• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年08月31日

2代目N-BOX2017年モデル 前編

2代目N-BOX2017年モデル 前編 2代目N-BOXが本日発表されました。さっそく検分してみましょう。

ホンダとしては大ヒットになったN-BOXですが、その2代目を作るのは相当に難しかった事でしょう。初代モデル末期でも需要を継続させるためか、早くから外見がリークされるなど前景気をあおってきたのはご存知の通りですが、変わり映えしないだの、カスタムの顔がおかしいだの否定的意見が私の回りでは多かったのは確かです。

ですが、私は2代目は写真よりも実物の方がきっと印象がよいと言ってきました。

初代が発表された当時も、カスタムのヘッドランプやメッキモールがいかついとかブルーのアクセサリーライトが下品だとかさんざんな言い方をした人が沢山いましたが、今ではそんなことはほとんど耳にしなくなりました。要するに数が出れば見慣れてしまうということなのです。

初代と同じくノーマルとカスタムに大別されます。外寸ホイールベース共に変化はほぼありません。まずノーマルの外見から。


ノーマルのフロントビューはキープコンセプトそのもの。

ヘッドランプの形状はそっくりですが、ノーマルも全てドアミラーウインカーになったため、サイドへのウインカー部分の張り出しが少なくなっています。スクープではノーマルはHIDとの記事もありましたが、全グレードLO/HI+リングポジション+ウインカー全部LEDです。従ってバルブ交換は無理です。

サイドは、ボンネットの厚みが増して(2代目ステップワゴンみたい)、サイドの切り口がそのままテールランプまで伸びるプレスラインに繋がっています。クオーターガラスの面積が少し広がったくらいで、ドアの構成などは初代とほぼ同じ。ノーマルは全車アウトサイドハンドルがボディ同色です。

リヤはリヤゲートの切り方が丸みを帯びて、リヤバンパーにリフレクターが設置されました。リヤゲートガーニッシュの長さが途中までというのは初代と同じです。テールランプは初代と異なりレンズ面がレッド。スモール/ストップはLEDですが、ウインカーとバックランプバルブは白熱球です。

見落としがちですが、ドアを開けるとセンターピラーやリヤタイヤハウスは初代に増してゴツい造りになっています。この点が剛性を落とさずに50kg-80kg軽量に出来た秘密ではないかと。

それから、N-BOXを含めてホンダ車のルーフパネルとサイドパネルの継ぎ目は、ルーフ左右両端20cm位の位置を溶接で接合してその上にルーフモールを前後に置く(溶接のアラを隠す)というやり方でした。初代フィットはリヤゲートの開閉振動で継ぎ目の溶接が剥がれて雨漏りという症例がありました。ルーフモールがあるので雨の侵入経路が分かりづらく修理に手間取ったそうです。
2代目にはそのルーフモールがありません。それだけ溶接技術が向上したということだろうと思います。初代はサイドシルが高張力鋼板でも硬い鉄板なので、作業がやりにくいと鈑金屋さん泣かせだったのですが、2代目も事故補修作業は大変そうです。


カスタムはフロントグリルから延長されたメッキバーがヘッドランプを横切り、下部は9灯式LEDヘッドランプで上部は最近流行のシーケンシャル(流れる)LEDウインカーランプ。もちろんコの字型に点灯するLEDポジションランプも内蔵。フォグランプも3連LEDタイプです。
フロントバンパーも抑揚の付いた造形でなかなかのもの。但しグリルの開口部は開けっ放しでクーラーコンデンサーのフィンが露出したまま。
近くマイナーチェンジの5代目ステップワゴンスパーダもメッキバーを採用しており、このデザインはしばらく他のモデルでも反復使用されるかもしれませんね。

サイドにはお約束のサイドスポイラーが標準で付いて、アウトサイドハンドルはメッキ。

リヤはルーフスポイラーが標準で付いて、リヤバンパーもスポイラー形状になってリフレクターは縦になります。
これも初代と同じくリヤゲートガーニッシュが長くなって、延長する形でテールランプにもメッキラインが入ります。テールランプは全てのバルブがLEDとなってレンズはクリアタイプ。このテールランプのレッド/クリアのグレード分けは3代目と4代目のステップワゴン(ノーマルはレッド/スパーダはクリア)を髣髴させます。

初代ではリヤゲートアウトサイドハンドルは独立していましたが、2代目は電気式スイッチになってリヤゲートガーニッシュに内蔵されました。中央にはナンバーランプがあるのでスイッチは少し右にあります。左利きの人だと違和感があるかも。しかもガーニッシュにはスイッチに位置を示す四角の凸凹模様まで配されているという、芸の細かさです。


インテリアは、ガラリと変わって3代目5代目ステップワゴンやフリードでおなじみの「アウトホイールメーター」になったこと。ステアリングホイールの上側にメーター類を見る配置になりました。背の低い女性だと見づらいのではないか、でも今はハイトアジャスターで何とかなるのか。まあセンターメーター(個人的にセンターメーターは嫌い)にならなかったことは評価したいですが。

その代りステアリングホイール内に何もないのは寂しい。最近は車内にi-Padを持ち込む人が多いからここが恰好の設置場所となりそうです。しかし万一の時に顔面に飛んで来ると危険です。ここは運転席アッパーボックスになっているので、フタに固定器具を装着してしっかりiPadを保持する必要がありますね。

全車プッシュスタートですが、スイッチがステアリングコラム左から右下よりに変更になりました。トヨタはほぼ右にありますが、ホンダは車種によって左だったり右だったり。右ハンドルなら右にあった方がしっくりくると私は思いますが。スタート待機状態ではスイッチ照明が蛍のように明滅するというギミックがあります。


インテリアでの売り物は、助手席スーパースライドシート。
助手席が57cmもスライドします。写真のように、リヤシートのお子さんを助手席に座ったお母さんが世話をしたり、リヤシートから運転席へウオークスルーしたりするのに便利です。しかもリヤシートで助手席を動かすためにシートバックにスライド/リクラインレバーを配してあり、助手席を後方にスライドしてもシートベルトが着用出来るように、シートベルトがシートバックに内蔵されている(タントやポルテ同様)、アームレストが左右別々に付くのも良い点です。
オデッセイとステップワゴンで、長期に渡ってセカンドシートのアレンジを試行錯誤してきた経験を生かした機能です。はっきり言って無駄に広いリヤシート足元も、助手席スーパースライドシートなら納得です。

ノーマルはベージュ/グレージュの一種類でブラックが選択出来なくなったことはよくない点です。初代後半はブラックが主力だったのに。その代りベージュでも明るい部分が減ってカーペットマットもブラックになったので多少汚れが目立たなくなったのは確かです。
カスタムはルーフライニングまでブラックになりました。うちのフィットRSもそうだけど何か暗い雰囲気なのは否めません。ルーフライニングはせめてダークグレー程度に留めた方がいいと思うのですがね。


初代であれだけ不評を買ったスライドしなかったリヤシートも、2代目では全車スライドが標準化。もちろんチップアップも可能。トランクスペースには大きな変化はありません。

インストルメントパネルやドアトリムに小物入れが増えたことや、時代の流れでUSBジャックが設置されました。初代が物を置く場所が少ないと苦情が多かったことに対処したのでしょう。その代りグローブボックスは小さく初代の2/3位の容量です。
全車オーディオレスですが、ナビ装着スペシャルパッケージでは、ETCも含まれるようになったこと、ステアリングリモコンスイッチの機能が増えハンズフリーテレホンスイッチと音声認識スイッチが付きました。初代ではいちいちナビ画面をタッチしないと受話終話が出来なかったのが不便だったのですが、手元にスイッチがあるというのは福音です。しかもスイッチはストロークが短くカチッとした高級感ある手応えなのも特筆です。
カスタムの場合4スピーカーからツイーターも含む8スピーカーになったのも進化点です。


エンジンはi-VTEC化されてS07A→S07Bと型式が変更されました。ですがNA/ターボ共にカタログ上性能の変化は見られません。燃費は向上しています。
心配なのはフューエルタンク容量が初代2WD35L/4WD30Lから、2WD27L/4WD25Lに少なくなったこと。
容量が減れば軽量化になるし燃費が向上しているからいいでしょ、がメーカーの言い分でしょうが、我々のように遠出する際に40Lくらいあると航続距離が伸びていいと思うのですがね。

サスペンションも、フロントストラット/リヤトーションビーム(2WD)リヤドデオンアクスル(4WD)と同じですが、2WDのみリヤに内蔵式スタビライザーが追加されました。
ノーマルは14インチタイヤにスチールホイール+ホイールカバー、カスタムはNAが14インチタイヤにアルミホイール、カスタムターボは15インチタイヤにアルミホイールです。


ホンダが力を入れている安全装備のホンダセンシングは、カタログに全車標準装備と書いてありますが、小さくNAには装備しない仕様もございますとも書いてあります。相変わらず安い価格のグレードを記載するためのからくりです。これだけ安全装備が不可欠という風潮なのだから、レス車など無くてもいいと思うのですが。モデルチェンジを機に、サイド/カーテンエアバッグが大半のグレードで標準装備されたのはよいことです。


未だに遅れているのが、ワンタッチオートスライドドアボタンの未設定です。
我々が初代にポチガーを後付けして、背の低い子供や力の弱ったお年寄りにとても便利で喜ばれていると、みんカラ上で称賛しているのはご存知の方も多いし、既にタント、スペーシアでは標準装備化されているのに、ホンダだけは頑として装備しようとしません。何故でしょうか?
セレナでおなじみのハンズフリースライドドアをディーラーオプションしたからいいでしょ、というのは理由になりません。ホンダの技術陣のみなさん、ワンタッチオートスライドドアスイッチ、年改時でいいから追加して下さいな。

初代はドアロック/アンロックがリクエストスイッチのプッシュすることでしか出来なかったのが、アンロックのみアウトサイドハンドルに手をかざすことによって解錠出来るようになったのは進化です。

グレード展開です。

ノーマルはベーシックなG、中級のG・L、上級のG・EX。


G・LとG・EXにはターボも選べます。G・Lまでは初代と同じフロントベンチシートですが、G・EXは助手席スーパースライドシートになります。


カスタムはGが廃されて、G・LとG・EX。


それぞれにターボも選べます。G・EXは助手席スーパースライドシートです。
カスタムはピアノブラックパネル調パネル+メッキ加飾の専用インテリア。インテリアイルミネーションは、初代のブルーかレッドから、ホワイトに変更。ルームランプもカスタムはLEDになります。

ボディカラーは共用色が、

ブリリアントスポーティブルーメタリック(B593M)
クリスタルブラックパール(NH731P)
ルナシルバーメタリック(NH830M)

の3色。初代2015年モデル以降カスタムでは廃止されていたルナシルバーメタリックが復活。

ノーマル専用色が、

モーニングミストメタリック(B618M)
ブリティッシュグリーンパール(G547P)
プレミアムピンクパール(R562P)
プレミアムイエローパールⅡ(Y70P)
プレミアムアイボリーパール(YR631P)
プレミアムアガットブラウンパール(YR633P)

の5色。新色はモーニングミストメタリックで、初代の2012年2013年モデルのクールミストメタリックに似ています。プレミアムアガットブラウンパールは、フィット2017年モデルで先に設定されました。

ノーマル専用2トーンカラーが、

プレミアムピンクパール/タフタホワイト(NH578)
プレミアムイエローパールⅡ/タフタホワイト
プレミアムアイボリーパール/プレミアムディープモカパール(YR586P)
プレミアムアガットブラウンパール/タフタホワイト

N-BOX/にしかなかったプレミアムイエローパールⅡが追加されましたね。

カスタム専用色が、

シャイニンググレーメタリック(NH880M)
プレミアムベルベットパープルパール(PB89P)
プレミアムグラマラスブロンズパール(YR634P)

の3色。新色はプレミアムグラマラスブロンズパール。初代のノーマルにあったブロンズ系がカスタムで復活。


カスタム専用2トーンカラーが、

ブリリアントスポーティブルーメタリック/クリスタルブラックパール
クリスタルブラックパール/サンライトレッドⅡ(R570)
ミラノレッド(R81)/クリスタルブラックパール
プレミアムグラマラスブロンズパール/スタリーシルバーメタリック(NH833M)

ブラック/レッド2トーンカラーのレッドは、N-BOX/のレッドルーフのサンライトレッド(R564)とも違うマゼンタに近いレッドです。

残念なのはレッドパール系の設定が無いこと。しかし最近ヴェゼルやフィットにプレミアムクリスタルレッドメタリックが追加設定されていることから、特別仕様車(SSパッケージⅡ?)などでN-BOXにも追加される可能性は大でしょう。

2代目N-BOXは2WDがDBA-JF3、4WDがDBA-JF4。NAがフレームナンバー1XXXXXX、ターボが2XXXXXXです。初代同様に、ノーマル/カスタムはフレームナンバーでは区別出来ません。

気になる派生車種ですが、N-BOX+(通常グレードは生産中止で福祉車両のみ)とN-BOX/は継続生産となっています。N-BOX/の動向は不明ですが、初代のN-BOX+福祉車両はまあまあ販売実績があったので、新型に移行の必要もあるでしょう。Nシリーズにはアウトドアに振ったコンセプトのクルマが未だに無いので、その需要をN-BOX+後継車に期待したいですね。モデューロXは・・・分かりません。N-ONEとステップワゴンにも出たのでぜひ再登場してほしいです。

まだまだ書きたいことがあるので、後篇に続く。
ブログ一覧 | N BOX | クルマ
Posted at 2017/08/31 21:59:59

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

2代目N-BOX 2017年モデル ...
m-dawgさん

N-BOX、N-BOX+2016年 ...
m-dawgさん

プチオフしました
m-dawgさん

NV350 コンプリートイベント!
エーアールジェイさん

新型 NBOX 内見会
まふ るさん

黒メッキが引き締まった感じになった ...
ウッkeyさん

この記事へのコメント

2017/08/31 22:53:52
毎度ながらカタログを貰ってくる必要のない程の詳細なブログに感服ですw

ウチの嫁はスーパースライドシートよりベンチシート派なのでLターボにしましたが、それ以外の部分でも省かれる装備があるのが残念かな?
ターボ車なのにNAと同じ14インチ(スチール)しか無いとか…

ホンダならでは?の初期ロット不良。
某ホンダの展示車には既にマル秘なマーキングを見つけたのもかなり残念ポイントwww
コメントへの返答
2017/09/01 19:46:57
MASHUさんコメントありがとうございます。

ノーマルのG・LとG・EXではプラズマクラスターの有無が違いますね。カスタムではグレード問わず標準装備ですが。

15インチタイヤ/アルミホイールは、カスタムターボだけですからね。ノーマル全車スチールホイールなのは、価格を抑える以外の理由が考え付きません。

発売前リコールはホンダだとおなじみですね。きちんと直ればそれでいいと思いますがね。
2017/09/02 13:01:12
コメント失礼しますm(_ _)m

メーカーカタログより分かりやすい解説有難う御座います。

ボディカラーにプレミアムディープロッソパールが無いのは少々がっかりですが(´ω`)
コメントへの返答
2017/09/02 22:34:32
kazuROSSOさんコメントありがとうございます。

ホンダのレッドパール系は3年-5年サイクルで主流となる新色が出るので、プレミアムディープロッソパールは残念ながらそろそろ世代交代時期のようです。

本文に書いたプレミアムクリスタルレッドメタリック(R565M)は、多分マツダのソウルレッドプレミアムメタリックに対抗して急遽出したのではないかと。あくまでメタリックなので、ちょっと深みが足りないような感じがします。

ところで、NSXのバレンシアレッドパール(R566P)、ヌーベルブルーパール(B605P)は素晴らしい色合いだと思います。色だけで67諭吉高だから当然ですが。

そこまでコストをかけなくてもいいから、見ただけで買いたくなるような、魅力あるレッドパールを出してほしいですね。
2017/09/02 20:22:31
ご無沙汰しています。
いよいよ発売しましたね(^ ^)

見た目は大きく変わらないのに中身が進化しているわけですね。
スライドドアなのに50kg以上の軽量化を果たせたことは立派だと思います。

でも、、、、、トップグレードは200万超えなんですね(-_-;)
私の親父は初期のカスタムターボに乗ってますが、ターボが欲しかっただけなのでクルコン、パドル、オートA/Cが使いこなせていません(笑)
コメントへの返答
2017/09/02 22:53:18
yu^boさんコメントありがとうございます。

初代もN-BOXのターボは高かったです。うちにはフィットがあるからつい比較しますが、税金を考えなければフィットの方がいいと言うのも一面では真実です。

ま、道具として使い倒すならN-BOXの方が楽しいかもしれません。うちは買って正解だったと思いますね。

初代がヒットしたホンダ車は、2代目でキープコンセプトになると人気急落というジンクスがあります。今回N-BOXはそれを打破出来るのか楽しみですね。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「NBOX club 関西支部オフ会 http://cvw.jp/b/361158/40831822/
何シテル?   12/10 21:45
こんにちは、< えむ・どーぐ >です。 「ひたすらカーマニア」を自負して50数年になりました。 私のバスクレッドパールのRG1 ステップワゴンスパーダ、 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

アイスト再始動時のオーディオ再起動問題を修正 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/03/29 07:43:01
Chez・Dyubi・Juba Blog 
カテゴリ:ブログ
2013/10/07 21:53:53
 
Paint & Cuttingsheet Works Atelier m-dawg 
カテゴリ:ホームページ
2010/02/25 23:22:32
 

お友達

お誘いは歓迎です。私と何か交流を持たれた方はお友達になりましょう。

しかし、
○プロフィール画像無し、活動履歴無し
○何シテル?程度のブログを何度も上げる
○無闇にイイね!を付けまくる
○お友達数稼ぎ目的
○みんカラ+の業者様
○常識、マナーに欠ける
はお断りです、ご了承下さい。
665 人のお友達がいます
ジョーズ( つかさファミリー)ジョーズ( つかさファミリー) * тaкa@снaп☆彡тaкa@снaп☆彡 *
hide@車犬(くるまいぬ)hide@車犬(くるまいぬ) * たま(つと)たま(つと) *
★こうちゃん★★こうちゃん★ * スパシオ君スパシオ君 *

ファン

116 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ステップワゴン ホンダ ステップワゴン
我が家のファーストカー。通勤に荷物運びにドレスアップに実に役立っています。目指せ、弄り歴 ...
ホンダ Nボックス ホンダ Nボックス
我が家のセカンドカー。妻の通勤とお買物用。こちらも弄っています。 2012年式 JF1 ...
ホンダ フィット(RS) ホンダ フィット(RS)
上の子のクルマ2台目。 SX4に撃墜された1台目フィット3 RSと全く同一スペック。 ...
ホンダ フィットハイブリッド ホンダ フィットハイブリッド
下の子が免許を取って、家族4人に対し3台では何かと不便なので、両親がスイフトハイブリッド ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる