• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Driderのブログ一覧

2018年02月07日 イイね!

祝・みんカラ歴10年!

祝・みんカラ歴10年!記録程度で始めたみんカラですが、早いもので10年が経ちました。色々な方と情報交換させていただき感謝です!これからもどうぞよろしくお願いいたします。
Posted at 2018/02/07 09:56:24 | コメント(1) | トラックバック(0)
2018年01月12日 イイね!

愛車と出会って7年!

愛車と出会って7年!早いもので、2代目に乗り変えてから7年が経とうとしています。1200は5年10ヶ月だったので、保有期間は大きく超えていますが走行距離は似たようなものです。先代と違うのは部品の質が高いので錆や腐食と無縁なところですね!7年経っても新車のようです。既に生産終了車になってしまいましたが大事にしたいと思います。
Posted at 2018/01/12 18:14:41 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年04月25日 イイね!

昨年8月ぶりに

VMAXのECUを書き換えました!
昨年の8月までに17回の書き換えを経て、ようやくほぼ満足できる仕上がりになりました。

この“ほぼ”というのが重要で100%満足していたわけではないということですね。
そこで、今回は残りの部分を仕上げようとトライを始めました。残していたわずかな不満点
として、

・2速で1500〜2000回転付近を使っている時に少しギクシャク感があるところ
・スロットル全閉から再度開けた際の若干のドンツキ

以上2点の解消を目的にもう少しいじりたいと思います。
まず、1番目に関しては、現在DYNOJET社のMAPを使っていますが、私の車両はEXUPを
キャンセルしている関係で、ちょうど上記の回転域がやや薄いのかと思われます。DYNO
のMAPはこの回転域のスロットル開度10%付近を純正よりもやや薄めに設定しています。
そこで、その部分を純正値に戻しました。



こちらが変更前で、



こっちが今回、書き込んだ値になります。
わずかですが、増量しています。

これで良くなるかは乗ってみないとなんとも言えませんが・・・何れにしても純正値なので
壊れたりはないはずです。

次に2番目のドンツキに関しては、スロットル開度の設定で変更します。
現在のインジェクション車はほぼスロットル全閉時に燃料をカットして燃費対策がされて
います。キャブ車では基本的にジェット制御のためスロージェット分は垂れ流されている
ので、燃料はカットされません。

そのせいで、次に開けた際にゼロから急に燃料が吹かれるためドンツキ症状が出ます。
そこで、スロットル(ここではグリップ)を閉じている際もエンジン側のスロットル本体は少し
空いている状態に設定します。こうすることで閉めてから再度開ける際のつながりを穏
やかにします。

元々、開け始めの数値を純正よりも開ける設定にしているため、ノーマル状態よりも
ドンツキやすいセッティングなのですが、全閉時の開度をわずかに開けることで、エンジン
ブレーキの緩和とドンツキの軽減を両立できます。

この辺りも実走でチェックしながら数値を変更します。
とりあえず今回は0.1→0.3(ちなみに純正は0)に変更しました。
Posted at 2017/04/25 16:19:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | VMAX | 日記
2017年04月12日 イイね!

ブレーキパッドの話

先日、ブレーキローターを交換しパッドも同時に交換しています。
その後、右フォークからのオイル漏れが発生し、まだ修理作業前ですが、事前の告知通りパッドの話を書きたいと思います。

今回、私が選んだパッドは、




ベスラのZD-CTという製品です。
位置付けとしては、ストリートメインのスポーツパッドというところですね!シンタードメタルなので、純正パッドの延長線的存在かと思います。Made in Japanです。

このパッドの注目点はそのバックプレートにあります。



どうですか?
多くのパッドはその生産性やコストからバックプレートはプレスで抜いているものが多く、また厚みもここまでありません。ですが、ベスラのこのパッドは贅沢な厚み(厚みが増すと熱容量的に優位です)を持ち、なおかつ切り出しにレーザーカットを用いています。プレスで抜くのと比較して、圧倒的に精度が高く、プレスでは避けられない“反り”が発生しません。

これらはサーキット向けなどでは他社でも採用していますが、ストリート向けの製品でレーザーカットを用いているメーカーは意外と少ないです。ベスラのこのパッドへの力の入れようがわかりますね。



純正パッドと比べてもバックプレートの厚みがわずかではありますが厚いです。VMAXの純正パッドは元々、YAMAHAを代表するスポーツバイクYZF-R1と共通部品ということもあり、純正でもかなり良いものが装着されています。実のところ、純正パッドと今回のZD-CTはほとんど価格差がありません。断面から判断すると、純正もレーザーカットのような気がします。おそらくADVICS製かと思いますが、機会があれば確認してみたいと思います。
Posted at 2017/04/12 18:13:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | VMAX | 日記
2017年04月06日 イイね!

フロントブレーキ一新!しかし・・・

プラハ出張前にフロントブレーキローター交換で入庫させていたVMAXを引き上げてきました。
預ける前に自分でキャリパーのOHをしたところまでは良かったのですが、マスターシリンダー
からのフルード漏れを発見し、ローター交換と同時にマスターのOHもお願いしていました。



新品のローターは、当たり前ですが綺麗ですね〜
VMAX1700の純正ローターはBRAKING社製の5.5mm厚というまるで社外品のようなスペック
です。そのおかげで価格も社外リプレイス品並みです・・・



今回、パッドも同時に新品交換していて、ブレーキ周りは一新しているので、まだ全然
あたりが出ていません。100km程度はブレーキの慣らしが必要ですね。交換したパッドに
関してはまた別の機会に書きたいと思いますが、引き上げ直後によく見ると・・・



なんと右側のフォークからオイルが漏れているではありませんか・・・・
預ける前には漏れていなかったのですが、さすがに今回の作業とは関係なさそうなので、
たまたまこういったタイミングだったということですかね。

それにしても、昨年の2月にOHし、まだ6,000kmしか走っていないフォークシールから漏れる
とは・・・さすがに納得できませんね。新車で購入して6,000kmで漏れてきたらおそらくクレーム
対応で無償修理になるはず。

普段は9,000km毎ぐらいでOHしていて、すでに新車から3回のOHを施していますが、これまで
オイルシールがダメになったことは一度もありません。ただ、微妙ですね。6,000kmとは言え、
1年は経過していますし、仮に作業ミスが原因だとしたらもっと前に漏れていただろうし。

今回は、たまたまあまり良くないオイルシールに当たったと理解しておきます。

というわけで、再度入庫になりますのでフォークOH関連の部品を発注し、ただいま連絡待ちです。
強制的に、オンシーズン前にフルリフレッシュされることになります。良い意味で捉えて、春以降の
バイクライフを楽しめる準備が整ったと思うことにします。
Posted at 2017/04/06 20:19:05 | コメント(1) | トラックバック(0) | VMAX | 日記

プロフィール

「先日の雪により泥だらけになったクルマを洗いました!娘が吹き上げを手伝ってくれたので効率アップ。」
何シテル?   02/04 20:27
2輪も4輪も乗るのでDrider(Driver+Rider)です。 20代の頃はFC3S型RX-7でFISCOなど走っていましたが、今はすっかり街乗りOnly...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

ファン

8 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)
全長:4435mm 全幅:1765mm 全高:1465mm ホイールベース:2640 ...
ヤマハ VMAX ヤマハ VMAX
<車種名> YAMAHA VMAX(STAR VMAX) (逆車/US仕様) <テクニ ...
ヤマハ SR400 ヤマハ SR400
<車種名> YAMAHA SR400 <テクニカルデータ> 全長:2085mm 全幅: ...
ヤマハ VMAX ヤマハ VMAX
<車種名> YAMAHA Vmax (逆車/CANADA仕様) <テクニカルデータ> ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.