車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2009年05月31日 イイね!
ニューレガシィ、僕的評価。この前の金曜日、河口湖から甲府盆地に掛けてのコースを舞台にして開かれたプレス試乗会で、新型スバル・レガシィに乗ってきました。

レガシィ誕生から20年目に登場したこの5代目、先代より確実に大きくなったボディサイズと、これまでのレガシィのイメージが希薄なそのスタイリングによって、従来からのレガシィユーザーを中心とするスバリストたちからの評価は、どうやらイマイチ不評であるように伝え聞いています。

もちろんそういう人たちの気持ち、僕にもよく分かります。

だってポルシェ911が水冷の996に替わったときだって、僕自身、それと同じような気持ちになりましたから。

でもその場合、なかでも特に996に関しては、ドライビングしたら即座に見解が変わりました、スタイリングはともかくとして、乗ってみるといいクルマじゃん、と。

で、今度のレガシィにも、僕は同じことを感じました。つまり乗ってみると断じて悪くないんですな。

ボディはセダン=B4、ツーリングワゴン、それにやや車高の高いSUV系のアウトバックの3種類、そこに載るパワーユニットも2.5リッターSOHCフラット4、2.5リッターDOHCフラット4ターボ、それに3.6リッターDOHCフラット6の3種類で、駆動系はすべて4WD。

例えばそのなかの、B4とワゴンにある2.5ターボのSパッケージ、これは固めたサスペンションが動いている感じがしなくて、正直なところいただけなかった。

でもそれ以外のモデル、2.5リッターNA搭載車や、アウトバックだけに存在する3.6リッターフラット6搭載車なんか、エンジンもトランスミッションもスムーズな上に、脚が実にしなやかに動いて乗り心地も快適だし、なおかつハンドリングもそれなりに心地好い切れ味を持っていることに、けっこう感心したのであります。

つまり、こういう走り味を持った日本車は、なかなかないのではないかと・・・。

たしかに、このボディサイズと、パッと見のアピールに欠けるエクステリアは、「欲しい!」と直感させる魅力には乏しいといわざるを得ませんが、写真のセージグリーンメタリックのアウトバックなんか、意外と飽きがこないんじゃないかという意味も含めて、僕は悪くないと思いましたね。

ところがカタログを見てみたら、このセージグリーンメタリックや、サンライトゴールドオパールといったいい感じの中間色は3.6リッター専用色で、2.5リッターには選べないんですね、残念なことに。

そんなケチ臭いこといわないで、2.5にもこういう洒落た色が選べるようにする、というところが購買意欲を掻き立てる上で大事なことなんだと思いますけどね僕なんか、クルマの出来は断じて悪くないんだから。

以上、ニューレガシィに対する吉田 匠的評価でした。
Posted at 2009/05/31 17:40:01 | コメント(9) | トラックバック(0) | 日記
2009年05月25日 イイね!
新プリウスの公道試乗会にいってきた。今日は大ドジをかましてしまいました。

昼から横浜で開かれたトヨタ・プリウスの公道試乗会にいってきたんですが、ワタシとしたことが、デジカメを事務所に忘れていってしまったんですな。

でもって、仕方ないから、携帯で撮ったのが左の写真、というわけです。

ま、自分でいうのもなんですが、そのわりにはちゃんとした写真になっていますが、なにしろ僕の携帯、カメラ機能を重視して選んでいないので、残念ながらこれ以上サイズが大きくなりません。

それはそうとして、初めて公道でドライビングしたプリウスの印象、なかなか好かったです。

上の写真にある、車両本体価格205万円の最廉価版「L」にオプションのナビとETCを加えただけの、価格総計228.1万円のモデルでも特にどこかに不満を感じることなく快適に走り、深く踏み込めばけっこう活発に加速もします。

その一方で、最も高価な「G」のツーリングセレクション・レザーパッケージとなると車両本体が327万円に跳ね上がり、さらにナビ/オーディオとETCのオプションを加えると総計349.68万円になります。

しかもこいつは、17インチの45扁平なんていう生意気なサイズのタイヤを履いていることもあって、ステアリングの手応えやレスポンスもそれなりにスポーティだったりします。

横浜市内の首都高を中心に、いわゆる燃費運転を意識しないで、ごく普通に走ったのですが、それでも185/65R15タイヤを履いた「L」が23.1㎞/ℓ 、215/45R17を履く「G」ツーリングセレクションが21.4㎞/ℓ を、いずれも車載の燃費モニターでマークしていました。

このボディサイズの通常のガソリンエンジン車では、首都高を普通のペースで走って20㎞/ℓ 以上の燃費をマークするのは不可能だと思うので、やっぱりハイブリッドは、というか新型プリウスは大したものだと再認識した次第。

もう一度繰り返しておきますが、この数字は2台とも、燃費を意識しない普通の運転でマークしたものであります。
Posted at 2009/05/25 21:28:21 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記
2009年05月23日 イイね!
ニューBMW Z4について、ひとこと。先週イタリア出張に経つ2日前に、伊豆半島の海岸線と箱根ターンパイクでニューBMW Z4の上級モデル、sDrive35iに試乗してきました。

新型Z4は、一回り大きくなったボディと、そこに標準装備されたアルミ合金製フルオートマチックリトラクタブルハードトップが、先代との最大の違いだといえるクルマです。

ハードトップを被ってターンパイクの頂上に休む写真のプロフィールからも、従来までのロードスター的軽快さが希薄になって、メルセデスSLKともつうじる豪華で快適なスポーツクーペの雰囲気が前面に押し出されてきた、という印象を持ったのは僕だけでしょうか?

実際、3リッター直6ツインターボエンジンを積むこのZ4 35iの走りは充分に速く、しかもとても快適なものでしたが、スポーツカーらしさはどうなんだろう、という疑問なしとしないクルマではありました。

というか、これこそが新しいスポーツカーらしさ、スポーツカーフィールなのかもしれませんが、同カテゴリーのライバルとされてきたポルシェ・ボクスターとは、ますます違う方向を向きつつあるのは間違いないと思います。

もっとも、次期ボクスターがどんな方向に進もうとしているのか、残念ながら現時点では僕にもわかりませんが。

ニューZ4に関しては、僕の別ブログ『TAKUMI YOSHIDA.log』にも複数の写真を使ってアップしているので、興味がある方は覗いてみてください。
Posted at 2009/05/23 20:51:56 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記
2009年05月23日 イイね!
モデナの CARROZZERIA AUTOSTAR。先週のイタリア出張の最後の夜、日本人同士で食事した大衆的だけれど美味しいモデナのピッツェリアの前に、こんなクルマが停まっていました。

車種はフィアットの小型車セイチェント=600、チンクエチェント=500より一回り大きいけれど、一段と実用的な3ドアハッチバックですね。

で、そのドアにはフェラーリ・テスタロッサのイラストとともに、「CARROZZERIA AUTOSTAR」なる名前が。

となると日本のクルマ好きは、これピニンファリーナやザガートのような有名ボディ工房かと思うかもしれないけれど、実は通常CARROZZERIA=カロッツェリアの意味はボディ修理工場。

実はこれ、おそらくフェラーリ好きのオーナーがやっている、モデナのボディ修理屋なんですね。

そこで、サウンド入りのけっこう派手なHPを見てみたら、大きなマシーンを多数揃えた、かなり規模の大きいボディ修理工場であることが分かりました。

興味と時間のある方は< www.autostar.mo.it/intro.html >なるURLをコピーして検索してみてください。

冒頭のテスタロッサのクラッシュシーンの動画イラストがけっこう笑えますから。

それにしても、ここにきて急に日本からのアクセスが増えたのはなぜなのか、先方は不思議に思うかも・・・。
Posted at 2009/05/23 12:07:28 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2009年05月18日 イイね!
ミニ・ワンを洗車&ワックス!昨日まで成田エクスプレスをやってくれたミニ・ワン、本日午前中、家のガレージで洗車して、ちいさなボディに液体ワックスなんか掛けちゃいましたよ。

自分が洗車なんかマメにやる方じゃないのは重々承知の上で、アストロブラックなんていう汚れの目立つ色を買ってしまった以上、たまには綺麗にしてやらないとね。

珍しく綺麗になったのだから、画像に収めておかないとと思い、事務所のパーキングに着いたところで、デジカメでパシャリとやったのが、上の写真ですね。

3月半ばに納車されたとき1900㎞余りだったオドメーターは今、4000㎞を超えたところ。

これまではまったくイジらずに乗ってきましたが、そろそろちょっとしたところに手を入れてやろうかと思っている、今日この頃ではあります。

何かやった際の報告は、また後日・・・。

<追伸>
僕の別ブログ『TAKUMI YOSHIDA.log』に「ミニ・ワンにロードバイクを積むの図」をアップしました。
興味ある方は覗いてみてください。
Posted at 2009/05/18 20:47:53 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
スペシャルブログ 自動車評論家&著名人の本音
プロフィール
「FIAT 600D ABARTH が、わが家にやってきた! http://cvw.jp/b/378570/39017254/
何シテル?   12/17 14:04
今から8年前、つまり2007年の誕生日にいわゆるひとつの“還暦”を迎えちゃいましてね、したがって今年2015年の4月22日で68歳、というわけですな。ガキの頃か...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2009/5 >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
お友達
自己紹介に書いたとおり、歳は決して若くありませんが、気持ちの若さは20代の頃と変わらないつもり。なので、年令を問わず、気軽にお友達になってくださいまし。
769 人のお友達がいます
パパンダパパンダ * R Magic おーはらR Magic おーはら *みんカラ公認
万葉万葉 * チャリ屋チャリ屋 *
森川オサム森川オサム * ジェフベッキージェフベッキー *
ファン
954 人のファンがいます
愛車一覧
ミニ MINI ミニ MINI
2010年後期型MINI Cooper Clubman=ミニ・クーパー・クラブマンの6段 ...
ポルシェ その他 ポルシェ その他
リアエンジンGTポルシェの原点、356が欲しいという思いが強くなり、2010年10月、つ ...
オースチン その他 オースチン その他
急にオープンスポーツが欲しくなり、2009年に購入。レーシング風だった外観をノーマルに戻 ...
ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
1991年ポルシェ911カレラ2 MT、通称“964C2GT”。シグナルグリーンのボディ ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
08年4月以前の過去ブログはこちらから
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.