• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ルキオ★のブログ一覧

2017年03月20日 イイね!

FOCAL Aria906

やってしまいました・・・。

スピーカーを更新です(-_-;)

KENWOODのLSF-555をポチって以来ブックシェルフスピーカーの
スッキリとした音質特性が気に入ってしまいもう少し上級のスピーカーを
聴いてみたいな~と思っていました。

検討していたメーカーはDYNAUDIO、DALI、FOCALの3つのメーカーですが
DYNAUDIOは自分が考えていた機種よりは上のクラスを試聴しましたが
好みに合わず、DALIについては量販店で試聴環境が良くなかったことも
ありますが今一つ印象に残らない感じでした。

最後にFOCALですがこれは近くにお店が無く試聴ができなかったので
どうしたものかな~と考えていた時にたまたまネットで見ていたら、ある
オーディオショップにそのお店で販売したAria906が下取りとして入って
きていてその価格が相場よりかなり安い金額で販売されていたので
思わずポチってしまいました(^_^;)
試聴もせず買ってしまったわけですがまあ気に入らなければ某オクで
売っても買った金額より高く売れるくらい安かったのでまあいいかなと(苦笑)

ちなみにB&WはCM7と同じ傾向になりそうだったので外しました。
というか少しB&Wの音に飽きていたので・・・(^_^;)

改めて今回更新したAria906です。


ブックシェルフとはいえ225x390x250 mmとなかなか大型なサイズですが
個人的に低域とスケール感はそれなりに欲しかったのでこのサイズは
逆にちょうど良いくらいです。

さて肝心な音についてですが試聴もせずに購入したので最初はどんな
音が出てくるのか心配でしたがこれが意外と自分の好みにピッタリと
ハマりました。
CM7との比較感想となってしまいますが以下のような感じです。

・高域
FOCALの特徴?なのか分かりませんが柔らかく伸びやかな美音です。
音場型のスピーカーの為かCM7より若干劣るとはいえ音が心地良く
部屋の中に広がります。
分離感も良くてCM7では聴こえなかった音が聴こえます。

・中域
適度に厚みがありボーカルがとても聴きやすく、女性ボーカルなんかは
なかなか艶のある声を聴かせてくれます。
CM7は寒色系ですがAria906は明らかに暖色系の音だと思います。

・低域
CM7のようなズシーンと響くような低域ではなく弾むような低域です。
個人的には低域が不足していると思うことはなく全体の繋がりが
良いのでむしろバランスが良いと思えます。

と簡単に感想を書いてみましたがこのAria906のクラスだとB&Wには
CM5S2がありますがこのスピーカーは試聴したことがあって量販店の
ように試聴環境が良くない場合でもハッキリ、クッキリで派手目の音
なので良く目立ちます。
Aria906も明瞭な音ではありますが美音系で大人しい音なので比較
試聴するとCM5S2を好む人が多いかもしれません。
しかしAria906は静かな環境で聴くと柔らかく軽やかな音質で派手な音が
しない分、じっくりゆったりと音楽を楽しめます。



最後に丸5年ほど使ってきたCM7も悪くないスピーカーでしたが
Aria906は美音で暖色系の柔らかく、軽やかに弾むような音の為か
今までのCM7以上に音楽が楽しく聴ける感じです。
またブックシェルフとはいえ音場も広くスケール感も損なわないところも
ポイントが高いですね。
しばらくはAria906で音楽を楽しみたいと思います。







Posted at 2017/03/21 01:46:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | ホームオーディオ | 日記
2017年01月15日 イイね!

Kenwood LSF-555をポチってみた

タイトルの通りですがしばらく使ってきたB&WのCM7の音に
飽きてきたのと、ブックシェルフを聴きたくなったのでお手軽に
ブックシェルフをポチってみた。

ポチったのはKenwoodのLSF-555というスピーカーです。
1997年式とかなりの年代物ですが10年くらい前に一度
所有していたことがあったのですが当時はろくに鳴らしきれないまま
手放したので改めて聴いてみたくなったのとお手軽に購入できる価格
というのもこのスピーカーをポチった理由です。
コンディションにこだわったので相場より少し高い値段でしたが・・・。



まあそれはさておき見た目はなかなか立派ですよね。
当時の価格はペアで50,000円ですが作りも現在のスピーカーと比べても
かなりコストがかかっています。
同じ物を今作ろうと思うとこの価格では無理でしょうね。

肝心の音ですが久しぶりに聴きましたがなかなか綺麗な音を出します。
高域はとても柔らかい音で刺激的な音が出ないので聴き疲れしません。
中域は少し弱い感じがしますがブックシェルフらしくスッキリとした音で
音場の広がり感もCM7に迫る感じです。
低域もサイズを超えた音でCM7よりダボつきが少なくキレも良い感じですが
リアバスレフ式なので壁から距離を取らないとボワつく感じはありますかね。

導入してから2週間ほどですが当初スピーカーケーブルはBELDENの
8460を使っていましたがCM7で使っているAIRBOWのHCR-ACF/EVO2に
変更すると音抜けが良くシルキーな音に変わってなかなかイイ感じです。

LSF-555は85dBと能率の悪いスピーカーなのでそれなりにパワーのある
アンプで駆動してあげないと本来の性能が出ないスピーカーですが
LUXMANのL-507uXであれば十分な感じですね。

久しぶりにLSF-555を使って思いましたがやはりブックシェルフタイプの
スピーカーはCM7のようなトールボーイスピーカーと比べて音の定位感が
良くスッキリとした音を出すなと改めて思いました。
CM7も悪くないのですがLSF-555と比べるとボーカルが少し濁っているように
感じますね。
映画を見るのならCM7ですが音楽を聴くならブックシェルフスピーカーが
良いな~と今回の比較試聴で思いました。

アンプがL-507uXなのでもう少しグレードの高いブックシェルフスピーカーを
使うとイイ線いきそうな感じですね。
B&Wの805DやDALIのEPICON2あたりなんかが良さげですが価格がね・・・・(-_-;)
現実的に見てDALIのMENUET SE(完売)やDYNAUDIOのEXCITE X14
あたりが欲しいな~。
Posted at 2017/01/16 00:40:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | ホームオーディオ | 日記
2015年05月08日 イイね!

スピーカー検討

クラウンの純正オーディオにはスーパーライブサウンドシステム(10スピーカー)

という大そうな名前のシステムが付いているのですが完全に名前負けしていて

正直純正のままでは音楽好きには聴くに耐えられない音質です。

それで仕方なく

・サウンドシャキット
・カロッツェリアのコアキシャルスピーカー
・カロッツェリアのデッドニング&メタルバッフルキット


を装着してまあなんとかギリギリ妥協できる音にしています。


とりあえず上記仕様でここ2年ほど使用してきましたがダッシュボードの

ツイーターは純正のままなので広域の伸びやクリアさ、艶が不足して

いたりとやはりツイーターも社外品に変更したいな~と思いスピーカーの

交換を検討していました。


今回交換しようと考えていたスピーカー候補はFOCAL、アルパイン、カロッツェリア

だったんですがFOCALは試聴できる店が近所になく、試聴はできないけど

取り扱ってるショップはあったので実際に話をすると今使っているカロッツェリアの

バッフルは使えないらしくそうなるとおすすめのFOCALのスピーカー、バッフル、

工賃等総額で7~8万円ほどかかると言われてそこまでお金をかける気にはなれず

FOCALは断念しました。


で、とりあえずアルパインとカロッツェリアの

アルパイン DDL-R170S  定価¥28,000


カロッツェリア TS-C1720A 定価¥28,000


というミドルエントリーグレードに位置付けされているモデルで検討していましたが

たまたま一緒に展示してあったケンウッドの


ケンウッド KFC-XS1700 定価¥37,000


も候補にいれて試聴してみました。


試聴環境としてはケンウッドのDDX6015Wをヘッドユニットにして浜崎あゆみの

DVDがセットされてたのでそれぞれのスピーカーで比較試聴してみました。

試聴した個人的な感想としては


アルパイン DDL-R170S  定価¥28,000
 
 ベストヴォーカルスピーカーを名乗るだけあってボーカルは
 グイグイと前に出てきますが少し音が団子に聴こえるような感じで
 分離感はイマイチで音も若干こもって聴こえるがそのわりに
 音源によっては耳に刺さる感じ。 
 解像度、音抜けも個人的にはイマイチで巷の評判ほど良いとは
 思いませんでしたが長時間聴くにはあまり疲れないかもしれません。


カロッツェリア TS-C1720A 定価¥28,000

 アルパインに比べるとヴォーカルは引っ込みますがアルパインが
 出てきすぎている感じでカロッツェリアは普通のバランスでしょうか。
 中、高域はそこそこクリアなんですがチャカチャカした音で音源に
 よっては耳に刺さる感じはアルパインと同じ。
 解像度、音抜けはアルパインに比べれば良い感じでこの価格だと
 バランスは良いように感じました。
 ただ終始チャカチャカした音なので長時間聴く場合は少し疲れるかも。


ケンウッド KFC-XS1700 定価¥37,000
 
 一聴して感じるのはアルパイン、カロッツェリアと比べて音抜けが良く
 クリアで繊細な音だと感じました。
 音源によって耳に刺さる感じはありますがアルパイン、カロッツェリアと
 比べると刺さる感じは少ないと思います。
 解像度、分離感はそこそこですが臨場感をコンセプトにしているだけあって
 音の広がり感はなかなか心地よいです。
 比較した3機種の中では音が一番柔らかく感じました。
 

各スピーカー試聴時の音が刺さる感じがするのはツイーターからの試聴距離が
近すぎるからかもしれませんので実際に車に装着する際のツイーターの向きや
距離で多少印象は変わると思われます。

以上が個人的に試聴した感想です。


本当はアルパインやカロッツェリアの上位モデルも試聴したかったのですが

3店舗ほど回ってどこにも試聴できるスピーカーが置いておらずまた金額も

実売価格で2~3万円ほどUPしてしまいます。

今回はできるだけ安く、高音質をコンセプトに考えていたのと所詮車の中で

再現できる音はホームオーディオにはかなわないのと試聴できない上位機種を

選択するのはもったいないかな~と思い、今回試聴した実売2~3万円のクラスの

スピーカーの中では音抜けも良くクリアでバランスが良いと感じたケンウッドの

KFC-XS1700をネットで注文しました。


週末に取り付けする予定なのでまた取り付けたらレビューしようと思います。

Posted at 2015/05/08 02:13:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自転車 | 日記
2014年12月15日 イイね!

SOULNOTE sc1.0をバランス接続で聴く

LUXMAN L-507uXとSOULNOEのsc1.0をバランス接続で繋ぐ為に

バランスケーブルを注文していましたが今日届きました。

この手のケーブルは価格がピンキリですがあまり色付けのある

ケーブルは嫌だったのでフラットバランスで価格も安く評判も悪くない

ゴッサム(Gotham) GAC-4/1(PRO)をチョイスしてみました。


早速バランス接続してアンバランス接続と聴き比べてみました。

感想は・・・・・もうねアンバランス接続には戻れません(*゚∀゚*)

まずいつもよりボリュームを下げる必要があるくらい音圧が全域で

ガッツリ上がります。

そしてクリアさや解像度も上がって音の広がり感が1.5倍くらいになります。

これはマジですごいですね~CDプレーヤーをsc1.0に買い替えて

ほんと良かったです。

今回は更に電源ケーブルをFundamental ACC180に交換したことで純正

電源ケーブルよりも更に密度感のある音になりました。

それとsc1.0はラックの高さの関係で標準プラ足を使っていますがこれを試しに

附属のスパイクに交換してみましたが音はスッキリするのですが個人的に

好みなのは密度感が出るプラ足ですかね。

スパイクもスパイク受けの材質等で音をチューニングできるので不満が

出てくれば色々と試してみる価値はありそうですね。


それにしてもsc1.0の音質には驚くばかりです。

同価格帯(16万円前後)の国産CDプレーヤーは何回か聴き比べしていますが

”音色”という点では好みが分かれるかと思いますが”高音質”という点だけで

比較した場合、sc1.0より高音質なCDプレーヤーは存在しないのではないでしょうか。

正直それ以上の価格のCDプレーヤーも凌駕するんじゃないかと個人的には思います。

もしこのsc1.0の音を聴いたことがないのであれば是非一聴してみて欲しいですね。

ただもう生産完了しているので程度の良い中古を手に入れるしか方法はありませんが・・・。

Posted at 2014/12/15 00:35:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | ホームオーディオ | 日記
2014年12月13日 イイね!

SOULNOTE sc1.0

CDプレイヤーを変更しました。

最近車ネタじゃなくてホームオーディオネタばかりですね(^^;)

今までは大坂にある逸品館オリジナルブランド、AIRBOWシリーズの

CD6002/Applauseを使用していました。

CD6002/Applauseも非常に音が良く気に入って使用していましたが

アンプをLUXMANに変更して以来L-507uXに標準で装備されている

バランス接続を使ってみたいな~と思っていました。

残念ながらCD6002/Applauseはアンバランス接続しか対応していないので

バランス接続を使うにはCDプレーヤーを変更するしか方法がありません。


そうなると買い替えしかないな~と思い、CDプレーヤーを検討していましたが

最近はどの国産メーカーもSACD対応のコンパチモデルばかりでSACDソフト

自体も少なく、CDもSACDも両方が使えるコンパチCDプレーヤーの音質を

個人的にはあまり信用していません。

しかもコンパチになることでCD専用プレーヤーよりも割高になることにも

正直納得がいかないのでした。

で、CD専用プレーヤーを探すと下記のCD専用プレーヤーが良さそうでした。


・ROTEL RCD-1570

・ONKYO C-7000R

・SOULNOTE sc1.0


ROTELのRCD-1570は逸品館でもオススメのCDプレーヤーとして評価

されていて、第一候補でしたが近所に試聴できるショップがない上に

自宅のオーディオラックに入る高さをクリアできず断念しました。

次に候補になったONKYOのC-7000Rはあまり色つけがなく素直な音という

評価で、プレーヤーの高さもオーディオラックに入る高さで条件をクリア

したかのように見えたのですが残念ながらバランス接続は非対応でした。

結局残ったのはSOULNOTEのsc1.0なんですがCD専用プレーヤーとしては

オーディオショップの評価も高く、ユーザーも絶賛していたのとバランス接続も

できるということで購入しようと思ったらsc1.0はすでに生産完了していました・・・。

となればもう中古しかないわけですがちょうど年式も新しく、程度の良さそうな

中古を発見して即ポチってしまいました( ̄▽ ̄)



しばらくはエージングを兼ねていましたがいい塩梅の音になってきたので

感想を述べさせていただくとほんとにすばらしいCDプレーヤーですo(^▽^)o

音が非常にクリアーで解像度も分解能も良く、音が1音1音ハッキリ聞こえ、

更に音がグイグイと押し出てくるような躍動感のある音です。

そして楽器もボーカルも非常に生き生きとした音で再生され、聴いてても

体が自然にリズムを取りたくなるようなそんな楽しさがあります。

メーカーのカタログに”魂を震わす音”とキャッチコピーが書かれて

いますが正にそんな感じですね~。



購入までにDENONやマランツの15~25万円クラスのSACDプレーヤーも

試聴していましたがそれよりも断然sc1.0(14.7万円)の方が私は好きですね~~。

いや~イイ買い物をしました(^O^)

しかも中古で新品の半値以下でこの音を聴けるなんて幸せですわ~(*´ω`*)


そうそう肝心のバランス接続はまだXLRケーブルが届いていないので

試していませんがRCA接続でも十分良い音が鳴っているのでバランス接続の

音に嫌でも期待してしまいますね~。

またXLRケーブルが届いたらレビューしたいと思います。

Posted at 2014/12/13 01:21:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | ホームオーディオ | 日記

プロフィール

クラウンアスリートに乗っています。 ソアラ以来のブラックボディーですがやはり洗車傷が・・(^^; 次は白にしようかな・・・。 ★車歴 ・マー...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

お友達

お友達はどなたでも結構ですよ(^-^)
モラルは守ってくださいねo(^o^)o
12 人のお友達がいます
ひろ+あるふぁ?ひろ+あるふぁ? @シナモン@シナモン
憲産憲産 Mr.200Mr.200
Lucky3018Lucky3018 チョクGRS201チョクGRS201

ファン

4 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ クラウンアスリート トヨタ クラウンアスリート
アリストからクラウンアスリートに乗り換えました。 V6 2.5はちょっと非力ですがゆっ ...
スズキ ワゴンR スズキ ワゴンR
通勤用プレオも17.4万キロを迎え あちこちガタガタなので乗り換えました。 中古ですが走 ...
トヨタ アリスト トヨタ アリスト
トヨタ アリストに乗っていました。最近の車にはないしっかりした作りと最後の直6ということ ...
スバル プレオ スバル プレオ
通勤&ゲレンデ用として使っています。 クラウンくんはレギュラー仕様なのにプレオくんは ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.