車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月25日 イイね!

久しぶりに自転車引っ張り出して春探しのポタリング。

目的地は大阪城。

ちらほら桃が咲き始めているとの事。




















梅もまだ少しは残っているとの事だったのでついでに寄り道。











帰還途中淀川の河川敷でつくしゲット。卵とじにしようかな^^





Posted at 2017/03/25 16:02:28 | コメント(2) | トラックバック(0) | 撮影 | 日記
2017年03月18日 イイね!
先週末法事で広島に行っておりました。

墓参法要等、気が付けばあっという間。

昼からは方々の手厚い計らいで呑んだくれ状態w

どんどん注がれるのでほぼエンドレス^^;

島(海)の人は酒が強い。みんなけっこう飲む飲む^^

結局オイラが一番呑んでたと思うけど(爆)

翌朝、幸いにも潰れずに元気^^実はヒヤヒヤしてましたw

何故かと言うと、酒の勢いも手伝って、遠慮もなく翌朝網上げる見たい見たいとせがんだ為^^;コドモカw

二日酔いで無かった事にしてくれでは示しが付かないですからね。

朝から超ー晴天で、その上そ信じられないくらい穏やかな凪の安芸灘。



毎度船酔い必至のオイラにはこの上もなく有り難い^^



船風が何とも心地よい。この季節らしからぬ温かさ。もう言う事なし!

ほどなく漁場に到着。網を引き揚げます。



この季節は渋いから何も掛らんかもしれんぞ。と、言っていたんですがそれなりに捕れました。



全然ダメみたいに言ってましたが、オイラからすれば御の字^^



カレイ・メバル・カサゴ・アイナメ・タイ・オニオコゼ、そして何故かニシ貝もw

あと、黒ナマコも上がってましたが美味しくないみたいで捨ててました?

不漁?だったようなのでついでに今が旬のワカメも採りに行く事に。

バケツにてんこ盛り2杯。採り過ぎでは^^; 



そして牡蠣筏も見物。



この日は波なく風無く水面がほんとに池の様に穏やかで、海中に吊り下げられた牡蠣が綺麗に拝めました。



写真では雰囲気は伝わらないかと思うのですが、すだれのように無数に吊り下げられた牡蠣が、海中奥深くまで永遠と続く様に見えてとても神秘的でした^^



これにて朝の海上散歩は終了。

お次は一転して山登りまーす^^ 山散歩♪

全ルート急坂、ザイル場あり、ハシゴありの難コース?いやいや実は軟コース^^;

全ルート急坂は約7分。(最短の展望駐車場から)ザイル場は一カ所だけ子供でも安易に登れる。ハシゴも一カ所だけでこれまた子供でも安易に登れる。

標高も僅かに408m。ハイキング以下ですww



なんですが、その山頂からの展望は圧巻。北は早瀬大橋を中心に江田島と倉橋島の眺望。



南は桂浜及び安芸灘の島々の眺望。



南西は広島最南端の鹿島及び鹿島大橋。その後ろの島々はもう愛媛県。



列島中央部の日本アルプスも良いですがこういう絶景もなかなかです^^

一旦帰還して昼食。早速とれとれの魚やワカメを刺身にして頂きました。

もはや味は語るまでもなく旨しでした^^

名残惜しくも島を後にする時間に。

今回初めて第二音戸大橋を渡って帰ってみる事にしました。

近くに展望スペースがありましたのでちょいと寄り道。

呉沖に全通甲板を要した艦艇を発見。型番は4003。



おおすみ級輸送艦の3番艦舞鶴生まれのくにさきのようです。

で、肝心の第二音戸大橋^^; プチ音戸大橋の歩道橋もありました。



むむ、これは!よく見ると橋の半分が空白。



プチ音戸大橋を渡って反対側から撮影。やっぱり、将来的に片側2車線化するつもりみたいです。



南には元祖音戸大橋も見て取れます。



反対側から



これにて広島ともおさらば、帰還の途に着きました。

帰還後、呉の酒千福で一杯。少しボディが弱いのが泣き所。値段は良心的なんで微妙でもあります。



アテは今朝方捕った良型のオニオコゼの刺身。ヤバイくらい旨かったです!



メインは生ワカメと地のネギたっぷりの牡蛎鍋。これも美味しかった。

こんなのも開けたり^^



瀬戸内檸檬チュウハイは絶品^^



音戸ちりめんせんべいは、せんべいとは言いつつ小麦粉を使っておらず、ちりめんと塩だけというこだわりの逸品。



シンプルながら食材そのものの味がいかに良いかということが分かる代物でした。

最後はトドメの一品。広島空港で買ったもみじ饅頭のお酒w



恐る恐る買った次第^^;

そのまま飲むと、どろどろ、そして、あまあま~*_*

濃い、甘い、あんこ溶かしたみたいww

想像してたより本気でした^^;

流石に遣り過ぎ感があったのでお薦め通りミルクで割ってみました。



するとどうでしょう!?マジ旨い!化けました。これなら有りです。そしてまた飲みたくなりましたwオイオイ

以上、おしまいです。
Posted at 2017/03/18 17:00:33 | コメント(2) | トラックバック(0) | お散歩 | 日記
2017年03月04日 イイね!
爺:殿、ご出立の準備、ほどなく整いましてございまする。

殿:うむ、爺、では早速参ろう。

爺:この先、不肖の身ではございますが、この爺めが、道中の案内を務めさせて頂きます。

殿:世話を掛けるな。宜しく頼む。

爺:まずは越前福井で‘あさげ‘をご賞味くださいませ。「ポレポレ」という名のパン屋です。



殿:パンは良いが、なにゆえわざわざ越前なのじゃ? 道中山城や近江も通るであろうに?

爺:それは入ってみてのお楽しみと言う事で。さ、さ、どうぞ中へお入りください。

殿:おー!何という種類の多さじゃ。



爺:120種類くらいあるそうです。

殿:これだけあればどれを選べばよいのか悩むのぉー。嬉しい悲鳴じゃ。

爺:お決まりになりましたか。では2階へ参りましょう。

殿:2階とな?

爺:2階が茶屋になっておりまする。ここで頂きましょう。こちらの窓越しの台にどうぞ。

殿:そのような端に座らずとも広い座卓があるではないか?

爺:そう言われずこちらにお越しくださいませ。

殿:爺がそこまで言うのであればよかろう。そちらへ参ろう。むむ、これは!

爺:如何ですか?

殿:ほほぉー、これはなかなか。いやはや良き眺めじゃ。まさかパン屋からこのような景色を拝めるとは思うてもみなかった。

爺:お気に召して頂いたようでなによりです。

殿:パン屋は数あれどこのような景色拝みて食せるところ初めてじゃ。

爺:そうこう言っておると早速参りましたぞ。



殿:少し上からの眺めが絶妙じゃのう。鉄分も補給出来たわ。

爺:味の方も確かと聞き及んでおります。どうぞお召し上がりを。



殿:うむ、確かに良い味じゃ。特に生ハムのカスクートは絶品じゃ。旨過ぎる! 味よし眺め良し申し分ないのぅ。キャラメルラテは普通かな。



爺:ご満足頂けたようで、ようございました。では、次へ参るとしましょう。



殿:次は何処へ参るのじゃ?

爺:次は越中富山の「田村農園」でございます。



殿:そこは以前にも1度訪れた事があったな。さては例のプリンであろう。

爺:ご明察のとおりでございます。

殿:うむ、以前と変わらぬ超~濃厚な味わいじゃのう。わざわざ来た価値があったわ。



爺:せっかくですからいろいろ買って帰りましょう。カブに卵に生サラミ、あと、ソーセージもと。では、次へ参らせて頂きます。

殿:爺よ、それにしても天気予報は大ハズレであるのう。雨が降るどころか見事な晴れ具合。何度も越中には足を運んでおるがここまで見事なのは初めてじゃ。



爺:まこともって絶景でございますな。さ、さ、着きましたぞ。「すし玉」です。



殿:せっかくじゃ、地の物だけを攻めるぞ。クルクル寿司にしては少し高いが、回らない寿司屋と比べれば遥かに安い。味もなかなか悪くないわ。







爺:お次は「富山城」へご案内いたします。

殿:前回時間の関係で行けなかったからのう。楽しみじゃ。ところで爺、お主いったい何処へ向かっておるのじゃ?どんどん城から遠ざかっておるではないか。まさか、もうろくしたのではあるまいな。

爺:さ、着きましたぞ。ここで記念撮影と参りましょう。



殿:むむ、城の外れにこのようなオブジェがあろうとは!これは良きアイデアじゃ。まさにあめ~じんぐ。余はすこぶる気に入ったぞ。城と現代アートのコラボなかなか良いではないか。

爺:殿、嵌まり過ぎです。いつまで撮ってるんですか。そろそろ参りますぞ。

殿:今少し、今少しじゃ!

爺:・・・。止む得ぬ、引きずって行くかのう。

殿:爺、何をする。何処にそんな力があったのじゃ、無茶をするでな~い。

爺:さ、さ、本丸を攻めますぞ。





殿:中は博物館になっておるのだな。天守展望台からの眺めも悪くないが、転落防止用の金網が邪魔じゃのう。ちょっと残念であったわ。



爺:次は「富山港展望台」へ参りますぞ。

殿:お~、少し雲が掛って来たが絶景ではないか!立山もしっかり拝めるのう。







爺:お次はすぐ近くの「田尻本店」です。‘ゆうげ‘用の酒を買いましょう。



殿:これが旨そうじゃ、この店限定らしいしな。

爺:どんどん参りますぞ。お次は「蛯米水産加工」です。こちらで越中の土産を買い込みましょう。



殿:どれも旨そうじゃのう。特に黒作りが楽しみじゃわ。

爺:「海王丸パーク」に着きましたぞ。

殿:久しぶりであるのう。海王丸に新湊大橋、そしてその後方の立山。絵になるではないか。




爺:では、次へ出発致します。

殿:爺よ、また有らぬ方角へ向かっておるが大丈夫なのか。

爺:ご心配ありません。さ、着きましたぞ。

殿:ほほぉ、「新湊大橋」を間近から見ようという思考だな。うむ、良き眺めじゃ。



爺:それだけではございませぬ。

殿:他になにがあるのじゃ?

爺:では、こちらへ。

殿:何と、この橋は登れるのか!立派なエレベータも付いておるではないか。

爺:対岸まで歩いて行けるそうです。少しだけ歩いてみましょう。



殿:富山湾が一望ではないか! 以前に乗った遊覧船も眼下に拝めるのう。







爺:本日の観光はココまででございます。これより氷見の本陣へと籠を進めてまいります。

殿:さようか、もうそのような刻限であったか。ところで籠じゃがかもめに占拠されておるぞ。



爺:お疲れでございました。本日のお宿「永芳閣」です。

殿:爺よ、せっかく手配してくれて申し訳ないのだが、この部屋ちと狭くはないか?



爺:殿、そちらではございません。そこは寝所でございます。さ、さ、こちらです。

殿:何と、もう一部屋あったのか! それにしてもえらく奮発いたしたのう。景色も良いし贅沢の極みじゃ。金子の方が心配じゃが。お、さっきまで居た新湊大橋が戸や湾を挟んで見えるではないか。











爺:今回は特別という事で。ごゆるりしてくださいませ。では、早速安着の乾杯とまいりましょう。

殿:そうじゃの、せっかくのはからいじゃ、今宵は楽しむとしよう。



爺:殿、‘ゆうげ‘の前に湯殿へ参りましょう。

殿:そうじゃのう、一風呂浴びるとしよう。あ~、さっぱりしたわ。

爺:‘ゆうげ‘の準備整っております。こちらが本日のお品書です。



殿:今年の寒鰤はまずまずの味じゃのう。





爺:これも開けてしまいましょう。



殿:これは旨い! 食事には少し濃過ぎるが良い味ではないか。

爺:どんどんやりましょう。追加で河豚の白子てんぷらも頼んでみましたぞ。











殿:食い過ぎたわ。もうぽんぽんじゃ。

爺:では、今宵はこの辺でお開きといたしましょう。明朝朝風呂にまいりましょう。

殿:たまには朝から湯あみも良いものじゃ。爺‘あさげ‘へまいろう。バイキングはついつい、ちょっと取り過ぎたのう。



爺:さ、名残惜しいですが、出発致しましょう。2日目はまず「氷見ハッピータウン」へ参ります。

殿:氷見へ来るといつも寄っておるスーパーじゃな。けっこう地の物もあって下手な土産物屋よりよっぽど楽しいからのう。

爺:今回も良き品が沢山手に入りましたな。では次へ参りましょう。

殿:な、なんじゃ、この人の多さは!?

爺:金沢名物(ほんとは違うけど)「第7ギョウザ」で‘ひるげ‘をと思うておったのですが、開店時間に来て既に1時間半待ちとは・・・。爺としたことが不覚。

殿:確かにこれは待っておられんのう。

爺:止む得ません、第二候補「8番ラーメン」へ向かいます。ここも金沢名物の野菜ラーメンがありますのでご堪能頂けるかと。

殿:野菜たっぷりで、キャベツがシャキシャキしていて、なかなか良き味ではないか。



爺:急遽変更になりましたが悪くありませんな。

殿:このサン・ラー・タン・メンなるものも酸味と辛みが程よいバランスじゃのう。



爺:産直店で少し買い物をして帰りましょう。野田の「ほがらか村」



殿:お、能登牛があるではないか。県外ではあまり見かけないから買っておこう。

爺:鶴来の「汐井酒店」へ寄ります。殿、とても良き酒が手に入りましたぞ。菊姫の山廃生原酒です。



殿:爺、でかしたぞ。これは楽しみじゃ。

爺:同じ鶴来「おはぎ屋」に着きましたぞ。



殿:おはぎは好物じゃ。ではさっそく茶でも所望して頂くとしよう。

爺:殿、そちらではございません。

殿:どういうことじゃ。おはぎを食わせんのか?

爺:こちらには笹寿司の教授に参ったのでございまするぞ。

殿:しかしのう、おやぎ屋に来ておはぎ無しというのは・・・。

爺:おはぎは土産として城に帰りて‘ゆうげ‘後に頂きましょう。

殿:それなら良しとしよう。では、笹寿司作り教わろうかのう。

爺:こちらが材料になります。丸めて具材をのせて、笹で巻いて箱に詰めて出来上がりです。‘ゆうげ‘の頃には食べれるとの事です。









殿:コツはいるが意外と簡単に出来るもんじゃのう。道具もそのまま頂けるし、城に帰ってもまた作ってみよう。

爺:良き土産が出来ましたな。では、次は「西圓寺」へ参ります。

殿:寺に参るのか。ま、それも悪くないかのう。

爺:殿、寺は寺でも普通の寺ではないのですぞ。

殿:ほぉ、何か特別な物でも展示しておるのか?

爺:いえいえ、ま、行ってのお楽しみと言う事で。着きましたぞ。

殿:爺、やっぱり、普通の寺ではないか。



爺:さ、さ、中の方へ。

殿:むむ、何とここは銭湯か!それとも温泉か?



爺:左様でございます。良き湯が湧出る温泉でございます。早速入りましょう。

殿:お、硫黄(硫化水素)の香りが漂い、鉄分の淡い黄色湯、細かな気泡も確認出来る。ただの塩化物泉ではないな。とんでもなく素晴らしい湯ではないか!久しぶりに感動の湯じゃ。ところで爺、なんで湯船に葉っぱの付いた大根が丸のまま2本も浮いておるのじゃ?

爺:本日は26日は風呂の日と言う事で、今月の「変わり湯」らしいですぞ。

殿:なるほどそうであったか。ここではいつもこうなのかと思ったわ。

爺:良き湯でありましたな。殿、本堂の方へお越しくださいませ。風呂上がりの一杯といきましょう。奥能登ビールの生が飲めるそうです。私はラムネで。





殿:あっさりしていて飲みやすいのう。





爺:さ、では、最後の目的地へ参りましょう。最後はこの旅の始まりで締めくくりたいと思います。「ポレポレ」です。明日の‘あさげ‘を買って帰りましょう。



殿:爺、良き旅であったな。さ、城へ帰るといたそう。

お・し・ま・い



番外編

*満寿泉純米 食事にはちょっと味が濃いが、濃いめのおつまみとなら相性抜群。味の素性そのもののは良好。



*鰤の燻製 富山らしい一品。まだ食べてないので味は不明。



*菊姫山廃生原酒 とんでもない超濃厚酒。でもバランスは悪くなく味は極めて良好。ソーダ水で1:1で割っても美味しい。



*おはぎ屋のおはぎ 珍しくこし餡のおはぎ。その分上品でさっぱりした感じ。けっこう美味しい。





*田村農園のたまごS 前回よりあっさり。淡白な味わいながらそれなりに美味しい。



*ほがらか村の姫神とろろ芋 まだ食べてないので味は不明。



*氷見ハッピータウンの氷見牛A5 柔らかく味の方も良好。脂の素性も良い。買って損なし。



*ほがらか村の油揚味噌漬 素朴な味わいで万人受けするがコスパは良くない。



*ほがらか村の能登牛切り落とし しつこくなくさっぱりしているがその割に味が濃い。コスパも素晴らしい。



*蛯米水産加工の惣菜 黒作りはご飯のアテに最高。想像以上の旨さで当たりでした。鰤昆布巻きは可も無く不可もなく。他はなかなかのお味でした。



*氷見ハッピータウンのすりみ 地元食の雑魚のすりみ。汁ものに入れて食べる。まだ食べてないので味は不明。



*田村農園のソーセージと生サラミ ソーセージはジューシーで味も良好。さらにコスパも良く言う事なし。 生サラミは噛めば噛むほど味が出てくる。良い味をしていて買って損なし。



*氷見ハッピータウンのいか昆布生ふりかけ ご飯の友の最高。旨過ぎてびっくりした。




*氷見ハッピータウンのセコガニ 食べるのが少々面倒だが鮮度抜群で味は抜群。



*氷見ハッピータウンのバイガイ ぬめりが強過ぎて処理に手を焼いたが味はバランスが良く当たりだった。(ぬめりはレモン汁・塩等で取れる)



*おはぎ屋の笹寿司 素人製なので味は落ちると思うが、素朴で飽きの来ない味は悪くない。


Posted at 2017/03/04 13:18:50 | コメント(5) | トラックバック(0) | 旅行 | 日記
2017年02月19日 イイね!
日曜の早朝、急に思い立って旅に出る事にしました。

ただし、来週高額出費があるためお金はあんまり使いたくない。

そこで久しぶりに140円旅復活!

140円と言うのは最寄駅のJRの1区間のお値段。

たった一駅分でどう楽しむのか?

ご存知方も多いと思いますが、近郊区間ってのがあって、その間内ならどう通っても最短の運賃でOKってヤツ。

いろいろ細かいルールは有りますけど今回は割愛しますね^^;

夜も明けぬ早朝の駅。いざ、出発です^^



乗り込むと早朝だと言うのにけっこうな乗車率^^;想定外

しばらくすると日が登って来ました。



これくらいの時間帯の車窓もなかなか味があっていいもんです^^

以後もただただ車窓を眺めるような旅ではあるんですが、普段見慣れぬ風景をじっくり眺めるのもこれはこれで贅沢。

車運転してたら風景じっくりなんて自殺行為ですからね^^;

都市部近郊から離れると一気に車内はガラガラ。ローカル線ムードが高まります。



さぁ、ここからが本番です! 持ち込んだお酒をプシュっと開けちゃいま~す♪

電車だからもちろん飲んでもOK^。^

早朝から飲むのもちょっと賛否両論あるかと思いますが、ま、気にしない事にアヒャヒャヒャヒャヒャ~

車内ではこんな風にふんぞり返っていましたw



最寄駅から小一時間でもうこの景色。雪がチラホラ。



篠山方面はさらに雪深でした。



天気は良好^^



谷川駅で乗り換え。西脇へと向かいます。



単機でワンマンとローカル色全開。でも、車内は快適。シートも良い感じ。



贅沢な話なんですが、あえて昔の直角ボックスシート車両にも乗ってみたかったです^^;

踏切前にある兵主神社の鳥居を強引に撮ってみました^^;



走行中に至近距離の被写体をスマホで撮るのは流石に無理あったw

この辺りは昨年黒豆オフのキャンプ地近く、思いをはせておりました^^

なんだかんだで早くも西脇駅。ここで乗り換え。ここまでありがとう。



快適なクロスシートもここで終了です。同時にお酒もここまで^^; もうすっかり酔っ払いですがww

西脇駅からは103系が加古川まで運んでくれます。



かつて国電の異名で全国の都市部で大活躍した車両です。今も走ってますけどね。

ここからはロングシートと言う事で通勤電車状態。ちょっと旅気分に水を差されちゃいます。



西脇駅>加古川駅間はけっこう利用者多くて途中からは立ち客いっぱいになっちゃいました。

ローカル路線だとばかり思っていたのは間違いでした。

加古川駅で新快速に乗り換え。

当たり前だけど流石に乗客のケタが違う^^;座る事もままならず。



ま、1駅だからいいですけどね。

西明石駅で途中下車。途中下車と言っても駅からは出れません。



出れないのに何故降りたかと言いますと、目的は駅弁^^

実はこれも今回の旅の目的なんです。

構内で売ってる明石名物のひっぱりだこ、そして但馬牛めし。



ちなみにこちらはお家で食するためのお土産でして電車では食しません^^;オイ

西明石駅からは座席確保優先で快速にて尼崎駅へ。

晴天の中、車窓からは明石大橋がくっきり^^



須磨付近からも海が綺麗でした。



最終の尼崎駅から塚口駅はいつも乗ってる通勤電車。ちょっと現実に引き戻されましたw

明日からもこれに乗って仕事頑張らんとです^^;

帰還後駅弁開いてもぐもぐ^。^

たこ、超ー柔らか!! 味も良いです。



お肉、旨いです。駅弁の肉のレベルとしては申し分ないです!!



どっちも当たりでした^^

蛇足ですがサイドメニューに作ったおつまみ、生ハムぶどうもウマウマでした^^



Posted at 2017/02/19 23:03:32 | コメント(2) | トラックバック(0) | 旅行 | 日記
2017年02月02日 イイね!
先週の土日恒例の牡蠣オフ開催しておりました^^

朝5:00出立。下道で赤穂に向かいます。

想定通り集合の30分前に到着したのは良いんですが、3時間半も走って出発地と目的地が同じ県って・・・、何か微妙ーw

広域的に見ればここも地元なんですよね。旅行気分、少し剥がされちゃいます^^;兵庫県ってデカイわ~。

それはそうと到着してスーパーで買い出し。

そうこうしてると某メンバーから指令が舞い込む。

食材を買っておいて欲しいとの事だが、材料だけでは料理の全容がはっきりしない?

昨シーズン白い悪魔 レンポウ ノ シンヘイキ ニ キョウフ シタ ww(ガンダムより)(言い過ぎか^^;)の発案者だった事もあり少々不安じゃぁーwアヒャヒャヒャヒャ~

なお、その全容は後程明らかになる。

その後キャンプ場に移動しまして、さぁ、設営だ! と、思ったら、まさかの先客が!?

冬キャン流行っているのかな~?

その後もちょろちょろとキャンパーが増えて最終的には10張りくらいになってました。

この日はほんとに暖かくて申し分ない天気だったので、そのせいなのかもしれませんが、ともかく今まで一番多かったです。

無事設営を済ましまして、久しぶりにメインデッシュの牡蠣の買い出しにも同行。



今回は昼ごはんも牡蠣と言う事で少し多いめ~^^

殻付き10キロ! そしてむき身2キロ!

これだけあればと思っていたのですが・・・(謎)

主役も到着しましたのでチャコスタで火をおこし。

さらに、新兵器のロケットストーブも稼働!!



こやつ凄い火力でしてその上燃費も良い、申し分の無い働き振り。今回フル活動でした^^

凄い性能を目の当たりにした某滋賀の人が壺に嵌まってしまって、頭白い煤いっぱいにして楽しんでおりました^^ キモチハ ワカル ww

燃料は舞鶴から大量に持ち込んで頂いたため不十しません! ってか、大杉ーww 1日にとても燃やしきれませ~んw ともかくありがたや~^^ウレシイ ヒメイ



さ、いよいよ、恒例の乾杯シーン^^



準備万端宴スタートです!

3台体制で牡蠣を焼きます~。ジュルルルルゥ~^^



一番奥のロケットストーブ、恐ろしい早さで牡蠣が焼けます。牡蠣を瞬殺するスナイパーマシーンですw 炭がとろくさく感じたほど^^;

ただ速過ぎて遠赤外線効果は期待出来ませんww バーナーで炙ってる世界に近いかも~アヒャヒャヒャヒャー

昨シーズンは台風の影響で不作だった牡蠣、今シーズンは昨シーズンの約2倍の漁獲量だそうです。

回復したようでなりより^^ ただそれでもまだ本調子ではないようで、やや粒が小さめ、そしてばらつきがありました。

幸い写真の通り中身はしっかりしてまして味の方は良かったです^。^



身が痩せてるとガッカリですからね^^; 牡蠣はこうじゃなきゃ!

美味しさもあり勢いで食べてたらその減り加減が早い事早い事^^; ヤバイヨ ヤバイヨ

牡蠣オフ、始まって以来の打ち止め指令発動!! w><w

とは言っても食いしん坊な面々、これで止まるなんて事もないのであ~る*^^*

密かに脇に控えし餅! 落花生! 

餅は醤油垂らしてうまうま~^^



落花生も炙って旨さ倍増!

さらにオイラの燻製2種。

ロケットストーブに負けず劣らぬの超高速燻製器! スキレット重ねただけだけどね^^;

と言う事で、こんな狭い空間で無茶すると竹輪もチーズもところどころ焦げます。アヒャヒャヒャヒャ~



分かっててヤルからタチが悪いw



焦げは削って召し上がれ。ゲストに手間掛けさせるとんでも燻製です^^;アヒャ

完璧な出来は極希なため、最近玉砕燻製器と呼ばれています(爆)ま、それは内緒と言う事でww イウトルガナw

それにしてもふと空を仰ぎ見るとこの景色!



絵に書いたような世界。まるで春~。 

こんなところで旨いもん頂けるなんて最高に幸せ^。^

そうこうしてると見慣れね調理器具が出現。

そしてその傍らには白い豆が!?

むむ、これは、よもや生豆ではないか!

なんとロッケトストーブで煎るところから始まるようです^^



煎りたて挽き立てを頂こうと言う趣向♪

やっている行動に間違いはないんですが また一人、コーヒーと言う名の底なし沼に吸い込まれちゃったのも事実のようですw

それはそうと1つ問題が! だれも煎り具合を判断出来る人がいないんですぅーアヒャヒャヒャヒャヒャ~

そこは当たって砕けろか!?突撃あるのみか!??それとも適当か(爆)

何か適当に良い感じになったみたい!?

ゴリゴリしたら見事な挽き豆に!





味は少し薄めでしたが悪くない出来でした^^

初チャレンジでも何とかなるもんですねw

私もコーヒー好きでいろいろ試したりしてるんですが、ほんと奥が深いですわ。

何となく上空に目をやるとちょっと珍しい光景を発見!



旅客機が並走。実際は全然違う高度なんでしょうけど、下から見たらそんなの分かんないから楽しい絵面に。

先に紹介した某メンバーから依頼を受け購入した食材、いよいよ日の目を見ます。

オイラも説明を受けつつお手伝い。



聞けばアヒージョのライト版って感じの蒸し焼き料理との事!(ぎゅうぎゅう焼き)

アヒージョみたいにどっぷりオリーブオイルに浸すのではなく絡めるところがミソ!

ヘルシーでいてそれで旨いという女子力強過ぎの料理でした^^ おっさんしかおらんけどww

昼食と夕食の間の箸休め的な意味合いで作ってくれた料理でしたがなかなかどうして良いお味でした!



と言う事で来シーズンも宜しくお願いしますm_ _mオイオイ



同時並行で牡蠣のソテーも^^ 品数増えて良い感じ~。



シンプルな料理だけど素材が良いから何ら問題なし!!



そのままほぼエンドレスに夕食に突入~。 ブロイラー生活です^^;タマニハネ

昨シーズン白い鍋で轟沈したんですが、懲りずに今シーズンも白い鍋で行きます!

オイラの独断と偏見ですw ただし今回は白は白でも大根。おろし鍋です^^

代わる代わるスリスリして頂き助かりましたです。感謝!



食材突っ込んで後はしっかり煮込べば完成。

その間にお酒並べて撮影^^ 焚き火とライトで怪しく輝きます。



今回コンデジしか持って行かなかったのでブログの写真も全てコンデジなんですが、コンデジ限界の世界と題して撮影してみました。

すっかり日が落ちたキャンプ場は満天の星空でした^^



対岸の島の灯りもキャッチ。



そうこうしてるとおろし牡蠣鍋完成。湯気でよう分からんな~^^;



ポン酢をお好みで掛けてさっぱり胃にも優しいあったか鍋でした。



こちらは豚足の煮込み。黒豆の時からの持ちこし。やっと頂けました^^



こういうつまみもなかなか^^

他にもくん玉やらいろいろ差し入れあってありがたかったです^。^

その後も時を忘れて歓談が続いたんですが、急激に冷え込んできた事もありやや早めにお開きにしました。



翌朝、日の出を拝みます。いや、撮ります!

コンデジでしかも手持ちという悪条件化で何処まで写るのかテスト。

緩やかに揺れる波がこうも見事に色再現されるとは正直撮ってる自分がビックリしましたw



最大望遠、もう画像はぎりぎりいっぱいの感じですが何とか踏み堪えてる感じ^^;



クレーン付きの船は牡蠣回収船で、手前の筏群は牡蠣筏です。

逆に最大広角、悪くは無いが情緒に掛ける。



と言う事でその情緒あるショットを狙ってみました。



最近のコンデジって凄いかも!?ここまで撮れちゃった^^ (海面付近にに露出合わせ)

逆に太陽付近に露出合わせ。ほぉー、これも悪くない。



いやはやコンデジ恐るべし!

色再現等一眼等にはおよびもつきませんが、これだけ写れりゃ大したもんだわ。

撮影遊びを完了し、朝の一服といきます^^

キャンプ場で飲むコーヒーはまた格別。

いつものようにゴリゴリして擦り立てをドリップして頂きます。



早朝、冷えた体にガツンと濃いコーヒー、香りに癒され、苦みとコクで眼を覚まし、そして温まる・・・。

この一連を海原を眺めながら頂く。まささに大人の一時である。この瞬間、俗世間を忘れちゃいますですw

勝手に浸っていたんですが、そろそろ朝食のお時間。

朝ご飯はみそ牡蠣うどん。

ベースは昨夜のおろし牡蠣鍋の残り。

恐ろしく濃厚な出汁が出ているところへみそを突っ込み具材をこれでもかと突っ込み最後にうどん。





猛烈な甘味が出ていたので敢えて極薄味で挑んでみました!



味の方は申し分なかったんですが、寒い朝、これをもう少し頭に叩き込んでおくべきでした。(反省^^;)

ちょっと味薄い・・・。みそをもう少し入れてれば最高だったみたいなのでそう思うと申し訳なかったです+_*

来シーズンは濃くする事を誓います^^;

お腹も満たして一服して撤収作業開始。

楽しい時間は早いもの! 名残惜しいですがだらだらしてたらキリがないので切り上げ。

皆さん慣れたもんであっという間に撤収作業完了! みんなが手伝ってくれるのでほんと速い速い^^

最後に泊まり組だけですが車並べて撮影会~。スバル車ズラリと並びます。



これにて現地で解散。終わってみればあっという間。でも、ほんとに心の底から楽しかった^。^

また次も皆さん宜しくです!!

家飲会の牡蠣オフはこれにて終了なんですが、真っすぐにお家に帰らないのがほたるいかw

恒例になりましたが最後は「ほたるいかの過ぎたる寄り道」をどうぞ。

まずは坂越の酒蔵へ。この日はお祭り状態で沢山のお店が出店されてました。



こういうのは見てるだけでも楽しいものです^^

「山廃忠臣蔵」ゲット! 格別旨い酒ではないんですが、万人受けするコスパがとても良い酒です。



余談になりますが、今回帰還後この酒を初の試みで熱燗にしてみました。

その結果! イマイチでしたw 何か其々の味がバラバラになって統一感がなくなっちゃったんです^^;

これはあかんなと思い、無理くりにひやでうめてみたんです。

すると仰天! 怪我の巧妙!! 

ぬる燗よりさらに低い温度。

通常変なぬるさで敬遠される温度帯なんですが馬鹿ウマ!! 化けちゃいました。

忠臣蔵、極ぬる燗で本領発揮する酒だと知り得ました。

もう、トータル10回くらい飲んでる酒なのに度肝を抜かれました^^;

お次は坂越「鎌倉水産」



ココまで来て牡蠣買わずに帰ったら殺されますw

3番手は「道の駅あいおい白龍城」



こちらでのお目当ては厚揚げ。そんじょそこいらのとは違って、大量の出汁を吸うアゲでして出汁で煮込むと最高なんです^^



毎年買って帰る逸品だったりします。

4番手は「湊水産」



うまいかの本拠地でして運が良ければアウトレットも買えたり。今回は売り切れでした。残念^^;



てんかすも味噌汁なんかに入れると美味しいんですよ^^

5番手はJR西明石駅。

構内で販売されてる駅弁「リラックマ鶏釜めし」がお目当て。他でも神戸駅や大阪の百貨店でも扱っている模様。





相方へのちょっとしたサプライズ^^

ラスト6番手は明石伊川谷の「めぐみの郷」



ここは淡路の玉ねぎ、淡路牛、三田ポークなどなど美味しい物がわんさか^^



冷蔵庫の補充兼ねて買い込んじゃいましたw

以上、「ほたるいかの過ぎたる寄り道」でした~。

今回のオフも皆さんの協力でほんとに楽しいものとなりました。

また次も楽しみましょう^。^

追伸、大根ありがとうございました。あんど旨かったで~す^^
Posted at 2017/02/02 21:39:04 | コメント(9) | トラックバック(0) | オフ会 | 日記
プロフィール
「朝からポタポタ http://cvw.jp/b/359377/39509802/
何シテル?   03/25 16:02
のほほんandだららんでやっていきます~。 そのためギャップが激しく、カキコ無い日が何日も続くこともしばしば^^;逆に一日の内に大量のカキコがされる事もありる...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
リンク・クリップ
マーキングされちゃった?? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/02/24 00:05:28
ファン
16 人のファンがいます
愛車一覧
スバル フォレスター スバル フォレスター
ターボでなくNAですが少し弄ってみました。 SUVでありながら快適走行を目指した次第です。
スバル フォレスター スバル フォレスター
画像置き場です
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.