• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

porschevikiのブログ一覧

2017年06月28日 イイね!

MGVs、飲んでみました!

MGVs、飲んでみました!今回、初めて訪れたMGVs(マグヴィス)ワイナリー…

リリースされている甲州4種類のうち2種類を買い求め、そのうち1本を開栓してみました。

ファーストビンテージだと言うのに、しっかりと美味しいです。

偶然の産物ではなく、勘に頼るのではなく、理詰めの工業製品として安定した品質を持っているのがMGVsの製品…


んでもね…

美味しいけれど…

普通に美味しい…

それ以上でもそれ以下でもないと思いました。


まだワイナリーや特約店に行けば買えますが、何かのメディアに取り上げられたら最後、あっという間に激レアワインになってしまうかもしれません。

でも、わたすの感覚では、ごく普通のワイン…

血眼になって探すようなものとは思えないのですよ。


お前は何を言いたいのかって…




このワインは、直接ワイナリーに行って、買うべきであると…

日川沿いに建つ素敵な建物と、中に配されている清潔な醸造設備…

瀟洒なテイスティングルーム…




一口飲めば、瞼の裏に蘇ってくる…

こう言う飲み方が合っているのではないか…

そう思うのであります。


駐車場も完備されていて、建物をバックにクルマの写真が撮れます。

運転では試飲はできないので、どこかに宿を取ってクルマを置いて出かけたいですねぇ。

丁度、ワイナリーの空白地域だったところに立地しているので、グレイスワイナリーからMGVsに寄って、日川沿いをメルシャンに向けて歩くのも良し、南下してイケダワイナリーや勝沼醸造方面に抜けるのもよし、ワイナリー巡りが楽しくなりそうです。


んや、ちょっと脱線しました。

MGVs、美味しいことは美味しいです。

でも、このワインの本当の美味しさに触れるためには…




「百聞は一見に如かず」ですぞ(笑)
Posted at 2017/06/28 22:26:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | 甲州ワイン | クルマ
2017年06月25日 イイね!

MGVsワイナリーって…

MGVsワイナリーって…経営者の松坂さんのMにグリーンのG、そしてウィンヤーズのVで、MGVs(マグウィス)ワイナリーと…

半導体製造事業所をリニューアルして、この四月にオープンした出来たてホヤホヤのワイナリーです。

日川沿いにある建物は、通るたびに何だろうと思っていたのですが、ワイナリーとは知りませんでしたよ。

BSの辰巳拓郎のワイン番組で紹介されて、ワイナリーであることを知って、今回が初訪問…

日川にかかる橋のたもとをちょっと入って、川沿いをほんの少し走ったところにあります。




もともと半導体の事業所ですから、いかにもワイナリーと言う感じではないですね。




ガラス越しにステンレスタンクが見えます。




オーナー自ら設計したと言う試飲カウンターは、ワインに窒素ガスを入れることで酸化を防ぐ工夫がなされているそうです。

クルマでの訪問だったので、試飲は次回の課題です。




ラインナップは、現在、甲州が4種、マスカットベーリーAのロゼが1種です。

もうすぐベーリーAの赤がリリースされるとか。


ホームページによれば、その価格は、最も安いスタンダードな甲州で2,700円…

シュールリーになると三千円を超え、単一畑になると五千円を上回る…

初リリースからこれなのですよ。


ダイヤモンド、マルサン、ルミエール、シャトー酒折…

力のあるワイナリーが二千円以下の価格帯で、飲み応えのある甲州をリリースしている…

この価格差は何なのか?

こんな意地悪な質問をしようかと思っていたのですよ。

最初はね。


建物に入って、たまたまいたのがテレビにも出ていた経営者の松坂さん…

詳しいことは言いませんが、その対応はワイナリーのオヤジと言うよりは技術者を思わせる紳士で、とても好感が持てました。

建物の内部は、さすが半導体の工場と言うか、どこか懐かしさを感じさせる日本のワイナリーとはかなり感じが違います。

クリエイティヴディレクターが全てのデザインに関わっているようで、内外装、ワインのラベル、包装紙まで、全てが一貫したコンセプトの下にデザインされているようです。

これだけの準備をするには、それなりの投資も必要だったことでしょう。

こう言うワイナリーもあるのだなぁ。

単に熱意や好きで始めたと言うのではなく、一貫したコンセプトを打ち立て、冷静に先を見極めて進めていく…

日本伝統のワイナリーではなく、世界をリードする現代のワイナリーを目指す…

そんな気概が伝わってくるワイナリーでした。


ワイナリーを辞するとき、わたすの手には2本の甲州がぶら下げられていました。

ビンテージは2016年…

正真正銘の初回リリース…




ここからどこまで発展させることができるか…

それを見極めてみたい。

応援したい。

いつしか、そんな気持ちになっていました。


皆さん、是非ともこの美しいワイナリーに出かけてみてください。


でもね…

これ以上の値上げはなしですよ(笑)
Posted at 2017/06/26 00:19:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | 甲州ワイン | クルマ
2017年06月25日 イイね!

この時期、狙い目!

この時期、狙い目!運よくお部屋が確保できたので、笹子トンネルを抜けて勝沼へ…

これまでは秋口から春先にかけてだったので、この時期に行ったのは初めてです。

トンネルを抜けて高速道路にしては急な下り坂を降りていくと、目の前、遥か彼方にフルーツパーク富士屋ホテルが見えて、甲府盆地にやって来たことを実感します。

インターを降りて、最初に向かった先は…




この四月にオープンしたばかりというMGVs(マグヴィス)ワイナリー…

何でも半導体製造工場だったのをワイナリーにしたのだとか。

またいずれ書きたいと思いますが…




理科系の方がワイナリーを作るとこうなるのか…という感じ。




どこか懐かしさを感じさせる勝沼のワイナリーとは一線を画すコンセプト…

これからが楽しみですねぇ。




葡萄棚にはまだ青い葡萄がたわわに実り…




八月頃には出回り始めますかねぇ。


天気は晴れ…

ここは甲府盆地…

暑くて敵わないので、早々にホテルにチェックインして、タートヴァンで武装したら、いざ出撃(笑)




まずは青コーナー、じゃなくて白コーナーね。




えっ、ダイヤモンドの下岩崎甲州がありますよ。

新田商店のご主人もおススメの一本…

ここに出ているのは初めて見ました。

さらに驚いたことに…




ダイヤモンドの甲州樽発酵までも…

雨宮ヨッシーさん、大盤振る舞いですねぇ。




甲斐ワイナリーのキュベかざま…

高いけど美味しいです。




五味葡萄酒も充実の品揃え…




人気のイケダワイナリーさんもあって嬉しいですねぇ。




ややっ、高価なグランキュベまで…

どうしちゃったんだろう…

この時点で、試飲したものを吐き出すのはすっかり忘れてしまい…




えっ、シャトージュンの甲州が…

二千円、三千円を超える、メンタリティとして自腹ではなかなか買う気になれないクラスがぞろぞろと…


とどめは…




グレイス甲州鳥居平畑プライベートリザーブが…

要するに、普通のグレイス甲州がカレラだとすると、役モノ、GT3のようなものですよ。

これにキュヴェ三澤が付くと、GT3RSとかターボSになると…

これが飲み放題、いや自由に試飲できるとは、恐れ入谷の鬼子母神であります。




赤コーナーに足を踏み入れると…




いきなりシャトージュンのカベルネ・ソーヴィニョンですよ~

こんなの飲んだことありません。




グレイス茅ヶ岳に、錦城の…何だこりゃ。



錦城って何かこう地元密着っぽい印象があったのですがCS・KN(カベルネ・ソーヴィニョンと甲斐ノワール)なんて、イメージが変わりましたよ。




イケダワイナリー、ここでも存在感を示しています。


後で聞くと、この季節は品評会があって、新たなリリースがあるそうです。

知らなかった、今が狙い目なのですね。

焼野原だった四月と比べると雲泥の差であります。




一夜明けた、ひんやり涼しい雨の勝沼…

この雨が、葡萄に新たな命を吹き込んで…

地理の授業で習った扇状地…

ここに来れば一目瞭然です。




今回の収穫…

ぶどうの丘のセラーに出ていなかった塩山洋酒の重川甲州…

新田商店のご主人のオススメ…

ふぅ~、今回は飲み過ぎました、いや試飲のし応えがありましたよ。

桜や新酒の季節もイイけれど、ワインに関しては…

今でしょう(笑)
Posted at 2017/06/25 15:09:31 | コメント(3) | トラックバック(0) | 甲州ワイン | クルマ
2017年06月23日 イイね!

気になって仕方がない…

気になって仕方がない…Le Mansのゴールのシーンで振られたチェッカーフラッグが目に焼き付いてしまって…

何でもイイからあの白と黒の市松模様のものが欲しい…

ポルシェ純正のカーケアキット…

中身はどうでもいいのだけれど、あの鞄…

ナローのシートのファブリックを模したようなあの鞄だけ売ってくれないものかと思ったのですが、鞄単体では無理みたいで、あえなく断念…


カロのフロアマットもイイよなぁ…

フロアマットを新調すると、室内の雰囲気が激変しますよね。

あれ、マットを固定するためのピンが入る穴は空いているのかな。


ミニだとチェッカー柄のミラーカバーとかあるんですけど、964にはないよねぇ。

Posted at 2017/06/23 23:06:10 | コメント(2) | トラックバック(0) | モノ語り | クルマ
2017年06月21日 イイね!

水冷ってスゴイ…

水冷ってスゴイ…我が家では、炒め物を作るのはわたすの役目になっています。

山の神がガスレンジの「強火」を使うのを怖がるもので…


そんなことで、強火でカンカンに焙ったフライパン…

鉄は熱いうちに打てとはよく言ったもので、熱いうちならば、こびり付いた汚れも簡単に落ちますね。

水をかけると、ジュッと言う音とともに白い湯気が立ち上がります。

そして、水をかけながらスポンジでこすって、フライパンが徐々に冷えていくのを感じながら…

こんなに熱い鉄の固まりがあっという間に冷えるのだから、ああ、やっぱり水ってスゴイのね。


水冷エンジンの冷却水、水と言ってもエンジンの熱ですぐにお湯になっちゃうのでしょうけれど、それでもしっかりと高温のエンジンを安定して冷却してくれる…

さすが水だなぁ…

水冷式、やめられないわけですね。


熱いフライパンにふうふう息を吹きかけたって、そう易々と冷えるもんじゃないよね。

んでも、空冷911のクーリングファンは、口で吹いたのとは大違い、ケタ外れに大量の空気を、シリンダーやヘッドに吹き付けるのであって…

だから、ファンを駆動するベルトが切れると、エンジンがあっという間にオーバーヒートしてしまうのだとか。


ああ、空気で冷やすと言うのも凄いのだなぁと…


シリンダのフィン…

今やバイクにも見られなくなりつつあるようだけれど…


やっぱりイイのよね(笑)
Posted at 2017/06/21 22:33:41 | コメント(2) | トラックバック(0) | ポルシェ | クルマ

プロフィール

「MGVs、飲んでみました! http://cvw.jp/b/368036/40008342/
何シテル?   06/28 22:26
ずっと憧れ続けていた空冷911。 まさか本当に乗ることになるとは・・・ 6年間911に乗った後、何の心境の変化か、ミニクラブマンに乗り換えました。 ク...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

お友達

空冷911からクラブマンに乗り換えました。
911初心者からミニ初心者へ・・・
と思ったらまたまた空冷へ・・・
永遠の初心者カーライフです。

よろしければお友達、お願いします。
165 人のお友達がいます
show_300Bshow_300B * はるサンはるサン *
金子浩久金子浩久 * くわらくわら *
Nick-sanNick-san * ぽるろっくぽるろっく

ファン

112 人のファンがいます

愛車一覧

ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
旧ライツ号を手放して1年余り・・・ ミニクラブマンに乗ったのですが、空冷911への未練を ...
ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
憧れ続けて、やっと手に入れたクルマでした。 空冷の魅力にハマり、夢のような6年間のカーラ ...
ミニ MINI Clubman ミニ MINI Clubman
愛してやまなかったライツ号(ポルシェ964)を未来に託し、新たな一歩を踏み出すことに。 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.