車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月12日
報道記者が最もやってはいけない事
報道記者が最もやってはいけない事 慰安婦問題をねつ造した人物は韓国の大学で教授をやってるってどういうこと

売国奴も甚だしい

多大なる損失を負ったし今でも世界に負の遺産として現生に迷惑をかけている


中日新聞が記事を削除 貧困巡る連載「想像で書いた
朝日新聞デジタル 10月12日(水)11時5分配信


 中日新聞社(名古屋市)は、中日新聞と東京新聞に掲載した子どもの貧困をめぐる連載記事に事実とは異なる記述などがあったとして、両紙の12日付朝刊におわびを掲載し、当該記事を削除した。

 同社によると、問題となったのは、5月に中日新聞朝刊で6回連載した「新貧乏物語」第4部のうち、父親が病気の女子中学生を取り上げた19日付朝刊の記事。生活が厳しくて教材費や部活の合宿代が払えない、とした部分など3カ所が事実ではなかったという。

 記者は家族らに取材して取材メモをつくっていたが、この部分は「原稿をよくするために想像して書いてしまった」と説明しているという。

家族から指摘があり、同社が社内調査をした。同じ記事は6月に東京新聞にも掲載された。

 5月17日付の中日新聞に掲載したパンの移動販売を手伝う少年の写真も、同じ記者が、実際とは異なる場所でカメラマンに撮影させていたという。

 
両紙は、臼田信行・中日新聞取締役名古屋本社編集局長名で「記者が事実と異なることを自ら知りながら書いたことは到底許されません。

深くおわび申し上げます。厳正に処分するとともに、記者教育に一層力を入れていきます」とするコメントを掲載した。
朝日新聞社

従軍慰安婦をねつ造した人物も新聞記者


朝日新聞・従軍慰安婦の捏造記事疑惑「植村隆」元記者の現在

庭で週刊新潮を読んでいた問題記事「植村隆」元記者を直撃した!〈週刊新潮〉 

元従軍慰安婦の肉声は、植村元記者が書いた『思い出すと今も涙』(1991年8月11日付・大阪本社版・朝刊)という記事によって、大々的に公開された。 

その記事は、“女子挺身隊”と“慰安婦”の意図的とも取れる混同、植村元記者の義母が日本政府に賠償を求める慰安婦訴訟原告団の幹部だったことなどから、“捏造疑惑”を招いた。本人は今年3月、函館支局長を最後に朝日新聞社を早期退職し、現在、北星学園大学(札幌市)の非常勤講師を務めている。 

そこで、札幌市内の自宅を訪ねると、早朝6時、ゴールデンレトリバーを連れた植村元記者が玄関先に姿を現し、近くのコンビニに向かった。植村元記者に声をかけると、「取材はお断りします。朝日に出ている通りです。広報を通してください」 

近所の住民の話。「お母さんと奥さん、それに高校に通う娘さんとの4人で生活しているみたいです」 

当然のことながら、世間の風は冷たい。北星学園大学関係者によれば、「“なんで雇ったんだ!”という抗議の電話はかかってくるし、保守系団体にビラを撒かれたこともありました。このままでは在校生はもちろん、入学志願者にも影響を及ぼしかねない。」 

自らの非を認めない往生際の悪さが、反発を招く原因の一つには違いない。 


植村隆(うえむら たかし、1958年4月 ‐ )は、高知県生まれ。土佐中学校・高等学校、早稲田大学政治経済学部卒業。北星学園大学非常勤講師、元朝日新聞社社員。

1991年、いわゆる従軍慰安婦問題を報道した。当該報道は朝日新聞の吉田証言報道とともに慰安婦問題に関わる最初期の報道であったが、吉田証言と同様、事実に反する記述を含んだ誤報であった。元慰安婦が親によって売られたことを訴状に書いていたにもかかわらず、そこに触れずに作成された記事であったため、意図的な捏造であったとも指摘されている。妻の母親は韓国人で慰安婦等の支援団体「太平洋戦争犠牲者遺族会」(遺族会)の幹部。


経歴[編集]
1958年(昭和33年)4月28日に高知県須崎市で生まれる[1]。土佐高校、早稲田大学政経学部政治学科を卒業し、1982年(昭和57年)に朝日新聞社入社。仙台支局、千葉支局に勤務し、1987年(昭和62年)8月に韓国の延世大学に留学。1988年(昭和63年)8月に東京本社外報部に戻り、1989年(平成元年)11月から2年5ヶ月間大阪本社社会部に勤務し民族問題や被差別部落の問題を担当。この期間に問題となった記事を書いた。その後、東京本社外報部に戻り、1993年(平成5年)8月にテヘランの特派員となりソウル、北京特派員を歴任。ソウル特派員時代に従軍慰安婦に関する記事を19本書いた。最後は北海道支社函館支局長を務め、2014年(平成26年)3月に朝日新聞社を早期退職した。延辺科学技術大研究員や早稲田大学現代韓国研究所客員研究員も務めた。仙台支局時代に結婚したが離婚。現在の妻は、太平洋戦争犠牲者遺族会で働いていた女性(母親は同会幹部の梁順任(ヤンスニム、양순임))で、従軍慰安婦問題を取材するため訪韓した植村が、証言者となる慰安婦探しを難航している時に知り合い、[9]1991年(平成3年)に結婚した[10][11][12]。
1991年(平成3年)8月11日、朝日新聞にて大阪社会部時代の植村は「思い出すと今も涙 元朝鮮人従軍慰安婦 戦後半世紀重い口開く」とのタイトルで、金学順が韓国挺身隊問題対策協議会に元慰安婦として初めて証言した録音テープを聞きその記事を書いた。金学順が日本政府を提訴後の12月25日には、本人を直接取材した記事を出した。
2008年(平成20年)11月、朝日新聞にて2007年(平成19年)4月から翌年3月まで連載された「新聞と戦争」取材班の一員として、第8回石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞を受賞している[13][14]。
2014年(平成26年)3月、朝日新聞を早期退職。同年4月より神戸松蔭女子学院大学教授に就任予定[15]であったが、当大学は就任前に雇用契約を解消した[16]。
2014年(平成26年)から北星学園大学で非常勤講師として国際交流科目の講義を担当し[17]、主に韓国からの留学生を対象に韓国語で講義を行っている[18]。
2015年(平成27年)11月26日、植村隆と田村信一北星学園大学長が記者会見を開き、植村隆が2016年3月から、北星学園大が留学生の交換などで提携している韓国のカトリック大学校の客員教授に就任し、日本語を学ぶ学生らに日韓交流の歴史について教えることになった、と発表した[19]。
ブログ一覧 | 時事 | 日記
Posted at 2016/10/12 12:59:23

イイね!0件



この記事へのコメント
2016/10/12 17:36:38
こういう輩ってどうなんでしょうね~東海大学でも金慶珠を雇っているし、こいつもTV討論の場でも反日丸出し、なんでこんなやつ雇うんでしょうかね~
コメントへの返答
2016/10/14 08:53:18
天下り先なんでしょうね

まぁ~全員イエスマンでは変な方向に行きかねないので一定の反対勢力は必要ですが

行き過ぎた気違いが多いのも問題ですね

現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 
プロフィール
「13組参加したゴルフコンペで http://cvw.jp/b/371645/38364703/
何シテル?   08/11 16:41
彼女募集中です
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
スタッフとおやつ? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/08/19 17:01:13
ロールスもベントレーも歴史あるメーカーは何かにこだわっている部分があるがトヨタにはない 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/07/02 21:44:16
こういう事はトヨタなどが率先して企画発売せねばならないと思う 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/07/02 21:40:23
お友達
ファン
25 人のファンがいます
愛車一覧
BMW M3 セダン BMW M3 セダン
大人の色気が出せればと思います
フォルクスワーゲン トゥアレグ フォルクスワーゲン トゥアレグ
現在乗ってる車です 今次の車検討中IS-F、GT-R検討中
トヨタ アリスト トヨタ アリスト
初めて自分で買った車です デザイン(初代)がとても良くて気に入って買いました 今でも ...
日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
これはスポーツカーが欲しくて買いました 今でも好きな車です ズットもっとけば良かった
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.