車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年05月22日 イイね!
何が違うのか…先日、ライツ号2で国道134号線を走っていた時のこと…

浜須賀の交差点、箱根駅伝でお馴染みの交差点ですよ、そこで信号待ちをしていた時にたまたま前に並んでいた2台のクルマ…

片や日本車、片やフランス車…

おやおや…

これは…

何だか似ているよねぇ


一台はこれ…



日産のティーダです。

結構売れたクルマだと思っていたのですが、ノートに統合されちゃったんですかねぇ。


んで、もう一台は…



プジョーの308です。

よく分かるねって、308ってエンブレムがあったからです。

ポルシェが901を出した時に、真ん中に0を付けたクルマを出すとはけしからんとクレームを付け、911のネーミングのもととなった、プジョーがなかったら911は生まれなかったであろうと言うありがたいメーカーさんです。

ほら…

ちょっと似ているでしょ。

交差点で前に並ぶ2台は、とてもよく似ているように見えました。

でも、格好の良さが違う…

308が結構カッコイイのに対して、ティーダはずんぐりしてお世辞にもカッコイイとは思えなかったのですね。

気になって、調べてみたら、全長とホイールベースはほとんど同じ…

全高はティーダが6~7センチ背が高くて…

逆に全幅は308が10センチ広い…

でも、まあ、概ね同じくらいの大きさですよ。


パッケージングも似ているのに、どうしてああまで印象が違うのか…

決してティーダの格好が悪いと言うつもりはないのですが、並べてしまうと、その差は一目瞭然ですよ。


やはり全幅を5ナンバーサイズの枠内に収めたことが影響しているんですかねぇ。

BMWミニも、今回のモデルチェンジで3ナンバーサイズになったことで、のびのびしたデザインになりましたからね。

ミニがこれで良いのかどうか、わたすには分かりませんが、とにかく設計上の自由度は増したのでしょう。

日本車でも、多くのファミリーカーがやすやすと5ナンバーサイズの壁を越えて3ナンバーサイズになっています。

シーマやクラウンが3ナンバー専用ボディを謳っていた時代はどこへ…

クラウンもセドリックも、基本的には5ナンバーサイズだったんですよね。

5ナンバーサイズの呪縛から解き放たれたことで、日本車も格好よくなりました。

でも、少々大きすぎるのではないかなぁ。


911も、964までは5ナンバーサイズです。

そんな中で、5ナンバーサイズに軽々収まるボディでも十分格好良く見える空冷911って…

何とも不思議なクルマですよねぇ。
Posted at 2017/05/22 23:51:26 | コメント(2) | トラックバック(0) | モノ語り | クルマ
2017年05月21日 イイね!
刻み付けられているもの…わたすはワインは好きでも、あんまり量は飲めないので、一度開栓すると、空気を抜きながら暫く飲み続けることになります。

ただ今、開戦中、いや開栓中なのは、チリのゲヴュルツトラミネール…

甲州種とは対極とも言えるような華やかな香り…

誰もがコスパ最高と思うことでしょうね。

わたすも、この華やかな味わいに驚き、喜んで飲んでいたのですが…

次第に…

何だか飽きてきちゃうんですよね~これが。


こんな時…



ああ、甲州、飲みたいなぁ…


心の底から思うのであります。


甲州種は、日本の固有種…

黒葡萄でもなく、白葡萄とも違う、薄紫の独特の色合い…

シャルドネともソーヴィニヨンブランともリースリングともセミヨンとも違う…


甲州種は、日本人のDNAと波長が合うのではないかと思うのですね。

香りや味わいは控えめながらも、その楚々としたイメージは、非常に日本的なものを感じます。


時には他の品種に浮気しながらも、自分にはやはり甲州が合っているのかなぁと。


水分が多く、高いアルコールが獲れないと言う不利を乗り越えて、甲州の可能性に賭けて精進する日本の醸造家の皆さんを応援したいですね~
Posted at 2017/05/21 22:21:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | 甲州ワイン | クルマ
2017年05月21日 イイね!
エアコン…過ぎたるは…夏本番と言う感じの天気ですね~

甲府や前橋、長野では30℃超えを記録するかも…

初夏の爽やかな気候…

そうそう続くものではないですねぇ。


と言うわけで、朝のうちはまだ気温も低いのですが、先月にガスもチャージしたことだし、エアコンのスイッチを入れてみました。


風量は1、温度設定は最も低い位置にセットして…

…?


あらら、思ったよりも涼しくなりません。

効率を高めるために内気循環スイッチも押してみたのですが…


思ったほど冷えません。


この気温でこの有り様では、本当にエアコンが必要となる季節になったら…

わたすは、コンプレッサーを取っ払ってRSみたいにしてしまう男の中の男とは違って軟弱者なので、
とてもじゃないけど耐えられませんよ。

我がライツ号2は、前のオーナーさんがエバポレーターを交換するなどお金のかかる個所を大手術してくれているのですが、配管の動脈硬化など、細かい部分で、どこに異常が出てくるのか分からず、いたちごっこで一つずつ潰していくしかないのだと…

家のエアコンを交換する作業を見て、10年以上経過するクルマのエアコンが壊れるのも無理はないこと、これだけの手間に支払うお金は決して高いものではないことは、十分分かっているつもりなのですが、いざ直面すると…ね。


そうだ、設定温度を低くし過ぎるとエバポレーターが凍結して冷えなくなる…

などとどこかに書いてあったなぁ…


どれどれ…

温度設定ツマミを回して最低から18℃、21℃あたりまてせ回してみました。


そうしたら、しばらく経つと、徐々に冷えてきたではありませんか。

やがてすっかり本調子に戻ったのでありました。

やれやれ、これで一安心です。


この事象が本当にエバポレーターの凍結によるものだったのか、それともユニットのちょっとした接触の問題だったのか、わたすにはよく分かりません。


まあ、今回チャージしたガスで、あと10年戦えなくても、この夏を快適に乗り切ることさえできれば、それでわたすは満足なのであります。
Posted at 2017/05/21 13:27:38 | コメント(1) | トラックバック(0) | ポルシェ | クルマ
2017年05月20日 イイね!
時を超えるモノ…このカーマガジン…

2008年月4号…

9年前はこんなだった…

964はまだそこまで下がりきっておらず、964で狙えるのは前期型のティプトロニックであると…

それはそれでよいのですが…




84年式の3.2カレラが210万円…

いや、それだけではなくて…




68年式ショートホイールベースが278万円…

70年式のTが250万円…




67年式の912が198万円と…


先代のミニクラブマンがデビューした頃の話です。

目を細めてしまうような昔ではなく、ついこのあいだと言えるような時期の話…

何とも羨ましい話だなぁと。


まあ、かく言うワタクシも、こういうトレンドがあったればこそ、964を二度も購入するなんてことができたわけですが…


んで、それはよいとして、この時期の911だって、オイルは漏れただろうし、エンジンのオーバーホールの必要な個体もあったであろうと言うこと…

あ、ビッグバンパーのエンジンは964よりも頑丈なんでしたっけ…それでも…ね。

200万円のクルマのエンジンをオーバーホールするために150万円支払うかどうか…


私が自分の964のエンジンを昇天させてしまった際にも、悩みました。

少し前ならオーバーホールはお勧めしないと…

でも、今のこのクルマには、オーバーホールするたけの価値がありますよと…


つまり、古い911が安かった受難の時代、部品取り車になってしまった個体も少なからずあるのだろうなぁと…

その時代を生き延びた個体は、新たな価値を持ち、手間をかけて大切にされ、時を超えて、時の流れの中を生き続けるようになる…


とは言え、911に乗ってみたいと思う人にとっては、あの時期は天の恵みだったわけで、今がそれこそ受難の時代…

「乗りましょうよ、国産のファミリーカーの値段で買えますから」

「え~っ、ホントですか?」

「ホント、ホント、ご紹介しますよ」

な~んて言っていたのが…

最近は…

「乗りましょうよ、今買っておかないとホントに乗れなくなっちゃいますよ~」

「いや~、もう十分乗れないですよ」

「確かにねぇ、でも、今のうちならまだ何とか…」

な~んて会話を交わすようになってしまった。


ちょっと前にも書いたのですが、あのストラディバリウスでも壊そうと思えば一台ですぐ壊せるのだと…

運が良くて、愛されたものだけが、300年生き残り、今後も時を超えて生き続けていくのだと…


空冷911はどうやらそう言う存在になりかかっているのではないかと。

エンジンをオーバーホールしたわたすのライツ号2は、あと10年戦える、じゃなくて走り続けることでしょう。

そして、次に託された誰かが、いつか再びエンジンをオーバーホールをして、その命をつないでくれることでしょう。

そして、その時間の一部を享有する人が後退するたびに、新たな価値が付加される…

つまりちゃんとした値段が付くと言うことね(笑)

この点、あっという間に価値がゼロになってしまう最近のクルマとは随分と違うものだなぁ。


そう言われてみれば、ライカM3やM4とかがどうなってしまうのか、ちょっと心配です。

書店に書籍もほとんど並ばなくなり、その凋落ぶりには目を覆いたくなるものが…

ボディではなくレンズは、現代のデジタルライカとともに生き続けるでしょうけれど、フイルムを入れることでしか機能しないM3やM4のボディの行く先を待ち受ける運命は…


さすがにあの幽玄なシャッター音を聞くことそのものが趣味として確立する…なんて…ちょっとね。
Posted at 2017/05/21 00:15:12 | コメント(1) | トラックバック(0) | ポルシェ | クルマ
2017年05月20日 イイね!
ご無沙汰していまして…今年の桜は、ちょっとタイミングが合わず…

あれよあれよと、気付いたら山中湖の桜も見ることなく終わってしまいました。


そう言えば、聖地小山デポの桜もきれいなんですよね。



敷地にも桜がありますが、近くの富士霊園の桜も見事です。




うまく時期に当たると聖地でお花見ができるんですよね。


最近、ご無沙汰しちゃっています。

土曜日は営業しているんですけどね。

一時期はイベントなどもやっていたのてすが、最近はあんまりやられていないようで…




こういうクルマも拝見することのできた聖地…

ファクトリー見学ミーティングでもやってもらえれば…なぁ。
Posted at 2017/05/20 00:28:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | ポルシェ | クルマ
プロフィール
「何が違うのか… http://cvw.jp/b/368036/39815320/
何シテル?   05/22 23:51
ずっと憧れ続けていた空冷911。 まさか本当に乗ることになるとは・・・ 6年間911に乗った後、何の心境の変化か、ミニクラブマンに乗り換えました。 ク...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
お友達
空冷911からクラブマンに乗り換えました。
911初心者からミニ初心者へ・・・
と思ったらまたまた空冷へ・・・
永遠の初心者カーライフです。

よろしければお友達、お願いします。
165 人のお友達がいます
EDOYAEDOYA * パナちゃんパナちゃん *
DORYDORY * ひろぽん∞☆ひろぽん∞☆ *
skdoskdo * show_300Bshow_300B
ファン
112 人のファンがいます
愛車一覧
ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
旧ライツ号を手放して1年余り・・・ ミニクラブマンに乗ったのですが、空冷911への未練を ...
ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
憧れ続けて、やっと手に入れたクルマでした。 空冷の魅力にハマり、夢のような6年間のカーラ ...
ミニ MINI Clubman ミニ MINI Clubman
愛してやまなかったライツ号(ポルシェ964)を未来に託し、新たな一歩を踏み出すことに。 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.