• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

マッチー@のブログ一覧

2013年12月23日 イイね!

【自動車展示会】 世界のトシ新井選手&噂のレヴォーグと会うために

【自動車展示会】 世界のトシ新井選手&噂のレヴォーグと会うために一般的には・・・いわゆる『モーターショーに行ってきました!』的なブログになるところですが・・・

私にとって、正直なところ主たる目的はタイトルに記載の2件のみ!!

そして、この2件がたまたま同じモーターショーの会場だっただけなのですww

なので、残念ながら話題のコンセプトカーやワールドプレミアなニューモデルはさらっと流し見学するまででした。

その中でも、気になったモデルを挙げると・・・↓↓




①.トヨタ FT-86オープンコンセプト


なぜ今『FT-86』なのか?疑問を抱くところですが・・・

でも、86(BRZ)のボディシルエットに幌ルーフは「市販車?」と思わせる程、よく決まっていました。

オープンでもハードトップが主流の昨今において、敢えての幌ルーフが気に入りました。

ただ、コンセプトカーの後ろで流れていた(恐らく)CG映像にはちょっと納得できない部分が!

遠めから見た印象として、オープンカーには必須アイテムともいえる『ディフレクター』が装備されていないのです。

にもかかわらず、映像では格好良くFT-86オープンコンセプトをドライブする女性のヘアスタイルが一切乱れないのはナゼなのだ!?

僅かながらもオープンカー経験者として、ディフレクターの効果の大きさは身を持って体感しています。

だからこそ、あの映像を見て少し違和感を感じたからこそ気になったFT-86でしたwww





②.ホンダ S660


NSXコンセプト&S660ともに見学の順番待ちはせず、遠くから見てるだけ!

それでも、最近は軽自動車中心なイメージがあり、往年の「走って楽しいクルマ」が殆どラインナップされていないホンダに対して、とても期待できるスポーツモデルではないかと思います。

コンセプトカーの名称はS660でしたが、実車販売時には定番の『N-SPORT』なんて名称になるのでしょうか?

ニュー、ネクスト、ニッポン、スポーツカー!?





③.ポルシェ 911ターボ


いつか、アノ方の愛車に成る日が来るのかな??(謎)

タイプ991のターボは初めて見ましたが、GT3に続いてホイールがセンターロック式になっていてビックリでした。





④.BMW i8


非現実的なクルマであることは承知の上、デザインには惹かれるものがありました。

ハイパフォーマンスハイブリッド・・・これからの定番となることは間違いないのでしょうね。

純粋にカッコイイとは思いましたが・・・でも、私の中ではBMWに対して悪い印象が根強いですwww

安心と品質なら、やはり国産か!?





⑤.マツダ アクセラ


諸般の事情により、理由は言えません!!

でも、某一件以来なぜか頭から離れない・・・







今回、モーターショーと同時に『ニッポンクラシックカーラリー』なるイベントも開催されていました。

こちらに、世界のトシ新井選手がゲスト参加されていたのです。







「凛。」の方では、今年も新井選手(というか社長?)並びにアライモータースポーツ様には何かとお世話になりました。

御礼のご挨拶の意味も兼ねて、先ずは午後一番からのトークショーに参加。

トークショーは新井選手のみならず、ゲスト参加の方々が多数おられた+短時間だったため、内容的には普通なものでした。

その後、午後のラリースタート時間に合わせてサービスパークへと移動。

『クラシックカー』のみならず、超高級な欧州車がズラ~っと勢揃いwww

跳ね馬でも、特にF40~F50~エンツォが並ぶ姿なんてそうそうお目にかかれません。







参加者をお見送りしたゲストドライバー陣が最後に出発の準備。

当然ならが、我々は新井選手の『マシン』後方に陣取った訳ですが・・・

今回のマシンはGRでもGVでもなく・・・






ロールスロイス!!!



(調べたところ、レイスという車種だそうです)





出発前、クルマに乗り込む直前に我々に気付いていただき、無事にご挨拶することに成功。

また来年もヨロシクお願いいたします!!

唯一気掛かりなのは、あの後無事に大阪市内を周回できたのか??

まさか、ナビの目的地が某○町にある○○○○○ではない事を願うばかりですが・・・www





新井選手とのご挨拶も無事に終え、あとはレヴォーグ見学のみ。

全体の中でも、スバルブースの特にレヴォーグ周辺には多くの人が集まっていました。

それだけ注目度が高い証なのでしょう!

GR/GVではなく、BPユーザー目線で感じた事は・・・




◆ ボディサイズに全く違和感が無い+ルーフ位置がBPやGR/GVよりも低く感じる

◆ BPのスマートで繊細なイメージとは異なり、ややマッチョ(アグレッシブ)なデザイン

◆ 居住性はBPと殆ど同じ感覚で使える

◆ ラゲッジも床面積ではBPより広く感じるものの、ルーフが短いためか体感的な容量は少し狭い?

◆ ツインマフラーの処理がよくなった (BP/BL時代に戻った)

◆ インテリアの質感も高く、GP/GJインプレッサとの差別化もまずまず

◆ Dシェイプのステアリング表皮はS206と同じものではないか?














↑↑ スバルにしては珍しいダンロップタイヤ (SP-SPORT MAXX)

てっきりBSポテンザ系かと思っていましたが・・・

そして・・・遂に・・・インプレッサSTIシリーズ以外では初の“アレ”になっている!?





乗り味や動力性能、アイサイトver.3等々は実際に試乗するまでのお楽しみですね!

スバル車(だけじゃないとは思いますが)は新型車が出る度に毎回賛否両論が起こりますが、どうしてもBRのサイズに馴染めなかった者としては、レヴォーグはすんなり受け入れられそうです。




レガシィ=グランドツーリングカー


レヴォーグ=リアルスポーツツアラー





この似て異なるコンセプトがどのように具現化されているのか?

今から試乗が楽しみです。




とりあえず、DOPのフロントグリルに交換+GR/GV用のSTIエンブレムをそこにセットすれば、レヴォーグSTIバージョンは作れるな・・・

もしくは、海外用新型WRXのフロントグリル移植もイイかも!?

(流用可能であれば・・・)

GT-Sは決まりとして、あとはFA16-DITか?それともFA20-DITか??

ボディカラーはホワイトが結構似合っていたけれど、やっぱり原点回帰のブルーもアリ!?

『レガシィ』に対して『レガシー』と記載されることもあったように、『レヴォーグ』じゃなくて『レボーグ』と記載されると間違い無く違和感感じるだろうな、、、

久々の某7岸にて、そんな妄想も楽しみましたwww







S206からのお乗換えは・・・(爆)

Posted at 2013/12/23 20:42:20 | コメント(5) | トラックバック(0) | イベント | 日記
2013年12月01日 イイね!

【S206】 クルマ(愛車)とは・・・走らせてこそ価値がある? それとも大事に温存すべき?

【S206】 クルマ(愛車)とは・・・走らせてこそ価値がある? それとも大事に温存すべき?一般的に、ODOメーターを撮影しアップする際には『キリ番/ゾロ目』が圧倒的大多数です。

そんな中、敢えてのODOメーター20,909㎞・・・

















『キリ番』でも『ゾロ目』でもありませんwwwww












うちのS206、ついこの間納車されたような気がしなくもありませんが、もう納車から約21.5ヶ月が経ってしまいました。

21.5ヶ月で20,909㎞、、、

通勤に使うことは皆無に等しく、稼動するのはもっぱら休日のみ。

その割には“走り過ぎ”かもしれませんが、今のところほぼ『1,000㎞/月』なペースで来ています。

過走行clubには程遠く、かと云って極端に走行距離が短い訳でもない、何とも中途半端な状況!?

週末しか動かない割には乗っている方かもしれませんが、たまたまお友達のR205が本日20,000㎞に達成したことが切欠で、何となくS206のODOメーターを見たタイミングが20,909㎞だったのです。





私自身、クルマが好きでクルマを(人並みに)大切にしているつもりです。

プロではありませんから、DIYで行うメンテナンスは必要最小限ではあります。

それでも、いつもガッツリ入念に洗車はしていますし、油脂等の交換も定期的に行い、勿論点検もきちんと受けています。

(※人生でマイカーを洗車機に通した経験は片手で足りる程でしょうか?洗車機嫌いは治らない!?)

手間を掛けるのは何もマイカーのみではなく、BPやMスポだってメンテナンスや洗車は行っています。

さすがにBRZは、、、www



そうしたメンテナンスや洗車はクルマのためになるかと思いますが、ひとつ大きな?悩みもあったりするのもまた事実で・・・

大事な愛車、大事な大切な存在だからこそ、、、














距離など気にせず思う存分ドライブするべきなのか??













それとも・・・













過走行にならないよう大事に大事に保管すべきなのか??













免許を取り、初のマイカーを手にして以来ずっと考えているテーマだったりしますwww

勿論、毎日の通勤や業務等で必要に迫られて距離が増える方もいらっしゃると思います。

ただ、私自身はそうした事情は絡んでいないため、ここまで刻んできた距離はほぼ自分の都合や「乗りたい」という意図によるものです。

過去2台のGRBも含め、『趣味やレジャーのみ』にしては距離は伸びている方でしょう。





愛車を大事にすること=沢山走る or 走らず温存させる




どちらが良い(※「正しい」ではなく)のか、きっと一生分からないままかもしれません。

ですが、折角走りが楽しいクルマを所有しているならば、やっぱり『走ってなんぼ』ではないかと私は考えています。

何時まで/何処までS206を所有できるかは分かりませんが、S206だけでなくこの先のカーライフもやはり「やや過走行」なペースが待っているのかもしれません。






皆さんは、『やっぱりクルマは走らなきゃ派』でしょうか?



それとも、『大事な愛車は大事に大切に保管・保存せねば派』でしょうか?






愛車との思い出=何も走らせることが全てではありません!

こうした書籍もまた良き思い出にきっとなることでしょう↓↓







昨年と比較しても、今年の「凛」全国オフについてかなり詳細に掲載いただきました。

モノクロが残念ではありますが・・・(贅沢か?)

何年、何十年経っても、自身が参加した全国オフの様子が書籍と云うひとつの『形』として残っている。

ネット社会の昨今、書籍媒体は非常に厳しい環境と報じられていますが、『形』に残せる事も書籍の強みかもしれません。

ご参加の皆さんにとっても、「思い出」に残る号になっていれば幸いです!





インプレッサマガジンさん

ありがとうございました!!


Posted at 2013/12/01 22:48:10 | コメント(15) | トラックバック(0) | 雑記 | 日記

プロフィール

「ラケットバッグを担ぎ、自転車で颯爽とテニスコートへ…

爽やかな?イメージは似合いませんが、「スポーツの秋」ということでww」
何シテル?   09/24 09:20
現行型発売日に契約した初代A型GRB、2009年に限定車として発売されたspecC、2012年2月より自身初のSTIコンプリートカーS206へと乗り継ぎ、201...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/12 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

私の車は  富士重工〜♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/07 12:14:56
TGRFに行ってきた 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/29 12:26:51
みんカラに写真を綺麗にあげる方法 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/27 07:36:59

お友達

コメント&メッセージをやり取りさせていただいた方、そしてオフミ等でお会いした方とお友達になっています。

PV稼ぎや毎日何度もアップされる方、何よりいきなりのお誘いはお断りする&承諾を取り消させていただきますので、ご了承ください。
175 人のお友達がいます
もえわんもえわん * PeipeiPeipei *
まあくすまあくす * takashi44takashi44 *
ゴリゴリ * すったこすったこ *

ファン

62 人のファンがいます

愛車一覧

スバル WRX STI スバル WRX STI
【ボディーカラー】 サンライズイエロー 2016年2月7日に納車されました。 G ...
スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
【ボディーカラー】 ダークグレーメタリック 2017年2月25日に納車されました。 ...
スバル レガシィ アウトバック スバル レガシィ アウトバック
【ボディーカラー】 タングステンメタリック 2017年3月30日に納車されました。 ...
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
弟と父のクルマです。 2007年11月に東京よりやってきました。 17インチ+ビルシュタ ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.