• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

コルネのブログ一覧

2017年09月05日 イイね!

そしてチェックランプの件は続く?

チェックランプ・・・。

点いて、調べて、部品交換して、消えて、付いて、また消えて、また調べて・・・。

なんだか最近、ずっとそんなことを繰り返している気がしないでもない(笑)

さて、チェックランプがまた点いて・・・その後のお話です。

チェックランプが相変わらず付いたままだったので、まずは原因と思われる『回路抵抗が許容上限を超える』とのことを問い合わせてみることにした。

そしたら、20℃で9Ωが上限とのこと。

早速O2センサーを外して抵抗値を計ってみる。

外気温は、ミトのメーターによると20℃を少し超えるくらいだった。

すると12.5Ω・・・。

上限値、超えてるじゃん!!

そりゃぁチェックランプ点くわけだーと、短絡的にそう思ってしまっていいものなのかどうなのか。

と、いうことは、O2センサーが最初から不良品だったのか?

それとも、使用するにつれて何らかの原因(不良品の件含む)で抵抗値が上がっていってしまったのだろうか。

でもまぁ、一応、O2センサー自体も可能性のひとつとしてはあるのかもしれない。

そんなわけで、思い切ってO2センサーを再び交換してみることに。





装着前に、抵抗値を計ってみる。

たしかこのときも気温は20℃を少し超えたくらい。

新品、11.2Ω!!!

え、すでに新品で上限超えてますけど?!

んー、なんだかよく分からなくなってきたぞ
((+_+))

ま・・・まぁ、とりあえず交換してみましょう。

・・・そしたら、案の定チェックランプ消えず
(*´Д`)

マジかー!!

・・・さすがに面倒になってきたので、その新品のO2センサーをを付けたまま、しばらく走ってみることにした。

そしてある日。

給油してメーターを見てみると、チェックランプ、消えていた。

『チェックランプ?

 ・・・なんのことでしょう??』

とでもメーターが言っているかのように、そこには当たり前のように消えているチェックランプ。

『アルファロメオ・・・。

貴方は生き物ですか?』

思わずそう聞きたくなる自分がいたのは秘密にしたい(笑)

だってさ、勝手にチェックランプという名の症状が現れたり、直ったりするんだもの
(;´∀`)

運転中の愛車との対話ならまだしも、まさかチェックランプとも対話することになるなんて(笑)

で、なんでチェックランプの件でこんなにもがいているのかというと、やはり自分のクルマの不具合は何でも自分で直したいのです(板金や塗装等は除く)。

(それに、ディーラーだとチェックランプを診断するたびに5000円+税がかかってしまうし・・・。)

自分で調べるがゆえにいろいろ遠回りもして時間もかかってしまったりするんだけど、これもまた経験です。

それはそうと、O2センサー下限と上限のメーカー側の基準値をお買い上げしたお店を通してメーカーに問い合わせてもらっていますが未だに返事が来ない。。。

・・・ところで、何故チェックランプが消えたのかというと、全くもって謎である!!

ここで何故と思っていろいろ調べて追及したりしてまたチェックランプが点いたらマズイので、この先は何もイジらないことにしよう!!

でも、チェックランプが消えた理由が分からない以上は、やはりチェックランプ再点灯は怖かったりする
( ;∀;)
Posted at 2017/09/05 22:13:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | MITO | クルマ
2017年08月08日 イイね!

チェックランプ再び。そしてエアコンパネルの球切れ。




その後間もなくして、再びチェックランプ点灯!!

やっぱりダメかー(;´∀`)

・・・とか言いながら、もう少し走ってまたチェックランプが消えるのに期待・・・。

したいところだけど、さすがにそろそろなんとかしなければ(ノД`)・゜・。





ちょうどその頃、エアコンパネルの右側の球が点いていないことに気が付いた。





そして軽くショックを与えるようにエアコンパネル周辺を叩いたら、点いた。

けど、またすぐに消えたりもする。

点いているときも、ある。

接触が・・・というか、たぶん、球切れ寸前なのでしょう。

さて、球の交換方法はというと・・・見てみるとこれがけっこうタイヘンそう
((+_+))

最近ちょっとトラブル続きなミト(;゚Д゚)

そうそう、最近ちょっと遠乗りしてみたら燃費計でリッター17.8kmを記録!!
Posted at 2017/08/08 21:36:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | MITO | クルマ
2017年08月01日 イイね!

チェックランプが点いた。そして消えた。




春頃チェックランプが点いてO2センサーを交換してから快調に走っていたのですが、ついこの間、走行中に再びチェックランプ点灯・・・
(;´∀`)

カプラーを抜き差ししてみるもバッテリーマイナスを外してしばし放置しリセットしてみるもチェックランプは消えず。

相変わらずアイドリングは安定しているし走行中も特に問題も無くエンジンも普通にフケる。

(悪い排ガスが出たり燃費が悪くなったりはあるかもしれないけれど。)

しかし、チェックランプが点くとECUがセーフモードに入ってしまうのかアルファのDNAモードがDにもAにも入らずN固定になってしまうのです。

しばらく走って様子を見るもやはり消えず、ディーラーにて診断機で診てもらうことに。

そしたら出ました診断結果が。

なんとまた下流側O2センサー(;゚Д゚)

印刷してもらったデータによると、状況はアクティブで回路抵抗が許容上限を超える・・・とのこと。

それにしても何故、再びO2センサーが・・・?

交換したものが不良品だったのか、配線や接触不良か、もしかしたらECUか・・・。

と疑問を残しつつもチェックランプは消去してもらったので、この日はとりあえずこのまま帰る。

ところでアクティブで出ているのに何故消去できたのだろう?

その後も点灯をキープしないところを見るとO2センサーが悪い、とは言い切れないところもある?

んー、謎だ((+_+))

そしてしばらく走り(・・・といっても1000kmくらいは走っただろうか)、再びチェックランプ点灯!!

・・・さすがにおれ、嫌になる(笑)

後日O2センサーを調べてみることに。





配線が4本あるうちの白2本がたぶんヒーターだろうということで調べてみるとおよそ10Ω。

断線は、していないようだ。

というかこのクルマの回路抵抗の下限と上限の範囲の数値って一体どれくらいなんだ?!

また新たにO2センサーを買って交換してみようかとも思ったけど、そもそも今回のチェックランプ再点灯の原因がO2センサーとも限らないし、O2センサー本体が正常だったとしてもチェックランプが消える保証は無い。

チェックランプ、恐るべし・・・(ノД`)・゜・。

せめてサービスマニュアルが手元にあるかネットに情報があればいいのだけれど。。。

ヴィヴィオみたいにダイアグノーシスで診れたらどんなにいいことか。

やはり、またディーラーへ行くべきだろうか・・・。

・・・と、そうこうしているうちに今日ミトのエンジンをかけたらチェックランプ、普通に消えてた!!

一体なんだったんだろ、また点灯しなきゃいいけれど・・・。

そんなわけで・・・再び様子見です(笑)
Posted at 2017/08/01 20:56:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | MITO | クルマ
2017年06月26日 イイね!

ミトのスタビリンク交換。




右側スタビリンクのボールジョイントのダストブーツが裂けてしまっていることは、タイヤ交換をしたときから気付いていたのです。

後で交換しようと思ってそのままにしておいたら、ついにガタが出てゴトゴト異音が。。。





と、いうことで左右共に交換しました!





純正よりも他メーカーのものよりもマイレの強化品がいちばん安かったので、今回はコレにしてみた。

強化品とのことで純正よりもロッドが太いしボールジョイントも一回り大きいです。

交換後はスタビライザーの効果がダイレクトになったような気もしますが、どうなのでしょう?(笑)

異音は完全に止まったし保証も4年と比較的長いので安心です(*´ω`*)
Posted at 2017/06/26 19:24:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | MITO | クルマ
2017年06月20日 イイね!

ヴィヴィオ、数年ぶりのバルブ交換。

話は車検を受ける少し前まで遡ります。

久々の仕様変更という名の気分転換、ということでヘッドライトとフォグのバルブを交換しました。





純正よりも若干白く、バルブ色も薄い青なのでリフレクターに反射しない、というところをこだわってチョイスしました。

なかなか理想的なバルブであります。

ヘッドライトはよくあるH4なのでいいとして、ヴィヴィオのフォグのバルブの話。

標準はH3の35Wなのですが、純正色以外で同じ規格のバルブがまず見当たら無い!

そしていろいろ調べてみたら、実はH3aも付けれるという情報が。

H3よりもH3aのほうが台座部分の切り込みが上下共1mmほど広いので、実はH3aも付けれてしまうのです。

逆に言えば、その切り込みを1mmほどカットすればH3a指定のものにもH3が付けれてしまうわけですね。

そしてこのH3aの35W(どうやら55Wが主流らしい)というのもなかなかレアだったり。

かといって55Wを入れるのも何かなぁーと思っていたところ、ちょうどいい感じのを見つけれて良かったです。





バルブ交換といっても、こだわる人にとってはいろいろあるのです(*´ω`*)
Posted at 2017/06/20 19:54:24 | コメント(1) | トラックバック(0) | GX-T | クルマ

プロフィール

「そしてチェックランプの件は続く? http://cvw.jp/b/375969/40363833/
何シテル?   09/05 22:13
自他共に認めるクルマ&バイク馬鹿だよ|ω`*)ノ" クルマに対しては、自分なりの独特の 世界観・価値観があるかもしれません。 楽しいクルマ、珍し...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

お友達

クルマの趣味や嗜好の合う方、

何か共通点のある方もお気軽に♪
46 人のお友達がいます
T.BASET.BASEみんカラ公認 どっとーどっとー
KUTSUKUTSU もっかん@KK4+L160Sもっかん@KK4+L160S
nonojinonoji コル坊コル坊

ファン

7 人のファンがいます

愛車一覧

アルファロメオ MiTo アルファロメオ MiTo
カッコイイし、それでいて愛嬌もあるエクステリア。 非常に個性的なデザインがお気に入りで ...
スバル ヴィヴィオ スバル ヴィヴィオ
H6年式 スバル ヴィヴィオ GX-T。 1000台限定です。 屋根は3分割のアルミ ...
ホンダ CB400_SS ホンダ CB400_SS
タンクのカラーリングと、メッキ多彩のクラシックスタイルがお気に入り! 高速や上り坂ではち ...
ホンダ モンキー ホンダ モンキー
2006年式、キャブの最終型。 震災で失ったモンキーと、全く同じモノを再び入手!

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.