• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年09月05日

素行の悪い人間はどこに行っても不祥事をやる

素行の悪い人間はどこに行っても不祥事をやる 年棒数億の選手が1シーズン出れなくてしかも複数年契約であったら

これは大きな罰ではない


選手会の側が自分たちが今回のような騒動を起こして同じような罰を受けるのが嫌だから反応してるのであれば

やらなきゃいい事ですよ

もうしろこういったことを普通はやらないでしょ?

30歳にもなって飲酒で暴行、自分も怪我を負ってるとなると自己管理能力の欠如です





山口俊処分を巡って巨人と選手会が全面対決。言い分が正しいのはどっち?
9/5(火) 5:10配信


山口俊の処分を巡って巨人と選手会が全面対決している。どちらの言い分が正しいのか?
 巨人が飲酒暴行トラブルを起こした山口俊投手(30)に下した処分と、その経緯を巡って、巨人と労組プロ野球選手会の争いが終わらない。

 巨人は4日、労組選手会側から「処分は重すぎて不当」と、再検討要求を受けていた問題に関して「処分は適切であり、確たる根拠もなく、球団と選手との私的な契約に不当に介入するもの」という反論を12球団実行委員会で、熊崎コミッショナーへ文書で提出。全面対決の様相となってきた。

 ここまでの経緯をおさらいすると、山口が酒に酔って器物損壊及び傷害トラブルを病院で起こしたのは7月11日未明。一連の野球賭博問題などから、コンプライアンスをひきしめていた巨人は、この事態を深刻にとらえ、山口と話し合いを持った上、罰金と減俸を合わせて推定1億円を超えるとされる高額のペナルティと今季終了までの出場停止処分を下し、8月18日には、山口が謝罪会見を行った。

 だが、8月25日に労組プロ野球選手会が「刑事処分的に逮捕事案でもなく、既に被害者との示談も成立している事案での総額1億円以上の金銭的ペナルティは明らかに重すぎる不当なもの」と抗議して巨人に再検討を要求。同時に、熊崎勝彦コミッショナーと実行委員会へ適切な調査や裁定などを要請した。

 巨人と山口の両方からヒアリングを行っていた選手会は、「複数年契約の見直しを迫り、同意しなければ契約解除(解雇)するとの条件を提示し続けた」という交渉経緯を暴露。球団が優位な立場を利用して契約を見直させたことは、独占禁止法に抵触し、FA制度の根幹にもかかわる問題だと指摘した。

 では、どちらの意見が正しいのか。
 これらの問題の是非を議論するポイントは2つあるだろう。
 ひとつは推定1億円以上と言われている罰金と今季出場停止の処分が重いのか、軽いのか、という議論。
もうひとつは、巨人が契約解除をちらつかせて、複数年契約の見直しを図った経緯に問題があるのか、ないのかという議論だ。
 
 処分が重いか、軽いかについては、巨人がこの日の回答書で「処分内容は妥当。むしろ軽すぎるとの声が多く寄せられている」とした。
 軽すぎるの声が、どこに、どういう形で寄せられ「多く」を示すデータも何も提示されていないため、この巨人の主張は議論するに値しないが、ネット上で飛び交うコメントは「軽すぎる」というものが目立つ。

 そして「1億円以上のペナルティ」も、両者からヒアリングした選手会側が文書化しているが、では、山口の3年7億円とも10億円とも言われている複数年契約の正確な数字もわからないため、1億円以上が彼の年俸の何パーセントに相当するのかもわからない。

 過去の罰金例を見ると、最高額が、審判にボールを投げつけた元巨人ガルベスへの4000万円。1997年に発覚した脱税事件で、複数のプロ野球選手が起訴されたときも、コミッショナーからの制裁金は最高で小久保裕紀氏への400万円で、出場停止処分が8週間だったことを考えれば、この山口の罰金は重いのかもしれないが、脱税事件も20年も前の話で、年俸の変遷を考えると単純比較は難しい。

球団が行う最も重い処分は“解雇”だろう。

 今年8月に起きたオリックスの奥浪鏡内野手が免許停止中に無免許運転して逮捕された事件では契約解除(解雇)処分が下された。自動車事故絡みでは、オリックスの前川勝彦投手が、2007年に無免許、ひき逃げと、業務上過失傷害の疑いで逮捕され、無期限謹慎処分から、起訴後、契約解除されている。
 山口の事件に近い、飲酒暴行事件では、1987年に、当時大洋の竹田光訓投手ら3選手が起こしていて、無期限謹慎処分を下されている。
 
 元千葉ロッテの評論家、里崎智也氏も、「この処分に重い、軽いの判断を下すことはできないでしょう。法廷での判例のようなものが野球界にはなく、契約関係もプロ野球選手はあくまでも個人事業主なので、社員が会社と結ぶ就業規則のようなものもありませんし、比較論は難しいでしょう。1億円以上の罰金が高いか安いかも、そもそも山口選手がどんな複数年契約を結んでいるかも明らかになっていませんから、彼にとってどれくらいの重さのものなのかもわかりません。では、今季終了までの出場停止ではなく、契約解除が相当なのかどうかも、判断基準がありませんから」という意見だ。

 もうひとつ、選手会側が問題視した“解雇”をちらつかせて複数年契約を見直したという件はどうだろう。選手会側は、優位な立場にある球団がこういう交渉の仕方をするのは、独占禁止法に抵触するとも主張するが、巨人はこの日、「契約見直し等は山口投手も納得の上で行われており、野球協約や一般法令に反する点は一切ない」と文書で反論した。

 里崎氏は、この問題に関しては巨人側に賛同している。

「選手会側が、巨人とも話をしていたのであるなら、とことん納得のいく形になるまで交渉を続けるべきではなかったのでしょうか。山口選手自身が、その契約の見直しにも納得をして謝罪の記者会見まで行っているのですから、契約が成立してから、“契約解除をちらつかされて無理やり契約を見直された”と主張するのはどうなのでしょう。山口選手自身が了承したことがすべてでしょう」

 労組の立場からすれば選手が不利益をこうむる出来事について黙っていられないのは理解できる。当然の権利であり、巨人が言う「不当な介入」では断じてない。

 だが、今回の経緯をFA制度の根幹にかかわる問題にまで発展させ、「巨人軍が本件を奇貨として不当な契約解除を突きつけることで、金銭的な負担を軽くする意図があったのではないかと邪推せざるを得ません」と、契約の見直しを巨人の“人件費削減”にまで結びつけるロジックには無理がある。

 今回の問題で忘れてはならないのは、山口の活躍を楽しみにしていたファンへの裏切りと、現場へ与えた失望だろう。そして示談が成立したといえど何より被害者へのケアが必要だ。それらの裏切りに対して、どうお詫びをして埋め合わせするのか、が重要で、1億円以上の罰金と今季の出場停止の処分で、ファンへの禊が済んだと考えるのは大きな間違いである。

 そして山口は、今季からFA移籍してきた選手とはいえ、野球賭博事件の教訓から得た選手へのモラルの啓蒙やコンプライアンスの徹底を結果的に怠った巨人フロントの管理責任をどう総括するのか。1987年の大洋で起きた飲酒暴行の事件の際には、フロントマンが管理責任を問われて3か月の減給となっている。
 山口の事件で管理責任を問う“自浄処分”を巨人は何もしていない。むしろ問題は、処分の重い、軽いや、どちらの言い分が正しいのか、ではなく、山口の“犯した罪”と、戦力補強に目がくらみ、山口の性格などを把握せず、不祥事につなげてしまった巨人の管理体制の甘さと体質ではないだろうか。
ブログ一覧 | 時事 | 日記
Posted at 2017/09/05 14:52:24

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

選手会は大きな間違いをしている
仁政さん

これで拾ってくれるところが無ければ ...
仁政さん

巨人に処分再検討求める=山口俊への ...
ez30さん

選手会の要求は正しいのだろうか
仁政さん

選手会はまるで社民党、似非人権派弁 ...
仁政さん

おはこんにばんは698
七左衛門【公式】サイトさん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「まじすか!!」
何シテル?   09/30 16:14
彼女募集中です
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

身延山・七面山登詣(二日目)  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/22 20:36:57
スタッフとおやつ? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/08/19 17:01:13
ロールスもベントレーも歴史あるメーカーは何かにこだわっている部分があるがトヨタにはない 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/07/02 21:44:16

ファン

41 人のファンがいます

愛車一覧

BMW M3 セダン BMW M3 セダン
大人の色気が出せればと思います
フォルクスワーゲン トゥアレグ フォルクスワーゲン トゥアレグ
現在乗ってる車です 今次の車検討中IS-F、GT-R検討中
トヨタ アリスト トヨタ アリスト
初めて自分で買った車です デザイン(初代)がとても良くて気に入って買いました 今でも ...
日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
これはスポーツカーが欲しくて買いました 今でも好きな車です ズットもっとけば良かった
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.