• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

頑固一徹カズですのブログ一覧

2014年01月04日 イイね!

2005年夏を回顧する

<2005年夏を回顧する>

 ここに挙げるのは2005年の夏に書いたミンカラブログです。時代の流れは速いものでもう8年も経ってしまいました。この時代の移り変わりについていけない人、時代をリードする人。様々な生き方があると思いますが、好奇心旺盛な私は当面は回遊魚のように走りまわりたいと思います。

2005年8月22日
夏休みも終わった。でも、毎日マックに向かって必死に原稿を書く夏休みだった。単行本「ITSの思想」を脱稿する時期が近づいているからだ。マックと膝の間にアイスノンを挟んで火傷しないように工夫する。ハイテクパソコンも熱の問題は解決できていない。そういえば「ITS」がもたらす近未来の社会はどうなるのだろうか。理論的にはバラ色だが、現実はどうか。中国が日本のITSの仕組みを気にしているらしい。欧州と組むか日本と組むか。靖国問題と絡んでいるのだろうか。日本の改革はどのくらいのスピードで進むのだろうか。道路公団が10月に民営化されるがどう変わるのか。

2005年8月23日
郵政民営化はどうもよく分からない。微分方程式を解くよりも難しい。でも、これだけは確かだ。道路民営化と同じで、改革はきっとレースで言えば予選前のフリー走行の段階かもしれない。本格的なバトルをするには政権交代も必要だろう。私見では行政の若手官僚はみんなやる気まんまん。問題なのはきっと組織や制度にあるのではと思った。


2005年8月24日
NSXが終わる。きっと次ぎのモデルは全く新しいスポーツカーになるだろう。NSXという名前も最後かもしれない。次期型シビックと同じように、過去を引きずると新しい価値は作り出せない。過去を守るほどの伝統がない日本のスポーツカーは、ゼロから出発でもいいだろう。福井社長はV10だ!と言ったそうだが、SH-AWDと組み合わせるととんでもないスポーツカーになる。でもこれが本当にホンダが作るスポーツカーなのだろうか。速さよりも気持ちよさだ。


2005年8月25日
石油が高騰している。原油価格は1バーレル68ドルとなった。1983年以来の高値だとニューヨーク取引所では驚きを隠せない。原油輸出国では「もう安い石油の時代は終わった」とコメントしている。このぶんなら二年後には90ドル、2012年には100ドルの大台にのるだろうと指摘している。たぶんそうだろう。誰かが裏で操っている感じもしないではないが、21世紀のオイルショックで喜ぶのはハイブリットを売りまくるトヨタかもしれない。

<2013年に戻ってこの間の変化を見てみると>

・日本のITSはアジアで活躍中。中国は安全環境基準などでは欧州に追従。2013年のITS国際会議は成功裏に終わった。未来へのビジョンが見えてきた。ITSでアジアが繋がるのに。

・道路公団民営化はある意味では成功した。その意味では猪瀬さんの功績は大きいだろう。だが民営化とはいえ政府が株を持っているので実態は国土交通省の別働隊という感じだ。だが情報は前よりも公開されている。オリンピックが決まったので首都圏の三環状の工事が急ピッチで進んでいる。民主党政権下では道路政策が大きく遅れていたが、自民党で取戻している。

・NSXはV10エンジン計画が見直され、なんとフルハイブリッドのスーパカーとして登場しそうだ。中途半端はよくないと思っていたが、モーターショーで発表されたコンセプトカーはミッドシップ縦置きV6ターボであることが判明。ライバルはポルシェターボやマクラーレンMP4/12Cか?

・エネルギー問題は掴みどころが難しい。各国のエネルギーセキュリティが絡むからだ。どの国も自国のエネルギー自給率を高めたいと願っている。日本がリスクを承知の上で原子力発電に突進するのは低いエネルギー自給率があるからだ。エネルギー確保のために20世紀の戦争はその動機となっていた。最終処理が難しい原子力はできれば避けたいが、その代替となるエネルギーはまだ不安定だ。こうした現実を踏まえてエネルギーを考えてみたい。ところでアメリカではシェールガスで湧いている。自国のエネルギー自給率を高めることができるし、ガス油田であるが、オイルも混ざっているので、石油も採取できる。このシェールガスは20年くらいアメリカのエネルギー事情を安定させると期待されている。だから、アメリカではハイブリッドがあまり人気がない。

<2013年のトピックス〜10台ニュースみたいな感じです>

自動運転~HMI/HUD
東京モーターショーで分かった日本の絆
軽自動車とハイブリッドと輸入車が人気
レクサスに見た生産技術の革新
ホンダの変化 F1参戦、水素燃料電池でGMと提携
オリンピック招致決定~ITSが切り開く都市交通
日本でもターボ時代がやってくる?
軽自動車税値上げ
フィアットとクライスラーが経営統合
EVの勝ち組 テスラー・モデルSがブレーク


<今年はどんな年となるでしょうか>

 国産車ではスバルレボーグとインプレッサのターボスポーツボセダンが気になりますが、本命はデミオのディーゼルではないでしょうか。輸入車ではBMWi3の電気自動車が話題となりそうですね。レンジエクステンダーが選べるし電気自動車の弱点であった後続距離が解決されます。価格も予想以上に安いのです。

Posted at 2014/01/04 09:37:47 | トラックバック(0) | そうだったのか! | 日記
2013年11月26日 イイね!

オレの絵が銀座で展覧会に出展

あっと驚くタメ五郎!

私が初めて描いた絵が展覧会に出展されます(汗)
自動車雑誌ゲンロクの連載でチャレンジしたときの作品。
実存する祇園の芸姑ーてる駒姐さんの肖像画です。
200年後にはモナリザの微笑みみたいに価値がでるかしら?
芸姑の微笑み〜なんちゃってw

冷やかしOKですから、見てやってくださいませ

「あなたの風になりたい2013 千晴とゆかいな仲間たち」
12.9~12.14 時間12:00~19:00(最終日17:00迄)
ギャラリーi 中央区銀座2-13-2 ミモザ喫茶2F
Posted at 2013/11/26 18:27:12 | トラックバック(0) | そうだったのか! | 日記
2013年11月11日 イイね!

東京モーターショーで自動車安全シンポジウム

12月1日
東京モーターショーで自動車安全シンポジウムを開催いたします。
一般の方に分かり易い内容だと思います。

申し込みは http://www.jari.or.jp/tabid/364/Default.aspx
http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha07_hh_000139.html
Posted at 2013/11/11 21:30:06 | トラックバック(0) | クルマの安全 | 日記
2013年10月30日 イイね!

11月24日 東京モーターショーで清水和夫と自動運転について白熱討論を開催

11月24日 東京モーターショーで清水和夫と自動運転について白熱討論を開催

討論のテーマは「自動運転」ですが、安全や環境など幅広く考えます。もちろんモーターショーの解説も行いますので見終わった方もこれから見に行く方も今回のショーの本質が理解できます。コーヒーを飲みながら清水和夫と白熱討論しましょう。本トークショーは30名限定です。定員に達しましたら抽選でお知らせします。

スケジュール 11月24日(日曜)
17時00分 受付開始
17時30分 白熱討論開始
19時30分 白熱討論終了
場所:有明ワシントンホテル 会場名 メープル
東京都江東区有明3-7-11  03-5564-0125
討論が終わらない方は任意で食事へ ※食事は別途自費にて参加になります

参加費 StartYourEngines会員 無料 一般の方は3000円
<参加申し込み方法> support@startyourengines.net
お名前 携帯電話番号 SYE会員の間合いはID、一般は「非会員」とお書きください。
Posted at 2013/10/30 06:01:17 | トラックバック(0) | そうだったのか! | 日記
2013年09月14日 イイね!

ダウンサイジングの正しい理解

2013年7月26売り カートップ連載(一部加筆修正)

ダウンサイジングの適正値

 日産ノートに三菱ミラージュ、ホンダNBOXにスズキ・ワゴンRと最近は小さいクルマが話題になっている。こうしたスモール&エコカーブームの中で「ダウンサイジング」は流行語にもなってきている。さらに「ダウンサイジング」ではなく「ライトサイジング(適正なサイズという意味)」と言い出す自動車メーカーもでてきた。それは「ダウンサイジング」とは何かを考えてみよう。

 流行語の元祖はVWのTSIエンジンであったと思う。エンジンの排気量を小さくしターボでパワーを補うダウンサイジングエンジンはまたたく間に広がった。直噴技術とターボは相性がよいので、コストをかけるメリットがあったのだ。さらにエンジンだけでなく最近はボディもダウンサイジングが流行り始めている。地球温暖化や資源問題が深刻化する中でダウンサイジングは今までの自動車が辿ってきた道とは異なる進化の方向性かもしれない。

 いまから25年くらい前のF1のレギュレーションは3リッターか1.5リッターターボが選べた。ホンダは燃費とパフォーマンスを考えて1.5リッターV6ターボを選んだのだ。つまりダウンサイジング・ターボエンジンのルーツは80年代のF1にあった。オイルショックという国際的な社会問題がダウンサイジングを生んだわけだ。当時のホンダF1の1.5ターボは予選では1500馬力を発揮していたらしい。後から聞いた話しだが、ホンダのエンジンテスト測定が1500馬力までしか計れなかったそうだ。実際はそれ以上でていたそうだ。

1980年代のオイルショックは限定的なもので石油価格が安くなるとパワフルなエンジンと大きなボディを求めるようになった。特にビッグマーケットであったアメリカがその急先鋒であった。一方で90年代は世界的に安全性が話題となった時代でもあるので、安全のためにボディは大きく重くなったが、加速性能を得るためには大きなエンジンが必要であった。

もう少し長いスパンで自動車の歴史をみると面白い。特に戦後からのクルマの変化をみると世界的にどんどん大きくパワフルになったことがわかる。その裏側には大きさとパワーは豊かさの象徴であったのだ。日本の国民車である初代軽自動車の排気量は360cc、クルマの重量も500Kg未満であった。しかし最新の軽自動車は660ccターボも存在し、ボディは二回りも大きくなった。

 今から50年前の1960年には世界で自動車は約1億台。しかし50年後の2010年は約10倍の10億台までクルマの数が増加している。このように自動車が大きくなり普及台数も増えているのだから、このままでは自動車を作る資源や走らせるエネルギーが枯渇するかもしれない。つまりクルマ自滅のシナリオなのである。だからこそ、マクロにみるとダウンサイジングは持続可能なモビリティの発展には絶対に欠かせないコンセプトである。いや、それ以上に強く自戒の念を込めて「ダウンサイジング」を進めなければならないだろう。クルマが生き残るために。

 つい最近だがジャガーXJの2リッターターボに試乗した。英国が誇る高級車もダウンサイジングに熱心なのだ。このトレンドはポルシェやフェラーリもきっと追従するだろう。そういえば2014年からのF1は1.6リッターV6ターボが復活する。今度は燃料やブースト圧も規制されるので、1500馬力はでないが600〜800馬力のF1ターボを見ることができそうだ。
Posted at 2013/09/14 13:35:09 | トラックバック(0) | 持続可能なモビリティ | 日記
twitter
スペシャルブログ 自動車評論家&著名人の本音

プロフィール

公式動画サイト StartYourEngines(http://startyourengines.net/) FB:https://www.facebook...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

お友達

お友達は大歓迎でもコメントはできなようになっているので、どうしてもレスしたい方はトラックパッドかFBにレスしてください。みなさんに愉しんでもらいたいので「勘違いレス」を排除するための措置です。ご理解を!
586 人のお友達がいます
クロッテクロッテ * sv.sv. *
EVOMANIAEVOMANIA * シロだもんシロだもん *
-おゆ--おゆ- * TEAM おれんぢ with emuTEAM おれんぢ with emu *

ファン

552 人のファンがいます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.