模原出張の自腹が帰ってくるのでそれだけが海外出張から帰ってくる唯一の楽しみ。

・・
・・・

というわけではなく、帰ってくると、いよいよレーシングキングの納車があるはずなのでまぁそういう面でもタイトルには遺言と書きましたが、無事に帰ってこれる事を期待せざるを得ません。つー事でタイトルはあんな感じでつけてます。

世の中、諸行無常とは言いますが、いかに安全性の高い出張とは言えど、まぁ何らかの歯車が狂えば戻ってこれないという可能性は無い事は無いので、まぁ敢えて「遺言」って形にしとります。「考えすぎだよ。」と言われるのも当然と思いますが、まぁ確率的には0%ではないので・・。

そういや・・今日お袋と晩飯を食ってたらこういう事言ってました。

(私も面識がある)タクシーの運転手さんが、こういう話をした。とある造船で作業をしている中国人と知り合いになり、長期滞在していたので、まぁせっかくだからという事で犬を飼ってみたらいいんじゃね?って感じで、犬を渡したんだそうな・・

で・・その数ヶ月後にその知人に遭ってその犬の話をすると・・

運:「久しぶり。あの犬元気にしてる??」

中:「あぁ・・とっても美味しかったよ!

・・・と、丁度その時に肉を食っていたので思わず箸が止まる俺(まぁ多分冗談なんだとは思うがw)orz まぁ数年前に北京に行った時も「犬肉」と書かれた看板が結構あったので、一応それは文化の違いなんだなぁ(勿論、食ってはないし、結構良い所に泊まるとさすがにそういうものは食う場所は少ないと思う。)とは思うし、日本でもローフィッシュと言うか、タコの踊り食いとかってのもあるので、難しいところだよね・・。

・・
・・・

って話をするのではなく、もっと別の話で、これこそ「諸行無常の話」。

この話は・・ちょっとブラック過ぎたので封印していたのだけど、もう結構経つしそろそろ話してもいいものかと思いちょっと書いてみる。

これはお袋の旅行の話(実話)ではあるけど、お袋は旅行が好きなので、いつも友人とバスに乗って旅行に行くのだが、確か中国地方北の方に日帰り旅行をしていた時の話・・。

お袋と友達が旅行会社が主催したツアーのバスに乗っていて、そのバスは結構満席だったのだけど、ツアーの途中、ある時、突然近くに座っていた老夫婦のおじいさんの方が、急に苦しみを訴えたのだそうだ。

お袋は元看護婦なので、咄嗟に「心筋梗塞」と思いつつも、その時点では殆ど何も打手が無く、バスは緊急停止。救急車が来るまでにAEDがある場所を探しつつ、蘇生を試みようと思っても、実際に知識を持っている人ってのは殆どいないわけで・・(AEDには簡単なマニュアルはあるのだけど・・)

お袋は、こうなった場合は助かる可能性は、ごくわずかながらあるだろうけど、ほとんどの場合は「手遅れ」だと思いつつも、バスガイドさんが「どなたかお医者さんか、看護婦のかたはいらっしゃいませんか?」と言われ、お袋が自主的に手を挙げたのではなく、隣りの友達がカミングアウトしてしまい、急遽AEDをする羽目になった。AEDだけではなく、人工呼吸も行う必要があるのだが、それはおふくろの場合は「直接するわけにはいかんのでガーゼを借りてどうのこうの・・」と言ってた。

AEDが到着するまで10分程度かかってしまっていたので、お袋はほとんど絶望視していたのだが、それでもAEDが届いて人工呼吸をして「出来るところまではやった。」と言っていた。まぁ確かに大汗をかきながらやってたそうなのだが、延々と蘇生を試みていたら、救急車が到着。

そして奥さんごと、救急車で運ばれて、ツアーは続いた。途中で席替えがあったみたいなんだけど、やはり誰もその席には座りたくないのか?バスガイドさんがうちのお袋と友達にそのご老人が倒れた場所を指名して座ってもらったそうだ。(うちのお袋はそういうものは信じない人なんで「何ともない」って感じで座ってたようだが・・)

で・・最寄の駅に着くので私が車で迎えに行ったのだが、そこで見た私の光景が・・

○なんか・・目で見て分かる位やたらと乗客全員が疲れていた。
○最寄の駅でそれぞれツアー客を下ろして帰るのだが、何故かうちのお袋が降りるときだけバスガイドさんがめっちゃ頭下げてたのを目撃。(あの時点で、俺は何かあったんだろうなぁ・・とは薄々思っていたが・・)

その後、お袋の友達を私の車で送って、その帰りにお袋が今日のその出来事を話してくれた。

まぁ結局、その老人はその後搬送先の病院で亡くなられたと言う話をツアー中にお袋は聞いていたのだそうだ。やっぱり間に合わなかったなぁ・・と言う感じで。そのご老人は、心臓に病を持っていて、ツアー途中で歩いた時には既に調子が悪くなっていたそうだ。後日、その奥さんから菓子折りが届いたとかなんとかって話までは聞いた覚えがあるが・・

その日はさすがにお袋もぐったり疲れたようだが、まぁその「行い」だけは正しい行動をとったのだが報われなかったという面もあり、敢えて書かなかった。もひとつ言うと・・お袋は昔救急病棟の看護婦をしていたので、死という面に関しては免疫がついているので、他人が動揺しようが余り顔には出さないのだけど、まぁ日帰り旅行でこうなる確率ってのは結構極めて低い(遅刻する人は多いのだけどorz)と思うし、そういう面で「諸行無常」というものは感じてしまう。

お袋も過去に大病を患って、生きるか死ぬかの瀬戸際に立たされたことがあるのだが、まぁ運良く手術は成功し、現在に至る。お袋が小旅行やら海外旅行に毎年行くのは「いつ死んでも悔いを残さないため」なんだそうだ。だから旅行先でどんなことがあっても、悔いは全くない・・と言っていた。(敢えて言うと、俺の孫の顔が見れないのが未練だが・・既に諦めているので・・と締めくくるorz 息子的に気にはしてないが、たまに残念な気分にはなりますねぇorz)

まぁという訳で私も明日から出張にいきますし、こんなちょっとダークな話をしてしまうってのもあれなんですが、運命と言うものが既に決まっていて、明日私が上海にいって何か起ころうが、まぁそれは運命として享受すべき事・・と思うことにしよう。まぁそうなる確率はかなり少ないのだけど・・

と言うか、唯一悔いが残るのは、ベッドの下に隠したアダルトな・・・ってやめておこう。

・・・という訳で、行ってきますzzz
Posted at 2012/04/20 00:28:46 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2012年4月~ブログ | 日記

プロフィール

「どうぶつタワーバトルにはまり注。」
何シテル?   12/03 18:29
閲覧いただきましてありがとうございます! STAGと申します。早いもので、こちらに引っ越してきて4.5年が過ぎました。 当方、ほぼ仲間内ROM(Re...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

FLY TEAM @fanky617 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/05/12 22:02:06
 
フォト蔵2《STRATOSPHERE名義で航空機関連画像》 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/05/12 22:00:20
 
焔のSuper Photo Gallary 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2009/06/03 15:40:07
 

お友達

好評に付きあと5人募集します。35人になった時点で終了とさせていただきます。

*あしあとは非公開にしております。(諸般の事情の為。)
32 人のお友達がいます
hide-010hide-010 まちゃ629まちゃ629
TE27TE27 けいん@けいん@
カシーカシー kansuke冠介風 @versionRkansuke冠介風 @versionR

ファン

28 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ フィット(RS) ホンダ フィット(RS)
VEZEL HYBRIDに乗っていましたが、1回目の車検後、意外と高値で取引されている情 ...
三菱 コルトラリーアートバージョンR 三菱 コルトラリーアートバージョンR
進化係槍騎兵壱式以来の三菱海苔になりました。槍騎兵壱式と比べると、絶対的な加速性能・トル ...
キムコ レーシングキング 180Fi レーシングキング (キムコ レーシングキング 180Fi)
現在1000キロ走行して2回目のオイル交換を行いました。その段階でのレビューをば。 加速 ...
ホンダ ヴェゼルハイブリッド ホンダ ヴェゼルハイブリッド
3月27日納車完了!リコールの憂いにあり2週間伸びてしまいましたが、増税前に辛うじて納車 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる