• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

仁政のブログ一覧

2017年10月07日 イイね!

こんな酷いの久しぶりに見た

こんな酷いの久しぶりに見た
外観は言うに及ばず内装も全てパクリじゃん

LEDだってけちのトヨタ幹部が許すはずもなく


マフラーはランボのパクリBMWi8の要素も入れつつま~酷いわ

サイドから見るとロードスターのRFとも似てるし

どっちが先かということよりも

一気に混ぜちゃえば解らないだろうって魂胆か

これだったら自動車専門学校で生徒が作る作品と変わらんよ

さすがにフロントフェンダーのお飾りはカッコ悪いと思ったかついてないけど

コンセプトカーってもっと未来を見据えたり

次期車の方向性を示すものだろうと思うのだが


この記事を書いた奴は自動車評論家の風上にも置けない

何ですか↓下の記事は

松本人志氏が言っていたが記事を書いた者の署名がない物はプライドがないのか?もしくは嘘だってね


トヨタ、「86」をベースに着脱式ルーフとハイブリッドを装備したコンセプトカーを東京モーターショーに出展!
1 / 45

Autoblog 日本版
6 時間前

© Autoblog 日本版 提供

【ギャラリー】Toyota GR HV SPORTS concept10

第45回東京モーターショー2017の開幕に向け、少しずつ出展車両を明らかにしているトヨタだが、この「GR HV SPORTS concept」と名付けられたクルマは「スポーツカーと環境技術を融合した新たなクルマの楽しさを提案するコンセプトカー」であるという。まずは先行公開された画像をじっくりとご覧いただきたい。

© Autoblog 日本版 提供
ベース車については触れられていないが、エクステリアの多くのパーツが変更されているものの、どう見ても「トヨタ 86」であることは明らか。着脱式となったルーフは、トヨタでは「タルガトップ」とは呼ばず、"トヨタ伝統のオープンスポーツ「トヨタスポーツ800」(通称・ヨタハチ)や、「スープラ」にも設定された「エアロトップ」スタイルを採用した"と説明されている。センター出しとなったエキゾーストも含め、おそらく原型となったのは2014年のSEMAショーに米国トヨタの「サイオン」ブランドから出展された「FR-S」のカスタムカーではないかと推測される。車体そのものが使い回しかどうかは分からないが、ハンドル位置はちゃんと右になっているので邪推は控えよう。ちなみに、ルーフの接合部分は米国でカスタムされたFR-Sよりも綺麗に仕上がっている(というか隠されている)。

© Autoblog 日本版 提供
2人分のシートの後方は後部座席が排除されている点もSEMAショーのFR-Sと同様。ただし、サイオンが取り外したルーフの収納スペースに充てていたのに対し、GRではハイブリッド・システムの駆動用バッテリーが積まれている。これが「環境技術を融合した」と謳われている理由。86と同様にフロント・エンジン/後輪駆動のパワートレインには、FIA世界耐久選手権を戦うプロトタイプ・レースカー「TS050 HYBRID」で鍛えたハイブリッド技術「THS-R(TOYOTA Hybrid System-Racing)」が搭載されているという。後輪の駆動をエンジンとモーターで行うものと思われるが、具体的にどんな仕組みになっているのかは今のところ不明(外したルーフはどうするのかという疑問も)。東京モーターショーで説明員の方に質問することにしよう。

© Autoblog 日本版 提供
トランスミッションは、トヨタによれば「ボタンひとつでマニュアルモードへの切り替えが可能で、オートマチック車でありながら6速マニュアル車のような操作を楽しめるHパターンシフトを採用」したという。ドライブ、ニュートラル、リバース、パーキングの切り替えは、センターコンソールのボタンで行うという。Hパターンでもシフトレバーを中央に戻すだけではニュートラルにならないらしい。シフトノブは開閉式で、ブッシュ式のスタート・ボタンが内蔵されている。

© Autoblog 日本版 提供

© Autoblog 日本版 提供
86からバンパー、ボンネット、フェンダー、灯火類など各部が変更されたエクステリアは、

TS050 HYBRIDをイメージしたという3段のLEDヘッドランプやアルミホイール(いずれもなかなか上手く真似ている)、ディフューザー(こちらは流石にちょっと迫力不足か)を採用して、「トヨタモータースポーツとのつながりを感じさせるデザインとした」そうだ。

ただし、ボディのカラーリングはトヨタのワークス・カラーである白/赤/黒ではなく、マットブラック一色で塗られているので、一目で「トヨタモータースポーツとのつながり」は分かり難い。全長4,395mm×全幅1,805mm×全高1,280mmというサイズは、トヨタ 86よりも155mm長く、30mm幅広く、5mm低い。

© Autoblog 日本版 提供
このまま市販化されるとは思えないが、デザインやアイディアの一部はトヨタ 86に採用される可能性もあるだろう。特に重量増を抑えつつ86でオープンエアを楽しめるタルガ...ではなくエアロトップがお気に召した方は、東京モーターショーの会場でトヨタの人たちにその思いを伝えよう。「東京モーターショーでの反響」次第で実現するかもしれない。

トヨタ 公式サイト:東京モーターショー特設ページ
http://newsroom.toyota.co.jp/jp/tms2017/


【ギャラリー】Toyota GR HV SPORTS concept10
Posted at 2017/10/07 13:03:12 | コメント(1) | トラックバック(0) | 笑える保存 | 日記
2017年09月13日 イイね!

蟹顔のモデルチェンジ後がこれ

蟹顔のモデルチェンジ後がこれマジでカッコ悪いSUVの代表格

トヨタのSUVってどうしてこうもカッコ悪いのでしょうか

中途半端な部分が多すぎる
Posted at 2017/09/13 15:22:12 | コメント(1) | トラックバック(0) | 笑える保存 | 日記
2017年01月10日 イイね!

残念の塊

残念の塊レクサスのフラッグシップ、新型LSを発表








レクサスは、レクサスLSをデトロイト・モーターショーでアンヴェールした。レクサスは、1989年に初代LSがラグジュアリークラスのベンチマークを再定義したように重要なモデルになるとしている。
Sクラスのライバルとなる新型LSは、GA-Lプラットフォームを採用している。これは、LC500にも共用されるが、LSではホイールベースが3125mmまで拡大された。駆動方式はFRとなるが、オプションで4輪駆動を選択することも可能だ。
新プラットフォームと新エンジン、その効果は?
新型LSは、新しい軽量プラットフォームにより「正確なハンドリングとダイレクトなステアリング」を実現したという。これは、GA-Lプラットフォームが、エンジンをノーズ部分に低く搭載でき、ボディ剛性も高いことの恩恵である。
新開発の3.5ℓツインターボV6エンジンは、「ライバルのV8モデルに匹敵するパフォーマンス」とされ、最高出力421ps、最大トルク61.1kg-mを発揮。トランスミッションは、LC500にも搭載される10速トルクコンバーター・オートマティックを採用した。また、0-97km/h加速は4.5秒とされているが、4輪駆動モデルについては数値が明らかになっていない。
軽量化により先代比90kgのウェイトセービングに成功したLSはマルチリンク・サスペンションを採用し、オプションでエア・サスペンションを選ぶことができる。
また、ビークルダイナミクス・インテグレーテッド・マネジメント(VDIM)は、ブレーキ、パワートレイン、サスペンションを統合制御するレクサス・ダイナミック・ハンドリングシステム(LDH)に、アクティブスタビライザーやAVSを協調制御させることで、車両のロールや上下運動の制御を可能とした。これにより、フラットな車両姿勢と質感の高い乗り心地を実現したという。
28段階に調整可能なドライバーシート
ラグジュアリーサルーンの名に相応しい支援機能、快適性能を有するのも新型LSの特徴だ。ドライバーシートは28段階の調整が可能で、後席はヒーター付きのパワーシートとなっている。
また、エンジンノイズを抑制するアクティブ・ノイズコントロール・システムにより、LSのキャビンはクラス随一の静粛性を実現するという。
レクサスLSの発売は本年末の予定だ

コピペすると記事の修正および加筆ができない

なんで??

それにしてもまたしても酷いわ

テールランプは今一だし、サイドヴィウもなんかシーマみたい

さすがトヨタと言いたくなりますね
Posted at 2017/01/10 13:56:13 | コメント(1) | トラックバック(0) | 笑える保存 | 日記
2016年10月12日 イイね!

これが売れる根拠を示してほしいわ

これが売れる根拠を示してほしいわはっきり言ってこれの良さがわからない

デザイン駄目

荷室極小

走り性能期待できない

価格が高い

メリットは日本国内にあるディーラー網の充実だけですよ

ホンダが売れてるのを見ての急場拵え、日産のジュークに似てるし
卑怯な物の売り方ですわ

売れる理由はトヨタの販売網のおかげと言ったら正解だと思う



トヨタ「C-HR」、発売前から大ヒットの予兆
東洋経済オンライン 10月12日(水)5時0分配信



「ダイヤモンド」をモチーフにした2ドアクーペのようなデザインが特徴的だ(写真はトヨタグローバルニュースルームより)
 
トヨタ自動車の新型コンパクトクロスオーバーSUV「C-HR」が、今年末の正式発売を前に早くもヒットの予兆を見せている。
11月上旬からWeb上で先行商談受付が始まる予定だが、すでにトヨタ系の取り扱い販売店で進められている仮予約の状況を踏まえると、「10月上旬段階での納期は2017年4月以降になっている」(事情通)というのだ。

この記事の写真を見る

 仮予約とは取り扱い販売店が、得意客を中心に新型車をいち早く購入したいと希望するユーザーに対し、納車順位を確定するために行っている手続き。
C-HRの場合は9月上旬ごろから順次実施されている。メーカー側への正式な発注の開始や納車までの流れなどが販売店側に知らされるのは、Web上で先行商談受付が開始される前後になるとみられる。ただ、このタイミングになると、納車は2017年初夏ごろになる可能性もある。

 C-HRの発売に先駆けてトヨタは9月28日に国内仕様の概要を初公開した。価格は未公表ながら、内外装のデザインやメカニズム、ボディカラー、パワートレーン、性能・諸元の一部などが明らかにされた。

■日本仕様はHVと1200ccターボの2タイプ

 ボディカラーは8色を取りそろえ、ボディサイズは全長4360×全幅1795×全高1550mm。現時点では、排気量1800ccのガソリンエンジンとモーターを併用するハイブリッド車(HV)の「G」「S」、同1200ccのターボエンジンを搭載する「G-T TURBO」「S-T TURBO」という計4グレードで2タイプのパワートレーンを擁することがわかっている。
HVは前輪駆動(FF)、ターボは4WDとなるようだ。

 シャシーは新型プリウスから始まった、トヨタのクルマづくりの構造改革「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)」のCプラットフォームを採用。
「プリウスベースのSUV」と報道されているのは大きな間違いで、プリウスでも使用しているTNGAをC-HRでも採用している、ということだ。

 10月上旬時点で事情通に聞いたところでは、「C-HRに仮予約を入れているユーザーは若い人も、年配の人もいてバラエティに富んでいる」という。
Web上で先行予約受付を行う背景には、より広範に興味を持ったユーザーを取りこみたいというトヨタの目論見があるように思える。

 C-HRはコンパクトクロスオーバーSUVにカテゴライズされるのだが、さらに詳細に区分けすると、“SUVクーペ”に属するモデルといえる。
これは2008年にリリースされたBMW 「X6」がそのパイオニア的モデルとされている。ボディを真横から見て、下半分は大径タイヤを採用するなど、SUV独特の腰高なスタイルながら、上半分は流麗なクーペスタイルを採用しているモデルだ。
その後X6の弟分の「X4」、BMWミニ「ペースマン」、メルセデスベンツ「GLEクーペ」「GLCクーペ」などがラインナップされている。

コンパクトというには…
 C-HRの発売に先立ちメーカーから販売現場へはSUVだけでなく、クーペ目線での販促も進めていくような話がされているようだ。

 9月上旬の仮予約開始前後には、トヨタで絶版になっている2ドアクーペである「セリカ」や「スープラ」など、目ぼしい代替え車種がなく歴代のクーペモデルを長期保有しているユーザーなどへも積極的に販促アプローチするようにとの指示を本部が出しているディーラーもあったと聞く。


■日本の消費者にどこまで受け入れられるか

 さらに事情通によると「海外ショーなどでC-HRの実車が出品されるようになると、“コンパクトというにはボディサイズが大きく見える”と販売現場では心配する声も出たそうです。全長はともかく写真で見ても幅が広いのは明らかでした。実際は全幅が1800㎜以内に収まりました。前方視界がよく、全幅1800㎜を感じさせないほどボディの見切りは良いようです。
ただ、スタイリングやリアサイドウインドウが小さかったりもするので後方視界はかなり犠牲になっているようです」。

 しかもラゲッジルーム容量は少なく、ゴルフバッグが1セットしか入らない。「SUVというよりは、クーペを売るようなイメージを持って販促に臨むように本部からは言われています
メーカーは相当走行性能にも自信があるような話もしているようです」とは某トヨタ系ディーラーのセールスマン。

 日本国内でメーカーが想定しているライバルはマツダ「CX-3」とホンダ「ヴェゼル」、そしてスバル「XV」となる。この3車でクーペSUVのイメージを持つヴェゼルは2016年1月から9月までの平均月販台数が約6500台となる大ヒットモデルなので、C-HRの最大のライバルはヴェゼルといえよう。ヴェゼルは海外では「HR-V」という車名で販売されており、中国と北米の主要市場では大ヒットを飛ばしている。ちなみにスバルXVも、例えば北米市場で月に8000台前後を販売する大ヒット車となっている。

 販売現場でもかなりの期待が持たれているC-HR。やはり気になるのはその価格設定となるだろう。前出のセールスマンによると、「ハイブリッド仕様で支払い総額350万円ぐらいなら十分イケる」と話してくれた。もうひとつの懸念材料はキャラクターが特化しているところ。ラゲッジルーム容量や居住性能を犠牲にして、スタイリングや走行性能の高さを極めたキャラクターになっているので、“マルチユース(なんにでも使える)”を好む日本の消費者にどこまで受け入れられるかということだ。

 海外マーケットではRAV4が存在するので、「C-HRはちょっと使い勝手が……」という話が出れば、RAV4を勧めればいいが、日本国内ではRAV4はラインナップされていないので、マツダ「CX-5」などその時点で他メーカーへ流れてしまうこともあるかもしれない。

 SUVが一過性のブームを終えて、販売の中核車種となっている世界の主要市場では、コンパクトSUVクラスではここまでクーペSUVに特化したモデルもいないので、ヒットはほぼ確実といえる。ただし“ガラパゴス市場”である日本では、現在そこまでSUVのニーズは期待できない。ただ日本では若年層よりセミリタイアやリタイア層のほうが趣味性の高いクルマには積極的な興味を示しているので、C-HRがどこまで消費者マインドを刺激して、需要を取り込んでいけるのかは、今後注目すべきところといえるだろう。
前之橋 三郎
Posted at 2016/10/12 08:48:58 | コメント(4) | トラックバック(0) | 笑える保存 | 日記
2015年02月17日 イイね!

アルファードって700万超えるのね

アルファードって700万超えるのねそんな価値はないと思いますが



価格は、2.5ℓが3,197,782円から4,204,145円。3.5ℓが4,145,237円から6,716,618円。そしてハイブリッドが4,113,818円から7,036,691円だ。
Posted at 2015/02/17 11:59:42 | コメント(1) | トラックバック(0) | 笑える保存 | 日記

プロフィール

「まじすか!!」
何シテル?   09/30 16:14
彼女募集中です
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

身延山・七面山登詣(二日目)  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/22 20:36:57
スタッフとおやつ? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/08/19 17:01:13
ロールスもベントレーも歴史あるメーカーは何かにこだわっている部分があるがトヨタにはない 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/07/02 21:44:16

ファン

45 人のファンがいます

愛車一覧

BMW M3 セダン BMW M3 セダン
大人の色気が出せればと思います
フォルクスワーゲン トゥアレグ フォルクスワーゲン トゥアレグ
現在乗ってる車です 今次の車検討中IS-F、GT-R検討中
トヨタ アリスト トヨタ アリスト
初めて自分で買った車です デザイン(初代)がとても良くて気に入って買いました 今でも ...
日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
これはスポーツカーが欲しくて買いました 今でも好きな車です ズットもっとけば良かった
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.