• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

nekonekomiumiuのブログ一覧

2008年11月09日 イイね!

年下の男

最近美容院に行ってきた。数えたらほぼ4ケ月位。
美容院のトップディレクターの内藤さん。
私の廻りにいる唯一数少ない年下の男です。
彼との付き合いは5年ほど。他の美容院には行かない。
私は昔からそうだったんだけど、こと「髪の毛を切る」という行為に対しては1人の美容師さんにお任せするんです。
相手側も好みからスタイリング、カラーまで知ってくれているので、ここをこんな感じとかいうとアーウンの呼吸で対応してくれる。
その昔はシャンプー係りから店長、独立してお店を変わるまで1人の美容師さんだった頃もある。さすがにお店は遠方になったので、通うわけにはいかなかったけど、それでも1年に何度かのぞいてあげた事もある。結婚してさらにお店を持ってからも行った事はあったけど、今度は市外のさらに遠方になったのでこの辺で変わった。アレキサンドルの久ちゃん。懐かしいです。

そんなわけで彼は私の数少ない年下の男の一人です。
こうしてみると年下の男との関わりは少なく淋しいものです。(笑)
親類を除けば、彼を筆頭にCAFEのマスター、呉服屋の若旦那、舞台俳優岡幸二郎、
シンガー石井一孝。ほんの数える位しかいなくて、ほとんど名前も知らないし、
年下の男との出会いってそれ程ないです。

世間やドラマでみたいにこれからクリスマスに向かって年下の男と出合って恋にでも落ちたいものです。相手はドン引きだけど。(笑)

Posted at 2008/11/09 18:16:28 | トラックバック(0) | 日記
2008年11月07日 イイね!

横浜 六角屋

横浜 六角屋そう。家系ラーメンの横浜で一番美味しいラーメン屋さんです。
私の住んでいる今の場所から歩いて7~8分のところにあります。
六角橋商店街を歩いて交差点を渡ったところ。
横浜に住んでて何が嬉かってここのラーメンがいつでも思った時に食べにいける事です。本当にここに住んでて良かったって思う瞬間です。
こってりした豚骨系の白いスープに背油をたっぷりかけて面シコシコのラーメンです。熱々のラーメンを思い立って夜中食べに行ったり、昼食にしたり、ここのラーメン以外は食べたくないのが本音です。その位美味しい。惚れ込んでます。
ラーメンブームに乗ってチェーン化して全国展開している中、頑固にそれもせず、決して綺麗とはいえないあのお店で、頑なに味を守っているところが又いいです。
できれば、もし男の子がいたら修行にださせて、店を出させたい位好きです。
あの重いスープ鍋はやっぱり女性では持ち上げるのは大変だと思います。
あの味は食べた人しかわからないけど、あの味を出すまでの汗と涙と頑固の戦いはいくばくか?と思うほどです。

本当に六角屋が近くにあって良かった。
最近思う事です。
Posted at 2008/11/07 19:52:57 | トラックバック(0) | 日記
2008年10月19日 イイね!

Miss Sigon2008

ミス・サイゴン何をかくそう今期6回目。S席×2、A席×1、B席×3。
かなり帝劇に通った事になる。4ケ月で6回はかなり多い観劇です。
なんだかハマってしまって、キャストの組あわせがかわるだけで、舞台を流れる風がガラリとかわるのが面白くてつい通ってしまった。
お陰で観劇貧乏・・・・。(笑)

必ずメインキャストで一番にご贔屓してる人は岡幸二郎さん。GIジョン役。
あとそれにとっかえひっかえエンヂニア役に橋本さとしさん、別所哲也さん、筧さん。
皆それぞれ特徴があって面白い。こんなにハマルなんてって感じ。

岡幸二郎さんのあのみずみずしい声にとてもひかれる。
艶やかで適度に色気があって、綺麗だ。舞台でもとても華のある人です。
ロバートさんと同じ。花が良く似合う人だ。

今日はmy楽。着物で出かける。
桃色の色無地に秋柄、紅葉、梅、桜の帯。帯び締めは道明、青渡色。
Posted at 2008/10/23 20:09:15 | トラックバック(0) | 日記
2008年10月15日 イイね!

La Festa Mille Migria 2008 横浜元町ゴール

だいぶんお休みしてしまいました。
今日は毎年行なわれるクラシックカーレース、La Mille Migria2008の山下公園に応援に行ってきました。
雨の中カサをさしてほぼ3時間に長丁場。
でもレースに参加してる人達は雨の中もっと過酷な状況です。
そしてかなり寒い。3時半に先頭車が入場し次々と山下公園に入ってきます。
ジ・ラローモさんやお馴染み堺さんや、マッチのクルマも。
マッチファンはマッチと共に大移動。マッチのギャラリーがほぼ半分だったといっても過言ではありません。やっぱりすごい人気者なんですね。
さて我お目当て東儀秀樹さんは5時過ぎにやってきました。
待ちに待った山下公園入りです。
でも今日は雨でクルマの場所移動もなくそのまま、スルーしていくので、
「東儀さ~~ん。」と叫ぶが精一杯。
例年なら、クルマを止めて写真撮ったり、握手したりそれはそれは華やかな、会場ですが、今日はギャラリーも少なく淋しい限りでした。
でもこんな雨の日でも応援する人達こそ、本当に好きなんじゃないかな?
私はクルマのレース自体も好きなので、いつか私の愛車で一緒に1600kmを走破してみたいです。
そして、大会で毎年ボランティアスタッフを募集してるというので、来年はこれに参加してみようかと思ってます。ただこちら少々複雑の様で、推薦みたいな形らしいです。
一緒にゴールできて良かったです。毎年応援してるけど、こんな雨の年もあるんだなって年が経つのが早く感じます。一番最初に行ったのはいつだったか?
数えたらもう5年も前でした。








Posted at 2008/10/15 01:20:59 | トラックバック(0) | 日記
2008年09月25日 イイね!

ROBERT,TARO-YOMO

順番が逆になってしまったけど、遠く地球の裏側、南米はパラグアイに住む私の母方のイトコ。今度エルサルバトルに行くイトコ美紀のアニキ。
日系2世です。
彼は15年程前日本にやって来て1年半滞在し、母国パラグアイに帰って今は親の後を継いで広大な土地で農場経営をしてます。

彼が日本に来たのは24歳位だったかな?
彼らは日本の国籍も持っているけど、パラグアイの国籍も持ってる2重国籍です。
本当は20歳になったら、どちらかの国の国籍を選択しなくてはいけないそうなんだけど、選択しなければそのまま国籍は抹消される訳ではないので、そのまま2重国籍所持者として生きているわけです。彼の父は母方の兄弟で大学を出てすぐに、移民船に乗ったそうです。彼ら一家の事は何かにつけ先祖の集まりがある時に風の便りで聞いていました。

このYOMO,ROBERT-TARO(通称太郎)は最初会った時、日本人の顔をした日本語を喋る日本語が書けない外国人でした。
ともかく私達日本人とは全く違う価値観を持っており、その違いを理解するのに随分時間がかかりました。そのくせ顔は日本人で日本語を喋るので、コチラもつい日本人として同じ感覚で扱ってしまうのです。でも同じ感覚で扱うととんだ痛い目にあいます。
大陸で育っているので、おおらかです。細かい事は気にしない。ドンマイドンマイみたいな所があって、なんとかなるさみたいな、明日の風は明日にならないと解らないみたいな発想があるようです。
彼ら日系人には独特の文化があるようです。それは外国で隔離された日系社会というものが作り上げたものだと思います。
同じ日本人として助け合ってかの地で生きてきたので、何かしてあげてもあまりそれに対して感謝を示しません。皆がそうではありませんが、彼に言わせると、大方似たようなもんだと云ってました。同じ日本人としてそれら何かする、してあげるのは当たり前なんです。この意識の違いを理解するのに随分親戚一同苦労しました。あとビックリするような寄行があり、それらも大いに私達を驚かせました。
でもその代わりすごく優しかったし、純朴で素直だったしいいところもいっぱいありました。
私達が知らない世界も知っていました。銃はその年齢でもう扱っていたし、ドラッグやマリファナ等の薬物もそのルートをたどれば簡単に手に入る国らしいです。
現にハイスクール時代、それらのものを経験してる子達は自分の周りには少数ではあるがいるよみたいな事も云ってました。ただそれには手はださないけどねとも云ってました。
母国がスペイン語なのでスペイン語はペラペラでした。スペイン語を喋るとメキシコ人みたいでした。色は黒くて、カウボーイハットが似合いそうな感じ。純朴そうでしょ?

時間に束縛されるのがキライでした。何時何時までにこれをするとか、例えば月末迄に家賃を振り込むとか、ともかくそういった事は苦手でした。

寄行もありました。親戚一同ビックリ。
赤信号を無視して平気で運転するんです。国際免許を持っていたので日本でもクルマに乗っていました。高速は150KM位当たり前に平気で走るんです。
クルマを人の家の私道に3日間駐車して放置した為、警察から持ち主の父に電話がかかってきました。その後友人から借りたクルマを今度は人のウチの田んぼの脇道に一週間止めてこれも、不審車両で通報されてウチに警察から電話がかかってきました。母が日本での身元引き受け人になっていたので、連絡が全てきました。
警察は呼び出しても、日本人の顔して日本語を喋っているんだけれど、調書を書く時本人は日本語が書けないのでその都度ウチに連絡が入り、その都度警察に行っていたようです。クルマは危険という事でその後乗る事を止められていましたが、後で聞いたらコッソリ何度かレンタカーを借りたみたいでした。
あとお酒を飲んで運転するのも普通にやってまいたので、これも怒られて辞めました。
ともかく文化や習慣が違うので随分彼の事を理解するのに時間がかかりました。
10万近く入った財布を駅の切符売り場に忘れてきたり、彼は随分落胆してました。

出稼ぎ労働者だけど日本人として三菱自動車の工場に入って、1年勤めていました。寮に入って生活していたんだけど、ここでも随分行動が目立って母が保証人になっていたので、連絡がきました。(たぶんケンカだと思うけど、容赦なく相手を殴ったらしい)情熱的な一面もある。これを情熱的というかはちょっと問題だけど、時間にはルーズで遅刻も多く(これは後に改善された)もう少しでクビの所を、なんとか1年働いてバブルの頃でかなりの金額になったようですが、半年分180万程を母国に持って帰りました。後半分は日本で使ったみたいです。恋愛をしてGFができるとすぐに結婚したいと言い出し、(相手はオミズの子でした)純情でしょ?皆に反対されて傷ついたりしながら、日本で多くの事を学び?帰っていきました。

太郎の事を書くともっとたくさんになるんだけど、帰国して、すぐに幼馴染の日系人と結婚して今は3人の子持ちです。物騒なお国柄、ライフル銃をいつもクルマに積んでいるそうです。家にも何丁か銃を所持しています。今年は小麦と大豆の収穫がいいと云ってきたそうです。一家は親を入れて7人家族。
太郎の下に次郎という次男、美紀、直の妹、次郎、直は下2人は歯医者です。
直はフランス系移民のクォターと結婚したので、子供は金髪に青い目のフランス人形のような女の子2人です。
日本では寄行ばかりしていた太郎だけど、今は立派に銃を片手に150KMでクルマをぶっ飛ばし、自分の農場を守っているオッサンです。

あちらでは行けば、1人増えるも2人増えるも、食べる事にはあまり変わらないから、半年でも1年でもいつでも母兄弟達にも来てイイヨって云ってくれるんですけど、遠いし旅費も半端じゃなく高いから中々行く機会もありません。それに何より
家人の休みも取れない。でも機会があったら尋ねてみたいです。

地球の裏側に住む遠い親戚のTARO、ROBERTーYOMOのお話でした。
今頃クシャミしてるかな~?
Posted at 2008/09/25 22:59:03 | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「jam company聴いてる」
何シテル?   09/29 15:49
クルマは安全運転で走行するのを心がけています。 スピードの出しすぎはイケマセン。 交通安全ルールを守って安全な走行を心がけましょう。 高速道路でのスピ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

お友達

ヨロシクお願いします。
3 人のお友達がいます
maimaicomaimaico ロバート・ハリスロバート・ハリス
ミルミルeミルミルe

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.