• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2012年02月10日

油温DATA整理

油温DATA整理 昨日の息抜きで、気分も新たにDATA整理!


走るごとに温度関係は、キーエンスのロガーでサンプリングしています。


水温(ヘッド・ブロック・ラジエターIN&OUT・水令O/CIN&OUT)・ENG油温(各O/CのIN&OUT)
・D/F・T/M・吸気温・外気温・排気温など16CHを1Hzでロギングしています。


ENG油温に関しては、季節を問わず厳しい状況が続いています。


過去にも油温上昇で子メタルを破損していますので、特に気を使っていますが過去にさかのぼりDATA整理してみました。


GTCCの事前走行で、水冷O/Cのみではレースは走れないことが判明し急遽空冷O/Cを戻した次第ですが、コアをラジエターの前に配置すると水温が厳しくなることもわかっていたので、今回は空冷コアをラジエターと離して配置し、熱気をラジエターに当たらないように下に抜くダクトも去年より大きくし抜けを良くしたので結果は上々でした。



まとめたDATAでも判るように、一番オイルが冷えるのはO/Cではなく、オイルタンクからのスカベン側のオイル配管を通っている間が一番冷えています。8L入るオイルタンクは量も多くそれだけでも冷えるのでかね?其れゆえ、ドライサンプが油温に有利と言われると言うことなのでしょうかネ~?
夏に向けては、コアを弄るよりタンクの油量を増やすとか配管に何か一工夫すると良い結果が得られるかもです・・・・・・






余談ですが、サーキット仕様のクルマによくデフクーラーを装着しているのを見かけますが、自車の場合筑波30分走行とか、12週程度のレースではデフ油温はサチュレートすることはなく140度手前くらいで走行終了しますので、必要ないと考え重量が増えるデフクーラーやポンプは装着していません。T/Mも同様です。



ブログ一覧 | エンジン | クルマ
Posted at 2012/02/10 21:47:33

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「タイ旅行?2日目 http://cvw.jp/b/362804/40240501/
何シテル?   08/14 08:54
ダルマセリカを自宅駐車場でいじくり回し、筑波をメインとしたサーキット走行を楽しんでいます。 自分なりの研究精神で、日々進化する開発記録的な投稿となっていま...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

CHIGAUYO 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/05/17 05:45:38

お友達

152Eを始め、125E・126E・137E・151E等、トヨタ旧ワークスエンジン所有者のネットワークを作り、古き良き時代のエンジン達を実動で後世に伝えることを使命と思っております。
パーツ製作や実動での維持に向けた情報交換を望みます。
71 人のお友達がいます
田中 ミノル田中 ミノル *みんカラ公認 桃奈々桃奈々 *
飛~飛~ * フグ蔵フグ蔵
F73F73 SHIO ☆SHIO ☆

ファン

111 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ セリカ トヨタ セリカ
現時点で何とか形にはなっておりますが、今後サーキットを走れるように仕上げていく予定です。 ...
トヨタ エスティマ トヨタ エスティマ
家のクルマ兼、部品倉庫兼、トレッカー牽引時の引っ張り役兼、サーキットに行く時のサービスカ ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.