• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

SQUAREのブログ一覧

2018年01月02日 イイね!

友こんにちは。

正月と言えば、里帰りだ、成人式だと昔から親交のある仲間と会えるチャンスが増える時期です。

「おまえ、いまなんばしよっとや?」 (熊本弁訳:おまえ、今なにを (職業など) しているの? )

「子どもは…!そがんでかくなったっやぁ~。」 (熊本弁訳:子どもは…!そんなにおおきくなったの~ )

「最近、そけ行ったったい。したらね、たいがな面白かったたい。」 (熊本弁訳:最近、そこに行ったんだよ。そうしたら、とっても面白かったんだよ。 )

… まあ、話の内容はいろいろありますが、盛り上がりますね。

そんな感じで、今年も友達が帰ってきました。


東京からクルマで。
旅程は東京から大阪まで陸路。そこからフェリーで福岡。そしてまた陸路。

付き合いは、保育園時代から。物心ついた頃にはそこにいたって感じです。

お互いが忙しくて、そしてどちらかが遠方になった関係から、しばらく会ってない時期もありましたが、ここ数年は正月に会ってますね。

みんカラの登録は、2014年07月15日 (3年5ヶ月) と、結構早かったようですが、声をかけられたのは半年前ぐらい。

きり 「とりあえず、車洗いたい!」

ということだったので、私が行くいつもの GS へ同乗して行くことに。


SQ 「へぇー、(ステアリングスイッチなど) イルミ関係は赤か~。」



SQ 「このマルチインフォメーションディスプレイとかええね~※。」 ※いいね~

道中の車内では車談義に花が咲く。

そもそも、昔一緒に遊んでいた頃はお互い今のようにクルマにはまっていなかったので、お互いにびっくりしているところです。

SQ / きり 「なんでクルマなん?」って感じ。

私の方は、前車 WISH を購入したとき、ちょこちょこっとオプションを付けたのですが、ネット時代の世の中、どんなのが取り付けられるのかな~♪と物色して、物色中にみんカラに当たる。

ここって毒なサイトだ♪

あれこれカスタマイズの品が載っているのでやっぱりいろいろ付けたくなってきて…最初のミニ四駆世代なので、もうこれは、リアルミニ四駆。

それと、大好きだったパソコンがつまらなくなってきたってこともあると思います。

昔はいろいろと拡張できた。外付け HDD をつなぐのにも SCSI※ ボードなどが必要だったのに、 今はなんでも USB につなげば OK。
※Small Computer System Interface の略。読みはスカジー。何かをつなぐために必要な基盤やカード。

昔は机の上にずらっと機械が並んでいたのに。つまんない。

そして、スマホやタブレットだけど、それらもだいぶ落ち着いてきた。

なので、最近は一眼レフと、クルマ。どちらもお金のかかる趣味だ。妻の敵 (^^;)

私の場合はこんな感じ。


そんな話をしながら、洗車、ふき取り、給油をしてご飯を食べに。(味千ラーメンだったけど)

久しぶりの地元のラーメンだっただけに、お互い満足でした。

車談義にも花が咲くけど、お互いの近状報告会。

都会のこと、家のこととか、子どもたちのこととか。

僕ら田舎暮らしが思うのは、都会は遊ぶところがないよねって。

SQ 「きりは蛇を握って振り回しよったよね~。」 (熊本弁訳:蛇を握って振り回していたよね~。 )

きり「そんなん、覚えとらんよ。よー覚えとるね~。」 (熊本弁訳:そんなのよく覚えているよね。 )

SQ 「ジグモとかカナヘビとか」

きり 「だね~。」

SQ 「ガンダムのプラモを爆竹で吹っ飛ばしたり…」

きり 「○○○を吹っ飛ばしたり。」

…こんな感じで、SQUARE 少年ときりすけ。少年はいろいろ悪いことをやってました。

他にも、田んぼで野球していたり、ゴミ捨て場から使えそうなものを探して遊んでいたり。

ゲームもファミコンはあったけど、ミニ四駆とか、ラジコンとか。

外では虫を捕まえて遊んでいたり。

でも、今の子はどうなん?自分の子は?…とか。

きり 「うちは、キャンプにいくけんね~。虫は普通に大丈夫。」

ふむふむ。で、キャンプに行くにはレヴォーグは~(笑) って話になったり (笑)

ルーフに付けたらって話もしたけど駐車場が…とか、そういう話に。

自分の家 (マンション) なのに、チャリ (自転車) 置くのに金。クルマも2万ぐらい金。あふれる道具を貸しボックスに置くだけでも金…。そうなると車いじりもショップになるし。

うーん、こちらは家だ、実家だ!と、やれるので、ある意味、幸せなのかも。

そしておなかが膨らんだところで、

レヴォーグに試乗!

ちょっと遠回りして帰りました。

気になったのは、足回り。自分のオーリスの足回りが「固いな~」と思っていたので、スバルのスポーティーな設定と比較してどうなのか?

というところ。

感触としては、スムーズにいなす感じでさすがの一言。これなら長距離も疲れないだろうな~。

柔らかいかと言えば、もちろん固い。オーリスよりもホイルベースが長いので、前車 WISH のフィーリングとも比較。

やっぱりこういう足回りと比べると、WISH、オーリスのどちらもバランスを崩している感があるな~と思いますね。

メーカーの、そしてプロの足回り設定。

勉強になりました。

オーリスの課題としては、もう少し減衰力が弱い方がいいのかな?収まりは良いけど、少しはねる感じがするし…もしかしたらタイヤの空気圧が高いだけかな? もう少し、ダンパーに動いてもらうと良い感じかな~などなど。

長い直線に入ったところで、加速チェック!

Si#モードでドン!

「おおおおおおおおおおおおおおっ、すげ~。」

た、楽しい~♪

これがハイパワーマシーンの加速か!

エンジンは FA20 なので、2,000cc。 86 / BRZ と同じかな? それのターボ版?

出力は、221 kW (300 PS)/5600 rpm に対して、オーリス 1,200cc 8NR-FTS は85 (116)/5,200~5,600

トルクは、400 N・m(40.8 kgf・m)/2000-4800 rpm に対して、 オーリスは185 (18.9)/1,500~4,000

※出力、トルクはどちらのクルマもネット

その差は歴然。どんな車でも、スピードを出すことはできるけど、そのスピードに到達する時間が全然違う!

ハイパワーマシーンというのはこういうものなのか~と実感しました。

あと、トヨタでいう インテリジェント AFS も体験。ヘッドライトの光軸が、ステアリングと連動して進行方向を照らす機能です。

オーリスには前期にありました。トヨタ車だと、HS250h ぐらいから上 (CT200h にはなった。)、クラウンアスリート、アベンシスなどにはあります。

これいい!

コーナーが、かなり見やすくなるし、横断歩道を渡っている歩行者の早期発見につながるなぁ~。

アイサイトのアクティブレーンキープ…トヨタで言う、レーンディパーチャ―アラート (車線逸脱防止) も画面と、フロントガラスに HUD のように反射して見える LED ランプでお知らせ。(たまたま夜だったからガラスに映り込んでいただけかも。)

など、ちょっとした時間だったけど知ることができました。

いったん帰ってから、オーリスに乗ってもらいいろいろと意見を頂戴する。(^^;)

きり 「ハンドルが、重いね。」

SQ 「あ、そうかな。いろんな車を試乗するけど、たしかに軽くはないね。一応 SPORT モードで少しは軽くなるよ。」

この辺は、フロントを補強しまくってることから発生する重さかな…と思っています。

SQ 「足回りはどう?たいがな固いど?」 (熊本弁訳:足回りはどう? とても固いでしょ? )

きり 「いや、固いのは固いけど、そこまでないばい。」 (熊本弁訳:いや、固いけど、そこまではないよ。 )

そうか~、と言うことは,単純に地震の影響で、道が荒れているだけかな?

他人の意見って大事です。

私の家に帰り、近状を話し込む。

今年は私が忙しくなるので、そのことで相談に乗ってもらったところです。

帰り際、

きり 「最初はね、ここに来る前は、『そら、もう、いかんばい。』って言うつもりで来たばってん、他の人にも相談して方向性を決めているなら、それでよかたい。」
(熊本弁訳:最初はね、ここに来る前には、『それは、もう、だめだよ。』って言うつもりで来たけど、他の人にも相談して方向性を決めているなら、それでいいよ。 )

と。いろいろと心配してくれたことがうれしかったです。

やっぱりな~、思うようにはいかないもんだな。 (こう書くと某歌手の歌を思い出す。でも、その歌詞のように譲れないものがあるから…。)

今、うれしいことも、恥ずかしいことも、悔しいことも相談できる親友ってなかなかいなくて。

できれば、近くにいてもらいたいけどな~。

そう思って、帰る後ろ姿を見送りました。


あ、私は退職はしません。
Posted at 2018/01/08 18:02:34 | コメント(1) | トラックバック(0) | 試乗 / 試乗会 | 日記
2016年12月18日 イイね!

C-HR に試乗してきました。 / オーリスの作業状況を見てきました。 (前編: C-HR 試乗編)

C-HR に試乗してきました。 / オーリスの作業状況を見てきました。 (前編: C-HR 試乗編)こんばんは。


だいぶ体調も良くなってきましたので、きょうは12/15 に発売開始された C-HR の試乗に行ってきました。


場所は、熊本市流通情報会館で、11:30ごろ到着。

熊本トヨタ自動車(株)とネッツトヨタ熊本(株)の合同での試乗会でした。普段はこういう合同試乗会というのはなくて、各社の本店で行うことが多いようですが、プリウス (ZVW50) の試乗会もこのような形でおこなったそうです。


入場してすぐ、担当営業さんのT氏が、「SQUAREさん、こんにちは。」と来られました。

一昨日、ナビの GPS アンテナの件、納車日変更の件の連絡があったときに、試乗会にいって夕方店舗に行きますと段取ってましたが、営業さん側に予定が入ったようなので、店舗のスタッフに GPS アンテナを預けて、作業中の写真を撮って帰ります…などと話しをして早速試乗をしました。

T氏 「ガソリン車が空いてますし、オーリスと同じエンジンなので、まずはこっちから乗ってみましょうか?」

とガソリン車から乗ってみました。


最初に乗ったのは G-T ですね。


私は内装をそんなに気にする方じゃないですが、リッチですね。高級感あります。

ステアリングのかがり縫いが目を引きます。(ステアリングのこだわりについてはトヨタの C-HR 特設ページを参照)

ナビは9インチですね。これはオーリスにも取り付けできますが…私は銭がないので。

T氏「この辺がですね~目を引きますね。」と教えてくれたのがステアリングのピアノブラックの部分。

言われてみると確かに。ステアリングスイッチまでの流れは良いですね。

パドルはないですが、クルーズコントロール (クルコン) は付いてました。たしかオーリスは普通のクルコンですが、C-HR は、TOYOTA Safety Sense P なので、レーダークルーズコントロールだったと思います。前方に割り込み車がくると認識して減速、車間、車速を調整するタイプです。オーリスのは、単純に設定速度で踏みっぱなしにしてくれるだけ、という違い。

内装色はリコリスブラウン。

ちなみに、ガソリン車のグレードは、G-T と S-T があり、どちらも 4WD Only の設定です。


メーター類はこんな感じ。(この写真だけスマホで撮影。適当さがにじむ写真…。(^^ゞ )

隠れている右側がスピードメーター、左側がタコメーターで2眼です。これは私のオーリスも同じ。円を竹の先のように斜めに切ったようなデザインで見た目はかっこいいのですが、ちょうど上辺の部分がステアリングに隠れるんですよね~。C-HR も同じでした。

表示される情報はすべて見えるのですが、できれば重ならないようにして欲しいです。個人的にはそこが残念。(ハンドルの高さ調整などで、変わるのかもしれませんがそこは試していません。)

あ、試乗の時に始めて気がつきましたが、クルコンはステアリングと一緒にまわるんですね。 以前、トヨタのイベントで 2代目 WISH の Z に乗ったときは、そうじゃなかったような…。あんまり意識していませんでした。

さて、公道を試乗。

最初の加速ですが、いたって普通でした。

どう普通かというと、この車体の大きさで、もたつくとかないんですよ。

話が少しそれるのですが、

クルマに詳しくない人は 1,200cc と聞くと、(ターボがあろうがなかろうが) そんなにパワーはなさそうだという先入観があるんですよ。最初は私もそうでした。1,200cc のターボなんて、無理矢理エンジンを回している…みたいな。

うちの職場の年上の方、昭和の車たちに乗ってきた人からみると、

1. 1200cc は非力だ。
2. ターボはドッカンターボのイメージがある。

ようで、

「え、1200cc!?」 で一度びっくりされて、「えっ、ターボ!?」でびっくりされて、「え、260万!?またえらく高いのを買ったね。」…といった感じです。

…3つめは、私も思いますが。安月給なのに無理したな~と。もうクルマ来ちゃったし。ただ、今の時代、軽でも200万超えですよ。


先日まで代車で 1,300cc のヴィッツをお借りしていたのですが、軽快で必要十分な加速はえられますが、もう少し欲しいな~という感覚はあったんです。CVT だからなのか、回転だけがえらく上がる。

その感覚は今回はなかったです。1,800cc ぐらいの車に乗った感覚。それはまさに前車 WISH と同じ。いや、WISH よりも良かったです。

クルマがすーっと出るんですよ。昨日職場のノアに乗りましたが、パワーはあるものの、その場にとどまろうとするもっさり感はあるんですよね。

書いていて思ったのですが、これは、4WD だからかもですね。フルタイム 4WD ではないのですが、スタート時はおそらくリアもまわっているはずです。

4WD と 1,200cc ターボのトルク。そして、ヴィッツよりも上級車だから遮音性能が良くてエンジンルームの音…回転音が聞こえにくい。だから良かったのだろうと思います。

駆動系に関してまとめると、十分な能力があります。足らないということはないと思います。

足腰についてですが、

プリウス (ZVW50) に試乗したときにも思ったのですが、振動が少ないと思います。

どちらも TNGA 車だからなのかもですね。

試乗コースが長くないことと、流通団地の道をまわる様な感じなのでスピードがあんまり出せなくて低速だったからロールについてなどはわかりづらかったですが、そこまで大きくロールはしなかったです。

堅さも、固くもなく、柔らかくもなくちょうど良い感じ。車いじりとは無縁の人ならば、快適だと思います。

ステアリングは、軽いですね。

この車に限らず、よく「切ったら切った分まがる」とか、「最初と最後の応答性がちがう」とか、評価をされる方がおられますが、自分にはそういう違いがよくわからない。

ですので、ステアリングの評価は苦手なので、許してください。

T氏「後ろが、見えないです。ピラーがでかいので。」というコメント。


降りた後、室内に展示されていた車で試しましたが、確かに見えない。これはオーリスも同じかな。

この写真は、左腕を助手席にのせて、振り向いて写真を撮ったものです。なので、ボケてますが腕を写しいれました。これはドアが開いていますので実際はもっと見えないと思います。リアドアの窓も小さく、そして、外側のドアハンドル部分がドアを閉めるとあるからです。

カメラやミラー類のオプションは充実させた方が安心を得られると思います。

次はハイブリッドの G に乗りましたが待ち時間の間に、内装やエンジンを見てみました。


内装は、ブラックですね。ちなみにオーリスの HYBRID “G パッケージ”が同じ黒です。

各ピラーやアシストハンドル、天井の部分も黒です。(天井はフラッシュの関係でそう見えませんが…。)


後席に座ってみましたが、ミニバンと比べると狭いのですが、足元がせまいな~とは感じませんでした。

頭上も、それなりに空いてます。圧迫感はそんなになかったですが、低いですね。WISH の後席と比べても低い印象です。 逆にオーリスよりはよかったかな~。これはシートの角度の違いなどもあるかもですね。


リアハッチです。

荷室は、左右のパネルが外れるようになってます。リアのホイールハウスの横あたりです。外すとゴルフバッグが横で載せられるとのこと。

また、両サイドには、小物入れが設定されていますが、これが堅めの発泡スチロールなんですよね。

イメージとしては、オーリスでいう、パンク修理キットを納めている部分と同じ材質のもの。

きっと、タイヤハウスがすぐ近くにあるため、音を吸収するためにそういう材質で作られているのではなかろうかと推測します。

荷室は狭いですが、4:6の分割で、リアシートを前に倒すことで広くすることはできます。

トノカバーは付いてくるようです。


こちらはエンジンです。

オーリス 120T と同じ 8NR-FTS ですが!

エンジンカバーがない…。


ちなみに先日撮った私のオーリスの写真。

もしかしたら、流用したい!と思われる方もおられると思いますので品番を掲載しておきます。

エンジンカバー SUB-ASSY No.1 品番:12601-0Y010 税別 3,910円
90480-16049 税別110円×3個必要。 ※エンジンカバーを支える支柱が差し込まれるゴム製の部品です。もしかしたら、エンジンカバー SUB-ASSY No.1 に含まれているかもしれません。
90109-06385 70円×2個 ※エンジンカバーを支える支柱みたいなもの?たぶん合計3個必要と思いますが、残りは別の品番のものなのかも。そこは未確認です。

※実車での目視確認、比較ではないため、足りない部品があるかも知れません。その場合ご了承ください。


あと、バッテリーと吸気側が入れ替わってます。

ぱっと見、タワーバーが入りそうな空間はあります。プリウス (ZVW50) 用があれば、使えるのかも。もし付けるときは、自己責任でお願いします。


エンジン関係のラベルも同じようです。

館内放送で、「ハイブリッド試乗 ○○番をお持ちのSQUARE様…」

T氏「SQUAREさん、順番が来ましたよ~。」


呼ばれましたので、次はハイブリッドに。

こちらはグレードが G ですね。ハイブリッドは ガソリン車と逆で 2WD Only です。

加速だけ書かせてもらいますが、さすがハイブリッド!モーターの力でグイグイ加速します。

特に今回は、ガソリン車に乗った直後なので、違いがわかりやすかったです。なるほど~。

ガソリン車は回転がある程度上がって、遅れる形で加速が追いかけてくるようなイメージですけれども、ガソリン車と違いリニアに加速する感じですね。音も静かです。

メーターはこちらも2眼。左側が針でECO、パワー、チャージを表します。これもオーリスのハイブリッドと同じです。

プリウスと違い、アナログ的なところが或る意味スポーティーですね。

先入観があるからかもしれませんが、軽快感はガソリン車かな~。やっぱり、バッテリーはおもりですね。

走行中、特に曲がっている間の車の姿勢、そして、エンジン音や 4WD のすーっと走り出すところなど、走りの観点から考えると、ガソリン車が楽しいような気がします。


ハイブリッドの試乗を終えたら、今度はハイブリッドを見学。


そうそう、話題になっているヘッドライトも撮ってきました。


動画も撮ってきました。シーケンシャルウインカーはフロントのみです。リアは LED みたいですが点滅。


ヘッドライトにロゴ。これにもこだわりがあるんだそうです。(写真は G-T の写真。)



リアドアのノブは引きにくいとは感じませんでしたが、すこし独特な感じですね。


エンジンはこちら。ちゃんとトヨタ CI マークだけはある。


エンジンオイルは、0W-16 が使えるようです。




ラベルとか、カバーとか流用できそうなものはそれなりに見て帰りました。

ここで、いったんT氏とお別れして、実は職場のプリウスαを熊本トヨタで購入しているので、案内状が来ていたんです。

それを利用して、熊本トヨタの接客を受けてきました。

そちらは法人担当なので、どういう仕事なのか聞いてみましたが、うちのような会社での購入、リース会社経由、パトカー、救急車、自動車学校などの大量導入などが担当ということでした。






その営業さんと一緒に再度ガソリン車に試乗 (笑)

こっちは、ホイールから考えて、S-T のようです。

若干スピードを出してみましたが、やっぱりすーぅと加速する。4,000回転ぐらいまで、回しましたが「これがトルクのある走りということなのか、だとすればオーリスはどうかな?納車後比較してみよう」と、楽しみになりました。

ちなみに、ネッツ営業 T氏の話だと、ハイブリッド9:ガソリン1、トヨタ店の営業さんの話だと、ハイブリッド7:ガソリン3 の販売比率とのこと。

ハイブリッド車優勢のようです。


トヨタ店の方にお礼をいい席を離れ、ネッツのT氏にも挨拶をして会場を後にしました。

(後編に続く)
Posted at 2016/12/18 22:16:57 | コメント(1) | トラックバック(0) | 試乗 / 試乗会 | 日記

プロフィール

「パネルの話に戻りますが、ヴィッツにはこんなパネル (写真) もありますし…。オーリスでもありだと思いますけどね~。あと、ジオニックトヨタロゴはたぶんですが、付いてこない (タダの赤いパネルだけ) と思いますけど…どうでしょうかね~。」
何シテル?   02/25 12:10
ようこそいらっしゃいました。 初めての方は、はじめまして。 --- 【簡単な自己紹介】~ SQUARE・人生の歩み ~ 熊本県で生まれ、熊本に住...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

リンク・クリップ

次は何をしようか…。 - その 11 オーリス編4 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/21 21:48:28
ネタはいろいろあるけれど… (第3回) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/21 21:48:13
リアドアのスマートエントリー化 その1 - 配線図と配線の概要 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/21 21:48:01

お友達

みんカラのお友達・募集中です。特にオーリス、ブレイド、CT200h 乗りの方お気軽に。(ただし、ただ単にお友達を増やしたいというのが見え見えのような方は承諾しない、または後日削除する場合があります。) 最大150名、活動中は30名ぐらいになったらレベルを落とします。(返事が書ききれない 涙 )
90 人のお友達がいます
ジャック・ベアージャック・ベアー * ねぼやんねぼやん *
タナカル25タナカル25 * 赤い弾丸(だんまる)赤い弾丸(だんまる) *
謎ピカ@さる走事務局パシリ担当謎ピカ@さる走事務局パシリ担当 * 漆黒のオーリスト漆黒のオーリスト *

ファン

95 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ オーリス トヨタ オーリス
このブログでメインに語られる車。グレード (仕様) は 120T “RS Package ...
トヨタ ウィッシュ トヨタ ウィッシュ
このブログで最初にメインで語られていた最初の車です。グレード (仕様) は X “Aer ...
トヨタ スプリンタートレノ トヨタ スプリンタートレノ
人生初のマイカーにして贅沢にも新車でした。 当時は専門学校を出たてのころで、在学中はバ ...
トヨタ ラウム トヨタ ラウム
実家の両親の、つまり家族としての車の変遷はいろいろあるのですが、この車に限ると…、 - ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.