• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

okuda-vzのブログ一覧

2016年10月16日 イイね!

最終戦

最終戦あわよくば、と思って参加した最終戦でしたが、そうは問屋がおろさない、という感じで苦しいレースでした。あれが精一杯。とにかく乗りにくいクルマでした。非常にスイートスポットが狭いというか、、、。監督にもあっさり抜かれて全然ついていけないし。厳しかったな。あのクルマ、監督だったらどんな走りをするのだろう。ま、これもレースだ。こんなときもあるさ。前3戦までは出来すぎだったからね。来年に向けて自分の走りがもう一皮剥けないと、来年の幸田は厳しいかもしれないなぁ。
Posted at 2016/10/16 00:19:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | club quadrifoglio | クルマ
2016年10月15日 イイね!

なんかフィアット

なんかフィアットこんなの売っちゃうんだもんな。
落書きがあるクルマなんて初めて見た。
ホイールには円周率。
謎だ。
ライバルのBMWミニもずっと魅力的なクルマを作り続けているから競争は激しいんでしょうね。
アルファは売れてなくてフィアットは売れていることを実感する出来事がひとつ。
うちの近所にあるアルファの専門店。
147と156が中心だったのが数ヶ月前から159も扱うようになってきた。
147&156はいよいよ絶滅危惧種かと思っていたら、最近はついにフィアット500が複数台店頭に並ぶようになってきた。
昨日のニュースにアルファとフィアットを分けて売るためにアルファ専門のディーラー網を整備するというものがあった。
いつもお世話になっているDもアバルトを売るようになって手狭感が(駐車スペースも少なくなって)。
新しい場所を探しているという話も耳にしていたのもアルファ単一の店舗を作るからだったのかな。
ジュリアのトップグレードは1000万円級のようだし、それに見合った演出が必要なのかな。
どのような展開になるのか楽しみではあるけれど、アルファだからなぁ〜(笑)。
フィアットもミニのように空冷フィアットのイメージを後生大事にしていくのか?ミニと違ってフィアットは他のカタチもあるからな。ミニのような強い決意はないだろうな。
あ、124スバイダー見に行かなきゃ^_^
Posted at 2016/10/15 06:59:10 | コメント(1) | トラックバック(0) | フィアット | クルマ
2016年10月09日 イイね!

Levante試乗

Levante試乗試乗しました。
2種類あるガソリンエンジンのパワーが少ない方。
高速乗りましたがこれで十分のような気がします。
スポーツモードはなかなかシャープな感じで良かった。マセラティの味付けはやっぱり好きかも^_^
カタチは正直よくわかりません。現行のギブリ、クワトロポルテも実はよくわかりません。なんだかわからないんだけど、気になるクルマ。街で走っているのを見かけるとついつい目で追ってしまう。そんな類のクルマです。現行のマセラティで言えばグランツーリズモとグランカブリオが文句なく格好良い。クワトロポルテは奥山デザインかガンディー二デザインの方が好みだな。
これまで試乗したSUVの中でマカンの2Lターボが1番良かったと思っているのだけれど、素のマカンの唯一少し足りないかな、と思うのはやはりパワー感であったりするので、このマセラティのSUVはかなり魅力的に感じます^_^でもマセラティだからな、信頼性はどうなんだろうな。初めて作るタイプのクルマだからな。最初はジープベースで作るという話もあったらしいけど、ギブリベースみたいだし。エアサスなんかも使ってるんだけど、大丈夫か?なんてね^_^;これは知らなかったんだけど、マセラティのV6エンジンってブロックはクライスラーの300Cのを使っているらしい。営業の人が言ってた。あと先代のクワトロポルテにも使われていたシングルクラッチの2ペダルMT(セレと同じやつ)はあまりにも評判が悪くて今はもう一部を除いて旧来型のトルコン式ATになってますと、これも営業の人が言っていた。アバルトもそうだけど、なんでツインクラッチの2ペダルMTを使わないのだろう。
Posted at 2016/10/10 00:16:54 | コメント(1) | トラックバック(0) | マセラティ | クルマ
2016年10月08日 イイね!

日本一決定戦反省会

日本一決定戦反省会監督のお店で反省会。
飲み過ぎて反省してます。
テキーラ飲んだあたりから記憶が途切れ途切れ、、、。
途中何度も座りたい、横になりたいとの誘惑にかられましたが、なんとなくそれをやったら終わりだとへべれけな頭でも思っていたみたいで、根性でなんとか帰ってきました。
そのあと、気がついたら朝になってました。目覚めたのはリビングのソフィアの上。
テキーラやばい。
Posted at 2016/10/08 16:24:56 | コメント(1) | トラックバック(0) | club quadrifoglio | 日記
2016年10月06日 イイね!

BIREL N35 Champion of Champions in Kota Circuit in Japan2016 日本一決定戦

BIREL N35 Champion of Champions in Kota Circuit in Japan2016 日本一決定戦 先週末、カートメーカー・ビレルが主催する2016Birel N35 Champion of Champions in Kota Circuitが今年も開催された。北は北海道、南は九州、そして今回は台湾からもあわせて50ものチームが各サーキット代表として愛知県幸田の地に集まった。ビレル使いナンバー1を決めるために。私の所属するQuadrifoglio Racing Teamはサーキット秋が瀬代表の1チームとして3年連続の参戦となった。

レースはタイムトライアル形式の予選を行い、そのタイム順に1位から25位までをチャレンジクラス、26位から50位までをエンジョイクラスと2つのレースに分けられる。決勝は3時間の耐久レース。使用するマシンは公平を期すため抽選で決められ、予選ではドライバーの体重を量り、65kgになるようウエイトをマシンに載せて調整し、イコールコンディションは徹底されている。

過去2年の戦績は2014年参加49チーム中49位2015年参加50チーム中49位と全く振るわず、自分たちの力の無さをまざまざと見せつけられる結果だった。1年目は他の参加チームの速さに圧倒され、練習走行ではどのように走って良いのか全くわからず、決勝の最後の方でなんとなく感じがつかめて、あと一日あればと思った。2年目は前年と同じく逆走(時計回り)だったので、去年よりも安定して走ることができるかもしれないと思うも、決勝当日はまさかの雨。ウェットコンディションのレースなどほとんど経験がない中、これもレースの最後の方でやっとある程度のペースで走ることができたような感じ。そして迎えた3年目の今年。天気予報は微妙なものだったが、雨でもなんとか対応できるのではないか。今年は過去2年間の経験を基に多少はコンペティティブなレースがきるのではないか。そんな期待をしての日本一決定戦だった。しかし、コースは過去2年間とは異なり順走(反時計回り)。タイヤバリアを用いて多少コースレイアウトは変更されているとはいえ、普段このコースを走り慣れているチームの優位性は明らか。ちょっとした失望感は禁じえなかった。 

 
失望感といえば、自分のことを言うと、当初このレースに参加する予定はなかった。子どもの運動会と重なっていたのだ。日程が重なっていることを知ったときのあの絶望感。ショックでした。子どもの運動会をぶっちぎってまで幸田へ行くという選択肢はなかった。そこまでの勇気は残念ながら私にはない。しかし幸か不幸か天気予報は前日に雨を示していた。そして運動会延期の決定を知らされたのは前日の夜7時。妻の了承を得て正式に参戦が決まったのはその4時間後。軽く高揚する気持ちを抑えられずに就寝し、興奮していたのか早朝3時には目が覚めてしまい、4時には幸田へ向けて出発したのであった。まさかまさかの展開。ついているかも。ひょっとしたら良いことあるかも。抑えられない気持ちとともに東名高速を西へ向かった。

  練習走行。一人当たりの走行時間は10分。充分とはいえない。コースの輪郭がなんとなくわかる程度だ。練習走行が終わり予選のタイムトライアル。インラップ、アウトラップを含めて3周のうち2週目のタイムで決勝グリッドが決まる。監督からの命により自分がやることになった。過去2年はチームメイトのmaxiさん。監督の読みはmaxiさんだとチャレンジクラスに入ってしまうかもしれない。監督はなるべく早く帰りたい。そこで私にという話になったのだ。そろそろ経験しておいてもいいんじゃないか、という監督の言葉とともに予選アタッカーの大役を仰せつかったのであった。

監督の予想通りチャレンジコースに出場できるタイムには遠く及ばず、出走グリッドはエンジョイクラスの最後尾。タイム的にはダントツのビリ。10キロのウエイトの影響はやはり大きく、全くペースの上がらない走りに迷いが生じて、後半にあるAコーナーのクリップを大きく外し(すなわちオーバースピードでコーナーに入り)、失速してそこからフィニッシュラインまでの上り勾配では信じられない程スピードが乗らない状態でタイムトライアルを終えたのであった。

このレースの凄いところは参加チームの力が非常に拮抗しているところだ。各サーキットの代表として参加しているのだから当然と言えば当然なのだが、予選タイムで言うと、ポールポジションから32位までが1秒以内なのだ。トップから1秒落ちのタイムではチャレンジクラスを走ることはできない。PPのタイムは1’02.542。14位までが1分2秒台。15位から42位までが1分3秒台。43位から49位までが1分4秒台。そしてQuadrifoglio Racing Team、すなわち私のタイムは1’06.101。ダントツのビリという意味がお分かりになるだろう。

予選の話はこれで終わらない。予選後、罰ゲームが待っていたのだ。49位と50位のドライバーを現役D1ドライバーの助手席に乗せてドリフトの恐怖を味あわせるというものだ。この罰ゲームは全く罰ゲームになっていないと思った。むしろ貴重な体験をすることが出来たし、とても楽しいと思ったのだ。しかし、本当の意味でこれが罰ゲームであると認識したのはドリフト体験が終わった後だった。予選最下位のドライバーとしてしっかり面が割れてしまったのだ。すれ違う人全てが「あ、最下位の奴だ」という目で自分を見ているような気がしてならなかった。自意識過剰と思われるかもしれないが、これは結構辛かった。この歳になってこんな風に晒されるとは。

そして決勝。最後尾25番グリッドからのスタート。ファーストドライバーは監督。どこまで順位を上げられるか期待していた。我がチームにおいて真の実力を持つからだ。そして3時間耐久レースのローリングスタートが切られ、わずか25分後には7位までポジションアップ。セカンドドライバーのmaxiさんと交代時には2位。そしてmaxiさんが走っているときにはなんとトップを快走することが出来たのだ。このお二人の驚異的な走り(aggressive, strong, and fast. 監督は言うに及ばず、maxiさんの走りも 圧巻だった)でトップに踊り出た我がQuadrifoglio Racing Team。誰がこのような展開を想像できたであろうか。過去2年のリザルト。予選最後尾。まるで夢を見ているようだった。

私の足りない能力のひとつは初めてのコースに適応するのに時間がかかるところ。トップを快走するmaxiさんから第3走者の自分と交代するときが来た。走る前に最終コーナーの走り方のアドバイスを監督から受けた。数周後に1分2秒台のタイムが出た。上出来。ベストは2秒1。出来すぎ。過去2回のここでの走りを考えると今回2秒台のペースで走ることができたことは驚きに値することだった。去年までと今年の自分の走りで異なるところはアクセルコントールかもしれない。例えば1コーナーをノーブレーキで進入し、ラインが若干外側へ外れたときに、アクセルを少し抜いてラインを修正することができたように思う。これまではそこでアクセルを緩めずにステアリング操作だけで頑張ろうとしていた。ブレーキングもロックするとブレーキを緩め、グリップを回復させる微妙な操作が少し出来るようになってきたように思う。クルマはとても乗りやすかったので欲を言えば1秒台に入りたかった。もう少し詰める余地はあったと思う。しかし、今更ながら監督のアドバイスの正確さとレース全体を俯瞰する能力には驚きの念を禁じ得 ないのであった。

決勝レースのファステストラップはエンジョイクラスで1’01.053(リザルトは4位)。1秒台を出したのは6チーム。3位と6位のチームのファステストは2秒台(この2台を除いて上位チームは全て1秒台)。周回数で見ると優勝チームは3時間で167周。2,3位が166周。4位から9位までが165周。10位から15位が164周。一周1分2秒前後で走ることを考えると、3時間走ってこれだけしか差がつかないというのは、どのチームもいかに速いかということを表している。いかにミスなく速く安定したラップを刻めるかが上位進出の鍵なのかもしれない。4年前になんとなくカートを始めたこのチームが3時間の耐久レースで5位入賞という結果を手にしたことは快挙と言っても良いと思う。

チャレンジクラスのタイムも見てみたい。ローリングスタート時に赤旗スタートディレイがあったので周回数はエンジョイクラスと単純に比較することはできない。ファステストラップは1’01.164(リザルトは優勝)。ファステストが1秒台は7チーム。ファステスト2秒台で最高位は5位(1’02.028)。6位から17位までを見ていくと1秒台を出しているのは8位のチームだけで残りは全て2秒台。1位から4位までが同一周回(1位と2位の差は3時間走って僅か0.276秒!!)。以下5位から10位まで1周遅れの同一周回。11位から15位までが同一周回。興味深いのは11号車がどちらのレースも最下位であること。我々が使った19号車はチャレンジクラスで優勝している。レース展開その他諸々の要素はあるのかもしれないけれど、ひょっとしたらマシンの当たり外れもあるのかもしれない。19号車は練習走行で使った車両よりも明らかに扱いやすかったからだ。

今回のレース。参加することが急遽決まって、10時間後には自宅から300km離れた愛知県の幸田に着いた。これはある意味奇跡のような展開だと思った。コースを下見しているとき、自分がこの場所でレーシングスーツを着て歩いていることが信じられなかった。そしてレースの結果も充分満足できるものだった。こんなことってあるんだなぁと。生きていて良かったなぁ。人生も捨てたもんじゃない。そんなことを考えました。今回も一緒に遊んでくれたClub Quadrifoglioの皆さんには感謝感謝です。いつもいつも本当にありがとうございます。
Posted at 2016/10/06 19:39:39 | コメント(3) | トラックバック(0) | club quadrifoglio | 日記

プロフィール

「新宿伊勢丹。奥さんの買い物。予想通りの展開。汐留までたどり着けるか?」
何シテル?   11/23 13:29
スーパーカー世代です。 気がつけば147GTAと916spiderの2台体制。 ツインスパークとブッソーネV6。 お互いの魅力を引き立てあうこの組み合...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/10 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

私のトリノ物語 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/01 20:34:53
ビートのモディファイ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/18 22:11:39

お友達

アルファロメオを愛する皆様、どうぞよろしくお願い致します。

特に江戸川区周辺のアルファ乗りの皆さま、どうぞお友達になってくださいm(_ _)m
71 人のお友達がいます
ハムマヨハムマヨ * tatsu-4Cstatsu-4Cs *
ぴよん。ぴよん。 * 彰さん彰さん *
omo-chanomo-chan * T.BASET.BASEみんカラ公認

ファン

21 人のファンがいます

愛車一覧

アルファロメオ 147 アルファロメオ 147
プジョー106を10年は乗ろうと思っていました。 しかし、たまたま見に行った147GTA ...
その他 その他 その他 その他
2010年式 M3L(RAW COLOUR) 人生初の英国車。 なかなか味わい深いです。 ...
その他 その他 その他 その他
所有しているミニカーやグッズ関係を随時アップしていきたいと思っています。 マイ・コレクシ ...
アルファロメオ スパイダー アルファロメオ スパイダー
ビートを手放して6年。 ついにオープンカーを再び手に入れることができました。 しかもアル ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる