• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

マッチー@のブログ一覧

2017年05月06日 イイね!

サーキットデビュー

サーキットデビュー先日、過去に何度か観客参加していた走行会に行ってきました!

都合上、今回は行けないつもりだったのですが…

諸般の事情により、今回も急遽観客参加することが決定w

カメラを持参した訳でもなく、ただただ一日中見学で歩き回っておりましたw

その中で『体験走行』なるものが毎枠あるとの情報を、某ご夫妻より入手ww

岡国にはもう何年も前に一度だけ走行会にエントリーしたきり全く走ってません。

特に誰かに?背中を押された訳でもなく、ただただ何となく「走ってみようかな」との衝動に駆られて…

気が付いたら窓口で走行費を精算して…





岡国走ってきました!!ww





エントリー完了後、2コーナースタンド→ホームストレートへ戻る道中、某奥様から神妙な?面持ちで?心の悩みを?打ち明けられることに!(謎)

まぁ背中を押したつもりは毛頭ございませんが…

あんなお悩みを相談されたら…

世間一般的なアドバイスしかできませんねーww





何事も経験!!


一度体験すれば全然怖くない!!


いつも通りの普通で大丈夫!!


手の平に「人」という字を書いて飲み込めば、、、





そんなやり取りがあった後、なぜか再度体験走行の窓口へ向かうこととなり、私だけの貸切枠のはずがもう1台増えたのでありますw

私自身、まさかこのタイミングで岡国を走るとは思ってもみませんでしたwww

でも、前を走るワンメイク仕様の86ペースカーとはイイ感じでバトル?できたので満足満足www

↓↓だとクリップに付けていないようにも見えますが…









86とVABでは、駆動方式&車重が違いますから、ライン取りが違うのも当然か!?

僅か2周の体験走行にもかかわらず、トレッド面が中々イイ感じに溶けていたのは意外です。

タイヤ&ホイール&ブレーキパッド以外は何もモディファイしておらず、全くサーキット向けな仕様ではありませんが、某PのY副社長より「S207ならノーマルで全然大丈夫だよ!」と逆に?妙な?プッシュを受けたのは気のせいでしょうか!?ww

次回…も体験走行で十分楽しめそうです♪

一応純正でレカロスポーツスターは装備されており、ホールド性はまずまずながらフルレザーは滑るのが不満点なので…

ということは…








SR6復活も検討か!?







急遽な展開ではありましたが、某氏様には撮影いただきありがとうございました!!

とりあえず、クローズドコースでもサンライズイエローは派手だとよーく分かりましたww








それにしても、やっぱり車高がお高い、、、















(※某氏様、クリソツなブログの文面で失礼致しました!)



Posted at 2017/05/06 18:20:59 | コメント(7) | トラックバック(0) | S207 | 日記
2016年11月19日 イイね!

おニューなシューズ…足のサイズが小さくなった!?

おニューなシューズ…足のサイズが小さくなった!?この歳になると、さすがに成長期ではありません。

それ故に、足のサイズが大きくなることもありません。

だからといって、まだまだ小さくなるほど退化もしてません。

スニーカーもビジネスシューズも、サイズは常に安定しています。

しかし…

クルマのシューズは安定していなかった!?





少しばかり思うところがあり、思い切ってS207のシューズを新調してみました。

これまでサーキット未走行、おまけに走った距離の大半は高速移動。

適切にローテーションも行っており、純正タイヤはまだまだ溝タップリ!

にもかかわらず、敢えてシューズを新調した理由…一部みん友さんには何年も前から同じことをボヤいてましたから…きっとお察しかと想像しますが…

しかも、標準255/35R19から何と足のサイズが退化?してしまうという事実ww

退化=幅も内径も…

その代わり、何ともやる気なトレッドパターンだったりします(謎)

サイズは退化だったとしても、路面をガッツリと掴むパワーは進化してるはず!!





ダンプマチックⅡなビル脚のみならず、19インチBBSホイール&DLスポーツマックスRTも含め、専用パーツを取り揃え、専用パーツで完璧に調律を合わせているのがコンプリートカー。

カタログには謳っていない隠れた部分も、実はコンプリートカー専用チューンが施させていたりするのは周知の事実。

そんな完璧な調律を敢えて崩してしまうくらい、サイズ退化な別シューズはかなり重要な問題かもしれません。

もっとも、「違いの分からなないヤツ」には分からないかもしれませんが…

いや、意外と「シューズが変わったくらいで乗り味悪化するようなクルマは作りません!どんなシューズでも最高の乗り味を提供しますよ!」みたいなSTIエンジニア魂が強かったりするかも!?ww





そんな訳で敢えての調律崩し、とりあえずの皮むきは終えましたが、クローズドコースはおろかワインディングすら味わっておりません(涙)

ですが、サイズの退化?で明らかにハンドリングの軽快感が増してます♪

しかも、パターンノイズや轍に取られることも少なく、乗り心地悪化も少ない!




さすが○○○○○○!!




クローズドコースでタイムを狙うなら、足幅だけでもアップすべきところでしょう。

(懐事情も含め)敢えて幅もサイズダウンさせましたが、私の求めるハンドリングには寧ろバッチリでした。

これで増々楽しく乗れるかも!!











「シューズ=タイヤだけで、なぜホイールを見せないんだ!?」



「さては、ホイールまでやっちまったのか!?」









そんなご意見(クレーム?)も寄せられそうですが、大方の予想通りの展開なので、敢えて今回はシューズのみといたします(謎)

似合ってるのか?カッコイイのか??

声を大にして「カッコイイ!!」と云えない自分がちょっと悲しいですが、、、

スポークの多さはデザイン性とクルマの格好良さを高めるものだなと、、、









































































それにしても汚いwww
Posted at 2016/11/19 21:47:44 | コメント(3) | トラックバック(0) | S207 | 日記
2016年09月19日 イイね!

S207のエキゾーストノートを撮ってみた&そろそろ我慢の限界!?

S207のエキゾーストノートを撮ってみた&そろそろ我慢の限界!?9月半ばの連休のタイミング。

今年は暦の都合上、昨年のような長期連休(シルバーウィーク)とはなりませんでしたが…

暦云々以上に何とも天候が残念な連休となりましたね。

また、9月は連休+少し秋の気配が出てきたため、世間的にもオフ会シーズンに本格突入の様子。

去年は伊吹山オフがありましたが、結局今年の連休はオフ会らしいオフ会に縁無く終わりました。

箱根にも遠征してみたかった、、、

(※まぁ密なナニ的なものはあったりw)

明日からの仕事にテンション上がらない方も多いと思いますが、今後台風16号上陸の可能性が高くなってきましたので、こまめな情報収集で備えて行きましょう。





さて、個人的には連休中1日だけはクルマ関係でモゴモゴしておりました。

S207にALEXフロントパイプを装着して以降、「いつかやろう、いつかやろう」と思いつつずっと延ばしてきたエキゾーストノートをやっと撮ってみることに♪

思い返せば、納車前の段階でヨウツベにアップされたS207のエキゾーストノートを聴き、「これはS206より楽しいかもしれない!?」と期待したものですw

過去のコンプリートカーの中でも、チタンマフラーの快音S203&S204、直管先輩のバリバリ音なR205はインパクト強烈なサウンド!

それに比べると、S206の超ジェントルゥ~なサウンドはかなり大人向けのテイストで正直物足りなかった!

(※辰己監督、ゴメンナサイww)

しかし、S207になり快音 or バリバリ音は無いものの、S206よりもドライバーの感覚に遥かに刺激を与えてくれるサウンドに変わっています♪

この辺りは、開発者が辰己さん→森さんに変わったことが影響しているのかな…

加えてフロントパイプも交換したことにより、尚更刺激がアップしてます!!

キャタまで逝けばもっとイイ音が楽しめそうですが、現状マイS207のエキゾーストノートはこんな感じです↓↓














ま、これでも社外マフラーに比べれば遥かにジェントルですねー♪









スマホ撮影なため臨場感が無い+固定方法が良くなかったため、途中でズレておりますww

あまり参考例が無かったのですが、VABにSTIエキゾーストキットを装着すれば、ほぼコレに近いサウンドが楽しめると思いますよ。

性能差は分かりませんが、S206と異なり音量&音質ともにコレなら(※とりあえず)納得して楽しめそうです!

といいつつ、いつかシレ~っとマフラー換えてしまうかも!?ww





そんなこんなで、エキゾーストノート(排気系)は現状でも満足しているのですが…

クルマ全体も気に入っているのですが…

コレだけがそろそろ我慢できなくなってきた↓↓









専用レカロスポーツスターは確かに良いシートです。

ですが、ひと夏乗ってみてフルレザーシートの通気性の無さによる暑さを痛感+コーナリング中にどうしても体が滑ってしまいます。

シートだけはラグ系を目指さず、BRZtSのようにアルカンターラ+レザーだったら良かったのに、、、

とはいえ、レクサス等の高級車にも使われるセミアニリンレザーをあしらった完全専用シート、そう簡単に外すことなど出来ません。

環境が揃っていなければ、きっと今のスポーツスターのまま過ごすことになるでしょう。

環境が揃っていなければ、、、

VA用シートレールさえ用意してしまえば、ガレージで眠るコイツがまた日の目を見るw













そして、外したスポーツスターはそのままVMGレヴォーグへスライド移植すれば万事解決か!?

そうすれば、慣れ親しんだSR6と専用スポーツスターで幸せなVAB&VMGライフを楽しむことが出来るかなww

「有効活用できるのだ!」と自分に言い聞かせて、さぁあとはシートレールをポチるだけ!?w

物欲の秋、やっぱり我慢はカラダに良くないし、、、ww
Posted at 2016/09/19 19:03:45 | コメント(5) | トラックバック(0) | S207 | 日記
2016年04月02日 イイね!

S207をカスタマイズ、目指すはやっぱりコイツでしょ!

S207をカスタマイズ、目指すはやっぱりコイツでしょ!S207に乗り換えて間も無く2ヵ月。

慣らし~1ヵ月点検も無事に済ませ、様々なシチュエーションを走ること1,800㎞余り。

S206もそうでしたが、今回もまた中々奥深いクルマだと乗るほどに感じています。

ま、派手ですけど、、、(汗)



この2ヵ月近くの間、実は様々なお友達の方にお披露目したり、また試乗してもらったり、更にはVABで「はじめてのオ○会」に参加したりと、かなーり濃密な時間を過ごして参りました。

(※色々多忙につき、みんカラに全くアップできなかった…)

(※お相手いただいた皆さま、ありがとうございました)

特に旧知のみん友さんからは、なぜかどうして「やっぱりWRブルーよりサンライズイエローに乗ってる方が落ち着くわー!」と有り難き?お言葉まで頂戴する始末ww
















ワタシ=ソンナニキイロイイメージナンデスカ!?















こう見えて一番好きな色は『青』なんですけどww

さすがSTI渾身の1台であるS207、かなりレベルの高いセットアップがなされていることは間違いなく、ロードゴーイングカーとしては十二分に満足できる仕上がりです。

S207に乗って慣れてしまうと、これが当たり前になってしまい「こんなもの!?」と物足りなく感じる部分も確かにあります。

が、みん友さんのGRB/GVBや代車のVABに乗ると、改めて「全然別物!!」と感動を甦らせてくれますww

何より、S206に乗り換えた当初はGRBの乗り味を懐かしむ自分がいましたが、今回は「乗り味」の面で前車を懐かしむことはなく、寧ろS207の楽しさにヤラれてます。

ただ、S206が持っていてS207には無い良さがあるのもまた事実。

こうした違いこそ、『開発者の趣向』が明確に現れるコンプリートカーのテイストだったりします。





そんなSTI渾身のコンプリートカー、おまけに目立ち度満点なサンライズイエロー、何のカスタマイズもせずただ「ノーマル」でいることに意味があります。

納車当日、慣らしで走り回ったファーストインプレッションの結論として「これはカスタマイズしないぞ!」と心に強く誓いました。

しかし、時が経てば心が揺らいでしまうのが人間の性…

「あの日の誓いは何だったんだ!!」と天の声が聞こえてきそうですが…

少しずつ、ほんの少しずつ「ちょっとカスタマイズしたいかも」な欲がまた疼き始めたのですww

そんな時、ようやくシェイクダウンを果たしたNBRチャレンジ2016マシンのVABがデビュー。

幸運にもNBRチャレンジパッケージに当選した者としては、最も気になる1台です!

今年のNBRマシンを見て、思わずビビっと来ましたよ!!




「そうだ、これだ!NBRチャレンジパッケージこそNBRレプ…」




GRB初号機から数えて何度アレを施工したことでしょう。

GRB初号機時代はまだ施工者が少なく、結構先陣を切っていたと自負しているアレ。

今でこそ結構定番化しましたが、NBRマシンに感化され敢えて今回は定番を外すことに。

NBRマシンに倣って、今回はこんな感じで施工しました↓↓




【本家レーシングマシン】










【イエローエディションロードゴーイングマシン】



















王道鉄板『STIperformance』を前後ではなくサイド面に施工してみましたww

勿論、左右ともにですよ↓↓

















VA/VM系のデザインでは、私の中でどうもFバンパーへのデカール施工がしっくり来ませんでした。

(※前後施工の皆さま、飽く迄個人的な感覚なので何卒お許しを…)

NBRマシンを模すならば、もっとデカいデカールにせねばなりませんが、しかしそこは『目立ちたくない派』なのでRドアに丁度納まるサイズで完璧です♪

何より、イエローのボディーにブラックのデカールが引き立ちます!!

これで妄想10PSアップは確実ですねww

それに、イエローエディションが並んでも愛車と間違えるリスクを軽減できそうだなww



『NBRレプ』など大それたものではありませんが、敢えて定番を外してみたい?方はサイドのSTIperformanceおススメです♪

中々イケてますよー!!

さて、次はレヴォーグで…いえ、何でもありません…(謎)






(※NBRマシンの画像はネットより拝借しております)
Posted at 2016/04/02 12:47:20 | コメント(2) | トラックバック(0) | S207 | 日記
2016年02月13日 イイね!

それは特別で最高な密会…STI20○オフ!! (※ネタ順注意)

それは特別で最高な密会…STI20○オフ!! (※ネタ順注意)同じ趣味を持つお友達とのオフ会って楽しい、、、


それも、ちょっと変わったクルマのオーナー同士でなら尚更、、、


そう改めて感じた、とある冬の週末のこと、、、





遡ること6日前の2月7日(日曜日)、予てよりスケジュール調整してきたR205オーナーの裏さん&Maminさんご夫妻(&Kくん!)と、2016年最初のプチオフしてきました。


お昼前に某所へ集合、そこからランデブードライブ~ランチタイム~愛犬と戯れつつ~軽くワインディングツーリング~〆は某複合施設にて。


ご夫妻のR205とマッチーのS206。


ともに第3世代WRXSTI(GR/GV)におけるSTI渾身のコンプリートカーを楽しむ間柄であり、いつも仲良くさせてもらっています。


突発的な密会ならまだしも事前にスケジュール調整していたので、いつもならご近所なみん友さんもお誘いしますが、大人の深~い?事情により今回は私たちだけのいわゆる『密会スタイル』で。


確かにスーパーカーには適いませんが、そこはやはりコンプリートカーマジック!?


周囲からの注目度は高いものです♪


並走するクルマ…


幹線道路沿いディーラーの駐車場で誘導するセールスマン…


商談や作業待ちのディーラーのお客さん…


ガソリンスタンドの店員さん…


某有料道路の料金所のおじさん…


サイゼリアの駐車場でも…


兎に角注目を浴びる訳です!!


STIコンプリートカーが2台連なって走る姿は“目立ち”ますし、もし私が反対の立場なら勿論チェックしちゃいます!


そして、間違いなく見入ってしまうことでしょう!!


更には驚愕し興奮するでしょう!!!


“目立つ”ことは決して得意ではありません。


でも、こればかりは仕方がない!?


“目立たない”訳がない!?


こうなるはずが…














↓↓↓↓↓↓






















“S207NBRチャレンジパッケージイエローエディションオフ” ですから♪








(※イエローエディションオフは世界初かも!?ww)


(※イエローエディションオフ=略してYEO!?ww)







サンライズイエローなS207が揃う訳ですから、嫌を無しに“目立ってしまう”ものです。


裏さん&Maminさん、久々な密会プチオフありがとうございました!!








































以上、、、






































んん?何か肝心な事をお忘れでは!?







































前後しましたが…







































マイFXであったS206に変わり、新型FXとしてS207にマシンチェンジしました!!






しかも、裏さん&Maminさんご夫妻も同時にR205からS207へ!


遡ること、あれは4ヵ月前…


事前情報がチラホラ出始めた後、初となる抽選販売方式がアナウンスされて世に放たれたS207。


振り返ってみて、ひと言で総括すると「こんなはずじゃなかったのに!」、この言葉に尽きます。


他の選択肢には目もくれず、最もハードルが高いとされた『イエローエディション』一択の応募がまさかの当選。


私のS206はカーボンルーフ&カーボンウイングを備えたNBRチャレンジPKGではないものの、前年のNBR24時間レースにてクラス優勝を果たした記念モデルであり、今日のスバルの成功をもたらした立役者のお一方だと私は思っている、現STI辰己英治監督が開発した最後のコンプリートカーです。


「タツミism」の集大成とされるS206には何の不満・不具合はなく、まだまだ満足度も高く、当面は大切に乗り続けるはずでした。


あまりこの言葉に頼りたくありませんが…


これもまた『運命』なのでしょうか?


抽選結果発表当日、担当セールス氏から「当選!」の連絡を受けて以後、嬉しさよりも悩み迷う心境に陥ったのが本音だったり。


(※折角のコンプリートカーなのに、そんな心境でどうするんだw)








SからSへ、、、



辰己さんの206=タツミismから、森さんの207=モリismへ、、、









悩み迷いつつも、元オーナーだったが故に影響力とインパクトの大きいサンライズイエロー+現Sオーナーとしてアップデートされた新生Sを知りたくない訳がない。


最後はその思いに掛けて、ムリを承知で決断しました!


また、同じタイミングでRからSを決断された裏さん&Maminさんご夫妻とも、お互いに背中を押し合うことができた点も影響があったといえます。


実際に乗り換えへと至るにはもっと深い経緯があったりしますが、これ以上はご想像にお任せします(謎)






過去の乗り換え時にはあんなブログこんなブログをアップしていましたが、今回は方向性を変えて秘密裏に事を進めた後、2月7日の納車を迎えることができました。

(※先にS207納車を迎えられた方々のブログを、実は密かに羨ましくまた待ち遠しく見ていたものですww)


私のS207はまだまだ慣らし初期段階。


初対面から時間も距離も稼いでいない中、インプレを語るには時期尚早。


もっとじっくり向き合ってみないと分からないものがきっとあるはず。


しかしながら、S206(=GVB)とは明らかに違う『凄さ』と『楽しさ』の片鱗を見せてくれるS207。


そうした前提で超簡潔に初期インプレをまとめると…




◆同じSでも「走り」の面で206とは味付けが異なる

◆「運転が上手くなる」をテーマに掲げた206に対し、「運転がもっと楽しくなる」というエッセンスを加え強調した207

◆エキゾーストノートは206より確実に迫力ある音量・音質を持っており、ドライバーに心地良いサウンドを届けてくれる

◆一般道での高い快適性を持った乗り心地

◆GVからVAによるもの?タイヤの違い?フレキシブルパーツの進化?全ての相乗効果?高速巡航時の直進性向上

◆低回転域のレスポンスに一層磨きが掛かった(=乗り易い)

◆しかし、ひとたびワインディングに入ると「快適性向上」とはまた違うベクトルの「楽しさ」が滲み出てくる

◆俊敏なハンドリングレスポンス、フロントの高い応答性をしっかり支え受け止め且つリニアに付いてくるリア、固くないけれどしっかり抑えられたロール、路面凹凸の影響を最小限しかドライバーに伝えない安定性(=恐怖感が少ない)

◆操る楽しさ(操られている?)が格段にアップしている

◆GVよりもクルマが少し小さく(短く)感じる

◆ワインディングを流してみて、落ち着いた/大人っぽさが強いもののノーマル状態では少し物足りなさを感じた206に対し、207は「もうちょっと…」とモディファイしたい箇所が見つからない






クルマのパフォーマンス&コスト等々私には勿体ない存在です。


しかし、他方で高い満足度が待っていることもまた事実。


サンライズイエロー(=通称、道○公○)リターンズの実現も嬉しいことですし、あの黄色はやっぱりカッコイイ♪


新たに始まった『Sライフ第二章』を精一杯楽しんでいきたいと思います。


VABオーナーの皆さん、S207オーナーの皆さん、よろしくお願いします!


そして、これをもって2007年11月から8年3ヶ月近く所有してきたGR/GVは卒業となります。


卒業はしましたが、GR/GV繋がりなみん友の皆さん、引き続きよろしくお願いします。


(※卒業した以上、もう今後は本当に積極的活動を控えなければ…)


最後になりましたが、4ヵ月もの間黙秘を続けてきたこと、お友達の皆さんには少しばかり心苦しく、また途中何度吐きそうになったか分かりませんが…


今後ともよろしくお願いします!!







丸4年間ありがとう、S206!



これからよろしく、S207!








































(※S206回顧録はまた次回w)
Posted at 2016/02/13 14:54:44 | コメント(28) | トラックバック(0) | S207 | 日記

プロフィール

「『やっぱりレガシィ!』特集のスバマガ最新号は、やっぱりレガシィの車内で読むべし!?

ナビシートを前にスライドさせれば、リアは広いニースペースで快適な読書空間が生まれる!

6レガならショーファードリブンの資質有りかもww」
何シテル?   10/15 11:30
現行型発売日に契約した初代A型GRB、2009年に限定車として発売されたspecC、2012年2月より自身初のSTIコンプリートカーS206へと乗り継ぎ、201...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

愛知のマニアックなうどん屋探訪 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/19 08:24:37
私の車は  富士重工〜♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/07 12:14:56
TGRFに行ってきた 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/29 12:26:51

お友達

コメント&メッセージをやり取りさせていただいた方、そしてオフミ等でお会いした方とお友達になっています。

PV稼ぎや毎日何度もアップされる方、何よりいきなりのお誘いはお断りする&承諾を取り消させていただきますので、ご了承ください。
176 人のお友達がいます
DocteurPleiadesDocteurPleiades * HIDE-SPEC-CHIDE-SPEC-C *
ぐんちゃぐんちゃ * らいらい@GVBらいらい@GVB *
もえわんもえわん takashi44takashi44

ファン

63 人のファンがいます

愛車一覧

スバル WRX STI スバル WRX STI
【ボディーカラー】 サンライズイエロー 2016年2月7日に納車されました。 G ...
スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
【ボディーカラー】 ダークグレーメタリック 2017年2月25日に納車されました。 ...
スバル レガシィ アウトバック スバル レガシィ アウトバック
【ボディーカラー】 タングステンメタリック 2017年3月30日に納車されました。 ...
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
弟と父のクルマです。 2007年11月に東京よりやってきました。 17インチ+ビルシュタ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.