• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

むらっち2のブログ一覧

2013年04月29日 イイね!

むらっち劇場31 ≪タイガーシャーク後篇≫ “改訂版”




「俺はお前のそういう気遣いの無さがアタマに来るんだぁーーー!(怒)」





今にも咬みつきそうな勢いの俺。 しかしソレを制したのは J だった



「むらっちさん待って下さい。そうじゃないんです。僕はそういう K さんが好きでここにいるんです。誰とも分け隔てなく気軽に付き合ってくれるのは彼の良いところですよ! ここでは煩わしいしがらみを忘れらるのです」




「むむむ・・・(ー“ー;)」




そうか。 J さんはとある大会社のお偉いさんだ。しがらみを忘れたい。そういうこともあるのだろう
ニヤニヤと薄ら笑いの K 。 チキショー!とんだピエロだ




「まっ、そういうこったw」




「クソォ~~・・・(ー“ー;)」



振り上げた拳の行き場が無い。とりあえず自分の頭でも叩いておくか
ここは J さんの優しさに免じて・・・  しかし後で K のケツを蹴り上げてやる!
そうだ!そうしよう!それがいい!!

俺は半ば強制的に納得した





「むらっちさん。そのタイガーシャークのこと教えて頂けませんか?」








俺は黙って頷いた








【むらっち回想・鼬鮫編より】

鼬鮫①  鼬鮫②  鼬鮫③


現タイガーシャークの名前は T 。彼女には年の離れた兄がいた
本名は伏せておくがその兄は イタチ と呼ばれ、当時負け知らずの無敵の走り屋だった
2人は仲の良い兄妹だった。日曜には河川敷のオフロードコースにバイクを持ちこみ
(カワサキの2ストだった気がするが・・・記憶が曖昧だ・・・)

よく2人で練習していた。 まだ小学校の低学年だった T は大好きな兄の手解きを受け
メキメキ上達していったのをよく覚えている
イタチ兄妹は母子家庭だったから T にとって兄は父親のような存在だったのだろう


そうそう!あのバイク!?あれは当時 イタチ が乗っていたバイクのレプリカ・・・
いや、サバイバーかな・・・ カワサキ・ゼファー400ベースのカスタム車なんだ
輸出用の550㏄エンジンに載せ換えボアアップして630㏄に
軽い車体に630㏄のパワーは凄かった! 事実、イタチ の連勝記録はあのバイクありきだったから

でもその後、イタチ は何でもない普通の道で道路に飛び出してきた酔っぱらいを避け転倒し
ガードレールで首の骨を折り死んでしまった・・・ そして家族は イタチ のバイクを処分する・・・


あれから約20年・・・



あの頃のイタチと同じようなゼファーに乗った T が K のところへ現われたんだ! 
T は K にカスタムを依頼した。ゼファー400改・630の・・・
で、K が解体屋で見つけて来たエンジンは奇しくも、兄イタチのエンジンだった・・・

正直驚いた。処分されたと思っていたタイガーシャークが生き残っていたのだから!
でもエンジン以外は使えなかったけどねw フレームは曲がっていたし他のパーツはボロボロで
偶然? いやこんな出来過ぎた事象はもはや必然だろう!なんて・・・



そして俺達はまるで導かれたかの如く、そのエンジンを T のゼファーに載せたんだ
ゼファー400改・新生タイガーシャークとして!



ただ、新生タイガーシャークの普通ではない部分を話すと、今回のエンジンは
ザッパー用の社外スリーブに打ち換え、 ワイセコに頼んだ特注ピストンで700㏄にした
ヘッドは2バルブのままツインプラグ化し11000rpmで120馬力を絞り出す!
そしてその軽さとパワーは加速でリッターバイクをも凌駕する!!





時に2バルブヘッドは4バルブ以上の特性と性能を発揮する。 かなり高い圧縮にもかかわらず
多少の粗悪ガソリンを入れても異常燃焼などのノッキングを起さないようにできるんだ!

もちろん耐久性だって犠牲にはしていない。メンテさえしっかりすれば普通に何万㎞だって走れる
サーキットからコンビニまでw そんな汎用性も持たせてある!
足回りは前後共に同車種750用のオーリンズサス・ブラックバージョンで
フレームの補強もバランス良く入れ、しなやかかつ強靭なモノにしている



で、T は走り出した。兄イタチと同じようなライディングで・・・ いや、あの頃の イタチ 以上の速さで・・・








【むらっち回想終わり】









「でも J さん。もうすぐでタイガーシャークには逢えなくなるかもです」




「えっ!それはどうして!?」




そこで俺は少し溜めをつくってから J に負けないくらいシブイ声で言ってやったw






「彼女もストリートはそろそろ卒業。 次はサーキットでの走りを考えているからです」

あれ?シブく決めたわりにフツーのこと言っちまってるよオレ(^_^;)





そして J は寂しそうにつぶやいた


「そうなんだ・・・もう逢えないのか・・・」

J は本当に寂しそうにうつむいてしまった





あれあれあれ? なんだろう!? 凄く悪い事をしている気分になる・・・ 沈黙の3人。 
J の思わぬ落胆ぶりにさすがの K も少々困惑していた






その時

ブヴァンッ!ッゴッゴッゴッゴ!

表にV8エンジンの音が聞こえてきた





む・K(モノローグ)
「あっ!」


顔を見合わせる俺と K 。 そして店内に元気な声が響く



「こんにちは~Kさん。 Verity  のオイル届いたよ~。サイン下さい ♡ 」




ダダッ! 入口に向かって同時に走り出す俺と K






入口付近にいた T の肩を抱き急いで店内に促す、が、要らぬ世話だったようだ




「あらぁ!♪」



J を見た T の声に歓喜が混じっていたように聞こえる





椅子に座ったまま T を見上げる J







「 ふふふ。 J さん!この娘だよw タイガーシャークだよw」







一瞬驚きの表情。 そして J はまるで子供のように顔をほころばせる






そう、この時俺はイメージした。 近い将来の様子を

それは J の隣で幸せそうにしている T の姿だ♪





ふふふ( ̄∀ ̄)これも必然だねw J さん独身だしw






そして俺の近い将来、いや何分か後だ! きっと俺は K のケツを蹴り上げて大笑いしているだろう!

んで、K は怒らない! げはっw げはっw げはははははははwwwww!



な~~んてね!(^-°)b




預言者むらっち2より








おしまい
















あとがきのようなものw



さて如何だったでしょうか「むらっち劇場」。相も変わらず ≪やっちまった状態≫ でございますw
ましてや今回は利用契約違反(猥褻)だとかで一度削除されてしまいますた(^_^;)スンマソン



実は今回、ほぼ思いつきの殴り書きで、フイクションの嵐なんです m(。 。;)m
(モデルになった人物や事件はあったりしますがねwww)

公道では交通ルールを守って安全運転に心掛けましょう!!

ただ、この物語の作成にあたって、以前書いて気になっていたものを
このような形で決着をつけさせて頂いたんですよ! お陰でスッキリしました~w



あと残念な? お知らせも・・・


実は今回を持ちまして「むらっち劇場」は一時お休みさせて頂きます
理由はよくある 「作者、仮病のため」 なんてw

ではなく、ちょいと違う方面での・・・ 書き物なんぞを・・・


と、そんなこんなで 




またお会いしましょ~~(;▽;)ノ~~あでゅー
Posted at 2013/04/29 07:55:02 | コメント(5) | トラックバック(0) | むらっち劇場 | 日記
2013年04月27日 イイね!

むらっち劇場31 ≪タイガーシャーク≫





「いや~ K さん。またあのパープルブルーのバイクにヤラレちゃったよ~(笑)」





「おっ!またタイガーシャーク追っかけたの!?」




「そうなんだよ~。週末の仕事帰りに決まって同じ時間に出くわすんだよね~。 こっちはクルマで向こうはバイクに乗った女性。 最初はなんとなくリズムが合うから一緒に軽く流してるだけだったんだけど、いつの頃からかお互い出くわしたら戦闘モードなんだよね~w」




「Jさんも好きだね~w ま~た愛しの君のケツつっつき回したんっしょ~~ゲハハハハwww」



む(モノローグ)
「本当に下品なヤローだ(怒)」




俺はムッとした顔で K を睨みつけてやった
しかし K は素知らぬ顔で会話を続ける



この日俺はツーリングがてら K のショップに立ち寄っていたんだ

この J と名乗る初老の男は K の店の客なのだ
バイクはBMWのR1200GSでキャンプツーリングなどを楽しみ




クルマは少々スパイスの効いたチョイ古のBMWを転がしており
E46・M3CSLでサーキット走行をこなしてしまう





身なりもしっかりしていて、サラリと着こなしているカシミアのジャケットなんかは
俺の革ジャンと同じくらいの値段がしそうだ




まあ、詰まるトコロ紳士だな!
ただこんな上品な紳士が、かくも下品な K の客というのが信じられない!


Jの低音で穏やかな声は異性を虜にしてしまいそうな男版のセイレーン
綺麗な身なりは清潔感が漂いダンディーそのもの

何度も言うがここの雰囲気に似つかわしくない!
どちらかと言えば静かなカフェが似合いそうなのだが・・・






「あのバイクはさぁ特別製なんスよ! なんてったって俺達が組んだんスからぁ~!!」



む(モノローグ)
「お~~れ~~た~~ち~~だ~~と~~(激怒)!!」



怒りに震える俺。 ここで流石の K も俺を見て急に黙った






【 J 回想】


週末の仕事明け。慌ただしい一週間を乗り切った自分には少々ご褒美が必要だ
会社の地下駐車場。コツコツと響く自分の足音がファンファーレに聞える
そう年甲斐もなく高揚感が抑えられないのだ。沸々と腹の底から湧き出す緊張感の塊が心地よい

キュルルルル、ズフォォォォォーーーーーー! 






J(モノローグ)
「さあセコンドアウト!」



CSLに火を入れた

完全バランスのシルキーシックスは滑るようにアイドリングし
かつ荒々しさを秘めたトルク感で地面を蹴飛ばした



J(モノローグ)
「まだだ!まだ手綱は離せん!逸るな!!」



急く心に自制心という名の楔を打つのが大変だ
ゆっくり街中を流し各部を温める。そして自分の感覚器官も張り巡らせる




PM9:00 ○○号線合流


グオォォォーー、ッパァァーーーーン!
右からタイガーシャークが抜いて行った!!




「来たか!!」



週末いつもの時間にいつものバイク

セクシーなボディーラインのセパレート革ツナギとジェッペルから流れる黒髪が女を物語る
アクセル全開のJ。 そしてタイガーシャークの女もJを待つように前方でスローダウンしていた
横並びになりお互い顔を見合わせ笑みを浮かべる



J(モノローグ)
「やあ。また逢えたね」



女のシールドは薄いスモークがかかっているので表情の全ては読み取れないが
真っ赤なルージュが微笑み J に付いておいでと惑わす





クォォォォーーーーー!ッカァァァァァーーーーー!!

モナコGPのような市街戦




前方のパイロンと化した走行車両を右に左に抜き、スピードを乗せたままコーナーリング
切り返し、左のコーナーリング
女の悩ましげなボディラインが J を誘うようにヒラリヒラリと揺れる

捕まえられるなら捕まえてご覧なさいw
まるでそう言われているようだ




「素晴らしいねw まるで情熱的なサルサのようじゃないか!」




この時、J は自分のリズムを崩されている事に気付いていない
パッと女のテールランプが光る。Jも同じタイミングでブレーキングしターンインする



ギャギャギャギャ! オーバースピード
そのコーナーで女のバイクが一瞬テールスライドしてしまう




「貰った!」



間髪を入れず大外から抜きにかかる J。 が、しかしブレーキングが少し遅かった
ターンインで姿勢を作りきれていない。 ラインが乱れ少しずつ膨れる
グッグッグ・・・ CSLもタイヤが滑り出す寸前だ



J は右脚の親指に全神経を集中させた




「グリップしてくれよ~!」



女と並んだ




「っとおっとっと・・・うんっ・・・ よしっ!貰ったーーー!!」



スパーーーーン!ガリュウウウウーーーー!!

立ち上がりでJのCSLが女の前に出た
よし!心の中で思わずガッツポーズを取る J



しかし

クゥオォォォォォーーーーーーン!!
それ以上の加速で女は立ち上がっていった




そしてそこは○○号線の終わり。 そこが最終コーナーだった。 その先は渋滞の●●号線の合流

J も女もそこでスローダウンしていた




「なんて加速だ・・・ なかなか勝てんなぁ。ははっはっはw」



カァァァァーーーーン!女は軽く手を上げ街の渋滞に消えていった




僅か数分。 束の間の楽しい時間は全てのしがらみから解放してくれる最高のスパイスだ




「またねw」



Jは思わず呟いた



【 J 回想終わり】







「今回はイイとこまでいったんですけどねぇw」



「あの J さん・・・ あのバイクは、タイガーシャークは本当に特別で・・・ なんとういかその・・・」





「うん。聞かせて欲しいなぁw」



「またまたぁ J さんたらぁ (・∀・)ニヤニヤ。 女のことっしょ!?」







ガタッ!



「キサマァ~~~!!」


そのとき俺は急に立ち上がって K を睨みつけてやった!!






緊張の後半へつづく
Posted at 2013/04/27 21:36:18 | コメント(3) | トラックバック(0) | むらっち劇場 | 日記
2013年04月26日 イイね!

冬バイク計画④ ≪極悪仕様スパイク≫



遂に届きました!


商品名

極悪仕様スパイクタイヤ!!



まさに極悪(^_^;)  悪者の雰囲気がヒシヒシと伝わってきますw





セローカスタムのカリスマショップ


モタロー さんより購入です♪




これでウチのセローも モタローチューンw なんてwww



motaro241K さま ありがとうございますm(_ _)m




いや~~! みんカラって凄いですね! まさかこういうご縁があるなんてw




よーー-ーし! これで冬を遊びつくすどぉー-ーーー!!


2013年04月19日 イイね!

ガレージは整理整頓しましょうw

ガレージは整理整頓しましょうwまるで物置の如く混沌としてしまったガレージ…


久々に片付けア~ンド掃除w

そしてKTCのラチェット類もグリスアプし工具箱のベアリンクにはCRCを
メッキ部分には工業用椿油で艶だしと保護を!






が、ここで非常事態発生!


コマに錆びが浮いてきてるーーーー(°□°;)



いかん!早くメタルコンパウンドで磨いてオイル散布しなくっちゃ!!
Posted at 2013/04/19 11:50:21 | コメント(9) | トラックバック(0) | モブログ
2013年04月16日 イイね!

Z SPEED

Z SPEEDこんな本が出てたんですね~♪


まさしくカワサキ贔屓w
ノーマルからカスタムまで内容盛り沢山♪








自分的にはビトーさんやモリワキ#83の記事と
ブルーサンダース、エル・ミラージュ最高速アタック号の詳細


その辺りが良かったですね~ !(b^ー°)
Posted at 2013/04/16 17:01:36 | コメント(6) | トラックバック(0) | モブログ

プロフィール

「Def busta 第三章 ~legacy~ 第5話 http://cvw.jp/b/381698/39329981/
何シテル?   02/17 15:48
☆ドシロウトの作家モドキです。誰か拾って下さいw   ハンティングしながらマンガの原作や小説なんかを書いています   目指すはヘミングウェイ! ☆『R...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/4 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

リンク・クリップ

MAD MAX! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/01 10:43:51
すべては仲間との絆から 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/03/29 21:28:55
サクシードバァン!のクロスミッションについて詳細 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/11/04 07:00:49

お友達

バイクとクルマと鉄砲が好きです。
物語を創造するのが好きです。

よろしくど~ぞ^^
105 人のお友達がいます
銀狐銀狐 * 最近ノッチって呼ばれてます。最近ノッチって呼ばれてます。 *
ゆうz,ゆうz, * rider61rider61 *
BOMBERMANBOMBERMAN * elo50gtelo50gt *

ファン

39 人のファンがいます

愛車一覧

カワサキ Z1000 Mk2 Def busta 號 (カワサキ Z1000 Mk2)
◎1980年式 “ KZ1000Mk.Ⅱ (北米仕様) ” ☆ブラックデビル改め ...
スズキ ジムニー 神威號 (スズキ ジムニー)
当方の狩猟道! あらゆる願いを込め 「神威號」 と命名する! こだわりの4型ワイルド ...
ホンダ トゥデイ 藍飛蝗號(アオバッタゴウ) (ホンダ トゥデイ)
トゥデイRs(JA4) MTREC   命名! 藍飛蝗號(アオバッタゴウ) なんと ...
三菱 パジェロミニ タートル號 (三菱 パジェロミニ)
パジェロミニ・ハンティング仕様。 捨ててあったクルマをオコした(笑) 登録はH56A( ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.