車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年06月12日 イイね!


長野、高峰高原に上るチェリーパークラインを閉鎖し、様々なカテゴリーのクルマが好きなペースで駆け上る「浅間ヒルクライム」。去年はホンダS660で出走したのですが、5月の最終週末に開かれた今年はもとのスタイルに戻り、自分の1962年ポルシェ356B1600Sを駆って走ってきました。

今年はスタート方式がフライングスタートに変わったのが大きな変化で、動画でいうと映像が動き始めて数秒後の、左に青いEndlessの旗と赤いパラソルのある手前がスタート地点になります。



ベストが7分39秒469というわが3576Bのタイムは、50年以上前の75psノーマルエンジンを積んだ1.6リッターのスポーツGTとしては、そこそこ健闘したといえるレベルではないかと思っています。

<注>動画は画面右下のギアのようなマークをクリックして、設定を720p HDにして観てください。画像のクリア度がまったく違ってきます!
Posted at 2016/06/12 18:57:25 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2015年11月28日 イイね!


11月22~23日の連休、長野県御岳山麓のワインディングを舞台に開かれたヒルクライム、Corsa di Macchina a Nagano 2015 Autunnoに、わが1962年ポルシェ356B 1600Sで出走してきました。

出場車はイタリア車を中心とした110台強のスポーティなモデルで、基本的にナンバー付きだけど、ヒルクライムやジムカーナあるいはサーキット向けにモディファイしてあるクルマがメイン。



サスペンションは強化してあるもののタイヤは普段と同じ165HR15ミシュランXASのまま、エンジンも75psノーマルのわが356B、1965年以前のヒストリックカー1300~1600ccクラスにエントリー。

4段ギアボックスの356Bでは、大半が2速、長い直線の後半で3速に入るというきつい上りの3.5kmを、下の動画のように攻めるところは攻めつつも、無理なく無駄なく走り切ったのであります。



練習走行は別にして、このコースを2回走ってその合計タイムで順位が決まるこの競技、僕とわが356Bのタイムは、1回目が3分03秒0、2回目が3分03秒1で、合計6分06秒1、というものでした。

その結果、ヒストリックカーの上記のカテゴリーで見事にクラス優勝を飾ったのですが、実は同クラスへのエントリーはわが356Bたった1台だけだったので、当然の勝利なのでありました。(笑)



Posted at 2015/11/28 12:51:06 | コメント(7) | トラックバック(0) | 日記
2015年07月26日 イイね!


報告が遅くなりましたが、僕が希望者の皆さんに旧いクルマのスムーズで愉しく安全なドライビングの方法を教授するためのCCDL=Classic Car Driving Lesson by Takumi Yoshida、その第1回は6月10日、よく晴れた箱根のワインディングロードを舞台にして開かれ、アルファロメオ2000GT、ケータハム・スーパーセヴンBDR、ポルシェ964カレラ2の3台とそのオーナーが集結、レッスンは愉しくも爽快かつ安全に、しかも参加者の皆さんに好評価をいただいて終了しました。

上と下の写真がそのときのもので、アルファとケータハムは東京と神奈川からの参加でしたが、ポルシェ964はなんと遥か神戸からやってきてくれたのですから、嬉しい限りでありました。



そこでCCDL、当然第2回に開催ということになりますが、公道を舞台にしていると他の交通とのアクシデントに巻き込まれることもあり得なくはないなど、安全上の問題が発生する可能性が皆無とはいえないという意見を周囲からいただいたこともあり、箱根を舞台にしたレッスンに関しては取り敢えず考え直してみることにしました。

そこで、コース占有料金の金額など様々な条件を勘案した上で浮上したのが、千葉県にあるスモールサーキット、ナリタモーターランドを使ってのレッスンでした。

ここはもともとレーシングカート用に造られたコースで、コーナーは多いけれどコース幅が広くないために複数のクルマによるレースは不可能で、1台ずつ走るタイムトライアルなどの競技やその練習に使われている場所です。

であるなら百聞は一見にしかずと6月下旬、MINIクーパークラブマンでそのコースを走ってきたのを収録したのが、下の写真と動画です。



コースは右回り、左回りともに可能ですが、動画はメインの左回りで走っているもので、最初は通常のとおりコース幅を一杯に使っていますが、3周目の中盤からコースの左側だけを使った、公道と同じ走り方をしています。

というのはこのコース、白線こそ描いていないものの、コースの真ん中に縦方向の舗装の継ぎ目が一周にわたってついているため、コースの左側だけを走る公道走行用の練習も可能なのです。

したがって、サーキット風にコース幅全体を使ったドライビングに加えて、一般公道を想定した左側車線のみのコーナリングが経験できるのも、本来は公道でレッスンをやりたかったCCDLの趣旨とマッチしているのではないかと思います。

しかもこのナリタモーターランド、東関東道の酒々井ICから20分ほどの場所に位置していて、東京からクルマで1時間半以内という圏内にあるという地理的条件も、多くの受講者諸兄にとって好ましいのではないかと思っています。



箱根の場合と同様、基本的にman to manのレッスンをしたいと考えているので、一回の募集人員は5人とし、最初の開講は9月第2週後半、9~11日のなかの一日の午前中を想定しています。

ナリタレッスンの講習料は、箱根レッスンの35,000円に加えて、コース占有料金1人当たり11,000円の内の5,000円を主催者たる当方が負担、残りの6,000円を受講者に負担していただくことにして、41,000円(税別)ということになります。

なお当日は、東関東自動車道の酒々井PAに8時頃集合、9時から12時まで占有コースでレッスンの後、東関道近隣で昼食をとり、酒々井IC入口で解散、というスケジュールを予定しています。

そこで、9月9~11日というスケジュールなら参加してみたいという方がいたら、9~11日の内のどの日が希望かを含めて、その旨をブログのコメントもしくはメッセージで当方に知らせてください。

占有の予約は占有予定日より1カ月以上前であることが求められるため、9月初旬にコースを確保するには、現時点での申し込みが必須になるからです。

このリポートはすでにfacebookにもアップしていて、何人かの方々から参加希望をいただいていますが、現在まだ若干名の空きはある、といった状況です。
Posted at 2015/07/26 23:31:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2015年05月21日 イイね!


僕が旧いクルマのスムーズなドライビングの仕方を個人レッスンするCCDL=Classic Car Driving Lesson by Takumi Yoshida、いよいよ最初の講習日を決定しました。
第1回講習日、それは6月3日(水)です!
週末はクルマが多いのでウィークデイしか考えられませんが、そのなかでも真ん中の水曜日はおそらくワインディングが空いているはずだし、週末に近い金曜日あたりより皆さんも時間を取りやすいのではないか、と考えた末の決定です。
ただし沖縄が梅雨入りしたとのこと、当日が雨になる可能性も少なくありませんが、その場合は基本的に翌日、4日(木)に順延することを考えています。とはいえ、延期する日の期日に関しては、参加するみなさんのご都合も尋ねて最終決定しようと思っていますが。
第1回のコースは想定どおり、箱根の芦ノ湖スカイラインとします。大涌谷の異変の件は、芦ノ湖スカイライン周辺には現状ほとんど影響を与えていないという話をあそこで働く方から聞いているので、たぶん大丈夫だと思います。もちろん今後なにか異変があれば、コースの変更も視野に入れていますが。
というわけで、6月3日の午前中に箱根にやってきて、午後まで講習を受けられる方は、お名前、乗ってくるクルマの車名、お住まいの場所を、当ブログのコメントもしくはメッセージを使って、当方に知らせてください。
もしも3名以上になった場合は、抽選その他の方法で第1回の受講者を3人に絞らせていただき、その結果はメッセージを使ってお知らせします。
写真は、ケータハムセヴンのコクピットから見る、芦ノ湖スカイラインであります。

Sportscar Labo
吉田 匠
Posted at 2015/05/21 11:18:22 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2015年05月16日 イイね!


僕自身が旧いクルマのスムーズなドライビング方法を希望者に教授するCCDLの構想をFB=facebookに公表して、早くも2週間になろうとしています。
その間、FBとみんカラのスペシャルブログのコメントやメッセージに、もしもこれが開講されたら参加したいとか、大いに興味があるとかいう反応を返してくれた方は30人を超えました。そこで、僕の構想は間違っていなかったと確信し、開講に向けて細目を煮詰める作業に入っています。
レッスンの舞台としては基本的に箱根のワインディングロードを想定していますが、上りがきつく高速コーナーが大半のターンパイクではなく、適度にアップダウンがあり、コーナーもタイトベンドが多くてバラエティに飛んでいる芦ノ湖スカイラインが、僕の想定するレッスンには最適だと考えています。ただし箱根は現在、大涌谷に噴火の可能性が指摘されていることから、少し事態を見守る必要があるのが残念なところではありますが。
それと、箱根から遠く離れた地方の方の要求にどう対応するかという点も、まだ正解が見つかっていません。受講者に箱根に来ていただくか、僕が地方に出向くか、2つにひとつの選択になるとは思いますが。
ところでCCDL、“スクール”ではなく“レッスン”と銘打っていることからも分かるように、基本的に1人のドライバーに対する個人教授のカタチを採ることを意図しています。したがって、1回に教授するドライバーは1人が理想的ですが、それだと余りにも効率が悪いので、1回の開講に対してマックス3人のドライバーと3台のクルマでやっていきたいと思っています。まず当方が次の開講日を設定してFBその他に発表、その日に受講可能な方が3人未満であればその全員に受講いただき、もしも3人以上となった場合は抽選その他によって、その回の受講者を3人に絞らせていただきます。
問題は開講日の天候で、予定した日が雨の可能性大と前日に判明した場合、雨天決行するか、あるいは翌日もしくは翌週などに順延するか、という2つの選択肢が考えられますが、皆さんはどちらが好ましいとお考えでしょうか? この点に対する見解を、コメントしていただけると幸いです。
開講日のスケジュールとしては、午前中に箱根に集合し、夕方になる前に現地で解散、というのが現在想定している大まかな予定です。
続いて受講料は、上記のような個人レッスン形式を基本理念とし、箱根での出張開講をベースに勘案した結果、1人=1台当たり35,000円(税別)をミニマムのラインと想定しました。この点に関してもコメント歓迎です。
以上がCCDL第2報ですが、なにかご意見、感想などある方は、コメントもしくはメッセージで、遠慮なく当方に伝えていただきたく思います。

Sportscar Labo
吉田 匠
Posted at 2015/05/16 15:37:18 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
スペシャルブログ 自動車評論家&著名人の本音
プロフィール
今から8年前、つまり2007年の誕生日にいわゆるひとつの“還暦”を迎えちゃいましてね、したがって今年2015年の4月22日で68歳、というわけですな。ガキの頃か...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/8 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
お友達
自己紹介に書いたとおり、歳は決して若くありませんが、気持ちの若さは20代の頃と変わらないつもり。なので、年令を問わず、気軽にお友達になってくださいまし。
776 人のお友達がいます
Leather Custom FIRSTLeather Custom FIRST *みんカラ公認 ばっしぃ。ばっしぃ。 *
intensive911(JUN)intensive911(JUN) * クロポロクロポロ *
♪ふらいんぐ☆すぱろう♪♪ふらいんぐ☆すぱろう♪ * MLpoloMLpolo *
ファン
948 人のファンがいます
愛車一覧
ミニ MINI ミニ MINI
2010年後期型MINI Cooper Clubman=ミニ・クーパー・クラブマンの6段 ...
ポルシェ その他 ポルシェ その他
リアエンジンGTポルシェの原点、356が欲しいという思いが強くなり、2010年10月、つ ...
オースチン その他 オースチン その他
急にオープンスポーツが欲しくなり、2009年に購入。レーシング風だった外観をノーマルに戻 ...
ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
1991年ポルシェ911カレラ2 MT、通称“964C2GT”。シグナルグリーンのボディ ...
PR
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
08年4月以前の過去ブログはこちらから
プライバシー
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.